宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓

 
今日は「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」に行ってきました。大阪に来て、とても寒く、さらに花粉が飛んでいる。福岡では2月下旬の空気だぞ。まあ、これは全国的なことで大阪も福岡も同じなんでしょうが。それだけに沖縄が恋しい。


そして今日で2017年3月は終わり。今年は年始からいろんなことがあり、2月はインドでチャダルを経験し、3月は例年のごとく沖縄(本島、久高島、石垣島、新城島)に行き、10年前の一年分くらいをすでに経験している。4月はロンドンとマルタに、5月は新潟から長野経由で東京まで一週間の自転車、6月はまた石垣島・西表島・新城島に行く。7月は河口湖でセロトニン合宿の予定。いろいろ企画していますが、薄井孝子先生の鑑定(予言)によると、年末にかけてまた大きなことをやるらしい。基本、その通りになるんですよね~。そうだ、今日は数百万単位の臨時収入が入りまして、会社の決算前に嬉しい現象だ。


ところで昨日までの「自尊心」の話、たいそうな反響でして、それだけ興味の大きさがうかがえます。まだまだ書くべきことがあるのですが、今日はちょっと違う側面から書いてみようと思います。

今、大阪の実家にいまして、そして母校の「高野連脱退」のニュースを聞きました。かつては高校野球の名門であり、いまだにプロ野球に進んだ卒業生の多さはナンバーワンではなかったかと。


物心ついたときから母校は強く、西田・木戸バッテリーに始まり、小早川、吉村、榎田、立浪、片岡、宮本、入来、今岡、サブロー、福留、松井稼頭央、前田などなど名選手を数多く輩出しています。その中で最も有名でかつ偉大な選手と言えば、何と言っても桑田真澄、清原和博でしょう。彼らは私が中1の時の高3でしたが、私は小学校も同じ敷地内だったので、高1の彼らとは下校時間によくすれ違っていました。学校の敷地内と野球部の寮はかなり離れていたのですが、甲子園ギャルがどうやって侵入したのか、学校付近にウロウロしているのを時々見かけました。一度は野球部の練習場まで自転車で案内したこともあったなあ。


野球部は完全に廃部になっていますが、個人的には当然だと思うし、思い入れもほぼゼロだし、むしろ当時から野球部に対してはアンチだったかもしれない。甲子園の応援だけは楽しかったけど。

ただ、同じ高校とは言え、硬式野球部と一般はほぼ隔離されていたので、お互いの交友はほとんどなし。男女交際も禁止だったし、男子しかいない野球部(剣道、ゴルフなどスポーツの特待クラスも)は女子と接する機会がなかった。それでも一部の女子には「野球部=スター」に憧れてくようなのはいましたが、周囲からは冷かな目で見られていたし、まともな女子はほとんど無関係。野球部と付き合う女子はなぜかヤンキーっぽいのが多く、「研○ギャル」と揶揄の対象になっていました。


野球部が廃部になった理由は表向きには「暴行事件」でして、それはその通りなんでしょうが、今に始まったことじゃなかった。桑田真澄選手のお父さんが明らかにしましたが、立浪と同期だった「M君水○事件」なんてのは当時すでに大問題になっていましたが、なぜか表ざたならなかったのはネットのない良き時代だったからでしょう。あと、ネット上でささやかれる「女子マネ○行事件」ってのはデマでしょう。なぜなら女子マネなんて存在しなかったから。似たようなことはあったかもしれませんが、かなり脚色されているとは思います。詳細は不明ですが。


ただ、実を言うと、そんな暴行事件が「日常」であったのを知ったのは卒業してからかなり後のこと。今でこそ卒業生の元プロ野球選手(清原、立浪、宮本など)がテレビで当時のことを面白おかしくしゃべってますが(YouTubeでも確認できる)、同じ学校にいながらそんな話はまったく聞かなかった。それほど「日常」だった証でしょうし、清原が「暴力は伝統」なんて言ってしまうくらい、当たり前のことだったのでしょう。当人たちもそれを悪いことだとは思ってなくて、一年生は「奴隷」でも、二年生になれば「平民」になれ、三年生は「神」となる。今は奴隷でも二年後は神になるんだから、生死にかかわるようなこと以外は黙っている方が吉だったんでしょうね。


そんな中、桑田真澄だけは当時からまったく暴力に加担しなかった。同室の一年生になった立浪選手は、本来であれば付き人であり、奴隷だったはずが、完全に自由にしてもらっていたと。お菓子を桑田から奢ってもらったり、部屋で寝転んでマンガを読めたりもした。その横で桑田は自分の洗濯物をたたんでいる。

野球部は練習と寮生活の過酷さによって、平日午前の授業中だけが「休息時間」でほぼ全員が寝ていたのに、桑田だけは寝ることはなく、成績も優秀だった。一説によると、進学クラスに入ってが学力で早稲田に入れるほどの学力だったとか。


ただ、そんな桑田も「巨人密談事件」、「賭博疑惑」、「さらば桑田真澄事件」など、いろいろダーティなイメージが付けられ、一方の清原は純粋で好青年の印象と対象的。まあ、高校時代の清原は他の生徒と同じく、いや、それ以上に横暴だったとは聞きますが、桑田だけはそんなことはなかった。授業の休み時間、清原は庭球野球をして遊んで、それを見に来る下級生にアピールしていましたが、桑田は休憩時間は休憩してたのでしょう、校内で見かけることは多くはなかった。


そして今はご存知の通り、清原は覚せい剤で捕まり、なんらかの形で再起することを願う気持ちはありますが、一軍の監督とかにはなれないでしょう。いっそのこと、母校の野球部の再始動のために動き監督でもすればいいとは思いますが。一方の桑田は、大学院でスポーツ工学で学位を取り、評論家、指導者として立派に活躍しています。そのうちにどこかの監督にでもなるでしょう。


なにがそんな明暗を分けたのか。それもまた「自尊心」なのです。

私のいくつか上の甲子園優勝投手に近鉄に行った○田ってのがいますが、これはもう、高校時代から態度が悪かったと聞きます。授業中はほとんど寝てて、起きたと思ったら教室から出ていく。教師が「どこいくねん!」と行くと、「びょういん(大阪弁のふざけた口調で)」で言って振り向きもせずに出ていく。その選手はプロでは通用しませんでした。


確かに桑田真澄は一時期、ダーティなイメージはありましたが、脚色部分も多く、やはり一貫して「自尊心」が高かった。今でも熱心に母校の宗教を信仰しているようだし、そんな桑田の好きなエピソードがあります。

巨人に入って一年目、世間の目は逆風で、そんなプレッシャーにもやられたのか、満足な成績を残せなかった。シーズンが終わってアメリカにキャンプに行ったとき、土地の指導者から「グランドキャニオンにでも行ってこい」と言われる。当時の桑田はすでにプロから引退することを考えていたそうだけど、しぶしぶ行ったグランドキャニオンを見て覚醒。
b0002156_12312013.jpg


自分はなんてちっぽけなことで悩んでいたんだ。できることはまだあるはずだ。その瞬間から後に球界を代表する巨人の桑田が誕生したわけです。

グランドキャニオンでの出来事。これを「ヌミノース現象」と呼ぶことができるでしょうが、そんな現象を起こしたのもまさに桑田の自尊心の高さだと思うのです。自尊心が低いと、とかく自分が自分がとなって、大自然や宇宙など超越した存在に対する畏怖を感じる力が弱い。しかし、桑田はそうじゃなかった。


高校時代も自分の野球に集中するため、暴力とかいじめとにはまったく無関心。当時のいじめの一部には、自分より優れた下級生を潰す意味もあったのか、水◯したM君は立浪らと並ぶほどの実力であったとも聞く。上級生という絶対的強者に立ったとき、自尊心の低い人はその立場を最大限に利用し、残酷なまでの仕打ちに出ることもあるが、桑田はそうじゃなかった。


プロになってからも、世間の逆風の中、怪我に悩まされることもありながら、ストイックなまでの自己管理と練習(合理的な練習)を重ね、きちんと成績を残すことができた。引退後も、清原のようなタレントを目指すのでもなく、解説者、指導者として、しっかりと野球道を歩み、精神面での発言も注目されている。


今さらながら、先輩・桑田真澄さんのことを尊敬する次第です。いつか対談とかできたらいいなあ。ことをぼんやり考える一日でありましたが。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-31 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓

 
今朝、フェリーで大阪に帰ってきました。ラストアナウンスになりますが、こちらのセミナーも受付中にてお待ちしております!

