【弥勒菩薩】369の宇宙はいかにして創られたか? 2018.7.5

福岡もすごい大雨です。こんな時期に滝行は無謀なので月末の一週間に延期します。連日の批判コメントをいただいた方よりお詫びのメールをいただきました。いえいえ、こちらこそ失礼いたしました。ブログ上での返信にてさらに失礼いたします。ところで夜、なんとなくこんな文章をFBに投稿しました。


【聖徳太子の万札】

私の財布には聖徳太子の一万円札が入っています。聖徳太子は日本の高度経済成長を支えました。大学の初任給が一万三千円の当時からその一万円札はありました。今なら15万円札があるようなもの。

そして瞬く間に一万円札の価値は下がり、1985年にその役目を終えました(支払停止が86年1月)。85年はプラザ合意で大きく円高にシフトし、そこで「高度」経済成長は終わりました。

聖徳太子の一万円札を持っていると、お金が増えます。この一万円札、実は昨年、沖縄県の「新城島」に渡る直前に入手しました。

今、なんとなく番号を見ると「69」が入ってきます。お札の「69」、不思議な話があるんです。私はなぜか二度ほど「69」と書かれたお札を見たことがあり、先日、大阪でも同じことを言われている方がいらっしゃいました。(画像は当時入手した一枚)
b0002156_12485977.jpg


この話、5月のチャリ旅で大分の飲み会で何気に話したのですが、あそこから「369」の旅が始まり、その途上、リアル369菩薩にも会いました。

そこで聖徳太子ですが、聖徳太子をご本尊とするお寺に「広隆寺」があります。そこは国宝である弥勒菩薩半跏像で有名で、一説によるとその像は聖徳太子が持ってきたと言われています。

つまり弥勒菩薩と聖徳太子の間には強いご縁がある。もしかしたら同一人物なのかもしれません。

ちなみにこのお札の番号をすべて足すと、2+4+4+5+6+9=30、3+0=3となり、弥勒の3が隠されていた。
b0002156_12491298.jpg



これを書いた直後、いわゆる「リアル369菩薩」の方から連絡があり、「実は私の中に聖徳太子がいる」と言われていたので、きっと「聖徳太子=弥勒菩薩」なんでしょう。もっとも、今は聖徳太子は実在しない説が支配的ですし、弥勒菩薩も架空です。だからこそ、私たちの「心」には「聖徳太子=弥勒菩薩」が生きているわけで、これからも「聖徳太子」の意味が大きくなりそうです。ポスト平成の新しい時代に向けて。


ところで5月のチャリ旅ではいろんなシンクロがあったのですが、元々は大分飲み会で「お札」の話をしたことが発端だったような。「お札の69の謎」ってことで、ここから「3の倍数」を意識しながら、四国に渡ったのでした。私はずっと以前から「3の倍数」には強いこだわりがあり、私の運命を分ける日は数字に「3,6,9,12,18,21,33,48」などが入っていることが多いです。


私が初めてセミナーをしたのが「2007年6月9日」であり、まず「69」が入っており、それらをすべて足すと「2+7+6+9=24 ⇒ 2+4=6」となります。実は最近、ちょっと重要な案件に向かう際、突然、飛行機のゲートが「69」に変更され、その日のホテルの部屋が「1609」だったことがありました。


今年、私は45歳ですが、「4+5=9」であることから、人生において極めて重要な一年であることを自覚しています。その前の36歳は本を出版し、さらに前の27歳は大学院を中退しゼロに戻った年。私の周りには「予言」をする人が多いのですが、その人たちをしても口を揃えてそのように言われます。そうそう、近々、とんでもない人とご縁ができることになっています。いわゆる神秘的な人で、最近、私の周りは本当にそんな人ばかりになってきました。実は最近、私も「神秘主義」への傾倒を深めており、どうなっているのでしょう。


今月、7月29日、私はある場所にいます。7+2+9=18。やっぱりそうだったか。18は3の倍数であり、1+8=9でもある。この辺の話、もう少し詳しくしましょうか。


「1 2 3 4 5 6 7 8 9」



言わずと知れた一桁の自然数。1から倍々にしていくと、このような法則が成り立ちます。


「1」
「2」
「4」
「8」

16⇒1+6=「7」
32⇒3+2=「5」
64⇒6+4=「1」
128⇒1+2+8=11⇒1+1=「2」
256⇒2+5+6=13⇒1+3=「4」
512⇒5+1+2=「8」
1024⇒1+2+4=「7」
2048⇒2+4+8=14⇒1+4=「5」
4096⇒4+9+6=19⇒1+9=「1」



つまり、1から倍々にして並べると、延々と「1、2、4、8、7、5・・・」が繰り返されるのです。どんだけやってもそうなりますから、やってみるといいです。しかし、ここには「3、6、9」がありません。では、3から倍々にしてみましょう。


「3」
「6」
12⇒1+2=「3」
24⇒2+4=「6」
48⇒4+8=12⇒1+2=「3」
96⇒9+6=15⇒1+5=「6」
192⇒1+9+2=12⇒1+2=「3」



