宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2017年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

5月も最後の週に入りました。来月の今頃は「2017年も半分だ~」とか言ってるんでしょう。最近、近所に「コメダ」ができまして、モーニングをいただきながらブログ更新、その他。おっと、LINE@の配信を忘れていて、サクサクっと音声を吹き込み配信。今日はまた願望実現について語り、たとえば月収100万円を題材に。


7月末の新刊の第二章にも書いたのですが、「願望実現」っていくつかの次元にまたがって達成されるもの。どっかで書いたと思いますが、整理します。


0次元:点 ⇒存在
1次元:直線⇒自我
2次元:平面⇒認識
3次元:立体⇒現実


0次元はただ「存在」だけがあって、良いも悪いもない、いわゆる「空(くう)」の世界。そこに1次元の「自我」が芽生え、自分と他人を区別したりする。その区別が多様になると2次元の「認識」へと広がり、それを設計図として3次元の「現実」が作られる。


願望実現とは2次元の「認識」を変えることであり、たとえば「できない」を「できる」へ変えることであり、月収100万円を認識の中に入れることだったりする。認識が変わると、そのまんま現実が変わるので、そこで願望実現となる。


では、どうすればその「認識=設計図」を変えることができるのか。たとえばアファメーションもあります、ビジョンボードもあります、紙に書くもあります。繰り返し、またはインパクトをもってごそっと認識を変えると、それで完了。しかし、現実はそう簡単ではありません。まず、アファメーションが続かない、ビジョンボードも長く飾っていられない。なぜなら元々の認識そのものが、新たな認識を強烈に抑止しようと働いているから。


普通に考えて、「できない」を「できる」に変えろと言われても、そんなに簡単じゃないでしょう。では、どうすれば認識を変えて願望実現できるのか。それは「できない⇔できる」の葛藤を乗り越えること。つまり、メタレベル、次元を上げて考えるのです。


そこで2次元、3次元を超えて「4次元」から認識・現実を変えるのですが、


4次元:時間


なので、実際に達成した未来でワープして考えてみる。たとえばこんな質問。


「もし、それが実現されたら、どんな気持ち?/これからどうなる?/どんなことが起こっていた?」


時間軸を先に延ばし、未来から認識を変えるのです。月収100万円ならば、、、


1.どんな気持ち? ⇒ 安心感があり、ワクワクする

2.これからどうなる? ⇒ 好きなものが買えたり、行きたいところに行けたり、人生の自由度が増す

3.どんなことが起こっていた? ⇒ 3つの収入源から30万~40万円の売り上げがあった



などと、空想でも、妄想でもいいので、達成された未来から現実を見るのです。すると、単なる「できない⇔できる」の葛藤に翻弄されるのではなく、新たな視点が生まれるはず。新たな視点が生まれると、そのまま新たな認識へと発展します。


これは願望実現だけでなく、悩みを消すのにも有効で、今日のライン@ではそんな話をしました。来週は4次元から「5次元」の話に進みますので、どうぞお楽しみに。月収100万円など簡単ですから。

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」


ところで、2017年、私の周辺、そして周辺の人たちが大きく変わりつつあります。ものすごい勢いでして、日々、いったいどうなってるんだ~と叫んで生きています。特に昨年末の「どんよくTalk Live」以降、離れる人もいれば、新たなご縁となる人もいるし、人間関係から状況からどんどん変わっていて怖いほど。2017年って、そんな一年なんだな~と今の段階で確定しています。


私自身の大きなことと言えば、8月頭に10年間住んだ今の賃貸マンションを出て、新築の戸建て住宅に引っ越します。大前研一さんはこんな言葉を残しています。


人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える。二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える。この三つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。


激しく共感でして、この半年で「付き合う人」はどんどん変わっているし、「住む場所」もついに変わる。「時間配分」もおのずと変わっているから、どう考えても変化の大きな一年になるのだ。引っ越しの直前に新刊が出るし、その1か月後は自転車で韓国に行っている。「夢かな心理学」もこれからどんどん展開するのだけど、まずは6月15日(木)の夜に正式な入門講座を開きたいと思っています。

その翌週は石垣島・西表島・新城島(キャンセル出ました)に行くのだけど、特に新城島(パナリ)は「選ばれた人」しか行けない楽園だけに、また新たな化学変化が楽しみだ。勝手に島に入ることは許されず、特別な許可がないと宿泊もできない。そんな島に泊まるのですが、どうなっちゃっても知らないよ。けど、どんどん良くなることだけは変わらない。
b0002156_172147.jpg


それにしてもビックリしたなあ。あの人、見事なカミングアウトで、12年前からの知り合いで大阪でパワースポットの飲食店を経営してると言えばすぐにわかるでしょう。ブログに書いちゃいましたね(あえてリンクはしません)。だけど、あの人もこれからどんどん変わっていくのだろう。「今年はめちゃくちゃやる、パンク精神でいく!」とか年始に言ってましたが、これから制限が外れてとんでもない領域に行くんだろうな。ブログにはぼんやりしか書かれていませんが、私は昼に直接お話したのでよく分かります。文字通り、新たな次元に突入するようで。


そんな感じで、私の周辺、大きく、どんどん変わってきます。年末にはどんな状態になっていることやら。ちょっと怖くはありますが、それ以上に楽しみですね。そんなとこで。ありがとうございました。


---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-05-29 23:39 | ■願望実現
7月末発売予定の新刊の原稿をリライトし、本日、夜に編集者さんに提出しました。ここから具体的な作業に入り、しばらくは忙しい日々が続くでしょう。内容は願望実現や引き寄せ系になると思いますが、書きながら、いろいろ思うことが出てきました。


今日はいわゆる「引き寄せ系」をdisりたいと思います。以前、私が何かに参加したとき、誰かに会ったようで、それらしき人から「Qさんを引き寄せた!」と書かれたことがあります。それを見て、「ん?」と思いました。オレはこの人に引き寄せられたのか、と。今となっては何に参加したのかさえ覚えておらず、ただ、その一文に強烈な違和感があったのは残っています。だって、その人のこととかまったく関係なく、私の意思で参加したと思ってたから。いや、完全に私の意思でしょ。その人の「引き寄せ力」で参加したんじゃないと思うけどな~。


それ以外にもやたらと「~を引き寄せた!」と書いたり、しゃべったりする人いますが、観察するところ、そんな人に限って大したもんを引き寄せてない気もする。一時期、頻繁に目にした引き寄せ系としては「happyちゃんを引き寄せた!」なる文言。確かにhappyちゃんは面白いし、すごいところがあるとは思うけど、普通に生活しているだけで、彼女はいったいどんだけの人から「引き寄せられた」のだろうか。そもそも会いに行こうと思えば会えるものを、引き寄せたもないだろうと思うのですよ。


「引き寄せの法則」とは「ザ・シークレット」の翻訳者の一人である山川紘矢さんも言われてましたが、楽して願いを叶える(引き寄せる)ためのテクニックではなく、「世界はすべて自分が引き寄せたものだ」との真実を伝えるものなんです。良いことも、悪いことも、すべては自分が引き寄せたんだ。もっと言うと、自分の「感覚」がそのまま「世界」に反映しているということ。