■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~


で、大阪(富田林)に帰ったはいいですが、家族を実家におろして、私は堺のスタバに直行し、執筆に勤しんでおりました。ブログも書き、メルマガも発行。今日出したメルマガは反応がよかったです。今、私が主に活用しているSNSとして、ブログ、フェイスブック、メルマガ、LINEがあり、インスタとツイッターは申し訳程度。


その中で「ブログ+メルマガ」の組み合わせが最強なのは、今でも変わらない印象。LINEは文章の分量が限られているし、フェイスブックは開かない人の目には触れない。メルマガはその良し悪しは別として、登録したらメールが送られてくるので、必然的に目についてしまう。ただ、私のメルマガは「自己登録」に限っており、名刺交換やセミナー参加から得られるメアドを勝手に登録することはありません。解除も自由。今後、月曜日のLINE、木曜日のメルマガをサイクルに加えたいと思います。いずれもブログには書かないプレミアムな内容として。登録も解除も自由です。

石田久二の『DO LISTEN! BE HAPPY!』

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
b0002156_10253066.jpg

さて、昨日の続きにいきたいと思います。「自尊心レベル」のチェックリストなんですが、どうやってこれを作ったか。設問は頭の中にすでにあるもの。その判断基準は、私の知る自尊心の高い人と低い人を幾人かサンプリングして、その人たちにアンケートを取りました。もっとも、それは潜在意識上のことで、直接聞いたわけではありませんが。それぞれ解説します。



問1.あなたは「今の自分」で満足ですか?
 ①十分に満足
 ②満足
 ③やや不満
 ④不満

これは普通にわかりやすいでしょう。ただ、全般に言えることですが、「自尊心が高いと思われたい」なるバイアスが働いて正確に測定できない可能性もあるので、2秒以内に直観にてお願いします。私はもちろん「①」でした。



問2.あなたの子ども(現在いてもいなくても)は幸せだと思いますか?
 ①かなり幸せだ
 ②まあまあ幸せだ
 ③どちらかと言うと幸せではない
 ④不幸だ

現在、子どもがいなくても、いたと仮定した場合。「問1」の派生と言えるのですが、より正直な答えに近づくと思われます。自分だけならいいけど、収入や教育、性格的に子どもは幸せかどうかわからない。これについても、私は「①」となりました。



問3.不労所得など働かないのにお金持ちの人を見てどう思いますか?
 ①特に何も思わない
 ②ちょっと微妙だ
 ③素晴らしいと思う
 ④極めて不愉快だ

これはちょっとひねった問い。「素晴らしいと思う」が①になりそうにも思いますが、自尊心は他者への評価が関わらないことが前提。不労所得に関する評価、価値判断の強さと自尊心の低さは比例しており③と④はあまり大差ないことになります。自尊心の高い人は何も思わない。自分が基準だから。私は「①」でした。



問4.現在、憎いと思っている人がいますか?
 ①わからない
 ②いるかもしれない
 ③いない
 ④確実にいる

自尊心の高い人は「憎い」という概念がない。なので、こう質問されてもピンとこないもの。逆に「いない」と即答する人は、無意識の憎い人を隠しているだけの可能性が高いです。パッと思いついたけど、もう過去のことだと多い被せる。顕在的に憎んでいなくても、思い付く段階で残っている証拠だから。私は「①」となりました。



問5.両親を思い浮かべた時、どんな感がしますか?
 ①とても心が安らぐ
 ②特になにも感じない
 ③ちょっとイライラする
 ④思い浮かべたくもない

自尊心は幼少期から両親によって形成されることが多いです。両親を思い浮かべて心が安らぐ人は、それだけ無条件の愛を受けていたことになる。私はここは「②」でした。まあ、普通ってことで。



問6.有名人の不道徳(不倫、法令違反、失言など)を知ったとき、どう感じますか?
 ①なにも感じない
 ②興味なくはない
 ③ウォッチしてしまう
 ④ネット等で批判する(したくなる)

しばしば有名人の炎上騒動がありますが、関係ないのに批判したりする人は「批判したい」なる種があるからであり、間違いなく自尊心は低い。自尊心の高い人はベッキーが不倫しようが、安倍総理が寄付しようが(してないけど)、まったく興味を示さない。いわゆるサヨクの人は自尊心が低い傾向にあるかもしれません。私は「②」になりました。



問7.あなたは年収をどれくらい増やせると思いますか?
 ①思っただけ増やせると思う
 ②必要な範囲で増やせると思う
 ③これ以上は増やせないと思う
 ④これからは減る一方だと思う

これも単純な話。自分の可能性を信じているかどうか。私は「①」になりましたが、実際そうなっていますから。



問8.「問7」ではなぜそう思うのですか?
 ①十分な根拠があるから
 ②なんとなくそう思うから
 ③直観的に
 ④質問の意味がわからない

で、続きになりますが、自己啓発でよく言われる「根拠なき自信」ってのは、実は自尊心が低い傾向がある。根拠がたとえスピリチュアルなものであっても、自尊心の高い人はその理由を堂々と説明できるものだから。私は「①」になります。



問9.身近な知人の幸せ(収入、恋人、出産、仕事、健康等)を見てどう思いますか?
 ①とても喜ばしい
 ②人によるけど喜ばしい
 ③素直には喜べない
 ④憎々しい

「身近な知人」ってところがミソで、そんなに親しくない人も含みます。他人の幸せを見ると無条件に嬉しい反応が出る人は自尊心が高い。私は「①」になりました。私のことを攻撃する人のことも、常に幸せを祈っています。



問10.最近、人の悪口を言いましたか?
 ①思い当たらない
 ②言ったと思う
 ③絶対に言ってない
 ④いつも言っている

問4の「憎い」と同様、自尊心が高い人はそもそも「悪口」なる概念がない。「絶対に言ってない」の人も、その時点で対象がいることを意識させますから。私は「②」でして、まあ、それとなく批判することはありますから。最近は辻元清美の悪口を言いました。



問11.最も仲のよい親友がステージ上で称賛を浴びているのを見てどう感じますか?
 ①自分のことのように嬉しい
 ②嬉しいと思う
 ③少し複雑な気もする
 ④正視できない、攻撃したくなる

ここでのポイントは「最も仲のよい親友」です。元は同じような立場だったのが、親友がステージに称賛されている姿を見て差を付けられた気がする。自分のことのように喜べる人は、自分もそうなることを知ってるから自尊心が高い。正視できない人は、自分がそうなるリアリティがないから自尊心が低い。私は「③」になりました。まだまだですね。



問12.身近な知人が「自分がやりたいと思っていること」をやっているのを見てどう感じますか?
 ①何も感じない
 ②自分も続きたいと思う
 ③少し焦る
 ④邪魔したくなる

身近な人が「自転車で世界一周」をしていたとします。私はそれをやりたいと思う。自分自身もいずれそうすることを知ってるので、自尊心が高い人は「何も感じない」のに対し、低い人はやっかみや嫉妬でdisりたくなるもの。私は完全に「①」でした。



問13.日本国内を飛行機で移動する場合、主にどんなキャリアに乗りますか?
 ①いつもANAやJAL
 ②その時々で安い便を探して乗る
 ③主にLCC
 ④飛行機に乗ることが考えられない(乗ったことがない、LCCって何?)

ちょっと趣向の違う質問になりますが、一般的に自尊心の高さと移動距離は比例します。それだけ活動範囲が広いので。そんな人はたとえばANAのプレミアムクラスに入った方が便利だし、逆にコスパが高いことも知っています。旅行くらいしか乗らない人は、スカイマークでもOK。まずは安いのを優先して、利便性や発着リスクを考えない人はLCCで。私はもちろん「①」です。



問14.日本が太平洋戦争に参戦した経緯を説明できますか?
 ①完璧に説明できる
 ②なんとなく説明できる
 ③きちんと説明できる自信はない
 ④考えたこともない

これもちょっと趣向が変わりますね。自尊心の高い人は自分のことを良く評価しているように、自分の国についても同様に評価しています。そして知りたくなるもの。70年前の太平洋戦争は大日本帝国が真珠湾を攻撃して始まりましたが、その理由、経緯をきちんと説明できる日本人の少ないこと。私は当然、「①」です。



問15.あなたはウソをつく人についてどう思いますか?
 ①ウソをつく人がいても仕方ないと思う
 ②ウソの内容によっては許せないこともある
 ③他人のウソはともかく自分がウソをつくことは許せない
 ④どんなことでもウソは絶対に許せない

ウソの程度にもよりますし、ウソつきを擁護するわけでもないですが、仮に目の前の人がウソをついていたとしても、その理由を慮って騙されるフリをすることが大切なこともあります。自尊心の低い人は、どんなこともでウソは許せないと激高する。私は「①」になりました。



問16.自分が上手くいった(成功した)とき、「誰か(ライバル、両親、友人等)」のことを思い浮かべますか?
 ①あまり思い浮かべない
 ②思い浮かべるときもある
 ③たいてい思い浮かべる
 ④上手くいく前からずっと思い浮かべている

何度も言うように「自尊心」はどこまでも自己基準です。成功しようがしまいが、そこに他人は介在しません。もちろん両親のことを思う人はいるでしょうが、両親のために成功したのではない。本当の自尊心が高い人は、とことんまで自分軸なのです。私は「②」となりました。



問17.過去のことを思い浮かべて、苦しくなる、又は頭が真っ白になることはありますか?
 ①ほとんどない
 ②まったくないことはない
 ③たまにある
 ④ほぼ毎日、いつもそうだ

いわゆるトラウマ経験があるかどうか。トラウマは自尊心を著しく傷つけますから。私は「①」です。



問18.あなたは他人の話を聞くのが好きですか?
 ①大好き
 ②好きな方だと思う
 ③自分がしゃべる方が圧倒的に好き
 ④嫌い

自分に自信がある人は、無理してアピールする必要もないので、一般的に聞き上手。私は「②」になりました。しゃべるのも好きですが、聞くのも好きですからね。



問19.レストラン等で態度の良くない従業員に接客されたらどうしますか?
 ①何とも思わないので何もしない
 ②不愉快とは思うが何もしない
 ③不愉快であることを態度でアピールする
 ④不満をあらわにしてクレームを入れる

自分が絶対的に優位な立ち場である「客」になったとき、普段は温厚な人でも急に横暴になることがある。こに隠れた自尊心の低さが露呈することも。私は「②」ですね。



問20.あなたは10年後、どうなっていると思いますか
 ①確実に今より良くなっているし、その根拠もある
 ②良くなっていると信じているが、根拠は特にない
 ③今より良くなっているとは思わない
 ④わからない

最後に将来のこと。自分を信じている人は、間違いなくよくなると知っているし、その根拠も説明できます。先ほども言い増したが、「根拠なき自信」なんて自信でもなんでもない。何かあるとすぐに揺らいでしまうから。仮の根拠が根拠っぽくなくても、きちんと意識で説明できるのが、本当に自尊心が高い人なのです。私はもちろん「①」になります。



