12月30日の「大浄化祭」の輪郭がでてきました 2018.10.23

今日は諸々の諸連絡、事務作業。11月11日、久々にソロでセミナーをします。最近はコラボ、プロデュースが多かったですが、私自身もこの10年間、最前線でやってきましたので、本領発揮といきたいところ。いろんな人たちとの絡みのおかげで、私自身もブラッシュアップされた部分も多く、ヤバいセミナーになりそうです。


さて、年末も年末、12月30日、みこちゃん、チャールズさんと三人コラボの輪郭が出てきました。場所は新宿、ピアノのある小さなホールで定員70名。終日借りるので、いろんなことができそう。凄腕のピアニストの身柄もおさえ、ボーカルやホーンも入れようかと。こないだも言ったように、なぜに「12月30日」なのか。天才的セミナー運営の佐々さんから、仕事納めの後の三日間はむしろ集まるとの情報をいただき、私の思い込みがまたしても壊れました。


考えているのが、午後から「浄化と繁栄のセミナー」としまして、夜は「平成最後の忘年会パーティ」で。もはやマーケティングもセールスもITもAIも時代遅れ。これからは「当たり前のこと」をきちんとするだけで、無限の富がやってくることに気づいたものが勝つ。


世界を見渡すと、日本はその「当たり前のこと」が比較的できてると思う。たとえば「他人のものは他人のもの」って当然だと思うのです。だから、財布を拾っても7割はきちんと届けられる。そんな当たり前の安心のセーフティネットがあり、お互いを信頼する心があるから、社会は発展していった。


具体的には指しませんが、多くの先進国の論理は「強いものが正義」であって、だからこそ弱い国を侵略することが正当化される。「弱いこと」はそれだけで悪であり、「強いこと」は神から愛されているがゆえに強いのであり、「弱い」を侵略し、自分たちに取り込むことが正義である、とする。丸腰の人たちに対して鉄砲を撃ちまくったり、病原菌や麻薬をまき散らしてきたって歴史が現にある。


太平洋戦争で負けた日本は弱い、つまり、悪。だからこそ、東京裁判のような「勝者が敗者を裁く」みたいな茶番が現実に行われる。インドのパール判事だけはきちんと異を唱えたけど、結局、「敗者=悪」って前提あってなので、一蹴された。


女性が安心して夜道を歩けるのは日本くらいだと、さもそれが例外のように言われるけど、「女性が夜道歩くこと」のどこが間違っているのか。女性が夜道を歩いて事故にあっても、それは「夜道を歩いた女性が悪い」なんてのは、普通に考えておかしいでしょ。騙された方が悪い、盗まれた方が悪い、そんな話もよく聞きますが、普通に考えよう。騙した方が悪い、盗んだ方が悪い、でしょ。虐められる方にも落ち度はある、なんてのもそう。普通に考えれば、虐める方がいなければイジメは起こらないのよ。批判される方が悪い、みたいなのもそう。加害者と被害者がいれば、まずは加害者に何らかの理由があるわけでしょ。けどそこに「強いは正義」みたいな歪んだ価値観が入ると、急に加害者が正当化されてしまう。


しばしば「日本脅威論」なんてが言われますが、なぜに日本はいわゆるワスプ的倫理でなく成功したのか。それはきっと「当たり前のこと」を当たり前と思っているからだと思う。もっとも「強いが正義」が当たり前と思っている国もまだ多いけど、徐々に気づきが広がっているように思う。

オレっておかしいのかな?やっぱり「強いが正義」はどこか変ですよね。このブログを読んでいる大多数の日本人は共感していただけると思う。


話を戻しますと、「繁栄」とは「当たり前のこと」の先にある。部屋を掃除したら気分がいい。それも当たり前のことだけど、やんないでいる人は多い。「繁栄の法則」によると、たいていの悩みや問題は「掃除」で解決するとのこと。特に水回りをきれいにしておいて、貧しくなることは不可能だ。


水回りってのは、その名の通り「水」がたまっている。その水は放置していると、Gが飲みに来て雑菌が繁殖したり、場の波動がどんどん下がる。もしもお金に困っていたら、水回りを徹底的に掃除してみるといい。台所、風呂、トイレ、水槽など、「水(お水様)」に関する場所を徹底的に美化する。すると、絶対にお金には困らなくなる。


チャールズさんは4月から九谷焼のお店を継がれた。それ以前より「繁栄の法則」で経営するのだと言われていた。セールスやマーケティングもゼロではないにせよ、「入りたくなる空間」にすれば自然と儲かる。それはお店だけでなく、どんな商売でも同じ。もちろん金運も。お金に困ったらまずは水回りの掃除。


そして、みこちゃんもまた、表現方法こそ違えども「繁栄の法則」を自ずと実践していた。セールスをやってもトップに立ち、それ以外のビジネスでも桁違いの成果を出してきた。これからの時代は「当たり前のこと」を当たり前にする。伝統的な日本の価値観を思い出す。それは神道や仏教とも密接に結びつく。みこちゃんは仏教の家系に育ち、一時期、神道で巫女もやっていた。チャールズさんは細かいことは極秘ですが、本名が「出雲」であることからお察しください。かなり面白い情報、あります。
b0002156_13104983.jpg


と言うわけで、12月30日、2018年最後の「大浄化祭」で、セミナーあり、音あり、飲みあり、いろいろやりたいと思っています。翌日、31日は皆さんで初詣ならぬ「晦日詣」をして締めくくりたいと思っています。楽しくなってきましたね。もう豊かになるしかありませんので、そのおつもりで。ありがとうございました。

---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
Commented by みっちょりーな at 2018-10-26 09:28 x
今日のQさんのブログに激しく同意します!「強いが正義」は、普通に考えて変です!
Commented by katamich at 2018-11-01 22:19
> みっちょりーなさん
ほんと、そう!
by katamich | 2018-10-23 23:39 | ■人生哲学 | Comments(2)