延々と「3、6、3、6・・・」が繰り返されます。ここに「9」はありません。そこで9を倍々にしてみます。


「9」
18⇒1+8=「9」
36⇒3+6=「9」
72⇒7+2=「9」
144⇒1+4+4=「9」
288⇒2+8+8=18⇒1+8=「9」



「9」がずっと続きます。


「3+6」も「9」


「1+2+4+8+7+5=27」も「2+7」で「9」


エジソンをしのぐ大発明家と知られるニコラ・テスラはこのように言っています。


「3、6、9の壮大さを知っていれば、宇宙の鍵を握るでしょう」


この動画「宇宙の法則・3・6・9が意味するものとは・・・」が詳しいのですが、


「1・2・4・8・7・5」は「物質世界」であり「神の青写真」と呼ばれ、「3・6」は「精神世界」、そして「9」は「神の世界」であり「悟りのシンボル」と呼ばれているとか。


ともあれ、「3、6、9」がかなり特別な数字であることはおわかりいただけたと思いますし、特に「9」は神に通じる数字であり、そう言えばスタートレックには全知全能の「Q」なる人物?が登場しますが、「9」と無関係なのでしょうか。日本語であれ英語であれ、音韻には普遍的な意味合いがあるのでは。


話を戻しますと、7月29日、私は沖縄県の新城島にいます。神の島として知られ、その日、「祭」というお祭りにご招待をいただいております。それは親族縁者のみ参加できる「祭」として知る人ぞ知る。その日、携帯もすべて預けられ、島で行われたことを絶対に多言しないよう約束させられます。

7月29日、7+2+9=18⇒1+8=「9」となり、やっぱり!!


なお、「9」の日はそんなに多くはなく、今年の7月以降はこんな感じ。


7月2日、7月11日、7月20日、7月29日
8月1日、8月10日、8月19日、8月28日
9月9日、9月18日、9月27日
10月8日、10月17日、10月26日
11月7日、11月16日、11月25日
12月6日、12月15、12月24日



今のところ「8月1日」はまだ沖縄に、「8月19日」は東京にいます。最近、やたらと数字が気になり、それもとことんシンクロするので、日々、驚きまくっているのです。これらの「9の日」に丸を付けてみようかな。何かがわかるかもしれない。なお、7月31日から8月3日まで、新城島(パナリ)を含む旅を企画していますので、参加されたい方はご連絡をお待ちしております。神秘の島、神秘の旅です。


そんな感じで、振り返ってみると、私の人生はことごとく「数字」に支配されており、もしかしたら今後も数字を意識することで、二コラ・テスラのように「宇宙の鍵」を握ることになるのでしょうか?

ここはやっぱり弥勒菩薩の未来神(みくがみ)さんにご登場いただきましょう!





僕らの魂が地球に放り込まれた理由

Qさん
やっぱり「数字」て宇宙なんですかね?


未来神
数字は「地球」の共通語であるとともに、「宇宙」でも通じる、言葉だからな。いや、お主がしゃべっておる普通の言葉だって、宇宙でも通じるし、「音」や「色」、「香」、「味」、「触」なんかもそうだな。なにも「数字」だけを特別扱いする必要もないわ。


Qさん
そうなんですか!確かに「音」、「色」、「香」、「味」、「触」は感覚的なものですし、それこそ音楽や美術に国境がないように、どこでも通じそうな雰囲気はありますが、「言葉」もなんですか!


未来神
そりゃ、そうだよ。あっしは「弥勒(みろく)」と呼ばれるが、インドでは「マイトレーヤ」、ユダヤでは「メシア」を呼ばれたりして、さらに数字ではそのまんま「369」となっておる。日本語も中国語も英語もサンスクリット語もごちゃまぜだが、お主らの言語の壁を超えて、「言葉」が誕生した瞬間、共通の感覚をどこかで持つものなんだよ。ただ、ちょいとレベルは違ってくるかもしれん。成り立ちの順番があってな。

まずボス(親分神=大日如来=根源神)は「ファ~」と3回アクビをしたんだよ。
b0002156_14575666.jpg



Qさん
え?アクビですか?確か『僕たま経典』にもアクビをしてビッグバンが起こったって書いてましたよね。3回なんですか?


未来神
そうだよ。1回目のアクビで宇宙が誕生し、2回目で「数」が生れ、3回目で「言」ができた。つまり、1回目で存在そのもの、つまり「0次元」が生じ、2回目で1次元、2次元など「数」の概念が生まれ、3回目で「言葉が世界を創る」って原則を生み出したんだよ。


Qさん
え?1回目と2回目はわかるような気もしますが、3回目の「言葉が世界を創る」ってどういう意味なんですか?


未来神
まず、この宇宙はな、お主らが生れる前から存在しておる。それはわかるな?


Qさん
はい、そりゃそうでしょう。


未来神
しかしな、実は「存在」などしておらんのだよ。


Qさん
え?どうしてですか?だってすでに宇宙はあるし、僕が生れる前からあることくらいわかりますよ。だってお父さんお母さんもいるし、それこそ歴史上の人だっているわけだから、僕が生れるとか関係なくこの世界や宇宙はあるはずでしょ!


