【文殊菩薩】21日間の滝行と大アルカナ! 2018.6.5

滝行7日目。いつもなら明日の御礼の滝で終了となるのですが、今回は21日間なのであと二週間ある。この一週間ですでにすごい変化なので、満行時にはどうなっていることやら。最近、毎晩FBライブ配信しているのだけど、それは写真と違って、動いて話をする私がいます。それを見た人から口々に「Qさん、雰囲気変わった」と言われるのですが、どうなんでしょうね?

ライブ配信は埋め込みではなく、リンクにしますので、遠慮なく友達申請してくださいね。今日はこちらのブログとその周辺について語りました。

【40数年の葛藤が消えた一冊】僕らの魂が地球に放り込まれた理由-7人の神様に聞いてみました


ぼくたま』ですが、いつもと違って派手な販促こそしていないものの、読んだ人の感想は今までのどの本よりもあつい。物語形式なので、ストーリーを追って終わり的な読み方もできるけど、当然のことながら、物語の背景、前提には大きな広がりがあります。


まゆちん、こと、かげした真由子さんは、その背景にまで読みを進め(さすがは星詠み)、私が言いたいことをシンプルにまとめ上げてくださいました。上記のまゆちんブログのご感想は必読です!


「ああ、この本はQさんがこれまであった人の、葛藤や悩みに全て答えようとした一冊なんだな。」


そうなんです、そうなんです。人生っていろいろあるじゃないですか。上手くいくこともあれば、そうでないこともある。努力してれば実ることもあれば、実らないこともある。自己啓発の本にはとかく「なんとかなる」って書かれてるけど、実際には「どうにもならない」だってたくさんあるわけで、そんなんすべてひっくるめて、受け入れることで救われるってのも、仏教の素敵さの一つなんだよな。


最近のオレ、とかく「仕方ない(しょうがない)」って言葉を使うのですが、これは必ずしも諦めでも厭世でもなく、「受け入れましょう」って意味なんです。どっかで書いたと思いますが、人は「期待」をする生き物です。何かやったら、その見返りを「期待」してしまう。しかし、思った通りに見返りが得られないと、人によっては怒ったり、悲しんだりする。けど、ここで「仕方ない」って言ってしまうと、不思議と心が安らかになるじゃないですか。


実はこの本(お経)、言葉としては書いていませんが、最終的に言いたいのはこの「仕方ない」なのかもしれません。思い通りの結果にならなくても、仕方ない。努力が報われなくても、仕方ない。心が通じなくても、仕方ない。好きな人から好かれなくても、仕方ない。好きになってはいけない相手を好きになっても、仕方ない。


この「仕方ない」って言葉、さっきも言ったように、諦めとか、厭世とか、投げやりとか、開き直りのように思われるかもしれないけど、世の中ってこの一言で片付けるしかないケースって、やっぱりあるもんだ。


「葛藤や悩みに全て答えよ」と言われたら、最終的に、究極的にはこの言葉で答えるしかない。仕方ないって。もちろん努力する余地もあれば、自分で工夫できる部分、徹底的に抗ってもいいことはありますよ。それでもなお、「仕方ない」って言うしかないこともあって、これを言わないで頑張っていると、「葛藤や悩み」がますます膨らんでしまう。


この本(お経)を読んだ人の多くが、「読後の爽快さはハンパない」とか「スッキリした」とか「心のつっかえが取れた」などと言っていただけますが、その体感こそが、私が伝えたかった形であり、私なりの「愛」の表現なんですね。


ここ数日のQさんは、何か違う。なぜか多くの人からそう言われるのですが、まずは自分の書いたこの本(お経)に受けた影響もあるし、ここ数日の様々な出会いと気づきの連鎖によるものもあるでしょう。今回の21日滝行の前日、薄井孝子先生のセッションを受けたとき、「今回の滝行のテーマは『泣くこと』」であると同時に、「Qさんは、赤ちゃんに戻るんだ~」とも言われました。


薄井先生はタロット(大アルカナ)を元に独自のリーディングをするのですが(カードとの対応がもはやわからないレベルなのでチャネリングとも言える)、「赤ちゃん」ってことは、おそらく「0 The Fool(愚者)」がまたも連発していたのかな~って思います。このカード、上記のまゆちんのブログでも紹介されていますが、なぜか私がやってもらうと頻発する「愚者」のカード。本文でも主人公ボクが連続して引くのですが、ここで突然、ジャズの話。「These Foolish Things」って曲があるな~と思い、大好きな「Stan Gets plays」のアルバムから。FBのライブ中継でも少し流しました。
b0002156_2032893.jpg


「こんなくだらないもの」がreminds me of you、君を思い出させる、って歌。昔からこの曲、このバージョンが好きでね、村上春樹ばりに挿入しちゃいました。いつかジャズがたくさん流れる本を書きたいな~って思います。


さて、この「The Fool(愚者)」ですが、タロットでは「0番目」に位置します。22枚の大アルカナの世界は、そのまんま「悟りの旅」とも言われ、「愚者」は1番目の「魔術師」に会い、21番目の「世界」で悟りを開きます。


