宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2016年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日からまた一週間がスタート。7月に入って、いろいろあり過ぎてタスクが遅れてます。英語の勉強、執筆などなど。明日は滝行のあと、カフェにこもってしっかりこなそう。


さて、今朝は56回目のLINEメッセージを配信しまして、なんとなくまた選挙の話になりましたが、次回14日(木)は「意図的にシンクロニシティを起こす方法」ってテーマでお届けします。選挙の話を二回続けたせいか、ごそっと解除をいただきましたが、次回はまた面白い話になると思いますので、よかったらご登録をお待ちしています。

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」


セミナーなどで普通に有料でお話する内容を「無料」でお伝えしているわけで、ぶっちゃけ、10分間のメッセージを聞くだけで、「人生が変わった!」などのご感想をいただいてます。その「10分間」がどれになるかは人それぞれですが、100回も聞くうちに1つや2つくらいは、そんなメッセージに巡り合うかもしれません。


あと、昨日の夜、次のようなメッセージを流しました。

こんばんは、石田久二です。選挙も終わり、気持ち的にもひと段落。

さて、ちょうど2週間後となりますが、7月24日(日)、東京、初監訳本となるJ&C・アルタッカー著『人生がうまくいく人の断る力』の記念トークライブを開催させて頂くことになりました!

そこで!

ひとりでも多くの人が本書と接し、人生がどんどん良くなることに願いをこめて、トークライブでは「ご購入者特別価格」のご案内をさせて頂きます!

なんと、「本書をすでにご購入、または会場で購入される方」は 3,000円にてご参加可能!
http://bit.ly/29fQTVK

普段、特別な場合を除いて3,000円でセミナーをすることはありませんが、それでもなお今世紀最高のトークライブをお届けすることは間違いありません!

もちろんこのテーマでセミナーすることも、おそらく最初で最後になるでしょう!

ぜひこの機会をお見逃しなく、スケジュールをご確認の上、今すぐ、お申込みください!

よかったら事前にお読み頂くことをおススメしています!
http://amzn.to/28OUPjT

ありがとうございました!

Q


こちらは『人生がうまくいく人の断る力』のご購入者、または購入予定者限定での割引価格。最近、セミナーをしまくってる上、その日の夜もあるし、それでいて70名の動員。結局、その日は延べ100名の前でのセミナーとなりますが、夜のまゆちんコラボは30名満席御礼。


と言うわけで、ここは一人でも多くの人に参加してもらいたいし、本も読んで欲しい。そして人生を好転させるきっかけとして欲しい。そんな願いでして、今回に限り、特別価格の3,000円にて開催させていただきます。普段より時間は短いものの(ちょうど2時間、いつもは3~4時間)、それだけ濃厚に、激しく、出し惜しみせずにお話させていただきます。


おそらくだけど、本の話はちょこっとでして、その延長上での「とっておきの話」になるかと思います。しかもその日はジェームズ・スキナーの「9ステップ」の4日目を抜けてきますので、アホみたいにハイテンションでしょう。


とにかくも、2016年も後半戦、12月10日の1,200人トークライブに向けて、どんどん突き進んでいきます!


b0002156_0183221.jpgとにかくオレは決めた!

何度目かの決心かもしれないけど(笑)、もうオレは明るい話しかしない。

気分のいい話しかしない。

幸せになるような話しかしない。

多少はスパイス的なこともあろうけど、絶対的に明るい話しかしない。

とにかく明るい話。


だって、この世の中はどんどん良くなるわけですし、そう確信してる人間の話が人をハッピーにしないわけないもんね。

明日は早朝に滝行に行って、思いっきり仕事を進める日にします。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■7月24日(日)/東京/初監訳本「人生がうまくいく人の断る力」出版記念トークライブ
 
■7月24日(日)/東京/まゆちん&Qの「タロットで読み解く潜在意識の不思議な世界」(満席)
 
■7月30日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾17~あの話をします~
 
■8月6日(土)・7日(日)・8日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州vol.2(Q州ツアー2) (残4)
 
■8月23日(火)/名古屋/第19回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
 
■8月26日(金)/大阪/青春を謳歌する極意セミナーin大阪【石田×了戒コラボ】
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-11 23:39 | ■人生哲学
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨日から一週間の滝行に入りました。7月に入って、急に暑くなったり、大雨が降ったり、クーラーで冷えたりなど、子どもたちも風邪をひいたりしつつ、私もどうも気分がすぐれなかった。急にいろんなことがあり過ぎたせいだろう。なので、3日ほどスタートが遅れましたが、今年7回目の一週間の行。身も心もスッキリします。


今日は参院選。投票に行ってきました。自民党に入れてきました。しっかり考えて。しかし、私は特に自民党支持者ってわけでもなく、2009年の政権交代選挙では民主党に入れたり、過去には入れるところがなくて共産党に入れたこともあります。


私のイデオロギーは一つ。「明るい」です。明るいビジョンを見せてれくれる政党。そこに入れます。その意味では2009年の民主党は明るかった。子ども手当や高校無償化など未来への投資に積極的だった。当時の私はちょうど長男が生まればかりで、お金もなかったし(借金80万円あったのを「秘伝」で解消)、ここは民主党しかなかった。自民党も飽きてたし。


しかし、結果的には「やる(子ども手当、高校無償化、高速無料化など)」と言ったことはやらずに、「言わなかったこと(消費税増税、朝鮮学校無償化、韓国への謝罪、事業仕分けで科学費・防災費などの削減)など」ばかりに「結果」を出して、それでいて中国漁船(軍船?)の尖閣諸島侵入による拿捕即時解放、東日本大震災でのグダグダなど、もう、言葉を失うことばかりが続いた。


そこにきて2012年、第二次安倍内閣の発足。あの瞬間、なぜか明るくなった。完璧ではないにせよ、それまでが暗黒過ぎて、明るくなった。人は明るくなるとお金を使う、暗いままだとお金を貯める。瞬く間に株価は上がり、景気に対するカンフル剤は打てた。もちろん成長戦略などこれからの課題も多いけど、大切なのは「気分」。


これは個々人でもそう。「引き寄せの法則」などで「いい気分でいるほど大切なことはない」とよく聞きますが、本当にその通りなの。経済学的には正確でないかもしれないけど、「景気」は「気分」によって左右されるもの。もちろん「気分」がよくなるには、将来、安定した収入が担保されてる必要があるだろけど、ここは潜在意識的な説明をしたい。