あと、「~を引き寄せた!」ってやたら言う人の特徴って、「感謝が足りない」とも思うのです。たとえば一冊の本を出したとして、それをして「出版を引き寄せた」と書きたくなる気持ちはわかるけど、そのためには出版社、編集者、校正、デザイン、そして多くの読者さんなど、たくさんのたくさんの手やご縁があって実現するもので、自分の「引き寄せ力」だけでは決してない。もちろん本人にとってはあらゆることを含めて、世界を引き寄せたことになるのも事実だけど、わざわざ「書く」ほどのことでもない。


そしてもう一度言うけど、「~を引き寄せた!」とやたら言う人に限って、大したものを引き寄せていない。Qさんやhappyちゃんが会ったくらいの話で、そんなのを人生にメインにすることもないわけで。
b0002156_1234723.jpg


一方で、いわゆる「大したもの」を引き寄せた人はどんなマインドにあるか。常に「お陰様」を意識して生きている。引き寄せるぞ~とメソッドを頑張るのでもなく、ただ淡々と目の前のことを積み重ねているだけ。そこに多くの支援者やご縁が集まり、時には「奇跡」と呼べるような大きな出来事が起こる。そのとき、決して「引き寄せた~!」とは言わず、「お陰様で~」と言う。


「お陰様」の「陰」とは、神仏など目に見えない偉大な存在を意味し、つまりは常に神様や宇宙を意識し、信頼したあり方を言う。そんな「お蔭様」に好かれる生き方とは、日々感謝し、与えられた仕事を淡々とこなすようなあり方。毎日ブログを書くでもいいですし、毎日人と会う、ルーティンをこなす、研究を一歩進める、トレーニングをする、いろんな積み重ねがあって、そこに「奇跡」が起こる。


その時に「引き寄せた」と言うか、「お陰様」と言うか、そこに人生観が出てくるわけです。引き寄せを頑張るのではなく、目の前のことを淡々と具体的に片付けながら、常に「お陰様(神仏、宇宙・・・)」に感謝して生きること。それが本当の意味で人生を豊かにし、望み通りの現実を「引き寄せる」秘訣なのです。


そんなことを自分の原稿読みながら感じたのであります。自戒を込めて。精進させていただきます。ありがとうございました。


---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-05-28 23:39 | ■人生哲学
今日は長男ちびQの8歳の誕生日でした。8年前はこれ。
b0002156_1015492.jpg


それがこうなりました。
b0002156_10151481.jpg


誕生日には回転寿司に行きたいと言ってたのですが、次男は口内炎、三男は腕白ってことで、お父さんと二人でもいいから行きたいってことで。サーモン、いくら、ハンバーグ、鉄火巻、パイナップルなどを食べていました。


産まれた当初、こんな小さいのが大きくなったらどうなるだろう、とか思っていましたが、8歳になってもぜんぜん可愛いですね。一説によると、20歳になっても、30歳になっても、我が子は可愛いものだそうです。そんな日がいつか来るのだろう。


三男は今1歳ですが、20歳になる頃には私は60歳を過ぎています。その頃もきっと滝行をして自転車に乗ってブログを書いて生活してるんだろうな。本もたくさん書いて。でも世の中は今とまったく違ったものになっているだろう。


なくなる仕事もあれば、新しく生まれる仕事もある。10年前は「ユーチューバー」なんて存在、まったく想像できなかったけど、「ブロガー」からの「セミナー講師」もそうだ。民泊のAirbnbや、合法白タク?のUBERなど「個人」がサービスを提供する流れは加速している。それまで組織(企業)が担ってきた取引費用の削減をネットが代替できるようになってからだろう。ユーチューバーはテレビを打撃し、ブロガーは記者・ライターを打撃する。これからも「個人+ネット」の傾向は拡大するのかなあ。


そう言えば10年前、私がセミナーを始めて東京に行き出したころ、飛行機のチケットは旅行代理店に電話して手配していたけど、すぐにネットだけになったし、となると手数料を稼ぐだけの代理店は完全に淘汰される。翻訳・通訳だって確実に縮小するって話をこないだ聞いたばかりだ。本業の人から。ネットやAIはどこまでプロを淘汰するのか。


一方で今日、薄井先生が歌う「久高」がデータで届いたのだけど、それを聞いてめちゃ感動してしまい、こんなのはネットでもAIでも無理だろうな、とか思った。芸術や文学の世界はまだまだ健在だろうし、今後はより重要視されることだろう。


ただ、古代ローマのように、嫌なことは奴隷(ネット)にさせて、自分たちは飲んで食って歌ってだと、いずれその文明は滅びてしまう。常に自己研さんは必要なんだろう。意外と滝行みたいなのがブームになったりして。人間の営みは精神を高める方向に先鋭化するのかもしれない。いずれにせよ、時代はどんどん進む。10年後、20年が楽しみだ。



昨日、プライベートな話ですが、35年ローンが通ったとの知らせを受けました。ひょんなことから4月に「中古マンション」で進めてたのが、契約前日に撤回。ヨメさんの体調がまったく回復せず、強烈なブレーキを感じて直感に従って撤回したのだけど、その同時期、私はロンドンでアマゾンアカウントが乗っ取られたことを知る。やっぱり、何かあったのだろう。


5月に入り、ロンドンから帰った翌日、チラシに入っていた近所の建売住宅の説明会に行ったのだけど、そこでまた直感して進めることに。あれよあれよと話がまとまり、このまま予定では7月末に完成、8月頭に引っ越しへと進みます。


35年ローンなんて気が遠くなるし、もちろん40代で完済はしますが、35年後は私は80歳だったり、長男は今の私と同じ年齢になっている。だけど、いずれその時はくる。世の中も進むし、人生も進んでいく。どんどんいい波に乗っていきたいね。そんなとこでまた明日。ありがとうございました。


---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-05-27 23:39 | ■時事問題
そろそろカミングアウトしましょう。このブログを読んでみてください。


【警報】コレは始まりにすぎない。Amazonの出店者のアカウント乗っとりは他人事ではなく、次はあなたかも。
 
 
実は私、一か月ほど前にニュースで話題になっていた「Amazonマーケットプレイス乗っ取り事件」の被害者になって、このブログの「Iさん」とは私のこと。永江さんのブログに画像を提供したのも私で、何と私はアマゾンから「約250万円」の請求がきていたのです。
b0002156_11495760.jpg


まず不正業者がアカウントを乗っ取り、マーケットプレイスで4万点ほど自動的に出品。価格の安さからか、すぐに1,000件ほど注文がはいり、数時間後にアマゾンが異変を感じて自動的にアカウント凍結。もちろん商品はないのですが、注文が入ると支払いが発生し、それらは当然、返金される。購入者からの支払いは不正業者に、返金の負担はアマゾンが肩代わりして、私に請求って流れです。