そこでタートルとして「73点」になったので、

・10%~30%:極めて低い
・30%~50%:比較的低い
・50%~70%:比較的高い
・70%~90%:極めて高い


の「自尊心レベル」で80%近くなか~ってとこ。思ったことが叶いやすいかどうかの基準になるので、確かにこれまで思ったことをほとんど叶えているのは、自尊心が高かったからでしょう。そんな感じでいろいろ研究を進めています。では、これからはいかに自尊心レベルを上げていくかですね。今日はこの辺で。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-30 23:39 | ■願望実現
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨日のブログで「自尊心」について書きましたが、幸せになる、豊かになる、お金持ちになる、人から好かれる上で唯一にして絶対の前提が「自尊心」なんです。と書いて、あの本を思い出しました。スチュワート・ゴールドスミス著『マイダス・システム』を。この本はかつて初版4,000部で絶版となった幻の一冊なんですが、多くの成功者が「密か」に実践している、ある意味、知る人ぞ知る本なんです。本国イギリスでは10万部以上売れていて、内容としては「普通のサラリーマンがこのメソッドを実践することで億万長者」になった方法なんですが、手順は極めてシンプル。


1 願望の内容を明らかにする
2 自分がそれを得るにふさわしい人間であることを自覚する
3 自分がそれを達成できると信じる
4 行動に移し望みを叶える


これだけ見るとありふれた内容に思いますが、ただ、ここで最も重要とされる「自分がそれを得るにふさわしい人間であることを自覚する」についてをきちんと自覚している人は多くないでしょう。「行動する」とか「成功の妨げとなっているビリーフを除去する」みたいな話はたくさんありますが、「自分がそれを得るにふさわしい人間であることを自覚する」を重視した本は、心理学とかセラピーの本には割と見かけますが、「お金持ちになろう!」みたいな本ではちょっと見かけない。


これがまさに「自尊心」であり、『マイダス・システム』ではここに多くの紙面を割いてはいますが、ちょっとばかり言葉足らずとは感じています。イギリス人と日本人って違いがあるのかもしれません。ちなみにこの本を読んでいると、もう一冊、さらに連想される本がある。ジェームズ&クローディア・アルタッカー著『人生がうまくいく人の断る力』ですが、実は私の監訳だったりする。


『断る力』はビジネスと恋愛(人間関係)に重きが置かれていますが、「ノーと言いたいけど、言えないでいる」ようなことが人生を停滞させており、それを突き破るためのメソッドがたくさん紹介されています。「ノーと言いたいけど、言えないでいる」ってのは、いわゆる「いい人」なんですが、それもまさに「自尊心(の低さ)」なんです。


ここ最近のキーワードに「自尊心」と「純粋性」ってのがありますが、この二つは実は同じ意味。両方とも「ありのまま」という言葉に集約されます。人間は誰もが「マックス(MAX)」の状態で産まれてきます。「ありのまま」で価値がある状態。それが産まれた瞬間から、その「マックス」を欠けさせる言葉がかけられます。


また女(男)か・・・、思ったより小さいな・・・、ぶさいくだな・・・みたいな、心無い一言を浴びせる家族もいるかもしれません。もちろん多くは「うわ~、かわいい!産まれてきてくれてありがとう!」となるのでしょうが、そう言っていられるのは一年くらい。


頭が大きい、立つのが遅い、ハイハイが下手、しゃべるのが遅い、うるさい、可愛くなくなった、汚い、くさい、みたいな心無い言葉を浴びせはじめ、さらに大きくなると、はやく食べなさい、グズグズするな、言うことをきけ、勉強しろ、外で遊べ、こんなこともできないのか、バカだなあ、、、みたいに扱われ、「マックス」がどんどんズタズタにされるのです。


そうやって100%の「自尊心」が70%になったり、50%になったり、10%になったりして「大人」になる。つまり「自尊心」とは産まれた瞬間からどんどん減点される性質にあり、それを維持するには、両親や周囲からの「無条件の愛」が大切なのです。


グズグズ食べていて時間に遅れそうなときに、「そのままでいい」とはなかなか言えないでしょうが、普段から「ありのまま」を認め、愛する接し方をしていれば子どもの自尊心は傷つきません。両親も悪気があって傷つけているのではありませんが、意図せずしても子どもの自尊心は傷つけられる運命にある。3歳までに自尊心の基盤が完成され、さらに15歳前後までに「自尊心レベル」が決まってしまう。


その後の人生は決まった「自尊心レベル」を維持・強化するための生きていくことになります。大人になっても産まれたばかりのような「自尊心100%」って人は稀だと思いますが、


・10%~30%:極めて低い
・30%~50%:比較的低い
・50%~70%:比較的高い
・70%~90%:極めて高い


の四段階くらいには分けられると思います。チェックしてみましょうか。以下の20項目について、考えずに直観でお答えください。



問1.あなたは「今の自分」で満足ですか?
 ①十分に満足
 ②満足
 ③やや不満
 ④不満


問2.あなたの子ども(現在いてもいなくても)は幸せだと思いますか?
 ①かなり幸せだ
 ②まあまあ幸せだ
 ③どちらかと言うと幸せではない
 ④不幸だ


問3.不労所得など働かないのにお金持ちの人を見てどう思いますか?
 ①特に何も思わない
 ②ちょっと微妙だ
 ③素晴らしいと思う
 ④極めて不愉快だ


問4.現在、憎いと思っている人がいますか?
 ①わからない
 ②いるかもしれない
 ③いない
 ④確実にいる


問5.両親を思い浮かべた時、どんな感がしますか?
 ①とても心が安らぐ
 ②特になにも感じない
 ③ちょっとイライラする
 ④思い浮かべたくもない


問6.有名人の不道徳(不倫、法令違反、失言など)を知ったとき、どう感じますか?
 ①なにも感じない
 ②興味なくはない
 ③ウォッチしてしまう
 ④ネット等で批判する(したくなる)


問7.あなたは年収をどれくらい増やせると思いますか?
 ①思っただけ増やせると思う
 ②必要な範囲で増やせると思う
 ③これ以上は増やせないと思う
 ④これからは減る一方だと思う


問8.「問7」ではなぜそう思うのですか?
 ①十分な根拠があるから
 ②なんとなくそう思うから
 ③直観的に
 ④質問の意味がわからない


問9.身近な知人の幸せ(収入、恋人、出産、仕事、健康等)を見てどう思いますか?
 ①とても喜ばしい
 ②人によるけど喜ばしい
 ③素直には喜べない
 ④憎々しい


問10.最近、人の悪口を言いましたか?
 ①思い当たらない
 ②言ったと思う
 ③絶対に言ってない
 ④いつも言っている


問11.最も仲のよい親友がステージ上で称賛を浴びているのを見てどう感じますか?
 ①自分のことのように嬉しい
 ②嬉しいと思う
 ③少し複雑な気もする
 ④正視できない、攻撃したくなる


問12.身近な知人が「自分がやりたいと思っていること」をやっているのを見てどう感じますか?
 ①何も感じない
 ②自分も続きたいと思う
 ③少し焦る
 ④邪魔したくなる


問13.日本国内を飛行機で移動する場合、主にどんなキャリアに乗りますか?
 ①いつもANAやJAL
 ②その時々で安い便を探して乗る
 ③主にLCC
 ④飛行機に乗ることが考えられない(乗ったことがない、LCCって何?)


問14.日本が太平洋戦争に参戦した経緯を説明できますか?
 ①完璧に説明できる
 ②なんとなく説明できる
 ③きちんと説明できる自信はない
 ④考えたこともない


問15.あなたはウソをつく人についてどう思いますか?
 ①ウソをつく人がいても仕方ないと思う
 ②ウソの内容によっては許せないこともある
 ③他人のウソはともかく自分がウソをつくことは許せない
 ④どんなことでもウソは絶対に許せない


問16.自分が上手くいった(成功した)とき、「誰か(ライバル、両親、友人等)」のことを思い浮かべますか?
 ①あまり思い浮かべない
 ②思い浮かべるときもある
 ③たいてい思い浮かべる
 ④上手くいく前からずっと思い浮かべている


問17.過去のことを思い浮かべて、苦しくなる、又は頭が真っ白になることはありますか?
 ①ほとんどない
 ②まったくないことはない
 ③たまにある
 ④ほぼ毎日、いつもそうだ


問18.あなたは他人の話を聞くのが好きですか?
 ①大好き
 ②好きな方だと思う
 ③自分がしゃべる方が圧倒的に好き
 ④嫌い


問19.レストラン等で態度の良くない従業員に接客されたらどうしますか?
 ①何とも思わないので何もしない
 ②不愉快とは思うが何もしない
 ③不愉快であることを態度でアピールする
 ④不満をあらわにしてクレームを入れる


問20.あなたは10年後、どうなっていると思いますか
 ①確実に今より良くなっているし、その根拠もある
 ②良くなっていると信じているが、根拠は特にない
 ③今より良くなっているとは思わない
 ④わからない



さて、ここから採点に入ります。単純に


①=4点
②=3点
③=2点
④=1点



で計算し、


・30点未満=「10%~30%:極めて低い」
・30点~50点未満=「30%~50%:比較的低い」
・50点~70点未満=「50%~70%:比較的高い」
・70点以上=「70%~90%:極めて高い」



があなたの「自尊心レベル」となります。それぞれの項目を見ると、「え?」となるものもあるでしょう。もちろん理由がありますが、ちょっと長くなったので、その理由は明日のブログで解説しましょう。


そして目的とするのは、これから「自尊心レベル」を上げることです。上記の項目は現状認識であって、「ANAやJALを使うと自尊心が上がる」ではありません。自尊心レベルを上げる方法もこれから説明していきたいと思います。番外編として、次の設問は?