将来が安定してるから、気分が上向く、ではない。気分が上向くから、将来が安定する、です。


ここで、今すぐ、変えられるのはどちらか。「将来」なのか「気分」なのか。言うまでもなく、今の「気分」でしょ。とことんいい気分、明るい状態でいたい。できるだけ、そんな本を読んだり、いい音楽を聴いたり、美味しいもの食べたり、仲間たちとふざけ合ったり、遊んだり。そんな風に過ごしたい。


三宅洋平の何がNGかってのは、彼はとにかく「暗い」んです。まず前提に「日本はダメだ」があって、だったらどうすればって意見については、半世紀前のユートピア思想を恥ずかしげもなく叫ぶだけ。そして「日本はダメだ」の根拠は、まったく根拠のない陰謀論だったりする香ばしさ。


彼の演説とか、パフォーマンスとか、エネルギーとか、その辺はすごくいいと思うけど、何度も言うように、肝心の政策や考え方にまったく共感できない。そして有権者はさすがにバカではなかった。今日の参院選東京選挙区では、まったく当落に食い込まず、「あいりの総理」こと横粂氏にさえも大差を付けられての9位。それでも25万票も取ったのだから快挙と言えるでしょう。


選挙には地盤、看板、鞄が大切とか言うけど、三宅洋平はそれ以前の問題だった。訴えるべき「政策」が完全にデタラメで、有権者もさすがにきちんとしている。民主党や山本太郎の失敗経験も学習している。


なのに、ツイッターとか見てると、「不正選挙だ~!ヤマトが~!」って叫んでる人の多いこと、多いこと。実は昨日、私のフェイスブックに「前回の衆院選では不正選挙がありました!私はそれを動画で見ました!」ってコメントがあり、その後、何度かメッセージ交換をさせてもらいました。不正選挙の確たる証拠があったなら知りたいと思い。


そもそも「動画で見た」って時点で怪しいのですが、結局、その動画もどっかの怪しげな陰謀論グループが流してきたものだったり、いろいろ聞いても漠然とする。その時の不正選挙で「誰」が損して、得したかなどの「主語」も一切なく、ただ、「動画見た」と言うだけ。


さらに、いろいろあって自分は詳しいってことをアピールするのですが、ベンジャミン・フルフォード、井口和基あたりを根拠に出して来られたので、そこでお話は終了。ベンジャミン・フルフォードとかリチャード・コシズミとか、その辺りは単に陰謀論で飯食ってる普通のライターさん。元々は語学堪能なフリーライターだったのが、元々の興味に加え陰謀論は食えると思って本出したり、講演したり、有料メルマガで頑張ってるだけ。言ってることが真実なら、とっくに姿を消されてますし、本人も狙われないことくらい自覚してやってるんです。


ただ、ベンジャミン・フルフォード辺りを真に受ける人が一定数いるのも事実で、そこと三宅洋平の支持者は重なる部分は多いのでしょうね。陰謀論だって、結局、世の中をいかにしてネガティブに見るかの材料でしかなく、その根底には「暗さ」しかありませんから。


結局、選挙で勝つのは「明るさ」かもしれません。いや、選挙に限らずすべてにおいて。「喜び」と言ってもいい。人は「喜び」か「恐怖」でしか動かないわけですが、エネルギー的に残るのは「喜び」です。「恐怖」で人を動かすには限界はあるけど、「喜び」に天井はない。喜びに目覚めると、もっともっと喜びを求める。だから人類は発展してきたのです。決して、恐怖から逃れるためだけじゃない。喜びを原動力とするからこそ、科学も技術も文化も発展するのです。


そう言えば、安倍総理の奥さんの昭恵さんが、SNSとかで情報発信していますが、とても明るいですね。たとえばこれとか。別のところで反対派と笑顔で写真撮ったりなど、やっぱ、雰囲気が明るいです。

b0002156_1324395.jpg私は各地に応援に行きましたが、
相手候補の批判はしない
相手の政党も批判しない
ということを決めていました。

政治家ではないので、政策も大して語れない。

主人の思いや、人柄を理解して頂きたいとお話させて頂きました。

常識がそれぞれ違う世界の中で、総理大臣として日本の国を守るため、誇りある日本を取り戻すために、全力を尽くしていることはご理解頂きたいと思います。

考え方が違っても、批判や対立ではなく、話し合い、ともに先にある豊かで平和な世の中を目指すにはどうしたらよいのか・・・

この選挙戦を通して色々なことを考え
私は私なりに、これからも人を繋いでいく役割をしていこう・・・
と決意しました。

選挙に関わった全ての皆さま、本当にお疲れ様でした。



「考え方が違っても、批判や対立ではなく、話し合い、ともに先にある豊かで平和な世の中を目指すには・・」

ほんとそう。明るい世の中を作っていきたい。そのために、オレはオレでできることがある。選挙には出ないと思うけど、微力ながらも、これからも明るい情報発信していきたいな~と思うのであります。明日からまた楽しくなりそうです。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-10 23:39 | ■時事問題
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


明日はいよいよ選挙ですね。2016年はいろんなことがあります。バシャールが「Everything will Change in the Fall of 2016」と言うように、秋までにその変化の準備が進むようです。選挙関係だけでも、1月は台湾で政権交代、今月は明日の参院選と都知事選、11月にアメリカ大統領選、それ以外はオリンピック、オバマ大統領の広島訪問、G7、痛ましい事件としては熊本の地震、世界でのテロなど。


明日の選挙は戦後70年の「憲法改正」に直接つながる選挙だけに、注目度も高い。おそらくは改憲4党で3分の2の議席を取り、その後、紆余曲折あって「憲法改正のための国民投票」が行われることでしょう。そうなると、また世界を揺るがすような大事件となる。その意味でも、明日の選挙は「変化」に向けた準備となります。


そして、自分のことですが、やはり秋から年末にかけていろいろあります。今日も12月10日の「1,200人トークライブ」の打合せ(ネット上)をしましたが、ライブのタイトルも決まりそうだし、バンドのことなど、細かいことも少しずつ進んでいます。


何度も言いますが、12月10日は1,200人を動員する、前代未聞のトークライブになります。もちろん1,200人って数字自体はそれほど多くもありませんが、私自身にとって、その人数は自分の枠を大きく広げるものだし、それだけ巨大なエネルギーが渦巻くことになる。


まさにボルテックス!