もちろん不正によって発生した費用を私が払う必要はなく、アマゾンのカスタマーセンターからも「すべて放置してください」と言われていました。この件についてはいろいろ不審なところがありまして、4月25日に乗っ取り、出品、1,000件の注文となったのですが、翌日の26日には業者への支払いが発生しているのです。通常、注文を受けてから2週間後の支払いとなるし、銀行口座を変更してから3日後に有効になるところ、いずれも作動せず。


アマゾンのプログラム上で「2週間後の支払い、口座変更3日後の有効」なるルールがあったのに、いずれも破られている。アカウントの乗っ取りはそんなに難しいことじゃなく、2段階認証をしていなければ「メールアドレス+パスワード」で簡単に入れます。もちろん今はほとんどすべてのアカウントに2段階認証をしました。これを読んでる人で「2段階認証って何?」とか思った人はかなりヤバいのですぐにやってください。


アカウント乗っ取り自体はそのように難しいことじゃないのですが、アマゾンのシステムが変わるってのは、ハッカーの仕業かもしれません。そうであるなら、アマゾンのシステムはめちゃくちゃ脆弱。それに対してグーグルは強いらしい。生活のほとんどをグーグルに紐づけている人は少なくないと思いますが、それはじつはめちゃくちゃ危険でありながら、だからこそグーグルはセキュリティの強化に力を入れているのでしょうか。ただ、それも絶対に信頼できることじゃないので、「アドレス+パスワードの使い回しを止める」のと「2段階認証」は絶対にやっておきましょう。


ともあれ、そんな大変なことがロンドンにいる間に発生し、帰国後、対応に追われます。結果的には被害としては「時間ロス」くらいで、費用的な実害があったわけではありません。カスタマーセンターへの電話もすべてアマゾン持ちですし。


実際、カスタマーセンターには何度か電話したのですが、そこはあくまで窓口に過ぎず、肝心なことがわかりません。「担当部署に報告の上、対応します」の一点張りで、担当部署につなげと言っても、それはできないと。面白かったのが、そのカスタマーセンターの対応。普通は淡々と事務的に処理するところですが、ある担当はついにこう言いました。


「もう、マスコミにでもなんでも言ってください!社会的な問題にでもしないとアマゾンは変わらない!」


一瞬、耳を疑いましたが、これがアマゾンの実情なんしょう。ブラック企業と言われて久しいですが、末端社員は相当疲弊しているようです。カスタマーセンターは同じようなカスタマーからの苦情を何度も受け付ける。それを担当部署に報告するのですが、おそらくその人たちはもっと過酷で徹夜で対応に追われていると思われ。


アマゾンは次々と革新的なことを仕掛けていますが、システムの脆弱さや、末端社員の奴隷扱いなど、見えないところに問題がたくさんあるのだろう。見た目は立派な豪邸でも、土台を見ると白アリだらけ、みたいな。


今回はやっかいな事件に巻き込まれはしましたが、いろいろ学ぶところもあったし、結果的にはおいしい経験となりました。ちなみにこの件では読売新聞に報告し、簡単な取材を受けたので、どっかで記事になるかもしれないし、もう解決したものと、流れるかもしれない。永江さんのブログを紹介したので、動きがあったら何らかの反応があるでしょう。まだいろいろわからないことはあるのですが、少なくとも私の方は「解決」したので、この件はもう終了。だから書きました。


あっさり書いていますが、それでも実際はいろんなやり取りがあり、かなり面倒な時期もあったのですが、すべては経験と学習。ちなみに私はマーケットプレイスでの出品は、過去に14件、不要な本を出した程度で、それも2013年を最後にやっていません。昔ちょっと出品して放置された、2段階認証をしていない個人の出品アカウントが狙われた感じですね。アマゾンで2段階認証自体が始まったのが今年になってからのようですし、今後もセキュリティはしっかり管理したいものです。ありがとうございました。


---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-05-26 23:39 | ■時事問題
もうね、あっという間に5月も終わりじゃないですか。今月中に雑誌の原稿提出もあった。そして今日はセミナーだったけど、一週間前に「会場費を入金していません」との知らせを受けて、ハッとなって思い出したわけだ。とりあえず何とかなりましたです。はい。


いろいろすることあるんだけど、12月1日のコズモクダカライブのことで頭がいっぱい。私はトークには出演しますが、演奏をするわけじゃない。薄井先生やまゆちんは両方に出演だけど、その分、私は裏方で思いっきり動きます。まだ半年先なんですが、会場とか時間とか出演者とか、輪郭はハッキリしてきました。トークの内容はこれからですが、曲目も決まりつつある。薄井先生が現役歌手時代によく歌っていたジャパニーズスタンダードが中心になると思いますが、飛び切り大満足なトーク&ライブになることは間違いなし。


実は私って裏方で動くのが好きなタイプなのかもしれませんね。旅の企画などもほとんどツアコン状態ですし。そうだ、6月21日~24日のパナリツアーもキャンセルが出たので、フォームが空いていたら受付中です。この旅の最大のポイントは「普通は泊まれない島に泊まる」ってことでしょう。何もないけどすべてがある究極の楽園にてお待ちしています!
b0002156_1334085.jpg


とにかくね、楽しいことしましょう。「引き寄せの法則」って最近、本当にあるな~と実感していて、常々の「感情」がそのまんま「現実」になるのは完全に本当の話のようで。「感情=身体=潜在意識」だから当然なんですが、「良い感情」が「良い現実」を反映するのであれば、その法則の通りに感情をキープするにこしたことはない。


今日のセミナーでご質問をいただいたのですが、たとえば他人から批判とか、嫌がらせとかあった場合、どうすればいいかって話。まあ、気分悪いですよね。そんなとき、私なら「一切相手にしないこと」をおススメします。最初は気になるかもしれませんが、気にしない習慣が付けば問題ない。どうしたって生きているといろんなことがあって、避けられない試練もあります。しかし、どんな試練でも自分を成長させるためのネタになるし、それでも避けていいものも多い。つまり、そこに「波動」を合わせないことなんですね。


では、どこに「波動」を合わせていくかと言うと、簡単。ワクワクするところに合わせて行けばいい。人間って防衛本能があるから、どうしても危険や不安、不快に敏感になりやすい。それはそれで自分の身を守るために備わった不可欠な性質ですが、最初から回避できるならした方がいい。私もしばしば2ちゃんとかで悪口を書かれることがありますが、そんなの見に行かなければいい。余計な情報はすべてシャットアウト。その一方で、自分にとって好ましい情報にだけフォーカスすれば、それだけで人生が悪くなることは考えられない。


この12年間、私がなぜにある程度の思い通りの人生を実現してきたか。多少は嫌なこともありますが、それ以上に、その何倍も、楽しいことにフォーカスしてきたから。思えば2004年5月にホームページを開設したのだけど、その「かたみち切符」なるサイトは旅と音楽のページだった。このブログのURLが「katamich」なのはその名残。ローマ字で「katamichi」でもよかったけど、最後は子音にした方が見た目がいいと思って。


