なぜ、川口〇三郎は奇跡を起こすのか? 2008.4.15

 福岡に戻って参りました。正直、今回の帰省中に起こった出来事は、凄すぎます。もし神様がいるとすれば、もし守護霊がいるとすれば、もしハイヤーセルフがいるとすれば、間違いなく、そのような私をお守り下さっている目に見えない存在のお導きとしか言いようがありません。何度も何度も言いますが、今年の10月は「悟り」の月です。お釈迦様が悟った35歳8か月。私にとってのそれが今年の10月27日になるのです。先日受講してきた山崎啓支さんの「5か月セミナー」は6月から始まり10月に終了します。10月は他にも「すごい人」と2日ほどご一緒する予定があります。また、予定では10月は「21日滝行」の月になります。つまり今から10月にかけてどんどん加速し、最後の10月には大クライマックスが待っているわけです。悟った私は11月にインドに行きます。ちょっと展開がヤバすぎやないですか。

 そうそう、27日の「トークライブ」ですが、キャンセル等で3名の空席ができました。今、この瞬間、参加すべきだ!と思った人は、すぐにフォームからお申し込みした方がいいです。3名ですので。3名に間に合った人には、詳細をメールしますが、間に合わなかった人は再びキャンセル待ちとなりますのでご了承ください。それから今後のセミナー予定として6月7日(土)に大阪、8日(日)に金沢を入れようかと思っています。いずれも朝の10時から夕方の17時までとします。これから私のセミナーは基本10時~17時にするつもりです。半日だけだと短すぎるとよく言われますので。なんでいきなり金沢かと言うと、リクエストがあったことと、私の父の故郷が富山県高岡なので、久々にルーツを辿ってみようという趣旨もあります。今年はほんと、いろいろしますぜ。ちなみに最近聞いた話ですが「家系図」って重要らしいですね。一説によると、20代前までさかのぼることができれば、人生は思い通りになるそうです。それほどのご先祖様を大切にすることになるから。具体的には結婚、子宝、経済的繁栄なんだそうですが、20代はちょっと昔すぎますよね。1代30年として600年。室町時代あたりでしょうか。室町時代のご先祖様、、、そんなの知ってる人いるのでしょうか。よほどの家系ですよね。役所や寺などで普通に調べられるのは5代前あたりまで。それ以上になると、非常に特別なやり方で、その道のプロもいるそうです。それでも知らないよりは知ってる方がいいような気がします。例え5代前であっても。まるでタイムマシンのようです。ちなみに私の父方の先祖は「飾り職人」の家系だったそうです。「士農工商」の時代は「工」になるのでしょうか。今では「職人」のような人間は親戚にもいないような気がするのですが。「ご縁」や「子宝」に恵まれない方は、いっそ「家系」を調べてみてはいかがでしょう。ひょっとすると重要な気づきがあるかもしれませんね。

 それにしてもまあ、ここ最近、目まぐるしく変化や加速が起こっています。いろんなことが分かるようになってきましたし。「川口●三郎」や「●木先生」の講演会に行くと、預金通帳の残高が増える理由もわかりました。完全に論理的にです。確かに病気だって治るだろうし、経済的な不安から解消されることもあるでしょう。しかし、そのような「奇跡」的な体験をする人がいる一方で、まったく何の体験もない人もいます。この理由もわかりました。この理由さえわかってしまえば、逆に「奇跡」を再現することだって可能になります。さすがに通帳の残高を勝手に増やすことはできませんが、「願望実現」を強力にプッシュすることはできるでしょう。

