『マイダス・システム』は奇跡の成功法則なのか? 2018.7.26

台風12号が近づいています。太平洋の小笠原の沖で発生した後、通常だと時計回りに旋回していくはずが、なぜか逆方向で関東から本州を直撃。気になるのは石垣島までのフライトだが、私は28日に福岡から直行なので問題なし。関東からの方が何名かいるので気にはしてたけど、大丈夫と思ってたら、左に急旋回。羽田空港を避けるルートに!
b0002156_15491126.jpg


7月29日(7+2+9=18、1+8=「9」)の祭、何かある。今年は45年間の人生で最大級のことがたくさん起こってるのだけど、そう言えば「45」も「4+5=9」だもんね。算命学では48歳からボーナスステージのようで、そこに向かって「浄化」が始まっていると言われました。まず人間関係がガラガラ~と変わっており、また、潜在意識のノイズのようなものがどんどん除去されている。楽しみだなあ。


さて、今日も夜、ライブ配信をしたのですが、最近、なぜか『マイダス・システム』について聞かれることがあったので、その真実をお話ししてしまいました!

第31回「ぼくたまライブ」22:00ー
テーマ:マイダスシステムは奇跡の成功法則?
本日の一曲:Erroll Garner「Misty」



この本、1997年に出版され、初版4,000部でまったく売れずに絶版。イギリスではいくらか売れたようではありますが、翻訳の問題もあるのかな。いや、それ以前にもっと売れない理由があったのだ。その辺のこと、ライブ動画で語っており、いくつかの種明かしもしています。


たとえば拙著『「言葉」が人生を変えるしくみ その最終結論。』の第四章は『マイダス・システム』を下敷きに書いています。『マイダス・システム』が売れなかった理由は、単純に「ありふれた方法」であることと、「文章が読みにくい」ことでしょうが、一点、この本を最大限に評価していたのが「自尊心」を取り上げていたこと。


いわゆる「成功法則」と「自尊心」は切っても切り離せないはずのに、きちんと関連付けて書いている本はあまりなかったような気がする。「成功法則」はビジネス・自己啓発で、「自尊心」は心理学・臨床心理の範ちゅうにあるけど、なぜかその関連について書かれていなかった。その点、『マイダス・システム』はしっかり拾っていたのですが、いかんせん「成功法則」の部分はややこしく取り組みにくく、「自尊心」の部分は中途半端。


だったら私が書いてやろう。それで『最終結論。』を出したのですが、手前味噌ながら、この本が出た時点で『マイダス・システム』を読む必要はなくなりました。一説によると、この本のアマゾン中古価格を切り上げたのは私ってことのようで、一時期、10万円くらいまで高騰していました。だけど、はっきり言って10万円の価値もないですし(特に『最終結論。』が出て以降は)、英語が読めれば無料で手に入ります。確かに幻の本かもしれませんが、それ言うなら「まったく売れないで絶版になった本」はすべて幻本になります。それでも読んでみたい方は図書館にあればいいですし、少なくとも国会図書館にはあります。ただ、自己啓発にしてもビジネスにしても、読むべき本は他にたくさんありますので、そこだけは断言しておきます。


ちなみに、私が最初にこの本の存在を知ったのは、とあるお金持ちの方からこっそり教えてもらったから。その方が『マイダス・システム』の他に二冊をおススメされており、一冊はポール・アーデンの『プレイ・ジョブ』であり、もう一冊が『夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?』なのだ~!てか、アマゾンの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」ではそのまんまですね。
b0002156_15554928.jpg


すみません、『マイダス・システム』は悪い本ではないのですが、20年以上前にイギリスでは売れたものの、日本ではまったく売れず、結局、それが事実なんですね。それでも「自尊心」を取り上げたところは、私なりに大きく評価しており、その点でのみおススメではありました。ただ、繰り返しますが『最終結論。』でもっと詳しく、そしてわかりやすく書いていますので、そこはどうかご参考くださいませ。


なお、「自尊心」については、一つ、誤解されないようにしたい。「自尊心」は決して「上げる」ものではなく「戻す」ものです。日本語的に「自尊心を戻す」だと意味不明になるので、便宜的に「自尊心を上げる」って表現をしていますが、あくまで「自尊心」は「戻す」ものであり、「上げる」ではありません。「回復する」はしっくりきますが。なお、「自尊心」は次の図に集約されます。
b0002156_1556307.png



「時間軸」においては、「過去」や「未来」と自分を比べて苦しくなって頑張るの図。「空間軸」においては、「他人」と比べて苦しくなって頑張るの図。「過去」や「他人」を変えようとして頑張って頑張ってどんどん苦しくなる。自分じゃなくなる。ありのままの「自分」を認めることができない。つまり、自尊心が低い状態。


