次男の名言「自由になりたい」が人生を加速させる 2019.3.4

いよいよ明日から旅です。花粉からもしばしおさらばってことで、この季節に毎年、海外と沖縄に行けてることにつくづく感謝しかない。こちらの動画でも語ったのだけど、お金を引き寄せるには二段階あります。


一つは「不安の解消」です。人はどうしてお金を欲しがるのか。それは「不安」があるから。具体的にやりたいことも欲しいものもないのです。強いて言うなら、マイホームとか車とか旅行くらいのことは言っても、仮に「旅行」だとしても、具体的にどこに行きたいかまでイメージしていない。仮に「バリ島」に行きたいと思っていても、行き方や値段までは調べていない。本当に行きたかったらとっくの昔に調べているはず。そうじゃない限り、それは行きたいとも、欲しいとも言わないのです。


とにかく、漠然とした不安だけがある。その不安を埋めるためにお金が欲しい。しかし、「引き寄せの法則」の原則に基づくと「不安が不安を呼ぶ、ワクワクがワクワクを呼ぶ」となるため、根底に「不安」がある限り、お金は入ってきません。なので、まずすべきは「不安の解消」であり、動画でも語っていますので、よかったら見てみてくださいませ。


そうやって不安が解消されて初めて「お金」をリクエストすることができるわけ。それが動画でご紹介している「潜在意識に請求書を送る技法」です。正直、これが無料なのでなんともお得な話。結局のところ、僕自身がこれまでいろんな願いを叶えてきたのは、人生に「不安」をなくすことができたから。一種の「悟り」であり、ようは「なんとかなるさ」の精神ですよ。


なので、「花粉の季節に海外に行きたい」ってのは、不安とは無関係な願望であり、それも「まだ行ってない国に行きたい」だけなので、今回はバングラデシュ。とは言っても、ダッカに1泊、チッタゴンに2泊するだけで、どちらかと言うとインドはコルカタが気持ち的にメイン。インドに行くのは実に7回目。これまで行った国と回数がこちら。


韓国(7回)・タイ(6回)・インド(6回)・フランス・チェコ・オーストリア(2回)・中国(4回)・アメリカ(2回)・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ・ハンガリー・ルーマニア・ブルガリア・トルコ(2回)・エジプト(2回)・ヨルダン・イスラエル・シリア・レバノン・イラン・パキスタン・ネパール・イギリス(2回)・アイルランド(2回)・マレーシア(3回)・カンボジア・カナダ・台湾(2回)・インドネシア(2回)・ラオス・スリランカ・ミャンマー・ベトナム・シンガポール(3回)・アラブ首長国連邦・フィリピン・デンマーク・アイスランド、オーストラリア、アルバニア、ギリシャ、ニュージーランド、マルタ、香港、マカオ、ブルネイ(現在48か国)



トランジットで中国(上海)とタイ(バンコク)にも行くので、タイが7回、中国が5回となり、新たなに49か国目としてバングラデシュが加わります。そしてこの後も年内にスイス、イタリア、リヒテンシュタイン、モナコ、ロシアを加えて50か国突破といきたいですね。


よく僕のことを「貪欲だ」って批判する人いますが(アマゾンレビューなど)、「不安」で生きるより1億倍マシじゃないですか。僕が100か国行きたいとか、年収1億円になりたいとか言うのは、「今夜はお刺身が食べたい」と言うのと同じ程度のこと。そんな大した話でもないわけです。


そうそう、今朝、次男が面白いことを言っていました。今日は幼稚園の遠足のようで、晴れてたら公園、雨だったら付属短大に行くことになっていましたが、朝、突然、「行きたくない」とぐずり始めました。理由はこれ。


「自由になりたい」


ようは、公園とか短大に行っても、これまでの経験上、自由行動が制限されるから面白くないのだと。自分の遊びたいように遊ぶ。普段からそう。友達や兄弟がどうであれ、自分だけマイペースに遊ぶ。そんな性格だから、制限だらけの幼稚園の遠足は面白くない。


「自由になりたい」


どっかで聞いたセリフだと思ったら、それはお父さんである僕がよく言ってる言葉なのだ。ヨメさんが呆れて言ってました。「お父さんそのものだ!」と。次男ってこうなんでしょうかね。僕自身も小さい頃から好き勝手してまして、大人になった今もそう。会社は自由じゃないから辞める。花粉が嫌だから海外や沖縄に行く。自転車に乗りたいから乗る。寝たいから寝る。その他諸々。


