宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2017年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

清き一票、「人気ブログランキング」でお馴染みの身体軸ヒトシ君(架空)が今日も快調に飛ばしていますね。私は少し申し訳ないことをしてしまいました。ヒトシ君が10年前から他のブログを再三「disってる」んだと書いていましたが訂正します。disってるのではなく、「愛」でした。だって、あれだけたくさんのブログを一つ一つチェックして、ヒトシ君なりのポイント(ツッコミどころ)を見つけては、きちんとレビューしてくださっているのですから。


私など正直、他のブログ、ほとんど読めていません。毎日欠かさず読んでいるのは、自転車世界一周ブログ高野さんのジャズブログと、あとはBLOGOS辺りをチラッと読んで時事ニュースをおさえるくらいかな。その意味では私はやっぱりエセスピなのでしょう。


ヒトシ君は口調こそ乱暴ですが、フリーアナウンサーの長谷川豊さんのように、乱暴でないと読んでもらえない時もある。だけど、度が過ぎるとブログを畳まなければならなくなるリスクもあり、現に長谷川さんは半年休止しましたし、ヒトシ君も過去に数回、ブログを閉鎖しています。あ、あくまで架空の話ですが。


とにかく、それくらいリスクを背負って書きながら、他のブロガーに多大なる貢献をされているわけです。事実、ヒトシ君経由でアクセスの流入はあると思いますし、それは私に限ったことではない。他人のフンドシとのご指摘も受け、さすがにその認識はなかったものの、形として借りたことになるのかな。ただ、他の方はそんなき◯ないフンドシ、見向きもしないのですが、好奇心旺盛な私はつい受け取ってしまうんです。悪い癖だよと何度か言われながらも。


いずれにせよ、ヒトシ君が毎回レビューしてくれるので、アクセスは増えるし、多くのブログがその恩恵に与っていると思います。なので、遠隔ヒーリングはともかく、ハーブは買ってあげてほしいところです。おそらく皆さんからの感謝の言葉もないと思いますので、私が代わりに言っておきます。ありがとうございます×2万5千回。明日も愛のレビューを楽しみにしています!(写真はアイスランドの滝と虹)
b0002156_1257297.jpg


さて、そのヒトシ君が「滝行」の話を聞きたがっていたので、今日はその話、します。今朝も滝行に行ってきました。一週間なので、今日が折り返し。2004年8月から始め、だいたい年間100日平均で行ってますので、通算で1300回は行ったかと。始めたきっかけは60代の知人男性と話をしてる時、たまたまそんな話になってオレも行きたいと言ったことから。当時はまだサラリーマン。そこで天台修験の導師と出会い、一通りの作法を覚えてから21日間、100日の滝行に入りました。最初は導師について、21日行を終わってからは一人で行ずることも許される。


そして今日も行ってきたのですが、しばしば話に上がるのが、「滝場には幽霊がいる」という指摘。「雑霊・邪霊・ケモノ霊の交換の場」と言う人もいる。ただ、私はこれまで13年間、1300回近く滝に打たれていますが、見たことがない。いや、それは私が見たことがないだけで、実際にいて、そして憑りつかれているんだと言われるかもしれない。「そんなことはない」を証明するのは悪魔の証明で不可能ですが、ただ、実感がない。しかし推測はできる。


滝場に、「雑霊・邪霊・ケモノ霊」がいると思っている人には、いる。これはこの世の仕組みそのものでもあるんですが、「あると思っている人には、ある。ないと思っている人には、ない」がすべてに。これは滝場とかパワスポとかに限らず。


「この世は楽しい」と思っている人には楽しい世界になるし、「この世は辛い」と思っている人には辛い世界になる。スピリチュアル系のブログを見ても、批判的な部分ばかりが目に付く人は、その人の根底に批判的な種が植えられていて、物事と対置したとき、それが発芽するだけのこと。もちろん批判そのものは社会を発展させる上で不可欠だけど、批判する当事者は、批判される人以上に苦しい責を負っている。毎日、批判する対象を見つけては発表するのだけど、それはその人の中にある「苦しみの種」のようなものを発芽させないと身体がもたないから。


だからこそ、毎日、多くのリソースを費やして批判(本当は「愛(笑)」だけどわかりやすくここでは表現)にあてるのだけど、本人にとってそれがヒーリング効果になっている。ただ、残念ながら「苦しみの種」を発芽させたとろで、また同じ場所に種がまかれてエンドレスで批判を続けるだけ。そのループに本人は気が付いていないので、たとえ同じ内容だとしても、単なる臆見だとしても、新旧問わずブログを見ては批判を繰り返すことになる。だからこそ、身体の「軸」や、ハーブ、波動グッズ等で外側からの癒しを探求して、相応の知識を備えるのは合点がいく。


10年前からブログの衣替えをしながら延々と批判(愛)を繰り返すこの人に、少し興味があった。おそらく実生活では「いい人」なんだろう。ボランティア精神もあり、道端のゴミを気づいたら捨て、賞味期限の近いものから買い、もちろん目の前のクライアントさんのために誠心誠意尽くす。しかし、それがネットでは、そんな「いい人」の仮面を被る必要がなく、言いたい放題にできる。つまり、自己ヒーリング。


久々にそのブログを見つけ、相変わらずのぶれない批判(愛)精神に感服した。ブログランキングで自分のことが書かれていると、やっぱり見てしまう。するとめちゃくちゃに批判されている。そこで一部のブログは「批判はよくない」のような記事を上げる。すると、本人は喜々として「『批判はよくない』と言う批判をしている、つまり、あなたも批判している、ゆえに私の批判は正当である」というメタ論で対抗するので取り付く島もない。そして放置され、再び自己ヒーリング(批判)を始める。


そこでどうだろう。逆にこの人を褒めたらどんな反応をするだろうか。こんな風にリアルに批判を繰り返す人が周りにいないので、一種の人間探求として実験してみたくなった。すると案の定、批判的な態度を繰り返す。では、もうしばらく付き合ってみようか。ぶっちゃけ、「Qさん、もうその人、関わらない方がいいよ~」とも言われ、おっしゃる通りなので、これを最後にしようと思う。いや、時々はまたいじるかもしれないけど、ま、そろそろ飽きてきたのも正直なとこなので。


話を戻すと、滝場を例にするなら、その人の中に「雑霊・邪霊・ケモノ霊」が存在するなら、そこはその交換の場となる。一方、私はこの13年間、通算1300回、滝に打たれているのだけど、正直、実生活は上手くいっている。本当は今の10倍は上手くいくはずで、それを滝の霊が邪魔してるからその程度なんだとの可能性もあるけど、それでも私は今の状況にとても満足しています。たとえば収入で言うなら、滝を始める前の10倍になっている。


では、これは滝のおかげなのか、または、せいなのか。結論から言うと、まったく関係ない。もちろん古来から、主に密教、修験、古神道などで行われてきた由緒ある行法には違いなく、おいそれと手を出すものじゃない。ときどき誰の指導もなく、自己流で滝行をやっていますと報告する人がいますが、絶対にやめてください。それなら風呂場で水垢離をした方がいい。


その点、私は一応は天台の流れを汲む導師(酒井大阿闍梨の元で得度)の指導の元で最低限の作法と手順を学んで許可を得たから続けている。しかも福岡県にはなぜか修行のための滝場が複数あり、私の家からも車で20分のところにあるから、その辺の手軽さもある。もしこれが片道二時間とかかっていたら続けていないだろう。正直、本職の行者でもないので、そこまで負荷をかける必要もない。


ようは、私が滝行を続けているのは、たまたま都合の良い条件が揃ったからであって、しかも、それは日々のいろんな身体のこりをリセットするのにちょうどいいから。出張も多く、人と接する機会も多いので、精神的な疲れがたまることもあり。もちろん滝でなく、マラソンでも、ボクシングでも、合気道でも、カラオケでも、なんでもいいのだけど、私は13年前にたまたま滝行に出会って、それが今のライフスタイルに溶け込んでいて都合がいいので続けているだけ。


その意味で、霊性開発や人間力向上などとはまったくの無関係であり、都合がいいからやっているだけ。もちろんそのスタンスに導師も賛同。これをしてエセスピと言うなら、もちろんそれでいい。スピとかエセとか関係ない。決められたルールの元で自分がやりたいようにやればいいだけ。


こだわらず、求めず、ただ淡々と。滝に入って冷たい、痛いと言うのは、己の都合。勝手に入ってきて、何を言いよるか。滝はただ、そこにあるだけ。霊がいる云々も己の都合。己の心に魔物が潜むなら、その場は魔物の巣窟。滝は物言わず流れているだけ。仏だの悪魔だの己が勝手にぬかしとるだけだろ。心に仏がおるなら、そこは仏の場。そうじゃなければそうじゃない。何もなければ何もない。外野で言いたい放題、何を言いよるかって!


それは滝場に限らず、パワスポに限らず、職場も、家庭も、風呂も、トイレも、みな同じ。スピな人は、とかくどこそこは波動がいいだの悪いだの言いたがる。それも己らが勝手に言ってるだけ。世のパワスポだって、確かに物理的に気持ちのいい場所はあるけど、それも人間どもが勝手にパワーだのエネルギーだの言ってるだけ。その場所は人間がそんなこと言う数百万年以上前からただあるんだよ。


まあ、オレも旅行とか、放浪とか、パワスポとか、好きでよく行くけど、そんなこともすべて承知の上で、ただ、自分たちが楽しく、気分がいいから行けばいいだけ。そこに「パワーがある」なる物語があれば、それはそれでまたよし。その「場」は何も言わない。己らが勝手に言ってるだけなんだ。そしてそれでいい。


だとしたら、どんなこと言って生きていきたいか。それも選択でしかない。ただ、己の心に魔物が宿ったら、それはどこだってそうなる。ネットの世界にもそれは広がり、やたらと毒を吐く人もいる。それは、ネットの世界がどうとかではなく、それもまた己の心がそこに反映しているだけ。だけど、見ると素晴らしいブログもたくさんある。いや、ヒトシ君ブログも含め、どれも素晴らしい。そして己の心に仏がいるなら、その素晴らしい部分を見つけて、人生をもっともっと良くすればいい。


「ツイてる」を「ラッキー」の意味で使う人もいれば、「憑いてる」とおどろおどろしい解釈で使う人もいる。どっちでもいい。けど、どっちが自分にとって都合がいいか。私は「ラッキー」の意味で使っているから、やっぱりラッキーなことが続く。滝行の意味も、言葉の意味も、すべては己の心の反映に過ぎないのだから。


そして、滝行を始めて、一切の霊性開発もない。霊も見えない、聞こえない、感じない。人間力だって相変わらずだ。だけど、それでもライフスタイルの一つにたまたまあって、定期的に滝をいただいては心身をリフレッシュするとともに、ありがたいと感謝するだけ。


確かに霊性開発を目的に来る人はいるけど、たいてい三回で来なくなる。なぜなら霊性開発などしないとわかるから。その人はそれでいい。また何かセミナーとかワークショップとかパワスポ巡りとかして、ジプシーのように彷徨えばいい。いつか気づく時が来るでしょうし、自分で気づくしかない。


私の場合は、たまたま滝行の機会があり、近所に滝場があり、都合がいいから続けているだけで、そうじゃない人の方が大半だろう。だとしたら、水垢離でも、瞑想でも、エネルギーワークでも、ヨガでも、筋トレでも、なんでも自分にとって都合の良いことを、都合の良いやり方でやればいい。もちろんやらなくてもいい。そんな特別そうなことは必要なくて、ただ、淡々と目の前のことに心を込める。それ以上に素晴らしいこともない一方で、そうでなければならないという理屈もない。それぞれが、自分の好きなように生きていけばいいじゃないですか。


と言うわけで、今日も長々とお疲れさまでした。最後に、滝行について「それらは口外するものではない」とのご意見がありました。それは半分は正しい。もちろん密教なので、導師からの口伝の部分が大半。作法のやり方とか、ま、いろいろ言えないこともあります。なのでそれは書かない。だけど、「滝行やってます」は書いてもいい。なぜなら導師がOKしてるから。密教の世界は口伝であり、導師の言うことが絶対。なので、「滝行やってます」自体も言っちゃいけない人もいるでしょう。「口外してはいけない」はその人のルール。ただ、私のとこは過去にNHKで取材までされてちゃって、そんなことは言えなくなりましたが、