自尊心を高めるには、「過去(未来)」にも「他人」にも影響されない「自分」で完結している状態に戻す必要があり、それが「元」の姿なんです。ただ。生きていると、「元」はダメだって情報がたくさん入ってきます。それは『僕らの魂~』の「7匹の悪鬼軍団」にもそのまんま当てはまります。


1、過去への執着(失鬼)
2、感情への執着(奪鬼)
3、良識への執着(善鬼)
4、他人への執着(認鬼)
5、現状への執着(変鬼)
6、自分への執着(時鬼)
7、生命への執着(有鬼)



説明しますと、


<セラピー>
「失鬼」は過去が忘れられない、過去に引きずってしまう執着(制限)
「奪鬼」は怒りや恐れなど素直になれない凝り固まった感情への執着(制限)
「善鬼」は世間的に良くなければならない、常識的でなければならないなどの執着(制限)


<コーチング>
「認鬼」は他人に認められなければ意味がないとの執着(制限)
「変鬼」は環境は変えたいと思うけど、自分は変えたくないとの執着(制限)


<スピリチュアル>
「時鬼」は過去や未来の記憶が作る自分のアイデンティティの執着(制限)
「有鬼」はそのまんま生きていること自体への執着(制限)


自分で書いて言うのもなんですが、順番に出てきた「鬼」が見事にハマっているわけです。だから『僕たま』を読むだけで、自分の中の執着(制限)が取れて、次第に「元」に戻るのは当たり前の話。私も「書いた」と言うより「読んだ」ことで、どんどん戻ってますから。


誤解を恐れず言うと、たとえば「太る」とは自我の肥大化であり、逆に「痩せる」は自我の病的な矮小化と言えるでしょう。


見ていると、経営者でも羽振りが良くなると、散財が激しくなり、飲み食いも増えるので体重も増加する。健康も害する。変な投資に手を出したり、騙されたりする。しかし、節度を持って堅実にやっていると、経営も安定し、健康状態よく、多くの人に貢献できる。それが「元」の状態。


一方、世間や常識に縛られ、やりたいこともやらず、我慢して「いい人」を演じ続けることで、自分を生きていないと、お金も使わないし、使っても自分にためにはならない。食欲もなく、どことなく不健康そうに見えてしまう。しかし、「いい人」の仮面を捨て、やりたいことをやって生きると決めた途端、顔の色つやも良くなり健康的になる。それも「元」の状態。


つまり、


過去への執着を手放し(失鬼)、感情に素直になり(奪鬼)、いい人を演技しない(善鬼)、そのことで一段階目の浄化が進む。


さらに、他人からの承認に左右されず・他人の目を気にせず(認鬼)、健全に変わることを決意し(変鬼)、そのことで二段階目の浄化が進み、自分らしく成長・成功するための切符を手にする。


そして、過去が作ってきた思い込みとしてのアイデンティティを捨て(時鬼)、生命そのものへの執着(有鬼)を手放すことで、自我を超え、宇宙的レベルでの浄化が進むわけです。


一般的には一段階目の「セラピー」の浄化によって「自尊心」も回復します。その上で「コーチング」の段階に進み、願望実現、目標達成へのドライブを強め、収入を一気に増やし、貪欲に願いを叶えまくる。


ただ、それよりさらにさらに進めるには、「アイデンティティ(自我・自己同一性)」へのこだわりを捨て、さらに「生命」そのものへの執着を手放すことで、やりたい放題になる。いわゆるスピリチュアルの領域なんだけど、この辺は「一回死んだ」ような人は強いかもね。

もう、お金も社会的地位とかも関係なく、もちろん見栄も常識もない。ただ、ミッションに従ってやりたい放題に突き進むしかない!もはや「自尊心」って概念もないかもしれない。


『マイダス・システム』は「自尊心」回復にふれてはいるけど、その辺の方法論については極めて中途半端。その辺をクリアしている人にとっては、その後のややこしいやり方を受け入れることができるのでしょうが、そうじゃないと正直、あれは面倒。


「浄化」ができてないのに、「生成」をするのは不可能。ともかく最初は「浄化」であり、そこで「再生」へと進み、「生成」「創造」「完成」へと成就するわけです。ただ、「浄化」そのものはいくらやっても足りないことはなく、究極の浄化が「生命」への執着を手放すこと。鬼で言うなら7番目の「有鬼」であり、されに対置するのが大日如来だったわけだ!


7月29日の祭には、なぜか「一回死んだ」ような人ばかりが参加することになっている。「祭」では何が起こる変わらないし、言ってはならないのだけど、準備ができてないと参加は難しいのだろうな。

ともあれ、「浄化」は「自尊心の回復」であり、その段階を経ずして願望実現は難しいってことです。そにしても台風12号(1+2=3⇒宇宙)が異例の進路で進んでいますし、平成最後の夏、何かが起ころうとしているのは確かなことだ。ありがとうございました。


【受付中の講演・セミナー】
 
■8月4日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾41~実現を妨げる「7つのリミット」を解除する方法(その2)

---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2018-07-26 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)