これは大乗仏教の経典の一つである「華厳経」の中の「入法界品(にゅうほっかいぼん)」と極めて類似しています。入法界品では、インドの長者の家に生まれたスダナ少年(善財童子)が仏教に目覚め、53人の善知識に教えをいただき、最後は「悟り」に到達します。その最初の指導者となったのが文殊菩薩であり、最後は普賢菩薩によって悟りの境地に至るわけです。


文殊菩薩と普賢菩薩は釈迦の両脇に対置し、「釈迦三尊像」を形成しています。入法界品おける「善財童子」は、タロットにおける「愚者」とシンクロします。と言うことは、「華厳経」と「タロット」をクロスオーバーさせると


「文殊菩薩が愚者(The Fool)を導く」


とも言えるわけです。ここで登場していただきましょう。文殊菩薩、本文では「知恵神(ちえがみ)」さんに。




知恵神
いい曲だな、これは。



Qさん
スタン・ゲッツの「These Foolish Things」ですか。ほんと、いいバラードです。アート・ペッパーとか、ソニー・スティットもやってますが、僕はスタンのバージョンが一番好きなんですよね。あのアルバム、18歳の時に買ったので、かれこれ27年も聴いてますが、まったく飽きることない。それがジャズやクラシックの素晴らしさですよね。


知恵神
ところで君は「赤ん坊になれ」と言われたんだって?


Qさん
そうなんですよね。薄井先生のセッションで、またまた「愚者」ばかり出てくるからだと思うのですが、今回の滝行では「泣くこと」とともに「赤ちゃんになること」もテーマと言われました。もちろん「泣く」と「赤ちゃん」は関係しているのですが、そうやって自分の感情に素直になって、心を浄化しろってことなんでしょうね。


知恵神
そうだ。浄化が究極まで進むと、大人は赤ん坊にまで戻ってしまうのだ。もちろん知識や経験はそのままだが「魂」が赤ん坊に戻り、人生という旅の新たなステージに進むのだよ。


Qさん
僕は今、その時期ってことですか?


知恵神
今回の滝行に入る数日前から、私は君の傍から姿を消したのを覚えているだろう?


Qさん
あ、はい。なんでも、知恵神さんが座っている獅子さんだけが僕の周りを回っていたとか。


知恵神
そうだ。しかし君は滝行前日に「初心」という言葉をセッションで受け取ることができた。私はそこで君の元に戻っていったんだ。つまり、旅の準備できたというわけだ。


Qさん
え?旅ですか?


知恵神
そうだ。君は今回、「21日間」の滝行に入ることになった。それは「21日間で悟りに至る旅」なのだ。21と聞いて他に何か思い浮かぶことはあるか?


Qさん
いや、まあ、仏教とかでは、よく「21」って数字は出てきますよね。


知恵神
今、流れている曲はなんだ?


Qさん
スタン・ゲッツの「These Foolish Things」ですが、何か?


知恵神
君は「初心」を思い出し、「泣くこと」で「赤ん坊」に戻るのがテーマだと薄井先生から言われたはずだ。その時に出たカードはもちろん知っているだろう?


Qさん
まさに「The Fool(愚者)」ですよね。


知恵神
「愚者」はカードの何番目だ?


Qさん
0番目です。


知恵神
では、それ以外のカードは何枚ある?


Qさん
大アルカナで言うなら21枚です。あ、21!


知恵神
そうだ。「21日滝行」と「大アルカナ21枚」はちょうど平行している。カードを並べてみるとどうだ。
b0002156_20363568.jpg



Qさん
「愚者」を除いた21枚を三段にわけるんですか?

1・魔術師、2・女教皇、3・女帝、4・皇帝、5・教皇、6・恋人、7・戦車

8・力、9・隠者、10・運命の輪、11・正義、12・吊られた男、13・死神、14・節制

15・悪魔、16・塔、17・星、18・月、19・太陽、20・審配、21・世界


となってますね。


知恵神
そうだ。それぞれ「1~7」は「人間の世界」「8~14」は「菩薩の世界」、そして最後の「15~21」は「如来の世界」に対応している。そして言うまでもなく、それぞれの数字は「21日滝行」の日にちと連動している。


Qさん
おお!ってことは、今日は7日目なので「戦車」ですね!「行け~」って意味のカードですよね。明日は「力」ですが、これは女性的な優しい力の「よしよし、なでなで」ってカードだ。


知恵神
つまり、「21日滝行」の一日一日のテーマは大アルカナの番号に込められている。そして君は今日、「人間の世界」が終わり、明日から「菩薩の世界」へと進むことになる。「人間の世界」では君は自分自身の感情と向き合うだけでよかったが、ある程度の処理、つまり感情の浄化が進んだ段階で、次は「菩薩の世界」に入り、「誰かのため」を意識して生活するんだ。滝に打たれるのも、もう自分のためではない。家族や友人から人類全般、大切な誰かのために、「菩薩」の心で行に勤しむのだよ。


Qさん
ええ!僕はもう、感情の浄化は終わったのですか!


