宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2016年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


先週の「今日」があまりにも恐怖だった。前々から恐怖だった。なぜなら「祭り」の翌日だから。確かに何もできなかった。かろうじて移動したくらいで、前日の強烈な余韻が容赦なく襲ってくる。そして福岡に帰ってからの一週間。なんか、楽しくなかった。沖縄のこと、インドのこと、熱海のこと、あれこれ考えるし、手配とかも進めてるのだけど、なんか気分が乗らない。理由は明白。12月10日が楽しすぎたから。
b0002156_1418447.jpg


こんな空虚な時間を過ごすくらいなら、何もしない方がいい。そんな気持ちも1%はあるかもしれない。けど、この空虚さが大きければ大きいほど、次に入ってくるものも大きい。だけどまた空虚も大きくなる。そして次に入ってくるものも大きい。そうやって雪だるま式に「空虚」が大きくなり、同時に、ハチャメチャに面白いことも大きくなる。今の心境もまさに、、、


「あ~、なんかオモロイコトしたいな~」


です。この「オモロイコトしたい」って感情が、それを証明するための現実を引き寄せる。


「感情が現実を引き寄せる」


ってのは「引き寄せ」関係でもよく聞く話だけど、ただ、これにはちょっとしたトリップがあります。たとえばここで言う、「オモロイコトしたいな~」と「お金ほしいな~」は似たようにも見えますが、その「感情的土台」が違います。


「お金ほしいな~」は「お金ないな~」が土台になってるので、結局、引き寄せるのはそっち。お金がない方。一方、「オモロイコトしたいな~」は、もし人生がまったく面白くないものだったら「面白くない」が実現しちゃうけど、私の場合はそもそも面白くて、その上でもっと「オモロイコトしたいな~」って思ってるので、そっちが実現する。


ここで魔法の言葉が登場します。それは「もっと」と言う言葉。一説によると、この「もっと」と言う言葉、コピーライター、広告クリエーターの間でも使い方によっては強力だってことを聞いたことがあります。


もちろんわざわざ「もっと」を言葉にしなくてもいいのですが、「感情的土台」にあるととても効果的。しかし、それが本当に「感情的土台」として機能するには、やっぱり「ある」が前提にないと。これまで何度も書いてきたと思いますが、お金は「ある」ところにしかやってきません。


なので、「引き寄せ」の前提作りとしては、まずは今「ある」ものに目を向ける。日本に住んでいる限り、そしてこれを読めるくらいでれば、まず明日食べるものには困っていないし、カフェでケーキセット注文するくらいのゆとりはあるはず。だとすれば、まず、今あるものに目を向けて感謝する。その上で「もっとよくなりたい」と意識する。つまり、


「ある」→「もっと」


こそが今よりももっといい現実を引き寄せるための、絶対的な感情的土台なんです。これを「あるもっとの法則」と名付けましょう。しかし多くの人は、


「ない」→「もっと」


としてしまうから、引き寄せが思った通りに働かないわけ。だけど、こう言うと、


「『ない』ものはないんだ!それを『ある』なんて思えない!」


と反論される人もいる。それでも再反論したい。


「『ない』なんてことはなない!」


と。つまるところ、本人の「心」の問題だろう。やっぱり「感謝」って大切で、人は「感謝」しているときこそ最大のパワーを発揮する。「感謝」を土台に「もっと」とどんよくに望む。これだけ。これだけでたいていに願いはかなってしまうので。


そんなわけで、この一週間は完全に腑抜け状態になってしまって、毎日、「もっとオモロイコトないか~」と叫んでるのであります。だけど、この叫びはきっと通じる。いや、100%通じる。これまでがそうだったように。


まずは来年2月11日~19日はインド。2011年以来のインドで、冬のインド、しかもラダックは初めてだ。日本では絶対に体験できない世界。氷点下20度の氷の川を歩く。3泊はテント。食事はすべて同行のコック。何を感じ、何を考えるか。

でもまた帰国後に腑抜けになって、それでも3月は沖縄があり、4月はロンドンがある。5月は自転車で「釜山~ソウル」を縦断しようかな~とか考えてて、とにかくもオモロイコトをどんどんやっていくしかないわけ。それがオレの人生だから。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング

【魂参加】どんよく Talk Live(12月25日まで)
 
■12月28日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾22~来年の今頃どえらい状況になる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-18 23:39 | ■願望実現
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


伝説の「どんよくTalk Live」からちょうど一週間。ようやくと抜け殻感も去り、日常に戻ってきた実感があります。滝行は今日で三日目。冷たい、寒い、当たり前。沖縄が恋しい。その前に氷点下20度のインド(ラダック)もある。インドはまったく実感がない。現実感がない。それでも行くんだろう。そして楽しみだ。そして3月の沖縄は残り4名ほど。その後のオプションの新城島(パナリ)はすでに満員どころか定員から5名オーバー。なんとかしてもらうしかない。なんとかなるだろう。

新城島(パナリ)は一般の人はなかなか泊まれないので、かなりレアなツアーになっていますが、来年は久高のオプションとは別に「石垣・新城・西表」の3泊4日なんかもやってみようかな~と思っています。


それにしても最近、ツアーにしてもセミナーにしても本当に楽しい人ばかりになってきた。回を重ねるごとにどんどん面白くなる。毎回、「これ以上に楽しいツアーは二度とないだろう」と思いながら、それでもやはり更新する。


ちなみに今度の久高島は実質的に「どんよくTalk Live」の打ち上げみたいな形になってますが、それもそのはずで「チーム青春」からの募集がメインですから。これまた盛り上がりそうだな。久高島で「発狂」するしかないな。ヤバいな。インドのラダックでも発狂するけどね。ラダックは現地ガイドさんに聞いたところ、まだ受付可能だとのこと。気になる方はご連絡を!


それにしても最近、思うんだけど、オレって友達多いな~って。今回の「どんよくTalk Live」でもたくさんの人たちが駆けつけてくれたし、ビラ配りも手伝ってくれた。大人になってからの方がはるかに友達多い。そしてここ数年、加速している。嫌な人も周りにいないし、本当に心から楽しみを共有し合える人たちばかり。妬みとか悪口とかもなく、ただ純粋にやりたいことを追求し、楽しいことしか考えない。だから、一緒にいてワクワクできる。まさに青春だね!