以上、滝行については何かればまた追々書きましょう。ヒトシ君もこれからも頑張ってください。愛のレビューでアクセスをどんどんまわしてくださいね。あなたの惜しみない振る舞いに感謝します。ありがとうございました。
   
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-04-13 23:39 | ■滝行
天使企画:2017年の願いを叶えます!:メッセージNO.270~285>

【ネモネモさん】

Qさん。天使企画素敵です‼︎ありがとうございます‼︎

①あっと言う間に簡単に妊娠をして幸せウキウキな妊婦生活を過ごす。
②超安産で何の心配も無く問題も無く元気な男の子を出産する。
③毎月の安定売り上げ金額50万円

①について
約3年妊活をしています。昨年は体外受精を試み自分の卵子でグレードの良い胚盤胞まで成長出来る生命力のある受精卵を作れる事を確認済みです。ですので、運動、バランスの取れた食事、良い睡眠を意識する事を継続します。
昨年まで鍼灸、温熱治療に時間を費やしていますので、身体も良い状態です。油断をせず頑張ります。
②について
妊活の為、サッカーを初めて2年弱になりますので、足腰も鍛えられ体力も出産に挑める状態です。妊婦生活中に身体が鈍らない様にテキパキと掃除を満遍なくします。要らない物、不要になり使わなくなった物に「今までありがとうございましたm(._.)m」と御挨拶をして綺麗サッパリ手放します。整理整頓された綺麗な空間に赤ちゃんを向える準備をします。
③について
家業の手伝いで個人ショップを持っています。今まで同様親切丁寧な対応をし出品数も増やし、安定して50万円売り上げます。

ありがとうございました。

感謝致します❤

最近、私の周りでも妊活成功例が続出しています。やっぱりしっかりやれば効くもんですね。成功事例の中では一定割合で「あきらめたから」があるのですが、そのメカニズムとしては、「あきらめる→力が抜ける」からです。なので、とにかく力を抜く、力を抜くを心がけて取り組まれてください。エクササイズ的には、まず自分の身体をしっかり感じて、どこかに力が入っている(緊張している)のを見つけます。その部分をイメージと、あとちょっと身体を動かしてみる程度で、緩めていく。参考文献としては堀江昭佳著『血流がすべて解決する』がいいかも。妊活成功のイメージが湧きます。ショップも力まず楽しんでね!
NO.270


---

【hassyさん】

Qさん、いつも元気をありがとうございます!どんよくトークライブも最高でした!
前回の天使企画に引き続き2度目の参加です。よろしくお願いします!

1、全国の劇場で公開される映画の翻訳を手がけます。

2、本を出版します。

3、年収600万円


現在、フリーランスの映像翻訳者(映画の字幕や吹替え原稿作の作成)をしております。前回の天使企画では、1.劇場公開の映画の翻訳を手掛ける、2.ドラマや映画の翻訳の仕事を多く手掛ける、3.年収400万の3つを書き、ダメ押しに「秘伝」も実践したところ、なんと3つとも叶いました!というわけで、今回はさらに上のステージを目指したいと思います。

1、今のところ、1つの劇場で公開されるマイナーな映画は手掛けることができましたが、全国で公開されるようなメジャー作品を手掛けられるようになりたいです。

2、月収3000円の時代から、最高月収50万円の現在までの映像翻訳者としての道のりをブログに書いています。これをもとに女性の生き方や仕事と子育てについて、翻訳という仕事についてなどのエッセイを書くのが夢です。

3、前回の年収400万は、ほぼ達成できたので目標を上げたいと思います。翻訳の他に自分の文章を書く仕事で収入を得られるようになることが夢です。

はい!すべて叶うでしょう!「秘伝」をまた初めてもいいし、初夏に出版予定の私の新刊もおススメです!確実に実現化路線にありますので、このまま邁進しましょう!ちなみに字幕吹き替えの方、覚えていますよ!どんどんメジャーになってくださいね!絶対に大丈夫!
NO.271


---
【Keina@ごとうけいこさん】

今年は自分から逃げない私になる。

1、人前に出る!
2、自分のセミナーを開催する
3、笑顔のお母さんを1人でも増やす!!

まだ足りないって、色んなことをしてきたけれど、ちゃんと自分には持ってるんだって自覚をする!

持っていたものなのに、ないのは、どこかで、何かのきっかけで置いてきてしまったのなら、その事実を受け入れます。

大丈夫。今年は何もかもが上手くいく1年に必ずなります!


はい!間違いなく上手くいきます!まずはセミナーの開催ですね。続けるコツを言うと、最初は参加者4人で始めること。その4人を満席にするためにオフラインでの声掛けも含め、確実に空席を作らないようにする。それが満員になったら次は5人。ちょっとずつでいいので増やしていく。人数が増えるために自分自身のコンテンツもブラッシュアップして、同時にセルフイメージが高まることを実感する。あなたは十に持っています!一つ一つ拾い上げて、地道に歩んでいきましょう!大丈夫!
NO.272


---
【サーシャさん】

こんにちは!
こちらのブログ以外でも他の人のFBやブログなどでQさんのことを拝見しておりました。
2年ぶり?くらい、2度目の年始の天使企画に参加したいと思います。

2017年達成する目標
1.WPのブログからの収入が月収30万円達成
2.低血糖を完治する
3.New Zealandに数週間滞在する

1.ライターとして仕事をしており、そのスキルを活かしてWordPressのブログを構築しています。健康・美容意識の高い人が読むようなオーガニック食材や化粧をメインに更新しています。アドセンスとアフィリエイト併せて今の月収金額に達成と。半年で10万円、年末で30万円と計画しています。

2.10数年の食事の偏りで、低血糖がひどく体力がないので、根本的な体調改善をします。すでに食事から変えてみています。あと、ジムでダンスなど体を動かしています。

3.数年以内に移住を考えており、その下見にNZへ行って滞在します!

Qさんのこと、応援しています!よろしくお願いいたします!

まずは低血糖の改善ですね。ライターさんをされてるということなので、ご自身の低血糖改善ノウハウなどもいずれネタになりますね。数値的にしっかり回復できたら、「達成」のセルフイメージがインストールされて、他のことも次々と実現していくでしょう!
NO.273


---
【mykさん】

初めまして。mykと申します。
天使企画については今回初めて知りました。

自分の達成目標を文字にし叶えたいです。
宜しくお願い致します。

①自分がありのままで一緒に居てリラックスできる最愛のパートナーと出逢い、結婚する。

②子供を産み、のびのび子育てをする。

③自分が持ち続けている不要な思い込みや価値観を開放し、自分らしくありのまま生き続けていく。


今はパートナーが居ないので、婚活を頑張って行く。
人との出逢いや繋がりを大切に出来ていないことが多いのでそこを治して、もっともっと人と繋がっていけるようにしたい。

不要な価値観、思い込みを手放し解放するために怖いけれど心理セッションを受けて、自分と向き合って行きます。子供を産み自分が親として子供とともに成長していきたい。

心理セッションもいいと思いますが、まずは「ありのままの自分」を認めること。しかし、それが難しい。みんなそう言うのだけど、それができないで困っているのかと言われる。確かにそうだろう。まず一歩として、二足でしっかり立ってみる。重い頭を身体全体で支え、さらに上からどんな重い物が乗っかろうとビクともしない。頭にいろんなものを乗せながら歩く途上国の女性をイメージしてみよう。その姿勢が「ありのまま」。それをグランディングと言ったりするのだけど、常にそこに立ち返れば状況はみるみるよくなります。まずは姿勢から。
NO.274


---
【はーちゃんさん】

天使企画 有難うございます。

① 娘の国家試験合格。
② 息子の目標見つけ。
③ 私の直感が益々、冴えます。

願いの思いと現状。
① 今年こそは!と、本人、周りの人間、思っております。本人なりに、努力はしているのですが、毎回、数点足らず…。今年こそは!と、思っております。
② 目標の大学受験に、二度 失敗し、本人の努力不足もあるでしょうが、何か あるからこその廻り道だと思っておりますので、何か次なる目標が見つかれば、と、思っております。因みに一応、今、とりあえず、大学には通っております。
③ 兎に角、迷う!のが、シンドイので。イコール自分の想う事を信じきれていないのだと思うのです。直感と言いますか、コレッと思えるものが、ビシバシ感じるようになってくれれば…と思っております。

以上、宜しくお願いします。

なるほどお母さんは「安定」したいのですね。娘さんが資格に合格すれば、息子さんが目標を見つければ安定する。自分も安心する。そして「迷う」のを避けたいので、直感力をつけたい。ただ、これだと直感的に「安心」を選んでしまう、つまり自分にとって本当にの意味でベストな選択ではなく、目先の安心を最優先にしてしまうから、いつまでたっても状況は変わらない。正直、お子様方はどうにでもなります。資格を取っても取らなくても、目標を持とうが持つまいが、どうにでもなります。それよりも自分自身が「安定」の壁をぶっ壊して、守りから攻めに転じる一歩を踏み出して欲しい。直感はその先にあります!
NO.275


---
【ミラクルさん】

Qさん、素晴らしい企画ありがとうございます。
以下、よろしくお願い致します。

1. 歯根破折した奥歯が完全再生する。

2. お互いを支えあい、生涯を楽しく暮らせ、自分にとって外見/内面共に理想のバートナーと出会い、結婚する。

3. 時間が経つのを忘れるぐらい、楽しい仕事に就く。


•歯は脳•体の健康の基本なので、入れ歯、インプラントなしで、自前の歯を絶対全て維持したいです。
•結婚したいと思う女性と出会っても、既に彼氏や旦那がいたりだったのですが、今年こそ出会いたいです。
•ITという職種上、これまで「電通」並みのツライキツイ仕事しか縁がありませんでしたが、高収入より楽しめる仕事に就きたいです。

歯は再生するのかな?理想のパートナー、理想の仕事。それらは「歯の再生」と同じくらい「手の届かないもの」にしていませんか?歯については歯医者に行けばいいですが、インプラントでもいいじゃないですか。今はそん色ない代理の歯があるからいい時代だよ、 と知り合いの歯医者も言ってました。恋愛も仕事も、まずは目の前にある手の届くところを大切にしてはどうでしょう。「理想は届かない」なる思い込みを捨てて、まずは一歩前進するしかないですね。いっそ、インプラントでもしたら人生はまるっと好転するかもしれません。
NO.276


---
【kabaさん】

初めて参加します。ありがとうございます!

1、サイトを作る。
2、初めての場所に少なくとも3回旅行する
3、自分をいたわる

去年の秋頃に初めて知ったとあるブログにとても感動し、感謝しました。そんな。人に役立ち、喜ばれながらお金も入ってくるサイトが作りたいと思いました。それを今年作ります。
子供を産んでから、好きだった旅行になかなか行けなくなってしまったのですが、もう4歳なので、そろそろ旅行を増やしたいです。行ったことのないところに行き、刺激をもらい、仕事に活かしたいです。
去年も自分をいたわろうとこの目標を掲げましたが、満足できることまでできませんでした。特に、子供の世話で手抜きになっている身体(外見)のメンテナンスをきちんとしたいです。自分を責めるのではなく、いたわりながら、なるべく早く行動に移せるように、上手く自分を持ち上げていきたいです。

いいですね、まずは外見のメンテナンス。自分へのいたわり、そしてその一環としての旅行。さて、今年になって3か月が過ぎました。サイトは着手したでしょうか?していたらそのままGO。そうでなれば5月までは着手しましょう。もしできなければ来年に。とにかくまずは出来ること、優先すべきこと。やっぱりまずは徹底した癒しが重要かもしれませんね。キルフェボンの1ピース1,500円のタルトを食べてみてください。
NO.277


---
【水月あいさん】

天使企画参加しま〜す❣️
風水コーチで、成功します。
光の存在として輝きを放ちます。
月収300万円達成します。

先ず、風水コーチで、皆んなの役に立ち、喜んでもらいたい。
なりたい自分、やりたい事に目覚めてもらい、笑顔と平和な世界にしたい。
そして、自らが光の存在となり、キラキラ輝き増す事で皆んなを導きたいのです。
伝える方法は、Facebookであったり、セミナーだったり、本の出版だったり。
で、皆んなが幸せになる事で、私自身も豊かになる。
月収300万円は、軽く達成するのです。
幸せ届けるぞ〜〜??

