母と父の本当の役割 2017.8.23

今日から東京出張です。夜中のうちに21日行の最後の滝行に行っていたので、朝は比較的ゆっくりです。新居からの初めての出張。最寄り駅まで車で送ってもらい、福岡空港からの東京。順調にホテルにチェックインし、しばらくゆっくり。夜は「夢かな心理学・入門講座」です。今年から新たな事業として、このセミナーに着手していますが、回を重ねるごとにいろんなことが明らかになっていきます。


大切なのは「純粋」であることなんだな。「夢かな心理学」ではこの図が中心概念となるのだけど、「過去」とも較べず、「他人」とも較べず、「いま、ここ、わたし」の純粋な意識に到達したとき、面白いことが起こり始めるのです。
b0002156_1955842.png


「おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ」


『アルケミスト』の一節ですが、「宇宙全体の協力」とは何か。もはや自分の力を超えた、「宇宙」としか言いようがない力が働く。それを動かすのがまさに「Purity(純粋性)」なんです。思えばこの概念、今年3月に久高島に行ったのですが、その一週間前に「久高の神様」が枕元に立ってそう教えてくれたのです。「夢かな心理学・入門講座」の代表講師からのメッセージでこのように語っています。



この春の日、起きたら目の前に沖縄のある島の神様が立っており、こう言いました。

「その答えは、Purity(純粋性)だよ」

多くの人は他人に認められるため、または過去の自分を否定するために頑張っています。しかし、他人も過去も自分の自由にはなりません。自由にならないもののために、どんなに頑張っても空回りするだけ。

「Purity(純粋性)」とは他人からも、過去からも解放された、本当の自分を生きること。魂の声に忠実に、ただ、やりたいことをやる。それが上手くいくための最大の秘訣なんだ。

そのことに気づいてから「夢かな体質診断テスト」を完成させるまで、さほど時間はかかりませんでした。一人でも多くの人が「Purity(純粋性)」に目覚め、本当の人生を送ることができるよう、この講座をスタートさせました。

みんなが本当の人生を歩み始めたら、きっとすごく素敵な世界になるだろう。そんな思いで、お会いできるのを楽しみにしております!



今日の入門講座ではいろんな話をしましたが、特に「父と母の役割は違う」という話は重要。ざっくり分けると、


・母:この世が安全であることを教える
・父:人は無条件の価値があることを教える


まず「母」ですが、人は産まれてから1歳、3歳くらいまでに母親から「この世は安全だよ~」と教えてもらいます。いわゆるセキュアベース(安全基地)を作り、成長するにしたがっていろんなチャレンジをするのですが、その際の恐怖心をやわらげます。では母親はどのようにしてセキュアベースを作るのか。それは「抱っこ(スキンシップ)」です。


母子のスキンシップによって愛情物ホルモンの一種であるオキシトシンが分泌され、それが癒しや深い安心感へと結びつきます。1歳から3歳くらいまでの間にセキュアベースが育っていないと、この世は危険だ、人は信用できない、愛着を感じることができない、などの姿勢で生きることを余儀なくされます。それだけ乳幼児期の「抱っこ」は重要で、原則的に大人になってからリカバリーするのは不可能でないにしても、難しく、時間がかかると言われています。ただ、ある種の宗教体験(ヌミノース)によって一気にセキュアベースを完成させることはしばしば起こること。


一方、「父」は子どもを無条件に承認することよって、人には無条件の価値があることを知るようになります。父が抱っこしても、母に較べてオキシトシンの分泌は少なく、逆に積極的に生きる力を育むテストステロンが分泌されます。テストステロンは男性性の象徴とも言われ、社会で強く生きる力に結びつきます。


その意味で「母」が「生存」に直結するのに対し、「父」は「社会」での生き方に直結します。父からの無条件の承認、スキンシップによって「自分には価値がある」と思い込み、他人からの承認を軸とせず、自分の本当に好きなことに集中できるようなります。

しかし、無条件の承認を満足に得られていないと、自分の価値を世の中や他人に求めるようになり、あらゆる行動基準が「人から認められること」になります。幼少期、父親が厳しく、「人世のためになる人間になりなさい」と育てられると、それが軸になり、人から認められるために、やりたくもない仕事で頑張ったりする。当然、苦しい。幸せじゃない。だけども、世の中で結果を出せば幸せになれるとの「幻想」を追っているので、どんなに頑張って満たされることがない。

また父親の代わりになる人を探してします。上司だったり、先生だったり。その人から認められるために頑張り、思い通りに認めてもらっているうちは安心するのだけど、いざ、思い通りの承認を感じなくなくなると途端に苦しくなり、場合によってはその人たちを攻撃し始める。あたかも父親への反撃であるかのように。


そこから解放されるには、自らの中に「父」を持つしかない。他人に父を求めている限りは、どこまでも不自由でいてしまう。しかし、自分に父を持つことで、自分を承認するのは自分でいい。そのことに気づいた瞬間、「Purity(純粋性)」が芽生え、本当の自分として、やりたい放題の人生が始まるのです。


とまあ、この辺のテーマは深いので、また改めてきちんと書きたいと思います。そんなわけで、東京出張初日でした。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
 
■9月2日(土)・3日(日)・4日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2017 in Q州(Q州ツアー)
 
■9월17일(일)/서울/이시다 히사쓰구 자전거TALK LIVE~3개의 소원 100일의 기적
 
■9月17日(日)/ソウル/夢かなチャリンコトークライブ~頑張らなくても上手くいく!(日本語)
 
【無料】夢かな心理学 公式サイト~夢かな体質診断テスト】
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-08-23 23:39 | ■夢かな | Comments(0)