先日、編集の金子さんがツイッターでさりげなくつぶやいてくれてた。
b0002156_2243147.jpg


こういうのは嬉しいね。まず自分自身がどんどん運が良くなっている。そして周りも運がいい人ばかりなので、お互いに高め合える。運を良くするには、運がいい人と一緒にいること。それはよく聞くけど、ようは運がいい人は、運がいい人同士、悪い人もその限りってこと。


「運がいい人」と「運が悪い人」とが一緒にいることは不可能。でもまあ、運を良くするってそんなに難しいことじゃない。ようは、楽しくあればいいだけ。良いことを考え、良い言葉を使い、良いことをやっていればいい。笑っていればいい。

逆に運を悪くする方法も簡単で、悪いことを考え、悪い言葉を使い、悪いことをやっていればいい。他人の批判とかもしない方がいい。絶対に運が悪くなるから。


なんかもういいわ。シンプルに生きよ。楽しいことばかり考えて生きよう。今まで通りに。今日は午後、タマオキアヤちゃんの福岡トークライブに参加してきたのだけど、つまるところ「お金」を引き寄せるのだって簡単って話。「いい気分」でいればいいって。一言でいうとそれだけだけど、まあ、それが難しい人がいるんですよね。


それも、この地球は多少の制限はあって「いい気分→いい現実」になるには、多少のタイムラグがある。けど、それは自分の身を守るためもある。だって、「隕石が落ちる」と思ってすぐに落ちてきたら危ないじゃないですか。そもそも「隕石が落ちる」なんて思わないだろうけど、仮に思ったとしても修正ができる。


同様に「100万円が降ってきた」と思っても、途中で「修正」してしまうから降って来なくなる。ずっとずっと「100万円が降ってきた」と思い続けてると、タイムラグもしっかり埋めてそれが現実になる。その意味では『夢なに』の「秘伝ノート」で100日書くのは理に適ってるわけ。


とにかくも、この地球のタイムラグがあるからこそ、「いい気分」をずっと選択し続ければいいわけね。そのためにも、やっぱり運がいい人たち、楽しい人たちと一緒にいるのがいいよね。旅にしても、「どこに行くか」よりも「誰と行くか」の方がはるかに大切なわけで、やっぱ「人」なんだな~って思う。

と言うわけで、これからも楽しいことしまくります。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング

【魂参加】どんよく Talk Live(12月25日まで)
 
■12月28日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾22~来年の今頃どえらい状況になる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-17 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


滝行2日目。いや~、真冬ですな~。今年で13回目の冬越し。そしてこの一週間を満行したら、年間100日も達成。いろいろ忙しかったけど、なんとかなるもんだ。今年もあと2週間ですが、年末調整、忘年会、今年最後の月イチ福岡セミナーくらいかな。まあ、そんなに忙しくない。そして今日、『そらのレコード』のポストカードが届きました。見るだけで宇宙に吸い込まれ運が良くなると評判の表紙、そしてポスカ。作画はガールズイラストの第一人者である蛯原あきらさんですから、それはもう、ものすごいに決まってるわけで。
b0002156_2142211.jpg


そうそう、ちょっとお問い合わせ。12月10日の「どんよくTalk Live」にて、ポスカを一枚500円で複数枚ご購入された方がいらっしゃったと聞きました。すみません、高すぎます、笑。500円は「チーム青春」の事前セミナーの参加費であって、ポスカはプレゼントしましたが、あくまで参加費であってポスカの値段ではありません。非常に申し訳ないと思うので、よかったら相応の本(私のとは限らない)とポスカをお送りさせていただきます。遠慮なさらずにお申し出くださいね。


そんなわけで、今日は「魂参加」の皆さんへの書籍へのサイン、発送作業で半日は潰れました。と言いながら、まだ半分も終わってないのですが、来週中には全員の分を発送したいと思います。YouTubeの動画はただ今編集中なので、今しばらくお待ちくださいませ。あと、「魂参加」は今月25日まで受付中。『そらのレコード』を購入された方は巻末にささやかながらプレゼントもありますので、そちらもお見逃しなく。中には表紙のスマホ待受け画像もあります。これを待受けにすると21日以内に奇跡が起こりますので、どうぞご期待あれ。


この表紙のモデルとなったのが、久高島のイシキ浜。厳密にはちょっと違うのですが、ここにはコズモクダカのドラムたまごちゃん、ベース理恵ちゃん、チェロ愛子ちゃんも、そして蛯原さんご本人も行かれています。才能が開花するスポットと言われ、実際、その通りになっています。この写真に写ってる後ろ姿がまさにそのメンツ。本の装丁のあっちゃんもいるんだ。
b0002156_2144291.jpg


とりわけ、昨日も書いたけどドラムのたまごちゃん。ライブ後、幾人かから「あのドラムの女の子は何者ですか?プロですか?」みたいなことを言われました。正確にはプロではないですが、アマチュアレベルとしてはかなり上位でしょう。実際、ドラムって練習環境に制限があるから、アマチュアって厳しい人が多い。けど、彼女は本人の基準が高すぎていつも自分にダメ出ししながらも、それだけ腕前は確かだし、これからもどんどん上手くなるでしょう。そんなたまごちゃんについてフェイスブックにこう書きました。

2012年9月の東京セミナー。50人くらいの中、印象的な女性がいた。顔が白光りしてたから目立ってたのもある。オレのセミナーに衝撃を受けたとかで、その後もちょくちょく参加され、合宿やツアーにも来た。

確かにドラムやってた話は聞いた気がする。でも、そのビジュアルと結びつかなくて、なんちゃって子どもドラム教室の類だろうと偏見もってた。

あるセミナーの懇親会の後、数名でカラオケに行った。オレはワインでヘベレケ状態。意識もうろうの隣でやけにエイトビートがキマりまくりのタンバリンが聞こえてくる。それがたまごだった。

「なにそのタンバリン?なんかやってたの?」

昔ドラムをやってたと再び聞かされる。これはもしかしたらめちゃくちゃ上手いのではないか。それからたびたびドラムを再開しろと言うも、本人の中で黒歴史扱いされてるようで、そのうちドラムの話をイヤがるようになった。でもオレは機を狙っていた。それが了戒翔太の

「バンドやりて〜」

だった。すぐにたまごを推薦。それが今年2月。その翌月、久高島にてコズモクダカが結成される。

そしてこの10日、1200人のホールでドラムを叩きやがった。CDブックにもそのドラムは収録されている。ステージでも一番目立ってたかもしれない。

人は自分にしかなれない。ドラムを封印しても、神様は逃さない。オレも音楽は好きだけど、演奏の才能がない。それでもこうやってどっぷり浸かってしまっている。結局、人は自分にしかなれない。自分のしたいことしかできないものなんだ。

10年前に書いた夢/masako のブログ


このブログを読んでもわかる通り、10年前はプロのドラマーを目指していた。そして相当練習したそうだ。

その頃はプロドラマーを目指してた頃で、アルバイトをしながらバンド練習に励んでました。

暇さえあれば、ノートに

ドラムを叩いて輝きたいとか、ドラムを叩いて皆を感動させたいとか書いていたんです。
(上記ブログより)


おそらくはいわゆる願望実現的なメソッドでノートに書いていたのではないと思う。ただ、自分の夢への思いが強すぎて、暇さえあれば書かずにいられなかったのだろう。アルバイトして、時間があればドラムの練習、夜などは叩けないからノートに夢を書く。


この文章を読んで気が付きました。『夢なに』の「秘伝ノート」を始め、紙に書くと願いが叶う系のメソッドってたくさんあるし、実際、願望実現の王道なんだろう。ただ、書いたからと言って100%叶うわけじゃない。それこそ「アメリカ大統領になる」などと書いても、そりゃ無理だろうし、そもそも本気で思ってないだろう。


つまり、そうなんです。


叶う願望とは本気で願っているもの。


「月収100万円」などといくら書いたところで、本気とは限らない。そうなればいいな~程度のこと。しかし、いかなることでも「本気」であれば、タイムラグがあっても実現する!


