■4月28日(日)/東京/大創生祭~弥勒の儀~

<大創生祭のお申込みはこちら>
(携帯メールdocomo/au/softbankは不着率が高いので、できるだけパソコンかgmailをご使用願います)


こんにちは、Qさんです!


2018年12月、「大浄化祭~空の儀~」として文字通り「浄化」をテーマに、「平成」が抱える最後のカルマを浄化し、新たな時代へのステップを踏みました。


そして本年4月1日、「平成」に変わる新たな元号が「令和」と発表されました。意味するところは「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」であり、改めて「和」を取り戻し、日本人としてのあり方が強調されるところとなります。


さらに「令和」を深読み的に解釈すると、「令」は本来の「良い・立派」に加え、その音韻的側面から「霊(=魂)」、「礼(=道)」、「零(=ゼロ)」となり、一方、「和」は「輪」であり、「令=〇/和=〇」へと結びつけることができます。


つまり「令和」とは「〇〇(丸丸)」であり、「0の原点」でありながら、「∞の無限」でもある、大いなる可能性を示唆していると言えます。


そこで今回、「大浄化祭~空の儀~」に続き、「平成」から新たな「令和」の時代へと突き進むための


「大創生祭~弥勒の儀~」


を開催することになりました。


「創生」とは文字通り、新たな時代を「創り、生み出す」こと。


「弥勒」とは人々を救済するために未来からやってくる弥勒菩薩の世界を意味し、今回の「大創生祭」では「弥勒」に深く縁する二人の「みこ」がその儀を通して「無限の可能性が広がる絶対的な安らぎの世界」へと誘います。
■4月28日(日)/東京/大創生祭~弥勒の儀~_b0002156_1250513.jpg


ここで「二人のみこ」を紹介したいと思います。


一人目はみこは「弥子」、その本名は弥勒菩薩から由来するものであり、通称、弥勒のみこちゃん。仏教の家系に生まれ育ち、7歳から日々の勤めを通して「仏性の世界」に触れてきました。さらに成人したのちも導かれるように神道に縁し、神社で「巫女」の役目を担っていました。まさに神仏混合のサラブレットとして生きてきたわけです。

また、その半生は波乱万丈であり、大手企業に勤める優秀な社会人としてキャリアを重ねる一方、結婚・離婚を期に人生のあらゆる喜怒哀楽を経験し、そこから運命が急展開。2018年夏、Qさんとの出会いをきっかけに「言霊を伝える使命」に導かれ、「大浄化祭」をはじめ全国でその役割を全うするようになりました。

そして二人目のみこは「MC Mystie」(本名は鳥居史子、通称はふまさん)として世界的に音楽活動を展開すると同時に、伊勢神宮、諏訪神社、貴船神社などで倭禮音(やまとのりと)奉納する本職の御神子(巫女)でもあります。

かつて「白血病で余命1年7ヶ月」と宣告されながらも「感謝の言霊」の大切さを知り、気が付けば自然完治した経験を持ちます。御神子(巫女)であると同時に、仏師の祖母を持つなど、MC Mystieもまた神仏混合に身を置き、音と言霊を伝えてきました。
■4月28日(日)/東京/大創生祭~弥勒の儀~_b0002156_22303310.jpg

その「二人のみこ」は今回、初顔合わせとなり、「弥勒」をテーマに語り、伝え、奏でることになります。


さらに「大創生祭」を企画する石田久二(Qさん)もまた、天台修験の導師の元で15年間、滝行をする在家の密教行者であり、父方の祖父は宮大工であったなど、まさに仏教と神道の神仏混合の中に生きてきました。

今回は企画・MCとして「二人のみこ」から「弥勒の儀」を引き出す役割を担うとともに、その独壇場として「驀進の儀」を伝授します。
■4月28日(日)/東京/大創生祭~弥勒の儀~_b0002156_12121664.jpg



「大創生祭」は三部構成にて行われます。


Ⅰ.「驀進(ばくしん)」の儀

Qさんの独壇場、マシンガントーク炸裂!昨年8月、YouTubeのアカウントを取得し、それまでのキャリアを忘れ「ユーチューバー」として生きることを決意。当初は反響も少なかったものの、4月から突然の驀進!一気に「1万」の大台を突破していくっ(当日にはいくらになっているでしょう!?)

そこで「大創生祭」では、驀進を続けるQさんによるソロトーク、「魂の声」を感じ、受け取り、参加者全員の「周波数」を爆発的に上げまくります!ちょっと元気のなかった「平成」から、新しい時代「令和」に向けて周波数を整え、限りない繁栄を呼び起こします!

● 参加するだけで受け取ることができる「すごいこと」、21連発!
● 1万6200円にいくらかけます?2かけで3万、5かけで7万、10かけで16万、100かけで160万、自分で決めていい!
「周波数」がすべてを解決する!マイナスの周波数をプラスに転換し、増幅させる秘儀を大公開!



