「何が起こるかわからない」から面白い!! 2018.3.11

なんだかんだとまだ執筆は続いておりまして、今日は夕方くらいから閉店までスタバで原稿と向き合っておりました。何度も何度も読んでブラッシュアップ、そして今日は「プロローグ」と「エピローグ」を完成させたのですが、どうなることやら。とにかく出し切りました。今の自分を10万字ちょいに出し切りまして、正直、すっからかん状態。


完全にアウトプット完了したため、定期的にインプットも必要ってことで、私にとっては「旅」と「本」がそのメインかな。後は「人」もそうですが、『最終結論。』にも書いた通り「旅×本×人」は間違いなく人生を変える三種の神器なのだ。


そう言えばエジプトから帰ってちょうど一週間。そしてちょうど一週間後は久高島。毎年24名くらいで行ってるわけですが、何度も言うように、今年もまたどんなメッセージがいただけることだろうか。その後も13名くらいで新城島に行きます。ここは石垣島から定期便がなく、上陸するには許可が必要。さらに宿泊施設もないのですが、島の人と個人的に親しくなれば泊まることも可能ってので、今度で4回目?5回目かな?


その後、22日に帰りまして、31日(土)からまた東京なんですが、実は2日(月)~5日(木)とシンガポールに行ってきます。特に用事もないのですが、今年は飛行機のSFC修行ってのをしているので、ビジネスクラスで北京経由で「1泊4日」といういかにも修業的な旅に出ます。2日の昼に羽田から飛び、北京で7時間トランジットするので、遅い時間ではありますが天安門くらいまで行って飯でも食おうかと。ただ、ビジネスクラスなので食べすぎには注意。3日の早朝にシンガポールに到着し、その日は1泊します。翌日4日の夜中にまた北京経由で羽田に着くのが5日の昼。


この間、ウラジオストクとか青ヶ島とか考えたのですが、ウラジオストクに行くならもっと温かい時期がいいし、青ヶ島はスケジュールにゆとりがないので、今回はシンガポールに。ANA(スターフライヤーズ)のプレミアムマイルのための搭乗なんですが、年内に5万PMを稼げば翌年からずっとSFCなる資格がもらえます。そんな目的ではありますが、シンガポールに行ったら行ったで何か起こるだろう。


最近、行く先々で「起こること」が楽しみで仕方ない。今回のエジプトでは当初は12名で行く予定が1か月目に2名がキャンセル。そのうち1名はキャンセル後にすごくいいことが発覚した。さらに1週間後にまた1名がキャンセルとなり、合計9名で行くことになりました。


それなりにキャンセル料もかかり、ダハブのホテルではキャンセルできない設定となっていました。その時点で10名分の部屋があり、1部屋が空いてしまってもったいない。それがその前日、初日に泊まった「ベニス細川家」って安宿で19歳の学生が夜行バスでダハブに行くと言う。しかも割と直前で、オレたちが夕飯に行く前に話を聞いて、すぐに部屋を使うことをオファー。1泊500円くらいを繰り返すバックパッカーだけにとんでもない話だったようで。


結局、シナイ山にも一緒に登り、3日間はほとんど一緒だった。基本的にお金も出させてないので、3日間、部屋も飯もすべて無料で。そして彼にとって10代最後の3日間はオレたちと過ごし、その翌日に二十歳の誕生日。堂々とビールも飲めるね。今回のエジプトで、その学生がいるのといないのとではまた違った旅になったろうな~と思う。その意味で、彼にとってもかもしれんけど、オレたちにとっても大きなギフトになったわけだ。
b0002156_2156367.jpg


オレの旅ってそんなサプライズがたびたび起こるわけですよ。なので、今回の久高島・新城島も、そしてSFC修行のためのシンガポールもなんとも楽しみなわけだ。毎回何らかのサプライズが起こる。一昨年はコズモクダカが結成され、そこからオレにとって「音楽」の展開が始まった。5月の後はジャズの本(今津雅仁さんの)を出すのだけど、元をたどれば一昨年のコズモクダカがなかったらつながってないもんね。


正直、何が起こるかわからない。久高島に行くとどうなるか。そんなのわからない。それをわざわざ聞いてくる人がいますけど、わかるわけない。何か起こると思うけど、何も起こらないかもしれない。いや、何も起こらないと思ってた方がいいかもしれない。それでも、よくわからないけど「ノリ」で行っちゃえ~って人が何か起こるんですよね。


一昨年、そして去年も久高島に行かれた方のアラフォー妊娠が続きましたし、それ以外にも結婚してしまった人も数名。それは2012年に久高島にお連れするようになってから毎年のようにそうなる。だけど、それをして「久高島に行ったから」などとは決して言えない。なぜなら関係ないから。だってそうでしょう。結婚とか妊娠とか、久高島とは直接的な関係は一ミリもないわけで。そもそも「久高島に行ったから妊娠した」なんて話を信じる方がおかしいわけ。


だけども、「何かある」と思うのは大いに自由だし、オレ的には「ある」と思っている。なぜならオレに関しては毎年そうだから。何かを「期待」する部分もあるけど、具体的にはもちろんわからない。けど、今回は苗さんにしっかりと「5月の新刊が100万部」の方法を聞いておこうと思います。どんな答えが返ってくるかわからないけど、聞くことに意義があるのだ。今回もお話会の後、しっかり残っていただけることでしょう。
b0002156_21585990.jpg


旅に限らず、ジャズの本だって出したからと言ってどうなるかわからない。めちゃくちゃ売れるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。もちろん売れることをイメージしてるのだけど、そればかりはやってみないとわからない。どんなプロだって確実に売れると確信してやってるわけじゃない。もちろん売れてる人にオファーすれば、そうじゃない人よりも売れる確率は高まるでしょうが、何ごともやってみないとわからない。行ってみないとわからない。だから面白い!


そんなわけで、5月の新刊もわからないけど、すごいことになりそうな予感はありますし、来週の久高島もまた大いなるメッセージをいただくことができそうだ。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
     
■3月15日(木)/沖縄/宇宙となかよし塾~CSJM伝授会(チャールズ式セルフ除霊メソッド)
 
■3月29日(木)/福岡/宇宙となかよし塾37~人生の十快とは?
 
■3月31日(土)/東京/The Spiritual World~スピリチュアルの祭典 講演会&出版セミナー
  
---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
by katamich | 2018-03-11 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)