リソースと経験 2008.9.26

 さあ、今週最後の営業日です。明日から東京。次の営業再開は10月1日となりますので、今日が今月最後の営業でもあります。今日はとにかく走りました。朝9時から。とにかく福岡市中央区の端から端までを何度か往復するような始末。自転車なのでさほどストレスは感じませんが、肉体的にはかなり酷使していますので、帰ったらヘロヘロになっていました。おまけに初めての人としゃべるのもエネルギー要りますし、ましては抵抗を受けたらさらにエネルギーが消耗します。しかし一番消耗するのは、いい感じに営業が進んで、さあクロージングと言うところで「不可抗力」により取れないケースです。この場合の「不可抗力」とは営業力に関係なく、物理的に取れないケースなのです。私がやっている営業は単純に商品を売るのではなく、ある意味「公共」に関わる仕事でもあるため、どうしても取れないケースが生じてしまうのです。例えて言うならガソリン車に軽油を入れるようなもの。今日はその「不可抗力」が4回ありました。。。いずれも完璧な営業であっただけに力が抜けます。しかしその一方で、最初は断られておきながら、「誘導の芸術」によって成約したケースが2件ありました。ま、そんなこんなでキツイこともありながら、楽しく営業をしています。

 ただ、今日、ふと思ったのです。私にとって「営業」とは何か。一言で言って「リソース」の一つなんだと。近頃、「リソース」って言葉を普通に使ってしまっていますが、要するに「資質」とか「手段」や「材料」みたいなものでしょうか。つまり自分自身を形成するのに重要な要素のこと。そして「営業」とは私にとって非常に大きな「リソース」となります。しかしながら、一方で、「営業」は私のすべてではないと感じています。加賀田晃先生にとっての「営業」とは、「神様」と言われるほどですから、加賀田先生のすべてなのかもしれません。しかし私にとっては、少なくとも「すべて」ではない、と営業を実践して改めて感じました。それでは非常に大きなリソースには違いないのですが、それが私の「生涯をかけての使命」ではない、と感じています。

 それでもやはり「営業」をするからには完璧、完全燃焼を目指しています。そしてそのモデルとなるのが、加賀田晃なのです。このとき、加賀田晃ならどうするか。今日はこんなケースがありました。これは物理的に取れない物件ではあったのですが、アポの段階で私を待ち構えていたお客さん。どうやらアポインターに不手際があったようで、そのクレームを受けに行くようなもの。さらに私が来るに先立って、この営業の一番大元の組織にまで連絡されている状態。とにかく玄関口でいろんなクレームを受けます。米びつに砂をまくような仕事だとも言われます。私としては正当なクレームについては真摯に受けるしかありません。しかし私の仕事は「営業」です。成約してなんぼ。そのまま帰っては営業マンがすたります。仮に不可能な物件であったとしても、紹介を取るとか、「実」を取る方法はゼロではありません。しかしながら、今回はあまりにも分が悪すぎです。。。

 こんな場合、それでも加賀田晃は成約するのです。加賀田式のメソッドの凄さは確かに実感しています。今日なども「いらないから帰って~」と言われるお客さんの前でも、きちんと営業し、最後には「ありがとう」と言われて成約するケースが2件。こればかりは加賀田式を知らなければ取れなかったでしょう。それでもやはりいろんなケースがあり、理屈では言いようのない、分の悪いケースに遭遇することもあるわけです。それでも加賀田晃ならやる。まだまだ修行が足りないようです。

 とにかく今の私はセミナー業を中断してまで、連日、自転車を走らせ、一件一件地道に回っています。その営業も不動産や宝石のような実入りの大きなものではありません。ほんと、地道な営業です。ツレもそんな私を見て「地道やね~」と言いますが、どんな内容であれ、今のこの営業は私にとって100%必要な経験だと実感しています。

 そもそも私の今年の目標の一つに「営業の仕事に縁する」がありました。「新月の行動・目標計画」にも明記していました。そして望み通りに縁することができました。それも「加賀田晃」と言う最高の媒体を通して。そして縁したこの営業。やっぱり100%必要なものでした。たとえ収入が一時的に減ったとしても、今、やるしかない、今、必要な経験だと実感しています。とにかく毎日、毎日、いろんな人とお会いします。ここまで多種多様な人と会う経験も滅多にないでしょう。営業を仕事としている人ならまだしも、そうでない人は、ここまで大量の人に会うことはないでしょう。営業が仕事であっても、会う人は限られていたりするので、ある意味、珍しケースと言えます。私にとっても、ここまで毎日、多くの人と会うだけでなく、会話する経験は今までありませんでした。

 何度も言いますが、もしもこのまま行けば、来年にはすごいことになっていそう。営業を始めて2ヶ月ですが、この間だけでも、我ながらかなりパワーアップしている実感がありますし。とにかく口だけの講師にはなりたくない。人は「経験」を通してしか真実を語ることはできないし、人は「経験」に対して真剣に耳を傾けるもの。行ったことないのに「インドはあ~だこ~だ」と言いたがる人もいますが、正直、どんなに博学であったとしても全然聞く気になれないし、その価値もないでしょう。しかし、真実を経験した人の話は違います。

 実は私の母校(中学高校)の教務関係の方だったと思うのですが、当時からかなりの年配の男性がいらっしゃいました。その方は何と「ノモンハン」の経験者であり、数少ない生き残りだったのです。正直、冴えない感じの人だったと思います。しかしガキの私にはわかりません。日本史の授業の時に「事務の〇〇さんはノモンハンの経験者で今のうちに話を録音して残しておくべき」なんて先生が言われてましたが、当時の私にとってはどうでもいいこと。しかし今なら分かります。真実の経験談の大切さが。

 もちろん私の営業なども「ノモンハン」に比べたら、ミジンコみたいなものですが、それでも私なりの真実を蓄積し、それを大きなリソースとしていきたいと思っています。それが血肉となり、私のリソースを超えた大きなミッションの一つである「セミナー・講演」において、それが最高の形でフィードバックできることを期待しています。だからこそ、今、この営業でいろんな経験をさせてもらっていますが、いいも悪いも、私にとっては最高の経験なのです。

 明日から東京。久々に東京の方たちとお会いします。一緒に山登りもします。ちょっとリフレッシュして、そして10月からの営業はレベルアップしたいと思います。それではまた。

ぽち、ぽち、ぽちと3回クリック頂けたらめっちゃうれし~い!
   ↓   ↓         ↓   ↓         ↓   ↓
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ     
人気blogランキング 精神世界ランキング  人生・成功哲学

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
Commented by 『応援力』取次学 at 2008-09-30 00:09 x
Qさんの営業姿、一度みてみたいですね(^^。

応援3ぽちっ!
Commented by katamich at 2008-09-30 12:01
■取次さん!
セミナーなどでその一部をお見せすることができるかも。。。
by katamich | 2008-09-26 23:51 | ■人生哲学 | Comments(2)