未来神
それがな、ないんだよ。なぜなら、お主はそれを知らんから。お主が知っておるのは、「生まれる前にこれこれがあった」という「情報」だけであって、それを実際に知っておるわけじゃない。


Qさん
そりゃそうですよ。そんなん、産まれてもいないのに。「情報」だけで十分じゃないですか!


未来神
もう一度言うぞ。お主は「情報」を「いまここ」で知っておるだけで、その情報の体験そのものがあったわけじゃない。頭の中の妄想にすぎん。しかし、それが「あった」と信じており、何らかのリアリティがあるのは、お主が「言葉」を持っておるからだ。お主は1995年と聞いて何を思う?


Qさん
阪神大震災とかオウムとかですかね?


未来神
では、その年の8月12日、コンゴ共和国のルケニエ川があるBamabaって村のLouisの妻には何人目の子が産まれた?


Qさん
そんなん知るわけないですよ!


未来神
そうだな。知らないってことは「存在しない」と同じことなんだ。なぜならそこにはそれを表現する「言葉」がないからだ。しかし今、「1995年8月12日、コンゴ共和国のルケニエ川があるBamabaって村のLouisの妻に子どもが産まれた」って情報が言葉として伝えられた。その瞬間、阪神大震災やオウム事件、プラザ合意などと同じよう、お主の頭の中で何らかの「リアリティ」が産まれ、あたかもそれが現実のように錯覚するようになるんだよ。実際には体験もしとらん、知りもしらん、だけどな、そこに「言葉」が生れた瞬間、何らかのリアリティが生れ、世界が広がるのだよ!

しかしその「情報」とて、「いまここ」で感じているだけにすぎん。つまり、お主の世界は、お主の「いまここ」の言葉によって作られているもの、それだけなんだよ。


Qさん
いや、それでもどっかで何かが起こってるわけでしょ。僕の言葉とは関係なく。


未来神
そう、今ここでな、「どっかで何かが起こってる」ってリアリティが生まれた。そうやって「言葉」が生れた瞬間、世界が広がるんだ。だからボスは最初に「存在」そのものを生み出した。しかし、そこに実体はない。ゼロがある、つまり「位置」だけがある世界。

それを2回目のアクビで1次元、2次元、3次元へと「数」を重ねていった。だけど、1次元は「長さがあって幅がない」など実体がない。その集合として2次元、3次元があるのだが、いずれもまだ実体はない。そこで3回目のアクビで「言」が生まれた瞬間、「どこそこ」って実体が広がる。それがお主の世界なんだよ。


Qさん
なるほど、わかりました。「言葉」は実体を作るんですね。その実体こそが「世界」を広げるってわけで。ただ、僕が今聞きたいのは「数字」の話なんですよね。


未来神
お主はもう知っておろう。「3の倍数」の秘密をな。ボスが最初にアクビを3回したように、宇宙の構成要素は「3」なんだ。

1.存在のアクビ
2.数のアクビ
3.言葉のアクビ

この3つで宇宙は構成されており、お主ら人間にはさらに「6つマバタキ」が与えられた。それが「色、音、触、香、味」と6つ目の「感」だ。「言葉」でできた世界を「いまここ」で味わうために、この6つがある。

「昨日食べたハンバーグ」は実際にはここになくとも、それを思い出すだけで、すべての「感覚」を味わうことができる。実際にここになくとも、それを味わうことができるのは「6つの感覚」のおかげだ。それは「未来」を決めることもできる。

「明日の晩はカレーを食べたい」と言葉に、その感覚を味わうだけで、それが現実となるように。


話を戻すとだな、「3つのアクビ」で宇宙が構成され、「6つのマバタキ」で世界を味わうための感覚が作られた。次は9歩、つまり「9つのアユミ」で、世界が完成するんだ。ボスが3回欠伸をし、6回瞬きをし、9歩歩んだ。

さっきお主が書いていた通り、「1、2、4、8、7、5」を足すと「9」(27⇒2+7)になるし、「3、6」を足しても「9」になる。そして「9」はどんなに倍々にしても必ず「9」になる。「9」が完成であることを確かめるために歩いたんだ。


もう一度言うぞ。

・3つのアクビ
・6つのマバタキ
・9つのアユミ

で宇宙は完成した。宇宙は「369」で成り立っておる。そのことを意識して生きると、思い通りの世界が広がっていくのだよ。




今日はなんだか壮大なブログになったようです。自分でも何を書いているのかわからなくなってきまして、でも、なんだかすごい話のような気もしています。ありがとうございました。


【受付中の講演・セミナー】
  
■7月10日(火)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾40~実現を妨げる「7つのリミット」を解除する方法
 
■7月13日(金)/東京/実現を妨げる「7つのリミット」を解除する方法  
 
■7月14日(土)・15日(日)/河口湖/絶対的な「幸せ」につながる伝説のセロトニン合宿 

  
---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2018-07-05 23:39 | ■僕らの魂・弥勒菩薩 | Comments(0)