知恵神
もちろん完全ではないが、ある程度は終わった。だから、明日から14日目は菩薩として修行する段階にあるのだよ。「自分のため」から「誰かのため」だ。今回の21日間の滝行では、君は「自分のため」の段階は終わった。明日から「誰かのため」を意識して修行に励みなさい。


Qさん
ってことは、15日目からは「如来の世界」だから、どうなるんですか?


知恵神
最後は「宇宙のため」だ。最後の水曜日から一週間、君は「宇宙」を常に意識して滝行に勤しむのだよ。つまり「如来」と一体化することで、君は最終的な悟りへと到達し、今回の21日滝行は完成する。


Qさん
へ~、一週間ごとにテーマがあるんですね!そういえばどうして知恵神さんは、そんなにタロットのこと、詳しいんですか?


知恵神
タロットは西洋版の華厳経だからだ。華厳経では善財童子という、仏教に目覚めた子どもが、まずは私の元を訪れ、様々な知恵者の教えを吸収することで、最終的に悟りを開く話だ。私は薄井先生を通して、きちんと君を導いた。君に「初心」を思い出させ、「愚者=赤ん坊」として今回の滝行に入る必要を説いた。君は「愚者」であり「善財童子」であり「赤ん坊」だ。だから最初の4~5日は大きな大きな涙が出ていた。そうやって赤ん坊としての一つの成長をとげ、8日目から一段上の大人として菩薩の行に入るのだ。


Qさん
ってことは、最後はどうなんですか?


知恵神
今回の21日の前日、君は薄井先生を通して文殊菩薩である私に導かれている。同様に21日が終わった翌日、君は普賢菩薩に会うことになる。


Qさん
え?普賢菩薩ですか?


知恵神
そうだ。華厳経では善財童子が文殊菩薩によって導かれ、最後は普賢菩薩の元で悟りを開くことになる。君は前日に「初心=愚者」となり、最終日の翌日、「覚者」となり悟りを開く。その時に君に悟りを授けるのが普賢菩薩なんだ。


Qさん
え~っと、翌日ですが、実は急に東京に行くことになったんですよね。先月、岡山でお世話になった「開運大学」の眞輝学長から「新刊の販促がてらラジオに出ませんか?」とお誘いいただいたので、飛行機を変更して20日の水曜日から東京に入ることにしたんです。ってことは。眞輝学長が普賢菩薩なんですか?


知恵神
彼ではないよ。普賢菩薩の特徴は「女性・象」だ。おそらくその日に会う女性の中に普賢菩薩の命を受けた人がいる。(写真はこちら
b0002156_20444761.jpg



Qさん
え~っと、確か僕を導いてくれた「かつみさん」、副学長の「あや子さん」、岡山事務局長の「マリ子さん」も来られると聞きました。しかも三人とも岡山から。この三人のうちの誰かが普賢菩薩なんですか!!


知恵神
そうだ。この三人で当日、「象」にちなんだものを持ってくるのが普賢菩薩の命を受け、君を悟りへと完成させる代理人だ。


Qさん
こんなん言われたら、これ読んだかつみさん、あや子さん、マリ子さんは、みんな象の何かを持ってきますよ!(笑)


知恵神
命を受けるのは一人とは限らない。二人でも、三人でもよい。とにかく、6月20日の夜、「象」にちなんだものを持っている女性の話をしっかりと聞くことだ。それで君の今回の滝行は完了する。




なんか、すげえこと言われちゃいましたよ!ヤバくないですか?ビックリです!「21日滝行=大アルカナ」ってだけでもビックリなのに、前日に文殊菩薩の命を受けた薄井先生から「初心」を授かり、私が「愚者=赤ん坊」としてスタートしたんですよね。そんで、明日から「菩薩」になって、来週の水曜日から「如来」として修行をして、20日の水曜日、突然、東京に行くことになったんですが、岡山から来る三人の女性が普賢菩薩の命を受けて、私を完成させるなんて!


って言うか、めちゃくちゃ具体的じゃないですか!かつみさんのことだから、他の二人にも言って、「象」を持ってきますよ。そう言えば今日、かつみさんから連絡があったんだよな。20日はあや子さんとマリ子さんも行きますのでって、わざわざメッセージ。かつみさん、きっとビックリしてるはず。これだったのか、と。

てなわけで、今日は知恵神さん(文殊菩薩)に来ていただき、今回の「21日滝行」の流れを改めて教えていただきました。さすがは「知恵」の神様です。明日からは菩薩。ありがとうざいました。

【受付中の講演・セミナー】
  
■Qさんの「夢かな心理学」オンラインプログラム
 
■6月23日(土)/東京/出版記念講演~神様に応援されて、思い通りの人生を掴む7つの方法
 
---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ


第5回「ぼくたまライブ」
テーマ:まゆちんの素晴らしいレポート
本日の一曲:Stan Gets「These Foolish Things」  

Commented by なり at 2018-06-06 22:00 x
再びQさんのブログが面白くなってきました
by katamich | 2018-06-05 23:39 | ■僕らの魂 | Comments(1)