1997年に世界一周したとき、関空から片道切符でアメリカに入り(厳密には最初は往復切符だけど現地ですぐに捨てた)、それ以降もずっと片道でヨーロッパ、中東、アジア、日本と進んでたので、その意味もあって「かたみち切符」にしたのです。それを開設したから、「旅」はそのまんま生活の一部になり、さらに昨年から「音楽」も入り込んできて、今年12月1日もやることになった。


実は昼頃、「久高の神様」がやってきまして、私にいろいろ教えてくれました。今の段階では文章で公開できないのですが、「なるほど~」と思うことがいくつもあり。昨年3月に久高島で「コズモクダカ」が誕生したのですが、その一年後もメンバー全員ではないですが、コズモクダカで久高島に行きました。ただ、昨年は参加していないメンバーが一人、今年参加されたのですが、それが薄井先生でした。コズモクダカのテーマソング「久高~QUDAKA」をボーカルの了戒さん、薄井先生で歌いました。これです。




私は後ろでウロウロしていますが、静かに感情が抑えられなかったのです。目障りでごめんなさい。すごく感動的な時間になりまして、まさに新たな一年の始まりを感じさせるものでした。その後、また何かやろうと思うものの、なかなか決まらない。メンバーもいろいろ忙しくなったこともあり、今年は、と言うか無期限休止でいいかな~と思ってたのですが、ちょうど一週間前、薄井先生とカラオケに行って、オレの魂にまた火がついた。


一つ言えることは、「久高の神様」はコズモクダカを続けろと言っている。実を言うと、薄井先生には相談していたのですが、私は数日前まで「コズモクダカ、即時解散」を考えていました。メンバーの意思がまとまらないのに、この忙しい私が時間と費用をかけてかかわる意味がどこにあろうかと感じて。薄井先生のタロットによると、「まだ解散すべき時期じゃない」とは言われたのですが、私は解散のつもりで、その話をグループチャットにしようか思っていた。不要なものは潔く手放す。


文書を書いてリターンを押そうとする瞬間、「ちょっと待て!」との声が聞こえてきて、それが「久高の神様」だった。一つわかったことは、私と薄井先生を出会わせたのも久高の神様。それを証拠にじゃないですが、『「サイン」を上手に受け取る方法』には、すで「Qさん」と「Q島」が書かれているのです。2013年末の発行なので、私と出会う2年以上前のこと。
b0002156_13371598.jpg


しかもこのページ「111」は私たちにとって意味ある数字であり、日程。コズモクダカが初めて人前で演奏したエバーグリーン・パブリッシングの設立パーティの日で、私たちは「111」とその時から呼称していた。
b0002156_13372367.jpg


今見ると、この写真はすごい。演奏メンバー全員はもちろん、プロローディのいがじー(右端)も、様々なヘルプをしてくれた麻井ちゃん(左端)も写っている。写っていないのはオレだけだ!(笑)

思えば薄井先生が歌いたくなったきっかけは、FBグループ「金子組」に貼り付けた「久高~QUDAKA」の音源を聞いてからだった。神様が関与してるとしか思えない。今年の3月に薄井先生が久高島で歌ったのは、完全なる「始まり」だった。神様はしっかり歌声を受け止め、プロデューサーである私に「続けろ」と言ってきた。それがまさに先週の飲み会であり、カラオケだった。まずは12月1日に薄井先生メインのトーク&ライブをやる。元々のボーカルの了戒さんは、今、ご自身の活動が忙しいとのことで、12月の出演は見合わせると言われていたけど、誰もそれを本気にしていないところが面白い(笑)


ともかく、5月19日の夜、あのカラオケがなかったら一週間後のこの展開はなかった。12月1日の日程も会場も決まり、ゲストも確保。曲も決まりつつあり、7月の音合わせまでに各自が練習して、久々の再開を待つだけだ。神様はいる。宇宙の意思はある。世の中はシンクロニシティだけで動いている。


では、どうすればシンクロニシティの流れに乗ることができるのか。それがまさに「良い気分」であり「ワクワク」だ。変なところに波動を合わせる必要はない。防衛本能がそうさせても、そもそも安心・安全なんだから気にする必要もない。それよりも、もっともっとワクワクすることに向かって歩けばいい。


これからも面白いことしよう!ワクワクすることしよう!楽しいことだけ考えていればいい!どうせ救われているし、愛されているのだから、好き勝手にやりまくればいい!制限をかけているのは、まわりじゃなく、いつも自分だ!

さあ、いろいろやることたくさんあるけど、これからどんどんまた楽しくなるぞ!人生最高!パナリ行こう!ありがとうございました。

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-05-25 23:39 | ■精神世界
ここ数日、いわゆる大物の方から立て続けにご紹介をいただいております。


どんよくトークライブ決定から1年、石田久二さんに2017年の展望を聞きました


そうそう、昨年2月、「アトムさん&ぜっきーさんコラボトークライブ」に急に参加することになって、その会場で初めてあゆみ先生とお会いしたのです。お名前は昔から存じておりましたが、作家としてあまりの大先輩で気安く近づけない心境。


そのトークライブでは、二人の接点である私のことが何度も登場するのですが、そこで『夢なに』を紹介されたとき、すぐ前に座るあゆみ先生がカバンから『夢なに』を取り出し、アピールしてくれたのです。そっと後ろを振り返り「面白かったですよ」と一言。その瞬間、心を射抜かれましてね、これだけキャリア、実績のある方だけに、一度ゆっくりお話しをしてみたくなった。ただ、気安くお茶しましょうと誘うのも違うし、そう思ってるときに、フェイスブックでメディアコンサルなる案内が流れ、我が意を得たりとすぐに申込み。昨年5月、京都から新潟までのチャリンコトークライブのすぐ後、東京は恵比寿のウィスティンホテルでお会いしました。


そこで「どんよくTalk Live」が生まれ、数々の神的なシンクロもあって大成功。それ以降のこと、そして今後の展望について自由にお話させていただき、今後も毎年5月は必ずあゆみ先生のコンサルを受けようかと思うのです。ここから必ず何かが始まりますから。


Qさんはどんよくトークライブの後
おおきな変化があったそうです。


一時期フェイスブックを離れてみたり
近かったひとと離れることがあったり。


それは貴重な内観の機会になった。
立ち止まる今より、これからの方が長いから
じっくり考える時間ってあってもいいけど
なぜか、止まったらダメかなと思いこんでいる。


そんなとき、立ち止まらずを得ない出来事が起こる。
それは、一見アンラッキーだけど
自分を見つめる、応援の時間。


いつかはやってみたいことってたくさんあるけど
そのうちのひとつをいつかではなく今にしてみる。

 

そんなあゆみ先生が今一押しがピコ太郎、、、もですが堀内恭隆さんの『シンクロニシティ・マネジメント』。


シンクロは偶然じゃない?「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」by 堀内恭隆



このご紹介、さすがとしか言いようがなくて。


直感に従って面白いことが起こるのは
ある程度下地を積み上げたひとだよなぁと。


好きなことしかしないだからドタキャンするとか
そういうのもなんか違うよなぁ。


バンジー飛んで一時的に盛り上がっても
後で無理してたことに気づいてすごすご下山するのはイヤだ。
心の声を聞いても何も起こらないじゃん!
そう思ったことがあるあなたに、強くオススメします。



