近い将来、平壌まで自転車で行きます! 2017.7.26

9月の「夢かなチャリンコツアー:韓国編」の準備をちゃくちゃくと進めています。ちなみにこれまでは「夢なに~」にしてましたが、これからは「夢かな~」でいこうと思います。9月8日(金)に福岡から釜山までフェリー。釜山とソウルのみ宿をとり、途中は行き当たりばったりで。もちろん野宿はしません。8日は夕方の6時頃に釜山に到着し、そのまま自転車で釜山駅の近くの「東横イン」に宿泊。日本でも散々泊まってる東横インですが、あえて韓国でも泊まってみたく。


その日、荷物を置いて釜山駅の近くで「飲み会」をしたいと思います。20時頃から。韓国人の方も大歓迎ですが、ただし、歴史と政治の話はNGでお願いします(笑)。

そして翌日からさっそく走り始めます。ただ、韓国はGoogle mapは列車しか表示されず、NAVER MAPが完全に主流のよう。そこでは徒歩も自転車も表示されるのですが、いかんせんすべてハングルだ。でもま、読み方はわかるので何とかなるでしょう。釜山から600キロちょいでソウル。一日100キロ弱ですが、いろいろあると思うのでゆとりをもって。


16日(土)にはソウルに到着し、予約したホテルにチェックイン。17日(日)は韓国人・日本人とダブルヘッダーでセミナー。その翌日には帰ろうかと思ったのですが、何かあると思って19日(火)に仁川空港から福岡までのアシアナを予約しました。


そんな感じで最低限の準備を進めていますと、今朝、『夢がかなうとき~』の韓国語版の版元さんから連絡が。


石田様,こんにちは。金寧社の広報室です。

石田様の9月訪韓を楽しみに待っています。ソウルで16日に到着すると17日にセミナーがあると聞きました。。いつまでソウルにいらっしゃるんです?

チャンネルイエス(韓国で一番大きいオンライン書店のウェブマガジン)インタビューを推進したいと思います。インタビューは可能ですか?

可能であれば、空いている日程を教えて下さい。ソウルのスケジュールを教えて下さると大変参考になります。ありがとうございます。



日本語で直接書かれているのか、翻訳アプリを使ったのかわかりませんが、どちらにしても「日本語-韓国語」の翻訳アプリはかなり精度が高くなっています。「日本語-英語」でも、ウィキペディアレベルであれば普通に読めるほどに。本当に近い将来、ウェブレベルでは言語の壁がなくなりそうだな。


と言うわけで、9月18日(火)は終日、版元さんとお会いし、インタビューを受けたりします。福岡から自転車で行くので話題性もありそうですね。おそらくは日本人で韓国語の訳書を持つ著者として、自転車でソウルにやってくるってのは私が初めてかもしれません。面白くなりそうだ。韓国も活動拠点の一つとしてどんどん世界に出て行きます。ちなみに福岡ソウルの往復なんてLCCを使えば1万円切りますし、東京とか大阪よりも近いイメージ。


そしてQ州ツアーの告知も開始したのですが、同時にフェイスブックでは来年2月の「Qさんと行く奇跡のエジプトツアー」の企画もスタートしました。こちら、すでに7名の申込みがあり、口頭レベルでは10名を超えるので、もしかしたらそろそろ締切りかもしれません。あまり多いと身動きが取れなくなるので、多くても12名が限度かと。こんなスケジュールを予定。


○2月24日(土)
 17:05成田発→〔機内泊〕

○2月25日(日)
 →05:20カイロ着
終日観光(ピラミッド等)〔カイロ泊〕

○2月26日(月)
 10:00カイロ→18:00ダハブ(バス又は専用車)
 22:00ダハブ→00:00シナイ山(専用車)
 登り3時間で頂上にてご来光、下り2時間〔ダハブ泊〕

