情報なんかすべて無料なんだからリアルな体験しかないよね 2018.8.15

今さらなんですが、今年最大の衝撃はYouTubeかもしれません。2018年も後半に入り、今年もいろんなことがありました。1月は断食道場で執筆し、2月はエジプトに行き、3月は久高島・新城島に行き、4月はジャズを企画しシンガポールにも行き、5月は自転車で岡山の人たちと出会い、6月は新刊と21日滝行があり、7月は豊年祭に行きなどなど。


振り返ると昨年末、ちょっとした断食をしていました。その時、空腹を紛らわすのに「気持ち悪い食べ物系」の動画をあえて見ようとしました。大食いで汚らしい動画を見て、気分を悪くして、食べられなくなる戦法です。そのとき、「ぷろたん日記」なる極めて汚らしい動画に出会い(誉め言葉)、バケツほどの卵かけご飯をぐちゃぐちゃ食べてるのを見て、私の狙い通りに気持ち悪くなったのですが誤算がありました。笑ってしまってたのです。


そして次々と関連動画(大食い系)を見ては笑う。この人たちはなんなんだ。そう言えば「ヒカキン」ってのが話題になったし、ユーチューバーって仕事があり、小学生では憧れの職業の一つになっていると聞いた。


最近、「ジョーブログ」ってのに出会ったのは、旅の情報を見ている時だった。あ、この人、亀田興毅とボクシングしてた人だと思い、いろいろ見てたら面白い。昔、「電波少年」って番組があり、猿岩石が流行ったのは私が世界一周に行く前年の1996年だった。当時は大学4年生で、テレビを見る習慣もなかったので、その番組の存在を知ったのは終わってからだった。


世界一周に行くと言うと、「猿岩石みたいだな~」って小学生から言われ、なんだそれはって感じ。沢木耕太郎の「深夜特急」よろしく香港からロンドンまで乗り合いバスならぬヒッチハイクで行く企画。ただ、知ってる人には当たり前の話だけど、当時、ミャンマーを陸路で通過することはできなかった。また、私の時はOKだったのですが、その時期、トルコ国境付近でクルド人の騒動があり、その辺は飛行機を使うしかなかった。


けど、当時は「やらせ」って手法は一般視聴者には浸透しておらず、「旅行人」の蔵前仁一や「格安航空券」の下川裕二ら周辺では、「テレビ局が特別な許可をもらって陸路入国したのだろうか」なんて議論もされていたらしい。そしてある意味、「やらせ」をすっぱ抜いたのは蔵前仁一だと言われ、「猿岩石、飛行機を使っていた!」と大いに話題になったもの。


今なら「ミャンマーは陸路出入国できないので飛行機を使いました」の一言で誰も騒がないところ、あの当時は視聴者を健全に「騙す」のが通例で、そんな注釈も必要なかった。その2~3年後だったか、「ガチンコファイトクラブ」って番組があり、元ミドル級世界チャンピオンにもなった竹原慎二はそれで有名になった。ボクサーを目指す荒くれどもが、毎回、竹原にたてついたり、喧嘩したり、暴動を起こすのだけど、そんなのもすべて台本の上だった。それを「やらせ」だと騒いだのが、まだ黎明期のネット民だったわけだ。


そして今、YouTubeって文化は本物のガチを実現するに至ったの。「ジョーブログ」もある程度は「見せ」が入るものの、旅に限らず、やっていることはほぼほぼがガチ。テレビに「やらせ」があることが浸透した今、人々はYouTubeに生の臨場感を求めるようになったわけだ。


大食い企画でも、「本当は食べてないけど、食べたことにする」なんてのは通用しない。「五合の米に50個の卵を使った卵かけご飯」なんてのも、企画した以上は本当にするしかない。それをテレビでやってしまっては、責任はテレビ局に帰するから、今やそんなリスクを負うメリットもない。だけど、ユーチューバーの世界は基本的にすべてが自己責任。せいぜい注意喚起を促す程度で、彼ら彼女らのガチを止める規制は存在しない。だからこそ今、YouTubeであるし、「電波少年」や「大食い番組」程度の企画だったら、彼らで十分なのだ。


テレビはもっともっと予算のかかる、大規模な企画に特化され、そのスキマをユーチューバーが埋める構図。もっとも、私はユーチューバーの「バー」になるつもりはないですが(今は)、これまで文字や画像、音声でできなかった表現に挑戦していきたいと思っています。それは単にカメラに向かってしゃべるってだけでも、まずはいいかもしれません。
b0002156_125167.jpg


この動画、撮影自体に一時間かかり、編集に二時間かかり、たった8分の動画なのに割りに合いません。最初の出だし、何度も何度もやりました。しっくりこない、しっくりこない。ただ、途中から基本的なことに気がつきました。編集すればいい。不要な間や言葉はカットすればいい。今まで私は「一発撮り」にこだわり過ぎていたけど、音楽のレコーディングでさえ一曲にいくつも切り貼りが存在するわけで、トークでの一発撮りなど誰も求めていない。


上の画像、よく見れば何か所か不自然なカットがあるのがわかりますが、最初から「カットしてる」と思えば不自然ではないし、それで全然問題ないわけだ。なので途中から、録画したままで何度も言い直したりして、最終的にカットして帳尻を合わせました。


しゃべりの冒頭はフリー素材のBGMで、終盤は今津雅仁さんの「Dear Hank」から。編集もやりながらいろんな発見があり、どんどん早くなっている。今後、10分の動画を作るのに、撮影から編集、アップまで一時間で終われるようなサイクルを作りたい。もちろん旅などはそうはいかないにせよ、私のYouTubeは基本的に「ブログの動画化」であり、スマホの中のセミナーとも言える。


そして今後、YouTubeではすべての情報を「全出し」します。だから、「情報」を求めてセミナーに来ても意味ありません。「情報」なんてものは、今やほとんどが無料で手に入ります。有料であるなら、それは極めて価値高い、高額なものに限られる。まったく無価値な情報を、隠しながらさも価値があるかのように見せかけて誘導する手法は通用しない。だからこれからは「全出し」します。「この後はセミナーで・・・」はご法度とします。


ただ、それでもセミナーに参加する理由があるとすれば、それは「リアルな体験」に他なりません。「ジョーブログ」のジョーさんが今、アフリカ縦断の旅に出ていて、その様子をYouTubeやInstagramで見ていましたが、帰国後、全国でトークライブをするらしい。見つけたとき、福岡はすでにソルドアウト。東京も大阪もソルドアウトで札幌と沖縄はまだあった。今、ANAのスカイコイン状態なので無料。行こうかと思ったくらい(日程が合わず)。私はジョーさんに何を求めていたのか。それはYouTubeで見ていたはずのアフリカ縦断の「リアルな体験」だったのかもしれない。


今後、セミナー業界も徐々に「リアルな体験」重視にシフトしていくでしょう。面白味のないセミナーは淘汰される。今後、セミナーで食べていくのはどんどん難しくなっていくことでしょう。人々は検索します。Googleの検索用途はどんどん縮小し、今の10代20代はダイレクトにYouTubeから検索に入る。


「石田久二、Qさんって人がいる、面白い本やブログを書いている、セミナーもやっている、どんなのだろう?」


YouTubeで検索すると、たくさん動画ある。面白い。これは「リアルな体験」として見たいし、このQさんって人に会ってみたい。それでいい。そして私は先駆者になります。いつか、船井本社のイベントに登壇したとき、司会者から「ブログ発のセミナー講師の先駆者」として紹介されたのですが、私がインフォームしたプロフではありませんでした。そうか、このように見られているのか。


2006年~2007年当時、いわゆる「ブログ(ブロガー)」からセミナーに進んだ人は皆無でした。私の周りにはおらず、阿部敏郎さんでさえもまだやっていませんでした。2006年5月に、大阪で私とおなすさん主催のオフ会をしたら、たくさん集まりました。その後、横浜で私とキトリカさん主催のオフ会をしたら、これまたたくさん集まりました。その後、私単独で東京、名古屋でもオフ会をしました。2006年は「ブログ発オフ会」のスタートであり、その翌年、「オフ会」が「セミナー」になり全国を行脚。すると「Qさんと滝行をしたい」って人たちが現れ、滝行合宿やQ州ツアーが実現。「Qさんとインドに行きたい」って企画も立ち上がり、2008年11月にそれは実現しました。




今流行りの「神社ツアー」も2007年からすでにやっていました。幣立神宮、天岩戸神社、秋元神社、出雲大社、伊勢神宮、たくさん行きました。さらには、アルバニア、ラダック、シナイ山、アイスランド、アラン島(アイルランド)、アブダビの遊牧民、新城島、久高島など、極めてレアな場所にまで進みました。正直、この辺の企画は誰も真似できないでしょう。旅先でのイレギュラーな出来事も、真似できない。


私はいろんな意味で「先駆者」であり、そのことに疑いを挟む人はいないでしょう。仮にすでにやってる人がいたとしても、私の場合、モデルのないところから開拓したのは事実なので。そして今、YouTubeに出会い、また新たな「先駆者」になろうとしています。


これから毎日アップするとして、編集までして一年もあげたらセミナー業界としては完全にオンリーワン。まだ一週間なので、正直、ド下手です。トークも編集も。だけど、上手になる自信はあります。ユーチューバーには一定の特徴があり、それはテンションの高さ。ヒカキンさんやジョーさんなど人気ユーチューバーは誰もがテンション高く、それはすでに地上波の芸人の域。最初からキャラもある。


とすれば、私はどうか。テンション、まかせてください。声も大きくてよく響く、顔の筋肉も柔らかい。Qさんはテレビ向けと何度も言われたけど、だったらそれをYouTubeでやればいい。な~んだ、簡単なことじゃんか。後は慣れだな、回数だな、試行錯誤だな、カイゼンだな。


そんなわけで、いろいろ面白くなってきました。18日もリアルな体験、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
 
■8月18日(土)/東京/元の私に戻り一番ラクに願いを叶える「浄化と再生」の実践型トークライブ 

■8月28日(火)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾42 

■9月8日(土)・9日(日)・10日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2018 in Q州(Q州ツアー) 

---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2018-08-15 23:39 | ■時事問題 | Comments(0)