なぜ、川口〇三郎は奇跡を起こすのか? 2008.4.15_b0002156_2225275.jpg それはそうと「にしおかすみこ」は意外とキレイではないですか。ね。普段は「汚れキャラ」なのが、素に戻ると意外とキレイでかわいい。逆に普段はキレイにしてるのに、素に戻ると汚らしい。男ならどっちがいいですか。もちろん、素に戻るとキレイでかわいい方がいいですよね。そんな意味で「にしおかすみこ」はかなりグレード上がりました。少なくとも私の中では。正直言ってSMコスチューム来て大股を広げる姿は痛々しい限りです。「エド・はるみ」のグーなんかは、好き好んで余裕でやってる感じはしますが、にしおかのはプロデューサーから無理やりやらされているような感じがします。本人もそろそろ限界なんでしょう。ギャル曽根の「大食い」も間違いなく限界ですよね。ところでギャル曽根って食べても食べても太りませんが、これなんかもまさしく「潜在意識」の世界です。現実を作っているのはすべて「思い込み(ビリーフ)」です。「食べれば太る」というビリーフがあれば太るでしょうし、逆に「食べても太らない」というビリーフがあれば太りません。痩せの大食いって、肉体的な原因もあるのでしょうが、それを作り出しているのもやっぱり「食べても太らない」というビリーフなんでしょう。と言うことは、一番無理なくダイエットをする方法は「ビリーフを書き換えること」となります。ダイエットを例にとると「食べると太る」というビリーフを「どんなに食べても体重維持」というビリーフに書き換えるといいのです。「食べても太らない」は否定語が含まれているので、「痩せる」とか「体重維持」という表現の方がいいでしょう。重要なことを書きます。自分にとっていかなる「ビリーフ」であっても、それは自分にとって必要だから存在していたのです。自分を守っていたのです。それを踏まえることが「ビリーフの書き換え」の前提となります。そして古いビリーフに対して「感謝」すること。「潜在意識」は「感謝」に弱いのです。「弱い」という表現は不適切かもしれませんが、「潜在意識」を思い通りにするのは「感謝」です。「感謝」によって古いビリーフに引退してもらい、今度は新たなビリーフに登場してもらうのです。それがビリーフの書き換え。昨日も言いましたが、私はしばらく「ビリーフの書き換え」というスキルだけでダイエットを成功して見せます。それができれば、私の願望実現力もさらにアップするでしょう。いい実験台です。

 ところで、ものすごい本をご紹介したいと思います。苫米地英人さんの「新・福音書」という本です。実はこれ、よくわからなかったのですが、先日の山崎さんのセミナーを受けてから、この本のすごさが改めてわかりました。おそらくこれを一回読んでしっくりくる人は100人に一人もいないでしょう。しかし、書かれてある内容はかなりすごいです。ミクシィ日記に「セックスより気持ちいいこと」という記事を書いたのですが、その正体はこの本に書かれています。実はこの話、先日の山崎セミナーでも聞いたのですが、今から言う話はこの本に書かれています。人にとって最高な状態を一言で言うと「体内からドーパミンが出ている状態」となります。目標を達成して、ものすごく興奮してたりすると、それこそ体内から大量なドーパミンが出てきます。しかし、これは現実に目標達成していなくても、脳の中で自由に出すことが可能です。確かに大好きな恋人と一緒にいる時は脳から大量のドーパミンが出てきますが、実際に一緒にいなくとも、友達が「もしも彼女(彼氏)から告白されたらどうする?」などと聞いてきたら、一人で喜んで興奮したりするでしょう。リアルに一緒にいるわけでもないのに、脳は勘違いして勝手にドーパミンを出してしまいます。するとものすごくいい「状態」になります。脳が勘違いするということは、「潜在意識」も一緒に勘違いすることを意味します。と言うことは、、、目の前の「現実」もその通りになるのです。これが本質。確かにそうなんです。「願望実現」する時って、まずは「潜在意識」が勘違いするところから始まるのです。

 例えば100メートル走で10秒切るのは長年、不可能とされてきました。しかし、ある一人が10秒切ると、次々と切る人間が現れました。これは「ブロックを取り除く」と言う話で紹介されますが、その前に肝心なことがあります。そう。どうやってその最初の人は100メートルで10秒切ることができたのか?と言う話です。これって実は努力だけではどうしようもない話です。そこにはプロスポーツ選手のほとんどが取り入れている強烈なイメージトレーニングがあります。つまりその最初の人は厳しい練習に加えて、優れたイメトレをすることで、10秒を切った自分を強烈にイメージすることに成功したのです。それなくして10秒切ることは絶対にありません。プロスポーツのような厳しい世界になればなるほどそうです。そのような優れたイメトレによって脳、つまり「潜在意識」は勘違いを起こし、最終的に現実までそれが「引き寄せ」られてしまうのです。「引き寄せの法則」って実はこう言うことなんですよ。