たまごは「本気」でプロのドラマーになりたいと思っていた。練習もしたし、相応の評価も得た。しかし、本人の基準が高すぎたのもあろう、23歳で挫折し、それ以来ドラムを封印。夢を書いたノートが恥ずかしくてゴミ箱に捨てる。

それから3年後、石田久二と出会い、さらに2年後、了戒翔太と出会い、再び音楽の扉を開けることとなった。そして1,000人会場でのパフォーマンス。


ここだけの話、まあ所詮はアマチュアのバンドだろうと特に期待してなかったとの声もあった。それが、思った以上に水準も高く楽しめた。もちろん課題はたくさんあるのだろうけど、一つの「ライブ」としての完成度はかなり高いものと思いました。プロの助っ人もありましたが、ただのエキストラではなく、一緒に久高を歩いたり、中学から30年来の付き合いだったり、深い「ご縁」によって結ばれたバンドなんだ。


昨日に続き、30年来の付き合いのクラリネット。彼もまた中学の頃から音楽バカで、そればかり考えていた。本気だった。今では日本でトップクラスのジャズクラリネット奏者。リーダーアルバムは2枚、サイドの参加は無数。動画はよくご存じの曲。




本気で願おう、本気でやろう。そしたら叶わない願いはないから。たまごも今回で終わるはずがなく、おそらくいろんなバンドから引っ張りだこになるだろう。文字通りの「プロ」になるかは本人次第だろうけど、少なくともこれからの人生で「ドラム」は欠かせないものになる。ドラムに限らず、多様なパーカッションにも開眼するだろう。すべては導きだ。本気で思えば、宇宙は確実に導いてくれる。ゴミ箱に捨てたくなるようなことがあっても、本気は夢を裏切らない。オレも頑張ろう。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■12月28日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾22~来年の今頃どえらい状況になる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-16 23:39 | ■願望実現
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日から一週間の滝行を開始しました。寒すぎて口が回らない。お経や真言がハッキリ言えない。だって12月だもんね。先週まで東京でいろんなエネルギーを浴びちゃったし、改めて心身を浄化する上でも、今週、しっかり滝行に勤しみましょう。夜はまた二週間ぶりにボクシングに行ってきました。思ったより動けたかな。


さて、今日は木曜日。先週の木曜日はと言うと、昼に集まってそば屋に行って、5時まで練習して、そっから一時間、ビラ配りして演説して歌って、その後はバンドメンバーで決起集会、発狂、さらにバーで飲んでタクシーで帰宅。楽しかったなあ。もう一度あの日に帰りたいなあ。だけど、これからも容赦しない。どんどんあの日に帰りたくなるようなことやりまくってやるから。


ところで今日、「どんよくTalk Live」の事務局から今回の「収支」が出てきました。セミナー業で最も効率的なのは100人前後。ぶっちゃけ、1万円で100人を続けるのが一番儲かると言えば儲かる。では1,000人になるとその10倍かと言うと、実はそうじゃない。突然、経費が思いっきり跳ね上がるし、しかも今回はバンド、そのためのPA、その他諸々の経費がかかり、100人だと大儲けでも、1,000人だと赤字になるケースも少なくない。


では今回はどうだったのか。まあ、かろうじて黒かもしれないけど、表の数字に出てこないちょこまかした出費を積み重ねると赤字かもしれない。そんなところです。だったら、やらない方が良かったかと言うと、決してそうじゃない。なにに経費がかかるかと言うと、ほとんどが人件費だったりする。つまりは、多くの人にお金を払うことができたって意味では、ものすごくいい使い方ができたわけだ。100人のセミナーなんてほぼ会場費くらいですもんね。


たくさんの人と関わり合えたってこと。その意味でも大大大成功。しかもそのほとんどが、元からの知人に対して支払うことができた。CDブック『そらのレコード』もそうだけど、スタッフのほとんどが元からの知り合い。それがなぜだか、その道のプロが集まってくる。
b0002156_2273745.jpg


今回の音響・照明にしても、大きなフェスを手掛けるプロ中のプロ集団。ローディやってる仲間のいがじーが連れてきてくれたわけで、普通は揃えられるメンツじゃない。しかもあの値段で。バンドメンバーは全員、オレのセミナーとかツアーとかで知った人だし、ゲストのプロもそう。ひとりは中学からの後輩。これは先輩からの無茶振り演奏。





この集団の文化度が高いな~って思うのが、ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」の冒頭を吹いたところで拍手が沸き上がるとこ。有名な曲には違いないけど、いわゆるクラシック曲で文化水準は高い。「のだめカンタービレ」でメジャーになったかもしれないけど、普通はすぐにはわからない。その後、すぐに「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」に変わってバリバリ吹くのだけど、終わった直後で拍手喝采。なんか、わかってるな~って感じ。それにしてもこの時、かなり酔ってベロベロだったにもかかわらず、音程一つ狂わずアドリブで吹ききるところ、やっぱりプロなんだな~って。


この動画のクラリネットの土井徳浩くん、そしてチェロの松本愛子ちゃんをゲストで迎えたのだけど、この二人が加わっただけで、コズモクダカの次元が一つまた上昇した。それを一番に感じ取ったのがドラムのたまごちゃん。

向こうの世界にある139階の話とか、。


このブログによると、11月9日にこんな夢を見たのだと。

今朝、凄い夢を見ました。
というより、近未来に行って帰ってきたばかりのような気分です。

エレベーターで高層階の139階まで、ジェットコースターと同じくらいのスピードで上がっていく夢でした。耳に圧がかかったのも覚えています。昇っていく最中の外の景色が物凄くキレイで。

そのエレベーターは透明で外観はスパイラル状になった透明の筒のような感じでマンションの横に設置されていて凄くきれいでした。

夢占いによると、運気上昇のサインのようなことが書いてありました。
嬉しいですが、やっぱりこういう時こそ、地に足を着けた状態でいることがとても大切だなと思いました。
上がるだけ上がって浮足を取られたら、たまったもんじゃないですからね


確かにこれはフェイスブックに投稿していたのを読んだ。意味はわからなかったけど、そんな「サイン」だったんだな。昨日書いた薄井先生の本でもそうだけど、夢っていろんなサインを見せてくれる。QさんがQ島に行くなんてのは、本の中の夢の話だけど、現実に直接リンクしちゃったりとか。


で、ドラムのたまごは、夢の中の139階の意味が、演奏中にわかったのだと。それは、「限りなく感動に満ちた音の世界」であって、まさに土井くんと愛子ちゃん、二人のプロと演奏してる最中にその世界に行ってしまったとのこと。


確かに演奏後、打ち上げの席でも興奮して言ってた。演奏中に土井くんのクラリネットとシンクロした瞬間、とんでもない感動の世界に導かれたと。実は今回のトークライブで、もしかしたら最も注目を集めたのはドラムかもしれない。見た目がタマゴみたいに白光ってることもあるけど、やっぱり演奏の腕前は群を抜いている。それだけの腕だからこそ、本物のプロの世界を垣間見ることができたのだろう。
b0002156_2313638.jpg


実は土井くん自身が言ってたのだけど、音楽って麻薬みたいなものなんだと。つまり、一度、その世界を知ると抜け出せなくなる。お金とか名誉とか世間体とか、そんなことはどうでも良くて、ただひたすら音の世界に没入する。クレイジーに見えるけど、それがほんまもんのプロ。いがじーいわく、「土井さんはいっちゃってますね」、と。


その、一流のプロしか知らない世界を、土井くんと愛子ちゃんが見せてくれた。その世界を知るともう抜け出せない。たまごはその昔はかなりドラムをやってたそうだけど、ここ6~7年はやってなくて完全に封印。だけども、音楽の神様が許さなかった。


これはもしかしたら「久高島」と関係があるのかもしれない。一緒に久高に行ったメンバーの誰かが言ってたと思うのだけど、久高島のイシキ浜で朝日を浴びると才能が開花するとか。開花。昨日の薄井先生の本の話の中の「(Q島に行くことで)Qさんのエネルギーが開花の時期を迎えた」とまったく重なる。
b0002156_2344568.jpg


そうなんだ。よくよく振り返ると、久高島に行った連中が片っ端から何かを開花させている。コズモクダカのメンバーはもちろんこと、オレだってそうだ。久高島のイシキ浜で朝日を浴びる。そこで完全に開花する、別の次元を見ることができる。ああ、また久高に呼ばれている。


またまたとんでもないことが起こるのだろう。その前にインドで氷の川を歩くけど、年明け早々からかなりヤバい状況に。とにかく来年、何をしでかすかわからないけど、やりたいことどんどんやろう。やり尽くそう。そしていろんな世界を見よう。インドの氷の世界もどうなんだろう。何かが思いっきり開けそうだ。


新しい世界。いい響きだ。今回の「どんよくTalk Live」でもオレ自身は完全に新しい世界を知ったし、次のフェイズに進むことができた。来られた参加者さんもきっとそうだろう。もっとアホなことやるぞ。よかったら一緒にアホなことやろうぜ!ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■12月28日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾22~来年の今頃どえらい状況になる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-15 23:39 | ■音楽
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


日常にさらに戻って、明日から一週間、今年最後の滝行をしたいと思います。15日(木)から22日(木)までの一週間。これで2016年、有終の美を飾ろう。本当に今年一年、いい年だったなあ。大晦日の10大ニュースに困るなあ。そして今日もまた胸アツなブログを書いていただきました。藤沢あゆみ先生。

藤沢あゆみ『10年で突き抜けた!12月10日石田久二さんどんよくトークライブ大盛況で終了しました』


あゆみ先生、本当に愛の塊みたいな人だ。その名は昔から知ってたけど、作家として大御所過ぎて怖い存在だった。けど、今年の2月、初めてお会いして、一瞬にその魅力に惹かれた。一度じっくりお話ししたい。そう思ってたらメディアコンサルの記事が上がってきて2秒で申込み。それが今回の「どんよくTalk Live」につながるのだから、ここはオレの直観力を自画自賛したいところだ。


今朝、あゆみ先生のフェイスブックを見てビックリしたのだけど、メディアコンサルのアンケートに「1,000人規模の講演をやりたい」って書いてたんですね。
b0002156_12253333.jpg


そしてあゆみ先生の記事にある通り、メディアコンサルの記事にも

「100人集まった、
1000人集まったって言っても
ひとはひとりひとりやってくる。
ドバッと塊で来るわけじゃない。」

と書かれてあり、やっぱり「1,000」なのか。じゃあ、次は「3,000」だな。これもいつかやりたい。もっともっと力を付けてからやりたい。やろう。そしてそのうち「10,000」だ。きっとできる。ともあれ、しゃべったこと、書いたことが次々と実現してしまい、なんか怖いな~って今日この頃。


そして夕方頃、さらに怖いことがありました。アトムカンフーさんからすごい勢いで連絡がありまして、


「薄井先生の本にQさんとQ島がでてきたw」


と。そして確認。確かに。『「サイン」を上手に受け取る方法』の中にそんなエピソードがある。
b0002156_10364353.jpg


電子で読んだつもりだったけど、気が付かなかった。本書では実際のクライアントさんとのセッションを元に書かれたと思うのだけど、なぜにイニシャルが「Q」なのか。普通はAとかBじゃないのか。実際、これ以外はそうなってるけど、なぜにここだけ「Q」で、「Q島」が出てくるのか。


「Q島」って心当たりある。久高島だ。コズモクダカでは「QUDAKA」と表記している。つまり「Q島」なんだ。そして読んでると、どんどん自分のことと思えてしまう。本書には、


「夢の中で、Qさんは自分の名前と同じ島の存在を見つけました」


とか書かれてある。そしてそこに行くことは、


「新たな自我の発見と、自己を一致させていきたいという、生きていく上での能動的なエネルギーの誕生」


を意味し、「Qさんのエネルギーが開花の時期を迎えた」ということを示すと、本文より。本当に自分のことのようだ。この本自体は薄井先生と出会ってすぐに電子で読んでいました。だけど、今は紙の本が手元にある。これも理由があります。


10日のライブで薄井先生の本をブースに並べたのだけど、かなり売れました。そして自分のとか残った本をダンボールで送った中に、薄井先生の本が11冊ありました。1冊を手元に残し、10冊を薄井先生に送りました。その直前、こんなやり取りをしていました。
b0002156_1037543.jpg


手売りチケットの清算で送金しようとしてる薄井先生に、本を送るための住所を聞いた瞬間。しかも、この中で「久高島」の話までしている。この一時間後にアトムさんから「薄井先生の本にQさんとQ島がでてきたw」と連絡。


さらに「Q島」が出てきたページが「111」で、これは『そらのレコード』の版元であるエバーグリーン・パブリッシングの設立記念パーティの11月1日と同じ数字だ。この日から始まったのだ。
b0002156_10392533.jpg


そして伝説となった「12月10日」の後、そろそろ久高島ツアーの段取りしようと苗さんに連絡し、日程が決まった日にこれ。最近、とことんシンクロが続く。まあ、コズモクダカのメンバーってシンクロまくりの人ばかりで、特に「サイン」なんて本を書く薄井先生、さらに『運なに』でも「宇宙のサイン」って書いてるから、そんな連中ってこと。ちなみにシャレじゃないですが、コズモクダカのメンバーは「サイン」を練習していたとか、してないとか(ここから)。
b0002156_10395155.jpg


と言うわけで、3月の久高島ツアー、かなりヤバいことになりそうだ。薄井先生もいるわけでしょ。あの島に「脳波同調」する薄井先生が行ったらどうなっちゃうんだ。それこそ異世界の存在とつながりそう。本の中で既に「Qさん」と「Q島(久高島)」を先に書いてしまっている。すべては導きだ、久高の神様の導きだ。


そして今度の久高島、当然、コズモクダカのメンバーも全員参加でして、宿泊施設の大広間でちょっとしたコンサートをしようかと計画中。参加者だけで30名はいるし、もしかしたら島の人も来るかもしれない。ガイドをお願いしている苗さんと交流館に『そらのレコード』を何冊か寄贈して、島の人にも読んでもらいたい。久高島がもろに出てくるし、登場人物の一人である「比嘉早苗」さんのモデルは、言うまでもないわけでしょ。


なんだかさ、12月10日が終わって落ち着く間もなく動いてる感がハンパない。『そらのレコード』はアマゾンと手売りのみなので、まだまだ動きは少ないけど、どっかで爆発しそうな予感さえする。魂参加の方には来週にはお送りできますので、もう少々お待ちくださいませ。


あと、「魂参加」は今月の25日まで受付けているようなので、今回のムーブメントに乗ってみたい人は今からでもお申込みください。発狂も見れるし、コズモクダカの演奏も素晴らしい。伝説の何とかもノーカットでお渡ししようか検討中。


とにかくヤバい。来年もすごいことが起こりまくりそうだ。久高島、どんなことになるだろうか。まさに異次元とつながるだろう。「光の玉」が再び現れるかもしれない。薄井先生が書かれる通り、「Qさんのエネルギーが開花の時期を迎えた」ことを意識し、次回の久高島もまた新たな「開花」を迎えるのだろう。


その意味では今年3月の久高島ではコズモクダカが結成され、その流れで12月に「どんよくTalk Live」が開催され、CDブックも世に出た。ただ、今の段階ではまだツボミだ。本格的な活動はこれから。まさに「開花」であり、3年前に出た著書の中で、「Qさん」と「Q島(久高島)」との出会いを予言されている薄井先生がその島にいる。


「神の島」で神人である苗さん、そして宇宙メッセンジャーの薄井先生、コズモクダカ、その他面白い人たちが集結する次回の久高島。今から楽しみ過ぎて血が逆流。今日一日ですべての手配が完了。飛行機も予約した。来年もまた何かが起こる。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■12月28日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾22~来年の今頃どえらい状況になる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-14 23:39 | ■旅・ツアー
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


あれは夢だったのだろうか。そんな余韻がまだ続いています。そして胸アツなブログがたくさんあがってきて、そのたびに当日のことを思い出す。なんと言っても代表がこちら。主催の了戒さん。

大人が本気になれた日。


ほんと、ほんと、いろんな人の思いが詰まった一日だった。1,200人って目標はオレたちを本気にさせた。1,200人に到達こそしなかったけど、これで終わりじゃない。次がある。少なくともオレたちは1,200人のホールで、そして800人以上の前に立ったのだ。それは揺るぎない事実で魂参加も含めると「1,000」という数字に達したわけだ。


何度も言うけど、これが800人のキャパだったら、ここまで本気にはなれなかった。街頭で叫んだりもしない、歌も歌わない。了戒さんは二日前の街頭にやられて本番の体調は最悪だった。微熱があり悪寒がする。身体の節々も痛い。普通の仕事だったら休んで安静にしとくとこ。だけど、今日は本番。「休め」なんてやっぱり言えないし、本人だって這いつくばってでもやってくるはずだ。


幸いにも喉に異常はなかった。だから本番直前まで楽屋で毛布にでも包まって休んでいればいい。そう言ったはずだけど、ずっとずっとウロウロしていた。その気持ちはわかる。そして本番、これまで最高の熱唱を聞かせてくれた。バンドのメンバーもベストの演奏ができた。二人のプロと合わせたのも実質初めてだし、その二人がバンドを高い次元に上げてくれたのもまた事実だろう。とにかくよかった。すべてが最高だった。


ところで、今日は「音楽」の話をしたいと思います。オレは小学3年生の頃、なぜかリコーダーにハマり、同時にプロレスとか野球にもハマってたのだけど、小5でリコーダークラブに入り、中学で吹奏楽部に入部。笛っぽい楽器がやりたかったので、自然とクラリネットに。吹奏楽はクラリネットが多いしね。


だけど、途中で同級生の男子が自分ひとりになり、部活をサボりがちに。2週間ほど休んで自然消滅の危機もあったので、実は不登校の気持ちもよくわかる。放課後に吹奏楽の音が聞こえると、うわ~ってなる感じ。そんなとき、一つ上のA先輩が教室までやってきて、「おまえなにやってんねん!クラブこいや!」って厳しく言われたんですね。


正直、「あ~、助かった~」と思って、その日、部活に行きました。部室に入ると、当時部長だった高2のKさんが、「お!久しぶり!どうしてたん?とりあえず楽器出して練習しろや」って軽く言ってくれた。助かった。それ以来、部活を休むことはほとんどなくなりました。ちなみにそのKさんの妹とは同級生で同じクラス、途中まで同じ部活だったんだけど、「どんよく」も手伝ってくれました。


そして中3の夏、モーツァルトに魂から感動して音楽にハマる。その冬、「一つ上のA先輩」と「Kさんの妹」ともう一人の先輩と4人でアンサンブルコンクールに出場し大阪で金賞受賞。その後、高校3年までずっと続け、最後は部長だった。


とにかく、音楽が好き。モーツァルトが大好きだった。だけど、高校卒業していきなりジャズにハマる。そうだ、彼のことも書いておこう。オレが中3になったとき、新入生が入ってきます。かなりたくさん入ってきました。寮生活だったので、新入生の挨拶があります。そこで唯一、「入りたいクラブは吹奏楽部です」と言った少年がいた。しかし、その少年はなかなか見学に来ない。もう一通り終わったかな~っと思ったら、他の新入生は友達と見学に来るのに、その少年だけはたった一人で来た。

「クラブの見学に来たんですけど」


大人しそうな少年だった。やりたい楽器はトランペット、好きな音楽はストラヴィンスキーです。中1ですでにそれ。しかし、唇が合わなかったのか、顧問から「トランペットやなくて、鳴らんペットや」と言われるほど音が出ない。2年間はトランペットで頑張ったのだけど、中3からいきなりクラリネットに転向。それは合ったのだろう、メキメキ上達。


その後、オレは高3で引退し、それからの彼のことはよく知らない。高校卒業すると一般の大学に行ったと聞いたけど、まさかな~ってのが本音。そして案の定、半年ほどで大学を辞め、音楽の専門学校からアメリカのバークリー音楽大学に進学。帰国後はジャズやミュージカルの舞台などで大活躍。今や日本を代表するジャズクラリネット奏者になったわけだけど、それがこの人。



土井徳浩くん。実は『そらのレコード』のCDにも参加しており、バンド版の間奏と、そしてインスト版ではギターとのデュオでクラリネットを演奏しています。上の動画は「どんよく」のアフターの懇親会での一興。了戒さんが新曲をハナウタで披露した後、先輩の無茶振りで二曲。動画は「ホワイトクリスマス」だけど、その後の「ラプソディ・イン・ブルー&フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」がまた素晴らしかった。


ようするに、オレは音楽が大好きだってこと。大学に入ってから、吹奏楽、オーケストラ、ジャズなどでクラリネットとサックスを演奏。今も楽器はある。その後は幾度かブランクを重ねながら、社会人でもちょくちょくやって市民の吹奏楽団でヨメさんと出会って結婚。ただ、独立してからは完全に楽器から離れ、おそらくもう演奏することはない。未練もないし、他にもっとやることがある。それでも音楽は大好きで、それがまたどうしてか、オレの身近には音楽好きが多い。その音楽好きが集まったのがコズモクダカ。


結局、オレにも音楽の神様がずっとついてるんだろう。なんだかんだ、音楽にどっぷりハマるのは変わってない。この写真も劇的に胸アツ。
b0002156_19534836.jpg


全員がステージに立つアンコールでのリハ風景。左からドラムのたまごちゃん。2012年9月に初めてセミナーに参加されて以来の付き合い。チェロの松本愛子ちゃん。昨年の久高島ツアーからの付き合い。土井徳浩くんは中学から。コーラスの薄井孝子先生は同じ編集者の著者さん。そしてお馴染みの了戒さん。2年前の『夢なに』の販促からの付き合い。


それぞれまったくバラバラのきっかけで出会った人たちが、同じ場で演奏している。元々の共通知人はオレ。なんだろう。やっぱり神様っているんだなって思う。音楽の神様。オレにもしっかりついてるんだなって思う。


今回のトークライブはあくまでトークのライブだけど、今年3月に結成したコズモクダカなしでは絶対にあり得なかった。オレひとりだと、何をしていたのだろうか。コズモクダカがいなかったことを考えるとゾッとする。まさに神様の導きなんだな。そう思うと、すべては納得。オレにも音楽の神様が微笑んでいる。本当にいいライブでした。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■12月28日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾22~来年の今頃どえらい状況になる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-13 23:39 | ■音楽
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


無事に福岡に帰ってきました。9泊10日。あっという間だったな。12月3日から東京にいて、その日はDAF、翌日は新宿ゲリラ。緊張したり、ストレスやプレッシャーで押しつぶされそうになったりしたけど、終わってみるとすべては最高。できることならあの日に戻りたい。DAFが終わって懇親会からふらふらになって宿にチェックインしたあの日に。


だけど、毎回、こんなことばかりだ。ツアーだっていつもそう。あの日の成田空港、福岡空港に戻りたい。毎回毎回こんなことばかり言ってる。だからこれからもきっとそうだ。次回の割と大きなイベントとしては2月のインドがある!


標高3,500メートルのラダックの高地。真冬は古より交通機関となっていた氷のザンスカール川を歩くのです。本来であればラダック~ザンスカール間を往復2週間で歩くのですが、今回はなんちゃってなので3泊4日。ただし、その間はテント泊。氷点下20度とか聞きますが、これまた未知の世界。ただ、防寒や安全性に関してはプロがしっかりアテンドしますので心配はない。しかも日本人。荷物はポーターが持ち、食事やテントの設営も現地スタッフがすべてやる。


それよりも、標高3,500メートルの氷の世界、ほとんど無音、無菌の世界。その時期は満月らしいので、夜は明るいと思うけど、ネットも通じない長い夜を過ごすことだろう。ダウンや防寒着を何重にも着て、焚火を囲み、チャイを片手に何を語るのか。インドには6回くらい行って、ラダックも2回行ってるオレでもまったくの未知の世界。まさしく発狂だ!そんなチャダルツアーですが、あと2名ほど同行できるようなので、興味ある人はご連絡ください。ただし、私とある程度面識のある方に限ります。


と言うわけで、帰ってきました。空港に向かう途中に投稿したフェイスブック。

10日ぶりに福岡に帰ります。空港のラウンジで当日のブログ書きます。帰ってから最後のLINEメッセージ吹き込み配信します。

一日何もせずに過ごし、一つの重大な事実に気が付きました。

「あ、夢を叶えた」

千人規模のソロ講演をするのが夢だった。今回は仲間のバンドにも助けてもらったけど、トークライブとしては完全ソロ。

同時に、仲間たちの夢も叶えてしまった。千人の前で演奏する。これは仲間たちにとっても夢だったんだ。おまけにCDまで出してしまった。

「宇宙は、どんどん良くなると信じている人に協力するんだよ」

今年の6月末。尊敬する経営者の方から直接言われた言葉。これが今回のトークライブの土台になっている。

どんどん良くなると信じている限り、あらゆる夢は叶う。これからもたくさんの夢を叶えていこう。そしてたくさんの人の夢を叶える「ドラえもん」でいよう。

一つの夢が叶ったら次の夢を叶えるためにスタートを切る。叶えても叶えてもキリがない。だから人生は面白いんだ。

今回のトークライブはオレだけじゃなく、たくさんの人の夢を叶えるきっかけにもなった。参加された人たちも、これからどんどん夢を叶えることだろう。

今回、個人的に良かったな〜って思ったのが、チーム発狂。二日前に突然思いついて、舞台の制約から最大20名くらいで発狂するチームを募った。

伝説の柏木係長のネタは単なるフリで、本気で生きよう!一生懸命生きよう!ってメッセージを全力で伝えた。本気だから街頭にも立てる。本気でやれば何でもできる。

その流れて、チーム発狂に協力してもらって、舞台で踊り狂った。田原俊彦の「抱きしめてTonight」をバックに飛び跳ねた。カオスだった。

本気だけど、楽しく生きたいよね。あそこで吠えて終わっても良かったけど、楽しくみんなで踊った方がなお良かった。そしてビリージョエル。

うん。またやろう。としちゃんで発狂しよう。みんなで発狂しよう。そんな勢いでの懇親会もまた発狂だった。大盛り上がりだった。土井くんのクラリネットも素敵すぎた。

思い出すと、すべてがギフトだって感じる。宇宙、久高の神様がほほ笑んでいる。また行こう。そしてまたライブやろう。コズモクダカと一緒に。

次はどんな夢を叶えようかなあ。いつしか1万人ライブだな。書いちゃったから、これも叶うだろう。

他にもどんどん夢を叶えよう。そしてみんなで叶えよう。そんな活動をこれからも発狂しながらやっていきたいと思います。


そして家から送られてきた写真によると、三男の成長が著しく、どこにでも登るようになったのだとか。
b0002156_2326057.jpg


そして家に到着後、すぐにLINEの音声吹き込み。そのことに関してまたフェイスブックに投稿。

昨年末、LINE@ってのがいいってhappyちゃんから教えてもらって、素直にアカウントを取ったのが始まりだった。ただ、その用途がわからない。ブログは毎日書いてるし。だったら、10分くらいの音声でも配信してみようかな。それも年100回と決めて。
 
実は途中、やる意味を見いだせない時期もありました。それでも決めたのだからやろう。そうこうしてると5月末に「どんよくTalk Live」が決まり、なんとなくこのLINEの意味がわかりかけてきた。
 
12月10日が本番。二日前の8日がラス1。そして二日後の今日がラスト。数字のシンクロだけでも、その宇宙的意味合いを感じずにはいられない。
 
そして今日は12月12日。最近は羽田空港前日は横浜に泊まることが多いのだけど、なんと今朝チェックアウトした宿のルームナンバーが「1212」だった(写真撮っとけばよかった)。
 
そこでエンジェルナンバーを調べてみると、、、
 
---
あなたの思考や信念が、現実のものとなりつつあります。
信じる心と前へ進む勇気を持ち続けてください。
あなたの祈りはまだ目に見えなくとも、少しづつ形になっているのです。
望むことだけに意識を集中しましょう。
そして不安や恐れなどのネガティブな感情は天使たちに委ねて癒してもらいましょう。
---
 
なんだか今の心境そのまんまだ。これで終わりじゃない。これからもっと前に進むんだ。不安や恐れもあるけど、そんな感情は天使に委ねて、望むことだけに意識を集中しよう。そしたら思考や信念は必ず現実となる。
 
今年は宇宙的シンクロだけで進んできたように思う。来年もきっとそうだろうし、これが本来の姿なんだ。LINEメッセージ、本来はLINE登録者のみなんだけど、ラストメッセージを貼り付けたいと思います。来年も週1くらいでやろうかな~とか思ってます^^