では、どんなタイトルになるのか?

実は先日、ものすごく深い深い気づきがありまして、それはまるで宇宙、神様が直接教えてもらった情報と言っていい。もう、絶対に大丈夫だし、どんどん良くなるし、思ったことは何でも叶うようになる。


12月10日、、、「その日」から完全にシフトチェンジするような、そんな話をします。何度も言いますが、この世の中はどんどん良くなるし、人生だってますますいい方向に進んでいきます。一世一代の「神がかり」な話になりますので、どうぞご期待ください!


だけど、それまでにまたいろんな準備がある。事務的な準備はもちろん、自分の内面に関してももっともっとクリアにする必要がある。先日、とある霊能者的なカウンセラーの方のセッションを受けたのですが、私はだいたいにおいて交感神経が優位気味。つまり、興奮状態にあることが多いのですが、それを鎮めるために、バランスを取るために、昔から良い週間を持っているそうな。


それが「旅」です。言われてはいないけど「滝行」もそうかもしれません。もし、私に「旅」の習慣がなかったら、ぶっ潰れてるかもしれない。たとえば、どこに行こうとも「旅」に出てる間はめちゃくちゃよく眠れるんです。


5月に京都から新潟まで自転車で旅しましたが、毎晩、気が付けば意識を失うほどに寝落ちしていました。それだけ深い睡眠に入るのは、本当に旅の間だけでして、普段もきちんと寝てはいるのですが、夜中に何度も目が覚めたり、お腹が空いたり、ときどき、唸り声を上げたりするようです。


おそらくは普段の生活の中で、仕事と家庭、いろんな面で情報過多になっている。なので、基本的に興奮状態だし、ときに唸り声を上げるほどに、膨大なエネルギーがあふれ出してしまう。そのエネルギーをきちんと鎮めて、自分の中に取り込む習慣が、まさに「滝行」であり「旅」だと思うのです。


そんなわけで、前にも予告していた通り、8月31日から9月10日まで自転車の旅をします。仙台から札幌まで、このような日程で。

31日(水):仙台市(ライブ)[宮城県]
1日(木):仙台市→一関市91㎞[岩手県]
2日(金):一関市→盛岡市91㎞
3日(土):盛岡市→鹿角市91㎞[秋田県]
4日(日):鹿角市→弘前市60㎞[青森県]
5日(月):弘前市→青森市40㎞(ライブ)
6日(火):青森市→函館市フェリー[北海道]
7日(水):函館市→八雲町75㎞
8日(木):八雲町→洞爺湖町72㎞
9日(金):洞爺湖町→札幌市103㎞
10日(土):札幌市(ライブ)
11日(日):札幌市→東京(宇宙となかよし塾)
12日(月):東京(レコーディング)


仙台、青森、札幌でトークライブをしますが、テーマは


「Everything will Change in the Fall of 2016」


です。バシャールの言う通り、すべてが変わる瞬間を皆さんで体感しようって趣旨。ハンパないことが起こります。
b0002156_2593660.jpg


この画像はですね、2年前に福岡から東京までの自転車トークライブをする際に、友人に書いてもらったポスターですが、ボツになりました。さすがにこれでは人を呼べないと思い。私の周りにニョキニョキ出てるのは、福岡タワー(福岡)、厳島神社(広島)、通天閣(大阪)、名古屋城(名古屋)、スカイツリー(東京)だと思います。

まあ、実際はこんな顔して走ってるわけじゃないのですが、面白いので本邦初公開でアップします!(笑)


そんな感じで、目まぐるしく動いてるわけですが、直近のセミナーとしてはこちら。

■7月24日(日)/東京/初監訳本「人生がうまくいく人の断る力」出版記念トークライブ


初監訳本『人生がうまくいく人の断る力』の記念トークライブですが、当然のこと、本の紹介などメインではありません。この日はジェームス・スキナーの「9ステップ」の4日目を抜け出してきてますので、超ハイテンションなのは間違いなし。9ステップは一度参加したのでいいかな~と思いながら、再参加はめちゃくちゃ安くなるし、定期的に目標設定とかマインドセットとかするのにちょうどいいと思い、4日間のうち、3日間参加します。


まあ、ドエライことになってるのは間違いありませんので、ぜひお待ちしています!このテーマでセミナーするのは、おそらく最初で最後になるでしょうしね。そんなとこで、また明日。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-09 23:39 | ■旅・ツアー
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


急に暑くなったな~と思ったけど、もう7月だもんね。博多では「博多祇園山笠」の季節。そりゃあ、暑いはずだ。そして選挙もますます盛り上がってきてまして、昨日のブログはそこそこの反響がありました。しかしいまだに日本は投票率が低い、と言われますが、理由はなんでしょう?


それは別に「投票しても変わらない・・」って虚無感から来るのではなく、単純に「恵まれている」からだと思います。結局、消費税が上がろうが、保育所が不足しようが、賃金が下がろうが、なんだかんだ食べて行けますからね。とりあえず今は食べて行けるのだから、このくそ暑い中、わざわざ投票に行くのも面倒じゃないですか。たった1票のために。


だいたいからして、知り合いでもないのに、誰に、どこに投票すればいいのかわからない。今回は「改憲選挙」とも言われますが、そもそも「改憲」が何を意味するか、概ねでもわかってる人は決して多くない。そんなとこに、三宅洋平さんのような訴求力のある人が、「改憲は日本を戦争できる国にする!子どもたちを戦地に送り込んでいいんですか!戦争反対!」なんて叫ぶと、信じ込んでしまう人も多い。


うちの家庭の話ですが、ヨメさんはそんなに政治に興味がある方じゃないです。なので、選挙の時期とかになると、「ジブン(私のこと)、選挙とかが近づくと、いつも熱くなるね~」って冷ややかに言われるのですが、これが普通の感覚かもしれません。それでも、「子どもたちが戦争に行く可能性が出てくるなら、改憲反対!」とは言うので、ようは、政治が「自分のこと」になってはじめて、そこに関心が向けられるわけで。

その意味で、三宅さんは上手いと思います。その情報は極めて不正確で、作為的でありながらも、「困ってない人」を、「困りますよ!」って気持ちにさせるのですから。


人が何かを買う動機は二つしかない。それは「買うメリット」と「買わないデメリット」を自覚すること。その片方でもいいのですが、両方が組み合わされると、買わない理由が完全に遮断される。これは「買う」に限らず、「行動」そのものでも同じ。もちろん「投票」も。