そしてその堀内さんからもご紹介が。


「捉えられるスピリチュアル」だからバージョンアップできる。石田久二さんのセミナー。
 
 
スピリチュアルや、目に見えない世界の話を
「怪しい」とか「意味がわからない」
という方でも、久さんの話を聞けば

「そういうことだったのかーー!!!」

と理解することができるでしょう。



久さんの話は、「わかりやすい」のです。


実感として捉えることができて
落とし込むことができるから。



「分かりやすい」からといって、内容が軽いわけでも
薄いわけでもありません。


むしろ、真理や宇宙法則など・・本来は小難しい内容が
ベースとなっているので、セミナーに楽しんで参加しているうちに
いつの間にか、自分がバージョンアップしているのです。



身に余るご紹介に恐縮です。ここにきて、あゆみ先生、堀内さん、私と3者がつながりました。なんか大きな意味があるような気がしてならない。


あゆみ先生とお会いした日の夜、仲間内で飲み会をしました。そこに薄井孝子先生も来られ、お店が二時間制だったのでそそくさと店を出たあと、5人でカラオケの流れに。そこで薄井先生の歌を聞いて、「コズモクダカライブ薄井先生メインバージョン」をやろうと決定。ちなみにこの三冊は同じことを別の角度から言っています。編集はすべて金子尚美さん。ミリオンセラー編集者です。
 
 
「サイン」を上手に受け取る方法
  
夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント
 
運がいいとき、「なに」が起こっているのか?
 
 
で、その企画のために今日も手配が進みまして、12月1日(金)、東京は秋葉原のライブハウスで行うことが決定しました。そんな案内をこんな感じでフェイスブックに書きました。


b0002156_141253100.jpgびびった。昭和のアイドルのブロマイドじゃないか。(写真は薄井先生のフェイスブックから)

今は臨床心理士、心理学者、占い師などメンタル、スピリチュアルの領域で活躍する薄井先生ですが、その昔は歌手として芸能活動されていたそうです。

ご本人は人前で歌うことが当時は嫌で仕方なかったそうですが、周りがそうさせて逃げられなかった。ようやくその道から退き、二度と歌うまいと心理の世界に天命を見つけ数十年。

その薄井先生が昨年12月、封印を解かれ音楽のステージに立った。しかしその時はバックコーラスで、本領を知るには不十分だった。

それがちょうど一週間前、数名でカラオケにご一緒する機会があり、ほとんどぶっつけながらも歌声を初めてしっかり聞いた。びびった。なんだこの歌声、マジもんじゃないか。

それもただ上手いだけじゃない。プロに不可欠なオリジナリティがそこにある。たとえばMISIAを歌うと、どうしてもMISIAに近づけてナンボになるところ、まったく関係なく直球で自分の歌にする。ユーミンや聖子を歌ってもそうだ。清楚と官能が同居したような、なんともムズムズさせる歌声なんですよ。

いつの間にか、カラオケは「薄井先生にリクエストする会」になっていた。

そこで今年は休止と思ってたコズモクダカのライブを薄井先生メインボーカルで企画することにしました。12月1日(金)の夜、場所は秋葉原のライブハウス。音楽ライブではありますが、私とまゆちんと薄井先生の三人でのスピリチュアルトークライブでもある。まゆちんはもちろんピアノ、アレンジ等で参加。アトムさんも一曲歌う。

もうこの四、五日で一気に企画が進み、会場もおさえ、さらに昨年に続きクラリネットの土井徳浩くん、ギターの塚田剛さん、チェロの松本愛子ちゃんの身柄も確保(笑)、超豪華なステージになります。

12月1日(金)の夜はあけておいてくださいね。聞かなければ一生後悔します。正確にいうと、「来なかったら一生後悔するところだったと安心」するライブになります。まだ半年先ですがお楽しみに。トークの三人とも著書があるので会場販売します。もちろん『そらのレコード』もね。



なんかさ、オレの周りっておかしな人が多いな。それはもちろん最大賛辞としての。今さらだけど、薄井先生はいろんな意味で普通じゃないか。ちょっとタイミングが違っていたら、某人気番組でレギュラー出演しているところだった人だし、セラピスト、占い師としての腕前も多くのプロが絶賛するほど。そこにきて歌も。


あの日、5月19日(金)はちょっと変な日だったな。朝はクローバー出版の小田編集長とミッチリ打合せして、午後からあゆみ先生、堀内さんの話もたくさん出たし、その前に月火と堀内さんには会っている。そして夜は薄井先生らと会って、そこから12月1日の企画が勃発。昨年のような1,200人のホールとかじゃなくて、イスが100席であとは立ち見ってライブハウス。これは瞬殺で満員になるので、10月以降のご案内をお待ちくださいませ。


そんなこんな、いろいろやってます。もう、直感に従って動くのみ。そうだ、9月は自転車で韓国に行って釜山とソウルでトークライブするのだけど、釜山が9日(土)、ソウルが17日(日)でして、在韓の日本人のグループの方がお世話をしていただけます。


その一年前の9月9日は、、、なんとhappyちゃんが韓国でトークライブをしていたとか。同じ方々の主催ですが、これもまたシンクロニシティじゃないですか。いろんな人がすごく狭い範囲でうごめいている。「渦」って言っていいかもしれない。12月もですが、9月の韓国もヤバいことになります。その前に7月末の新刊。それ以外にもいろいろやりますので、ご案内をお待ちくださいませ。そんなとこで、また明日。ありがとうございました。

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-05-24 23:39 | ■精神世界
アホみたいに忙しくなってきたので、個人的な話ですが、やることリスト。4月のロンドン前もここに書いて片づけた。


・7月末新刊のリライト(今週中)
・決算書・納税(6月頭)
・5月25日(木)の「月イチ福岡」のご案内(今週木曜日だ)
・7月16日(日)・17日(月)の河口湖合宿(セロトニンサークル)のご案内(6月頭)
・「夢かな心理学」の企画提出(今月中)
・「夢かな心理学・入門講座」のテキスト作成
・6月18日(日)の「夢かな心理学ワンデイ入門講座」のご案内(今月中)
・9月の韓国チャリトークライブのご案内(7月から)
・コズモクダカ新曲の作詞(6月頭)


他にもいろいろありそうだけど、思い出し次第、加えていかないと。2017年、44歳って完全に人生のターニングポイントになりそうだな。このまま順調に進めば、夢のローン生活が始まるけど、生活はガラッと変わる。集大成の新刊も出るし、12月はまたコズモクダカやるし、仕事も遊びもフルスロットル!


さて、近々なものとしてはこれ。

■5月25日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾27~夢かな心理学で50万円を引き寄せる話


どないやねん!もっとゆっくりご案内しようと思っていたら、あれこれしてるとあっという間に木曜日だ!

