人間関係を劇的に改善する方法 2011.5.26

 滝行中はいろいろとアイデアが浮かぶのですが、ブログを書こうとしたら忘れるものですね。でも、書いているとどんどん出てくるか不思議。今日も書きますよー。ところで9月のインドツアー、、、12名で締め切っていたところ、強く希望される方がいらっしゃったことで、車を一台追加してさらに15名まで可能となりました。そして本日、正式に15名が決まりましたので、今後、追加募集は一切ありません。また、デリーとレーの国内線も、今日の段階で残り4名だったので追加の3名が入ると残り1名。人気路線であるため、すぐにフルになるでしょうから、現実的にも追加は不可能となりました。もう少し遅かったら国内線が取れずに、ツアーの追加もできなくなるところでした。

 とにかくすべてがうまくいくようになってますので、「流れ」に従ってゆるゆると過ごして行きたいと思います。私も9月まではギアを下げずに突っ走ります。次から次へとアイデアは出てきていますし、あとはそれを実行に移すのみ。今日はNLPセミナー第二期の2回目。今回はより「営業」的な話が増えていまして、前回とはまったく違った内容になっているようです。今日のテーマは「ラポール」でしたが、営業においてラポール(人間関係)を語らずしてあり得ません。その辺りの話は「公式ブログ」の「営業戦略」のテーマが面白いので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

 ま、営業の話をすると、世の中にはあまりいい顔をしない人もいるのですが、この世の経済ってのは7割は営業活動で成り立っています。これは事実。中には「商品」さえよければ売れるのだから、「営業」よりも商品開発に力を入れたらいいじゃん、、、と言う人もいます。確かに「商品」は大切です。しかしどんなに「商品」がよくても、誰も知らなかったら、そして買おうと思う人がいなかったら、、、それはこの世に存在しないのと同じこと。

 企業でも商品力の2倍は営業に力を入れる必要がある。これが実際です。確かに世の中には「悪徳商法」のようなものはあります。それは事実です。今日も「被ばくを抑制します」とウソの広告で400万円を売り上げた業者が摘発されましたが、最終的に悪徳業者は残らない。それが経済だし、公正というもの。ただ、世の中には完全なる「善」も存在しません。多少は誰かが泣いているのもまた事実。

 例えば通信業界のソフトバンクなんかも、実際に私もかなりお世話になっています。アイフォン、ホワイトプラン、ヤフーなど、私の生活にもなくてはならないもの。しかし、実際にはかなり強引なことをしてきたのも事実。今でもそうです。では、NTTやKDDIが完全にクリーンかと言うと決してそうでもない。NTTは民営化前に不当な通信費で経済を圧迫してきたし、今でもその既得権を守ろうとあの手この手を尽くします。KDDIにしても、大きな声では言えませんが、同じ経営者の稲森さんなど経営の神様のように思われながらも、吸収合併を繰り返して多くの中小企業が泣いてきた背景があります。しかしこれが経済であって、そのような痛みがあってこそ成長していくのもまた事実。

 今日の便利な世の中の背景には、たくさんの「痛み」があった事実は理解する必要があるでしょう。だからと言って「営業=痛み」と言うつもりは決してありません。負の側面がゼロでないことは認めるものの、「営業」そのものによって私たちが受けてきた恩恵は極めて大きなものがあります。経済発展の全体の中で「営業」はまさに潤滑油として機能を果たしてきたし、今後もそうであることは事実。

 ですので、私の言いたいことは、少なくとも「営業」という言葉にアレルギー反応を起こす必要はないってこと。営業マンの人格を否定するなどはもっての他。そもそも生きるってことは「営業」でもあるのです。

 例えば就職活動なんてのは、社会に出るために最初の営業活動です。それは「自分」という商品を売るための活動。相手はもちろん企業です。試験、面接などのプロセスを経て「自分」を買ってもらうための活動。そのためには「履歴書」を書いたりしますが、書くためには自分を知る必要があります。そして短い文字数でそれを伝えるプロフィールが重要となります。そのプロフィールが商品にとってのマーケティングとなるのです。

 どんなに素晴らしい人格であっても、どんなに優れた技能であっても、人はまず「プロフィール」でその人を見ます。しかもそのプロフィールは文字数が制限されているので、いかにして短い言葉で的確に相手に伝えるかが重要。商品も同じで、その「短い言葉で的確に伝える」ために「広告」の専門家がおり、そこに企業はお金を払うのです。

 就職活動でもそうですが、例えば韓国の学生などは自分を売り込むために多額の投資をすると言われています。日本人はその感覚がまだ乏しく、素直にやっていればどこかが取ってくれる的な思いがまだまだあるようです。それは単に日本が恵まれてるからであって、企業が商品のPR(営業)に多額の費用を投じるように、就職活動に限らず、自分自身を売って行くのに、本当はもっともっと投資が必要なのかもしれません。それは「商品(コンテンツ)」だけでなく、「売り込み(営業)」そのものにおいても。

 例えばインターネットを用いて稼ぐことに興味を持つ人は決して少なくないでしょう。私も興味あります。ただ、実はネットもリアルも基本は同じ。それはつまり顧客の気持ちを理解するということ。就職活動でも、まずは企業、そして面接官の気持ちをつかまずして採用はあり得ません。つまりは面接官の気持ちをつかむことができな人が、インターネットで稼ごうなどもムリな話なんです。リアルは苦手だけど、ネットなら、、、と考える人もいるでしょうが、リアルの土台なくしてネットでの成功もありません。

