本場のディジュも加わり史上最高のセロトニン合宿が展開している!!! 2018.7.14

目が覚めたら8時だ。あ~っと!8時15分のバス、間に合わない・・・と思って確認したら45分のだった。それでもギリギリなのでタクシーでバスタ新宿へ。車内でも寝ていまして、連休初日ってともあり、高速は大渋滞。集合時間の12:30にはかろうじて間に合ったものの、他のメンバーも同様に遅れているので、集合を13:00にした上で、遅れる人は現地集合にて。なんやかんや、揃いました。


最初に謝っておきます。ことごとく告知が遅れてしまってすみませんでした。出版とか自転車とか、頭がいっぱいで受付を開始したのが二週間前でございました。もう少し早く告知してくれたら行けたのに~とのお叱りを受けました。結論から言いますと、今回の合宿も、昨年をはるかに上回る素晴らしい二日間となりましたので、来年も開催が「決定」しました。次回に限らず、これからは先手先手で告知を打っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

まずは8月18日、東京でセミナーしますが、「今年一番衝撃だったとんでもない人物」をそこで登場させますので、その日、あけておいてくださいね。


さて、河口湖のセロトニン合宿です。今回はスペシャルゲストでプロのディジュリドゥ奏者のNATAさんが急きょ、参加されることになりました。今回のメイン講師であるプロドラマーの牟田昌広さん、つい一か月前、なにかのイベントで知り合い、その場でフリーセッション。意気投合し、今回の河口湖にお誘いいただきました。


初日の前半は牟田さんによる「体感」を中心としたワーク。とにかく100日、教わったことをきちんと実践すれば間違いなく人生は変わる。たとえば「立ち方」の一つからそうだ。肩こり、腰痛、頭痛、内臓疾患などなど、すべては「立ち方」から。重力に対抗した立ち方、身体が歪む立ち方、無意識でやってしまう。だったら、これからしばらく、意識的に「立ち方」を実践すれば、たいていの悩みは解決してしまう。その「立ち方」とは一言で言うと「爪先重心」なんだけど、それだけで一気にパフォーマンスが上がる。それ以外にもいろんな「技」を教えていただき、これで一年間は大丈夫。いや、一生大丈夫だな。


後半、いよいよ「呼吸法」のワークに入るのですが、セロトニンを出しまくるために、呼吸法は重要。中でもアボリジニの伝統楽器であるディジュリドゥを用いた呼吸法は、腹筋、胸筋、頬筋、いろんな筋肉を使うので美容にも最適。でも、まずはNATAさんの演奏を聴いてみたいじゃないですか!
b0002156_1141539.jpg


場が一瞬のうちに変わる。どよめきも。地球を揺るがすような低音。宇宙の粒子に染み込む倍音。オーストラリアの大地と空間を呼び覚ます様々な音色。感動、感動です。そこにすかさず、いくつかの打楽器を並べた即席のドラムで牟田さんが応戦。ディジュとドラムのフリーインプロビゼーション


正直、これを聞けただけでも、今回の合宿に参加された方はラッキーだったのでは!NATAさんは20年前、たまたま何かでディジュリドゥと出会い、それ以来、ディジュリドゥだけでプロ生活をされています。これまでアボリジニの居住区に何度も訪れ、現地のディジュ奏者とも交流を深め、そのスピリットを受け継ぎます。しかし、大切なのは「自分」の表現であると、現地の方からも言われ、奏法を独自に発展させ、また、いろんなミュージシャンともコラボをしながら、世界を広げています。


牟田さんとNATAさんの演奏を聴きながら、ヒラメキがありました。そうだ、これにRAPのふまさんを加えると面白いライブになるに違いない。クラリネットの土井くんも。さらに牟田さんの本をプロデュースしたい。NATAさんのディジュとのセッションを含むCD付で。もちろんあくまでもセロトニンを出すって目的として、「これを聞くとセロトニンがドバドバ」みたいなCDブックとか面白いな。そのように提案させてもらったところ、もちろん快諾!また仕事が増えたけど、なんとなくこっちの方向、あるのかもな。


今現在、今津さんのJAZZのCDブックを進めていますが、それ以外にお二方、さらに牟田さんが加わるかもしれない。私は本の表紙には名前は出しませんが、企画・編集的な立場で関わっていく。もちろん私自身もガンガンに本を書きますし、新たな構想も出たばかりなので、いろんなプロフェショナルと関わりながら、突き進んでいこう!
b0002156_1143892.jpg


そして夜のBBQタイム。このお宿は料理が美味しいと評判で、BBQなので焼くだけながら、場所も人もいいのか、今回も美味しくいただきました。もちろんビールやワインもね。
b0002156_11424418.jpg


夜、、、こっからが本番なのかもしれない。牟田さんの提案により潜在意識にダイレクトに願望を注入するワークを全員でやりつつ、いろんな話をしました。牟田さんは元々芸能界の人で、浜崎あゆみ他、いろんなアーティストとも多数共演。かつてはSADSのドラマーとしてテレビ、CM等にも多数出演。そんなすごい人とこうやって気楽に接することができるなんて不思議だな。


矢沢永吉の話が面白かった。タクシーに乗って、運ちゃんが道を間違えたとき、バックして戻ろうとすると「俺はバックはしない」と言って、戻れば5分のところ、大きく迂回をして40分かかったりとか。なんかのフェスで矢沢と一緒になったとき、ミュージシャンの楽屋もトイレも当然別で、特に矢沢は大物なのでガードもかたい。矢沢が通るところ、自然と大きな結界がはられる。牟田さんが普通にトイレに入っていると、後ろから騒然とした雰囲気が近づいてくる。どうやら矢沢だ。通常だと、矢沢の周りはミュージシャンとて近づけないのだけど、先に入っている人を出すわけにもいかない。だからと言って、矢沢に「待て」とも言えないし、矢沢はバックをしない。必然的に牟田さんと矢沢のつれしょん状態に。こんなの書いてよかったかな。NGなら後で消します。


ともあれ、牟田さんはそんな超大物とずっと一緒にいた人なんだけど、驚くほどに気さくで、そして心地いい。当然、話も豊富だし、面白い。音楽だけでなく、セロトニンはもちろん、潜在意識の話も詳しいし、なぜかフリーメーソンなど都市伝説・陰謀論にも通じている。ブログでは書けない「あるYouTube動画の秘話」についてもお話いただき、これはもうビックリ!そして某大物芸能人の結婚式での話、おっとこれも超オフレコだ。そんなこんな、飲んで、語って、笑って、夜は更けつつ、あ~っと、チャールズさんでさらに盛り上がる!完全に霊界の人になっています(笑)
b0002156_11432964.jpg


夜中に再びホールに集まりセッション大会。これがもう、圧巻も圧巻!ディジュ、打楽器、鍵盤、なぜかピアノでフリージャズをするオレとか。
b0002156_11434522.jpg


完全にトランスに入ってしまいまして、ヤバい風景をたくさん見た。宇宙を見た。インスピレーションがたくさん降り注いできた。ああ幸せだ。オレは気がつけば、部屋に戻って寝ていたのであります。その後のことは知りません。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
 
■8月4日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾41~実現を妨げる「7つのリミット」を解除する方法(その2)

---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2018-07-14 23:39 | ■音楽 | Comments(0)