 
100回目のLINE配信直後から怒涛のようにご返信をいただきました。とても嬉しいです。ほんと、来年はどんなことが起こるんだろうか。去年の今頃も同じようなことを言ってた気がするけど、予想をはるかに上回ってしまった。まさか1,000人のトークライブ、そしてCDブック。まさに好き勝手。


そんな2016年も残りわずかですが、最後は月イチの福岡でしめようかと思います。

■12月28日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾22~来年の今頃どえらい状況になる~


間違いなく今年最後のセミナーになるでしょう。この後の予定としては、、、

・1月28日(土)/宇宙となかよし塾 in 東京(夜)
・1月29日(日)~30日(月)/熱海合宿ワークスwithひーこーさん
    ①「どんどん若返る~成長ホルモン~」
    ②「どんどん幸せになる~セロトニン~」
    ③「どんどんやる気になる~ドーパミン~」
・1月31日(月)/ビリーフチェンジ個人セッション(東京)
・2月11日(土)~19日(日)/チャダルツアー(インド)
・3月下旬/久高島ツアー(日程調整中)

 
のような感じですが、また例によって予定はいろいろ入ってくることと思います。まずは月末の福岡、初めての方も、リピートの方も、お待ちしています!!忘年会やりましょう!


てなわけで、10日間に及ぶ東京滞在から帰ってきました。残り3週間。いろんなことを考えながら過ごしたいと思います。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-12 23:39 | ■旅・ツアー
今日は何もしない一日。何もできないって。かろうじて横浜のホテルに移動したくらい。今回は3日から11日まで、今流行り?のAirbnbってサービスを利用しまして、これがまた予想以上に快適。駅からちょっと歩くけど許容範囲。キッチンから洗濯機まですべてそろっている。しかも安い。これは大いに活用できるね。


と言うわけで一夜明け、余韻がハンパない。43年間、ここまでの抜け殻は経験なし。2016年12月10日。間違いなく人生で一番楽しかった日。ああ、できればまた昨日の9時に戻りたい。きっとみんなもそう思ってるだろうな。だけどね、心配はない。これから先、もっともっと楽しいことやるし、そんなきっかけを作っていくから。


今回のトークライブ。何度も言うように、きっかけは藤沢あゆみ先生のメディアコンサルだった。今年5月。「夢なにチャリンコトークライブ~北陸編~」のゴールが新潟。セミナーの人数は10名だった。少ないけど懇親会まで楽しかった。その中にジェームス・スキナー新潟講演の主催メンバーの人が二名いた。400人ほど新潟に集めたそうだ。それを聞いてこんなことを言った。


「今回の新潟チャリンコは少なかったけど、そのうちまたチャリンコで新潟にやってきて、1,000人くらいの会場を満席にしますよ」


構想としては、もう少し子どもの手がかからなくなってから、ガチで自転車だけで全国を周ってトークライブをやる企画。3か月から半年はかかるだろうけど、そのときにはオレももう少しメジャーになって、地方都市でも1,000人を集められる人間になる。ただ、その前に東京で1,000人規模をやっておきたいな。そんなことを漠然と思った夜でした。


その翌日、つまり5月19日は久高島で結成されたバンド「コズモクダカ」の決起集会と初練習。思えばこの時、ぜんぜんできてなかったよな~。

COSMO QUDAKA決起集会!! 2016.5.19
b0002156_1323043.jpg



その翌日、さらに大きな動きがあった。この記事、今読むと鳥肌が立つ。

何かが大きく動いた日、そしてマイさんとのコラボ 2016.5.20
b0002156_1333987.jpg


2月に作家の大御所である藤沢あゆみ先生と初めてお会いした。そのとき、めちゃくちゃ素敵な方だと知り、一気に大ファンになった。女性の恋愛本がメインなので、オレは主たる読者層ではないにせよ、その人間性に一瞬にして魅かれた。一度ゆっくりお会いしたい。気軽にお茶を誘うのも失礼だと思ってたら、ちょうどフェイスブックであゆみ先生の「メディアコンサル」なる個人面談をされてるのを知り、その2秒後に申込み。正直、テーマも何もない。あゆみ先生とじっくり話をしたかった、そこに何かある直感も走った。


そこでオレがいつも真似(再現)するトーク。

「Qさんはこれから何かやりたいこととかありますか?」

「そうですね~、100人規模のセミナーとかは何度かあるけど、1,000人の規模で一度やってみたいですね~」

「あ~、それいいかも!Qさんが1,000人の前で叫んでる姿が目に浮かぶ。やろう、やろう!」

「え、やりますか?やります?はい、やりましょう!!!」


完全にそんなノリ。もちろん1,000人を前にしゃべること自体は大丈夫。問題は集客。そこから、いかにして1,000人を集めるかの作戦会議になった。それがこれ。中央の絵はあゆみ先生が書いて、その周りに気付いたことを書く感じ。
b0002156_1351747.jpg


「12月10日(土)」


仮決めでもいいから、とりあえず日にちを決めておきましょう。カレンダーを見ると、あまり年末過ぎても忙しいし、12月10日くらいがちょうどいいかもですね。会場があるかどうかはわからないけど。その時点のコンセプトとしては、「10年選手に勇気を与える」みたいな感じだった。あゆみ先生も10年選手。オレもどうにか10年選手。この業界で10年生き残るって実は容易じゃない。過去に本が10部20万部売れてても、6人のお茶会が集まらない現状がある。でもまだ活動してるだけマシで、本当に消えてしまう人も少なくない。その時のあゆみ先生の神記事がこちら。

10年で突き抜ける!伝説の始まり、石田久二さん


6月4日の記事なので、抽選で世田谷区民会館が決まった直後だ。メディアコンサルではあゆみ先生からこのようなメモをいただいた。
b0002156_1392598.jpg


このメモは何度も何度も見た。コンサルを受けた日の気持ちを忘れてはならない。もっとも、忘れようもないくらい事が進んでいったのだけど。そして、あゆみ先生のコンサルを受けた日の夜、柴崎マイさんとのコラボだった。その日の打上げを見てビックリ。
b0002156_1394678.jpg


う、う、薄井先生がいる!そうだった、この日が初対面だったんだ。同じ編集者の金子さんが前日だかにお連れしたいと言われ、来られた。この4か月後、薄井先生はコズモクダカのメンバーになってしまった。20年前はプロの歌手としてテレビに出るほど活動していた。それが臨床心理の道に進むことで歌を封印。『サインを上手に受け取る方法』なる本を書かれてる通り、宇宙からのサインにも敏感。どうも「歌え、歌え!」なるサインが来ていたようで。


そしてこの打上げの日、いや、その打上げの場のことだ。スマホでササッと「金子組」なるフェイスブックグループを作っていた。完全にノリで。何人もその現場を見ているはず。後日、その「金子組」なる秘密グループに「久高~QUDAKA~」のYouTubeを貼り付けたのだけど、それを何気に見た薄井先生の「扉」が開いてしまった。そのとき、オレは「夢なにチャリンコトークライブ~北国編~」のゴールに向かって自転車で北海道に上陸したのを覚えている。そして札幌から東京に帰った翌日、「そらのレコード」のレコーディングがあり、そこに薄井先生も遊びに来てもらったわけだ。


打上げの写真のオレの右隣にいるのが薄井先生、左隣が今回の司会をされたまっきー、こと石田真紀さん。この時点でまさか1,000人ライブの司会をすることになろうとは。あゆみ先生のコンサルを受け、薄井先生と初めてお会いしたその2日後、ブログ上で重大発表をすることになったのです。


重大発表 2016.5.22


この日から半年。終わった。そしてまた新たな挑戦への扉が開かれた。世田谷区民会館のキャパは1,200人。ふたを開けてみると、1,200人満員にはならなかったものの、会場には800名近い人たちに足を運んでもらい、魂参加を含めると1,000人を超える。なんだかんだ、あゆみ先生のメディアコンサルの通りになってしまった。おそるべし、藤沢あゆみ。


ちなみにだけど、12月3日に出場したDAFの第二回目にあゆみ先生は「引寄枠」として出場している。



あゆみ先生のブログでも報告されている。なんとその直後のトリをつとめたのが栢野克己さんだったとは!!!