・あなたはこの「自尊心レベル」のチェックリストを見てどう感じましたか?
 ①とても面白いと思った
 ②まあまあ面白いと思った
 ➂あまり面白くなかった
 ④むかついた


この答えがどのレベルに相当するかはあえて言わないでおきましょう。


と言うわけで、珍しく「明日に続く」となりましたが、ただ今、家族でフェリーに乗っておりまして、明日からしばらく大阪にいます。
b0002156_14193431.jpg


こちらのセミナーも受付中です!「自尊心」の話が中心になると思います。
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~


とりわけVIPの「肉まんアトム」での懇親会は普段のセミナーやブログでもお伝えできない話のオンパレードになりますので、受付中に限りお待ちしています!なぜ「肉まんアトム」でしゃべったことは叶うのかも、論理的に解説いたします。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-29 23:39 | ■願望実現
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日は一日、執筆作業などなど。今書いている原稿、「願望実現」に関する集大成になりそうです。この通りにやったら、どんな願いで叶う。ただし、「この通りにやったら」という条件が付きますが、それでも決して困難なことじゃない。


願望実現の技術としては、紙に書く、アファメーション、瞑想、イメージングなどいろいろありますが、それはあくまで「技術」であって、その前提が必要なんですね。ランチェスター経営の「メンタル:戦略:戦術=53:40:7」になぞらえば、「技術」は全体の7%。


「紙に書いているのに叶いません!」って人がいたら、間違いなく他の93%に原因がある。では、全体の40%に当たるのは何か。それは「(具体的な)行動」です。お金を引き寄せたれば、それなりの「行動」が重要なのは言うまでもない。しかし、もっともっと大切なものがある。全体の53%にもなる最重要項目とは何か。


それは「自尊心」です。  


(つまり、「自尊心:行動:技術=53:40:7」と言えます)

「自尊心」のある人が、願望実現の技術を実践し、行動するから100%叶うのであって、「自尊心」がゼロとか極めて低い状態では何をやってもダメです。「自尊心」とはまさに「あり方(being)」であって、ここが充足していない状態でいろいろ頑張っても空回りするだけ。


12年前、私の収入は限りなくゼロでした。しかし今は月収7桁を下回ることがこの3~4年はなくなり、自由に使える収入と言う意味での年収で言えば、日本国民の上位3%以内には確実に入っているでしょう。役員報酬自体は一般のサラリーマンよりちょい高いくらいですが、会社の経費は自由度が高いので、そこも含めるとと言う意味です。旅行とか書籍とか、場合によっては飲み会なども経費になりますので。


しかし一方で、この12年間、私と同じように「やってる」のに、状況はまったく変わらないどころか、ますます悪くなっているような人もいることでしょう。もちろんどんどん良くなっている人も多いです。傾向としては、最近、私の周囲にいる人はほとんどが良くなっていますが、そうでない人は悪くなって批判ばかりしている印象があります。


そう言えば先日の沖縄ツアー、男性が5名だったのですが(女性は21名)、その5名とも年収1,000万円超えていました。うち3名は年収2,000万円超えていて、すごい集まりだな~とゾクゾクしたものです。恩納村の一泊目、その3人が50㎡の部屋に泊まって(なぜかアップグレードされていた)、さらに2名の女性と部屋飲みをしていたのですが、その時の会話のレベルの高いこと。これは成功して当然だと思うし、一緒に飲んでいるだけで基準がどんどん上がるのを感じました。
b0002156_13324531.jpg


その人たちの共通点として、とにかく性格がいい。「心理学的に売れる人売れない人 2017.3.11」って記事でも書きましたが、成功する人は心理学的にも「性格がいい」のであって、そのベースとなるのがまさに「自尊心」なんですね。


「自尊心」については、ウィキペディアの解説が珍しく良くまとまっています。


自尊心とは・・・心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である。英語のままセルフ・エスティーム(英: self-esteem)とも呼ばれる。

ここでは社会心理学における自己の概念に関して、育み維持される自己評価や、あるいは「ありのままの自己を尊重し受け入れる」態度とする。多くの研究者によって自己肯定感は人格形成や情緒の安定のために重要であると考えられており、自尊心はそのためには必要な感情であるとも言える。

他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるかである。つまり、一時的に快感を与える、知識、技術、財産、結婚、慈善行為や性的な征服、容姿から生まれるものではなく、言い換えれば、外に求めることでも、人に与える印象でもない。競争でも比較でもなく、自尊心の重要な原因は自分とも他人とも戦っていない状態である。

その起源には、幼いころに大人から尊重され、価値を認められたか、励まされたかといったことがある。しかし、最も重要な影響があるのは、自分自身で選択したということである。言い換えれば、自分の可能性を実現したいという気持ちから、生き方を変えるということから自尊心が育まれていく。

自尊心は、自分が有能であるといういわゆる自信と、自分に価値があるという自尊の2つの要素から成り立っている。研究者によれば、自尊心の欠如は、不安、憂鬱、恐れ、アルコールなどの乱用、成績不振、暴力や虐待、自殺などにかかわっている。


注釈を見ると専門書の丸パクリのようですが、この説明でだいたい網羅されています。とりわけ重要なのが、


1.他人からの評価ではなく、自分が自分をどう思うか、感じるか

2.自分自身で選択したということ


の二点。

昨日も書きましたが、「他人に承認を求める心」こそが不幸の元凶であると。自分は他人から認められたら価値があるが、認められなければ価値がない。私を認める人のことは好意的に思うが、私を認めない(または認めていると感じさせない)人のことは嫌悪する。これらは評価軸が完全に他人にあり、自分でコントロールできない状況にあります。


しばしば病的と言えるほどに批判をする人がいますが、その元凶にあるのがまさに「認められたいけど、認められていない」ことへの怒りと悲しみ、恐怖なんです。

「愛憎」とはよくできた言葉で、「憎しみ」にはその前提に「愛されたい」がなければ成り立たない。本当はその人のことがすごく好きで、自分も認められたいと思っているのに、その人はそのようにアクションしてくれない。それが憎しみとなって、批判や攻撃に転じるのです。しかし本人はそのことに無自覚で、まるで「裁判官」のように冷静客観的に正当な批判をしていると思い込んでいるのも特徴。


他人からどう思われようが、認められようが認められまいが、「自分が自分をどう思うか、感じるか」だけで生きているなら、他人を批判しようなどとは思わない。他人を憎んだり、批判したりするのは、他人から評価・承認を過度に期待して、それが得られないときに出る感情。そのベースにあるのが、まさに「自尊心(の低さ)」なのです。


そして、その「自尊心」が育まれる元となっているのが、「自分自身で選択したということ」にあります。幼少期、両親から認められる認められないも大切ですが、いつでも自分で選択できる環境にあるかどうかが、大人になってからの「自尊心」に大きく影響するのです。


先日、長男が「プログラム教室に通いたい」と言ってきました。もちろん行かせるつもりです。物心ついたときからその手のに興味があるのは石田家の血筋だな~と思ったのですが、親によっては「あなたのためを思って、英会話、そろばん、公文、水泳、空手に通いなさい!」と押し付けるような家庭もあるでしょう。


「昔、ピアノ教室に通っていたのだけど、本当に嫌で嫌でたまらなかった。だから音楽は聞くのも大嫌いなんだ」って人に出会ったことがありますが、それはまったくの無駄骨だったどころか、子どもの自尊心を大きく傷つけることにもなります。長男はたまたま「プログラム教室に通いたい」と言いましたが、次男は何も言いません。これからかもしれませんが、もしかしたら小学生になっても何も言わないかもしれない。もしかしたら、そんな「何も言わない(興味を示さない)」子どものことを不安になる親もいるかもしれないけど、それもまた親の横暴なんです。


私の幼少期、思い出してみると、無理やり何かをさせられたことがまったくなかった。逆にやりたいと言ってすぐに辞めることも多かったけど、それでもやらせてくれたことに今さらながら感謝するしかない。「進研ゼミ」も兄がやってたのでやりたいと言って始めたけど、まったく提出しなかった。「野球部」も一時期好きで入部させてもらったけど(チーターズ)、5時からの「キン肉マン」が見れなかったので辞めた。それでも自由にさせてくれた。


高学年からリコーダーが好きになって、中学で吹奏楽部に入ったけど、まあ、自分でやりたいと思ったのはそれくらい。でも、将来につながるような実になるものは一切なし。しかし、浪人してから突然開花します。河合塾って予備校で、故・牧野剛氏の現代文の講義を受けた直後、「オレは本を読まなければならない!」と覚醒し、極端にも哲学書を読み始めた。


天王寺の旭屋かユーゴ書店で中公新書の『文化人類学』なる本を立ち読みし、意味わからずだけど、それでも読破。そこから講談社現代新書や岩波新書から「哲学・思想」の本をどかどか買いまくる。親は当然、すべて買ってくれた。本だけはいつでも買ってくれた。「文化人類学」からレヴィ=ストロースの本に手を伸ばし、サルトル、デカルト、カント、ヘーゲル、キルケゴール、フッサール、ハイデッガーなどに進み、さらにメルロ・ポンティ、デリダ、ドゥルーズなどフランス現代思想(ポストモダン)にはまり、日本人なら広松渉(アルチュセールから)、岸田秀(ラカンから)あたりに手を伸ばし、遡ってマルクスやフロイトも読んだ。ウェーバーを読んだのは大学に入ってからで、指導教官がかつてウェーバーの研究者だった。卒論は無謀にもウェーバーとフッサールを土台としたアルフレッド・シュッツの「現象学的社会学」をチョイスした。


長々と書いてしまったけど、それらの土台があるからこそ、間違いなく今がある。それらがなかったら、本はおろか、ブログも書いてないだろう。そんな興味が出たのはまさに突発的。人生の突然変異のようなもの。だけど、そうなるための土台が幼少期からあったように思う。それはまさに、親が好き勝手させてくれたから。とりわけ次男の私については、生まれもっての性格もあったろうけど、完全に好き勝手させてくれた。私の次男も私に性格がそっくり。


話が脱線しまくったけど、「自分自身で選択したということ」ほどに大切なことはない。それは野球をやるとか、プログラムを習うとか、そんな個別のことじゃなく、「自分自身で人生を選択すること」にもつながる。