 「潜在意識」に勘違いを起こさせること。これだけなんです。昨年の10月、ボクシングで内藤大助と亀田大樹が試合をしましたが、経験や実力的には内藤が圧倒的だったにも関わらず、一抹の怖さもありました。それは内藤自身も言っていたように、亀田の「勘違い」です。つまり自分は宇宙一強いのだから、相手がどんなに経験があろうが巧かろうが、自分は勝つに決まっているという勘違いです。これだけが亀田の怖さでした。しかし、結果的には内藤の勝つイメージも劣らず、第一ラウンドで亀田のパンチが全く当たらないという事実により、亀田の「潜在意識」は「勝てない」というイメージをインプットしてしまったわけです。ですので、実は残りの11ラウンドは見る必要もなかったのです。

 例えばもしも「恋人」が欲しかったら、実際にいるイメージをすればいいのです。たったそれだけですが、本当のところは難しいでしょ。全然、異性と付き合ったことにない人間が、恋人と一緒にいるイメージをしろ、と言われてもそれは難しいです。大金を持ったことのない人間が、いきなり金持ちになった姿をイメージしろ、と言われてもそれも難しいです。しかしちょっとはイメージできるかもしれません。もしもちょっとだけイメージできたら、それを元にどんどん膨らませていく、という方法があります。その方法も苫米地氏の本に書かれてるのですが、やっぱり読むだけでは難しいでしょう。

 物理的、生理的に言えば、「願望実現」に適した「状態」とは脳内からドーパミンが大量に出てい「状態」を言います。美味しいものを食べる、セックスをする、お酒を飲む、笑う、旅行をする、スポーツをする、滝に打たれる、、、などなど、運動の形態自体は異なりますが、これらを行っている際、量の差はあれ脳内からドーパミンが出ています。しかし、そのような運動をせずともドーパミンを出すことも可能。一番簡単なのが「麻薬」です。しかしこれは非合法なのでムリ。実はこれ、瞑想やイメトレなどで代用することができます。瞑想やイメトレが「願望実現」に適している、とされるその正体は「ドーパミン」にあるのです。

 実は私のセミナーに参加されたある人が「Qさんのセミナーはセックスよりも気持ちがいい」と言っていました。表現は下品かもしれませんが、言い方として正しい気がします。とりわけ「Q式・KAGATA式」がそうです。私がなぜこれを繰り返していたのかというと、結局、ドーパミンを大量に出す作業をしていたのですね。そうやってセミナーの前半でドーパミンをバンバンだして、後半では深いトランスとともに、「実現」のイメージを「潜在意識」にインプットするのです。はい、これがセミナーの正体なんです。少なくとも私の場合は。そしてさらに今月の「福岡」と「静岡」では、よりパワフルに、そして具体的に効果を高めますので、自分で言うのもなんですが、すごいセミナーになると思います。

 おっと、今日も書き過ぎてしまった。でも、肝心なことは書いてませんけど。ところでタイトルの「なぜ、川口云々・・」ですが、答えは自分で考えてください。ではでは、おやすみなさい。

クリックするとドーパミンをが大量に出ますよ、試してごらん♪
 ↓   ↓

人気blogランキング
Commented by acky at 2008-04-16 05:01 x
Qさんはじめまして。
毎朝楽しみに拝見させていただいてます。
「新・福音書」持ってますがしっくりこず、BOOK OFF行きの手前でした。
もう一回読み直してみます。
Commented by 775 at 2008-04-16 09:50 x
6月大阪でセミナーしてくださるんですね!またワクワクすることがふえましたo(^o^)oありがとうございます
Commented by ブルーローズ☆ at 2008-04-16 21:53 x
Qさん、金沢に来てくださるんですか!嬉しいです♪
予定に、はいってなかったので、また大阪の会場に参加しようと思ってました。テンションすごいあがりました!ありがとうございます。
Commented by katamich at 2008-04-18 18:36
■ackyさん!
苫米地さんの本は言葉はやさしいですが、内容はわかりにくいですからね~。何度か読んでようやく分かるものも多いです。
Commented by katamich at 2008-04-18 18:37
■775さん!
6月は大阪でやりますよ。これは一応、決定と思っていいです。
Commented by katamich at 2008-04-18 18:37
■ブルーローズ☆さん!
お約束通り、金沢でもやろうかと思います。お会いできるのを楽しみにしています!!
by katamich | 2008-04-15 23:05 | ■願望実現 | Comments(6)