人はなぜ投票に行かないのか。それは、「投票に行くメリット」も、「行かないデメリット」も感じてないから。その人たちに、メリットかデメリットかのどちらか(または両方)を自覚させるには、「理性」で説明するよりも、「感情」に訴えかけた方が早い。


いや、普通のセールスもそう。テレビショッピングもそうじゃないですか。「今買うメリット/今買わないデメリット」を、わずか数分で伝えることに特化しており、考える余地など与えません。本当なら一晩寝てから申し込めばいいのですが、そうさせないために「残り15個!」などと煽るのですね。「早く買わないとなくなる~」って、実際はそんなこともないのに、そんな「感情」にさせられる。


アメリカ系の自己啓発セミナーでも、たとえば4日間連続であるとすれば、だいたい3日目の後半くらいにセールスが組み込まれます。そこで、より高額なセミナーなどがセールスされるのですが、「会場割引」があるのは順当として、実はそこまで行くのにも、かなり綿密に計算されています。


睡眠時間を極端に短くし、その直前まで涙を流すほどの激しいワークを繰り広げる。そしてセールス中も重低音を聞かせたBGMがさりげなく流され、高揚感を持続させる。あたかも、そのセミナーは「次のセミナー」をセールスするために構築されたかのようで、実際にそうなんですが、私はそれ自体を否定するつもりはありません。やり方はどうであれ、セールスそのものは決して悪いことでもないわけで。
b0002156_16154417.jpg


三宅さんの「選挙フェス」もしっかりブレインがいまして、音楽を流すのも意図的なこと。音楽は感情を揺り動かしますから。それもレゲエやロックのような、単調なリズムを繰り返すとより効果的。そのリズムの上に、「日本はダメだ!」「貧富の差が拡大している!」「財産が奪われる!」「戦争が始まる!」と煽られたら、「そりゃ大変だ!」って感情になる。


そうやって、「行くメリット/行かないデメリット」が構築され、さらに自分が行くだけでなく、SNSなど自分ができる手段でその情報を拡散しようとする。あとは、フェスに参加して、単純に楽しいからって人もいるでしょう。


ただ、「感情」は時間がたてば低下しますが、「理性」は時間の影響を受けません。最初は選挙フェス等で「感情」が動かされたけど、少し時間をへて、「理性」がもう少し膨らんできたら、三宅さんのことも客観的に考え、まっとうな投票行動に転じるものだと思います。選挙フェスは確かに盛り上がってはいますが、それが主にネット発であるだけに、反対にネット(の反対意見)によって徐々に理性が勝ろうとしている。それがここ2~3日のことじゃないかと。


「感情」で政治を決めてしまう恐ろしさは、ナチスを代表に、人類はしっかり学習しているはずです。ナチスの思想的背景に「反ユダヤ主義」なる陰謀論がありましたが、三宅さんもまた「ユダヤ陰謀論」を援用している辺り、どこか親和性を感じます。


それでもなお、自分の頭で考え、最終的に三宅さんをフォローするのであれば、それはそれで素晴らしいこと。

だけど、私の予想ですが、今回の参院選では三宅さんは当選しないと思います。なんだかんだ言って、選挙は「地盤=組織」、「看板=知名度」、「鞄=資金」の「3バン」がモノを言うし、東京選挙区に関してはトップ4強が強すぎるし、その他の人たちも決して弱いわけじゃない。6議席に入るかギリギリと言うより、10番手くらいで落ち着くのでは。


そうなると、おそらくネットの支持者たちは、「不正選挙だ!」、「今回もヤマトだ!」って騒ぐのでしょうが、その辺だけはもう少し冷静になった方がいいかと。もし、自民・公明による「不正選挙」が存在するようであれば、2009年に民主党が308議席も取れませんし、そもそも「不正」を外に出さないためのコストがいくらかかるかわかりませんから。


日本は思った以上にちゃんとしています。まずは普通に考えましょう。ってことで、あと2日ですね。今日はこの辺で。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-08 23:39 | ■時事問題
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓



今朝、55回目のLINEメッセージを配信したのだけど(珍しくmp3音声をリンクしました)、過去最大級に登録解除していただいてます。スピとかエコの人って、きっと三宅さん支持者が多いだろうから、まあ、予想はできましたけど(笑)

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 

ただ、私は「三宅さんの政策」を否定してるだけであって、三宅さん個人についてはとても好感を持っています。今は個人的付き合いはないけど、共通の知り合いはたくさんいるし、もしどっかで友だちになって酒でも飲み交わしていたら、政策やイデオロギーは別として、「国会に三宅を送り込んだら面白いのでヨロシク!」とか言ってるとは思います。いや、今も半分はそんな気持ち。


あと、「そんなこと言うならQさんが出馬すれば~」ってご意見もいただくのですが、日本は間接民主制なので、「投票」そのものが出馬と同じくらい価値あることなのですね。なので、金も手間もかかる出馬は「今は」するつもりないけど、絶対にしないとは限りません。ただ、出馬するときは「自分から」するのではなく、しかるべき人から電話がかかってきたら検討はします。


「電話がかかってくる」とはそれなりの立場として準備完了を意味しますので、300万円くらいは用意します。カンパも含め。だけど、今はそんな兆候もありませんのでご安心ください。二世でもタレントでもない人が出馬するって、そんなことですよ。批判するなら出馬しろ、なんて言われたら、そりゃ、間接民主制そのものを否定するようなもの。


今回の選挙について、私は「改憲派」と立場をハッキリさせておきますが、まずは改憲4党が3分の2の議席を取るような投票行動を起こし、その後に国民投票まで進めば「賛成」に投じるとは思います。もちろん最終的な憲法草案を吟味した上の話であって、そこで決めるわけですが。


まあ、選挙の話は一応、次の三つのブログを読んでおけばいいかと思います。
 
 
「政治のことは何も知らないけど、三宅洋平さんで初めて興味を持ちました!応援します!」という人たちに、一つだけ伝えたい重要なこと/おときた駿
 
なぜ美術系・芸術系の人ってそっち方面が多いのか/More Access! More Fun!永江一石のITマーケティング日記
 
【三宅洋平】自民党の憲法草案から基本的人権が…!これは緊急事態だ、忍び寄るサイバーテロ!必読。/弥栄の会ブログ

 
 