この「選択」なるキーワードは深く、重要。よく、「月収100万円になることを選択すれば実現する」なんて自己啓発書があって、それはその通りなんだけど、そもそも「選択する」の意味がわからない人が多い。藤本さきこさんと言う女性起業家の方がいらっしゃいますが、面識はないものの(どっかで会ってるかもだけど)、編集者さんをはじめ共通の知人が多いので、ちらほらお名前を聞きます。その著書のキャッチフレーズに「愛されて、幸せで、豊かで、大好きばっかりの人生にすると決めるだけ!」と書かれてるのを見て、「その通りだ!」と思う一方、そもそも「決める(選択する)」の意味がわかってない人も多いのかな~とも感じる。


「決める、選択する」と言われても、言葉はわかるのだけど、実感がまったくわかない。それが多くの人の本音かもしれないけど、それもまた幼少期から「決める、選択する」の習慣を与えられてこなかったからなんだ。


私自身も本を出すと決めたから出せた、自転車で全国を周りながらトークライブをすると決めたからやっている、月収100万円を下回らないと決めたからずっとその通りになっている、沖縄にしても、インドにしても、アイルランドにしても、アルバニアにしても、行くと決めたからすべて行ってる。すべては「決めた、選択した」から、それが現実になっているだけ。人生はすべて自分で決める。やりたいか、やりたくないか、だけ。他人の承認とか評価とか許可とか条件とか一切関係なし。自分がやりたいからやる。「自尊心」そのものなんです。


今度の本でも「自尊心」についてはつっこんで書きたいし、ブログやLINEでも、今から自尊心を高めていく方法について、どんどんご紹介してきたいと思うのでどうぞお楽しみに!決めればいいのだよ。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-28 23:39 | ■願望実現
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


まだまだ沖縄ロスが続くのだけど、これから一か月は何かと忙しい。いくつかの宿題は終えたけど、執筆はどんどん進めなければならない。

さて、今日は月イチの「宇宙となかよし塾(福岡)」でして、先月は無料にしていたためか、30名を超える満員御礼だったのに対し、今日はその反動か人数は少なかった。けども、その分、とても濃厚なセミナーになったと思います。伝えることはたった一つ。


「幸せになるためのたった一つの秘訣」


ここ数日、そして沖縄を通して、体験的にそのことに気付いてしまった。2時間半、具体的な事例を交えながら猛烈にしゃべったのですが、今回はしっかり録音しておけばよかったといつも思う。まあ、その「秘訣」ってのはLINEでもしゃべっているのですが、これさえクリアできれば誰だって幸せになれるのに、、、という話。
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   

マズローの「欲求段階説」から説明すると、第一に「生理的欲求」があります。食べる、寝る、生殖する、など動物としての生理的欲求。これらが満たされなければ即死なんですが、これに関しては日本人であればだいたい満たされています。


第二が「安全欲求」ですが、これも外敵や災害から身を守るために必要で、日本人であれば屋根のある家に住み、暑い日も寒い日もそれらを緩和する装置の中で生きています。なので、ほとんどがクリア。


第三が「帰属欲求」で、人間に限らず動物全般はだいたい集団(群れ)で生活しています。そうでないと危険ですからね。なので、人間にしても孤独でいることが何よりも恐怖となり、たとえその集団で不愉快な扱いを受けていようとも、そこに属そうとします。


ちょっと嫌な事例になりますが、高校の時、O君という同級生がいました。O君は確かにちょっと変わった生徒でして、家が大金持ちでそれを鼻にかけて調子に乗る腹立つところもありましたが、まあ、私には無害だし、寮生活をしながらもそこまで仲のいい奴でもなかった。


ある日、私の部屋にO君といつも一緒の仲間たち4~5名がやってきた。そのうちの一人は同室だったので、珍しいことでもないですが、突然、仲間の一人がO君の顔をスリッパで殴り、「忍者ハットリくんの歌を歌え!」と命令しました。普通なら「なにすんねん!しばくぞ!」くらいの返しがあるところ、O君は半泣き状態で振り付けしながら歌い始めました。さらに下手だと言われてはまたスリッパで殴られ、それでも歌い続ける。


普通に見たら完全ないじめ。さすがにそれはアカンと思い、止めました。そしてそいつからが部屋から出ていき、同室の一人が戻ってきたので言いました。


「おい!さっきのアカンやろ!いくらOでも、あれはやり過ぎやろ!」


するとその同級生が驚くことを言うのです。


「オレたちとOのことはほっといてくれよ。Oは友達なんだから、あれでいいんだよ!」


まったく意味不明だったのですが、相変わらずOはその4~5人とつるんでおり、卒業した今でも付き合いがあると聞きました。まあ、その4~5人からして変な集まりでしたが、そんな関係ながら彼らは仲が良く、それはそれで調和が取れていたのでしょう。O君にとって最も恐れることは「忍者ハットリくん」の歌を無理やり歌わせられることではなく、その仲間からつまはじきされることだったのです。


それだけ「帰属欲求」が強かったのか。まあ、もしオレがOのような扱いを受けたら黙ってないですが、それはそもそも集団に所属する力があったからであり、Oはその辺が不器用だったのでしょう。集団に所属する力とは、最低限のコミュニケーション能力であり、Oは確かに乏しかった。

いきなり、「なあ、お前の親は年収どれくらい?オレの親は山を三つ持ってて兄弟三人で一つずつもらえるから、それを売ったら一生遊んで暮らせるんだよ。お前には無理だろうな。はっはっは!」みたいなことを平気で言う奴でしたからね。そりゃあ、友達が少なくて当然であり、ハットリくんの歌を歌わせられてでも理不尽な集団に所属しなければならかったんでしょうね。ちなみに噂によると、O君は山を売ったのか知りませんが、今はとても恵まれた悠々自適な生活をしているとのこと。実状は知りませんが。


脱線しましたが、生理的欲求、安全欲求、帰属欲求については、生きる上で、そして社会生活をする上で最低限必要な欲求であり、いずれも「満たせばおさまる」ものです。食欲については食べればおさまる。安全については危険から回避されればおさまる。帰属についても、なんらかの集団に所属すればおさまります。


そこで第四の欲求に進むのですが、それが「尊厳欲求」と呼ばれるもの。「承認欲求」とも言い換えられますが、つまり「認められた~い!」って欲求であり、これのやっかいなのは、第一~第三と違って「満たしてもおさまらない」ことにあります。


たとえば年収一億円クラスの人であれば、第一~第三は完全に満たされてるでしょう。それだけの年収があるなら、それなりの社会的地位にもあり、もちろん物質的にも充足している。だけども、「承認」に関しては、一般レベルからは確かに大きく満たされているでしょうが、それで完全に充足することはありません。むしろ、「もっと!もっと!」と求めてしまうもの。


普通に考えて、年収一億円であれば、ある程度の「承認」をお金で買うことはできますし、買わずとも周りからチヤホヤされているでしょうから。だけど、一度チヤホヤされてしまうと、今度は「チヤホヤされないこと」に納得できなくなり、むしろもっともっとチヤホヤされたくなるもの。そうなると、次は年収二億にしなければならないし、それを実現しても次は年収五億と限度がありません。なので、いつもどこか不満で落ち着かない。


マズローは第五の「自己実現欲求」を提示したのですが、これは最初の四つとはまったく次元を異にするもの。マズローは最初の四つ(生理的、安全、帰属、尊厳)を「欠乏動機」、第五の自己実現と第六の自己超越を「成長動機」と定義しました。


つまり、「不幸」を「幸福」にする鍵は「欠乏動機」から「成長動機」へと以降することであり、「欠乏動機」を超えるための最大の関門が「承認」なのです。


そこで、最近、新たな概念を打ち出しています。それは「純粋性(Purity)」です。LINEでも何度かお話したのですが、「純粋性」という概念は沖縄に行く一週間前に突然現れました。起きた瞬間、まず「Purity」という言葉が浮かび、「ピュアであれ」という声が聞こえてきたのです。


宇宙の協力を最大限に受けて、奇跡的とも言える流れで人生を成功、幸せに送る唯一の秘訣は「純粋性」にある。


たとえば「ブログ」を例にすれば、長く続くブログは「純粋」です。ただ書きたいから書く。一方、読まれないブログは、アクセスが欲しい、認められたい、評価されたいから書く。なので、思い通りに評価されれば書き続けるのでしょうが、されなければやめてしまう。


しかし、書く動機が「純粋」であれば、アクセスがあろうがなかろうが、ひたすら書きたいから書く。私のそもそもの動機はそうでした。2004年5月からブログを始めていますが、ただ書きたいから書いていた。もちろんアクセスがあったり、評価されれば嬉しいのですが、そうでなくとも書きたいから書くだけ。


まさに「純粋性」とは「やりたいか、やりたくないか」だけなのです。「純粋性」であるかどうかの境は、「行動(doing)」や「あり方(being)」の軸(基準)が「他者承認」であるか「自己承認」であるかの違いのみ。


軸が「他者」に向いている人は純粋ではない。軸が「自己」に向いている人は純粋である。

そして「純粋」である限り、思い通りの人生を送ることができる。なぜなら「他者」は基本的に思い通りにならないから。思い通りにならない「他者」を軸に置いている限り、その他者がどんなに承認してくれたとしても限度がなく、いつまでも思い通りにならない「他者」を追い求めてしまう。よって、人生も思い通りにならない。


しかし、軸が「自己」にあるとどうなるか。「自己」は常に自分の思い通りになります。ブログを例にすると、アクセスは「他者」にあるので、もちろん技術によってアクセスを増やすことはでき、それはそれで大切なこと。だけど、それはどこかで限界に直面します。

しかし、ただ書きたいだけの動機ですべてを「自己」においていると、アクセスなどまったく関係なく、ブログを書くもやめるも自由だし、ただ「やりたい放題」にやればいいだけとなる。つまり、人生は思い通りに。


このような図式になります。

<承認>を・・・

・「他者」→思い通りにならない⇒人生が思ったようにならない
・「自己」→思い通りになる⇒人生思い通り・やりたい放題


どっちが人生として理想でしょうか。私は言うまでもなく「承認」を「自己」においた、やりたい放題の人生です。他人がどうであろうと関係ない。ただ、自分がやりたいことだけをやればいいのだから。