さて、「夢かな心理学で50万円を引き寄せる話」とは何なのか。まずは「夢かな体質診断テスト」をやってみて欲しいのですが、その診断結果に「お金を引き寄せるワーク」があるのです。それで50万円を引き寄せようって趣旨なんですが、これに関する質問が割とありまして。コツに「質問しない」とあるにもかからず(笑)


100万円を引き寄せるには、「7桁の壁」があって心理的に難しいことがあるのですが、5万とか50万であれば、割と簡単に引き寄せられます。いわゆるアファメーションとその方法なんですが、セミナーではもっと再現性の高い、いわゆるビジネス的な観点からもお話したいと思っています。

お金を引き寄せる手順は実にシンプル。こんな流れです。

1.「私は月収○○万円を稼ぐにふさわしい人間である」と宣言する(認める→決める)

2.「私は月収○○万円を稼ぐための能力がある」と宣言する(認める→決める)



これは幻の名著『マイダイス・システム』にあるメソッドの一部なんですが、1は「BE」、2は「DO」のレベルで「○○万円」に値する人間であると認めること。『マイダス・システム』は一時期10万円を超えていて、今は4万円弱まで下がっていますが、本としてはまだまだ高いですね。最近ついたレビューでは、


「人生で一番高い買い物、しかしそれだけの価値がある名著」

素晴らしいの一言! 手に入れた人にしかわからない価値のある本。
この一ヶ月で、人生が根底から変わりつつある奇跡を体験しています。


なんて書かれてあります。確かにそれだけの価値はあると思いますが、原著をそのまま訳すとちょっとわかりにくい。何より高い。なので実は今、これを再発行しようかなんて話をとある出版社と検討してるのですが、版権の問題もありますし、何より初版4,000部でストップした17年前の本の企画が通るかなどハードルはあります。


ただ、7月末に出る私の新刊にはこの本からのインスピレーションも入っているので、『マイダス・システム』に代わるような一冊であるとご期待ください。


話を戻しますが、まずは「BE」のレベルで自尊心を上げ、「DO」のレベルで「行動・技術」を上げる。ただし、「自尊心:行動:技術=53:40:7」なので、何よりもまずは「BE:自尊心」が大切。ただ、自尊心などなかなか上がらないと思いますが、一瞬にして上げる方法がある。


それは、「いま、ここ、わたし」とつぶやくこと。それを図化するとこうなります。
b0002156_15484711.png


過去の自分と比べることなく、大きすぎる未来と比べることなく(時間軸を「いま」に)、過度に他人からの承認を求めることなく、他人からの批判を気にすることなく(空間軸を「ここ」に)、常に中心の「わたし」に軸を置く。この状態が最も自尊心が高い状態なのです。


自分はふさわしくないとか、できないとか思ったら、すぐに軸を整える。身体からは、背筋を伸ばして天と地を貫く一本の串が通っているイメージをする、そして心は「いま、ここ、わたし」に戻す。そこさえ意識していれば、「できる/できない」なんて概念を超えて、ただ「ある」だけで思い通りの人生を切り開くことができるようになる。


では、「いま、ここ、わたし」を宣言したらどうするか。次は「市場」に目を向ける必要があります。安定的な収入を得るには、「市場=経済人(ホモエコノミクス)の総体」からお金を受け取るシステムを作る必要があります。そのキーは次の3つ。


3.「市場」に目を向ける

・誰を幸せにできるか?
・その人たちに何を提供できるか?
・その結果、その人たちはどうなるか?



具体的に言うなら、私の例だと、


「誰を幸せにできるのか?」=「夢を持つ人、夢を持ちたい人」

「その人たちに何を提供できるのか?」=「夢を叶えるための方法」

「その結果、その人たちはどうなるか?」=「最短で夢をかなえることができる」


サプリメントだと、


「誰を幸せにできるのか?」=「健康になりたい人、健康に心配がある人」

「その人たちに何を提供できるのか?」=「健康になるための食品」

「その結果、その人たちはどうなるか?」=「これまでよりも健康になり、行動力がアップする」


英会話教室だと、


「誰を幸せにできるのか?」=「英語でコミュニケーションを取りたい人」

「その人たちに何を提供できるのか?」=「英語上達のためのノウハウ、トレーニング」

「その結果、その人たちはどうなるか?」=「英語が上達して、海外旅行が楽しくなる」


まだまだ例は挙げられますが、これらの組み合わせを間違っては「市場」からそっぽを向かれます。「健康になりたい人」の市場に「英会話」を投入しても絶対に売れないことはわかると思いますが、売れない人の多くはこれをやってしまっている。

ラーメンに自信があり、ラーメン好きな人を満足させたいのに、「中華料理」でお客さんを集めても、本当のお客さんは定着しません。だからこそ、


「誰に? 何を? どうなる?」を


が大切であり、この3つを明確にするだけで、「市場」から自分にとってふさわしいだけのお金が流れてきます。そして最後に、


4.得たお金を再び「市場」に流す


ことで、お金が循環しはじめ、雪だるま式にお金が増えて豊かになれるのです。ただアファメーションだけしててもお金は入ってきません。アファメーションは重要ではありますが、その効果を高めるには「いま、ここ、わたし」と「誰に? 何を? どうなる?」をしっかり意識していることが大切。そんなわけで、お金を得るのは簡単って話でした。月イチもお待ちしています。ありがとうございました。
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-05-23 23:39 | ■お金
今日も急に動きが出てきました。9月の韓国チャリンコトークライブ、9月9日(土)が釜山セミナー(通訳なし)、17日(日)にソウルセミナー(通訳あり・なし)の日程で決まりそうです。9月8日(金)の正午のフェリーで博多港から釜山港に行き、その日は待機。翌日の昼にセミナー。そこから自転車専用道路を500キロ走ってソウルへ。主催は在韓の日本人の方ですが、韓国語版『3개의 소원 100일의 기적』の版元さんとも連絡を取り始めています。


それから急な思い付きでスタートした薄井孝子先生をメインボーカルとしてコズモクダカの「トーク&ライブ」も12月1日(金)に決まりそうです。クラリネットの土井徳浩さん、ギターの塚田剛さんら、プロの方のサポートも確保しまして、ハイクオリティな音楽をお届けします。曲は薄井先生がレパートリーとしていた昭和の大ヒット曲から最近の曲、もちろんコズモクダカのオリジナルも演奏します。


趣旨としては、4月に『占い好きが幸せになれない理由』を出版された作編曲・キーボードのまゆちん、薄井先生、オレのスピリチュアルトーク&ライブ。まゆちんと薄井先生には強い共通点があり、まず20年前は音楽の世界でプロとして活動されていたこと、その後、いろいろあってセラピスト、占い師として活動していること。その二人がなぜかまた「音楽」を通して出会い、それをつなげたのがオレだったりするから、どこかで一度、コラボセミナーはしたいと思ってたんですよね。それぞれとはやってるけど、3人ではまだない。けど、せっかくなので音楽と絡めたい。そう提案したこともあったけど、うやむやに。


それが先日、薄井先生とカラオケに行ったのをきっかけに、どうしてもやりたくなって急展開。プロにも演奏オファーを出し快諾。会場とかはこれからですが、普通に決まるでしょう。またオレの持ち出しが増えそうだし、ここからマネタイズなんてまったく考えてないけど、ただ、純粋にやりたい。PURITY(純粋性)を開花させ、ただ、面白いことをやりたい。それだけ。


と言うわけで、面白いことが次々と決定。7月末の新刊からさらにいろんな展開もありそうだしね。今日、LINE@の122回目を吹き込んでいるとき、おかんから昔から言われてる言葉を思い出しました。


「あんた、やる言うたら、ほんまにやるからこわいわ」


そうなんだよね。インド行くとか、世界一周するとか、雇われずに生きていくとか、中二そのもののようなことばかり言って来たけど、言い出したら、絶対にやっちゃうんです。オレが覚えてない範囲のことも、いろいろあったんだろうな。オレが「やる」と言ったら、もう、止めても無駄。ヨメさんもそんなモードで諦めてもらっています。そしてなぜか新築戸建てを買う方向で進んでて、今日は数百万の値引き交渉も成立。35年ローンだけどね、50歳までに完済するから。これもやると言ったからやる。


ただ、オレってそもそもスペックが低いから力技でやっても限界がある。文字通り「宇宙の力」を借りずして実現することは不可能で、そのためのマニュアルが堀内さんの『シンクロニシティ・マネジメント』でもあるけど、ほんと、この12年間、シンクロだけで生きてきたんだよな~。


拙著『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』では、超意識からのメッセージを「ざわつき」と表現したけど、そのサインがまさに「シンクロニシティ」と「インスピレーション」なので、堀内さんが研究してきたこととまったく一致する。ちなみに「サイン」は薄井先生の『「サイン」を上手に受け取る方法』の「サイン」とまったく同じ意味でした。後から読んでわかったのですが。


ただ、このような意味ある「サイン」ってのは、「こうなればいいな~」と期待してるとだいたいが違う。あの時、ああなったからこうなったなどと、いつも後付け。12月1日のライブにしても、きっかけは19日の飲み会からカラオケの流れ。19日の飲み会にしても、たまたま時間があいて、久々に集まりたいな~と思って呼びかけたら、カラオケに行く流れになり、薄井先生の歌を聞いて企画決定。これが今後どんな流れになるか未知数だけど、面白いことになることだけは確かだ。


そもそも薄井先生が音楽の封印を解かれたきっかけがこれ。




フェイスブックに編集の金子さん担当の著者による「金子組」なるグループがあるのだけど(FUMITOさん、LICAさん、リュウ博士、大杉さん、堀内さんなどいます)、そこに何気なく動画を貼り付けたところ、それを薄井先生が聞いて、無性に「歌いたくなった」そうなんです。その知らせを受けたのは、昨年9月に自転車で札幌に向かっている途上。洞爺湖のホテルだったと思いますが、ピンときて一週間後の「そらのレコード」のレコーディングの見学にお誘いしました。そして12月10日にステージにたったのですが、その時点からどうにかして薄井先生のメインのライブをやりたいとは思っていたんですよね。


いずれにせよ、これから先、どうなるかまったくわからないのだけど、一つだけ真実であり、大前提があります。それが、


「どんどん良くなる/どうせ良くなる」



ってこと。稼ぎたいも、人から認められたいも大事だけど、そんなことを超越して、ただやりたい、純粋にやりたい。そこにつながったときのエネルギーってものすごいものが産まれ、まさに渦(ボルテックス)。


仮に今、ちょっと嫌なことがあったとしても、どうせ良くなるから心配はない。大切なことは、そう思うこと。どんどん良くなるし、どうせ良くなると信じることだけが重要で、そうである限り、間違いなく宇宙の流れにのることができる、、、って斎藤一人さんも言われていました。宇宙は「どんどん良くなる」と思っている人の味方をするんだってね。


まあ、思えば私自身も昨年末から春先にかけて、いろいろ嫌なこともありましたが、それらのおかげで産まれたコンテンツもある。すべては必然。まさに今、ちょっと嫌なことがあったとしても、「どうせ良くなる」を呪文に生きていると、間違いなくその方向に進む。そればかりは何度も何度も証明してきたので、そろそろオレを信じてください!!!


と言うわけでね、来週には新居の契約があり、6月末は沖縄。そうだ、沖縄(パナリ他)のキャンセルが出たので、参加したい方はよかったらご連絡ください。私としか泊まれない島で世界最高級のBBQをしますので。その島でしゃべったことは、、、叶う!これも実証済み!
b0002156_15544241.jpg


これから暑くなるし、昼も長くなる。沖縄では夏至なので、8時過ぎまで明るいぞ。テンション上がってきた!人生最高!どんどん進もう!ありがとうございました。


■受付中の講演・セミナー
 
■5月25日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾27~夢かな心理学で50万円を引き寄せる話
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-05-22 23:39 | ■人生哲学
堀内恭隆さんの『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』を読むと、これまで私自身が上手くいってたパターンがよくわかる。漠然としていたことを、まさに言語化してくれている感じ。これは今後もバイブルであり続けるでしょう。


今日は住宅を見に行きました。行く必要もなかったのですが、不動産の担当の方から「気になることをクリアにした方がいい」と言われ、私一人で行ってきました。まあ、見に行ったところで何が変わるわけでもないのですが、その後、一通り書類を渡されました。本来であれば持ち帰って書くところ、不備があってもいけないので、その書類の担当の事務所があいていることを知り、そのまま書きに行きました。無意味に住宅を見に行った副産物ですが、こんなのも良き前兆でしょう。


もちろんまだ完全に決まったわけじゃないものの、購入に際してはローンになります。ただ、法人化したとは言え、自営業者にとってローンはある種の大敵。10年前はクレジットカードでさえも審査が通らなかったし、5年前にもローンは通りませんでした。


2013年、一気に収入が上がる流れがあり、このままだと法人税をかなり取られる。そこで税理士さんと相談しながら、役員報酬、つまり給料を一気に倍にしました。しかし、給料を上げると翌年から社会保険その他、必要な負担が増えます。その負担を減らすためには、役員報酬を最低限まで下げるなるテクニックがあると、とある社労士さんから教えられ、勧められました。飲みの席で。しかし、その社労士は私にとってあまりいい印象もなく、そんな話はもちろんスルー。そもそも社会保険の負担を減らすために役員報酬を下げるなんて発想が姑息で、いわゆる経営者マインドをまったく理解されていないと感じたりもして。


そしてもし言われるがままに役員報酬を下げているか、または上げずにいたならばローンは通らないことが今にしてわかりました。あの時、上げておいてよかったとつくづく思ったのですが、今にして思えば「印象の良くない人の言うことは聞くな」が正解だったと思えます。その意味では、仕事でも何でも、価格や条件は大切であると同時に、人との「相性」も非常に重要です。



ところで先月、マルタに行ってた時、妻がマンションの内覧に行っており、とても良い条件なので契約したいと言われました。私が立ち合えないのは承知だったので、もし気に入れば契約していいとお任せしました。しかしその直後、妻の体調がなぜか悪化。ご飯が食べられなくなるほどで、ほとんど寝たきりな一日もあり。それでも契約したので(まだ撤回できる時期ではあれ)、そのまま進めるも、キャンセルできる期限の前日にさらに悪化。ちょうどロンドンでUPWを受けている最中で、日本時間は夜中の二時。気になってメールをしたら、すぐに返信があって電話したいと。今はFBメッセンジャーでどこでも無料で通話できるから便利です。少し話をして、もう、キャンセルしようと告げました。そして翌日から体調は回復し、私が帰国する頃にはケロッとしていました。その直後、近所に物件を見に行ったところ、直感が走り、今、進めている最中です。どっちにしてサイン、シンクロを受け取った結果のこと。



今日の夜、薄井先生と年末ライブのことについて電話をしていました。薄井先生の歌がかなりヤバいことは、カラオケに居合わせた数名も知るところで、それまでも勤めていた大学の会合かなんかでちょこっと歌うと、「もう、大学など辞めてしまって、歌手に戻ってくれ!」と周りから言われるほどだったとか。薄井先生が歌ってるときに、誰かが私語などすると、「静かに!」と注意が入ることもしばしばだったそうですが、同じことを私もカラオケで言ってたのでよくわかります。


ただ、薄井先生が歌手として活動していたのは20年以上も前で、いわゆる昭和歌謡がメインだった。ライブで歌うとなると、実は昭和歌謡もかなりウケがいいと思いながら、演奏者がついて行けるか、今風の歌も入れたいですねとか相談しつつ、あ~でもないこ~でもないと考えていたら、突然、一通のメッセージが届きました。これです。
b0002156_11222272.jpg


先日のセミナーで『そらのレコード』の特別プレゼントをさせていただいた方から。なるほど、やっぱりコズモクダカもガンガン突き進めってことだと直感しました。『そらのレコード』に関しても、アマゾンと直しか扱っておらず、決して有利に販促を進めているわけじゃありません。それでも手に取ってくれた人からジワジワと広がっていくイメージがあるのです。


この5月は本当にシンクロに満ちた日々を過ごしています。『シンクロニシティ・マネジメント』がやってきたこと自体がシンクロのようで、今後の展開がますます楽しみな今日この頃です。さあ、これからしばらくやることがたくさんあるぞ~。ありがとうございました。


■受付中の講演・セミナー
  
■5月25日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾27~夢かな心理学で50万円を引き寄せる話
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-05-21 23:39 | ■精神世界
ゴールデンウィークが終わった5月7日からの長い出張が終わりました。午前中にチェックアウトして空港のラウンジでゆっくりと事務作業。
b0002156_19103273.jpg


いろんなことがあったな。いろんなことが決まったな。大きくは9月の韓国チャリンコトークライブ、7月末の新刊、「夢かな心理学」の入門講座、基礎コース、細かいことは他にもいろいろあるんだけど、昨日から今日にかけて決めたこと。昨年末は「どんよくTalk Live」をやりましたが、今年もコズモクダカとのジョイントでライブをやります。


昨年のような1,200人とかではなく、100名から200名くらいの箱で、「トーク&ライブ」をやるのです。その比重もほぼ半々か、もしかしたらライブに重きを置くかもしれなくて、昨年との決定的な違いはメインボーカルに薄井孝子先生を置くこと。昨日、初めてカラオケにいってぶったまげましてね。聞いてはいたんですよ。20年前はプロの歌手だったとか、音楽をやめることについて、周りから猛烈に止めが入ったとか。


でも、ご本人は心理学、臨床心理、占いなど心の世界に入り、それも決して怪しい何かではなく、学術論文を発表し、大学でも教鞭を取るなど、アカデミックな世界で実績を積み重ねてきた。それが昨年、私やコズモクダカとの出会いをきっかけに、再び音楽の扉が開きかけ、サブではありましたがどんよくLiveで数年ぶりにステージに立ちました。
b0002156_19133148.jpg


その時点ではそのすごさがよくわからなかったのですが、昨日、ぶっつけのカラオケでハートをぶち抜かれまして、いつの間にか「薄井先生に歌ってほしい歌をリクエストする会」となり、他のメンバーは喉休めのために数曲歌う程度。そんなカラオケ、久々と言うか、初めてかもしれない。それからずっとね、どうにかできないか考えてて、いろいろ直感が走って立ち上がることにしました。


今年はメンバーそれぞれいろんなことがあり、私も新たな展開が数々ありますので、コズモクダカは休止でいいかと思ってたのですが、やっぱり「運命」は見放さない。さっそくメンバーに提案し、あるメンバーには直接電話で相談もしました。


結局のところ、昨日の飲み会で占ってもらった通り、オレは「愚者(The Fool)」だしさ、これからもずっとそうやって生きていこうと思うのですよ。私が持っているタロットの本から引用します。


「自由奔放にわが道を切りひらく」

愚者(Fool)という札名にはあまり良いイメージがないかもしれませんが、カードの示すところは単なる「おろか者」ではありません。愚者は、けがれを知らない純粋な存在であり、ときに非凡な才能を発揮して、人の想像もつかないことを成しとげます。何者も恐れず、未知の世界へと旅立つ冒険心と行動力の持ち主であります。

怖いもの知らずの無鉄砲さから失敗を招く場合もありますが、大きな可能性も秘めています。そして、自由な精神は一ところに縛り付けられることなく、先入観や偏見を飛び越え、幅広い交流を持つ原動力となります。


【正位置:人生における重要な岐路を暗示】

思い込みや先入観を捨てて、本当に自分が望む方向を目指すべきときの到来を告げています。周囲の目や常識より、自分自身を信じることが大切。結果的に正しい選択ができたと納得するためには、注意深い配慮と、全力を尽くす覚悟が必要です。あなたの無心で頑張る姿が魅力となって自然と人を惹きつけ、支援者が現れるきっかけとなるでしょう。
b0002156_19142731.jpg



新たなサイクルの12年間を象徴するカード、それが愚者。これから先もずっとこれで生きていきます。こんな時に堀内さんの『シンクロニシティ・マネジメント』が発売されたのも、まさにシンクロだ。もう、考えない。いや、めちゃくちゃ考えるけど、それは決めてからで十分だ。まずは直感に従って決める。それから考える。


まずは今年、力を入れることとしては、


・「夢かな心理学」の展開
・7月新刊の爆発的販促
・9月自転車からの韓国進出
・年末コズモクダカのトーク&ライブ


この4つの柱、もしかしたらもう一つくらい増えるかもしれないけど、愚者のごとく「注意深い配慮と、全力を尽くす覚悟」で突き進みます。あ、そう言えばこのまま順調に進めば8月のお盆前に引っ越しをしますが、それもまた今年の10大ニュースのトップクラスの大きな出来事になるな。


ともあれ、福岡に帰りまして、これからまた新たに出発します!これからもガンガン突き進みますので、ともに頑張りましょう!ありがとうございました。


■受付中の講演・セミナー
  
■5月25日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾27~夢かな心理学で50万円を引き寄せる話
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-05-20 23:39 | ■タロット
ブログトップ | ログイン