異常とか正常とか、そんなものあるのか?面白ければいい! 2018.8.26

相変わらず動画にハマりまくりですが、すでに面白いことがたくさん起こっています。LINE@で更新のお知らせをしたら大量に返信をいただくこともそうですが、好き嫌いはどんどんハッキリしてきて、LINE解除も多いのですが、一方でファンレターが熱くなってきた。ブログ見てます、本読んでます、よりも「YouTube見てます」の声が増えてきた。面白い。


先日、「超能力研究家」としてアベマTVに出演された、お馴染みの薄井孝子先生からもメッセージをいただいたのですが、なるほど。


しかし、、、
Qさんがユーチューバーじゃなかったことが、むしろ不思議ですよね〜

本当はブロガーというより、ユーチューバーのタイプですよね〜
本来、世に出るはずの順番が逆になってた感じですね

まさに本来の自分へ、元にもどる。…に“成った(シフトした)”んでしょうね



正直なところ、ブログやって14年、セミナーやって11年。いつもいつも新鮮な気持ちでいるのは難しい。でも、仕事になってるから、習慣的に続けている。ここに来たのが動画。自分で撮影して、編集して、アップする。まだまだ規模は小さいですが、純粋に楽しい。丸だし、全出し!
b0002156_15344895.jpg


毎日、Qさんの顔ばかり、ウザくてごめんなさい。8月のキーワードは何と言っても「全出し」であり、2018年の個人的流行語大賞にノミネートしますね。また、同様に「私は元に戻る」もまた「全出し」に通じるものであり、赤ちゃんなんて完全に全出しですもんね。もちろん社会規範の上での「出し」であって、「出すなら下半身も出さなければ矛盾だ」なんてツッコミ、ご遠慮くださいね(笑)


とにかく、8月に入って急に動画に目覚めたのだけど、実は7月末の豊年祭で降りてきたことでもある。神々にお会いして、「君は動画やりなさい」と言われた気がした。で、さっそく始めた。面白くなってきた。いや、めちゃくちゃ面白い。反応もいい。


人は進化し続けなければ淘汰される。それが自然の摂理。そして今、すごく新鮮の気持ち。セミナーにしても、みこちゃんって次世代のヒロインと出会い、次世代のまったく新しいセミナーが生れようとしている。先日のセミナーでは途中から完全に自動書記状態となり、板書がどんどん埋め尽くされるのだけど、それをして「曼荼羅」と評した参加者さんもいた。

確かにそうだ。実はみこちゃん、素人レベルでない絵心があり、しゃべりも上手いけど、描かせてもハイレベルなのだ。ちなみにこの写真はセミナーで板書をするみこちゃんと、6月に薄井先生が「Qさんのそばの女性のエネルギー体がいる」と描き始めたスケッチ。同一説が浮上しています。
b0002156_15354377.jpg


話を戻すと、10年以上も同じことをやっているとマンネリにもなる。そして10年で淘汰される人も多い。だけど、なぜか続いている。ここにきて、新たな出会いがたくさんあり、まったく新しい世界が広がっている。みこちゃんにしても、元々、仏教系の家系で戒名も持つエリート。7歳から唱えてきたマントラは、先日、会場を唖然とさせた。泣いた人もいた。オレも震えた。みこちゃんマントラは絶対に生で聞く価値がある。宇宙的な出会いであり、年内はいろんなイベントを企画しています。


ともあれ、元に戻る。どんどん、元に戻っている。本来の姿はすごく楽。動画なんてさ、普通の人はやりたがらないけど、オレは楽しくて仕方ない。ネタも無限にある。編集の時間とかはかかるけど、楽しい。寝ないでできる。


そう言えば、実は薄井先生。2018年は映像メディアに出演すると言われていた。ビジョンが見えるだけで、具体的な話ではなかったのが、今や地上波に迫るネットTVの最大手アベマTVに出演した。まさに予言、未来を透視した通り。そしてオレも透視された未来によると、映像メディアで大きく活動するらしい。YouTubeで自分の姿を毎日見ていると、それもまたビジョン化され、そのうち大きく現象化されるのかもしれない。


薄井先生のアベマTVの様子がネットニュースになっていた。ちなみに司会はアリキリの石井、薄井先生の右の右にいらっしゃるあのお方は、セクシー女優の超有名人、いいな~(笑)


超能力について研究している薄井孝子氏は、「フランスの『透視術』という本によると、生育歴で苦労したことがある人に芽生えやすいと言われている」と話す。自身も透視能力を持つといい、「心理療法をやっている中でクライアントさんの心象風景というか、トラウマが起きた時の風景が伝わって来るようになってしまった。最初は何だか分からなかったが、目を閉じている時に色々なものが浮かんできた。クライアントさんにも"何で分かるんですか"と言われ、それが治療に繋がっていった。こういうところに悔しさがありますね。こういうところを解消した方がいいかもしれませんね"とか、そういう助言に繋がっている」と明かした。


薄井氏によると、「透視の素質は誰にでもあり、訓練で開花する」といい、昔から超能力を開花するために使われていたというESP(超感覚的知覚)カードを用いて訓練することが可能なのだという。ESPカードとは、表に星、十字、波、円、正方形が描かれており、これを伏せた状態で図柄を当てるというものだ。「イメージでいい。どこか一端でもつかめていたら、ヒントを得ている状態。これを何度もやっていくうちに正確なものが捉えられる。これを否定していくと絶対に可能性はつかめない。懐疑的な正確の人は絶対に進化していかない」と話した。
b0002156_15363482.jpg




う~ん、いろいろ思い当たる。薄井先生はいつの間にか「見える」ようになったし、滝の導師も昔から「見える」のだし、そしてみこちゃんも、、、あまり大声では言わないでおきましょう。セミナーに来られた方は驚愕していましたが。でさあ、オレも最近、あるものが見えてきて、あ、単なるおかしな人かな。


昔、精神病理学者の木村敏の本をよく読んでいました。「あいだ」の概念を提唱した人で、大学入試の現代文の設問でもよく取り上げられていた。木村敏はいわゆる「心に特別な事情を持つ人たち」とそうでない人とは「時間」との向き合い方が違うと論じた。重度なウツの人は自分が過去にあり、癲癇の方は過剰な現在にあり、そして統合失調症は自分を未来においていると言う。


ただ、最近、わからなくなってきた。「正常」って何か、「異常」って何か。「~症」と診断された人は「異常」なのか。かつてはそうであったし、今もそうかもしれない。けど、木村敏によると「正常」と「異常」の間には絶対的な壁があるんじゃなく、極めて相対的なものだと。


今、オレの周りには面白い人がたくさんいる。おかしな人と言ってもいいかもしれないし、その限りにおいては「異常」とも言えるけど、けど、社会的には「正常」だし、その逆もまたしかり。いろんな人がいて、それでいい。みんな違って、みんないい。


YouTubeにうつるオレ。変な人かもしれないけど、これが元の自分かもしれない。変って何だろう?変じゃないって何だろう?これから先、どんどんニュータイプな人が出てきて、世の中にいろんなメッセージを発するのだろう。なんだろう。書いててわからなくなってきたけど、ま、そんなとこ。オレは動画、楽しく配信します。もちろんブログもね。ありがとうございました。


【受付中の講演・セミナー】

■9月8日(土)・9日(日)・10日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2018 in Q州(Q州ツアー) 

---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2018-08-26 23:39 | ■精神世界 | Comments(0)