さらに逆説的なんですが、「承認」を他者に求めていると逃げられる(満たされない)のに対し、自己に置いていると、なぜか他者からも認められてしまう。それはまさに「純粋性」があるから。


ただ、世の中の多くの人は「承認」の軸が常に「他者」にあります。よって、「純粋性」に触れるまでにならない。では、どうすれば軸を「他者」から「自己」に戻すことができるのでしょうか。その方法もいろいろわかってはきているので、追々、書いたりしゃべったりしていきたいと思います。


そんなこんなで今日の「宇宙となかよし塾」は終わったのですが、その後、創作居酒屋で懇親会の後、福岡で最も好きなバーに移動し、さらに最後は軽く寿司と白ワインでしめました。久々の中州は青春でした。
b0002156_161376.jpg


タクシーで家に着いたのは3時過ぎ。月に一回、こんな日があってもいいですよね。そんなわけで、次回は4月20日(木)になります。大阪では4月1日(土)になりますので、こちらもお待ちしています。

■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~


いよいよ4月ですね。どんどん青春していきましょう!ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
by katamich | 2017-03-27 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


沖縄の余韻が覚め止まぬままに、やることがいろいろあります。新刊の原稿も進めなければならない。ちょうど7割程度は書いたと思うのですが、読み返してみるととてもいい原稿です。どうぞご期待あれ。そして今日は「インサイト」の5月号の原稿を提出し、頼まれていた文章も終わりました。


4月は前半で一週間の滝行をし、後半はロンドンとマルタ。5月は7日(日)の新潟から長野経由で15日(月)の東京まで自転車。ロンドンから帰ると家庭の用事があってすぐに旅立つので、4月前半で自転車の整備を含む準備が必要だな。

そして6月なんですが、21日(水)~24日(土)の「石垣、西表、新城」の通称パナリツアーはメルマガかLINEで告知と書きましたが、すでに内々で半分(定員18名)が正式申込みされております。口頭でもさらに3~4名は聞いており、今回も早期満席が予想されますので、パナリには是非とも行かれたい方は、直接お問い合わせください。原則として私とお会いしたことがある方に限り!


さて、夕方ごろちょっと押し入れの中の資料を整理していたら、面白いものを発見しました。これです。
b0002156_1510012.jpg


絵と字が下手なのはご愛敬として、2006年にNLP関係のセミナーで書いたスケッチです。当時は会社を辞めて一年半くらいで収入は極めて不安定。「セミナー」なんて概念もなく(始めたのは2007年6月なので)、出版と書いてるけど、実際には夢のまた夢でした。リアリティがまったくないのですよ。それでもブログで文章を書くのは好きだったし、この延長で何らかの出版ができればな~とかは思っていました。もちろん書きたい内容などまったくない状態でして。


自分で「石田久二先生」なんて書いてますが、当時、本を書く人は「先生」だったのです、私にとって。「パーティ」と書いてますが、今なら「出版記念セミナー」ってなるところ、当時は「セミナー」なる概念がなかったわけですからこうしてしまった。パーティとか今さらですが、ま、累計100万部を突破したらやっていいかと思っています。


下にある文章はパーティでのスピーチですが、「10冊目」と言ってるものの、ここは少し及ばず「6冊」となっています。が、雑誌など出版物も合わせると10冊は普通に超えてるかな。そして何より驚きなのが、これを書いた日付。

2006年12月8日」となっていますが、この日の日記を見ると、NLPセミナーの後、現在、群馬県でお医者さんをされている笑文さんの家に行って、「ホウホウ先生の開運ワーク」のシェアとクリスマスプレゼント交換会などしてることがわかります。男子はオレひとりで。なにやってたんだろう。笑文さんとは今でも付き合いがあり、『そらのレコード』の医学監修をしていただきました。


そしてこの10年後の「2016年12月8日」は何をやってるかと言うと、こんなんやってました。




新宿西口で発狂してたんですね。冷静に見ると恥ずかしいけど、それだけ発狂してたわけだ。その二日後は「どんよくTalk Live」なんですが、「私の10年後」からすれば、想像できない境地に立ってることがわかります。10冊が6冊だったり微妙に到達してないこともあるけど、当時は1,000人の前で叫んで、「柏木係長」をやるなどまったく想像できなかった。と言うか、まだ加賀田先生にも会ってなければ、柏木係長の存在もしらなかったわけですから。


そうそう、どんよく以降、やたらと「柏木係長がまた見たい~」と言われるのですが、あのネタは封印しました。が、年に一回くらいは解禁してもいいかと思ってますので、どっかでそんな機会をもうけましょうか。Qさんが年に一回、柏木係長をやる日。


ともかく、こんな感じで大きな舞台で、大勢の前でしゃべり。
b0002156_15114168.jpg


6冊目の新刊『そらのレコード』を始め、それまでの著書も並べ。お友達の本も合わせると10冊は余裕で超えてますじゃん。
b0002156_1511548.jpg


花もある。
b0002156_1512573.jpg


結局、言えることは「書けば叶う!(書け!バカ!NOW!)」であり、10年後のために種をまく気持ちでどんどん書いていればいいのです。リスクのまったくない投資と思って、ガンガン書く。ノートに書き殴り、絵を描いたり、ブログでもいい。とにかく書きまくっていれば、そのうちのどれかは「忘れた頃に叶う」のですから。


10年なんて待てない、、、と言われる人もいるでしょうが、待っても待たなくても生きてる限り10年後は来るんですよ。待てないから書かないなんてのは意味がわからない。もっとも、10年ではなく、5年後とか3年後とか1年後とか一か月後かもしれない。とにかく書いてたらいいですね。「夢リスト」みたいな形でもいいから。ちなみに今日、夢リストに一つ加えました。どうでもいいのを消して、「100.青ヶ島で青酎を飲む」へと変更したのですが。
b0002156_15122778.jpg


昨年4月、青ヶ島に行こうと思ってヘリも予約していたのですが、羽田から八丈島までの飛行機が強風で欠航となり断念。呼ばれてなかったんだろうけど、ここは絶対に行きたい。もしかしたら書いてなかったから行けなかったのかな。ってことは、書いたので行けるでしょう。

そんなわけで、10年前のスケッチを見てビックリしたって話でした。とにかく書きまくろう。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-26 23:39 | ■願望実現
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


福岡に帰ってきました。そして今回の旅ブログも終了しました。本当に素晴らしい3日間、5日間でした。

宇宙元旦!!! 2017.3.20

至高のお礼参り 2017.3.21

来年も来なければならない! 2017.3.22

地上の楽園だと思う 2017.3.23

旅は終わるけど… 2017.3.24



本編はあくまで久高島を中心とした3日間ですが、3日間に参加した人のほとんどがその後も参加すればよかったと言われます。それだけ楽しく、そして仲間たちも最高なんだ。生涯の付き合いに発展する人も多いし、こんな声も聞く。


「よく考えたら、最近、一緒に遊んでる人ってQさんがらみばかりだ~」


きっかけはなんであれ、大人になってからの友達って決して多くはないけど、学校や職場でなく「価値観」をベースに出会った人たちだから、遊んでて楽なんだろうね。これからもそんなきっかけ作りができればと思っています!


2012年から続く6回目の久高島ツアー。2014年からオプションが取り入れられ、その年は宮古島・大神島、2015年は石垣島から新城島への日帰り。2016年、2017年は石垣島から新城島への宿泊。

さて、来年はどうしましょう。そろそろまたオプションを別のにしていいかと思ってるのは、新城島(パナリ)にはそれ単独で行く旅を導入したいから。まずは今年6月末(21日~24日)にやりますので、希望される方はあけておいてくださいね。近日中にLINEとメルマガで一般募集かけますので。内容はこんな感じ。

・21日(水):石垣島の某ホテルに各自チェックイン、石垣一の居酒屋からスタート
・22日(木):西表島、カヤックツアーなどに参加
・23日(金):新城島、シュノーケリング、夜は最高級BBQなど
・24日(土):石垣島に戻って解散


この前後に各自で前泊後泊されてもいいかと。竹富島などは日帰りで行けますしね。オレもそうしようかな。とにかくまあ、新城島(パナリ)なんて滅多に行く場所じゃないし、宿泊するにしても、まずはツアーに参加して、その人を見てからなんて面倒な手続きが必要。だけど、「石田さんが連れてくる人ならOK」ってことになってるので、それに便乗するのはおススメです。一度行ってしまえば、よっぽど嫌われない限りは、次から自分で行けばいいわけですし。

まあ、ちょっとない体験ができることは間違いなし。定員18名で、リピートの希望者さんが数名いらっしゃいますので、ぜひこの機会を逃すことなくお急ぎください。この写真はパナリのビーチにて、右が私で中央付近の赤い帽子の男性が宇宙人ぱぴぃです。
b0002156_17361434.jpg


と言うわけで、沖縄ツアーは最高にて終了しまして、来月は「ロンドン&マルタ」が待っている。2月はインドで毎月どっか行ってまして、遊んでばかりのようだけど、「遊んでばかりの人生」を自分で許可したからこそこんな現実がやってくるわけで。真面目に生きる必要なんてないし、やりたい放題でいいんじゃないですか。やりたい放題が嫌ならそれはそれでいいけど、私的には「やりたい放題」で生きていきますので、ま、そこは自由ですね。


そんなこんな、さっそく福岡では月イチのセミナー。新年度を迎えるにあたって、スタートダッシュを切りたい人はぜひご参加ください!

■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~


そして大阪では久々に「宇宙となかよし塾」のプラスバージョンで懇親会は「肉まんアトム」です!どうやらアトムさんは「腸が躍る幸せカレー」に着手するようで、当日に間に合うかわかりませんが、『そらのレコード』に書いた「カレー屋アトム」が実現してしまうのか?!
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~


ちなみに『そらのレコード』に書いたことはいくつか実現していますね。島﨑さんって登場人物がアトムさんに対しどうとかとか(笑)。なんかさあ、書いたことってやっぱり実現するんだなって。だから、書こう。「肉まんアトム」の「夢なにノート」にも願いを書こう。さらにそこで話したことは「叶う」のですから、4月1日はぜひVIP席でお待ちしています!

いよいよ4月ですね。花粉もなくなったし、本格的に楽しい季節が始まりました。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-25 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


沖縄最後の朝。東の海岸まで朝日を見にやってくるも、生憎の曇り空。それでもしっかり朝日のエネルギーを浴びることがができました。
b0002156_9425570.jpg


向うには山羊の大群がいるのです。飼われている山羊もいるけど、大半は野生のヤギ。そう言えば昨日、人魚神社に行ったとき、鳥居の入口に子山羊の死骸がありました。自然に分解されている最中だったけど、これは普通に生贄だろうとのこと。自然のエネルギー循環の中で、今でもこうやって自然の力による生贄はあるのかな。やはり神秘的な島であることは間違いないようだ。
b0002156_9505223.jpg


宿に戻りまして、めいめい朝食をとったり自由時間。朝からビールを飲むのは今日までだ。泡盛もいただいた。
b0002156_951775.jpg


仕事をするりょうちゃん(了戒さん)。妙にはかどったそうだ。
b0002156_9511667.jpg


出発前に集合写真。今回のツアーは恩納村で24名、久高島で3名プラスされて27名。オプションのパナリで14名となり、最後は12名で終結しました。
b0002156_9512993.jpg


10時に港に行く。何度も言うけど、6月末にまたやってくる。ちょうど梅雨明け後で台風が来る前の一番いい時期をすでに予約した。6月21日(水)~24日(土)で、石垣、西表、新城だ。
b0002156_9522369.jpg


ぱぴぃが軽トラで荷物を運んでくれた。この軽トラは道交法上の車両ではないので、車検も保険もかけられない、すべては自己責任で。おおらかな島だ。
b0002156_9523564.jpg


フェリーで石垣島に到着し解散。その辺でランチの八重山そばを食べて、タクシーで空港へ。買物などして、いろいろ語りながら、那覇行きの飛行機へ。那覇で二時間ほどトランジットなのでラウンジで小作業。ちょっと混みあっていた。無料ビールに「大東寿司」なるものを食しながら旅を振り返る。
b0002156_9525479.jpg


そして福岡に戻ってきました。いつも思うことがある。

「もう、これ以上のツアーをすることは不可能だな」

そして毎回毎回、この期待は裏切られる。昨年の久高島ではコズモクダカの結成など、心躍るようなことがたくさんあった。そして今年は出発前にいろんなことがあった。正直、いつもよりは気分が乗っていなかった自分もいた。しかし、行ってみてやはりすべて最高だった。久高島の夜、コズモクダカの「久高~QUDAKA」を苗さんに聞いていただいてるとき、すべてが終わってすべてが始まった気がした。「新生コズモクダカ」もスタートなので、オレは詞を書かなきゃ。

そうそう、新曲なんだけどね、昨年は久高島のイメージで「久高~QUDAKA」を書いたけど、今年はパナリのイメージで一曲書く。ただし、歌詞の中にはパナリとか特定の名称は入れずに、あの島の雰囲気を歌詞にしたいと思って。曲はすでにあるのでね。


ともかくも、今年もまた久高、パナリと最高のツアーになった。史上最高も間違いない。だけど、きっとまた次のツアーが「最高」になるんだろうな。旅は終わったけど、また新たな旅、そして人生のスタートだ!

来月は「ロンドン&マルタ」に行き、5月は新潟から長野経由で東京まで自転車。6月は「石垣・西表・新城」のツアーが決定した。これからもどんどん面白いことやっていきます。そして本も書かなとねってこと。3月中にやることいろいろあるので頑張ります。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-24 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


いよいよパナリ(新城島)に上陸です。東横インから1キロほど歩き、石垣港へ。
b0002156_1858517.jpg


港でぱぴぃと再会し、売店でいろいろ買物し上陸。船内では寝ていたようだ。そしてパナリに上陸。ちょっと風は強いけどいい天気。今回もだけど、天気予報ではずっと雨だったのが、見事に、オセロのように晴れにひっくり返り、またしてもQさん晴れ男伝説を更新してしまった。荷物を降ろし、さっそく島内散策。ぱぴぃよりいろんなご説明を受けます。
b0002156_18591068.jpg


ちょっとした高台から周囲の海と島々を眺める。
b0002156_18593539.jpg


天然のパパイヤ。この島はすべてが天然。農薬もなく、ハブもいなくて、とても安全な島。ノニ、アダン、薬草も自生しており、夏にはヤシガニも捕獲できる。もちろん食用だ。
b0002156_18594661.jpg


美しいビーチ。シュノーケリングするにはちょっと波が高かったので今年は断念。いや、実は6月にお預けだ。
b0002156_190340.jpg


まるでジャングルなんだけど、これはアダンの実。知らないとパイナップルを間違う人がいるけど、これも一応、実はサトウキビのようにかじって食べることはできる。ほんのり甘く、過食部分は多くはない。沖縄料理店では実ではなく、茎の方を煮込んで食べる。タケノコのような触感で美味い。昨日も食べた。
b0002156_1903056.jpg


もう一つの高台に。
b0002156_1905618.jpg


ぱぴぃがどこやら指さしている。
b0002156_1911089.jpg


パナリは神社がとても多い。小さな島にしてはその密度は沖縄一かもしれない。そしてもちろん入ってはダメだ。
b0002156_1921259.jpg


ちょっとしたプライベートビーチのような場所。昼からここでちょっと泳ぐ。記念撮影だ。
b0002156_1924337.jpg


小一時間ほど島内散策をして、宿に戻る。
b0002156_1931461.jpg


ランチの弁当を食べてまったりと。すでにビールや泡盛もいただいた。
b0002156_1932962.jpg


島の南のビーチからは下地島が見える。そこまで行くのだけど、軽トラの荷台に乗っけてもらう。見ての通りナンバーもない。さて、法治国家でこれは大丈夫なのだろうか。一応聞いてみたところ、この島は全体が私有地で道交法の適用外だとか。本当だろうか。車もナンバーがないのは、道交法上の車両ではなく、何ものでもない何かなんだとか。

島民が3人、交番も警察署もない。昔はこんな島もたくさんあったようだけど、今ではさすがの沖縄利離島と言えど、ここくらいだろう。ま、厳密にはグレーゾーンだろうけど、当然、警察も知らぬはずはないし、ま、いいかと言うしかないね。
b0002156_1934225.jpg


オレたちは1.5キロほどを歩いて行く。
b0002156_1941564.jpg


着いた。あれが下地島だ。牧場があるのみで、住民票上は無人島。牧場の管理人がかろうじて一名、住んでいるとか。いつか渡ってみたいものです。
b0002156_1943389.jpg


うん。焼けた。
b0002156_195769.jpg


みんなだ。
b0002156_1953290.jpg


この後は数人が泳ぎに行きましたが、女子の水着姿を写真に撮るわけにもいかず、私も腰まで浸かる程度で退散。6月ががっつりシュノーケリングしますよ。そろそろBBQの準備に入ろう。片手にドリンクを持つのはデフォルトだね。
b0002156_196073.jpg


と、その前に薄井親子がいち早く石垣島に帰るのであります。今回は最初から最後まで、薄井先生は娘さんを連れて参加されました。何か感じることがあったのでしょうし、そのところどころでの発言は聞き逃せないものがありました。

娘のユリアちゃんは4月から高校3年生。親子、すごく良く似ておりまして、それは顔の形ではなく、雰囲気と言うと、神秘的なところと言うか、仕草から完全に親子でありました。ユリアちゃんはどちらかと言うとクールで雰囲気で、薄井先生も18歳のときはこんな感じだったのかな~と思われる。ユリアちゃんと別れ際、こう言われた。

「卒業旅行でパナリに来たいです」

まあ、周りは全員30歳以上だし、話なんか合うはずもない。もちろんそれなりに話はしたけどね、同級生と話すような感じではないだろう。お互いに気をつかう部分もあったろうし、どうだったのかな~と気にはしていましたが、最後の一言ですべてOKとなりました。

そうか、パナリは気に入ったようだし、今回のツアーもそれなりに楽しみ、感じる部分もあったんだろうな。特にパナリなんて、アクティビティーはゼロだし、そもそも観光の島ではない。宿泊施設もないし、船の定期便もない。すべてがチャーター。でも、そんな島だからこそ気に入ったのかもしれない。

正直、恩納村はオレも好きだし、テンション上がるけど、観光のための村でありそれ以上でも以下でもない。ある意味、作られたスペースだ。それに対して、パナリはそのほとんどが「自然」のもの。住む人がいる以上、民家もあるし、防災施設もある。かつては小中学校もあった。けど、観光客を楽しませるようなものは何一つないし、上陸するにも許可がいる。そんな不自由な島だからこその魅力があり、ユリアちゃんはしっかりと受け取ったんだろうな。

少なくとも、こんな経験は普通の高校生はしないだろう。母親と一緒とは言え、得体のしれない人たちの集まりで、行く場所もマニアックそのもの。沖縄旅行って、恩納村に泊まって、万座毛に水族館に平和祈念館で終わる。むしろ、そこらに行かずにしてどこに行くのだろう。ダイビングをするとかなら別として。

石垣島だってそうだ。離島に行くにも、普通は竹富島とか西表島であって、ちょっと珍しいところで黒島か小浜島だろう。新城島(パナリ)なんて沖縄はおろか、石垣島の人だって行かないでしょう。タクシーの年配の運ちゃんは昨年そう言っていた。

来年の卒業旅行でもぜひ行って欲しい。同級生たちと思う存分に楽しんで欲しい。BBQもして欲しい。そしてもっともっとパナリを好きになって欲しいね。そして、ママとつるんでいたQさんって人のことも覚えていて欲しいね。
b0002156_198126.jpg


また、ちょくちょく会うだろうけど、こうやって別れるのはちょっと寂しいよね。左から、みゆきち、由美ちゃん、理恵ちゃん。
b0002156_1982883.jpg


で、BBQタイムに。今回は買い出しから料理までたまごちゃんが活躍していた。
b0002156_1992525.jpg


これが絶品の美崎牛だ。ちょっと焼くだけで、下の上でとろけるような甘い触感の味わい。誰もが今まで食べた肉の中で最高だと言うけど、この場も関係してるんだろうな。そりゃそうだ。オレたちだけの貸切の島で、何もない、ただ自然なだけの島で食う肉が美味くないはずがない。

最近、静かにブームになっているらしい長命草がその辺に雑草のように生えていて、それと一緒に食べると脂っぽさも中和され、いくらでも食べられるのだ。このBBQだけでもパナリに来る価値があるってんだ。
b0002156_1995711.jpg


言葉にならないよね。
b0002156_19101272.jpg


これは一週間前に潰した山羊肉。独特の香りがあるので、苦手な人は苦手だろうが、オレはまったく大丈夫。海外に行くと羊を食べることが多いけど、羊をさらに濃くしたような味。沖縄では山羊汁にして食べるのが一般的だけど、焼いて食べても美味い。横にあるノニも自然に生えてるやつで、ぱぴぃは自前で100%のノニジュースを作って、毎日飲んでいるのだと。そりゃ健康なはずだ。
b0002156_1910339.jpg


かなり食べて飲んだのだけど、まだ日は明るい。夕陽の時間になったので、港まで見に行く。青春だなあ。叫ぶしかないよね。
b0002156_19113077.jpg


再び戻ってまた飲み食い。ビールもワインも泡盛もかなりあけましたね。ぱぴぃが手製の古酒(くーすー)をふるまってくれまして、これがまた絶品でございました。幸せ以外の言葉が思い浮かばないね。
b0002156_1915641.jpg


このグループはミュージシャンが多いこともあり、自然な流れで歌も。ぱぴぃがまた上手い。「芭蕉布」って歌は知らなかったけどジーンときた。コズモクダカの歌も歌ったね。新曲の作詞も早くしないと。そして動画でお見せできなのが残念ですが、「はいさいおじさん」で盛り上がりはピークに!どんなに騒いでも苦情が来ないのも魅力だ。だって、他に観光客も住民もいないのだから。
b0002156_2123872.jpg


みんなで一緒にお布団を敷きましょう。大部屋では女子が布団を10枚並べての雑魚寝。男子は二人なので、プレハブでベッドと床に。布団をかぶせられているのはぱぴぃらしい。
b0002156_19115463.jpg


今回、いろいろわかったことがあります。今回のメインである久高島と新城島。どちらも「神の島」と呼ばれるのだけど、その性格はまったく反対。久高島は祈りの島であり、凛とした荘厳な空気を感じさせるのに対し、新城島(パナリ)は陽気でゆるやか。笑いに満ちている。同じ「神の島」でも、久高島が「祈りの島」であれば、新城島は「笑いの島」だろうな。この島でどんだけ笑ったろうか。そして身体が完全に緩む。

薄井先生が言われるには、ぱぴぃはどう見ても宇宙人だとのこと。それは苗さんも同じだろうけど、久高の神様が苗さんに姿を借りているように、パナリの神様は間違いなくぱぴぃに宿っている。パナリは昔から一部にはとても有名で、それは石原慎太郎の『秘祭』って小説のイメージが強い。私が聞いたパナリのイメージも『秘祭』のままでして、だけど行ってみるとまったく逆であることがわかる。『秘祭』で描かれるのは、排他的で暴力的でおどろおどろしい。年に数回お祭りがあるのだけど、中でも「豊年祭」なる祭りは八重山諸島ではどこでも見られるものながら、新城島のそれは特に神秘性が強いらしい。

ジャーナリストが豊年祭にこっそり侵入したところを、島の人が見つけて殴り殺されたなる噂もある。警察も島の行事には口出しができず、闇に葬られる、、、なんて話を聞いたけど、もちろんまったくのデタラメ。そもそもは豊年祭だってオープンな祭りだったけど、一部のマナーの悪い観光客のせいで慎重になっただけのこと。今も島民の紹介があれば見学できるそうで(なのでオレは見学できる)、言われているほどに排他的ではない。

それよりむしろとことんまで陽気で明るく笑いが絶えないのがパナリの神様。こんどまたパナリに行ったら、島に入った瞬間、笑い転げてしまうのではと思うほど。つまり、神様にもいろんな神様がいるわけで、パナリはとても陽気な神様だってことだ。だからこそ、より敬意をもって島と接したいのです。これからも今のままのパナリにありますよう。そして久高島と同じく、これからも何度も何度も行くことになると思います。文字通り、地上の楽園だけに。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-23 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨日は比較的早くに寝たので、と言うか、疲れすぎて寝たのをあまり覚えていない。日の出時間にイシキ浜に。そう言えば昨日、苗さんから興味深い話を聞きました。2,3年前、どっかの宗教団体が何かの道具をこの浜に埋めたそうです。一種のマーキングなのか、ご利益狙いなのかわかりませんが、それが昨年、大きな波で丸ごとさらわれたとか。確かに昨年は砂浜がえぐられていましたが、今年はきちんと戻ってきたようです。

苗さんが言うに、久高島は世界の平和を祈る場所。私利私欲なお願いも、少しはいいけども、教団とか集団がらみになると嫌がるそうです。久高島に限らず、沖縄の島も、また神社やパワースポットのような場所もそうだと思うのですが、やはりその場に敬意のない勝手なふるまいは慎むべきなのでしょう。

久高島には久高島の古来からの祭事があり、そのことへの敬意や思慮もなく、踊りや儀式などもご法度。その辺は思った以上に厳しいようで、久高島に限らず最低限のマナーやルールは大切なのです。
b0002156_17203391.jpg


朝日が出てきました。苗さんが言うのには、この場で朝日を浴びると才能が開花します。確かにそうかもしれない。久高島に来てから、やりたいことが出てきたり、天職、天命に出会った人は私の知る限りでも少なくない。私にとっても今年はスタートの年だし、どんどん私を使ってほしいのです。
b0002156_17194449.jpg


宿に戻って朝食。そしてフェリーの時間まで散歩します。
b0002156_1721919.jpg


目的地はここです。「大里家(うぷらとぅ)」と呼ばれる遥拝所で、私にとっても重要な場所。昨日の苗さんお話会で、極めて興味深い話を聞きました。「大里家」は五穀豊穣の神様が祭られていることから、生活とか仕事とか、さらには縁結び、出産を祈願して訪れる人が多いとか。実際、この場で記帳をしてお祈りをすると、いろんな奇跡が起こるとの談。

苗さんには息子さんがいて、そのお嫁さんがなかなか子宝に恵まれない。ある日、「これくらいはお願いしてもいいだろう」と思い、お孫さんのお願いをした。すると、前方から光の玉が飛んできた。それをスッとよけた。別の日にまたお願いに行ったところ、この光の玉はよけてはいけないと感づいたようで、再び光の玉が飛んできたのを、今度は正面から受けとめた。間もなくお孫さんが宿った。

この話を聞いてビックリしました。私の二年前、この大里家で何気なく、何を願うともなく座っていたら、突然、目の前に「光の玉」が現れ、こんなことを言ってきた。

「おまえに命をやろう」

この話はいろんなとろでしてますし、『そらのレコード』にもエピソードとして挟んでいます。けども、苗さんからこんな話を聞いたのは初めてです。その二日後、福岡の家に戻ると三男が宿っていることを告げられ、その9か月後に「紘高」が産まれました。

奇しくもなんですが、次男は「卓久」で、三男は「紘高」で、並べると「久高」が出てくるのを知ったは、二人を命名してからずっと後のこと。やっぱりご縁があるのだろう、この島には。

それにしても、そうだったのか。苗さんにも「光の玉」が現れていたのか。やっぱり何かあるのかもしれない、ここには。
b0002156_17231235.jpg


久高島一番の景勝地。ここも思い出深いのは、結婚式のエンドロールのオープニングの写真に置いたのです。
b0002156_1721577.jpg


久高島交流会館には私の本がコンプリートしています。今年も1冊以上は出しますので、また来年、お礼参りにやってきて、7冊目、8冊目を加えなければなりません。なので、来年も間違いなくやってきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
b0002156_17232431.jpg


港で全体写真。なんとこの中の一名は、どうしても久高島に残りたくて二時間後のフェリーに切り替えました。それだけ素敵な島。気持ちはよくわかります。私もできるだけ長く長くいたいのだから。
b0002156_1728316.jpg


安座真港に着き、無事に国際通りのレンタカーオフィスに到着。これにて本編の「久高島ツアー」は終了。ちょっと時間があったので、ハンバーガーとビールでランチに。
b0002156_17285494.jpg


そして那覇空港に移動し、いよいよ後半に突入します。2時55分のフライトで石垣島へ。到着してタクシーで市街地に移動。私は新城島(パナリ)のお世話の方とBBQの買い出しに出かけます。そう、パナリと言えばこの方、ぱぴぃです。
b0002156_1729983.jpg


一通り買物を終え、本日の居酒屋で降ろしてもらいます。ここは「石垣島一の居酒屋」と知られ、私も来るのは三回目。とにかく魚が美味いのです。
b0002156_17321250.jpg


こちらはマース煮(塩煮)。とにかく楽しかったねえ。飲んで食って騒いで。病みつきになるね。
b0002156_17322767.jpg


この後はブラブラ歩いて、A&Wでルートビアフロートを飲みます。他の方はアイスとかいろいろ。さらにメンバー3名は島唄居酒屋に繰り出されましたが、私らはそのままホテルに戻ってバタンんです。めちゃめちゃ楽しかったそうなんで、次回は行きたいな。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
   
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
 
■4月1日(土)/大阪/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-22 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン