【チャリ旅7】40年ぶりに小豆島上陸!! 2018.5.18

おそろしい話で、昨日も飯を食って帰って油断して横になった瞬間、夜中の2時になっていました。お酒を飲むとそうなるのか。でも、子どもたちもそうだよな。昼に思いっきり遊んで、夜になったらコロンと寝る。それが人間、いや、生物のあたりまえの姿なのかもしれません。

9時半にはチェックアウトして高松方面に向かいます。吉野川。ラフティングが盛んだそうだ。今日は午後から降るらしい。
b0002156_8571060.jpg


「さぬきや」なんてお店があったら入りたくなるよね。
b0002156_94562.jpg


メニューはいろいろあったけど、「釜揚げうどん」が名物だそうで、それを注文。熱々のうどんに、熱々のつゆ。ただでさえ暑いのに、汗ダラダラになりました。確かにうどんは美味しい。しかし、正直に言いますと、私は「うどん」はあまり食べません。うどん屋に行ってもそばがあればそばを食う。こんなとこでもなければうどんは食べません。深い理由はまったくなくて、単に好みの問題。けど、このうどんは美味しかったです。
b0002156_941681.jpg


峠をひたすら登ります。うどんや米なんかは、本当にガソリンになります。自転車は思った以上にガソリン(エネルギー)を消耗するもんで、炭水化物は積極的にとっていい。以前、ニュージーランドでガス欠寸前、つまりハンガーノック寸前になってビックリしたことがありました。あの時はバッグに入ってた「のど飴」で少し復活し、宿までの8キロを走れましたが、糖質の威力を体感したものです。

それでも、糖質がなくなると、今度は肝臓から「ケトン体」なる物質が出てきます。実は炭水化物・糖質を人間がとるようになったのはここ1万年ほど。農耕が始まってからですよね。それまで500万年は肉や昆虫、木の実ばかり食べてきて、どうやってエネルギーを出していたかと言うと、それがケトン体です。つまり、ケトン体とは人間の源にあるエネルギーであり、これが人間の潜在能力を開花させるとも言われます。

ケトン体は糖尿病などあらゆる成人病を壊滅させ、免疫力を高め、健康に寄与します。どうすればケトン体が出るかと言うと、簡単な話。炭水化物を控えればいい。または摂取する炭水化物以上にエネルギーを燃やせばいい。ただし、ケトン体は独特な甘酸っぱい臭いがして、それはあまり心地よい臭いではないので、バランスは大切。ただ、1万年以上前の人類は誰もがケトン体で生きており、甘酸っぱい体臭をしてたのでれば、それが普通ってことになりますよね。ケトン体がそのような臭いをするのも、何か意味があるのかもしれません。


それはともかく、うどんのエネルギーをガンガン燃やして峠を登ります。少し高所恐怖症的な私としては怖い感じ。ちなみに父も高所恐怖症の気があって、次男にもあるようです。それもまた遺伝なのかな。
b0002156_94284.jpg


道の駅で定番のアイス。タケノコとソラマメ。基本、珍しいものを食べるようにしています。
b0002156_952472.jpg


いつの間にか香川県に入っていたようで、これらがうどんになるのでしょう。
b0002156_954214.jpg


やっぱりそうだった。徳島から香川への県境の写真を撮れなかった。こっから高松です。
b0002156_955813.jpg


途中、またうどん屋があったので、「ぶっかけ+タケノコ天ぷら」を食べました。って言うか、うどん屋は次々と現れる。データによると香川県は最も糖尿病の率が高いそうだ。と思って調べると、最近は減ってきてるそうな。うどんばかり食って糖尿病になるなんて不名誉なレッテルを貼られて、県レベルで対策をしたそうな。うどんは中毒性があるみたいですね。

高松港に着き、小豆島に渡ります。
b0002156_961248.jpg


船内はこんな感じ。この旅、二回目のフェリーだけど、明日も乗ります。
b0002156_963227.jpg


着いた。ここは小豆島なのだ。
b0002156_965074.jpg


約4キロ走って宿に到着。高松港で楽天から予約したのです。
b0002156_97314.jpg


宿泊客がいなくて一番いい部屋にアップグレード。バストイレ付で海側。
b0002156_971831.jpg


生憎と曇っていますが、部屋から見事な夕日が見えるんだって。いいなあ。
b0002156_973146.jpg


五日ぶりに洗濯。待ってる間、外でビールを飲む。最高。
b0002156_97479.jpg


地べたに座って一人で飲むビールもいいよね。
b0002156_98721.jpg


小豆島は「日本三大小四国」の一つであり、88か所のお遍路さんがあります。後の二つは福岡県篠栗町と愛知県の知多半島。
b0002156_992411.jpg


夕食は適当に出してもらいました。オリーブオイルを用いたソーメンのスープ。小豆島はオリーブもソーメンも特産。
b0002156_995477.jpg


有頭エビフライ。
b0002156_9101146.jpg


骨付きとり。オリーブオイルをふんだんに。
b0002156_9102354.jpg


タラの芽も天ぷら。ハーブや野菜はすべて自家製だそうだ。
b0002156_910372.jpg


思えば、小豆島は二回目だ。小学1年生の時に家族旅行で来たことがある。なぜか鮮明に覚えている。エアコンのない部屋で扇風機で汗を飛ばし、ビールを飲む父親がいる。おそらく30代後半だったのでは。窓を開けると農村特有の臭いがする。閉めると暑い。小豆島の外は覚えてないのだけど、その部屋だけ覚えていて、それもすごく楽しかった記憶がある。今の子どもたちもそんな感じなのかな。40年ぶりに帰ってきた気分です。

明日は夕方のフェリーで岡山に渡りますが、それまで小豆島を自転車で走ってみようと思います。走れるだけ。今晩は雨が降るようですが、明日からはしばらく晴れが続きます。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
  
■Qさんの「夢かな心理学」オンラインプログラム
 
■5月20日(日)/岡山/【開運大学】『人生を変える言葉×手相・人相』のしくみ ~その最終結論~(FBページ)  直接申し込み 
 
■5月30日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾39~夢かな心理学動画収録1
 
■6月23日(土)/東京/出版記念講演~あなたの心に棲む鬼を退治する方法
 
---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

  
【5月18日(金)のログ】

09:20ー出発
09:42ーさぬきや~10:04
10:58ー道の駅さいた~11:21
11:57ーローソンまんのう町買田店~12:09
13:43ーたも屋勅使店~13:56
14:26ー高松港
15:10ー出発
16:15ー土庄港・到着
16:34ー小豆島サンセットコースト
★自転車走行距離:63.3km

・560円:釜揚げうどん(さぬきや)
・300円:アイス(道の駅さいた)
・233円:水・パン(ローソンまんのう町買田店)
・460円:ぶっかけうどん・タケノコ(たも屋勅使店)
・1,050円:高松・小豆島フェリー
・5,000円:宿泊(小豆島サンセットコースト)
・3,400円:ディナー(小豆島サンセットコースト)
★合計:11,003円
 
by katamich | 2018-05-18 23:39 | ■チャリ旅 | Comments(0)