「禄」はありますか?お金持ちの秘訣! 2018.10.25

ここ最近、なぜかやたらと盛り上がっている。10月に入ってから、特に加速している。10月はいろいろあった。まず我が住む「町」が「市」になり、東京で算命学のセミナーを主催。言霊・音霊ライブ、福岡でみこちゃん、さらに東京のZen-Dash!でまたみこちゃん。そもそも「弥子」って本名がもってる気がする。読み方は厳密には違うそうだけど(「やこ」ではない)、ご両親も「みこ」と呼んでいるそうだ。セミナーをするときはこっちで宿を予約しているのだけど、ひらがなで「みこ」と書いてしまっているけど、ま、いいか。将来的に仕事などで海外に行くようになっても、きっと私の方で手配をするのだろうが、その時はチケットの表記を間違えないようにしなければ、とか思った。


来月は「ぼくたまツアー(弥勒ツアー)」でもまたご一緒するのだけど、あっという間に残り1名(定員16名)。でも、可能な限り増員もしたいと思ってます。11月30日~12月7日の「ブルネイツアー」はエアチャイナのビジネスクラスでうしくんと。現地で合流予定の方もあり。たのしいこと、いろいろ。


今日は夜、月イチで福岡の「宇宙となかよし塾」は44回目。算命学のようこ先生との特別コラボでして、私にとって講義として受けるのは3回目ともなると、いろいろわかってきました。生年月日がわかる範囲であの人とかあの人とか、なるほどって感じ。その「あの人」のひとりにみこちゃんもいるのだけど、もう、納得の嵐。エネルギーの塊、最強、眠らなくても大丈夫、などなど。一方の私はと言うと、


「Qさんの近くにいた方がいいわよ~」


ってことで、はい、そう思います。特に48歳から10年間はボーナスステージで、58歳からは完全に精神世界に入ってしまい、悠々自適となる。出家でもするなら、それはそれでいい。今日は初っ端から算命学上級編とも言える、コアな話が続きました。一般の算命学の本には出ていないような、虎の巻のような内容で、今日の参加者さんはかなりラッキーだったかと。ちなみにお申込みされながら来られなかった方の運命はめちゃくちゃ面白いと言われてまして、まだ来られないの~と。もったいない話ですが、まだ時期じゃなかったのかな。


自分のこととしてはさんざん見てもらったので、今日は講義を聞きながら、スマホ片手に家族や友人のを見ていました。なるほど、長男は海外留学させた方がいいとか、三男はずっと近くにいるとか、そんなことまでわかってしまうのですね。前にも書きましたが、私の場合、7月8日~8月7日の間に「女性と仕事の話をすると吉」ってことで、ちょうどその頃、ようこ先生、みこちゃん、ふまさんと三人の女性と仕事の話をしていて、いずれも大成功で、さらに継続性もある。「当たる」というもんじゃなく、統計学的に「その通り」でして、天気予報よりは普通に精度が高い気がする。


ちなみにどこまでわかるかと言うと、書いちゃっていいのかな。ま、「どっかで聞いた話」としてですが、「億」を手にする方法もあるとか。しかし、それをやってはとんでもない災い(因縁)が来るのもわかっているから、誰もやんないんだと。確かにね。例えば「1億あげるから、視力ください」と言われて、従う人、いないでしょ。


これは宝くじとか、投資とか、そんな話だけではなく、ちょっと桁外れの財をなしたら、どうしてもいろんな「念」が入ってるから、それにやられてしまうってこと。だから、わかっているお金持ちの人たちは多額の寄付をしたり、慈善事業をしたりする。それがまさに「厄落とし」である。その意味、私もこの9月に強制厄落としがあったけど、それ以来、運はまた回復。なので、大なり小なり災いがあったら、それは感謝。世の中はバランスだから、幸運のために時々エネルギー調整で災いがやってくるってこと。だから、ま、あの程度で済んでよかったわけです。もっとも、あの話については、必ず落とし前つけますけどね、誰もが笑顔になる方向で。

ともあれ、バランスって話だとね、宝くじの高額当選とかしたら、それで一気に崩れて8割が自己破産、不幸になるって調査もあります。だけど、中には億が当たって、それを慈善事業で使ったなんて人は、かえって仕事でそれ以上のリターンがあったりなど、バランスのとり方を知ってるってわけだ。


さらに面白い話を聞きました。算命学の「陽占」である星がある人は、お金に困らないって話。その星とは、


「禄」


の字が入ってるもの。陽占では「禄存星」「司禄星」「天禄星」の三つありまして、私はなんとその三つとも入っている。特に人生の目的は「司禄星」となる。ようこ先生と初めてお会いした日に「あなたは絶対にお金には困らない」と言われたのは、その辺もあるのかな。そんな単純なものじゃないかもだけど。
b0002156_21464569.jpg


あと、今まで何人からからか言われたのは「Qさんと会うと金運が上がる」って話。あ、それを最初に言ったのは母親かもしれない。私は20歳からずっと家を出てて、中学高校も寮生活だったので、45年間の人生でまともに家族と過ごしていたのは、15~6年くらいかもしれない。つまり30年くらいは実家と離れて暮らしてるわけで、それでも時々は帰っていたわけです。


すると言われるんです。「あんたが帰ってくると、なんかええことあるなあ」と。たとえば以前、住んでいた戸建てを売って、マンションで老後を過ごそうって話をしたとき、その戸建てがなかなか売れなかった。けど、私が帰るとすぐに売れ、それもマンションとちょうど相殺できるくらいの金額になったとか、他にもいろいろあったらしい。


そして最近、見渡してみると、周囲はお金持ちだらけ。先日のZen-Dash!セミナーだけでも、年収1億超えが二人もいた。あるツアーで、参加した男性は全員が年収1千万円を超えていたし、決して高いセミナー代でもないけど、平均すると年収はかなり高いはずだ。なんかあるのかな。ちなみに11月11日、東京で「金運」についてのセミナーをします。
b0002156_22232865.jpg


そんなわけで、今日の算命学もかなり濃かったです。年内にもう一回くらい東京で開催したいかな、とか思っています。


ともあれ、今日の最大収穫は「禄」です。「禄」とは「六」でもあり、「弥勒」にもつながる。11月の弥勒ツアー、すごいことになりそうだな。金運アップは間違いなし。うふふふ、楽しみこだ。ありがとうございました。


---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
Commented by あんじぇら at 2018-10-28 05:20 x
ずっとうまく稼げなくて、お金に対する不安があったのですが、実際は司禄星が3つもあって、禄存星もあるんですよねぇ。
 
多分、真面目すぎて自分でプレッシャーをかけすぎていたのと、不安のし過ぎなのと「お金に苦労するのが当たり前」という認識からそっちが現実化しているのかもしれないですね。

よくよく考えてみたら、「お金に困っている」とおもいこんでいただけで、本当に意味でお金に困ったことない気もしてきました。
Commented by katamich at 2018-11-01 22:19
> あんじぇらさん
実は困ってないのかもねー
by katamich | 2018-10-25 23:39 | ■お金 | Comments(2)