今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1

さて、9月1日です。アセンションです。今日は5時半に起きて、8時からコーチング。9時過ぎに家を出て、結婚式の「お花」の打ち合わせに行きます。そして今日も交渉術を駆使して、値段を大幅に抑えるのに成功。経験者はわかると思いますが、結婚式の「お花」の打ち合わせってものすごくエゲツナイですよね。契約時の料金に加えて、あれも必要、これも必要とか、言われるがままに料金が加算されていって、最終的に見積の2~3倍まで高くなるというものです。ま、私の場合は、最終的に見積通りの値段で、それ以外に必要なものも全てサービス(ただ)にまで交渉しました。この辺の術についてはミクシィ日記に詳細を示しています。で、昼からは部屋の片付けをして、夜は友達が家に来ました。結婚式の二次会の打ち合わせを兼ねて、新居のお披露目会です。てなわけで今日はたくさん飲んだので、ドラえもんの話でお茶を濁すことにします。何のこっちゃかわからんでしょうが。


ええ飲みっぷりや。こんなに美味そうに飲める奴って現実生活にはおらんで。モデリングの価値あり。
今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1_b0002156_1512751.jpg

分離の仕方が美味そうですね。「バイバイン」という道具で、5分ごとに倍々になっていくのです。この話から「栗まんじゅう」という存在を知った人も少なくないはず。そしてこの話の冒頭、のび太は実に哲学的な自問自答をしています。「この栗まんじゅう、食べると美味いけどなくなるだろ。食べないとなくならないけど、美味くないだろ。どっちにすればいいんだ!」という問いです。つまり「美味い」と「なくなる」の二律背反に苦しめられてるのですが、突き詰めて考えると、これは「効用」と「存在」の根源的選択になるわけですね。もっと言い換えると「功利主義」と「実存主義」とでも言えましょうか。事物とはそこに「役割」や「効果」がなければ意味を成さないという立場か、単に「存在・実存」しているだけで、何らかの意味があるのか、という立場です。この話は幼き日の私と兄貴の相違を象徴していたと言えます。ある日、私の母親が外に遊びに行った時、シュークリームをお土産に買ってきました。大阪名物「ヒロタのシュークリーム」です。一ケース4個入りで、いろんな味があって割りと安いです。で、私はいくつかあるシュークリームを新鮮なうちに全部食べようとします。もちろんみんなで。一方、兄貴は一度に全部食べるのはもったいないから、少し残しておけ、と言います。これはシュークリームに限ったことではなく、花火なんかも、全部しないで、少し残せと必ず言うのです。で、ある時、兄貴のごり押しに負けて、シュークリームを全部は食べないで、少し残して冷蔵庫に入れておきました。しかし、それ以降、そのシュークリームが冷蔵庫にあることを忘れてしまい、気づいた時はシュークリームは腐って食べられなくなってしまいました。当然、私は激怒します。しかし、兄貴的には一定期間、シュークリームが冷蔵庫に残っていたという事実の方が価値があったのです。この話は後年、しつこく何度も議論に出てきました。兄貴はなぜに腐らせてまで、シュークリームを冷蔵庫に残しておきたかったのか。。その謎は未だに解けません。ちなみにこの「バイバイン」の話は、冒頭の哲学的問答に始まり、最後は5分ごとに倍々になった場合、いつ宇宙が栗まんじゅうでパンクするのか、、という物理学的問いをも内包する、非常に示唆的な話であることは、知る人ぞ知っています。あ、話が長くなりましたね。
今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1_b0002156_152356.jpg

のび太の人をバカにしきった笑いと、ドラえもんの白け顔の対比がポイントですね。それにしてもこののび太はひどいですね。何よりひどいですね。オマエこそ舌抜いたるぞ、って言いたくなりますね。
今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1_b0002156_211287.jpg

この話から「しびれる」という表現を知った人は少なくないはず。ただ、この続きは、ドラえもんが本当に物理的に「しびれる」道具を出して、オチとしてはのび太が放電しまくる、、という話になるのですが、当時はこの「しびれる」という表現のコンテクストにそった意味まではつかめませんでした。何で歌を聞いたら電気が流れるのだろう、流れたからってどうなるのだろう、、、と不思議でした。
今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1_b0002156_2141117.jpg

ああ、ジャイアニズム。ちなみに右の男の子はスネオではなく「きどり君」です。当然のことながら「スネオ」と「きどり君」は一緒には登場しないのですが、これは単にキャラがかぶるからではないのです。当時、リアルタイムの連載としては、レギュラーの「ドラえもん」の他に、「ドラミちゃん」というタイトルの漫画も存在していました。ドラえもんの配役は言うまでもなく、のび太、ジャイアン、スネオ、しずちゃん、なんですが、ドラミちゃんになると、それぞれ、のび太郎、カバ田、きどり、みよちゃん、という配役に変わります。スネオ=きどり以外は顔かたちは同じです。ただし、コミックになるとのび太郎、かば田、みよちゃんは、ドラえもんの配役に統一されました。この話知らない人多いでしょう。一つ勉強になりましたね。
今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1_b0002156_216755.jpg

「引き寄せの法則」を活用しましょう。
今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1_b0002156_221648.jpg

これも同様。私の預金通帳は近い将来こうなりました。感謝します。
今日もドラネタで勘弁してつかあさい 2007.9.1_b0002156_22210100.jpg

眠いと言いながら、手間かけてよう書いたもんや。相変わらず律儀な私です。今度こそ本当におやすみなさい。



Commented by あみっきー at 2007-09-03 12:19 x
今度はおすそ分けガムもお願いします。
メロンがあんなにおいしそうと思った事はあれ以来無いような・・・
Commented by katamich at 2007-09-03 12:50
■あみっきーさん!
シャクシャク、、、ですね。同感です。
しかし、実際に食べると、どうしてもシャクシャクとならなくって歯がゆい思いをしたことがあります。
でもやっぱりメロンはシャクシャクですね。
Commented by arthur-sp at 2007-09-10 23:50
初めまして☆ あーさーといいます。

面白いブログですね(^^)
精神世界の内容もふんだんにあり、
笑いもあり(^^)
また見に来たいと思いますので、リンクを頂いていきます(^^)♪

あーさー
Commented by katamich at 2007-09-12 21:58
■あーさーさん!
はじめまして。コメントありがとうございます!!
面白がって頂き、ありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いします!!
by katamich | 2007-09-01 01:44 | ■人生哲学 | Comments(4)