○2月27日(火) ※Q誕生日 
 聖カトリーナ修道院を見学後、ダハブへ(専用車)
 終日観光(紅海シュノーケリング等)〔ダハブ泊〕

○2月28日(水)
 終日観光〔ダハブ泊〕

○3月1日(木)
 10:00ダハブ→夕刻カイロ〔カイロ泊〕

○3月2日(金)
 終日カイロ〔カイロ泊〕

○3月3日(土)
 15:05カイロ発→〔機内泊〕

○3月4日(日)
 →13:05成田着



エティハド航空を使ってエコノミーで9万円、ビジネスでも36万円。ANAとはマイル提携してるのも嬉しい。エコノミーを使えば、何やかんや入れても25~30万円もあれば十分でしょう。エジプトのハイライトは何と言ってもピラミッド。古代史とか遺跡に興味がある人はルクソールとかアスワンもいいでしょうが、そうでなければカイロでピラミッドを見れば十分。ただ、ピラミッドは一生に一度は見ておきたい。だったら、Qさんと行くのが絶対に面白いです。おまけにシナイ山に登りご来光。さらにダハブでゆっくりもできます。それら、すべて現地の旅行会社にアテンドをお願いするので安心です。
b0002156_17231250.jpg


写真は1997年、左上がエジプト定食(ハト、ご飯、シチュー、スープ、サラダ)、右上がカイロの安宿で勃起ごっこ、左下がシナイ山登頂、右下がダハブで日本食。


そんなこんな、「やる」と言ったことは必ずやりますから。ここに書いた以上は必ずやる。その流れで「チャリンコツアー:韓国編」も実現の運びですし、それもますます面白い形になりそうだ。さらにエジプトも前々から言ってますしね。ついでに言いましょう。


遠くない将来、「ソウル→平壌→中国」を自転車で行きます。もちろん今は無理。しかし、それも決して遠くない将来、朝鮮半島の南北が統一されるか、北朝鮮の民主化、解放がなされると思います。聞いた話で、信ぴょう性は乏しいと言わざるを得ないのですが、もしかしたら本当かも、と言う話があります。


実は北朝鮮の暮らし、「普通」だそうです。いや、むしろ資本主義の底辺と比べるとはるかにはるかに裕福で楽園だとも。社会主義なので極端に裕福な人はいないまでも(役人は別として)、そこそこいい暮らしをしていると聞きました(誰からだ!・・・言えないが)。


北朝鮮が核を保有したり、ミサイルを立て続けに打つ理由。それは「防衛」のため。なぜにイラクとシリアはアメリカ、多国籍軍から攻撃されたのか。それは「核を持っていない」から。あえてどこそことは言いませんが、戦争が経済を活性化させる国っていろいろありまして、そのためには定期的にアクションしておく必要がある。イラクやシリアが化学兵器を持ってないことはわかっていながら、難癖つけて空爆しまくったのは、ようは「戦争のための戦争」、正確に言うと「経済のための戦争」であって、正義でも大義名分でもなんでもない。


イラクとシリアをやったあとは、イエメンやソマリアもありますが、現段階で脅威とされるのはやっぱり北朝鮮。普通にしていたら、また難癖つけられてボコボコにされる。だけど、「核」を持っていると、そうはならない。日本でも抑止力のために核を保有せよとの考え方がありますが、抑止力のために核を保有しなければならないのはむしろ北朝鮮の方だったり。


だって、持ってなかったらイラクやシリアみたいになるんですよ。だったら、自分たちの「平和な生活」を守るために国家予算をかけて「核」の一つでも持っている方が国益に寄与します。そう考えると「威嚇」はしますが、実際にミサイルを落とすことはない。本当に落としてしまったら戦争になり、そうなれば負けるのはいくら北朝鮮でもわかっています。威嚇するメリットは「防衛」としても、本当に落とすメリットはありません。落としてしまったら、それこそ最後。国民の平和な生活が壊滅し、金正恩地自身も殺害される。つまり、防衛のために落としているのであって、日本や韓国の国土に落とされることはないと考えられます。


と言うことは、ま、9月に自転車で韓国に行っても大丈夫、みたいな小さな話になるのですが、それでもやはり北朝鮮がこのままの体制で10年、20年、続くことも考えにくい。おそらくは2020年くらいまでには南北統一なり、日朝国交回復なり、動きがありまして、北朝鮮の自由旅行も可能となる。そうなってから「ソウル→平壌」を自転車で行こうって企画です。


アホなことを書いているようですが、「ソウル→平壌」を自転車で行ける日が来たら、それはそれで素敵じゃないでしょうか。そうなることを祈っています。そしてここに書いたことはだいたい実現しますので、それもあと5年もすれば具体的になることでしょう。ありがとうございました。


【受付中の講演・セミナー】
  
■8月26日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾30~タロットで未来は変えられるか?
 
■9月2日(土)・3日(日)・4日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2017 in Q州(Q州ツアー)
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-07-26 23:39 | ■時事問題 | Comments(0)