【エジプト2日目】夢見るダハブへ 2018.2.26

昨晩は歯を磨いてベッドに横になった途端に撃沈。朝5時に目が覚めたのは、イスラム国家のアザーン。エジプトに来たな~って実感がわくのはいいですが、ちょっとうるさいですよね。朝食はこんなテラスでとりますが、ここがすごくよかった。メンバーも気に入ったようで、よかったです。むしろここでよかったとのこと。
b0002156_2252778.jpg


昨日と同じくエジプトパン。ちょっと甘味があって美味しいです。
b0002156_22413165.jpg


これが入口なのだ。
b0002156_2242645.jpg


9時半にチェックアウトしまして、再びカイロ国際空港へ。ナイルエアーって国内線に乗り込みます。
b0002156_22432854.jpg


小一時間でシャルムエルシェイク空港に到着し、荷物を待ちます。気候がすでに違う!
b0002156_22425471.jpg


こんな大地を小一時間ほど走ります。
b0002156_22441731.jpg


ほとんど雨が降らないので、草木も生えません。むき出しの岩々。
b0002156_22444940.jpg


宿に到着。カイロの安宿から一気にリゾートホテルへ。
b0002156_22455051.jpg


ここでは一人一室となりまして、かなり快適です。
b0002156_22461225.jpg


最高。実はこの宿、10名で予約していたのですが、途中でメンバーが12名になり、2名追加しようと思っていました。ですが、オーナーと名前が変わった関係で予約サイトから予約ができず放置していたら、2名がキャンセル。さらに一週間前に1名キャンセルがあったのですが、この宿は予約の取り消しができないため、誰も使わない一室ができるところ。

それが昨日のカイロの宿で、19歳の男子学生がちょうどダハブに行くと言う。予定も特にない。ならばその部屋を使えばいいと提案すると、喜んでのってきました。ついでにシナイ山にも合流。これもノリだよね。彼のお父さんは45歳とのこと、つまりオレと同い年じゃんね。一部上場企業の人事課長をしているそうな。

大学を一年休学して、アメリカからヨーロッパ、北アフリカを旅してて、この後はイスラエルからインドに行くとのこと。20年前は私はカイロからネパールまで陸路で行きましたが、今はシリアがあるので無理。イランは行けるのですが、行ってしまうとアメリカに行くのが面倒になるとかで、敬遠されがち。20年間でヨーロッパは平和になりながら、テロの勃発で旅しにくい世の中にもなかったのかな。さらに30年前はアフガニスタンにも行けたそうだし、世の中は平和になってるのか、どうなのか。

そんなバックパッカーをやってる彼ですが、ヨーロッパでも最大1,500円の宿で、基本、安宿のドミトリー。それが急にリゾートホテルになり、運がいい人間と一緒にいると面白いものだ。オレたちもいろんな話を聞くことができ、大いに刺激になったものだ。
b0002156_22463752.jpg


ダハブの街で夕飯を食い、タクシーで宿に帰るも、場所がわからないとかで30分ほどロス。これも旅だな。夜を徹して山に登るため、ちょっとは仮眠をしとかないと。眠れたようなどうなのか、11時に迎えが来て2時間ほどでシナイ山の麓に到着しました。
b0002156_224795.jpg


人生で2回目のシナイ山。モーゼの十戒ならぬ、「十快」を授かることはできるだろうか。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
  
■3月15日(木)/沖縄/宇宙となかよし塾~CSJM伝授会(チャールズ式セルフ除霊メソッド)

■3月31日(土)/東京/The Spiritual World~スピリチュアルの祭典 講演会&出版セミナー
 
---
受付中のイベントプロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2018-02-26 23:39 | ■旅 | Comments(0)