素晴らしい目標ですね!達成のためにアドバイスをするとすれば、バリバリのビジネス書を読み漁りましょう。特に重要なのはマーケティング本で、手始めに楠木健『ストーリーとしての競争戦略』とかいかがでしょう?読みごたえありますが、「光の存在」として着実に進むには良書だと思います。風水コーチで月収300万円は確かに難しくはないですが、そのためには良質のクライアント(つまりお金持ち)を客層に設定する必要があります。そのためにはあなた自身がセルフイメージを上げ、さらに戦略的に仕掛けていく必要がある。その意味で、もしかしたら「光の存在」なる言葉は不要なのかもしれません。
NO.278


---
【奈々乃さん】

天使企画初参加です☆
ありがとうございます☆(*^^*)☆

3つの願い☆
①心身共に健康になる!
②自分の心からの本当に好き!が仕事になり年収1000万以上になる☆
③わたしのスピリチュアル能力が最大限に強化されてわたしの守護天使さんやわたしのアセンテッドマスターさん、わたしのガイドさんとの繋がりがさらに強くなる!

今年はとにかく迷うことなくハートの声に従って本当の自分を生きます!!!

結論から言うと守護天使、アセンテッドマスター、ガイドとはすでに繋がっています。強くつながるとは「両手と強くつながります」と願うようなもの。まずは「強く繋がっている」と自覚し、会話を進めるようにしてください。ただし、実際に声が聞こえるのではなく、試練や難問として立ちはだかる可能性があります。一つ一つをガイドからのメッセージであり、試験だと思ってクリアしていくことで、年収1000万円など次のステージに進むことができる。何よりもまず、嫌だと思って放置していことを片付けることです。
NO.279


---
【信人さん】

まちに待ってましたww 天使企画に参加します!

1.年内に第一段階 月収100万円を毎月確実にキープする。
2.Jeepで久能山東照宮、伊勢神宮、出雲大社、九頭竜神社、新屋山神社を参拝する。
3.故郷、北海道を家族で時間もお金も気にしない旅行をする。

会社員から独立し個人事業主になる。今の会社との関係は取引先としてかインセンティブ契約とする。また、新たな取引先開拓し食品の卸業で利益率を上げ第一段階の100万円月収をとる。
そして、休暇を取り 家族で春から初夏にかけてJeepで伊豆、静岡、伊勢、大阪(アトムさん)、出雲神社巡りをする。
また、秋には家族三人で故郷 北海道へ母、兄弟、義兄弟、姪っ子を訪ねゆっくり休養をとる。
帰京後は次のステップ 月収200万円をつくるべく
新たな得意先確保か新たなビジネスモデルをつくりあげる。

すべて楽勝です!!!アトムではカレーを食べてください!それで完璧です!言うことありません!お墨付き!
NO.280


---
【ちささん】

①家族5人仲良く楽しく、毎日豊かに暮らす。
②沢山の楽しい出来事や素敵な人間関係の中で心穏やかに過ごす。
③発達障害の長男が心身ともにグングン成長して、おしゃべりできるようになり、子育てが楽しくなる。

去年は長男の発達障害が判明して、私自身の心の浮き沈みが激しい年でした。
だいぶん這い上がってきたけど、まだまだ心の大部分を長男のことがしめていて苦しくなります。

グングン成長できるように、沢山のよいサポートを受けて、私自身心穏やかに笑って過ごしたいです。

まあ、発達障害って「名前」はあるかもしれませんが、私も誰も多かれ少なかれ発達障害ですし、いわゆるその判明自体も大人になったら社会に溶け込むので心配ないですよ。完璧なんてものはないし、むしろ完全を求めるほど不完全な物はない。今置かれた場所がベストで、そこからできること、楽しめることを一つ一つ丁寧にやっていけばそれ以上の幸せはないです。ただ、心配されている長男さんの発達障害、それがまたなんの問題もなかったりして、10年後にはそんな話すら忘れてるもんです。みんな違ってみんないい。
NO.281


---
【ふみこさん】

はじめて参加させていただきます。70代の主婦です。

1.40代半ばの息子がやさしい女性と結婚し、健康な子供が産まれますように。
2.独り暮らしで寂しいので、ミニチュア・ダックスフント(メス・性格のいい子)を飼う
3.整体で今より10万稼ぐ

うちの息子はとても、もてて彼女が切れたことはないくらいです。ですが、父親が無責任な男だったので、トラウマになっていて、彼女に望まれても結婚には踏み切りません。
ですが、私の夫(息子の父)も昨年亡くなりましたし、私も生きている間に孫の顔がみたいです。
今も金銭的には困ったいませんが、もう少しお金が入ってくれば嬉しいです。201714
よろしくお願いします。

いいですね!モテて仕方ない!でももうそろそろ恋愛も飽きたと思うし、次のパターンがやってきてもいいですね。先祖供養すればいいかと思います。相手に縁はあるのに、子孫を作るようなご縁に育たない。できれば5代前くらいまでも家系図、すべては難しければ旦那さんの男系だけでも遡って作って見ると、何かがわかるかもしれません。長男さんが産まれたのは、その人達のおかげ。そしてご先祖様をリアルに見ながら、お孫さんが授かるのをお願いするといいでしょう!
NO.282


---
【エナジーさん】

Qさん、初めまして。天使企画、ありがとうございます!
2017年のQさんも楽しみにしています。
(海外在住です。Qさんの夢なにを地元の図書館で購読リクエストを出したら、それが叶い、今、読んでいます)

・家族みんなが毎日笑って暮らしている
・思い込みを手放している
・ひらめき、アイデア、インスピレーションがどんどん
涌いてきている

子供の言動に毎日ピリピリしていて、そのピリピリ感が家の中に悪い雰囲気を作り出している現状を改善していきたい。「こうでなければならない」という勝手な思い込みを手放した時に不要な力みが消えて、ピリピリ感から解き放たれるのかもしれない。ひらめきやアイデア、インスピレーションを得ることによって行動したり、また行動することでひらめき、アイデア、インスピレーションが得られるのかもしれないのなら、まずは小さなことでも興味があるなら行動してみようと思う。

子供さんはなぜピリピリさせるような言動をするのでしょうか?ちょっとした遊びですが、人形でも何でもいいので、家族メンバーをテーブルの上で配置してみてください。ご自身、子どもさん、その他の家族の「心理的位置関係」を置いてみるのです。距離感や向きなども心理的にどんな関係性かを考えながら。子どもさんは全体の中でどんな位置関係にあります?どちらを向いていますか?それをじーっと見ていると、なんらかのインスピレーションが出てくるでしょう。答えを探そうとするのではなく、ただ俯瞰的に家族の関係性を見てみるといいでしょう。
NO.283


---
【りんさん】

初めて参加します。どうぞよろしくお願いします!

1 月収100万円を継続的に得る
2 サロンも兼ねた都心のマンションに住む
3 子供を授かる

1 コーチとして独立して4年たちますが、年収200万円程度が続いています。ブログやメルマガを毎日書いて、そこからお客さんが来てくださってますが、ずっと現状維持の状態です。どうすれば自分の才能を発揮して、より多くの人に大きな価値を与え、大きな収入を得られるのかわからず悩んでいます。

2 豊かさを感じられるマンションでの暮らしを楽しみ、そこでセッションもできればいいなと思っています。今のマンションも悪くはないのですが、グレイトアップした生活をしてみたいと思っています。

3 結婚して18年になりますが、子供がいません。夫とは仲良しですが、夜の仲良しは10年以上ありません。44歳なので子供は無理かもしれませんが、女として愛されたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします!!

夜の仲良しについて、ここで具体的なアドバイスはできませんが、セックスレス専門のカウンセラーやリハビリ機関を探せばありますので、戸を叩いてみるといいかと思います。それで仲良しが復活すれば、コーチとしても良いケーススタディになりますし、夫婦関係専門とかになる必要はありませんが、これからのセッションにも応用がききます。現状維持を突き破るには、仲良しの復活から。専門家の話を聞いてみると道は開けるでしょう。
NO.284


---
【SSさん】

いつもありがとうございます。

1.恥じたり、恐れたりすることなく自分を表現して生きたいです。
2.外見は本来の自分の美しさを取り戻したいです。
3.1.2.をふまえて自分を嫌いにならず、大好きになって生きていきたいです。

なんだか、漠然とした願いばかりですが、長い間、人と比べ自分にダメ出しをし、自分を恥じて生きていたように思います。
一方で自分の中にある可能性も諦めきれずにいて・・・
くすぶっていて、どこかモヤがかかったような。もうそろそろそんな生き方やめたいなぁと思っています。
今でも、親の病気や実家の両親と姉との関係など、外側に意識を向けて、ネガティブに引っ張られそうになるのですが、もうそんな生き方やめたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

「本来の自分」はすでにあるんですが、残念なことにこれまでの人生でちょっと傷ついてしまってるのか、あまり表に出たがらないようですね。もし今、その「本来の自分」に声をかけるとしたら、なんて言ってあげたいですか?そしてその「本来の自分」にはこれからどんな人生を歩ませたいですか?家族の病気や関係など、そんな外側に翻弄されて生きていきたいですか?すべては自分次第。これからどんな人生を選んでいきましょうか?
NO.285


人気blogランキング

b0002156_15443417.jpg

by katamich | 2017-04-13 15:44 | ■天使企画
今日は早朝から滝行へ。今日はてっきり火曜日かと思って途中まで過ごしてましたが、月曜から始めたので三日目だったですね。ところでちょっと反省することがありました。今朝、いつものように次男がグダグダでテレビを見ながらいっこうにご飯が進まない。それくらいで滝に行ったのですが、帰るともちろん幼稚園には行ってます。ただ、嫁さんが次男に早く食べろといつものようにせかしてたら、母親に向かって「ジブン、うるさいよ」と言ったそうです。そのセリフ、オレの真似なんだそうで。大阪ではYOUのことをジブンって言うのですが、オレも時々言ってるようで、しっかり聞いてるんだとビックリとともに、言葉遣いは気を付けないとと反省。


と言うわけで、今日はいろいろタスクをこなしました。最近、フォームを貼ってそのままの月イチも告知文を書いてご案内。

■4月20日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾26 ~願いが叶うとき、心はどうなっているのか?


新刊の原稿も書き終わったので、今が一番ネタ的に新鮮な状態。そんな最初のセミナーとなりますので、装い新たにお待ちしています。このネタ、5月のチャリンコトークライブ(新潟、長野、東京)でもやります。
b0002156_2275328.jpg


もちろん2~3時間ですべてできるわけじゃないけど、人生が変わるきっかけはしっかりお持ち帰りいただきます。最新の「願望実現体質チェック=自尊心テスト」もそこで行い、レベルに応じた方策もお伝えします。今回のところはA~Dの4レベルで、特にBとCで方策の質が変わるのですが、そこが分岐点になるんです。こんな内容。


<Bランク:51%~75%>
・さらに自分を満たす
・人間関係を改善する
・応援力を高める
・新たな体験を求める

<Cランク:21%~50%>
・「頑張らない」を理解する
・無意識まかせにしない
・「すべては自分次第」を理解する
・インナーチャイルドを癒す



これが53%の「自尊心」の一部ですが、7%の「技術(コツ)」についても少しはお話できればいいな。こんな内容。


◎コツ1:どん底生活を救った「呪文」のパワー
◎コツ2:呪文の効果を最大限に高める唯一の方法
◎コツ3:なぜ、トイレ掃除で願いが叶うのか?
◎コツ4:一日に一回、最強のアファメーションタイム
◎コツ5:嫌なことは左脳に担当させる
◎コツ6:自分を癒す、悪口の上手な言い方
◎コツ7:つい言いがちな、願望実現を妨げる3つの言葉
◎コツ8:まずは「お金」を引き寄せてみよう!(その1:ランク別)
◎コツ9:まずは「お金」を引き寄せてみよう!(その2:100万円均一)
◎コツ10:瞑想は15分以上してはならない!
◎コツ11:スマホを使って願いを叶える方法
◎コツ12:人生は甘いんだ!


そのうち「コツ4&5」については、10日のLINE116号でお話しており、さらに本日配信したメルマガ171号でも貼り付けました。今なら購読後に最新が読めます


と言うわけで、4月20日に気持ちよく旅立てるよう、一つ一つしっかりタスクを片付けていきます。自転車の整備はいつしようか。ブレーキが危ないんだよな。と言うわけで、滝行の話をしようと思ったけど、後回しにして別の話をします。


先ほどの「Cランク」に『「頑張らない」を理解する』ってありますが、これ、先に説明しましょう。と言うか、先ほどメルマガでそれとなく書いたのですが、しばしば「頑張らないで上手くいく」って言う人いるじゃないですか。「頑張らなくていいんだよ」みたいなセリフもスピではお馴染み。


それに対して、アンチスピの人たち(実はスピ好き)は、「頑張らないとダメだ!行動だ!」と息巻くわけです。それは確かにそうで、何もしないで何かを得られるとかはない。ただ、現実問題として


1.頑張って⇒上手くいく人
2.頑張って⇒上手くいかない人
3.頑張らなくて⇒上手くいく人
4.頑張らなくて⇒上手くいかない人



の四種類がいるのも歴然たる事実。もちろん「頑張らない=行動しない」ではなく、それなりの結果に対しては、必ず原因(行動)がある。私はネットワークビジネスはやっていませんが、あれだって収入を得る前にほとんどの人が大量行動をしているので、決して棚からぼた餅ではない。


で、先ほどのマトリクスに関しては、「1」が理想で、「2」が残念で、飛んで「4」が自業自得でわかるけど、「3」ってなんだよって話になる。私はと言うと、結果的には「上手くいく人」にはなっていますが(収入、時間、仲間、その他諸々)、頑張ったかどうかで言うと、そんな実感はない。


では、そもそも「頑張る」って何か。私はその定義を「他者承認を求めて奮闘努力する」としています。ここでのポイントは「他者承認」です。つまり行動の基準が他人から認められることにあるのを、「頑張っている」と言うのです。もちろんこれは私の定義であって、辞書的なそれではありません。ただ、雰囲気はわかると思います。


たとえば自分が楽しくて勉強している人と、お母さんに喜んでもらうために勉強してる人、どっちが頑張ってる感じします? これは感覚値でしかないですが、自分で楽しんでるだけの人をあんまり頑張ってるって言いませんよね? でも、お母さんの喜ぶ顔を見るために勉強してるって、話としては美しいし、頑張ってる娘さんの姿が目に浮かびますよね?


だけど、私的にはそんなのはクソだと思っています。でも、いるんですよ。聞いた話ですが、昔、学年でトップクラスの女子がいて、隣で93点で泣いてるんです。それとなく聞いていると、「お母さんが100点以外は点数じゃないって言うの・・」、と。私だったら、60点くらいで喜んでた気もしますが、その女子の頭にはずっとお母さんがいて、つまりその時点で行動の軸が「他者」にあった。一方の私はと言うと、決して成績いい方じゃなかったですが、成績のことで親からあまり言われたことはなく、自分なりに喜んだり悔しがったりしていた。


つまり、頑張ってる人は、どこか軸が外(他者)にあって、そこでの評価を求めようとする。ただ、言うまでもなく「他者」って思い通りにならないんです。93点で叱る親もいれば、60点で褒める親もいる。その基準がよくわからない。なぜなら自分ではない「他者」だから。


それでも、その思い通りにならない他者から認められよう、認められようとするから、際限なく行動し続けなければならなくなる。そのため、頑張るしかなくなる。そして苦しくなる。それで上手くいけば御の字だけど、そうじゃないと非常につらい。


一方、頑張らない人は、軸がどこまでも自分にある。つまり、好き勝手。学年に1人や2人いましたよね。ぜんぜん頑張ってる雰囲気じゃないのに、いつも成績トップクラスってやつ。だけど、勉強してないわけじゃない。ただ、それを楽しんでいるから、能率的だし力も抜けているわけです。そう言えば同級生にまったく勉強してる雰囲気ないのに数学だけはいつも満点で英語と国語はいつも赤点ってのがいた。あいつ、どうしてるかなあ。


まとめますと、「頑張らない」ってのは、好き勝手にやれってこと。

そして好き勝手やってると、たいてい上手くいく。他人から認められようが、認められまいが、関係ない。このブログにしても、13年続いているのは、ただ好きだから。誰が読もうが、アクセスがどうであろうが、関係ない。ただ、オレが書きたいだけ。


もちろん今はセミナーやったり、出版とかもあるので、それなりに意識することもありますが、だけど、やっぱり「日記」の範疇を出ない。正直、ブログ対策とか考えたこともありますが、結局、こんな感じになってしまう。もちろん少しずつ変わってはいると思うので、10年前とはちょっとは変わってるかもしれない。変わってないかもしれない。


結局、繰り返しになるけど、好き勝手やったらええやん!ってこと。

何やってもいいし、何やらなくてもいい。自分の生き方くらい自分で決めたらいい。もちろん法律は守らないと不自由だし、経済活動だってあるにはある。まあ、それは最低限、生きていく上でちゃんとやろう。けど、他者からの承認を得るためにやってても面白くない。ほんと、マジでどうでもいい。他人の意見とかもどうでもいい。自分がやりたいか、やりたくないか、なんだよ。


ってことで、まだまだやりたい放題やります。いよいよ10日後にはロンドンからマルタか。実感わかないな。そうだ、救世主が現れた。ロンドンのセミナー、誘ってくれた相棒が行けなくなって、オレ一人かと思ったら、代わりの人がチケットを譲ってもらって。これで日本人一人じゃなくなる。で、その人のお仕事、英語の通訳だって。う~ん、持ってるな、オレ。ま、最終的にどっちでもいいけど、なんかあるな~って思ってます。そんなとこでまた明日。ありがとうございました。


   
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-04-12 23:39 | ■人生哲学
<セミナーのお申込みはこちら>


こんにちは、石田久二です。4月の「[月イチ]宇宙となかよし塾26(福岡)」は、「願いが叶うとき、心はどうなっているのか?」をテーマとしてお届けします。


どうなっているのか?

セミナーに先立って結論から言いますと、願いが叶うとき、「自尊心」が高まっています。たとえば


「頑張って行動しているのに、ほとんど願いが叶わない…」、
「本を読んで、セミナーに参加してしっかり学んでいるのに、なかなか結果が出ない…」、
「もう少しで上手くいくところなのに、いつも邪魔が入って失敗する…」
「人間関係も恋愛も良好なのに、なぜかお金だけには恵まれない…」
「(逆に)お金は不自由したことがないけど、彼氏/彼女だけはなかなかできない…」


など、心当たりはないでしょうか?


「To DOリスト(やることリスト)」を作って、スケジュール管理も万全にして大量行動しているのに、それが結果に結びつかないって、なにがおかしいのでしょうか?

また、本やセミナーでいろんな情報や知識を得て学んでいるのに、結果が出ないって、なにがおかしいのでしょうか?


すべては「自尊心」にあることがわかりました。

自尊心とは「ありのままの自分を認める心」であり、行動とも知識とも分けて考えるべきものなのです。願望実現には次の三つの要素があります。


自尊心:53%
行動(努力):40%
技術(コツ):7%


この割合はランチェスター経営戦略の竹田陽一先生による「願望:戦略:戦術=53:40:7」に着想を得たのですが、この黄金比は「自尊心:行動(努力):技術(コツ)」にもそのまま当てはまります。


ですので、一般の本やセミナーで得られる知識「技術(コツ)」は全体の7%にすぎず、そこにばかり重点的に投資しても、効果が限定的なのは明らかです。

同様にがむしゃらな「行動(努力)」も40%と全体の比率は小さくないものの、願望を実現する、目標を達成するには、これだけでは相当な頑張りが必要となり、結果が出てくるころには疲弊しているかもしれません。


できればラクに楽しく願いを叶えたいもの。そのベースとなるのがまさに自尊心なのです。自尊心の高い人は自分を含め、あらゆるものを認める意識が高い。時には失敗でさえも前向きに活かせる姿勢を持つのも自尊心の高さゆえ。


「営業」という仕事がありますが、一般的に多くの人は敬遠しがちです。なぜなら、営業は人から断られることが多いから。断られるとは、相手から否定されること。自尊心の低い人は、「営業で断られた=人格を否定された」と思い、それで心がズタズタになり辞めていくのです。


一方、自尊心の高い人は「営業で断られた=商品を断られたのであって、自分が否定されたわけではない」と思っているので、すぐに次に進むことができます。そうやって何度もアタックできるため、自然と営業スキルも上がり、売り上げを伸ばしていきます。


つまり、根底で自分を認めていると(自尊心が高いと)、相手から否定されてもさほどダメージはなく、結果、40%の行動力も高まります。一方、根底で自分を認めていない人は、相手から否定されると自己否定をさらに高め、行動を抑制してしまいます。そのような人が無理に行動をしても疲弊するのは当然のこと。


つまり、願望実編のプロセスとしては次の図式がなりたちます。


<自尊心が高い人>
他人の否定を否定と思わない⇒「行動」を継続できる⇒結果が出る⇒さらに自尊心が高まる

<自尊心が低い人>
他人の否定をさらに深める⇒(萎縮または激高して)「行動」を継続できない⇒結果が出ない⇒さらに自尊心が低下する


自尊心の高い人は行動力も高く、スムーズに結果に結びつきますが、自尊心の低い人は行動力が低く、行動できないか、または行動しても無理がたたり、なかなか結果に結びつきません。


しばしば自己啓発書などから「頑張らなくていい」という言葉が聞かれることがありますが、自尊心の高い人はそれで良いのですが、低い人は頑張る以外にありません。また、「頑張る」を定義すると「他人から承認を求めて無理して行動する」となりますが、自分で自分を認めていないため、承認を他者に向けるしかないのです。


しかし、他者は自分の思い通りにならないため、承認を求めてもなかなか得られず、仮に頑張って努力してなんらかの結果を得たとしても、その承認は一瞬です。そのため喉の渇きに海水を飲むかのごとく、常に承認を求めて渇望し続けるのです。


さらに加えて言うと、7%の技術(コツ)についても、自尊心の高い人は上手に活用して、結果が出るまでの時間を短縮しますが、自尊心の低い人は活用しても結果が出ないため、そのコツを批判して新たなコツを求めて大金をはたくようになります。


そこでこのセミナーでは「自尊心(ありのままの自分を認める心)」の本質に迫り、その診断と高め方、さらに時間の許す限り、自尊心をベースとした技術(コツ)についても踏み込んでいきます。



【セミナーの流れ】

1.願望実現力診断テスト=自尊心診断テスト

まず、10~30項目の設問によって、あなたの「願望実編力」を診断します。「願望実編力」とはそのまま「自尊心」を数値化したもので、たとえば60%の診断結果であれば、現時点で思ったことの60%が実現していることになります。

もちろん「行動」量を増やせば実現の量も増やすことができますが、無理を強いることになります。それよりも「願望実編力=自尊心」を高めれば、よりスムーズに願いが叶うようになります。


2.診断結果に基づく自尊心の高め方

ここでは診断結果を「4段階」に分け、それぞれに見合った高め方をお伝えします。


<Aランク:76%~90%>

自尊心は極めて高く、人生において思ったことはほぼ実現しているレベルです。書いたり、しゃべったりした「言葉」が、気が付けばほとんど叶っています。


<Bランク:51%~75%>

自尊心は一般的に高く、思ったことの半分以上は実現しているレベルです。今後は、
・さらに自分を満たす
・人間関係を改善する
・応援力を高める
・新たな体験を求める
などによってさらに高めることができます。


<Cランク:21%~50%>

自尊心は全般的に低く、願望実現の実感は乏しいのではないでしょうか。しかし今からがスタートですので、
・「頑張らない」を理解する
・無意識まかせにしない
・「すべては自分次第」を理解する
・インナーチャイルドを癒す
などによって自尊心を高め、思ったことの半分は叶うところまで持っていきましょう。


<Dランク:0%~20>

現在は残念ながら、思ったことが実現する段階ではありません。しかし今からスタートであることは事実です。まずは一歩、小さな成功や喜びを積み重ねていきましょう。


さらに全ランクには「前後左右のアファメーション」を実践することで、自尊心の核を強化することができます。


3.願望実現を加速させる12のコツ

全体の7%ではありますが、願望実現をさらに加速する12の技術(コツ)についても時間の許す限りご紹介します。確かに自尊心の53%に対して、7%は小さいように思いますが、実際は「コツ:7%」を入口に、「行動:40%」を高め結果を出し、「自尊心:53%」を満たしていく逆プロセスも存在しますので、一つでも自分に合うものは積極的に実践していきましょう。


◎コツ1:どん底生活を救った「呪文」のパワー
◎コツ2:呪文の効果を最大限に高める唯一の方法
◎コツ3:なぜ、トイレ掃除で願いが叶うのか?
◎コツ4:一日に一回、最強のアファメーションタイム
◎コツ5:嫌なことは左脳に担当させる
◎コツ6:自分を癒す、悪口の上手な言い方
◎コツ7:つい言いがちな、願望実現を妨げる3つの言葉
◎コツ8:まずは「お金」を引き寄せてみよう!(その1:ランク別)
◎コツ9:まずは「お金」を引き寄せてみよう!(その2:100万円均一)
◎コツ10:瞑想は15分以上してはならない!
◎コツ11:スマホを使って願いを叶える方法
◎コツ12:人生は甘いんだ!

b0002156_1531156.jpg


■日時・場所

・4月20日(木) 開場18:00、開始18:30、終了21:00

「天神重松ビル3階 302号室」
 福岡市中央区天神3丁目4-8(1階 西日本シティ銀行天神北支店)


■参加費

・初回:7,777円(当日8,500円)
・二回目:6,666円(当日7,500円)
・三回目:5,555円(当日6,500円)
・四回目:4,444円(当日5,500円)
・五回目:3,333円(当日4,500円)
・六回目以降:2,222円(当日3,500円)

<セミナーのお申込みはこちら>


<キャンセル料について>
本セミナーは7日前までは振込手数料分の500円を引いてご返金させて頂きます。前7日以降前日までのキャンセルの場合、半額をキャンセル料として頂きます。当日のキャンセルにつきましては、全額をキャンセル料として頂きます。
by katamich | 2017-04-12 15:31 | ■セミナー・研修・講演
脱稿。2月いっぱいを目標としていたけど、後半が思いのほか時間がかかってしまい。その間、インドとか沖縄とか、同時進行でもいろいろあって、4月に入って一気に仕上げた感じかな。もちろんこれから細かい作業はあるのだけど、書きたいことは書ききって編集者さんに投げかけました。

う~ん、世に出るのは早くて7月かな。4月20日までにまだやることいっぱいあるけど、一つ上がって一つ落ち着きました。かなり夜更かししてしまったので、朝はゆっくり寝て昼から原稿を仕上げて、滝行は夕方に行ってきました。ここ最近、ずっとこもってるので気持ちよかったです。


さて、そんな一日でしたが、ヒトシ君ブログが反応してくれました。ただ、「ヒトシ君ブログ=身体軸◯◯」ではないらしいので、そこは失礼いたしました。物語は大切にしないとですね。ですが、私は私の物語として、「ヒトシ君ブログ」という架空のブログについてお話させて頂きましょう。ここから先の話はすべて「推測」ですのでご了承ください。


滝行についてもご意見あるヒトシ君ですが、それについてもまた改めて書きましょう。まず、ヒトシ君に共感して信者からアクセスをもらうって発想、これはなかったなあ。お互い推測だからいいのでしょうが、なるほどそのような発想がその根幹にあるんだなと納得。私なりに共感の意を示したのは、純粋にささやかなエールなんです。


あと、ちょっとした好奇心もありました。ヒトシ君は基本、一方的にdisるだけで、反論にあうことって滅多にないだけに、いざリンクまで貼って取り上げるとどんな反応を示すだろうか、と。あったらあったで喜々として10倍にもして返すスタンスだろうから、基本、あまり相手にされてないんですね。ときどきヒトシ君ブログのことを指してか「批判はいけない」ってブログを上げる人もいるですが、そうなると「『批判はいけない』という批判をしている」などとメタレベルからぶっこんで来るから、結局、どうしようもないわけで。まあ、そのメタレベル批判はかなり常套句なんですが。


あと、三本線香さんについてはここ5~6年はまったく見てないですが、それ以前はかなりアンチの記事を書いてましたし、財布フリフリも同様。そこも推測と言うか、理解力のなさが露呈するわけですが、こんな長文ブログ、読んでられないし仕方ないですね。

ただ、ハゲは正しい。だってハゲだから。ですが、ハゲにハゲって言うのはよろしくないことは幼稚園生にでもわかってるみたい。と言うのも、今日も次男4歳の友達のニーナちゃんとカズマくんが遊びに来たのだけど、ニーナちゃんはオレを見かけると、「あ!つるっぱげが来た!」とか指さしで言う。来た!って、オレんちに来とんのはお前やろってツッコミはさておき、それに対してカズマくんは「そんなこといっちゃいけないんだよ」とさとしていた。でもまあ、別にいいです、そこは。


ともかくヒトシ君って推測上の人物は10年以上前からずっと他のブログをdisりまくってるのだけど、ヒトシ君に限らず、「批判」ってのは、結局、それが大好きだからやっちゃうんですよね。スピは特にその傾向が顕著。

阿部さんとか黒斎さんとかもよくdisられていますが、disる人たちってのは、元々は彼らの猛烈なファンだったりして、猛烈にアピールしていた。だけど、思ったように振り向いてくれないからか、いつしか「愛」が「憎」に変わって攻撃に出ちゃうんです。「愛」で振り向いてくれなかったら、「憎」をぶつけて振り向いてもらおうとする。「愛憎」って言葉があるように、その二つの感情はまさに表裏一体。


ただ、普通は愛憎の感情のふり幅はそこまで極端じゃないので、最初は面白くて講演とかにも行ったけど、そのうち行かなくなった程度で終わるもの。それが自分の感情との健全な向き合い方なんですが、普通じゃない人が一定割合いるので、一定のクレームやトラブルが発生する。特に人数が多くなればなるほど。そこは過渡期として善処するしかないわけで。


その意味で、ヒトシ君もスピに対する「愛・憎」の幅が大きすぎて、それで誰彼構わず批判してしまうのだろうけど、根底にはスピに対する深すぎる愛がある。でないと、あんなにたくさんのブログ、読めないでしょ。ぶっちゃけ、私なんかスピ系のブログ、ほとんど読めていません。いや、友達のもあまり読めてなくて、「いいね」もつけられない。理由は単純で、全体的に読むのに飽きたから。それよりも本を読んでいたいと思う。

その点、ヒトシ君は所詮は素人のブログを一つ一つチェックして、頻繁にレビューされるわけでしょ。愛してないとできないです。なので、私のもレビューしていただき嬉しいです。もちろんリンクは不要ですし、ヒトシ君もちょっとお困りのようでしたので、リンクは外しておきました。
b0002156_23392348.jpg


こっからはヒトシ君の推測をストーリーで振り返って見るわけだけど、いろいろわかってくるし見えてくる。学校を卒業後、一般の企業・役所に勤めるものの、元々セルフイメージは低い割りにプライドだけは異様に高いため、上司や客に頭を下げるのが苦痛でしばらくして退職。自分は一人でやる仕事しか向いてないと悟り、柔道整体師の学校に通い資格を取ります。そんなとき、スピに出会います。


小林正観の「うたし会」に始まり、足立育朗、船井幸雄、江本勝(はちょっと遠慮しといて)、エドガーケイシーなど外国ものにもハマります。どっぷりハマります。ありがとう10万回も7回くらい達成し、波動グッズも次々と買い集めます。一応、滝行もやってみた。さらに300万円近くする波動系の浄水器も購入し、もちろん借金になります。


そんな矢先、ハマってたスピ組織の中でトラブルに巻き込まれます。と言うか、それはヒトシ君がただ周りからスポイルされただけなんですが、結局、浄水器や波動グッズの元も取ることができず、人間関係も最悪となり、スピ組織から離れることになる。だけども、スピそのものは好きで自己流に研究を重ねながら、元の仲間のことをバカにし始めます。よっぽど嫌なことがあったようで。


そして2000年代に入り、公庫から借りて晴れて独立。スピリチュアルや波動を前面に押し出した、一風変わった整体サロンを開業します。「うたし会」などの組織は最悪だけど、この世界そのものは好きだし、積極的に仕事にもしていきたい。ユニークなのでそこそこお客さんも来てくれる。そしてホームページビルダー等を使って自前でウェブサイトを構築。間もなくFC2でブログを開始し、良質な情報発信を心がける。集客のためにはアクセスを増やす必要があり、「人気ブログランキング」に登録。瞬く前に上位にランクされ、それとなく周りのブログを読んで唖然。昔の自分がいるし、昔、ハマりながらも嫌悪した世界がまだそこにある。いわゆるかつての自分がそうであったエセスピ、クレクレ星人が蔓延している。そして思わず、名指しするわけでもなく批判してしまった。もう、それからはとどまることを知らない。


しかし、あまりに批判をし過ぎたためか、ブログの空気も悪くなりとりあえず閉鎖。間もなく「ヒトシ君ブログ」を再開し、相変わらずスピ批判に精を出すも、またも空気が悪くなり閉鎖。そしてまた再開し今に至る。自分で作ったサロンのウェブサイトはとっくの昔に閉鎖し、オフラインで営業する一方で、ブログの良質な情報にひかれて連絡してくる読者がいる。敵の多い自分だけに、しっかり客を見た上で、営業。ただ、それだけでは物足りないので、最近はハーブなどの委託販売も開始。最初見たとき、「ひとしインフォメーション」かと思ったけど、違ってました。さらには「遠隔ヒーリング」など、いかにもなサービスもやってて、実に「ひっそりとスピリチュアル」してるわけです(どっかで聞いたタイトルだ)。ま、遠隔ヒーリングを受けるアスリートがいたらイヤだけど、そこは私の知らない世界ですから何とも。


以上は私の創作ですので、登場する人物、団体は一部を除いて架空のものです。ただ、一つのパターンではあります。途中、イオンド大学から名誉博士号のオファーがあったかどうかは知りませんが、この世界って一つのパターンがあるんですね。結局、どんなことでもそうですが、繰り返し言うように、「批判」の根底には「偏愛」がある。


好きで好きでたまらない。だから遠隔ヒーリングもするし、霊や波動についての相談にものる。ハーブも売る。だからこそ、このスピの世界をお金で穢しているような連中が許せない。基本、批判の大部分に「お金」があるのも共通しています。なので、ヒトシ君ブログを読むと、狂おしいほどのスピへの偏愛が伝わってくるんです。ああ、この人、本当にスピリチュアルが大好きなんだなあ。ある種の近親憎悪でもあるけど、批判の根底には偏愛あり。これは心理学マターの話でもありますが。


ちなみに反パチンコ系のブログって割とあるようですが、私はまったく興味ないし、読もうとも思わない。なぜなら好きでも嫌いでもないから。でも反パチンコのブログを書いたり、読んだりする人は、一度ならずパチンコにハマっている。パチンコはある種、麻薬のような脳内作用があって、自分ではどうしようもなく治療が必要なこともありますが、いずれにせよ反パチンコを訴える人は、パチンコに対する偏愛が強い。パチンコさえなければ、自分はこんなに苦しくないのに。絶対に手の届かない女性に恋い焦がれ、ストーカーする男性心理に近い。


スピもまったく同じ原理。執拗に、ある意味、病的に批判する人は、実はスピに麻薬のようにおぼれている。単純に好きを通り越して、溺愛、盲愛と言えるほどにおぼれている。そして冷静な読者は、みんなわかっている。共感を示す一部の人は、同じようにスピを愛し、スピを憎んでいる苦しめる人たち。だからこそ、スパスパと時には名指しで批判する記事にはアクセスが集まる。しかし、批判に集まる人は批判的な人ばかりで、やはりそのブログも疲労がたまって閉じざるを得なくなる。


ちょっと今日は批判めいた内容になり、猛烈に自戒が促されますが、たまにはこのようなブログもいいかもしれません。たまにじゃないかもだけど。ヒトシ君については、もちろん架空として書かせてもらっていますが、どんなにdisられてもなんだか憎めないのも事実。好きなのかも(笑)

やっぱりスピが好きな人だし、造詣も深い。もちろんわかり合うことはないけど、それもまたよし。こんな風にズバズバとブログで斬り合うのもまたおかし。私もたまには読んで、面白いネタがあったら拾おうとは思いますが、ヒトシ君の話は今後は控えます。明日は滝行の話をするのに、ちょっと踏台にさせてもらうかもしれませんが、これからも長文ブログで突っ走っていきますね。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■4月20日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾26 ~願いが叶うとき、心はどうなっているのか?
   
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-04-11 23:39 | ■精神世界
今日から一週間の滝行に入りました。なんとも1月以来でして、水はかなり暖かくなってるはずですが、久々に打たれるとさすがに冷たいですね。滝場で水に足をつけたときが一番縮こまります。満行は17日(月)でして、その週末にいよいよロンドンです。


さて、「人気ブログランキング」を移動してみて、ちらほらブログ偵察してみると、最近はいろいろあるんですね。スピ批判ブログが。実はスピ批判ブログとしては、何を隠そう、この「宇宙となかよし」が先駆者の一人と自負しています。2ちゃんにも「スピが嫌うスピブログ」みたいなニュアンスで紹介されたこともあって実に光栄でした。そんなスピ批判でおそらく最も激しかったのが2011年の地震関連だったと思います。


当時はまだミクシィがメインで、あるブログがめちゃめちゃ拡散されてたので読みに行くと「2011年8月12日、伊豆半島沖で東日本クラスの大地震が起こります。成田空港が津波で水没し、スカイツリーが真っ二つに折れます」的なすごい予言がなされてました。もちろん爆笑したのですが、そのブログのコメント欄を見ると、「ありがとうございます」的なのが多く、「夏休みの熱海の旅行をキャンセルしました」みたいなのもありました。

なぜにそんなに受けたかと言うと、ブログの人はお母さんなんですが、その小学生の息子さんが夢の中で天使と交信して得た予言だから信ぴょう性が高いとの判断。笑うしかないのですが、そんなことでこれだけ拡散されることの気持ち悪さと、熱海の人に謝れ的な気持ちが湧いてきて、そのコメント欄に私の電話番号を載せて、話聞きたいからかけて来いって書き込んだんです。


そしたら一気にまた炎上しまして、2ちゃんにも飛び火して、そこにもオレの電話番号を載せられる始末。二人から電話が来ました。いずれもこの一件で石田さんを知りました、しびれました、応援してます、みたいな内容。結局、その当日までにブログは閉鎖され、地震も来ませんでた。検索するとまだ残ってたわ


956 :本当にあった怖い名無し:2011/08/05(金) 15:11:25.02 ID:hn7OgOcJ0
まとめ

2011年7月26日ブログ開始、以後毎日更新

2011年8月2日2ちゃんねるにスレが立つ

2011年8月4日コメ欄にて石田が暴走、コメ欄閉鎖

コテ造や天使の意見がなくなり、ママゴンと青白い光のブログに
なる←いまここ


この「石田が暴走」の石田がオレですから。結局、あとでわかったのですが、そのブログ主は静岡かどっかのスピサークルの人で、近々に自主開催イベントが予定されてて、その集客目的で立ち上げたブログだったようです。さすがスピに精通しているのか、群衆がどんなネタが好きなのを熟知されていて、その意味では大成功だったんじゃないでしょうか。途中までは。

ああ、こんとき「石田」ってのが来なかったらイベントに人が集まって、「皆さんの祈りのおかげで地震を鎮めることができました」って涙ながらに語って、裏でにやけながら札束数えられたのに。すみませんね、まったく申し訳ないと思ってないけど。


このとき、「石田は商売敵だから攻撃したんだろ」みたいな書かれ方もされましたが、それはまったく違ってて、この時点ではとっくの昔に参加者層も変わってましたから。天使がどうとかって人はいなくって、あ、「天使企画」も再開しなきゃ。忘れてませんよ(笑)

ようは、この時は瞬発的にコメントしてしまって、書いちゃったので後に引けなくなっただけのこと。でも純粋にこういうのは嫌いでしたが。そう言えば今年1月、フェイスブックで妙なのにからまれてしまい、その様子をブログにもアップ「とある対話篇(前編) 2017.1.10」しましたが、ちょうどあの時のAさんみたいな感じだったのかな。つまり、スピがめちゃめちゃ嫌いって人から、天使とかアカシックとか言ってる私に対して猛烈な批判があったわけです。私はその人のことを知らなかったのですが、話をしているとだんだんかみ合わない。私は朝までやるつもりでしたが、何となく途中で終わりまして、それでも疲れたし、いろいろあったのでいったんフェイスブックをやめて、3月にまた戻ってきました。はやっ。


まあ、当時から私はこんな感じで、今は丸くなったと言うか、批判するのに飽きてきたのもあり、今、もしこんな予言のを見てもスルーしますけど。あんときだって、あの後、「こんな予言ありますよ」みたいな報告いろいろいただいて、ようはまた噛みつけってことだったんでしょう。そしてその翌年、アウルズエージェンシーの下野社長から本を書けと指令がきて、最初に原稿を出した中心がスピ批判でした。そこで「まったく面白くない」と一刀両断され路線変更。確かにそうだ。あの時はスピ批判に燃えて鼻息荒かったけど、あんなのが本になっても面白くない。


で、今はどうしてるかと言うと、セミナー始めたくらいからあまり変わってなくて、スピだけどいわゆる「スピリチュアル」を前面に押し出す感じじゃなく、ジャンル的には自己啓発になるのかな。書店の書棚は「スピ、心理学、ビジネス、自己系」辺りに分類されてるみたいだけど。ただ、一言で「天使」と言っても、方便やメタファーとしてはオレも認めてるし使ってますが、結局、それでも幸せになる人がいればいいのかな、と。ちなみにオレにとっての「天使」のイメージはこれ。
b0002156_21535339.jpg


なので、たとえばブログランキングの上位とかって、オレからみたらスピ過ぎてついていけないものもあるし、正直、読んでても頭に入ってこないのだけど、これはこれでいいと思ってるんですよ。そんだけ人気があるってことは、それ読んでいくらか幸せになる人が多いってことだから。なのでオレのブログにしても、そこまでのスピではないにせよ、心の領域を扱っていて、スタートは自分のこととして願望実現の研究を重ねてきたわけで。その意味では今度出る本は割と教科書的な本になろうかと思う。


特に「お金」についてはシビアな問題で、オレのようにスピでお金を引き寄せる人もいれば、そうじゃない人もいる。もちろん厳密にスピって言葉じゃなく、いわゆるメンタルとかビリーフの領域で願望実現、特にお金のことは研究してきました。その結果、最近わかったのが「53:40:7=自尊心:行動:技術」って割合で、やみくもに行動しても自尊心が低ければ空回り。もちろん技術(いわゆるテクニック)だけやっても無意味。


満現に通帳をかざしても、実際に臨時収入が入ってくるのも、極端だけど自尊心が高いからと。自尊心とは「ありのままの自分を認める心」であって、スピの言う「ありのまま」も実はこれ。決して「何もしなくていい」ではない。では、どうすれば「ありのまま」の自分を認められるのか、自尊心を高めらえるのか。その話をどんどん展開していきたいと思います。こんなブログですが、少しでも楽しんで読んでいただける人がいると嬉しいです。


と言うわけで、明日も滝行、頑張ります。バリバリのスピリチュアルモードでいきますんで、よろしく!ありがとうございました。


---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-04-10 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日も執筆。いろんなタスクのタイムリミットが4月20日。その日は「宇宙となかよし塾(福岡)」でして、いつものように飲んで夜中になって、翌日は11時半の福岡発。国際線なので9時半には空港でチェックインしないとね。パスポートを忘れないようにしないとね。今のパスポート、2021年で失効なんだけど、スタンプページも半分いってて、かなり海外行ってるんだな~って改めて。そしてビジネスクラスでのロンドン。楽しみだけど、アンソニー・ロビンズのセミナー、ブルーだな~。マルタはめっちゃ楽しみだけど。


と言うわけで、スッキリした状態で行きたいので今、頑張ります。今日は夕方、先日、石垣島で買ってきたいいお肉を七輪で焼いてと思ったけど、風が強くて寒かったので家でホットプレートに変更。でも、やっぱりこれは炭火で食べたかったね。6月も行くのでまた買って来よう。


その6月だけど、21日~24日で、石垣島、西表島、新城島の3泊4日。西表島は初上陸。初日の石垣では「石垣一の居酒屋」で最高の刺身を食い、その後は島唄バーに行きたい。西表島は一日、カヌーとかのアクティビティの予定で、3日目の新城島(パナリ)は島の散策(一時間で終了)とシュノーケリング、そして夜はBBQになるわけだ。ここで食う肉は間違いなく世界一美味い。ただ、この後でぱぴぃが作る焼きそばは世界一不味い。二つの「世界一」を味わえる最高の場所なんだけど、今度は焼きそばはなしか、調理を別の人にお願いしたい。でも、ぱぴぃはきっと買ってくるだろう。
b0002156_3214495.jpg


それにしても楽しみなことだらけだなあ。何度も言うけど、好き勝手、最高!ただ、好き勝手にするにも、それなりに裏でやることはやるけどね。執筆もそうだし。ただ、それもまあ、好き勝手と言えば好き勝手だけど。

そうだ、さっきLINEを吹き込んだ。とんでもない話、しちまった。どんな話かと言うと、これを聞くと願いが叶ってヤバいって話だよ。一日一回、ある時間帯にアファメーションをしたら100%叶うってことがわかってしまって、そんな話、無料でしたいいのかしら、、、って内容。

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」


すでに配信済みだったらごめんなさい。でも、気まぐれにメルマガでも同じ音声を貼り付けることがあるので、よかったら気長にお待ちください。一応、6月21日~24日のツアーの申込みもメルマガからできるので(残1/18名)、「世界一」を味わいたければぜひご参加ください。あと、パナリに行くと身体が緩みまくるので、そこでしゃべってこともまた100%叶います!


100%って本当ですか?と言われても、これは断言する!100%だ!LINEで公開した「ある時間帯のアファメーション」も100%だ!それにしてもまたパナリで肉食いたいなあ。6月はちょうど夏至なので8時くらいまで明るい。そして熱いと思う。ヤシガニもその辺にいるようなので、捕まえて食べるつもり。ノニはさすがに食えないけど、天然ハーブはちぎって肉に挟んで食うと美味い。


「世界一」と言うと、一応、アンソニー・ロビンズも世界一のコーチって言われてるらしい。売上は間違いなく世界一だろうな。一回のセミナーでトニー自身が一億円かそこらもらうらしいし。いいなあ、一回のセミナーで一億円とか。オレの年収だよ(そのうちの)。ロンドンも世界一の何かがあるのかな。マルタはどうかな。調べると、「世界一のんびり屋さんの多い国」とも「世界で一番幸せ度の高い国」とも言われてるらしい。
b0002156_3244523.jpg


う~、そんな国だったら、もうロンドンに帰りたくないとか言いそうだな。てか、誰かマルタで合流しませんか?一人だったら二人きりになって緊張するけど、合計三人くらいいたら一緒にワインでも飲みたいね。ロンドンも在住の方、よかったらご連絡ください。滞在中はセミナーなんだけど、途中で抜ける口実にもなるしね。そんだけ今度のアンソニー・ロビンズはブルーなのだ。てなわけで、今日はどうでもいい話でした。明日から一週間、滝行します。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■4月20日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾26 ~願いが叶うとき、心はどうなっているのか?
   
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
by katamich | 2017-04-09 23:39 | ■日一日
う~。ようやく第四章が終わりまして、明日から最後の第五章に入ります。ただ、第五章は割と軽めの内容なのでサクサク書けそう。何がってやっぱり第四章がハードだったなあ。で、4月の「宇宙となかよし塾(福岡)」のタイトルも決めましたのでご案内します。


■4月20日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾26 ~願いが叶うとき、心はどうなっているのか?


すみません、1~2日中に案内文も完成させますが、まずはフォームからお申込みできます。5月の新潟、長野、東京のチャリンコツアーもこのテーマでいきます。ここ最近、とても大きな発見がありましてね、ブログでも書いた通りですが、「願いが叶う心の状態」ってテーマ。

つまり「自尊心」なんですが、この診断テストをブログ上で発表したところ、自分でも思っていた以上の精度となりまして、あれからさらに精査して合計30問を作りました。なので、さらに精度が上がるかと思いますが、このテストで「願望実現度数」が数値化されてしまうのです。ただ数値化されるだけじゃあんまりなので、自尊心をアップさせる方法についてもレベルごとにご用意しました。4月、5月の内容はそれで。もちろん新刊にも入っていきます。


やっぱ、本書いたり資料作ったりって大切ですね。2007年にセミナー始めたのだけど、毎回毎回4ページから12ページくらいの資料を作って人数分の印刷してのぞんでました。それがここ2~3年、『夢なに』、『運なに』と出してから、資料も作らずその時々のアドリブでセミナーするのがメインだった。まあ、それはそれで成り立つのだけど、自分の中での新鮮さが乏しくなった。なので、これからのセミナーはかなり内容も濃いですよ。やっぱり資料とかコンテンツって一生更新し続けないとってことですね。本も定期的に出しておいた方が、自分自身のブラッシュアップにもなりますし。本も一生書き続けてまずは100万部超えが目標だな。


そうだ、せっかくなので普段あまりしない話でも。私も一応、著者の端くれですし、累計で10万部は超えてるってことで、できる話もいろいろあります。海外も含めるともっとあるかな。今んとこ台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、韓国、中国で出ています。次は英語圏だよな。それも目標にしておこう。


で、僭越ながら本の出し方について書きます。と言っても、極めてシンプルなんですが、あくまで私の事例と言いながら、それでも大切なことを書きます。本を出したいって人、周りにも結構います。その時点で出せる人と出せない人の違いを申し上げます。出せる人は、「すでに書いている人」です。


これって願望実現の根幹にもあるんですが、「~したい」と言ってる時点である程度の準備ができている人は、間違いなく実現します。私の事例で言いますと、2007年に「出版」の文字がチラホラきまして、それでもリアリティはまったくなかった。だけどコーチングを受けていて、その人から「石田さんも本出したらよろしいやん」と言われましてね、セミナーもやってないし、もちろんコンテンツもないですよ。ブログのアクセスだって今ほどはない。なんだけども、勧めれるままに畑田洋行って人の『自分の企画を本にしよう!』なる本をアマゾンで注文していました。それを読みながらまずは企画書を作り、原稿を30ページほど書いて10社くらいに送り付け。


すると一社、D出版社の編集長さんかすぐに電話がありまして、企画に興味があるから近々来社できないかと。もうその時点でデビューした気分になってたのですが、いざ訪問したらけちょんけちょんに言われまして。「この宇宙にあなたの本を出す出版社はありません」などと言われ、もちろん「宇宙」とは言われてないけど、そこまでボロクソに言われたんです。けどですね、あまりショックでもなかった。自分的には出版社に訪問しただけで大きな一歩でしたから。


その一年後、鳥居祐一さんと出会いまして、気に入られまして、今は角川に吸収された中経出版の編集者さんをご紹介いただいたのです。今の角川はスピを連発していますが、当時の中経はどちらかと言うと実用書が多くて、ただ、小林正観が当たったのでそっち路線も考えようってとこでした。最終的に副社長までは推しだったのが、最後の社長でNGが出てお流れに。今思うと流れてよかったんですが、実はその時点で二冊分ほど書いていました。

中経が流れた直後、今度はフォレスト出版の長倉編集長のところに行きまして、そこでもけちょんけちょん。なんだけども、先ほどのD出版社と同じく、貴重なアドバイスをいただきまして自分としてはOKだったんです。長倉さんとは最近よくニアミスしますけどね。そのうちにコラボセミナーなんてのも実現しそうな運びで。


そして2009年、『ツキを呼ぶ魔法の言葉』の五日市剛さんと懇意にさせてもらったことで、評言社さんをご紹介いただき、その半年後に一冊目の『宇宙となかよし』が出てアマゾン総合一位にもなりました。その瞬間を見ていたのがサンマーク出版の金子さんでして、なにやら面白そうなのが出てきたって印象だったらしい。


その後も本を出すつもりがなかなか進まない。アウルズエージェンシーの下野社長から書けと言われたのが2012年で、そっからさらに一冊分以上は書いたんです。でも、なかなか出版社が決まらずに、サンマークの金子さんと連絡してたことを思い出した。で、企画書を送ったところ返事がきました。原稿ないかと言われたので、10万字くらいのをドカンと送ったのです。それがあるなしでは大きな違いだったと思います。


今にして思うと、本を出すこと自体のハードルってそんなに高くないと思うものの、実際に書ける書けないって大きいと思うんですよね。出版セミナーに行ったり、その手のコンサルさんから編集者さんを紹介してもらったり、入り口はたくさんあるんですが、肝心の「書く」をしない人が多い。本を出すとか出さないとか、そんなの関係なく原稿だけは書けるわけですよ。有名人とかならともかく、出版セミナーとかに来るレベルの人が「書いてない」ってちょっとおかしいわけ。中には最初からライターさんを付けようと考えたり。編集者さんだって、最初から完璧な原稿を求めてるわけじゃない。よく知らない人なんだから、そもそも物理的に書ける人なのかを知る必要がある。ブログやメルマガ書いてますじゃダメなんです。本として分量のある一冊が絶対的に大切なんです。原稿ありますかと聞かれて、「ありまんがな!」と気持ちよく出す人。これが重要。


そんで金子さんに原稿をお送りしたところ、何が書きたいかはわかってもらえたし、内容もそこそこ面白そう。だけど、このままでは本にならないのでいろいろ指示が入ります。そこは編集者の仕事として。それが『夢なに』になったんだけど、結局、まるまる書き直すことになりまして、でも、それでよかったんです。編集者さんと二人三脚で作った本として。


b0002156_2571087.jpgちなみにこの写真は2013年9月で「企画が通りました~」って乾杯をコーヒーでしてるとこ。アウルズの下野社長と橋詰さん。下野さんはなんか今と雰囲気違うよなあ。この後は成田空港に行きまして、アブダビ経由でアイルランド。今から4年前です。なつかしいけど月日が経つのは早いなあ。金子さんんもこの後、リュウ博士とかFUMITOさんとか大杉さんとかヒットを連発してかなりヤバい人になってますからね。2~3年のうちには『夢なに』『運なに』に続く第三段もやりますが!


そんなこんな2014年に『夢なに』が出まして、そこそこ売れまして、了戒さんとかいろんな人と知り合いまして、いつの間にかバンドやったり旅したり、アホなことばっかり好き勝手な人生を送ってるわけです。今年も、と言うか今月も好き勝手が待ってますが、まずは今の原稿を仕上げてスッキリしてから行きます。それ以外にもやることたくさんあるけど。


話を戻すけど、無名の人が出版するには、いろんな入り口とは別に、まずは粗削りながらの渾身の一冊が大切なんだよね。

それは願望実現全般においてもそうで、「~したい」と言うなら、それに紐づけされた準備が重要。自分できる準備もせずに、「~したい」だけ言ってると、潜在意識がそう学習しますよ。つまり「私は言うだけで具体的な行動(準備)をしないんです」って情報をインプットして、それで永遠に願いが叶わないわけ。もう一度言うけど、自分でできることはやっておきましょう。やるだけやって、あとはお任せでもいいけど、やることやらないでクレクレで指くわえて待ってると確実に時期を逃しますから。

と言うわけで、もう少し原稿頑張ります。ありがとうございました。
   
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-04-08 23:39 | ■ビジネス・事業
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日も一日、家にこもっていました。夕方、歩いて銀行に行き、ちょっと身体を緩めましたが、ここ数日、ずっとインドアですね。今月20日からしばらくはずっとアウトドア生活になるので、今のうちに引きこもって作業を進めておきましょう。そして今日、これが届きました。
b0002156_2403113.jpg


もしも今、このセミナーに参加しないかと誘われたら即NOです。一年前、なぜ参加しようと思ったのか。しかも誘ってきた相棒はキャンセルになったと言うのに、どんな「宇宙の意思」が働いて、これに参加させようとしているのか。きっと、脳のバージョンアップだな。


今年に入って、ここ2~3年の中で最もインプットが進んでいます。本もいつになくたくさん読んでおり、最近は歴史、心理学、自然科学が多いですかね。同時にコンテンツも次々と出てきて、2014年の『夢なに』からはほとんど更新せずにやってきましたが、今年に入って本当に急速にアップデートが進んでいます。これから、間違いなく面白いことが起こってきます。


でも、今年もすでに何だかんだ面白いことばかりしてますよね。1月は冬眠して、2月はインド、3月は沖縄、4月はロンドン&マルタ、5月は新潟・長野・東京での自転車。何が楽しみかって、やっぱり自転車ですよ。2014年11月に福岡・広島・大阪・名古屋・東京で自転車をやりまして、それで終わるはずがすっかり病みつき。去年はニュージーランド、北陸、東北・北海道と3回もやっちゃいまして、今年も2回はやるつもり。韓国の講演オファーが来たら絶対自転車で行くぜ。



それにしても、ほんと、やりたい放題、好き勝手の人生です。これはもう、嫉妬されて当然かもしれませんが、仕方ないですね。ぶっちゃけ、嫉妬のエネルギーって疲れますが、それを核融合して使えるようにしちゃってます。どんどん来いや!


そうそう、ここ最近、「ヒトシ君ブログ(私が勝手にそう呼んでいるだけ)」、こと身体軸ラボさんのことを取り上げていましたが、決してdisってるつもりはありません。Qさんにしては珍しくdisってるとか言われまして、え、そうかな、オレって基本disりキャラだけどね、と思いながら、ここ最近はすっかり「disられキャラ」になっていたので、そのギャップなのかな。


ヒトシ君は10年前からずっとあの調子でスピブログをdisっていて、随分と気分を悪くされた方もいらっしゃったようですが、私もそんな時期はありました。だけど、あそこまでいくとかえってすがすがしくて、どんどんやってくれと思ったりしています。よかったら私のこともどんどんdisってほしい。皮肉じゃなくて、いろんな気づきがあるのも素直に認めますので。ただ、いわゆるdisり記事も面白いのですが、ご専門の「身体」の記事はすごく役立ちます。文章も達者なので、私のように長々書くのではなく、要点をおさえてスパンと書かれるので入ってきやすい。糖質制限の話なども納得。


最近は政治的な話題も取り上げていますが、イデオロギー的には似たところがあるので、それも共感。決して中途半端なネトウヨなんかではなく、きちんとした知識と信条をお持ちのようで、森友事件に関する記事も納得でした。結局、森友事件は野党が長引かせるだけ長引かせて、挙句の果てブーメランで逃げ回って、国民の血税を使って「忖度」って流行語を生み出しただけで終わりそうな気配です。


ほんとさあ、日本の野党ってどうしてああなのかな。一説によると「日本の」ではないと言われますが、まあ、そこはあまり踏み込まないとして、とか思ってたら、あ~っと長島昭久議員がついに離党!!長島さんは確かに民進党にありながら思想的には完全に保守ですから「共産党との共闘」なんてあり得ないわけですよ。


いや、長島さんでなくともあり得ない。これは共産党からの歩み寄り(ソフト化)が大きいようですが、いずれにせよ普通に考えて共産党との共闘って茶番を通り過ぎて、完全にお笑いです。アメリカや韓国はどう見てるのかな。共産党も「確かな野党」として、どこにも入れたくないときに入れるくらいの存在意義はありましたが、そもそも日本に「共産党」なんてのがあること自体、おかしな話なんです。もちろん韓国のように法的にNGってわけじゃないけど、現実的には何のためにあるのかわからない。


現在の「日本共産党」がどうなのか不勉強でよく知りませんが、そもそも共産党が目指す世界はマルクス・エンゲルス主義に基づく「平等社会」です。ちょっとお勉強に入りますが、マルクスって人はまず予言者であり宗教家です。人間は平等に「労働」の価値を持ち、国家のきちんと計画したやり方で労働を提供していけば、誰も飢えることなく、平和で安心安全な社会が築かれると言いました。ですが、人間の欲望は格差を拡大させる資本主義を生み出します。しかし資本主義は「資本家(金持ち)」と「労働者(一般人)」の格差を広げる内的矛盾を抱えているので、そこから内部分裂して最終的には誰もが平等なユートピアが誕生すると予言したのです。


そういったある程度の経済理論に支えられつつ、かつ、理想社会を目指すマルクスの野望に多くの人が熱狂し、いわゆるマルクス教の信者が世界中に増えました。ただ、戦前の日本はマルクス教の信者たちを「治安維持法」で弾圧し、アカ狩りと称してつぶしに入りました。そんな背景で描かれたのが小林多喜二の「蟹工船」です。


ともかく、まず共産党ってのは完全なる「宗教」であって、その意味ではオウムの「真理党」と本質的にはあまり変わらない。共産主義は労働にこそ価値があると言ったので、その意味では身体を使わず稼ぐ知識人は邪魔なのです。それを素直に実践したのがポルポト。


70年代にポルポトが政権を取ったとき、「これからカンボジアに新しい社会を作るぞ~、外国にいる知識人の皆さん、帰国して力を貸してください~」と呼びかけました。そんな理想を夢見る外国の知識人はカンボジアに次々と帰ってきたのですが、そこで何が起こったかと言うと、皆殺し。共産主義にとって知識人は邪魔なので皆殺しにする。オウム的に言うとポアする。ポルポトはメガネをかけてる人まで勉強してるだろうからと殺した。さらには美男美女も不平等だってことで殺した。そうやって一時期、国民の3分の1くらいは殺された、正確に言うと虐殺されたのです。


詳しくは説明しませんが、文化大革命の毛沢東はもっともっと殺した。一人が人を殺した人数としては、ヒトラーも原爆も足元にも及ばず、毛沢東が断トツ一位でギネスにも認定されています(ウソだよ)。オウムが理想社会のためにはポアも辞さないと言ったのと同じことを、共産主義は50年近くやってきたんです。もちろん毛沢東、スターリン、ポルポト、北朝鮮のような共産主義と日本共産党が同じとは言わないけど、「共産党」って名乗ってる時点でいくらか説明(総括)が必要と思うのですが、どうなんでしょう?


そんな政党とですよ、一時は政権を取った政党が共闘するなんて、普通に考えて危ないわけですよ。どさくさに紛れて連立とかして政権に共産党が入ったらどうなっちゃうんでしょう。長島さんが離党するのは当然であって、むしろ離党しない人たちは何をやっているのでしょう。別の国の人たちなのかな。


ついでに言いますと、昨年の参院選で三宅洋平が出ましたよね。山本太郎とか小沢一郎が応援して。あの選挙パフォーマンス実体はカッコいいし、嫌いじゃないのですが、言ってることがすごすぎて。あんなんで「三宅さんと出会って政治に興味を持ちました」なんて人が出てきてビックリしたわけです。圧倒的にスピに多かったのは、やっぱり頭を使わない人たちなのかな~と思っちゃいました。


スピだって雰囲気とかムードで引き付けてるわけで、それと三宅洋平とはあまりにも親和性があり過ぎた。知らない人のために言っておきますが、三宅洋平の政策はなんとビックリ、ポルポトと瓜二つだったんですよ。もちろん知識人殺せなんてことは言いませんが、ポルポトだって最初から言ってたんじゃないんで。50年前に散々言われてたことを、今は「常識」として誰も言わなくなったことを言ったので逆に新しいみたいな雰囲気になって。そこはもう少し勉強してほしいところ。一般常識として。



あと、ついでですが、先日の「自尊心レベル診断」の問いにこんなのがありました。

問14.日本が太平洋戦争に参戦した経緯を説明できますか?
 ①完璧に説明できる
 ②なんとなく説明できる
 ③きちんと説明できる自信はない
 ④考えたこともない

これもちょっと趣向が変わりますね。自尊心の高い人は自分のことを良く評価しているように、自分の国についても同様に評価しています。そして知りたくなるもの。70年前の太平洋戦争は大日本帝国が真珠湾を攻撃して始まりましたが、その理由、経緯をきちんと説明できる日本人の少ないこと。私は当然、「①」です。


これ、数名にリアルに聞いてみたら、ほとんどが③か④なのです。今の日本の根幹にかかわる問題でもあるので、せめてこれは普通に答えられるようにしたい。ごくごく簡単に言うと、こういうこと。

アジアに植民地支配を進めてきた欧米列強が日本を警戒して経済封鎖をすると言ってきた。それを解いてほしかったら満州など植民地を手放せと突き付けてきたので、やむなく開戦に踏み切った。


ただ、裏の事情としては少なくとも米英は経済封鎖や植民地の放棄なんかより、日本と正当な理由で戦争がしたかっただけで、その策略にまんまとハマってしまったわけ。しかも本来であれば宣戦布告してから真珠湾攻撃するところ、何かの手違いで届かなかった。それでジャップは卑怯だとなって、アメリカの国民感情を刺激することにも成功した。


ただ、真珠湾は軍の基地なので、国際法上は合法。法律を犯したのはむしろアメリカでして、それは度重なる空襲と原爆で明らかに民間人を虐殺してますからね。そこは傍ら痛いんで、日本は南京で30万人を虐殺したなんて物語が作られたのが経緯。

話し始めるといろいろありますが、今日はなぜか大幅に脱線しましてお勉強となりました。今日はこんなことで。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-04-07 23:39 | ■時事問題
執筆が佳境に入ってきまして、21日のロンドン行きまで間に合うだろうか。今日は6日なので、あ~っと、もう二週間後になった!昼頃、フェイスブックにメモ的に「やることリスト」を書いてみた。


・原稿の執筆(第四章・第五章)
・新サイトの原稿執筆
・5月のチャリンコトークライブ告知(新潟7、長野10、東京15)
・5月18日のコラボセミナー(東京)のご案内
・4月20日の「宇宙となかよし塾(福岡)」のご案内記事
・自転車の整備/ダンボール手配
・アンソニーロビンズの勉強(英語は…)
・一週間の滝行(8日~15日)
・決算準備
・作詞


これを5月20日までにすべて済ませなければならない。最優先は原稿なんだけど、発売日がのびのびになってすみません。20日までには絶対に脱稿する!かなりの力作で自己啓発書としては二年ぶりになるかな。その後、今年は翻訳本の企画も上がっており、通るかわからないけど動きがある。


で、「やることリスト」の作詞ってなんだよ。そう、コズモクダカの新曲なんですが、先日のパナリ(新城島)で構想が降りて来まして、ぱぱぱ~と書き上げるつもりが、執筆に追われましてね。これは20日までだ。あと、セミナー告知系は最近ギリギリが多かったので、5月のチャリンコはゆとりをもって今週中には!20日の福岡と同じでOK!


と言うわけで、個人的などうでもいい話ですが、一日一日は楽しいです。でも、これから二週間がまさに怒涛だな。子どもたちが学校に行ってくれるのが幸いだけど、土日も使わしてくださいませ。それにしても、21日からのロンドン&マルタはめちゃめちゃ楽しみだな。アシアナ航空のビジネスクラスも楽しみだ。


ロンドンの街並み。ちなみにブログで使う写真は、自分で撮ったものと、著作権フリーの無料写真しか使っていません。
b0002156_344360.jpg


マルタは首都ヴァレッタ。地中海最高。
b0002156_3441975.jpg


さて、今日はどんな話をしましょうか。昨日書いた、黄金比。実は書きながら降りてきたので、さっそく新刊の原稿に差し込みました。これ。


自尊心:53%
努力(行動):40%
法則(コツ):7%


この黄金比は完璧だな。行動してるのに叶わない理由なんかも、これで説明できる。逆にそんなに行動してないのに実現する理由もだ。


正直、この12年間、行動はしたと思うけど、「努力」って実感はないなあ。基本、好き勝手に生きてまして、我慢する耐性が極度に弱いために、やりたくないことができないんですね。なんだけど、思ったことがほとんど実現するのはなんでだろう。それもこの黄金比で説明できることがわかりました。


実は新刊では「自尊心診断」みたいな項目が便宜的ですがありまして、0点~30点で4つのランクに分けました。フライングですが、文言も変わると思いますが、こんな感じ。


<Aランク:26点~30点>
自尊心は極めて高く、人生において思ったことはほぼ実現しているレベルです。書いたり、しゃべったりした「言葉」が、気が付けばほとんど叶っています。


<Bランク:16点~25点>
自尊心は一般的に高く、思ったことの半分以上は実現しているレベルです。自尊心をさらに高めるよう意識すれば、願望実現の度合いがますます高まります。


<Cランク:6点~15点>
自尊心は全般的に低く、願望実現の実感は乏しいのではないでしょうか。しかし今からがスタートですので、本章の後半のエクササイズを実践することで、まずは思ったことの半分は実現するレベルにまで高めましょう。


<Dランク:0点~5点>
現在は残念ながら、思ったことが実現する段階ではありません。しかし今からスタートであることは事実です。まずは一歩、小さな成功や喜びを積み重ねていきましょう。


おそらくはBとCに集中して、AはともかくDはほとんどいないと思うのですが、私はこの診断で「25点」でAまであと一歩でした。でもやっぱり、この独立してからの12年間に関しては、思ったことはほぼほぼ実現してますもんね。そんなに努力もしてないのに。


一方、Cランクあたりだと実現するにしても、かなりの努力(頑張り)が要求される。「53:40:7」の黄金比から「53」が乏しいのを「40」で埋めている構図ですね。Bランク以上だと、割と楽に実現できるので、やっぱり高めるは「努力(行動)」ではなく、「自尊心(ありのままの自分を認める心)」なんですね。新刊ではその高め方について書いているのですが、内容についてはブログ、LINE、セミナーなんかでも何度も何度もお伝えしたいと思います。どうせなら、らく~に叶えたいものですから。



ところで今日の夜、一週間に一回のキックボクシングジムに行ってきました。今日は先日、プロデビュー(1R、OK勝利!)したばかりのトレーナーとマススパーリングをやったのですが、やっぱすごいですね。パンチは原則として寸止めなんですが、時々、見えないパンチが飛んできますから。だけど、オレはオレで気づいたこともあって、3分2ラウンド、ガードがほとんど下がらなくなってるのです。始めた当初は「石田さん、ガード上げて、ガード!」って何度も言われたのに。亀の速度で少しは上達してるのかな。


あと、週末に試合を控えているトレーナーさんともしゃべってたのですが、10日前に会ったときと比べて別人になってるのですよ。ボクシング系って多くは試合前に減量をするわけだけど、二週間で10キロ近く減らして、あと、計量までに700グラム落とせばいいから楽勝だ、と言ってました。彼らはそれを毎回試合の度にやるわけです。


その選手は背が高いので普段は82キロくらいなんですが、試合は70キロで出るわけで、そりゃ試合前は別人のような形相になって当然です。ただ、計量から試合まで30時間くらいあるそうで、その間は飲み食いOKなので、3~5キロは戻るそうな。別の重量級の選手は計量から試合までに7~8キロ戻るとか。


とにかくアスリートってすごい、、、とは思うのですが、ただ、よくよく考えると、彼らは好きでやってるんですよね。練習も減量もめちゃめちゃすごくてリスペクト以外に言葉はないのですが、ただ、その精神的基盤にあるのはオレと同じ「好き勝手」なんですよ。10キロ減量しても悲壮感ゼロ。昔は格闘技と言えばハングリー精神だったのでしょうが、最近は相撲にしてもボクシングにしても、あまりハングリーな雰囲気はなくなってますよね。それだけ生活水準が上がったからでしょうが、相撲なんかはハングリーな外国勢に完全に押されてしまって、なにがいいものやら。


今日も話してたのですが、昭和のボクサーって減量方法も根性論で押してたから、かなり身体壊す人多かったそうです。それでもできたのはハングリーだったから。今の人たちは生活を支える的なハングリーさはない代わりに、自尊心でやってる感じがあります。今、格闘界で最も注目を集めているのは、間違いなくキックボクシングの那須川天心だと思うのですが、一度、福岡でエキシビジョンを見た程度ですが、素人目にも明らかにモノが違うことがわかりました。


ちなみに天心選手は東京のターゲットってジムの所属で、ターゲットと言えば今や二冠の中年ボクサー、薩摩サザ波さんのところです。サザ波さんは天心選手と時々スパをやるそうですが、もう、めちゃくちゃだと言われていました。そんな天心さんも、サザ波さんも、結局、好きでやってるだけなんですね。

そしてこの「好き」を支えるのがまさに自尊心であり、自尊心の柱は「自分が好き」であるように、物事に対して肯定的に「好き」って感情で取り組める心のこと。


と言うわけで、アスリートのすごさは身近にいる分、十分に認める一方で、オレのように毎日ブログ書いたり、本書いたり、人前でしゃべったりするのも、それはそれで並のことじゃないわけですよ。別に自画自賛するわけじゃなくて、どんな世界でも自分の「置かれた場所」にしか咲く花はないの。


アスリートはすごい、アーティストはすごい、ってのもいいんですが、それよりも自分の「置かれた場所」をしっかり見つめましょうとも言いたい。それが会社なら会社でもいいし、バイトならバイトでもいい。趣味のカラオケとかゴルフとかだっていいんです、何だっていいのです。自分が好きだって言える場所があり、そこで咲き続ければ人生として最高じゃないですか!


上の「やることリスト」だって、世間様から見たら甘っちょろいもんでしょうが、だけど、これを誰もができるかと言うとそうじゃないでしょ。ブログ書いて、本書いて、人前でしゃべって、自転車乗って、旅に出て、作詞して、、、これらはまさにオレ自身の置かれた場所なんだから。


別になんだっていのです。何某はすごいけど、何某はしょぼいとか、他と比較するもんじゃなく、自分の世界で楽しめばいいんです。その意味で、オレはかなり楽しんでるし、まさに「好き勝手」な人生です。そしてこれからもずっと「好き勝手」に生きていきますので、どうぞよろしくお願いします。今日はこの辺で。ありがとうございました。


 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-04-06 23:39 | ■願望実現
ブログトップ | ログイン