「夢の扉」が開いた日 2019.10.1

今日から10月。消費税も上がるし、いろんなことの節目のようだ。個人的に消費税が上がるのはそんなに反対ではない。いや、望むことなら上がらない方がいいし、消費税なんかは制度的にゼロの方がいい。その代わりに贈与税とか、ぜいたく品への増税の方がいいと思っている。けど、これに便乗して物価が上がることは期待したい。物価が上がる、賃金が上がる、GDPが上がる、国際標準に見た購買力が上がる。ここが重要。だってさ、今、日本では500円でランチ食えたりするけど、それはすでに東南アジアのレベルですから。いや、タイなんかは500円だと屋根の下では食えないんじゃないかな。

欧米に旅行に行くと愕然とする。千円で食えるものがほとんどないのだから、日本はいつの間にか取り残されている。海外は普通にインフレしてるけど、日本だけデフレ。そろそろ物価上がる感覚を取り戻してほしいってマインド的な意味で消費税増税は賛成だけど、なるべく経済が冷え込むようなことは避けたいものだ。ともあれ、今日の話に入ります。


いよいよジャズのレーベル発足、レコーディング第二弾。僕のYouTubeのジングルやBGMをお願いしている阿部篤志さんのピアノ、いつもお世話になっている杉山正明さんのサポートをお願いしました。昼過ぎに池袋駅に集合してタクシーでスタジオへ。阿部さんのピアノは美しいね。
「夢の扉」が開いた日 2019.10.1_b0002156_20371021.jpg


ほんと、ピアノほど奏者によって音色が変わる楽器で珍しいよね。言ってみれば叩くだけの楽器だけど、不思議なほどに人によって音色が違う。同時期にマイルスバンドにいたウィントン・ケリーとビル・エヴァンスなんかはまったく対極だし、キース・ジャレット、ミシェル・ペトルチアー二、ブラッド・メルドーなんかちょっと聞いただけですぐにわかる。クラシックもそうだ。同じモーツアルトでも内田光子とイングリッド・ヘブラーでは香りから違う。


では、阿部さんはどうかと言うと、これはもう、生で聞くとハッキリする。音楽に詳しくなくても、その音色の美しさに誰もがとろける。僕のYouTubeの最初のジングルを聞いただけで普通じゃないと感じる人も少なくない。YouTubeでもそうなんだから、近くで聞くとどうなるか。杉山さんも言ってましたが、日本の音楽業界においてあそこまで弾ける人はなかなかいないんじゃないか。しかし、一般的な「知名度」は確かに高くない。それはなぜか。忙しすぎて有名になる暇もないんだ。でも、各界の大御所といつも共演しているし、そんなピアニストを僕のわがまま企画に参加してもらえるなんて、ほんとピーハツ(happy)だ。

杉山さんが二日前に書いた譜面。小節やコードの概念もなく、非常に観念的であり、詩的でもある。レコーディングでは最初にやったのだけど、リハと思っていたらそれがOKテイクとなった。そしてもうめちゃくちゃ美しい世界が創造されたんだよ。
「夢の扉」が開いた日 2019.10.1_b0002156_20372091.jpg


もともとこのような感じでお願いしていました。

1.石田YouTubeにいただいたBGMから1曲
2.Teddy O'Neill(アイルランド民謡)
3.Quasimodo(Embraceable Youのコード進行、パーカー曲)
4.All the things you are
5.見上げてごらん夜の星を
6.Cherokee(テーマなし超高速)
7.まるいひと
8.おみずさま(杉山氏デュオ)
9.弥勒満つ世の調べ(杉山氏デュオ)
10.瑠璃色の地球(杉山氏デュオ)
11.阿部さん選曲またはオリジナルorインプロ
12.阿部さん選曲またはオリジナルorインプロ


冒頭はYouTubeでいつも使っているBGMで、阿部さんがスタジオで何となく弾いたのを再演。「Next Step」ってタイトルを付けました。それは僕がYouTuberになる一歩になったから。面白かったのが「まるいひと」でして、タイトルとコード進行だけ指示してめちゃくちゃすごい曲になったのだ。

空いてたとこは阿部さんの方で「コンドルは飛んで行く」を演奏し、最後にちょっと一息的に「Just the way you are(素顔のままで)」をお願いしました。もう、僕の好きな曲ばかりだけど、ジャズの曲は3つしかないやん。「Quasimodo」って曲は知らなかったそうだけど、チャーリー・パーカーの曲で、「Embraceable You」のコード進行。阿部さんにしてはやや苦戦していたけど、ようはビバップにしたくなかったんだって。「Cherokee」も同様。う~ん、深い。恐ろしい音源ができました。


そして夜、阿部さんとわかれ、しまこちゃんが合流。杉山さんは引き続きでして、恵比寿の事務所へ。しまこちゃんと知り合ったのは2か月くらい前かな。フェイスブックとかでメッセージが来て、なんとなく見に行ってみると、富山県高岡市出身のシンガーソングライターとあった。高岡や父親の郷里でもあり、親戚もいる。同い年くらいの親戚に聞いてみると、高岡では知らない人はいないくらいの有名人だと。ただ、昨年末くらいからいろいろあって活動を休止しているときに出会ったわけで、その辺のいきさつはチャリ旅の静岡でのコラボでしゃべってます。



そんで、せっかくなので年内に何かやりましょうかって話をしてていて、そうなるとすぐに動いてしまう僕の癖。杉山さんを交えて、いろんな話をしました。もともと杉山さんからして、学生時代に松崎しげるの音楽監督して以来の業界人。しまこさんにしても、ジャポニカ学習帳のCMとかで全国クラスで耳にする人。太陽のように明るく、それがすごい魅力なんだけど、もしかしたら別の顔もあるんじゃないかと思って、相談したの。
「夢の扉」が開いた日 2019.10.1_b0002156_20374166.jpg


たとえばコードでいうと「C」をCメジャーとして弾くのではなく、「Am」などハーモニーを変えてみてはどうかと、いわゆる「リハモ」ってやつでジャズでは常識。すると今まで歌ってた雰囲気がガラッと変わり本人が一番びっくり。太陽のしまこちゃんから月のしまこちゃんへ変身。どうやら今は「生まれ変わり」の時期のようで、そんな時に僕と出会ってしまったのも必然なんだろうな。

てなわけで、10月1日、いろんな意味でスタートの日になりますが、思えば10年前の今日、僕の処女作『宇宙となかよし(評言社)』の出版が決まった日でもあった。今日は音楽関連が二件。僕はこれからどこに進むのでしょうか。神のみぞ知るだけど、一つ言えるのは扉が開いたってこと。10年前もそうだったように、「夢の扉」が開いた日なのだ。これからも、やりたいことやっていきたいと思います。ありがとうございました。

ランキングも激戦区「スピリチュアル」に挑戦!応援のクリックがなによりの励みです(笑)


人気ブログランキング

【受付中の講演・セミナー】
 
■10月26日(土)/福岡/石田久二&常冨泰弘コラボセミナー
 
■10月30日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾57~「真実の力」に目覚めるとき

---
受付中のイベントプロフィール・実績YouTubeメルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2019-10-01 23:39 | ■音楽 | Comments(0)