宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


沖縄の余韻が覚め止まぬままに、やることがいろいろあります。新刊の原稿も進めなければならない。ちょうど7割程度は書いたと思うのですが、読み返してみるととてもいい原稿です。どうぞご期待あれ。そして今日は「インサイト」の5月号の原稿を提出し、頼まれていた文章も終わりました。


4月は前半で一週間の滝行をし、後半はロンドンとマルタ。5月は7日(日)の新潟から長野経由で15日(月)の東京まで自転車。ロンドンから帰ると家庭の用事があってすぐに旅立つので、4月前半で自転車の整備を含む準備が必要だな。

そして6月なんですが、21日(水)~24日(土)の「石垣、西表、新城」の通称パナリツアーはメルマガかLINEで告知と書きましたが、すでに内々で半分(定員18名)が正式申込みされております。口頭でもさらに3~4名は聞いており、今回も早期満席が予想されますので、パナリには是非とも行かれたい方は、直接お問い合わせください。原則として私とお会いしたことがある方に限り!


さて、夕方ごろちょっと押し入れの中の資料を整理していたら、面白いものを発見しました。これです。
b0002156_1510012.jpg


絵と字が下手なのはご愛敬として、2006年にNLP関係のセミナーで書いたスケッチです。当時は会社を辞めて一年半くらいで収入は極めて不安定。「セミナー」なんて概念もなく(始めたのは2007年6月なので)、出版と書いてるけど、実際には夢のまた夢でした。リアリティがまったくないのですよ。それでもブログで文章を書くのは好きだったし、この延長で何らかの出版ができればな~とかは思っていました。もちろん書きたい内容などまったくない状態でして。


自分で「石田久二先生」なんて書いてますが、当時、本を書く人は「先生」だったのです、私にとって。「パーティ」と書いてますが、今なら「出版記念セミナー」ってなるところ、当時は「セミナー」なる概念がなかったわけですからこうしてしまった。パーティとか今さらですが、ま、累計100万部を突破したらやっていいかと思っています。


下にある文章はパーティでのスピーチですが、「10冊目」と言ってるものの、ここは少し及ばず「6冊」となっています。が、雑誌など出版物も合わせると10冊は普通に超えてるかな。そして何より驚きなのが、これを書いた日付。

2006年12月8日」となっていますが、この日の日記を見ると、NLPセミナーの後、現在、群馬県でお医者さんをされている笑文さんの家に行って、「ホウホウ先生の開運ワーク」のシェアとクリスマスプレゼント交換会などしてることがわかります。男子はオレひとりで。なにやってたんだろう。笑文さんとは今でも付き合いがあり、『そらのレコード』の医学監修をしていただきました。


そしてこの10年後の「2016年12月8日」は何をやってるかと言うと、こんなんやってました。




新宿西口で発狂してたんですね。冷静に見ると恥ずかしいけど、それだけ発狂してたわけだ。その二日後は「どんよくTalk Live」なんですが、「私の10年後」からすれば、想像できない境地に立ってることがわかります。10冊が6冊だったり微妙に到達してないこともあるけど、当時は1,000人の前で叫んで、「柏木係長」をやるなどまったく想像できなかった。と言うか、まだ加賀田先生にも会ってなければ、柏木係長の存在もしらなかったわけですから。


そうそう、どんよく以降、やたらと「柏木係長がまた見たい~」と言われるのですが、あのネタは封印しました。が、年に一回くらいは解禁してもいいかと思ってますので、どっかでそんな機会をもうけましょうか。Qさんが年に一回、柏木係長をやる日。


ともかく、こんな感じで大きな舞台で、大勢の前でしゃべり。
b0002156_15114168.jpg


6冊目の新刊『そらのレコード』を始め、それまでの著書も並べ。お友達の本も合わせると10冊は余裕で超えてますじゃん。
b0002156_1511548.jpg


花もある。
b0002156_1512573.jpg


結局、言えることは「書けば叶う!(書け!バカ!NOW!)」であり、10年後のために種をまく気持ちでどんどん書いていればいいのです。リスクのまったくない投資と思って、ガンガン書く。ノートに書き殴り、絵を描いたり、ブログでもいい。とにかく書きまくっていれば、そのうちのどれかは「忘れた頃に叶う」のですから。


10年なんて待てない、、、と言われる人もいるでしょうが、待っても待たなくても生きてる限り10年後は来るんですよ。待てないから書かないなんてのは意味がわからない。もっとも、10年ではなく、5年後とか3年後とか1年後とか一か月後かもしれない。とにかく書いてたらいいですね。「夢リスト」みたいな形でもいいから。ちなみに今日、夢リストに一つ加えました。どうでもいいのを消して、「100.青ヶ島で青酎を飲む」へと変更したのですが。
b0002156_15122778.jpg


昨年4月、青ヶ島に行こうと思ってヘリも予約していたのですが、羽田から八丈島までの飛行機が強風で欠航となり断念。呼ばれてなかったんだろうけど、ここは絶対に行きたい。もしかしたら書いてなかったから行けなかったのかな。ってことは、書いたので行けるでしょう。

そんなわけで、10年前のスケッチを見てビックリしたって話でした。とにかく書きまくろう。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
# by katamich | 2017-03-26 23:39 | ■願望実現
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


福岡に帰ってきました。そして今回の旅ブログも終了しました。本当に素晴らしい3日間、5日間でした。

宇宙元旦!!! 2017.3.20

至高のお礼参り 2017.3.21

来年も来なければならない! 2017.3.22

地上の楽園だと思う 2017.3.23

旅は終わるけど… 2017.3.24



本編はあくまで久高島を中心とした3日間ですが、3日間に参加した人のほとんどがその後も参加すればよかったと言われます。それだけ楽しく、そして仲間たちも最高なんだ。生涯の付き合いに発展する人も多いし、こんな声も聞く。


「よく考えたら、最近、一緒に遊んでる人ってQさんがらみばかりだ~」


きっかけはなんであれ、大人になってからの友達って決して多くはないけど、学校や職場でなく「価値観」をベースに出会った人たちだから、遊んでて楽なんだろうね。これからもそんなきっかけ作りができればと思っています!


2012年から続く6回目の久高島ツアー。2014年からオプションが取り入れられ、その年は宮古島・大神島、2015年は石垣島から新城島への日帰り。2016年、2017年は石垣島から新城島への宿泊。

さて、来年はどうしましょう。そろそろまたオプションを別のにしていいかと思ってるのは、新城島(パナリ)にはそれ単独で行く旅を導入したいから。まずは今年6月末(21日~24日)にやりますので、希望される方はあけておいてくださいね。近日中にLINEとメルマガで一般募集かけますので。内容はこんな感じ。

・21日(水):石垣島の某ホテルに各自チェックイン、石垣一の居酒屋からスタート
・22日(木):西表島、カヤックツアーなどに参加
・23日(金):新城島、シュノーケリング、夜は最高級BBQなど
・24日(土):石垣島に戻って解散


この前後に各自で前泊後泊されてもいいかと。竹富島などは日帰りで行けますしね。オレもそうしようかな。とにかくまあ、新城島(パナリ)なんて滅多に行く場所じゃないし、宿泊するにしても、まずはツアーに参加して、その人を見てからなんて面倒な手続きが必要。だけど、「石田さんが連れてくる人ならOK」ってことになってるので、それに便乗するのはおススメです。一度行ってしまえば、よっぽど嫌われない限りは、次から自分で行けばいいわけですし。

まあ、ちょっとない体験ができることは間違いなし。定員18名で、リピートの希望者さんが数名いらっしゃいますので、ぜひこの機会を逃すことなくお急ぎください。この写真はパナリのビーチにて、右が私で中央付近の赤い帽子の男性が宇宙人ぱぴぃです。
b0002156_17361434.jpg


と言うわけで、沖縄ツアーは最高にて終了しまして、来月は「ロンドン&マルタ」が待っている。2月はインドで毎月どっか行ってまして、遊んでばかりのようだけど、「遊んでばかりの人生」を自分で許可したからこそこんな現実がやってくるわけで。真面目に生きる必要なんてないし、やりたい放題でいいんじゃないですか。やりたい放題が嫌ならそれはそれでいいけど、私的には「やりたい放題」で生きていきますので、ま、そこは自由ですね。


そんなこんな、さっそく福岡では月イチのセミナー。新年度を迎えるにあたって、スタートダッシュを切りたい人はぜひご参加ください!

■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~


そして大阪では久々に「宇宙となかよし塾」のプラスバージョンで懇親会は「肉まんアトム」です!どうやらアトムさんは「腸が躍る幸せカレー」に着手するようで、当日に間に合うかわかりませんが、『そらのレコード』に書いた「カレー屋アトム」が実現してしまうのか?!
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~


ちなみに『そらのレコード』に書いたことはいくつか実現していますね。島﨑さんって登場人物がアトムさんに対しどうとかとか(笑)。なんかさあ、書いたことってやっぱり実現するんだなって。だから、書こう。「肉まんアトム」の「夢なにノート」にも願いを書こう。さらにそこで話したことは「叶う」のですから、4月1日はぜひVIP席でお待ちしています!

いよいよ4月ですね。花粉もなくなったし、本格的に楽しい季節が始まりました。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
# by katamich | 2017-03-25 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


沖縄最後の朝。東の海岸まで朝日を見にやってくるも、生憎の曇り空。それでもしっかり朝日のエネルギーを浴びることがができました。
b0002156_9425570.jpg


向うには山羊の大群がいるのです。飼われている山羊もいるけど、大半は野生のヤギ。そう言えば昨日、人魚神社に行ったとき、鳥居の入口に子山羊の死骸がありました。自然に分解されている最中だったけど、これは普通に生贄だろうとのこと。自然のエネルギー循環の中で、今でもこうやって自然の力による生贄はあるのかな。やはり神秘的な島であることは間違いないようだ。
b0002156_9505223.jpg


宿に戻りまして、めいめい朝食をとったり自由時間。朝からビールを飲むのは今日までだ。泡盛もいただいた。
b0002156_951775.jpg


仕事をするりょうちゃん(了戒さん)。妙にはかどったそうだ。
b0002156_9511667.jpg


出発前に集合写真。今回のツアーは恩納村で24名、久高島で3名プラスされて27名。オプションのパナリで14名となり、最後は12名で終結しました。
b0002156_9512993.jpg


10時に港に行く。何度も言うけど、6月末にまたやってくる。ちょうど梅雨明け後で台風が来る前の一番いい時期をすでに予約した。6月21日(水)~24日(土)で、石垣、西表、新城だ。
b0002156_9522369.jpg


ぱぴぃが軽トラで荷物を運んでくれた。この軽トラは道交法上の車両ではないので、車検も保険もかけられない、すべては自己責任で。おおらかな島だ。
b0002156_9523564.jpg


フェリーで石垣島に到着し解散。その辺でランチの八重山そばを食べて、タクシーで空港へ。買物などして、いろいろ語りながら、那覇行きの飛行機へ。那覇で二時間ほどトランジットなのでラウンジで小作業。ちょっと混みあっていた。無料ビールに「大東寿司」なるものを食しながら旅を振り返る。
b0002156_9525479.jpg


そして福岡に戻ってきました。いつも思うことがある。

「もう、これ以上のツアーをすることは不可能だな」

そして毎回毎回、この期待は裏切られる。昨年の久高島ではコズモクダカの結成など、心躍るようなことがたくさんあった。そして今年は出発前にいろんなことがあった。正直、いつもよりは気分が乗っていなかった自分もいた。しかし、行ってみてやはりすべて最高だった。久高島の夜、コズモクダカの「久高~QUDAKA」を苗さんに聞いていただいてるとき、すべてが終わってすべてが始まった気がした。「新生コズモクダカ」もスタートなので、オレは詞を書かなきゃ。

そうそう、新曲なんだけどね、昨年は久高島のイメージで「久高~QUDAKA」を書いたけど、今年はパナリのイメージで一曲書く。ただし、歌詞の中にはパナリとか特定の名称は入れずに、あの島の雰囲気を歌詞にしたいと思って。曲はすでにあるのでね。


ともかくも、今年もまた久高、パナリと最高のツアーになった。史上最高も間違いない。だけど、きっとまた次のツアーが「最高」になるんだろうな。旅は終わったけど、また新たな旅、そして人生のスタートだ!

来月は「ロンドン&マルタ」に行き、5月は新潟から長野経由で東京まで自転車。6月は「石垣・西表・新城」のツアーが決定した。これからもどんどん面白いことやっていきます。そして本も書かなとねってこと。3月中にやることいろいろあるので頑張ります。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
# by katamich | 2017-03-24 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


いよいよパナリ(新城島)に上陸です。東横インから1キロほど歩き、石垣港へ。
b0002156_1858517.jpg


港でぱぴぃと再会し、売店でいろいろ買物し上陸。船内では寝ていたようだ。そしてパナリに上陸。ちょっと風は強いけどいい天気。今回もだけど、天気予報ではずっと雨だったのが、見事に、オセロのように晴れにひっくり返り、またしてもQさん晴れ男伝説を更新してしまった。荷物を降ろし、さっそく島内散策。ぱぴぃよりいろんなご説明を受けます。
b0002156_18591068.jpg


ちょっとした高台から周囲の海と島々を眺める。
b0002156_18593539.jpg


天然のパパイヤ。この島はすべてが天然。農薬もなく、ハブもいなくて、とても安全な島。ノニ、アダン、薬草も自生しており、夏にはヤシガニも捕獲できる。もちろん食用だ。
b0002156_18594661.jpg


美しいビーチ。シュノーケリングするにはちょっと波が高かったので今年は断念。いや、実は6月にお預けだ。
b0002156_190340.jpg


まるでジャングルなんだけど、これはアダンの実。知らないとパイナップルを間違う人がいるけど、これも一応、実はサトウキビのようにかじって食べることはできる。ほんのり甘く、過食部分は多くはない。沖縄料理店では実ではなく、茎の方を煮込んで食べる。タケノコのような触感で美味い。昨日も食べた。
b0002156_1903056.jpg


もう一つの高台に。
b0002156_1905618.jpg


ぱぴぃがどこやら指さしている。
b0002156_1911089.jpg


パナリは神社がとても多い。小さな島にしてはその密度は沖縄一かもしれない。そしてもちろん入ってはダメだ。
b0002156_1921259.jpg


ちょっとしたプライベートビーチのような場所。昼からここでちょっと泳ぐ。記念撮影だ。
b0002156_1924337.jpg


小一時間ほど島内散策をして、宿に戻る。
b0002156_1931461.jpg


ランチの弁当を食べてまったりと。すでにビールや泡盛もいただいた。
b0002156_1932962.jpg


島の南のビーチからは下地島が見える。そこまで行くのだけど、軽トラの荷台に乗っけてもらう。見ての通りナンバーもない。さて、法治国家でこれは大丈夫なのだろうか。一応聞いてみたところ、この島は全体が私有地で道交法の適用外だとか。本当だろうか。車もナンバーがないのは、道交法上の車両ではなく、何ものでもない何かなんだとか。

島民が3人、交番も警察署もない。昔はこんな島もたくさんあったようだけど、今ではさすがの沖縄利離島と言えど、ここくらいだろう。ま、厳密にはグレーゾーンだろうけど、当然、警察も知らぬはずはないし、ま、いいかと言うしかないね。
b0002156_1934225.jpg


オレたちは1.5キロほどを歩いて行く。
b0002156_1941564.jpg


着いた。あれが下地島だ。牧場があるのみで、住民票上は無人島。牧場の管理人がかろうじて一名、住んでいるとか。いつか渡ってみたいものです。
b0002156_1943389.jpg


うん。焼けた。
b0002156_195769.jpg


みんなだ。
b0002156_1953290.jpg


この後は数人が泳ぎに行きましたが、女子の水着姿を写真に撮るわけにもいかず、私も腰まで浸かる程度で退散。6月ががっつりシュノーケリングしますよ。そろそろBBQの準備に入ろう。片手にドリンクを持つのはデフォルトだね。
b0002156_196073.jpg


と、その前に薄井親子がいち早く石垣島に帰るのであります。今回は最初から最後まで、薄井先生は娘さんを連れて参加されました。何か感じることがあったのでしょうし、そのところどころでの発言は聞き逃せないものがありました。

娘のユリアちゃんは4月から高校3年生。親子、すごく良く似ておりまして、それは顔の形ではなく、雰囲気と言うと、神秘的なところと言うか、仕草から完全に親子でありました。ユリアちゃんはどちらかと言うとクールで雰囲気で、薄井先生も18歳のときはこんな感じだったのかな~と思われる。ユリアちゃんと別れ際、こう言われた。

「卒業旅行でパナリに来たいです」

まあ、周りは全員30歳以上だし、話なんか合うはずもない。もちろんそれなりに話はしたけどね、同級生と話すような感じではないだろう。お互いに気をつかう部分もあったろうし、どうだったのかな~と気にはしていましたが、最後の一言ですべてOKとなりました。

そうか、パナリは気に入ったようだし、今回のツアーもそれなりに楽しみ、感じる部分もあったんだろうな。特にパナリなんて、アクティビティーはゼロだし、そもそも観光の島ではない。宿泊施設もないし、船の定期便もない。すべてがチャーター。でも、そんな島だからこそ気に入ったのかもしれない。

正直、恩納村はオレも好きだし、テンション上がるけど、観光のための村でありそれ以上でも以下でもない。ある意味、作られたスペースだ。それに対して、パナリはそのほとんどが「自然」のもの。住む人がいる以上、民家もあるし、防災施設もある。かつては小中学校もあった。けど、観光客を楽しませるようなものは何一つないし、上陸するにも許可がいる。そんな不自由な島だからこその魅力があり、ユリアちゃんはしっかりと受け取ったんだろうな。

少なくとも、こんな経験は普通の高校生はしないだろう。母親と一緒とは言え、得体のしれない人たちの集まりで、行く場所もマニアックそのもの。沖縄旅行って、恩納村に泊まって、万座毛に水族館に平和祈念館で終わる。むしろ、そこらに行かずにしてどこに行くのだろう。ダイビングをするとかなら別として。

石垣島だってそうだ。離島に行くにも、普通は竹富島とか西表島であって、ちょっと珍しいところで黒島か小浜島だろう。新城島(パナリ)なんて沖縄はおろか、石垣島の人だって行かないでしょう。タクシーの年配の運ちゃんは昨年そう言っていた。

来年の卒業旅行でもぜひ行って欲しい。同級生たちと思う存分に楽しんで欲しい。BBQもして欲しい。そしてもっともっとパナリを好きになって欲しいね。そして、ママとつるんでいたQさんって人のことも覚えていて欲しいね。
b0002156_198126.jpg


また、ちょくちょく会うだろうけど、こうやって別れるのはちょっと寂しいよね。左から、みゆきち、由美ちゃん、理恵ちゃん。
b0002156_1982883.jpg


で、BBQタイムに。今回は買い出しから料理までたまごちゃんが活躍していた。
b0002156_1992525.jpg


これが絶品の美崎牛だ。ちょっと焼くだけで、下の上でとろけるような甘い触感の味わい。誰もが今まで食べた肉の中で最高だと言うけど、この場も関係してるんだろうな。そりゃそうだ。オレたちだけの貸切の島で、何もない、ただ自然なだけの島で食う肉が美味くないはずがない。

最近、静かにブームになっているらしい長命草がその辺に雑草のように生えていて、それと一緒に食べると脂っぽさも中和され、いくらでも食べられるのだ。このBBQだけでもパナリに来る価値があるってんだ。
b0002156_1995711.jpg


言葉にならないよね。
b0002156_19101272.jpg


これは一週間前に潰した山羊肉。独特の香りがあるので、苦手な人は苦手だろうが、オレはまったく大丈夫。海外に行くと羊を食べることが多いけど、羊をさらに濃くしたような味。沖縄では山羊汁にして食べるのが一般的だけど、焼いて食べても美味い。横にあるノニも自然に生えてるやつで、ぱぴぃは自前で100%のノニジュースを作って、毎日飲んでいるのだと。そりゃ健康なはずだ。
b0002156_1910339.jpg


かなり食べて飲んだのだけど、まだ日は明るい。夕陽の時間になったので、港まで見に行く。青春だなあ。叫ぶしかないよね。
b0002156_19113077.jpg


再び戻ってまた飲み食い。ビールもワインも泡盛もかなりあけましたね。ぱぴぃが手製の古酒(くーすー)をふるまってくれまして、これがまた絶品でございました。幸せ以外の言葉が思い浮かばないね。
b0002156_1915641.jpg


このグループはミュージシャンが多いこともあり、自然な流れで歌も。ぱぴぃがまた上手い。「芭蕉布」って歌は知らなかったけどジーンときた。コズモクダカの歌も歌ったね。新曲の作詞も早くしないと。そして動画でお見せできなのが残念ですが、「はいさいおじさん」で盛り上がりはピークに!どんなに騒いでも苦情が来ないのも魅力だ。だって、他に観光客も住民もいないのだから。
b0002156_2123872.jpg


みんなで一緒にお布団を敷きましょう。大部屋では女子が布団を10枚並べての雑魚寝。男子は二人なので、プレハブでベッドと床に。布団をかぶせられているのはぱぴぃらしい。
b0002156_19115463.jpg


今回、いろいろわかったことがあります。今回のメインである久高島と新城島。どちらも「神の島」と呼ばれるのだけど、その性格はまったく反対。久高島は祈りの島であり、凛とした荘厳な空気を感じさせるのに対し、新城島(パナリ)は陽気でゆるやか。笑いに満ちている。同じ「神の島」でも、久高島が「祈りの島」であれば、新城島は「笑いの島」だろうな。この島でどんだけ笑ったろうか。そして身体が完全に緩む。

薄井先生が言われるには、ぱぴぃはどう見ても宇宙人だとのこと。それは苗さんも同じだろうけど、久高の神様が苗さんに姿を借りているように、パナリの神様は間違いなくぱぴぃに宿っている。パナリは昔から一部にはとても有名で、それは石原慎太郎の『秘祭』って小説のイメージが強い。私が聞いたパナリのイメージも『秘祭』のままでして、だけど行ってみるとまったく逆であることがわかる。『秘祭』で描かれるのは、排他的で暴力的でおどろおどろしい。年に数回お祭りがあるのだけど、中でも「豊年祭」なる祭りは八重山諸島ではどこでも見られるものながら、新城島のそれは特に神秘性が強いらしい。

ジャーナリストが豊年祭にこっそり侵入したところを、島の人が見つけて殴り殺されたなる噂もある。警察も島の行事には口出しができず、闇に葬られる、、、なんて話を聞いたけど、もちろんまったくのデタラメ。そもそもは豊年祭だってオープンな祭りだったけど、一部のマナーの悪い観光客のせいで慎重になっただけのこと。今も島民の紹介があれば見学できるそうで(なのでオレは見学できる)、言われているほどに排他的ではない。

それよりむしろとことんまで陽気で明るく笑いが絶えないのがパナリの神様。こんどまたパナリに行ったら、島に入った瞬間、笑い転げてしまうのではと思うほど。つまり、神様にもいろんな神様がいるわけで、パナリはとても陽気な神様だってことだ。だからこそ、より敬意をもって島と接したいのです。これからも今のままのパナリにありますよう。そして久高島と同じく、これからも何度も何度も行くことになると思います。文字通り、地上の楽園だけに。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
# by katamich | 2017-03-23 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨日は比較的早くに寝たので、と言うか、疲れすぎて寝たのをあまり覚えていない。日の出時間にイシキ浜に。そう言えば昨日、苗さんから興味深い話を聞きました。2,3年前、どっかの宗教団体が何かの道具をこの浜に埋めたそうです。一種のマーキングなのか、ご利益狙いなのかわかりませんが、それが昨年、大きな波で丸ごとさらわれたとか。確かに昨年は砂浜がえぐられていましたが、今年はきちんと戻ってきたようです。

苗さんが言うに、久高島は世界の平和を祈る場所。私利私欲なお願いも、少しはいいけども、教団とか集団がらみになると嫌がるそうです。久高島に限らず、沖縄の島も、また神社やパワースポットのような場所もそうだと思うのですが、やはりその場に敬意のない勝手なふるまいは慎むべきなのでしょう。

久高島には久高島の古来からの祭事があり、そのことへの敬意や思慮もなく、踊りや儀式などもご法度。その辺は思った以上に厳しいようで、久高島に限らず最低限のマナーやルールは大切なのです。
b0002156_17203391.jpg


朝日が出てきました。苗さんが言うのには、この場で朝日を浴びると才能が開花します。確かにそうかもしれない。久高島に来てから、やりたいことが出てきたり、天職、天命に出会った人は私の知る限りでも少なくない。私にとっても今年はスタートの年だし、どんどん私を使ってほしいのです。
b0002156_17194449.jpg


宿に戻って朝食。そしてフェリーの時間まで散歩します。
b0002156_1721919.jpg


目的地はここです。「大里家(うぷらとぅ)」と呼ばれる遥拝所で、私にとっても重要な場所。昨日の苗さんお話会で、極めて興味深い話を聞きました。「大里家」は五穀豊穣の神様が祭られていることから、生活とか仕事とか、さらには縁結び、出産を祈願して訪れる人が多いとか。実際、この場で記帳をしてお祈りをすると、いろんな奇跡が起こるとの談。

苗さんには息子さんがいて、そのお嫁さんがなかなか子宝に恵まれない。ある日、「これくらいはお願いしてもいいだろう」と思い、お孫さんのお願いをした。すると、前方から光の玉が飛んできた。それをスッとよけた。別の日にまたお願いに行ったところ、この光の玉はよけてはいけないと感づいたようで、再び光の玉が飛んできたのを、今度は正面から受けとめた。間もなくお孫さんが宿った。

この話を聞いてビックリしました。私の二年前、この大里家で何気なく、何を願うともなく座っていたら、突然、目の前に「光の玉」が現れ、こんなことを言ってきた。

「おまえに命をやろう」

この話はいろんなとろでしてますし、『そらのレコード』にもエピソードとして挟んでいます。けども、苗さんからこんな話を聞いたのは初めてです。その二日後、福岡の家に戻ると三男が宿っていることを告げられ、その9か月後に「紘高」が産まれました。

奇しくもなんですが、次男は「卓久」で、三男は「紘高」で、並べると「久高」が出てくるのを知ったは、二人を命名してからずっと後のこと。やっぱりご縁があるのだろう、この島には。

それにしても、そうだったのか。苗さんにも「光の玉」が現れていたのか。やっぱり何かあるのかもしれない、ここには。
b0002156_17231235.jpg


久高島一番の景勝地。ここも思い出深いのは、結婚式のエンドロールのオープニングの写真に置いたのです。
b0002156_1721577.jpg


久高島交流会館には私の本がコンプリートしています。今年も1冊以上は出しますので、また来年、お礼参りにやってきて、7冊目、8冊目を加えなければなりません。なので、来年も間違いなくやってきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
b0002156_17232431.jpg


港で全体写真。なんとこの中の一名は、どうしても久高島に残りたくて二時間後のフェリーに切り替えました。それだけ素敵な島。気持ちはよくわかります。私もできるだけ長く長くいたいのだから。
b0002156_1728316.jpg


安座真港に着き、無事に国際通りのレンタカーオフィスに到着。これにて本編の「久高島ツアー」は終了。ちょっと時間があったので、ハンバーガーとビールでランチに。
b0002156_17285494.jpg


そして那覇空港に移動し、いよいよ後半に突入します。2時55分のフライトで石垣島へ。到着してタクシーで市街地に移動。私は新城島(パナリ)のお世話の方とBBQの買い出しに出かけます。そう、パナリと言えばこの方、ぱぴぃです。
b0002156_1729983.jpg


一通り買物を終え、本日の居酒屋で降ろしてもらいます。ここは「石垣島一の居酒屋」と知られ、私も来るのは三回目。とにかく魚が美味いのです。
b0002156_17321250.jpg


こちらはマース煮(塩煮)。とにかく楽しかったねえ。飲んで食って騒いで。病みつきになるね。
b0002156_17322767.jpg


この後はブラブラ歩いて、A&Wでルートビアフロートを飲みます。他の方はアイスとかいろいろ。さらにメンバー3名は島唄居酒屋に繰り出されましたが、私らはそのままホテルに戻ってバタンんです。めちゃめちゃ楽しかったそうなんで、次回は行きたいな。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
# by katamich | 2017-03-22 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン