上手くいく人は小さな面倒で大きな得をしている 2017.1.16

b0002156_1433486.jpg


フェイスブックのアプリで遊んでみた結果。他の方は「渋谷」とか「新宿」とかが多いようで、なるほど。アルゴリズム的には投稿やチェックインの回数などを元に出したものだな。ここ最近、香港の話題が多かったからね。


ところで二日前にご紹介した「ハピタス」ってサイト、すごいです。普段使いの「楽天」「エクスペディア」などをハピタス経由にするだけでポイントがガンガン貯まりまして、今後の出張時に予約しているホテル等を可能な限り解約して再度ハピタス経由で予約してみたところ、、、なんと2万ポイントを超えてしまった。始めたばかりなので「確定」はしてませんが。
b0002156_14342538.jpg


これをメトロポイントに交換した上で、ANAマイルに9割で交換できる。つまり、「予約をハピタスに変えるだけ」ですでに18,000マイルが湧き出てしまった。ハピタスの月の上限が2万ポイントなので、まずはこれがマックス。普段のクレカや搭乗のマイルもたくさんあるので、これだけで「福岡―香港」のエコノミーは手に入ってしまった。エコノミーが2万、ビジネスが4万なので。


もっとも、「福岡―香港」は自分で買った方がお得な気もしますが、こうやって月に2万マイルとか勝手に湧き出てくるようで、他のポイントサイト(Tポイントなど)、クレカ、搭乗など合わせると、私の場合は少なくとも月に3~4万マイルは貯まるので、これだけで年間40万から50万はかたい。これをANAのSKYコインにすると「50万マイル⇒80万SKYコイン(=80万円)」となり、すでにANAのプラチナクラスの要件は達してしまい、間もなく「スーパーフライヤーズ会員」となります。


とにかくも、まずは「ハピタス」です。これを経由するしないで受け取る価値(現物)が違ってきます。今までそうしてなかったのが悔やまれますが、過去は常に「損切」の対象です。これでいいのです。知ったときがベストのタイミングだから。なので、皆さんもぜひ「得」をするため、一番にすることはハピタスの登録!
 

⇒「ハピタス」に登録 


今後、楽天、Amazon、DeNA、Expedia、Booking.comなどあらゆるネットの買い物を「ハピタス」を経由させる。それだけで香港までのエコノミー往復はもらえます。ただで手に入ります。


ただ、これだけではマイルはもらえないので、当然のこと「ANAマイレージクラブ」に加入する必要がある。普段は乗らないからと加入しないのはもったいない。たとえば東京から3月の「久高島&パナリツアー」に参加する人がいます。費用を抑えるために、「羽田→那覇」はスカイマークでいいとしましょう。私はANAにしますが、少しでも費用を抑えるためにそれでもOK。


ですが「那覇→石垣」と「石垣→羽田」はANAがお得。これだけで1,000マイルはもらえます。1,000マイル程度はそのままは使えないので、それを「SKYコイン」に交換するとクラスやカードの種類によっては「1,000~1,700コイン(=円)」になります。これを次回の旅行に使えば、そのまんま値引き。浮いた1,000円で美味いランチでも食べてください。


ここまでは普通の話。知らないだけで、本来得られるはずのお金を捨ててしまっている。さらにもっと得する話で、先ほどの「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換する必要があるのですが、そのままでは「500→150マイル」にしかなりません。これを「500→450マイル」にする方法があって、それが「ソラチカカード」のメトロポイントです。

つまり、ハピタスで1万ポイントあるとすれば、そのままANAマイルに交換すると3,000マイルにしかならないところ、


「1万ハピタスポイント」→「1万PeX ポイント」→「1万メトロポイント」→「9,000マイル」


となるわけです。途中でいろいろ経由して面倒だと思うなら、それはそれ。けど、こんな作業は5分もあれば十分で、たった5分で「海外にただで行く」ことができれば、いいと思いませんか?極論すると、


「5分で無料海外旅行をゲット」


となります。この5分ってものすごく生産的。5分間、スマホゲームをしても得られるものはゼロ。けども、5分で現実に無料で海外旅行に行けるとなると、これをやらない理由ってあるでしょうか?


いわゆる成功者だったり、人生を上手く渡り歩いている人は、この手の細かい作業を厭いません。「面倒」の一言でやらないでいると、世界は広がりません。スマホゲームの小さな世界で満足するか、ちょっとした面倒なことを習慣にして、もっともっと大きく広い世界に羽ばたくか。ほんの小さな面倒が世界を広げる。小さな差が大きな差を生む。


そこで順番にこの面倒をご紹介します。最初に言っておきますが、この通りにやっても損はしませんが得はします。しかし、「私」は紹介者として得をします。それがいやなら、他に紹介している人がたくさんいるのでそちらでどうぞ。ま、教えてくれたお礼に得させてやってもいいな、と思う人はぜひこの通りにどうぞ。


1.「ハピタス」に登録する ⇒ あらゆるネットの買い物をハピタス経由に
 
⇒こちらから
 
 
2.「PeX」に登録する = ポイントの経由地として必要
 
⇒こちらから
 
 
3.「ANAマイレージクラブ」に登録する = クレカの申込みもまずは不要です
 
⇒クレジットカード機能の不要なかたはこちらから
 ただし、このカードだとマイルは貯まりますが、ハピタスのマイル化はできません
 
⇒ハピタスをマイル化したい方は次の「ANAマイ友クラブ」へ
 
 
4.「ANAマイ友クラブ」に登録する 
 
これは次の「ソラチカカード」を申し込むためのものですが、登録しなくても大丈夫。ですが、「マイ友クラブ」からカードを申し込むと数マイルをもらえたりなど「得」しますので、やらない手もありません。
 
その際、「紹介者情報」として、私の情報をご入力ください。
 
⇒こちらの「登録用ページ」から
■紹介番号 00035478
■紹介者氏名 イシダ ヒサツグ
※登録の際、上記紹介番号と紹介者氏名の入力が必要です。
 
 
5.「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」を申し込む
 
「マイ友」に登録できたら「ANAカードにご入会の方はこちら」をクリック。すると「ANA To Me CARD PASMO JCB」というカードがあると思いますので、これを申し込みます。これが「ソラチカカード」で、クレカなので審査もありますし、2,160円の年会費もかかります(初年は無料)。
 
 
クレカに年会費を払う頭がない人はここまで。ですが無料と有料のクレカはいろんな側面で違いがあります。かと言って、私みたいに年会費16万円はアホですが、たとえば1万円の「楽天ゴールドカード」なんかは、海外のラウンジが使える「プレイオリティパス」がもらえたり、その他、いろんな特典があります。
 
その点、年会費2千円のソラチカカードは「無料でもらったハピタスのポイントを高料率でANAマイルに交換するため」としては、まったくケチる意味がない費用です。初年は無料なので様子を見ることもできるし、たった2千円で香港に行けると考えたらどうでしょう?

 
 
以上、ここまでの作業は慣れていたら10分から30分くらいで完了するでしょう。あとは「ソラチカカード」の審査が通って、届くのを待つのみ。
 
届いたら「My JCB」のアカウントと取り、そこから各種設定。「マイル移行コース」は、このカードを普段使いしないのであれば費用のかからない「5マイルコース」でOKだけど、大切なのは「メトロポイントPlus」の設定をすること。
 
 
その辺の諸々の作業はたくさんの人が公開していますので「ソラチカカードが届いたら」で検索したら、いやほど詳しく出てきます。
 
 
と言うわけで、まるでアフィリエイトサイトのような記事を書いてしまいましたが、少しでもお役に立てれば。今からでも地道にマイルを貯めて、来年の秋くらいにぜひ香港に行きましょう。シンガポールでもバリ島でもいいです。
 
 
香港なら2万マイル(ビジネスは4万)、シンガポール、バリ島、インドなんかも3.5万マイル(ビジネスは6万マイル)。閑散期に行けばもっと少なく行ける。国内なら「東京―沖縄」で2万マイル前後。この程度なら上記の「ハピタス+ソラチカ」でほとんど無料で行けてしまう。一年に2万とかは普通に生活していると貯まると思うので、ご褒美にしちゃえばいいね。特典が取れなくても、国内ならSKYコインにすれば沖縄往復くらいにはなる(マイル加算されるので国内ならむしろお得)。
 
 
簡単なことなんでぜひやってみましょう!世の中には世界を広げる情報に満ちており、動けば動くほど、そんな情報がガンガン入ってきて、もう、豊かになるしかなくなる。今日の記事はそんな一歩かもしれません。ありがとうござました。 
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-12-16 23:39 | ■旅 | Comments(0)