この三つ、絶対読んでくださいね。時間がなければおときた議員のブログだけでも。「政治のことは何も知らないけど、三宅洋平さんで初めて興味を持ちました!応援します!」って人は特に特に。


結局、オレは右でも左でもどちらでもいいけど、未来に希望を持ってる人を支援したいね。「未来は明るいぞ~」って思ってる政治家と、「未来はどんどん暗くなる」と思ってる政治家と、どっちが「明るい未来」を築けるでしょうか。オレの判断基準はそこ。


その点で言うと、三宅さんは後者だと思うの。「このままではヤバい!」って連呼して、「自民党は基本的人権、平和主義、国民主権を削除してる!」とウソ吹き、誰も賛成してないのに「戦争反対!」を声高に叫ぶ。三宅さんの言葉をそのまま信じると、彼の頭の中にあるのは「戦争状態の国土」だったりするわけでしょ。


これは命をかけて断言できるけど、日本の政治家で、自民であれなんであれ「戦争したい」と思ってる人は誰一人いないです。だけど現実に周辺のある国が「力による現状変更」を企てているなか、それに対応した法整備が必要になっているのが現状。拉致されて帰ってこない国民もいるし。だけど、その法整備をするにも、70年前にアメリカが作った現行の憲法が邪魔をしている。


つまり、改憲の目的はあくまで「平和的解決」であって、戦争をするため、なんてことは一切ありません。確かに9条を改正すると、「戦争できる」ようにはなるかと思います。少なくとも現行とくらべて。しかしそれが「戦争する」を意味するわけでは決してありません。


理論的には「できる」けど「しない」と、「できない」から「しない」の違いがあるだけ。

その意味で、「できない」と規定しているのは、世界中の独立国の中では日本だけ。それをもって日本素晴らしいと言う人もいるけど、それは「日米安保条約/日米地位協定」と、よくわからない「自衛隊」があるから。


理論的には「できない」のだけど、9条の規定にはない「自衛隊」があり、他の大きな国が守ってくれてるから「できない」でもやってこれたわけです。もちろんこの現状が続くのならいいです。であれば、日本にアメリカ軍が駐在しているのに文句は言えないし、もちろん自衛隊の活動にいちゃもんつけてはダメですよね。


ようは、憲法改正ってのは、「いろいろ矛盾や時代にそぐわない面があるから、この辺でちゃんとしよう」ってことで、戦後70年もたってるのだし、そろそろ私たちの最高法規に関する「国民的議論」をしてもいいじゃん、と。最終的には国民投票を通して、きちんと民主的に決定されますので、そこまではしっかり議論しましょう。少なくとも議論の遡上には乗せましょうってこと。今回の選挙にはそんな意味があるんですね。
b0002156_23505093.jpg


そして、「できる」けど「しない」、「できない」から「しない」、どちらが自由でしょうか。国民に自由が保障されてるように、国家にだって自由があっていい。そして私たち日本は、「できない」と定められないとしてしまうのか。


決してそんなことはない。できようができまいが戦争は絶対悪。できても絶対しない。もしも日本が、自ら戦争を吹っ掛けるようなことがあったら、私はダイナマイトを巻いて国会に飛び込みます。命をかけて「日本は戦争しない」と断言できるし、それを現実的な「希望」として抱いています。


もしも日本の政治家が、日本人が、「できるけどしない」って「希望と誇り(自尊心)」を持っているなら、それで戦争が起こることは絶対にありません。「できない」から「しない」のではない。そんな人たちは、裏を返せば、「できる」になれば「する」のかって!違うでしょ!


日本は戦争をしません。そして今よりもっともっといい国になります。私たちの暮らしももっともっと良くなります。ますますどんどん良くなります。そんな「希望」を持ちつつ、同時に現実的な対応、直近では「投票」に行こうではありませんか。


もう選挙の話はいいか、と思いながらしちゃいましたね。これからの日本が、そして世界がとても楽しみです。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-07 23:39 | ■時事問題
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日から一週間の滝行のつもりでしたが、体調が、、、と言うより「気分」がすぐれないので、2~3日延期することにしました。まあ、特にどうってことないのですが、気分的に。なので、月曜日に削除した54回目の音声も夕方に録音しました。明日の55回目は三宅洋平さんの話をします。

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」


ところで信頼する友人からこんなメッセージをいただきました。

先月末で、火星の逆行は終りましたが、まだ今月中は火星がサソリ座から射手座に移る最後の場所にいます。サソリにいる間は陰湿な攻撃=まさにサイキックアタックや嫉妬 、今までは表面化されなかった膿が出てしまうことを、意味しますので、今月が終わればゴタゴタも少し落ち着いてくると思います。

射手座は理想に向かっての変革を意味するので、来月にはその方たちは、気付けば次元上昇ですが‥気づかなければ何かに乗り遅れるかもですね。


実は今日LINEでもしゃべったのですが、2016年7月は私にとっての何回目かのスタートであると感じています。

その前に覚えているのは、2009年7月でしょうか。それまでのあるビジネスを止めてしまい、収入がガタ落ちし、そこで思い出して実践したのが「願望実現の秘伝」でした。その「秘伝」については、拙著『夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?』に書きましたが、それを始めようとしているとき、カードで80万円の借金をしていました。

もう、ワラをもつかむ思いで「秘伝」を実践したのですが、なんと、そこに書いたことは3か月以内でほとんど叶ってしまいました。一つは「セミナーの満席」で、それは8月に突然の奇跡的に達成。もう一つはそれに関連して「月収100万円」で、これは9月10月と二か月連続で達成し、当然、借金も返済しました。そして「本の出版」ですが、7月1日に始めた「秘伝」が10月1日に内定したのです。その頃、すでに半分以上の原稿はあったので、残りを一気に書いて年内に出版。


ちなみに今年中に、できれば12月の1,200人トークライブでは新刊を出したいと思ってるので、9月いっぱいには脱稿しなきゃですね。今、いろんなインスピレーションがやってきてるので、どんどん進みそうです。

いずれにせよ、今、また新たにスタートであり、12月10日の1,200人トークライブに向けて突っ走るしかない!そして2017年はまた例によって未定だけど、なんかまたものすごいことが起こりそうな気がする。今までも実際そうだったし。


ただまあ、今月は激変があるんかな。まずは参院選挙があり、都知事選も始まる。バングラデシュでは邦人・外国人がテロの標的にされた。オリンピックが始まるリオデジャネイロは治安悪化が加速している。イギリスはEU離脱が決まり、女性の首相が誕生しようとしている。今では、ドイツ、韓国、台湾では女性、FRB、IMFでも女性、アメリカ大統領もこのまま順調にいけば女性、東京都知事も女性、、、など、いよいよ女性進出が進みまくってるのも新しい流れだ。


ただ、これまで「女性」のトップと言えば、だいたいがリベラル、左翼系だったのが、最近は健全な意味での保守が台頭しつつある。その意味でも、女性の進出は今後もっと加速し、定着し、当たり前になっていくのでしょうね。


バシャールが「この秋ですべてが変わる」と言ってるように、今までにない「変化」を感じてるのは事実だ。いいことも、そうでないことも、いろいろあるけど、とにかく「激変」の時期にあるのは確かで、この7月中に新たな「変化」に向けた準備が完了するんだと感じています。
b0002156_14541970.jpg


まずは目に見える結果、参院選の動向に注目ですね。とりわけ今回は「改憲選挙」と言われ、今年の流行語として「3分の2」が早くもノミネートされつつある。そして改憲4党は、いよいよ3分の2を占め、戦後70年の悲願であった「憲法改正」の扉が開かれようとしている。


もちろんそれを阻止する動きもあるけど、もう一つ、勢いがない。三宅洋平さんがかなりクローズアップされてはいるけど、言ってることがあまりにも理想郷過ぎて、現実的な問題解決には程遠い。むしろ、本当に改憲を阻止したいなら、当選してしまうと逆効果になるおそれがある。現実的な問題に対しては、現実的な対抗が不可欠で、そこにどんな理想をぶち負けても破たんするのが。


金融資産500兆円に5%の課税をするとか、普通に考えれば絶対不可能だし(なぜ不可能かは割愛する、当たり前すぎて)、大規模農園から家庭菜園なんてのも原始共産主義の発想でしかない。あと、戦争に賛成する国民は絶対いないし、原発だって推進したいと思ってる日本人はほとんどいないはず。それでも、現実的にテロや戦争が起こってるわけで、それに巻き込まれないための法制度は必要だし、原発だって「即時」に廃止することのリスクやコストが大きすぎるので、50年とか100年とかけてゆっくりゼロに進めて行けばいい。


その間にメタンハイドレードとかレアアースを始めとする、新しいエネルギー開発を進めて行けばいいし、原発廃棄物だって今では危険なばかりだけど、もしかしたら50年後、100年後には解決策が見つけ出されてるかもしれない。いや、きっとそうだろう。


今の問題を未来の子どもたちに押し付けるのか。そう言う人もいるけど、誤解を恐れずいうと、それでいいと思う。人類はいつだって発展してきた。そしてどんどん良くなっている。これからも良くなる。未来の子どもたちに押し付けるのではなく、オレは「期待」している。「希望」を持っている。


今は難しい問題も、きっと50年後には解決してるだろう。医療の世界とかそうじゃないですか。半世紀前まで結核は不治の病だったけど、今ではそれで亡くなることはほぼない。癌で死亡する人が増えていると言われるけど、これは高齢化と、「癌以外で死ぬ人が減ってる」からであり、その癌だって50年後は完全に治る病気になってるだろう。人工透析とかインシュリン注射とか、とっくに過去の産物になってるだろう。


そうやって、オレは未来に希望を持ってるんです。未来に希望を持っている人たちの話と、未来に絶望を感じ過去への回帰ばかりを主張する人と、どちらが「楽しい」でしょうか。そして、どちらがいい未来を築けるでしょうか。


今回の選挙は「改憲選挙」だけど、憲法が改正されることで、きっと「いい未来」が開かれると思う。今までもそうだったように、これからもそうなるだろう。もちろん「改悪」であってはダメ。だけど、変えること自体が「悪」なのではなく、これからじっくりと正しい方向に変えて行けば、それでいいと思う。すでに疲弊している現行の憲法をこれからも持ち続けるよりは、きっと「いい未来」が待ってると思う。そしてできれば、憲法草案をしっかり読んで欲しい。


いずれにせよ、この7月はいろんな激変があるけど、「明るい未来」に向けた準備期間なんだ。オレの人生も含め、その流れにどんどん乗って行こう。だから、絶対に選挙に行こう。どこに入れるかは自分の頭で考え、そして「明るい未来」を希望しよう。そんなとこで、また明日。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-06 23:39 | ■時事問題
選挙も近いし、せっかくなのでFacebookに書いたことを、番外編としてこっちにも転載します。表現の自由が認められた民主主義の世の中、いろんな意見を読めるのはいい時代ですよね。

私の周囲では、割と肯定的、というか盲目的に彼を支持する人が多いように感じるので、もう少し冷静に「政治」を見るために、あえて投稿します!


大切なことだからあえて書く。

三宅洋平って人の動画が拡散されまくってるので1時間、しっかり見ました。この人のパフォーマンスは好き。心を打つ。動画を1時間、見れるだけでも、ものすごく魅力的なのは間違いない。

だけど、オレが都民なら、この人には票は入れない。

理由はオレとは考え方が違うから。この人の言うことが間違ってる、オレが正しい、ではもちろんない(もちろん事実認識として間違ってるところはあるけど、それは他の候補者も同じなので問題にはしない)。

単純に政策や国造りに対する考え方が違うから。

どこが違うのかは、あえて言いません。それ言い出したらキリがないから。

この人のやり方は、確かに多くの人たちの胸をつかみ、心を打つだろう。だけど、政治は「中身」が大切。やり方はやり方として、決して軽視はできないけど、最終的には「中身」が大切。

つまり、この人の言うような「世界」にはしたくない。

もちろん、部分的にはいいと思うところもある(消費税廃止など)。だけど、全体の印象を含めて感じるのは、4~50年前のコミュニズム革命に逆走してるだけ。さらに言うと、戦前のポピュリズムに通じるところもある。

ただ、今の政治の世界を大きく揺り動かす起爆剤になる可能性はあるので、一票を投じる価値はあるだろう。でも、オレ的にはそれ以上の価値はないように思う。

あくまでオレの意見。周囲ではこの人を推す声が大きいので、反感を買うとは思う。

しかし、票を入れるときは、パフォーマンスの評価は別にして、まずはしっかり「中身」を見て欲しいと思うのです。



<コメント>

■その通りだと思います。政治は個人プレーではなく組織で行うものであり、熱意や情熱以上に現実的な実行力が重要と常々感じています。カリスマ性のある人が現れると、ついパフォーマンスだけで評価しがちになってしまうのですが、Qさんのような発信力のある方が冷静に意見してくださって嬉しく思います。

⇒彼は間違いなくカッコいいけどね。だけど、なんか当選して欲しいようにも思う。それはそれで政治の世界をかき乱してくれそうだから。だけど、ガリガリ君のことで重要な国会審議の時間を犠牲にするようなことだけはやめてほしいけどね。


■中国に対する認識が間違ってるので けっこういい事を言ってはいますが 結論が間違ってますね。

⇒ムードやファッションに流されて、無思考で投票するのはNGだってこと。政策を見るとすごいですよ。ポルポト主義を彷彿とさせる共産原理主義ですから。それでいいなら一票を投じればいい。もしかれが同じパフォーマンスで改憲を叫んだなら、それはそれで票は集まるだろうな。


■おっしゃるとおり、こういう現実を踏まえない理想論に心躍らされる人達が多いことに、ちょっと危惧の念を憶えますね。パフォーマンスとして「うまい!」と思いますが。なんか「個人レベルの価値観」がそのまま「国家レベルの価値観」につなげられるという稚拙さを感じますね。

⇒これ見て何も思わないのかな~
 これ、政策として新しいとか思ってるなら、本を読まなさすぎだと思う。
 1.文化を最大の輸出品に
 2.復興から保障へ
 3.除染から廃炉ビジネスへ
 4.送電線から蓄電技術へ
 5.消費増税から金融資産課税へ
 6.大規模農業から家庭菜園へ
 7.官僚主権から住民主権へ
 8.破壊の公共事業から再生の公共事業へ

ただ、当選したら、それはそれで面白いとは思う。と思う一方、山本某氏のように、ガリガリ君の追求でどや顔して時間を無駄にするようなことはして欲しくないなあ。あんなの、スタッフが「会議費」とかでまとめて計上しただけのこと、どうでもいい話で重要な話をする時間を潰して欲しくない。


■私は、まず今回「三宅氏の活動で選挙に意識が向いた人が増えただろうな」と思いました。それって、すごいことだと思うんです。私個人は「どうせ組織票で自民が勝つんでしょ」「どうせ私の一票なんてただの取るに足らない紙ペラ1枚でしょ。少数派は負けるんでしょ」って拗ねてたんですが、6月末に演説動画をみて「あ、違った。そうじゃなくて、一人一人が自分で意思表示するのが大切なんだった」って、拗ねていじけてるのやめました。三宅氏の活動で投票率は上がるんじゃないかと思っています(18歳、19歳の有権者が増えるので単純比較ができないと思いますが) そういう意味で、私自身は、三宅氏の活動によって生まれた動きは大きいと思っています。私は概念的なことしか表現できないけど。かつてウグイス嬢として選挙に関わる中で、同世代が政治や選挙に興味を持っていない印象を受けていたし、パターン化した選挙の形にも「いつまでもコレじゃ、だめなんじゃないか」と思っていたのです。長文失礼しました。

⇒「三宅氏の活動で選挙に意識が向いた人が増えただろうな」はあると思いますが、これはある意味、これまでの政治家の怠慢の裏返しだと思うのです。三宅に負けず、もっと政治に関心を向けるような施策を投じて欲しいです。自民も。




大切な話だからあえて書く。

オレって1960年代、好きなの。産まれる前だけど、みんなが必死で「ラブ&ピース」を目指して、社会に中指立ててた時代。大学時代、先生から言われました。

「キミは20年早く産まれてたら、良い活動家になってたね」

おそらくオレの思想的原点は予備校であって、あそこはいわゆるサヨクの温床みたいなとこで、英語や現代文の授業しながら、無垢な浪人生が次々と洗脳されていった。先日お亡くなりになった河合塾の牧野氏、駿台の表氏などがその代表。

オレがインドに行ったのもその影響だし、バックパッカーで世界一周したのもそう。資本主義はクソだと放ち、みんなで平和な世の中を作るんだと夢想していました。

大麻こそ吸わないけど、マルクス&エンゲルスを常に鞄に忍ばせ(本当の話です)、チャーリー・パーカーが影響されたジャック・ケルアックを読もうと思うが、意味が分からず断念したり、ディジュリデュ吹いたり(循環呼吸ができずに断念)、いわゆるヒッピー的雰囲気に憧れていた。

三宅洋平さんって、割とそのまんま。なので、ちょっとなつかしく思ったりしたけど、肝心の政策が極めて香ばしい。もう少し、普通に政策を見よう。

特にスピ系の人たちから指示が強いようだけど、あの手の理想郷を本気で作ろうと頑張ってたのは、今から50年ほど前の話。そして実際に作った人たちがいる。それが、金日成だったり、毛沢東だったり、スターリンだったり、ポルポトだったり。

ポルポトなんか、ものすごくいいこと言ってたんですよ。真の平等を目指すために、頭の良い人もそうでない人も、身体の丈夫な人もそうでない人も、男も女も、老も若も、みんなで「家庭菜園」をして、自給自足で楽しく平和に暮らそうよ、と言ったのですよ。だけど、その先は言いませんが(笑)

三宅さんのパフォーマンスは好きなんです。オレは元々そっち系だったから。レゲエじゃなくて、ジャズだったけど、一杯のコーヒーをちびちびやりながら、後期コルトレーンを頭グラグラさせながら聞く雰囲気に憧れたたの。オレのときは普通にCDが安く買えたけど。

もう一度言うけど、三宅さんのパフォーマンスは好き。顔も声もいいし、バックの音楽も、時々ラップっぽくしゃべるのもカッコいい。だけどそれ、政治とあまり関係ないよね。

いや、別にそれで政治を語るなとは言いませんよ。ジャズの世界でもチャールズ・ミンガスとかマックス・ローチとか、音楽で政治や信条を語ってる人たちいたし、ロックの世界は割とそう。レゲエはラブ&ピース。

だけど、肝心の「政治・政策」をもう少しなんとかして欲しい。理想を語るにしても、もう少し21世紀的な新しさが欲しい。もちろん今の人にはあれが新しいのだけど、現実は違うから。

1960年代の空気はノスタルジーとしては好きだけど、それをリアルな政治の世界にそのまんま持って来られても、さすがに共感は得られない。少なくともオレには。

現実の政治の世界って、もっと汗臭くて、泥臭いもんだと思う。白いカッター着たオッサンたちが、このクソ暑いのにワキ汗かきながら、あーだこーだ、数字や法律とにらめっこしながら、いかにして今までより少しマシな「最適」に着地させるか、そんなじみ~な作業を見えないところでやってるんです。

女の子から騒がれるわけでもなく、歌って踊るわけでもなく、必然的にメタボを抱えながら、「誰かのために」、頑張ってる姿があるんです。

実はオレ的には、そっちの方が「カッコいい」と思ったりしてるんで。変かな?