 実際、ネットで成功している会社の多くは、リアル販売も得意。楽天の三木谷さんでさえ、飛び込み営業からスタートしたそうですし、ジャパネット高田の社長なんかも、いわゆる悪徳商法の出身です。営業の神様、加賀田晃氏はネット販売こそしませんが、コピーライティングの達人です。実際、自前のコピーで求人募集した企業が一人も志望者がなかったところ、加賀田氏が書いたコピーには行列ができたと聞きます。私も何点か加賀田氏のコピーや営業スクリプトを持っていますが、美しささえ感じるほど。芸術です。

 また、いわゆる情報商材やアフィリエイトで生活している人も、私の知人に何名かいますが、例外なくリアルでのコミュニケーションが得意です。ようは、、、最終的にネットでリアルであれ、顧客心理なのです。それは言い換えると、相手の気持ちを理解する力なのです。思いやりと言ってもいいかもしれません。ですので、独りよがり、自己中心的な人はリアルでもネットでもやっぱり上手くいかないはず。

 そんなわけで、今日のセミナーでは「人間関係」をテーマとして、営業や心理学の話をいろいろさせて頂きました。相手に安心感を与えるには「手のひら」を見せることだ、、、などの小ネタもいくつかお話しましたが、私が一番伝えたかったことはこれ。

「本当に思っていることを話す」

 「思考」と「言葉」のギャップをなくすとも言えるでしょうが、ここが一つになれば、思いは驚くほど伝わります。もちろん思ったことを何でも話せばいいってことではありません。相手を不快にさせるようなことは言う必要なし。でももし、相手のことがいいなと思ったら、素直に伝えればいいのです。回りくどく言っても理解されません。誰もオレのことをわかっちゃくれないんだ~と言うのなら、まずは「素直」になるべき。人はそんなに自分のことを気にしてないものですから。

 「営業」ってのは、つまり自分を知ることであり、自分を伝えること。そのためには「素直」になることが一番なのです。ただ、ほとんど人間がその「素直」になれなくって苦しんでいるわけで、本当の意味での「素直」こそが「本当の自分」なのです。ですので、もしも「思いが伝わらない」「自分のことがわからない「自分が好きになれない」、、、などの悩みを持っているとすれば、まずは「素直」であることを心がければいいと思っています。

 そして多くの人は「素直」な人の前では驚くほどに無力になります。なぜなら「本当の自分」として生きている人間には、それ以上、守るものがないから。つまり怖いもの知らずの状態。そしておのずと、、、その人に魅かれて行く。つまりは「人間関係」の悩みも、自分が「素直」になることですべて解決するのです。

 まさに「素直力」に勝る武器はなし。ただ、一言に「素直」と言っても、なかなか奥が深いので、これからも「人はいかにして素直になりうるか」ってことについて、いろいろ考えて行きたいとは思います。そんなわけで話が次々と脱線して申し訳ないですが、自動書記なんですいません。明日は記念日です。ありがとうございました。

いつもクリック頂きありがとうございます。
↓ ↓

人気blogランキング

【東京】6月4日(土)・5日(日):超意識ワークス2日間セミナー(残5)

【大阪】6月18日(土)・19日(日):超意識ワークス2日間セミナー(残7)

【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第三期)


○石田久二公式ブログはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
○とりあえずfacebookのアカウントも持ってます♪(まだよくわからないのですが友達になりましょう!)
Commented by kaorin at 2011-05-27 23:01 x
今日のQさんの記事は深いです!!

思いやり…というか、相手の視座に立てるかどうか。
それでも、相手ばかり尊重できるはずもないのが厳しい現実です。
ですが、結果が同じであっても、相手の立場を理解した上での結論と、相手への配慮が足りない?気がつかない?のでは、意味が全然違ってくると思います。

これは、個人起業であろうと、組織勤めであろうと、形こそ違いますが、本質的には同じだと思います。
Commented by Rika☆彡 at 2011-05-28 01:17 x
『素直』って実は難しいです。時々『素直』の意味を取り違えてしまっている時があります。そして、相手を傷つけてしまったりしてしまいました。
Commented by katamich at 2011-05-28 18:09
■kaorinさん!
おっしゃる通りです!
Commented by katamich at 2011-05-28 18:11
■Rika☆彡さん!
確かに素直は難しいかもしれませんね。
多くの人が素直になると攻撃されるかもしれないって条件付けされてますんで。
Commented by 深海魚 at 2011-05-29 10:21 x
過日の秘儀を教えてくれたセミナーで、「正直」であれと教えられましたがいまいちピント来なかったのです。ねずみ講的組織でもあるし。上納金をごまかすなみたいに受けとったりして。「素直」に読みかえればスッキリします。
Commented by Rika☆彡 at 2011-05-29 11:38 x
『多くの人が素直になると攻撃されるかもしれないって条件付けされてますんで。』
と言う部分が気になりました。もう少し詳しく知りたいです。
Commented by katamich at 2011-05-29 23:24
■深海魚さん!
何のセミナーだろう??
Commented by katamich at 2011-05-29 23:25
■Rika☆彡 さん!
そうですね、また書きたいと思います。
Commented by katamich at 2011-05-30 11:15
はい、知ってますよ。
参加したことはありませんが、参加した人をたくさん知っています。
by katamich | 2011-05-26 23:39 | ■人生哲学 | Comments(9)