Ⅱ.「火風水(ひふみ)」の儀

2018年、Qさんが出会った二人の強烈な「みこ」とのクロストーク。きかっけは「開運大学」だけに、ここでも開運が驀進だ!弥子ちゃんとは開運大学イベント、ふまさん(鳥居史子)とは開運大学ラジオで出会い、その日から意気投合!別々でコラボ・ライブを開催しながら、この日、ついに邂逅!

本職の御神子(巫女)である「ふまさん」が捧げる倭禮音(やまとのりと)は、太古の日本、縄文の時代に生まれたと言われ、火(ひ)・風(ふ)・水(み)から始まるその禮音は万物が共鳴し合うための祈りの言霊でした。そしてここに登壇する三人は、「久(ひ)=火」「史(ふ)=風」「弥(み)=水」を見事に体現しているではないです!

火のごとくしゃべり倒す「久(Q)」、風のごとく音と言をたなびかせる「史(ふま)」、そして水のごとく清らかに美浄化する「弥(みこ)」によるクロストークは「平成」を浄化し、新しい時代「令和」へと繁栄をもたらします。それは文字通りに「弥勒の世」とならんことを!

●「浄化」から「繁栄」へ!新時代の周波数!
● 火・風・水の邂逅!古来の日本のDNAを現代に活かす法
● 弥勒のみこちゃん直伝!人生を根こそぎ好転させる「一週間美浄化レシピ」の極意とは!



Ⅲ.「音霊(おとだま)」の儀

今回は音楽もまた大きな聞かせどころとなります。MC Mystieの歌・ラップに加え阿部篤志のピアノ、杉山正明のホーン・シンセサイザーにより「音霊」の世界を展開します。阿部篤志と杉山正明は雅楽の東儀秀樹の音楽に長く参加するなど「神道」の世界にも造詣の深い、希代のインプロバイザーです。

今回は「神道・仏教」の世界に根付く三様の初顔合わせとなり、平成を締めくくる「いま、ここ」だけのパフォーマンスをお楽しみください。

●組曲「弥勒満つ世」の再演(from 大浄化祭)
●その場の言葉に基づく即興パフォーマンス
●有名曲を自由闊達に!

■阿部篤志/ピアノ
島根大学在学中からプロとして活動。ジャズを中心にあらゆる音楽に精通し、各界からファーストコールの声も高い。近年は雅楽の東儀秀樹と全国を回るとともに、石丸幹二とともに『題名のない音楽会』に出演するなどマスコミへの露出も高い。さらに中国では日本アニメ音楽のソロコンサートを開催するなど活動はワールドワイド。ちなみにYoutubeチャンネル「宇宙となかよし/Qさん」のBGMの大半は阿部篤志の作・演奏による。

■杉山正明/シンセサイザー・ホーン
音楽・芸能事務所ロムミュージック代表取締役。早大のハイソサエティオーケストラ在籍中から松崎しげるの音楽監督兼アレンジャーとして数々の海外音楽祭に参加。タモリの音楽アルバムのバンドリーダー、東儀秀樹のCDプロデュースなど芸能関係にも幅が広い。映画やCM音楽も数多く手がけ、ジャンルを超えたその手腕は各界より信頼を集めている。

■組曲「弥勒満つ世」(2018年12月30日『大浄化祭』にて)



■スケジュール

<第一部:弥勒の世界>
 ●オープニング『弥勒満つ世』(阿部・杉山)
 ●すごい!大驀進トーク(Q)
 ●弥勒のクロストーク(Q・ふま・みこ)
 ●倭祝詞(ふま・阿部・杉山)

<第二部:平成から令和へ>
 ●昭和を代表するあの曲(ふま・阿部・杉山)
 ●7日間で人生を変える美浄化トーク(Q&みこ)
 ●TO 令和 トーク&ミュージック
  (楽曲はお楽しみに)
 ●エンディング「平成を代表するあの曲」で!

<番外編:次元上昇の大懇親会(希望者)>
 とにかく、楽しみましょう!(笑)


■日時・場所

・4月28日(にち) 開場15:00、開始15:30、終了18:30 (19:00完全撤収)

「東京倶楽部 目黒店」
東京都品川区上大崎2-18-20
中銀目黒駅前マンション地下1階
https://tokyo-club.com/access/?shopid=meguro


■参加費

○16,200円(当日受付17,000円)/1人


<大創生祭のお申込みはこちら>
(携帯メールdocomo/au/softbankは不着率が高いので、できるだけパソコンかgmailをご使用願います)


<キャンセル料について>
本セミナーは7日前までは振込手数料分の500円を引いてご返金させて頂きます。前7日以降前日までのキャンセルの場合、半額をキャンセル料として頂きます。当日のキャンセルにつきましては、全額をキャンセル料として頂きます。

by katamich | 2019-04-02 11:51 | ■セミナー | Comments(0)