そして最新の第六回目のトリを飾ったのがオレ!発狂した!




この発狂ネタ、「どんよく」でも取り入れたのだけど、そもそもDAFを推薦したのはあゆみ先生だ!12月3日だから一週間前、ちょうどいい。そしてその通り、ちょうどよかった。
b0002156_13151390.jpg


結局、今回の「どんよくTalk Live」は最初から最後まであゆみ先生に連れてってもらったようなもんだ。もちろん当日もご来場の上、お花までいただいた。
b0002156_13142470.jpg


以上、今、振り返って読んでも不思議な気がする奇跡の日々。そんな「どんよくTalk Live」も大成功にて終了しました。正直、寂しい。すぐにでもみんなとまた会いたい。だけど、何も心配はない。覚悟してほしい。これからもっともっと容赦なく楽しいことするから。そんなオレたちと、さらに人生を面白くしたいって奴はSAY YESだ!ありがとうございました。


 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-11 23:39 | ■ビジネス・事業
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


まだ今は言葉があまり出てきません。一日を写真とコメントで振り返ります。皆さんのあげている写真をお借りしました。

世田谷区民会館。1,200人のホール。ここで一日過ごすのだ。ここでしゃべるのだ。バンドはここで演奏するのだ。
b0002156_13334830.jpg


準備してます。2009年にセミナーに参加されたいがじーがスタッフをすべて手配した。神だ。
b0002156_13344276.jpg


音と照明もチェック。大きな音楽フェスなども手掛ける舞台監督とそのスタッフ。すべてが神すぎる。
b0002156_1335032.jpg


本のブース。今日発売の『そらのレコード』、オレの著書、そして担当編集者である金子尚美さんのコーナーも。加賀田晃先生の本もある。
b0002156_1334823.jpg


お花、ありがとう。happyちゃん、FUMITOさん、LICAさん。
b0002156_13355877.jpg


チーム青春の事前セミナー。と言うか、打合せ?。この時点でかなり発狂しました。
b0002156_1339437.jpg


開演直後を楽屋から。
b0002156_13364763.jpg


開演。舞台下手から。
b0002156_13375332.jpg


こんな感じなのね。
b0002156_13413324.jpg


第二部で叫ぶオレ。
b0002156_13401627.jpg


司会のまっきー。後姿が麗しい。
b0002156_13423136.jpg


コズモクダカの演奏。ゲストの女性ボーカル。なんだこれは?(笑)
b0002156_1343156.jpg


柏木係長に続いてチーム発狂の登場。
b0002156_13445170.jpg


カオス。
b0002156_13455581.jpg


ジャンプ。
b0002156_1345668.jpg


第三部。コズモクダカの演奏を中心に。
b0002156_13462626.jpg


アンコールは全員集合。ゲストボーカル二人。クラリネットの土井くん、チェロの愛子ちゃんも。
b0002156_13465425.jpg


エンディング。
b0002156_13473328.jpg


青春。
b0002156_13474697.jpg


言葉にするのは明日以降にて。とにかく今日一日で多くの人が次元上昇した。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-10 23:10 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


おかげ様で今日はゆっくりできました。東京に来てからこの一週間、本当に濃かったなあ。一言で言うと「発狂」だ。3日の午前、幼稚園の発表会に出席し、次男の出番が終わってすぐにタクシーで空港へ。ラウンジでゆっくりできたものの飛行機が遅れ肝を冷やす。DAFにはなんとか間に合ってこれ。3日で再生回数1,000回を超え、主催の西澤さんもビックリ。




一日一回見ないと気が済まないなどのご報告もいただいてますので、なんとか限定解除してこれからも見られるよう交渉中です。我ながらバカだな~って思うのですが、ここからオレの発狂が始まったわけで。そして翌日もまた発狂。




まさか新宿の一番人通りの多いとこで街頭演説するなんてね。まさにゲリラ。警察に届けもしていませんが、何か起こったときの後始末は私がするわけで、その覚悟の上のゲリラ。おかげさまで有意義なものとなりました。さらに木曜日は二回目のゲリラ。了戒翔太が歌います。




これもまた発狂してるよな。イケメンでカッコいい了戒さんと、蝶ネクタイしたハゲとのコントラスト。この動画は「笑える」のではと思っています。そんなこんな、発狂しまくった一週間でしたが、当然、その最後を飾るのはこちら。

■12月10日(土)/東京/「どんよくTalk Live」 in 世田谷区民会館(1,200人講演会&ライブ)


このリンクを貼るのもこれで最後。当日参加もOKですので、人生に「発狂」を取り入れたい人は5,500円を握りしめて会場に飛入りしてください。そしてこの一週間、本当に多くの人が助けてくれました。フェイスブックやブログで何度もシェアしていただき、完全に祭り状態。ほんと、企画してよかった。おかげさまで850名を超えるお申込みをいただき、1,200人までは残り350となりましたが、最後の最後に突風が吹くことを期待しつつも、やるだけやったことに感無量。定員800人だったらゲリラもやってないわけで、すべては人生を面白くするための演出なんだな。

そして今日、新たなに「チーム発狂」なるユニットが登場しまして、当日、何かやらかします。フェイスぶくより。

本番が近づくにつれ、内容自体も過激化の傾向が増してきた。この一週間は「発狂」でマインドセットしていたのですが、それにともない、いきなり20名くらいの「チーム発狂」なるユニットが誕生しました。

それが何を意味するかは誰も知りません。単に発狂したいやつこいや〜!って呼びかけたら「チーム青春」から10名集まった。残りは出演者、スタッフ連中から選抜。

とにかくね、発狂って最強だと思うの。発狂をマネージメントできるって、これ以上ない人生スキルだと思うの。
明日は発狂します。人生で一番発狂します。参加者さんも全員で発狂します。伝説の柏木係長の後で発狂します!世田谷区民会館が発狂に包まれます!

完全に違う次元になります。スピの言う次元上昇とかアセンションがいかにしょぼいか身を以て体感します。
国内の某有名メガセミナーより人数も多いし、発狂については日本一。そんな場を体験する機会は明日しかありません。

人生は発狂なのです!

b0002156_8251475.png

ほんと、まさに人生は発狂。発狂できれば人生怖いものなし。恐れも羞恥心もすべて吹っ飛ばす。これで行こう。これからの人生も発狂だ。「どんよくTalk Live」は終わるけど、新たな人生のスタートなんだ。皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。「魂参加」も受付けています。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-09 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン