最高の人生!どんどん良くなる! 2017.9.19

ついに本日、帰国となります。ああ、あの日に帰りたい。9月8日の自転車で家を出て、博多港から釜山に行くフェリーの中に戻りたい。本当に最高の10日間でした。三日間お世話になったソウルのホテル。なかなかよかったです。10時にチェックアウトし、自転車をダンボールに梱包するも、サイズがほんの少しだけ小さかった。無理やりに詰め込み、少しはみ出る部分をガムテープでぐるぐる巻きにして補強。なんとかおさまりました。
b0002156_15175527.jpg


そして懇親会第三弾。今回はハッピーソウルの皆さんにお手伝いいただきましたが、セミナー当日は所用で来られない方もいて、せっかくなので三日間に渡って懇親会(お茶会)をすることで、たくさんの方が交流することができました。このカフェも三日連続で使わせてもらい、カフェ文化の韓国、一回の注文でどれだけ滞在しても文句言われないとか。仕事や勉強している人も多い。いいね。こちらはたっぷりマンゴーのショートケーキにカフェラテ。
b0002156_15391012.jpg


10時半から13時半までたっぷり三時間。その間、いろんな方が入れ代わり立ち代わりしましたが、様々なお話をさせていただきました。韓国(朝鮮半島)ならではの話も多く、これからの世の中は韓国が世界において非常に重要になる、などの話もさせていただきました。特に別の国のアイデンティティを持ちながら韓国に住むことの重要さ、それは外にいるとよくわかるのです。

おそらくですが、北朝鮮の金正恩政権も末期でしょう。来年、金上天皇が退位し、2018年か19年には新たな元号となります。日本における「元号」とは文化や経済の象徴でもあり、明治、大正、昭和(戦前・戦後)、平成と明らかに異なる文化的、経済的特質があります。

明治が「近代化」の象徴し、大正は「デモクラシー(民主化)」の時代、そして昭和は戦前と戦後に真っ二つに分かれますが、特に「天皇」を軸に大きくパラダイムが転換されています。戦後はアメリカの傘下とは言え、日本も韓国も奇跡の経済成長を遂げ、しかし、その奇跡も日本では1990年代前半のバブル崩壊、韓国では1997年のアジア通貨危機によっていったんは終了を迎えます。

その後、日本に関して言うと、「失われた10年」が20年になり、そろそろ30年になろうとしています。つまり「平成」とは喪失の時代なのです。ただ、細かく言えば何度か復活の兆しはありました。一つは奇しくも「平成」を世に発表した当時官房長官だった小渕恵三の時代。徹底したケインジアン政策により需要を掘り起こし、景気も回復基調に入り、長期政権が視野にありながらも、病気と死去により終了。その後は森から小泉にかけて緊縮路線に戻って元の木阿弥。さらに第一次安倍、福田、麻生によって少しまた復活しそうになったところに、リーマンショックなどの不運が重なり、日本経済の低迷が強化される。

そのすきに徹底した自民党批判が繰り返され、2009年に暗黒の民主党政権へ。ただ、これはこれでよかったと思う。批判ばかりする野党に何ができるかを示したいい例で、そこから第二次安倍につながったのだから。いろいろ批判する人もいますが、アベノミクスによって株価が回復し、失業率がほぼゼロになったのは動かせない実績でしょう。


そして今、安倍政権真っ只中に天皇陛下の生前退位が決まり、おそらくこのまま来年には新元号が発表されるでしょう。奇しくも元号が平成に変わった1989年にベルリンの壁が崩壊したのと同じく、朝鮮半島の38度線も崩壊の動きを見せる。つまり、日本が変わる時、世界が変わるのです。

北朝鮮の人民が38度線を超えてどんどん韓国に流入し、韓国内でも難民問題が深刻化します。しかし、同時に北朝鮮による洗脳も解け、残された家族親戚を助けたいと難民も動き始めます。金政権打倒に向けて立ち上がり、金正恩は中国に亡命。空白となった北朝鮮を韓国とアメリカ、中国が暫定的に統治し、2019年から20年にかけて朝鮮半島は統一します。

