【不動明王】あと3日だったのに彼とお別れすることになった理由とは? 2018.6.28

コメントをいただいたら、どんどんお答えしていきますよ~。前回はこのようなご質問をいただきました。


いつも拝見しています。今願いを叶える100日の秘伝をしていますが、願いの1つが、彼から10月までにプロポーズされ入籍した!なんです。

なのにあと3日で100日というところで彼とお別れすることになってしまいました。

この約100日すごく私のマイナス思考も変わってきたのに、悲しい。

彼と結婚して子どもを授かった!
幸せな家庭を手に入れた!

私には難しいのかな、落ち込んでます。



これは4年前に出した『夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?』の「秘伝ノート」のことですね。簡単に、このような手順です。


・3つの願いを決める
・それぞれ願いを3回ずつ書く(3つ×3回=9回)
・1つ書くときに、息を止める(ストレス)
・書き終わったら、大きく息を吐く(リラックス)
・「ありがとうございました」で締めくくる
・100日間やる(ルールあり)



私はこの方法を2009年7月に編み出し、50日くらいで月収100万円突破、100日目に出版決定と、書いたことがスレートに叶ってしまったので、最初の本のアマゾンキャンペーンの特典に、それをさらに改良して『夢なに』でご紹介したところ、大反響。次々と夢を叶える報告をいただき、それを補完する意味でも『運なに』を出したのであります。


で、この「秘伝」なんですが、確かに再現性の高い手法ではあるのですが、多くの人が最も重要なことを忘れがちになります。それは、


「願いは忘れた頃に叶う」


という鉄則です。これは本書にも何度も何度も書いているのですが、中には「100日で願いを叶える」として、100日以内で叶わなかったときに、その理由を聞いてくる人がしばしばいます。もちろん願いはなるはやで叶えたい。実際、最短で一日で叶ってしまう人もいれば、10日とか30日とか、書いてる最中に叶う人も珍しくない。ですが、圧倒的に多いのが、一年後とかにノートを見直してみると、いつの間にか叶ってたってケース。


しばしば「潜在意識に願いが浸透すれば叶う」と書かれている本がありますが、「潜在意識=無意識」だとすれば、覚えている、つまり「意識に上がっている」うちは叶わないことになります。もちろん意識にも潜在意識にも「願い」がインプットされていればいいのですが、どっちにしても「潜在意識(無意識)」に入っていなければ叶いません。


さて、この質問者の方ですが、「あと3日で100日というところで彼とお別れすることになってしまいました」という状況について、ご質問と言うか、ご意見ってところでしょうか。とても悲しい思いをされていると思いますが、まずはあと3日間、しっかり書いてください。そこはきちんと完了させた上で、これからのことを考えましょう。

一つ一つ可能性を見ていきますね。



1.「別れ」の後に「出会い」がある

この方(12-20さん)、願いは「結婚」なんですね。結婚の後に出産もあるのでしょうが、まずは結婚です。しかし、もしかしてもしかして、失礼な言い方になるかもしれませんが、「結婚」が目的であって、「彼」のことをそこまで愛してはいないのでは。付き合いながら、この彼との結婚を思い描いたとき、ふっと「違うかも」との思いがよぎったことはないか。

ただ、今現在、「結婚」を実現させてくれる一番の近道が彼であって、今から別の男性を探して、結婚まで持っていくのに時間がかかる。実際、彼といると楽しいし、好きだし、今の私には必要な人。だから、「結婚」を実現するには、彼からのプロポーズが不可欠なんだ。


これは一般的なケース、可能性であって、12-20さんがそうだと断定するものではありません。しかし、仮にそうだとすれば、割と早い段階で新たな出会いがあるかもしれません。長く付き合った彼と別れてから、すぐに出会いがあってスピード結婚。よくある話です。もしかしたらすでに出会っている人が新たな彼になるかもしれない。そうなればなったで万々歳。実際の話、結婚に準備期間は必要ありません。元都知事の猪瀬さんだって70過ぎてから、会った次にはプロポーズなんてして。人生なんてわからないものです。



2.復縁の可能性がある

男女はなぜ付き合うのか、そしてなぜ別れるのか。付き合うとき、男女のエネルギーは相互循環します。つまり、エネルギーをお互いに与えあう関係(男⇔女)。では、どうして別れるのか。それはエネルギーが一方通行になったとき(男→女 or 男←女)。エネルギーはお互いに対等なだけ与えあっていると、そのエネルギーは相互に高まり合い、より良い関係へと発展する。

しかし、エネルギーの流れが一方通行になると、「与える、奪う」の関係になり、与えている方は疲弊してくる。ですが、その逆もあり、与えられる(奪う)一方であっても、だんだんと重たくなる。与える方と、奪う方。どちらが先に言い出すかはケースによりますが、一方通行になるといずれその関係は終わる。


12-20さんは与える方なのか、与えられる方なのか、もちろんわかりようがありませんが、「与える方」だと仮定したら、完全に離れてみるのが得策。一切連絡を絶つ。すると彼の方はエネルギー枯渇状態となって戻ってくる可能性が高まる。「与えられる方」だと仮定したら、同様にある程度は離れた上で、自分で自分を満たす方向で、今は悲しいかもしれないし、とことん泣いてみて、そしてとことん好きなことをする。自分を喜ばす。笑顔を取り戻す。するとその彼は気になって戻ってくるかもしれない。駆け引きのようでややこしいですが。もっとも、すでにその彼に新しいパートナーができていたら、それを突き崩せるかは運みたいなものなんで、いずれにせと執着しない方が得策。



3.あと一歩でぶち壊されるシナリオ

結婚、就職、起業、または出版もそうですが、最初はいい感じに進んでいたのに、あと少しで完成ってところでなぜかぶち壊しになるパターンを持つ人、少なくないです。『ぼくたま』の鬼で言うなら第五章に登場する「変鬼」で、変わってはいけないなるビリーフを持っているんです。細かく言えば「達成してはいけない」でしょうが、いつもあと一歩のところで頓挫してしまう。


これは一種のトラウマのようなもので、ゴールに近づくにつれて、なぜか恐怖心が襲ってくるんです。必要以上に「いつもみたいにまたぶち壊しになったらどうしよう・・・」と考えてしまう。すると、考えたことは実現しやすくなるので、「またこのパターンか」と不本意にも納得してしまう。そしてこの連鎖は続き、どんどんパターン(脚本)を強化してしまう。人生に大きく関わるようなことであればあるほどにパターンが出現するんです。


この対処方法ですが、一つは『ぼくたま』の第五章を読みましょう。またはチャールズさんの「除霊(CSJM)」をまずは一週間ほど続けることで、パターンを強化する「霊(鬼)」を退治することができるでしょう。CSJMについては宣伝になりますが、オンラインプログラムでも再び実践します。



4.怒りの感情を解放する

これが本題かもしれません。この12-20さんは、なぜコメントをしてきたのか。おそらく「なんとなく」と言われるでしょうが、「なんとなく」であっても深層のところで理由はあるのです。それはハッキリ言って「怒り」なのです。『夢なに』を読んで秘伝をやった。100日間、続けてきた。せっかくマイナス思考も変わってきたのに、なんで最後の最後にこうなるんだ。100日を返せ。この本なんか嘘っぱちだ。そう主張したくてコメントされたんだと思います。

明らかに「怒り」なのですが、12-20さんはコメントには「悲しい」と書かれている。これが代理感情なのです。と言うわけで、ここはやっぱり怒りの化身である不動明王の怒々神(どどがみ)さんにご登場いただきましょう!
b0002156_2111378.jpg






僕らの魂が地球に放り込まれた理由


Qさん
12-20さんのコメントの件で、何かアドバイスなどいただけますか?


怒々神
これはまんま『ぼくたま』で俺が登場するところの話じゃねえか。この12-20って奴はな、たいそう「いい人」なんだろうな。自分よりも相手を優先する、自分さえ我慢すればいい、そんなことに慣れてしまっている。

だから本当なら「彼」に対しても「怒り」があるんだけど、「悲しい」で我慢してしまっている。悲しいときは涙を流せばいい。けど、いくら涙を流しても、根底にある「怒り」が処理されていなければ、表面の悲しみも癒されることはない。


Qさん
そうなんですね。


怒々神
それから、プロポーズを待つような関係にいながら、なぜ別れてしまうことになったのか。それはな、「大切にされないことへの怒り」が残っているからなんだ。恋人に限らず、人から大切にされる人間の特徴はわかるか?


Qさん
え、なんでしょう?


怒々神
それはな、「自分を大切にしていること」なんだ。


Qさん
え、自分を大切にするって、そんな、しない人とかいるんですか?


怒々神
もちろん誰だって自分のことは大切だ。けどな、一時的にも「自分を犠牲にすること」で、その場の問題を回避する癖がついている場合がある。たとえば親から理不尽な叱られ方をした場合、特に小さな子どもにとって親は絶対だ。本当は大したことないのに、単なる親の不機嫌にすぎないのに、「お前が悪い」と言われると、本当は違うと思っているのに、逆らうことができないんだ。だったら、親の言う通りに理不尽な意見を我慢して取り入れた方が、その場はおさまる。

そうやって「自己犠牲」を積み重ねていくことで、「自分を大切にしないことで問題を回避する癖」がついてしまう。

もちろん誰だって自分は大切だぜ。だけど、自己犠牲によって自分を守るってパターンもあり、その結果、自分を大切にしない癖がついてしまう。自分を大切にしないと、他人からも大切にされなくなり、毎回、理不尽な現実を受け入れてしまうようになるんだ。


Qさん
じゃあ、どうすれば自分を大切にできるようになるんですか?


怒々神
テーブルをひっくり返すことだな!


Qさん
テーブル?


