魂の学びとは何か? 2021.12.26

始まりました!この年の瀬も年の瀬のセミナーイベントも、振り返ると2018年の「大浄化祭」からやっている。あの時は東京のみだったけど、19年から大阪・名古屋・東京の三か所で。20年もやったけど、それまでは「弥勒のみこちゃん」とだった。みこちゃんは夏頃から独自路線に進んだので、今年はどうしようかとも思ったけど、ある意味、僕にとっても原点回帰で、それぞれの都市でご縁ある人と組むことになった。その第一弾が「まゆちん」ことかげした真由子さんだ。

まゆちんとの出会いは2012年だけど、本格的に絡み始めたのは2016年の「どんよくトークライブ」でありコズモクダカからだ。その後、あれよあれよと人気講師となり、ベストセラー作家に。今回のようなコラボだったり、リアルセミナーはすでにやらないようになっていたけど、「Qさんだから」と快諾いただき、実現しました。しかも年始早々に新刊「魂占い」が出るタイミング。

テーマは「魂のスイッチ」で、つまりは自分の使命に生きること。僕の場合は後からわかったのですが、やはりスピリチュアル(霊性)との出会いが大きく、2004年のその出会いから、人生はどんどん加速していった。いわゆる自己啓発的な世界に触れ、滝行など密教の本格的な修行に入る。あれから17年ほどたつけど、最近は空海にどっぷりハマるなど、やっぱり導かれてるんだなあ。

では、どうすれば魂のスイッチを押すことができるのか。その辺は新刊『魂占い』に譲りたいと思うけど、ほんと、自分の使命ってやっぱりあると思う。それは大きなことをするとか、多くの人に影響を与えるとかに限らない。例えばそれが親の介護であったとしても、そこに魂の意味があり、いわゆる「幸せ」の源がある。人間、究極的に幸せであればいい。そのために生きているのだから。

セミナー開始30分前の準備。まゆちんとのご縁が深まった『そらのレコード』を全員に配布。今となってはちょっと読めない一冊。たぶん泣いてしまうからだろう。前にいるのがまゆちん。
魂の学びとは何か? 2021.12.26_b0002156_18032929.jpg

物販スペース。それぞれの本と、僕がプロデュースしたJAZZのCDがある。
魂の学びとは何か? 2021.12.26_b0002156_18035450.jpg

満員御礼。去年よりもたくさんの方にお集まりいただきました。
魂の学びとは何か? 2021.12.26_b0002156_18040478.jpg

後半、まゆちんとYouTube「スピリチュアルリーダーズ」をされている江島直子さんにも突然前に出ていただいた。詳しくはまゆちんブログにあるけど、直子さん、来年から抗がん剤の治療に入る。

【Qさんとコラボ無事終了】パシッとスイッチが入る日に♫

終了後、まゆちん、直子さん、受付の絵美さんと4人でちょっと食事に行ったのだけど、その時、直子さんからこんな言葉を聞いた。

「スピリチュアルを健全化したい」

癌になると、とかく前世カルマが、日ごろの行いが、などと無責任なレッテルを貼る人がいる。抗がん剤など科学的な療法を否定し、人の生死にまで口をはさむ人がいる。悪気はないのだろうけど、それがスピリチュアルのある種のステレオタイプなイメージだとすれば、非常に残念な話。

僕自身もmRNAワクチンを推奨しただけで、めちゃくちゃにバッシングされた。その話はこれ以上は広げないけど、アメリカなど本場のスピリチュアルにワクチンを否定する風潮はない。つまり、日本のスピリチュアルは遅れている。いや、日本のそれは単なるオカルトやニューエイジであって、スピリチュアルとは言えない。

癌や病気を一方的に「悪」とする。そこに魂の学びはない。直子さんをこれからYouTube等を通して、抗がん剤治療のプロセスを公開しながら、真実の目覚めについて啓発していくのだと思う。僕はただ、祈るだけ。真剣に。

まあ、今日はそれ以外にもいろいろ笑える話から、へ~と感心する深い話まで、めちゃくちゃ楽しく学びになる時間となりました。今日は大阪に泊まる予定にしていたけど、明日の雪もあるので、そのまま名古屋に行くことにしました。名古屋はすでに雪。明日の心配もなく、ゆっくりしたいと思います。ありがとうございました。


by katamich | 2021-12-26 23:39 | ■精神世界 | Comments(0)