アセンション!「恐怖支配」からの解放! 2020.3.20

スピリチュアル界にとっての「Xday」とも言われる「2020年3月20日」がやってきました。最初に知ったのは並木某氏が提唱している「アセンションのゲートが閉じ始める」って話。半年くらい前に知ったのだけど、あまりのアホラシサにYouTubeで全否定。そのことでオレ自身も批判されたけど、その頃(10月くらい)から他のユーチューバーもゲートを否定し始めたよね。

そしてそのXdayに古代レムリアの波動が残るとかなんちゃらのハワイで800人の統合イベントを開催することになった。旅費とは別に10数万の参加費がかかり、800名もの定員が即ソルドアウト。さすがは並木氏だ。しかしその大イベント、人類が目覚めてアセンションするための大イベントもコロナであっさり中止。それもギリギリに。

「高次の存在」からメッセージを受けていたそうだけど、すごい話だな。あえてスピ的な言い方すると、「高次から開催を認められなかった」ってこと。その意図はともかく。「開催されない」ことを知った上での、あえての企画だったら実にあっぱれ。まあ、普通に考えてそんなことはないけどね。並木氏サイドが被害を被るのは仕方ないとして、参加者さんの中にはいろいろ工面してきた人もいるだろうし、でもま、そんなことは起こりうることだからね。並木氏を責めてはいけない。


結局、この出来事から僕なりに解釈するなら「恐怖支配」のフェーズからアセンションしたってこと。並木氏の意図はともかく、「ゲートが閉じる」って話を聞いて、「恐怖」を感じた人がいるのは紛れもない事実。それも多かったと思う。願わくば、ワンチャン、統合なんとかで目覚めて、現実生活が好転すればいい。借金がなくなったり、すごい臨時収入があったり、ソウルメイトと出会ったり、病気が治ったり、いろいろ。けどね、やっぱり「恐怖」の過剰で集まった波動は、それをまた実現してしまうわけだ。引き寄せ的な解釈をあえてするなら、そういうこと。


以前にこんな動画を配信しました。



僕はここで「2020年3月20日」から世の中はどんどん良くなると宣言しました。別に予言でもなんでもなくて、普通に世の中はどんどん良くなるわけだから。『ファクトフルネス』って本を読んでほしい。やっぱり社会は良くなりまくってるわけで。

そしてジャンポルスキーの『愛とは、怖れを手離すこと』って本には、こんな風に書かれています。

感情には二種類しかない。一つは愛で、もう一つは怖れである。愛は私たちにとって真の現実であり、怖れは私たちの心がつくり出すもの、したがって実在しないものである。


まさにその通り。真実は「愛」であり、「怖れ」は実在しないもの。しかし、そんな「怖れ」を抱いてしまうのもまた人間なんだ。けど、その必要もない。愛、そして喜びしかないのだから。



久高島の朝日。もう、これでいいよね。
アセンション!「恐怖支配」からの解放! 2020.3.20_b0002156_19452440.jpg


あと、今日は計算間違いでマヤ暦で人類が滅びる日だったらしい。最近知った芸人、アイロンヘッド辻井もこんなツイートしていました。



うん、オレも滅亡せーへんにかけるわ。それから「100日後に死ぬワニ」ってのもTwitterで流行ってたけど、大きな話題をかっさらいながら、最後は商売で着地なので、ちょっと興ざめかな。商売を否定するわけじゃないけど、あまりにもあからさまで、せっかくのがちょっとしらけちゃったね。まあ、今日で人類が滅びるわけでもなく、ペテルギウスが超新星爆発を起こすわけでもなく、ただ、「恐怖支配」からはちょっと距離をおいて、愛と喜びに目覚める日ってことでよろしいのではないでしょうか。ありがとうございました。


人気ブログランキング

【受付中の講演・セミナー】
  
■4月2日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾62~アセンションその後
 
Himalaya音声プログラム~Qさんの「人生はどうせよくなる!」
 
---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
Commented by ななし at 2020-03-24 10:04 x
宗教対立か?
なかよし教VSアセンション教。
by katamich | 2020-03-20 23:39 | ■精神世界 | Comments(1)