願望実現の基礎体力 2009.11.16

 今朝の滝場の気温は10度でした。いよいよやってきたな~と感じます。12月末から2月にかけて、気温が0度になることもあるのですが、それに比べるとまだまだ。でも、1月に見る10度と、11月に見る10度とは、同じ10度でもインパクトが違いますね。それは相対的なもので、11月の10度は「寒い方」ですが、1月の10度は「温かい方」になりますから。

 で、今日は滝に入る前に本堂で温度計を見てしまって、一瞬ひるんだのですが、いざ入ってみると、う~ん、、、普通に気持ちがいいです。もちろん冷たいことは冷たいのですが、気持ちがいい方が勝るんですね。M(エム)か!と言われそうですが、事実なので仕方ないです。

 あえて説明すると、その冷たさを緩和するために、脳内からドーパミン(快楽ホルモン)がドバドバ出ているのでしょうか。そしてドーパミンが出ると、なぜかヒラメキも多いように思います。昨日も凄いヒラメキがありましたし。それともう一つ。私は滝に入る時は、意識的にリラックスするようにしています。

 まず滝に入ると、無意識に身体がこわばります。緊張します。それを一つ一つ解していきます。肩を解し、背中を解し、腹筋を解し。でも、手首が緊張している。手首を解し。いや、ふくらはぎがまだ緊張している。そしてふくらはぎを解しします。そして滝の中で軟体動物のようにぐで~んとなって、力まずお経を唱えるのです。すると見事に苦しくない。

 理屈は簡単です。しかし、あまり経験がないと、無意識の方が先に反応して、どうしても身体が緊張してしまうもの。それをあえて意識的に、緊張をほぐせるようになったのは、ほんとここ1年ほどです。つまり4年はかかったということ。これが長いのか短いのかわかりませんが、少なくとも、ある程度の「継続」は必要だと思うわけです。

 滝に限ったことでなく、毎日の生活において理想のあり方とは、やはり「力を抜く」ことだと思っています。セミナーでもよく実演するのですが、力んでいると力は出ませんが、リラックスすると驚くほど力が出てきます。腕を維持するワークでよくやってますよね。

 「願望」なんかも、力が入っているうちは、なかなか実現しません。ある時、ふと力が抜けた時、あれよあれよと実現するのが、「願望実現」のメカニズムとなります。しかし、「力を抜く」ためには、力を入れるプロセスがどうしても必要。滝行で言うと、思いっきり力んで、苦しんだプロセスがあったからこそ、自然と「力を抜く」ことを体験できたのだと思います。

 イチローだって、全然力が入っているようには見えません。しかし、それまで何度も何度も力を付けてきたからこそ抜けるのであって、最初から抜くことばかりを考えてはホームランを打つことはできないでしょう。そう言う意味で、「願望実現」においても、最終的には力を抜くことが必要であっても、その「基礎体力」は必要なのです。

 しばしばスピリチュアル系の本などでは、「頑張らない」とか「ありのまま」などの言葉が良く見られますが、実際、正しい意見です。しかし、本当の意味での「頑張らない」とは「頑張り」を知った上での頑張らないことであり、本当の意味ので「ありのまま」とは、違和感のあることを何度も経験した上での「ありのまま」を意味するのです。

 確かに「結果」としては「頑張らない」ことが重要ですが、そのプロセスとしての「頑張り」は不可欠だと思っています。例えば私は「本の出版」を大きな「願望」として置いてきました。2年前から。そして今度出る本の前に、実は「2冊」の本を自分で書いていました。一冊目は2007年に書いたもの、二冊目は2008年の秋に書いたものです。この2冊は永遠にお蔵入りですが、そのおかげで文章を書く「基礎体力」を付けることができたと思っています。もっと言うと、2冊分の本を書くための「基礎体力」をこのブログによって身に付けることができました。最近、人気ブロガーで本を出す人が増えてきましたが、それはいたって当然のこと。

 出版社・編集者側からすると、ブログを見て、本の質を判断することができるし、何よりも「書いてくれる」ことがそれで担保されるようなもの。実は2008年3月にある出版社の編集部長と面談したことがあります。そこではボロクソに言われて、いろいろ凹まされたのですが、ブログを毎日書いていることだけは、めちゃくちゃ評価してくれました。それってのは、編集者からすると、あり難い以外の何ものでもないのだと。ライターを雇う必要もないし、文章を書いてくれるので、編集の手間も省けるし、何よりアウトプットが見えやすいから。

 ですので、ブログを毎日書くことは、文章を書くための「基礎体力」が身に付くだけでなく、出版社に対する信用を与えることにもなるのです。さらに言えば、ブログをそのまま本にすることもできるわけですから、月々のノルマを抱える編集者が、人気ブログランキングを参考にするのも当然なのです。

 話はそれましたが、「願望実現」において重要なのは、そのための「基礎体力」です。その「基礎体力」をつけることを私は「準備」と言っています。そして「準備」とはすなわち「行動」のことです。しかしながら、そもそも「願望」そのものがはっきりしない人も少なくないと思います。

 実は最近、コーチングなどで立て続けにそのテーマが出てくるのです。つまり「願望実現」と言っても、「現状打破」には違いないのですが、その先がどうもはっきりしない、と。それに対して、私は次のように考えています。

 それは「願望」を持たない人間は存在しない、と。それも物欲的な願望に限らず、真の意味でその人だけの、その人らしい、そしてその人の天命につながった「願望」を持たない人は、この世に存在しないのです。そしてその「願望」を見つけることができれば、その人の人生は間違いなく加速します。

 私の例で言いますと、私の「願望」は、文章やトークを通して人のお役に立つということです。それはこの1~2年で見つけた本当の「願望」です。そして今、まさにその「願望」につながることができ、見る見るうちに人生が加速しています。それは仕事だけでなく、プライベートにおいてもそう。そして表面的な願望などは、ほぼすべて叶っている状態です。

 では、どうやってその「願望」を見つけることができたのか。それを一言で言うと「好きなことをやり続けた」からに他なりません。この話はかなり深いので、この文章で表現できるかどうか。おそらく誰にでも「好きなこと」はあるはずです。しかし、なぜか多くの人はその「好きなこと」をやらないようにします。

 例えば「魚釣り」が好きだったとします。仕事は普通のサラリーマンで、魚釣りに行けるのは、年に数回。でも、魚釣りの本は買ってるし、ミクシィでは魚釣りのコミュに入ってるし、魚釣りの番組もよく見ます。でも、実際に釣りに行くのは、年に3~4回。でも、本当は行こうと思えば、もっと行けるのです。

 なぜ行かないのか。答えは簡単。仕事があるからです。もっと言えば、魚釣りは仕事に関係ないからです。大人になると、生活していかなければならない宿命が付いてきます。もちろん「好きなこと」が仕事になるほど幸せなことはないですが、最初からそんなわけにもいきません。

 その結果どうなるかと言うと、「仕事に関係ないことは、どんなに好きでも控える」という暗黙のパターンが生まれてしまいます。その結果、「好きなことはなんですか?」と質問しても、答えられない状況が生まれるのです。しかし、そんなことはないのです。その人にとっての「好きなこと」の概念とは「仕事に関係ある」という条件付きのもの。その「条件」を取り払えば、本当はいくらでも「好きなこと」は発見できるはず。

 しかし、そうは言ってもその「条件」はなかなか取り除けません。それもそのはず。私たちの多くは、小さい頃からその「条件づけ」を何重にも積み重ねられてきたのです。

 小さい頃、ウルトラマンが好きだったとします。将来の夢はウルトラマン。しかし、そのうちなぜか親や先生や上級生から、そんなことを言うとバカにされ始めます。そしてウルトラマンになると夢見ることは恥ずかしいことになってしまいます。

 小学生の時の夢はプロ野球選手。野球が好きでたまらないのです。しかし、人には生まれ持っての才能ってのがあります。正直、どんなに努力しても、なれないものはなれません。そのうち限界を感じて、その夢を捨て去ると同時に、野球への関心も薄れてきます。その時に耳にするのが、「お前にはムリ」という周囲の言葉です。

 中学生の時の夢は弁護士になること。テレビで見てカッコよかったから。でも偏差値が足りません。そこで親からは、そんな成績だと弁護士なんかにはなれない、などと言われ、当然、先生や友達からも言われます。だったら、テレビに出る人。生憎、ルックスがいまいちで、そこでも笑われます。

 そして高校の時の夢は、、、いい大学に入って、いい会社に入ること。しかし、結果は2流の大学で、それ相応の会社にしか入れませんでした。給料もそれなりだけど、贅沢できるほどの自由さもない。仕事が楽しいかと言われると、そうでもないけど、さりとて苦痛でもない。本当は自分の好きなことで生活していきたいけど、会社を辞める勇気もなければ、そもそも好きなことがわからない。

 そうやって大人になってきたのだけど、「宇宙となかよし」というブログに出会ってしまった。ま、これは一例ですが、かなり一般性のある一例ではないかと思います。でも、本当は「ウルトラマン」になりたかったのです。私はそうでした。そして今でも「ウルトラマン」になりたいと思っています。しかし、それがメタファーであることくらいはわかるでしょう。

 私は私なりに「ウルトラマン」になりたいのです。ウルトラマンは地球の平和を守る強い男です。人のために役立つ素晴らしい男です。私もウルトラマンのように、人の役に立ちたい。その意味で、私もウルトラマンになりたいのです。私にはスペシウム光線は出ませんが、ブログは書けます。人前で話もできます。今、まさにウルトラマンに向かっています。

 誰もが昔は「好きなこと」をたくさん持っていたのではないでしょうか。カブトムシ、鬼ごっこ、ファミコン、キン肉マン、プロレス、漫画、野球、サッカー、探検ごっこ、などなど。もちろんそれらが生活の糧になることは稀です。なのである時、キン肉マンの消しゴムを親から捨てられ、勉強しろ、勉強しろ、と言われます。

 言い換えると、好きなことをせずに、社会の規範にあったことに専念しろ、と洗脳しているようなもの。もちろん言う側に悪気はありません。でも、良くも悪くも、私たちはそのような洗脳を受けて育っているのです。その結果、「好きなこと」ができない、さらに言うとわからない。そのような状況に至ってしまうのです。

 ここで私が言いたいことは一つ。本当に「好きなこと」をまずはやってみてはどうか、と。仕事、お金、常識、世間体、人間関係、、、そんなものはまずはどっかに置いといて、純粋に「好きなこと」をやってみてはどうでしょうか。魚釣りが好きだったら、年に3~4回と言わず、少なくとも月に2回は行くよう時間を作ること。仕事、、、の誘惑はあるでしょう。でも、本当に好きならできるはず。できないとすれば、そこに無意識のブレーキがあるから。それがさっき言った、仕事、お金、常識、世間体、人間関係、、、その他諸々の規範です。

 私の話をしたいと思います。私の「好きなこと」は旅行です。サラリーマン時代、なんだかんだと年に2回は海外旅行していました。もちろん一人旅。そして2004年から始めた滝行もそう。土日出勤でも、残業が長引いても、とことん滝行をやってきました。そしてブログ。これも仕事で徹夜が続きながらでも、毎日、欠かさず更新し続けてきました。ジャズ。昨日もツタヤでCDを5枚借りてきました。

 まだあると思いますが、私って、、、実は仕事に関係のない「好きなこと」をいろいろやってきたように思います。その結果どうなったか。旅行のおかげで見聞が広がり、友達も増えました。話すネタも多いし、世界の見方も変わりました。滝行は言うに及ばず、私のアイデンティティにもなっています。NHKから取材が来てテレビにも出ました。ブログ。これなくして今の私はありません。ジャズ。実を言うと、私は音楽の才能が全然ありません。でも、ジャズには詳しいです。

 先日、ふと気が付きました。私のトークってジャズやん、、、て。ジャズは基本的にテーマとアドリブの音楽です。独特のリズムがあり、何より音色も奏者の個性として魅力的です。しばしば、私の声はいいと言われますが、それはまさに楽器の音色の如し。どんなテンポでも、次から次へと話が出てくるのは、アドリブの如し。それでいて論理的。ジャズも突き詰めるとすべて理論で説明できます。そう考えると、私が今まで好きでジャズを聴いたり、楽器を触ったりしてきたのも、今の私のスペシウム光線にとっても役にたっているということです。

 つまり、どんなことであれ、自分の「好きなこと」に対して貪欲に続けていると、必ずどこかでつながり、それが仕事にもなるのです。これはまず私個人の強い体験として堂々とお話しできること。旅、滝、ブログ、音楽、その他諸々、私は私なりの「好きなこと」を続けてきたおかげで、本当に自分らしい「願望」に出会うことができたのです。

 「願望実現」の「基礎体力」とは何か。それはまさに「好きなこと」をひたすら続けることなのです。ホ・オポノポノは私には続きません。そんなに好きじゃないから。でも、滝の中で「今日もありがとうございます」と言うのは好き。だから続きます。結局のところ、好きなことしか続かないのです。そして誰もが「好きなこと」を持っているはずなのです。それがわからないのは、よくない意味で「大人」になったからなのかな。生活しなきゃならない、無駄なことに時間や費用を費やせない。そんな思いで。

 でも、誰もが子ども時代はあったはず。今でもその記憶はあるはずです。もちろん今からカブトムシの幼虫を育てろとは言いません。好きならやってもいいですが。でも、自分なりの「ウルトラマン」をピュアな気持ちで求める、いい意味での「子ども」なってもいいじゃないか、と思うのです。

 赤ちゃんは願望実現の達人です。ちびQを見ていて、一歩一歩、身体を起こして「自由」を勝ち取ろうとする姿には感動すら覚えます。そして確実にその願望を叶えています。私たちはそのことを、どこかで覚えているはず。もちろん記憶にはないでしょう。でも、無意識のどこかにそれはあるのです。

 自分は何がやりたいのか。何が好きなのか。子どもに戻った気持ちで、もう一度、始めてみてはどうでしょうか。実はそれによって失うことは何もない。それどころが、もしかすると「本当の自分」に出会えるかもしれません。私はそうでしたから。ありがとうございました。

クリックも「継続」してくださいね~!一日ワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

〇11月22日(日):クイックチェンジ!実践!願望実現セミナー in 沖縄
〇12月13日(日):クイックチェンジ!実践!願望実現セミナー in 札幌

〇12月12日(土):プレ出版記念講演会 in 東京

「早朝談話室」も受付中!

○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterも登録してみました♪ (まだよくわかんない・・・)
Commented by ゆっこここ at 2009-11-17 14:21 x
Qさんこんにちわ。
時間をみては立ち寄らせていただいて
よませていただいてます。
コメントさせていただくのは初めてはもしかしたら二回目です

最近のQさんの文章 リアルがあります。
とても素敵。 
今日の文章は何だかとくに じわあーと涙がでました^^


私も”好き”を大事に 
そして 自分やわが子やお友達や
縁あってかかわれた方に、、、
”善きこと”であろう と自分自身がおもえることを 
大事に続けつつ日々生きてます^^
この自分の人生を楽しみつくしていきたいと。

結果 それが世界とか地球にとっても
何らかの役にたったらうれしいな、と。

ちびQちゃんもかわゆい*^^* ぷくぷくちゃんですね!
Commented at 2009-11-18 12:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katamich at 2009-11-20 17:48
■ゆっこここさん!
良くも悪くも最近、妙に正直になってきた自分です。。。
好きなこと続けるって、、、誰もができること。
やると決めればできること。。。
Commented by katamich at 2009-11-20 17:49
■非公開コメントさん!
とにかく継続ですね。
by katamich | 2009-11-16 23:39 | ■願望実現 | Comments(4)