となると、北朝鮮には新たな需要が喚起され、タンカーで物資を輸送できる日本の地理的優位性もあり、1950年代の戦争特需ならぬ、「統一特需」が日本にも押し寄せ、日本の景気は一気に回復。その勢いで東京オリンピックが開催され、2020年以降の日本、そして朝鮮半島は未曽有の盛り上がりを見せるようになります。もちろん朝鮮半島もしばらくは統一による問題があちこちに表面化し、辛い部分もあるかと思いますが、それでもいつかはおさまるしかありません。

そんな時に、日本は東アジアのリーダーとして朝鮮半島への貢献を強め、だからこそ「日本人として韓国にいる人たち(韓国語が堪能な人達)」の活躍の場は計り知れないのです。


明治が近代化、大正は民主化の時代とは言え15年の短命、そして昭和は戦前戦後で様相は異なるものの、とにかく盛り上がっていた。しかし、平成になると30年近くもデフレが続き、「平成は喪失の時代」と振り返るようになる。それだけ、新しい時代は盛り上がるのです!!!

今回、韓国人、韓国在住の日本人といろいろ話したのですが、将来に対する不安は日本の比ではないように感じました。少なくとも日本では、職さえ選ばなければ食べてはいけます。現実問題として、たとえば介護の分野では人手不足に悩まされ、中国や東南アジアの人材をいかに教育するかが一番の課題となっています。

韓国の場合は大企業とそれ以外との格差が大きく、そもそも大企業でなければ人でないくらいの風潮さえあるようです。儒教の精神が悪い影響を与えることも多く、年上、お上、大企業には逆らえず、それが大胆なイノベーションを妨げる原因にもなっています。最近は職を日本に求める人も増えているようで、日本語熱も再燃。


通訳のサトキ君も言われてたのですが、韓国は儒教に加え、キリスト教、仏教の「規範」が強く、柔軟に物事を考える人が日本に比べて多くない。「なんとかなる」と言われても、それを受け入れられない人が多い。自殺率にしても、日本よりはるかに多くて、それだけ人生に悲観している人も多いのかもしれません。だからこそ、宗教観は別として、人生をより良くするような情報にしっかり耳を傾ける人が多くなれば、韓国はもっと良くなる。その意味で、私の本なんかも、読んでくれる人が増えているのはいい兆しだと言われていました。

25年前に初めての海外旅行で韓国に行きましたが、その時も釜山大学の皆さんといろんな話をして、考えさせられることがありました。そして今回。やっぱり韓国とは切っても切り離せないご縁があるのかもしれません。

これからも韓国とは良きご縁が続くことでしょう。そして公約通り、統一後は「ソウル→平壌」を自転車で踏破します。私の本がもっともっと多くの人に広がっていけばな~と思っています。


そんな感じで三時間、熱く話したのですが、スピリチュアル情報も多くて、通常のセミナー以上のボリュームになったかもしれません。今回は女性が多かった、と言うかほとんど女性でしたが、これも時代の象徴かもしれませんね。今後は男性とも深く交流していきたいものです。
b0002156_15392482.jpg


カフェを後にして、一度ホテルまで自転車を取りに戻り、25キロほどのダンボールをバス停まで運びます。そのままリムジンで仁川空港へ。
b0002156_15393477.jpg


ケーキして食べてなかったので、ラウンジ飯はありがたい。最後の韓国料理だ。
b0002156_15395657.jpg


アシアナ航空で無事に福岡へ。ずっと寝てました。無事に自転車も運びまして、このままタクシーの乗せて家に帰ります。こっから自転車を組み立てて、乗って行くテンションもなくね。
b0002156_1540541.jpg


ただいま、おかえり。三男がさっそくまとわりつきます。
b0002156_15401720.jpg


以上、夢のような10日間が終わりました。信じられないくらいのパワーアップしました。これからの活動がますます楽しみです。人生は最高です。日本も韓国も、これからどんどん良くなる。ありがとうございました。

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-09-19 23:39 | ■旅 | Comments(0)