怒々神
そうだ。

「もう、こんないい人なんかやってられね~!」

って叫ぶことだ。そして彼に対する怒り、大切にされないことへの怒りをしっかり言葉にするんだ。100日も秘伝をやったのに、あと3日で別れてしまったことに対する、この著者への怒り。


Qさん
それって僕のことですか?


怒々神
まあ、それはいい。口に出すのがどうしてもできなければ、紙に書いてもいい。なんならこの記事のコメントに書いてもいいよな?


Qさん
え、ええ、まあ。


怒々神
心配するな。俺は「怒り」の化身だが、一応、慈悲ってもんがベースで、炎でしっかり焼き尽くしてやるから大丈夫だ!
b0002156_2114083.jpg


Qさん
そうなんですね。じゃあ、もしよかったら12-20さん、この記事のコメントにでも「怒り」の言葉を書いてみてください。スッキリするまで。


怒々神
だがな、最後はしっかり「ありがとうございました」って書くんだぞ。そうやって「怒り」そのものへ感謝で締めくくるんだ。それできっと未消化な「怒り」が弱まり、本当の意味で自分を大切にできる、そして彼からも、もしかしたらこれから現れるかもしれない恋人からも大切にされる。誰からも大切にされる。「怒り」を否定してはいかん。それは生きるために大切なエネルギーなんだから!





と言うわけで、12-20さん、遠慮なく書き込んでくださいね。どなたかはわかりませんし、気のすむまでどうぞ。きっといい感じに展開しますよ。どうせ結婚して幸せになるんです。心配しないでくださいね。秘伝もあと3日、しっかり書いて、将来、見直す時にすごくいい思い出に変わっていますから!


さて、明日から札幌。お近くの方、よかったらお待ちしております。あと、河口湖の合宿、あ~っと、珍しく男性率高しなので、女性の方も遠慮せずにどうぞ。ぶっちゃけ、かなり女子な雰囲気です。見た目は私も牟田さんもマッチョですが、中身は乙女ですので。


■6月30日(土)/札幌/出版記念講演~神様に応援されて、思い通りの人生を掴む7つの方法
 
■7月14日(土)・15日(日)/河口湖/絶対的な「幸せ」につながる伝説のセロトニン合宿 


それではまた明日。ありがとうございました。


【受付中の講演・セミナー】
  
■Qさんの「夢かな心理学」オンラインプログラム
  
■7月2日(月)/東京/伝説のBOSS Tenor 今津雅仁 CD BOOK発進ライブ with 吉岡秀晃
 
■7月3日(火)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾40~「ぼくたま」の奇跡
 
---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
第22回「ぼくたまライブ」21:00〜
テーマ:嫌なことがあったときに難を逃れる最強の呪文
本日の一曲:Bud Powell「I Should Care」
※冒頭1分ほど音楽著作権の関係でミュートされてます。あまり長く聞きすぎるとそうなるようなんで気をつけましょう。

  
Commented by 12-20 at 2018-07-01 09:55 x
せっかくブログに書いて下さったのに、返信が遅くなりまして申し訳ありません。

本当にありがとうございます。


書いてくださった「可能性」はこれからもずっと読み返していきます。そのくらい私に当てはまる内容です。

そして、結果から言うと、彼と復縁ができました。

その間にしたのは、彼にごめんなさいとありがとうのラインをしたり、洗車に行き、中で大声で怒りを吐き出したりです。



あと、ライン配信してくれた、変鬼さまへサヨナラするところを声に出して読んでみました。
そしたらポロポロ涙がでて、短い文章なのに何分もかかりました。
スマホで本を読んでた時にはまったく普通に読めた箇所なのに。



泣いて、もういいやってスッとしたところで彼と連絡がつきました。


自分を犠牲にして問題を回避する、まさに私。
だから、普段言葉足らずになり、自分の中で限界がきてしまって怒りが爆発→相手にとっては私が急に怒った。

となる感じだと思います。

ある時職場でセクハラにあい、ずっと笑ってかわしてましたが限界がきてもうやめて!と言ったことがあるのですが、その一言で全身が筋肉痛になったことがありました。

避難訓練で大声だしたりしても身体が痛くなります。
ジムで身体を鍛えても、ストレス発散しても、根本の怒りの部分だけは解決してませんでした。
だからキュウさんのお返事、大切に読み返してみます。
私の怒りです


ばかばか!私は大好きなのに!一緒にいたいだけなのに!1週間に数回の連絡なんて、私に何かあっても気にならないってこと?

周りには付き合ってる人がいるっていうと、私が、よい年齢なのにどうして彼は一緒に住んでくれないのかなとか意地悪な感じで言ってくるんだよ?
だけどほっといてほしいよね。私は今幸せでやっと素直に好きって言える人に出会えた。
うるさいよ!
詮索しないで!
ただ、連絡がないのは寂しい。どうでもいいって言われてるみたいに感じる。
そうじゃないのはわかってるけど。
わかった上でもっと、一緒にいたい
by katamich | 2018-06-28 23:39 | ■僕らの魂・不動明王 | Comments(1)