お正月の気づき 2007.1.3

 6時15分前に目が覚めました。目覚ましがなる前です。今日は今年初にして久々の滝行に行きました。篠栗町でいつものメンバーと滝開きです。滝はほぼ一ヶ月ぶりでした。本格的に寒くなっているので、ちょっと怖かったのですが、幸いにも比較的温かかったので、結構平気でした。最初に水に足をつけた時は思いっきり身が引き締まりましたが。篠栗町は一の滝寺というところで、ここはお寺の住職が管理してくれています。滝行後は温かいお善哉を頂きました。ものすごく美味しかったです。という訳で、今年も「行」をすることになりました。21日間ですが、最初の「21日行」は3日後の1月6日(土)からです。終了日は1月27日(土)となります。「行」に入ると必ずスピリチュアルになってしまいます。「宇宙となかよし」が巷で精神世界ブログと呼ばれている所以です。でもそれはそれで自然な姿なのでいいのです。「行」の間は例によって肉、酒、女(異性)抜きで毎日滝に打たれます。楽しみだな~。

 ところで、私は元旦から新しい手帳を使っています。それは五日市剛さん監修の「ツキを呼ぶ魔法の手帳」というものです。機能的には通常の手帳よりも劣るかもしれませんが、五日市さんらしい付加価値がいろいろとついています。例えば毎週、五日市さんの言葉が聞けたり、忘れた頃に五日市さんの似顔絵付きのワンポイントアドバイスが登場したりします。しかし何より気に入ったのが、毎日、「ツイてる」「ありがとう」「感謝します」「今日この人に感謝」というチェック項目があることです。「ツイてる」については、一日のちょっとラッキーだったことを書きます。「ありがとう」については、良くないと思われることを陽転思考で書きます。「感謝します」については、良いことを感謝して書きます。「今日この人に感謝」については、文字通り一日で感謝したい人のことを書きます。例えば元旦については、、、

ツイてる・・・ちょうどガソリンスタンドが見つかった
ありがとう・・・プリンターが使えなかったけど、手書きで想いを込められた
感謝します・・・今年も北村英治さんのクラリネットで年を迎えることができた
今日この人に感謝・・・ツレの従姉妹の女の子

です。そんで今日は3日目だったのですが、、、面白いことに気づきました。なんと手帳に書くために、絶えず「ツイてる」「ありがとう」「感謝します」「今日この人に感謝」を考えているのです。一項目につき一つでもいいのです。何か書かなければと思っていると、本当に見つかってしまうのです。私がブログを始めて2年半になりますが、ブログを書くことで変わったことは、毎日、常にネタ探しをするようになったことです。そして毎日ネタのことを考えていると、自然と自分を見直すこともできますし、自分の価値を高めてくれることにもなります。そして最初は意識的にネタ集めをしていたのですが、ブログが習慣になると、無意識的にもネタが出てくるようになったのです。例えパソコンの前に座るまで何を書くのか決まっていなくても、書き始めると、どんどん浮かび上がって書けてしまうのです。これはまさしく「潜在意識」の働きです。習慣になってしまえば「潜在意識」が一日のネタを探してくれるのです。そして意識せずともパソコンの前にくれば、自然と手が動くのです。

 なるほど、自分で言ってて気づきがあります。私はよく人から「どうして毎日あんな長い文章を書けるのか?」と聞かれるのですが、その時は「自然と」とか「チャネってるから^^」とか適当に答えていました。が、本当の答えがわかりました。「潜在意識」が勝手にネタ集めをしてくれているのですね。確かに最初の方は意識的にネタ集めをしていました。でも毎日欠かさず3ヶ月も書き続けると、習慣になり、あとは勝手に「潜在意識」が日記を書いてくれるのです。さすがは潜在意識です。

 これと同じように「ツイてる」「ありがとう」「感謝します」「今日この人に感謝」についても、今は意識的に書くように努めていますが、そのうち自然と出てくるようになるのでしょう。すると毎日、いいことが勝手に降りかかってくることになります。とりあえず3ヶ月は意識的に書いていきたいと思います。この手帳は使えます。

 そうそう、五日市さんで思い出しましたが、先日、ちょこっと書いたかもしれない、1月28日(日)に催される「五日市剛講演会in大牟田市(福岡県)」は、どうすればチケットを手に入れられるのか問い合わせが来ます。なぜか私のところにです。ミクシィ日記には詳しく案内したのですが、こちらでもご案内させて頂きますね。お申し込みはこちらまで。

 ついでですが、ミクシィで面白いネタを見つけたのでご紹介します。「水野南北」という人の話です。こちらのサイトに詳しいのですが、年末年始にふさわしいネタだと思いました。要するに「粗食のススメ」なんですが、「粗食」は「開運」にもつながると言う話です。例えば、、、

● 食事の量が少ない者は、人相が不吉な相であっても、運勢は吉で、
  それなりに恵まれた人生を送り、早死にしない。特に晩年は吉。
● 食事が常に適量を超えている者は、人相学上からみると吉相であっても、
  物事が調いにくい。手がもつれたり、生涯心労が絶えないなどして、晩年は凶。
● 常に大食・暴食の者は、たとえ人相は良くても運勢は一定しない。
  もしその人が貧乏であればますます困窮し、財産家であっても家を傾ける。
  大食・暴飲して人相も凶であれば、死後入るべき棺もないほど落ちぶれる。
● 常に身のほど以上の美食をしている者は、たとえ人相が吉であっても運勢は凶。
  美食を慎まなければ、家を没落させ、出世も成功もおぼつかない。
  まして貧乏人で美食する者は、働いても働いても楽にならず、一生苦労する。
● 常に自分の生活水準より低い程度の粗食をしている者は、人相が貧相であっても、
  いずれは財産を形成して長寿を得、晩年は楽になる。
● 食事時間が不規則な者は、吉相でも凶。
● 少食の者には死病の苦しみや長患いがない。
● 怠け者でずるく、酒肉を楽しんで精進しない者には成功はない。
  成功・発展しようと思うならば、自分が望むところの一業をきわめて、  毎日の食事を厳重に節制し、
  大願成就まで美食を慎み、自分の仕事を楽しみに変える時には自然に成功するであろう。
  食を楽しむというような根性では成功は望めない。
● 人格は飲食の慎みによって決まる。
● 酒肉を多く食べて太っている者は、生涯出世栄達なし。


と書いてあります。 また、食の面以外にも、強運をもたらす秘訣として、、、

● 毎朝、昇る太陽を拝む。
● 朝は早く起床し、夜は速めに就寝する。
● 夜に仕事をすることは大凶。
● 衣服や住まいも贅沢すぎるものは大凶。
● 倹約は吉であるが、ケチは凶。


と述べられています。要するに質素なものをそこそこで食べて、早寝早起きをすれば強運が授かるということですね。当たり前と言えば当たり前のことですが。今年の三箇日は帰省しなかったので、さほど暴飲暴食にはならなかったのですが、今年はこの辺りのことにも気をつけて過ごして行きたいと思います。という訳で、正月三箇日からいろんな気づきを得たのであります。感謝しま~す♪

一年の幸運に向けてクリックお願いしま~す♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Commented by しの at 2007-01-04 21:53 x
早速、ありがとう 感謝 ツイテル 日記をつけようと思います。ありがとうございます(^o^)
Commented by katamich at 2007-01-09 12:57
■しのさん!
ツイてる日記いいですよ~。毎日、運が良くなっていくようです。
by katamich | 2007-01-03 23:07 | ■人生哲学 | Comments(2)