感情のコントロール 2010.5.24

 今日は午後からマリーロータスの尉川さんのオフィスへ。最近、よく会っています。以前からお互い知ってはいたのですが、いざ話をしてみると、次々といろんな話が飛び出し、気づきも多い。これは自分たちだけで留めておくのはもったいないってことで、ユーチューブ対談をしたのが先週の金曜日。でも、その時はビデオの誤作動で録画失敗。今日はその撮り直しをしたのですが、当然のことながら、前回とは全く違った内容になってしまいました。重なる部分は2割もないから。今回は録画成功しましたので近々公開します。お楽しみに。

 夜はコーチング。と言っても、レギュラーのではなく、先日の大阪セミナーのオプションとしてのセッション。あ、ついでに申し上げますと、レギュラーコーチング(新規)及び早朝談話室は今月いっぱい(5月31日)までで受付終了とさせて頂きます。継続のコーチングは気の済むまでさせて頂きますので、その辺はご心配なく。

 で、今日のセッションですが、基本的に時間は気にすることなく、思う存分にお話して疑問点を解決して頂きたいってスタンスでやっています。守秘義務がありますので、詳しく書くことはできませんが、一般的な話として2つほどシェアさせて頂きたいと思います。一つは「感情のコントロール」、もう一つは「すべてはひとつ」について。

 まず、一つ目の「感情のコントロール」ですが、その前提として知っておくことがあります。それは「感情とは無意識の反応である」ということ。例えば雨が降っているのを見てブルーになったとします。これは自分でブルーになろうと思ってなったのではなく、「雨」という現象に対して、「ブルー」という反応が結びついただけ。この動作はいわゆる「プログラミング(条件付け)」によって起こることなんですが、これは「入力-出力」の関係で言い表すことがあります。雨という入力に対して、ブルーという出力です。

 これをもう少し専門的な用語で「トリガー」と「アンカー」とも言われます。トリガーとは鉄砲の引き金のこと。アンカーは船の碇のことで無意識に埋め込まれた「状態」のことを言います。つまり「雨」という現象が引き金となって、「ブルー」という状態が自然と生み出されるのです。これはすべて「無意識」で行われています。トリガーとアンカーの例をいくつかあげてみますと、


「トリガー」→「アンカー」
・パトカー(V) → ドキッ!
・ゴキブリ(V) → 鳥肌
・梅干という言葉(A) → 唾液
・サザエさんの終わりの音楽(A) → 憂鬱な気分
・ガッツポーズ(K) → やる気
・足指を動かす(K) → ワクワク感
・昔の恋人がつけていた香水(O) → 当時の感情
・コーヒーの香り(O) → リラックス
・外国で飲む味噌汁(G) → 日本にいる感じ
・ぶり大根(G) → 絵画の創作意欲(「美味しんぼ」より)


 アルファベットはそれぞれV=視覚、A=聴覚、K=感覚、O=嗅覚、V=味覚を表します。これらの5感による入力がトリガー(引き金)となって、それぞれ特定のアンカー(反応)が喚起されます。ここでの特徴は二つあって、一つはそれぞれ「無意識」の反応であること。もう一つはそもそもトリガーとアンカーには何の結びつきもなかったこと。例えば腕をつねると痛いのは、生理的な反応ですので、トリガーとアンカーの関係には結びつきません。しかしパトカーとドキッには本来何の結びつきもないのですが、車の運転中にパトカーを見るとなぜかドキッとしてブレーキに足をかけてしまいます。

 上の例についてよくわからないものもあると思いますので、簡単に説明しますと、


・パトカー(V) → ドキッ!

 これは車の運転をしている人、とりわけ警察に切符を切られた人に埋め込まれたアンカーです。私はこのクチでしょうか。


・ゴキブリ(V) → 鳥肌

 おそらく日本人の生活習慣の中で、ゴキブリは不潔で害悪なものだという刷り込みがあるように思われます。あんなに小さな虫ごときに、なぜに大の大人が悲鳴をあげるのか。赤ちゃんはそんなことはなく、単純に動くものを目で追いかける程度だと思います。つまりはゴキブリと恐怖が繰り返し刷り込まれますので、それを見ただけで鳥肌がたってしまうのです。


・梅干という言葉(A) → 唾液

 多くの日本人限定であって、外国人にはない反応ですよね。


・サザエさんの終わりの音楽(A) → 憂鬱な気分

 確かにサザエさんの音楽と憂鬱な気分には何の因果関係もないのですが、多くのサラリーマンは翌日からの仕事を思い出してブルーになるんです。サザエさん症候群なんてことばもありますよね。


・ガッツポーズ(K) → やる気

 ガッツポーズは一般的に良い状態の時にするポーズだという社会的刷り込みがありますので、とにかく拳を上に上げるだけでやる気がでてくることが多いです。


・足指を動かす(K) → ワクワク感

 ブライアン・トレーシーの本に書いていました。多くの人はワクワクしている時、無意識のうちに足指を動かしているそうです。ですので、逆に意図的に足指を動かすことで気分をワクワクさせることができるって理屈です。


・昔の恋人がつけていた香水(O) → 当時の感情

 きっと心当たりはあると思います。香りを思い出すことはできなくとも、街中でふとその香りに気がついただけで、昔の恋人のことは、当時の気持ちあ蘇ることが。


・コーヒーの香り(O) → リラックス

 コーヒーの香りに生理的なリラックス効果があるかどうかわかりませんが、コーヒーブレイクという言葉や習慣によって、コーヒーとリラックスが結びつきが強化されることはあると思います。ちなみに私はコーヒーですが、イギリス人は紅茶なのでしょうね。

 
・外国で飲む味噌汁(G) → 日本にいる感じ

 何カ月も海外にいると、粉末の味噌汁を飲むだけで、日本のことが蘇ってきます。味噌汁を飲んだことがない人にとっては、単なるしょっぱいスープに過ぎないのでしょうが。


・ぶり大根(G) → 絵画の創作意欲(「美味しんぼ」より)

 美味しんぼってマンガの中に、創作意欲を失った画家の話が出てきます。それを山岡さんが料理で解決するっておきまりのパターンなんですが、その人にどんなに豪華な料理をふるまっても元気がでなかったところ、一切れの大根を食べるだけで意欲が蘇るのです。その画家は昔漁師でぶりが大好物だった。その時の気持ちがアンカリングされてたんです。


 てな感じで、本来、因果関係のない反応について、社会的な刷り込み等によって結びついてしまうことを「プログラミング(条件付け)」と言うのですが、それを意図的に活用したスキルが「アンカリング」です。

 ですので、アンカリングのワークなどでは、パトカーを見てもドキッとしないようにするとか、逆にパトカーを見た瞬間にハッピーな気分にさせるとか、自由自在に無意識のプログラミングを変えることが可能なのです。通常やるのは、いつでもハッピーな状態を引き出せるようなプログラムをその場で作り、とにかくハッピー、ハッピー、ハッピーで過ごせるようにするわけです。

 ただ、すでに刷り込まれた無数のプログラムに対して、一つ一つ書き換えていくのは、なかなかすぐにはできないことだと思います。コツをつかめば簡単ではあれど。でも、とりあえずは何かに対するネガティブな反応を、どうにかしていきたい。突然ハッピーになるような特効薬ではなく、漢方薬やビタミンCを飲むような感覚で、じわじわと自らの感情をコントロールする方法があればいいな、と。

 今日はその方法をお話させて頂きました。それは非常に簡単です。もしも何かの「反応(感情や感覚)」が生じてしまった時、単純にその「反応」を眺めるだけ。雨が降ってブルーな気分になった時、単純に「私は雨が降ってブルーな気分になっています・・・(以上)」と自分の反応を客観的に見るだけ。ただ、それだけで感情をコントロールするコツはつかめますし、その習慣によって早い段階で人生が劇的に変化していきます。

 そもそも特定の「反応」が引き起こされるきっかけは非常に些細なことである場合が多いです。嫌いな上司の顔を見る、嫌な客から電話がかかってくる、朝起きたら何となく憂鬱、人から何かを言われて気分を害する、仕事しながらため息がでる、、、などなど。これらの「反応(アンカー)」に対しては、そもそも関係のない「原因(トリガー)」が無意識的に結びついているだけです。

 まずはそのことに「気がつく」ことが重要。別の言い方をすれば、「無意識」の反応を「有意識化」することです。それがどんなに大きな意味を持つものか、実際にやってみるとわかります。とにかく特定の「入力(トリガー)」と「出力(アンカー)」の関係を客観的に見つめるだけ。それ以上は何をする必要もありません。

 「あ・・出てきた・・・(以上)」てな具合に、意識的な処理をすればOK。プログラムを書き換えるなども考える必要なし。重要なのは「無意識」を「有意識化」することですが、もしもそれができれば、うまく行けば後は勝手に「反応」が変化してくるかもしれません。ただし、変化させようと焦らないこと。そしてそのネガティブな反応を嫌わないこと。好きになるとも、感謝するとも考えなくていいです。その「反応」を意識的に表に出して、ちょっとより分ける感じでOK。それ以上はいかなる価値判断をする必要もありません。つまり「判断しない」ってことが重要。

 それだけで間違いなく人生は変わります。経験済み。で、二つ目の質問である「すべてはひとつ」については、長くなりましたので、また別の機会に。それではまた。ありがとうございました。

単純にクリックするだけでOK!

 ↓   ↓

人気blogランキング

【東京】6月12日(土)・13日(日):クイックチェンジ!実践!NLPセミナー in 東京 ~潜在意識から超意識への旅(2日間コース)~(残8)

【福岡】6月9日(水):宇宙となかよし塾(4)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)

【教材】栢野克己・石田久二<7時間!>人生を逆転するスピリチャル×戦略セミナー
【教材】第183回九州ベンチャー大学「リピート専門コンサルvs硬派スピリチャル講演家」

【参加します】
5月30日(日):雲黒斎講演会 in 福岡
6月5日(土):第184回ベンチャー大学「繁盛コンサル・富田英太」
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾


「早朝談話室」も受付中!(5月末で終了します)

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
Commented by kaorin at 2010-05-25 18:43 x
>まずはそのことに「気がつく」ことが重要。別の言い方をすれば、「無意識」の反応を「有意識化」することです。

ストレスなんかも、そうですよね???
理由や事柄に気付かない?抑圧?していると、身体の症状に出てくるような気がしています。
by katamich | 2010-05-24 23:39 | ■願望実現 | Comments(1)