「自由になりたい」


これを突き詰めることで、いろんなことを実現しているのも事実。そこに「不安」はない。不安がなければ、思ったことはすぐ叶う。ただ、「自由」があるだけ。


次男は6歳にして、一つの境地に達したようです。社会的にはどうかと思うけど、まあ、いいんじゃないでしょうか。おそらく大人になっても会社勤めなどできないだろうけど、お父さんからしてそうだから別にいいじゃん。大学に行きたければ行けばいいし、行きたくなければ行かないでいい。人生勉強のために一度くらい就職してもいいけど、自由じゃなかったら辞めればいい。こうでなければならない、なんてルールはない。


そもそも「不安」は「制限」とイコール。自分で人生のあり方を決めてしまい、その「あり方」の制限から外れることを思うと不安になる。だったら、最初から「あり方」を決めなければいい。どうあってもいい。すべては必然、宇宙。自由、好き勝手。それでいいわけだ。


そんなわけで、明日から中国、タイ、インド、バングラデシュに行ってきます。一週間だけど、ま、それくらいがいいかもね。エアチャイナビジネスクラス。費用はすべて込みで10万以内に収まりそうだ。そんなもんですよ。


ところでいくつかご案内、予告。


①3月21日(木・祭)は恒例の那覇でのセミナー。「弥勒のみこちゃん」とのコラボでして、すでに多くのお申込みをいただいてます。沖縄在住の皆さん、ぜひ、この機会をお見逃しなく。

■3月21日(木)/沖縄/宇宙となかよし塾~弥勒のみこちゃんを迎えて


②3月22日(金)~24日(日)も恒例の久高島ツアー。ちょうど欠員が出たので、再募集しています。もしも「行きたい」と思ったら行った方がいい。こんな名言があります。


「行かない理由が『高い』なら行くべき。行く理由が『安い』なら行くべきでない」


至言だ。セミナーなんかも「無料」にしたらたくさん来るけど、正直、「無料だから行く」ような人はお金には好かれません。高い・安いは関係なく「行きたい」なら行く、参加したいなら参加する。


子どもの頃、こんなことがありました。親と一緒にスーパーに行ったとき、親父が買い物かごに「刺身」を放り込みました。それは「1,500円のシマアジ」でした。スーパーの刺身で1,500円は高いのでしょう、おかんはちょっと怒っていました。けど、それは結局、買いました。


親父は「シマアジが食べたいから買う」のであって、そこに高い、安いはない。その話、今もずっとしてしまうくらい、僕の人間形成に大きく影響を与えた事件だったのかも。そこで、「やっぱりやめる」と言っていたら、きっと僕にも制限が植え付けられていたのかもしれない。

なので、シマアジは僕にとって特別な魚の一つであり、お寿司屋に行くと必ずシマアジを注文してしまうのは、そんな理由があるからなのだ!
次男の名言「自由になりたい」が人生を加速させる 2019.3.4_b0002156_1194319.jpg


写真は大好きな「きまぐれクック」から。とにかく、食べたいから買う。高いから買わない、安いから買う、ではない。心からのWANTを大切に!


③そう言いながら、3月29日(金)は福岡の月イチ、50回目なので「無料」でやります。と言っても、「無記名投げ銭」にします。ポチ袋を置いておきますので、そこに好きなだけお金を入れてください。0でも100万でもOKですから。


④4月28日(日)は東京でトーク&ライブをやります。テーマは「弥勒満つ世」で、出演はみこちゃん(トーク)、ふまさん(トーク&ボーカル)、杉山さん(シンセ&トランペット)、阿部さん(ピアノ)、Qさん(トーク、主催)ってな感じ。みこちゃんも1曲は歌うかも。神道、仏教をベースとした音楽とスピリチュアルのトークライブなので、ぜひあけておいてくださいね。


➄近々、久々に「個人コーチング(長期)」の募集をする予定です。実は単発のコーチングもやっているのですが、受付がわからないとのこと、最近、いくつか問い合わせを受けました。これも機会なので、帰国後に新たに募集開始したいと思います。


他にもいろいろありますが、割と直近はこんなとこ。そして今日の動画はこちら。では、行ってきます。自由に好き勝手。ありがとうございました。

---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2019-03-04 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)