お金を得るのは簡単って話 2017.5.23

アホみたいに忙しくなってきたので、個人的な話ですが、やることリスト。4月のロンドン前もここに書いて片づけた。


・7月末新刊のリライト(今週中)
・決算書・納税(6月頭)
・5月25日(木)の「月イチ福岡」のご案内(今週木曜日だ)
・7月16日(日)・17日(月)の河口湖合宿(セロトニンサークル)のご案内(6月頭)
・「夢かな心理学」の企画提出(今月中)
・「夢かな心理学・入門講座」のテキスト作成
・6月18日(日)の「夢かな心理学ワンデイ入門講座」のご案内(今月中)
・9月の韓国チャリトークライブのご案内(7月から)
・コズモクダカ新曲の作詞(6月頭)


他にもいろいろありそうだけど、思い出し次第、加えていかないと。2017年、44歳って完全に人生のターニングポイントになりそうだな。このまま順調に進めば、夢のローン生活が始まるけど、生活はガラッと変わる。集大成の新刊も出るし、12月はまたコズモクダカやるし、仕事も遊びもフルスロットル!


さて、近々なものとしてはこれ。

■5月25日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾27~夢かな心理学で50万円を引き寄せる話


どないやねん!もっとゆっくりご案内しようと思っていたら、あれこれしてるとあっという間に木曜日だ!

さて、「夢かな心理学で50万円を引き寄せる話」とは何なのか。まずは「夢かな体質診断テスト」をやってみて欲しいのですが、その診断結果に「お金を引き寄せるワーク」があるのです。それで50万円を引き寄せようって趣旨なんですが、これに関する質問が割とありまして。コツに「質問しない」とあるにもかからず(笑)


100万円を引き寄せるには、「7桁の壁」があって心理的に難しいことがあるのですが、5万とか50万であれば、割と簡単に引き寄せられます。いわゆるアファメーションとその方法なんですが、セミナーではもっと再現性の高い、いわゆるビジネス的な観点からもお話したいと思っています。

お金を引き寄せる手順は実にシンプル。こんな流れです。

1.「私は月収○○万円を稼ぐにふさわしい人間である」と宣言する(認める→決める)

2.「私は月収○○万円を稼ぐための能力がある」と宣言する(認める→決める)



これは幻の名著『マイダイス・システム』にあるメソッドの一部なんですが、1は「BE」、2は「DO」のレベルで「○○万円」に値する人間であると認めること。『マイダス・システム』は一時期10万円を超えていて、今は4万円弱まで下がっていますが、本としてはまだまだ高いですね。最近ついたレビューでは、


「人生で一番高い買い物、しかしそれだけの価値がある名著」

素晴らしいの一言! 手に入れた人にしかわからない価値のある本。
この一ヶ月で、人生が根底から変わりつつある奇跡を体験しています。


なんて書かれてあります。確かにそれだけの価値はあると思いますが、原著をそのまま訳すとちょっとわかりにくい。何より高い。なので実は今、これを再発行しようかなんて話をとある出版社と検討してるのですが、版権の問題もありますし、何より初版4,000部でストップした17年前の本の企画が通るかなどハードルはあります。


ただ、7月末に出る私の新刊にはこの本からのインスピレーションも入っているので、『マイダス・システム』に代わるような一冊であるとご期待ください。


話を戻しますが、まずは「BE」のレベルで自尊心を上げ、「DO」のレベルで「行動・技術」を上げる。ただし、「自尊心:行動:技術=53:40:7」なので、何よりもまずは「BE:自尊心」が大切。ただ、自尊心などなかなか上がらないと思いますが、一瞬にして上げる方法がある。


それは、「いま、ここ、わたし」とつぶやくこと。それを図化するとこうなります。
b0002156_15484711.png


過去の自分と比べることなく、大きすぎる未来と比べることなく(時間軸を「いま」に)、過度に他人からの承認を求めることなく、他人からの批判を気にすることなく(空間軸を「ここ」に)、常に中心の「わたし」に軸を置く。この状態が最も自尊心が高い状態なのです。


自分はふさわしくないとか、できないとか思ったら、すぐに軸を整える。身体からは、背筋を伸ばして天と地を貫く一本の串が通っているイメージをする、そして心は「いま、ここ、わたし」に戻す。そこさえ意識していれば、「できる/できない」なんて概念を超えて、ただ「ある」だけで思い通りの人生を切り開くことができるようになる。


では、「いま、ここ、わたし」を宣言したらどうするか。次は「市場」に目を向ける必要があります。安定的な収入を得るには、「市場=経済人(ホモエコノミクス)の総体」からお金を受け取るシステムを作る必要があります。そのキーは次の3つ。


3.「市場」に目を向ける

・誰を幸せにできるか?
・その人たちに何を提供できるか?
・その結果、その人たちはどうなるか?



具体的に言うなら、私の例だと、


「誰を幸せにできるのか?」=「夢を持つ人、夢を持ちたい人」

「その人たちに何を提供できるのか?」=「夢を叶えるための方法」

「その結果、その人たちはどうなるか?」=「最短で夢をかなえることができる」


サプリメントだと、


「誰を幸せにできるのか?」=「健康になりたい人、健康に心配がある人」

「その人たちに何を提供できるのか?」=「健康になるための食品」

「その結果、その人たちはどうなるか?」=「これまでよりも健康になり、行動力がアップする」


英会話教室だと、


「誰を幸せにできるのか?」=「英語でコミュニケーションを取りたい人」

「その人たちに何を提供できるのか?」=「英語上達のためのノウハウ、トレーニング」

「その結果、その人たちはどうなるか?」=「英語が上達して、海外旅行が楽しくなる」


まだまだ例は挙げられますが、これらの組み合わせを間違っては「市場」からそっぽを向かれます。「健康になりたい人」の市場に「英会話」を投入しても絶対に売れないことはわかると思いますが、売れない人の多くはこれをやってしまっている。

ラーメンに自信があり、ラーメン好きな人を満足させたいのに、「中華料理」でお客さんを集めても、本当のお客さんは定着しません。だからこそ、


「誰に? 何を? どうなる?」を


が大切であり、この3つを明確にするだけで、「市場」から自分にとってふさわしいだけのお金が流れてきます。そして最後に、


4.得たお金を再び「市場」に流す


ことで、お金が循環しはじめ、雪だるま式にお金が増えて豊かになれるのです。ただアファメーションだけしててもお金は入ってきません。アファメーションは重要ではありますが、その効果を高めるには「いま、ここ、わたし」と「誰に? 何を? どうなる?」をしっかり意識していることが大切。そんなわけで、お金を得るのは簡単って話でした。月イチもお待ちしています。ありがとうございました。
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-05-23 23:39 | ■お金 | Comments(0)