<コメント>

■現実はもっと泥臭いもんですね(^O^)

⇒三宅さんのおかげで政治に目を向けるようになった、という人が割と多いけど、それはこれまでの政治家の怠慢である一方で、ちょっと勘違いしてる部分もあるな~と感じる。実際は政治じゃなくて、あのパフォーマンスに目を向けてるだけであって、必ずしももっともっと泥臭い政治の世界を知ろうとしてるわけじゃないから。


■そうですね。政治とは人間の欲望の巣窟。理想だけでは立ち行きませんね。

⇒だけど、政治は理想でもある。ただし、現実の上にしか政治は実現しない。


■目を向けるようになった先が、半世紀前に終わったお花畑的ユートピアじゃ困りますよね。私のところにも「ぜひ、●●さんの影響力で支援の輪を広げてください」とかメッセージが来ましたよ。そんな影響力ねーよって話の前に、まず政策を冷静に考えろよ、子どもを持ってるいい大人がさって。ほんと、悲しくなりました。

⇒「普通に考える」ってことが大切だとつくづく思います。


■カリスマ本人はよくても次第にとりまきが「民主主義と平和主義でないやつは有無を言わせずぶっ潰す!」とか言い出すことになる。

⇒「三宅さんだけは違うから!」って言われるんでしょうね。


■変じゃないです。裏方を知っているだけにあの泥臭さと貢献は半端ない。選挙期間寝られなくてみんなでおかしなテンションになるし(笑) ものすごく「地味」な分析と話し合いを繰り返して一番ましな着地点を決める。そのためだけに夜中まで話し合いをしたりしている。シチサンでも汗だくでも私はそんな影の職人って最高にカッコいい人達だと思います。いいとこだけパフォーマンスするのは簡単ですが(勿論カリスマ性があるのも素晴らしいですしね) 地道な作業や検証がなければ政治はできないです?? 語る私が熱くなってどうする(笑)お邪魔しました〜♡

⇒そう、裏を知ってると、そのカッコよさがわかるはず。見てくれにごまかされてはダメ。見てくれがよくて、中身も素晴らしいなら、それに越したことはないけど、少なくとも三宅さんは中身が残念すぎる。


■フォーマーとしては素敵だと思う。それ以上にもそれ以下にも感じないかな...

⇒そうですね。パフォーマーとしてはカッコいいです。


■厳しい言い方をするようですが、彼の政策に対する反対意見に、政治に目を向ける人が増えたからいいだろう!というのは、自分に彼の政策を肯定するだけの知識、信念がないと言っているのと同じです。冷静に振り返ってみれば、堀江貴文さんや山本太郎議員のように毎回の選挙で注目を集める候補者は必ずおられます。ただその人達のおかげで投票率や世間の政治への感心が高まったかと言われれば実感としてそんなことはないように思います。やはり今回も一時的に爆発的な支持を集められても結局は何も変えられないのでは?というのが私の意見です。

⇒>堀江貴文さんや山本太郎議員のように毎回の選挙で注目を集める候補者は必ずおられます。ただその人達のおかげで投票率や世間の政治への感心が高まったかと言われれば実感としてそんなことはないように思います。

それ、同感。結局、多くの人が現状に満足してるんですよ。明日も食えるし。だけど、ときどき三宅さんのような人が出てきて、にわかでも政治に目が向けらるのは、マイナスではないと思う。重要なのは、選挙後もずっと政治を見てるかってこと。。。

これだけ見るとどう感じるだろうか。




同じ女の子に「きれいなかっこう」と「貧しいかっこう」をさせて、街頭とレストランにそれぞれ立たせた結果。

極端なようで、決してそうでもない。これが普通の反応だと思う。

人は見た目が9割って言うけど、この限りでは10割ですね。それだけ「見た目」って重視されるのだし、むしろこの世は「見た目だけ」とも言える。

もちろん知り合うことで、見た目以外の要素もわかってくるんだけど、最初はどうあっても「見た目」なんです。

三宅洋平さんにしても、あれだけデタラメな話をしていながら、「見た目」がいいから支持も広がる。

あれと同じことを、普通のおじさんが白いカッターシャツ着て、汗かきながらしゃべっても、完全にイカれたオヤジになるだけ。

あの理想郷と、あのファッションの親和性が極めて高い、ブランディング的には良い成功例と言えるでしょう。

女の子の話だけど、結局、人は「中身」なんて見てないんだ。残酷だけど、それが現実。だとしたら、私たちはどうすれば。

地球全体を悟りに導くにはまだまだ時間がかかる。だとすれば、何かを伝えたり、自分のPRするには、まずは「見た目」をきちんとすることが大切なんだ、って話。


by katamich | 2016-07-06 15:50 | ■時事問題
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日は午前中、何もしない時間を過ごしました。朝は果物を少々食べて、子どもたち二人が登校するのを見て、それから3~4時間、何もしないで座っていました。何もする気が起きないのです。何もしなくてもやっていけるのは幸いですが、寝るでもなく、瞑想するでもなく、本を読むでもなく、ネットするわけでもなく、英語の勉強をするわけでもなく、音楽を聴くわけでもなく、ただ、何もせずに座っていました。


ここ最近、いろんなことが起こり過ぎて、頭がクラクラしてましてね、昨日削除したLINEメッセージ54回目の代わりを吹き込もうと思うも、できずに過ごしてしまった。と言うより、何を吹き込めばいいのかわからない。体調は悪くない。


何が起こっているのだろう。あまり詳しくはわからないけど、サイキック方面のエネルギーをすごく感じるんです。こんなときは動かずジッとしてるのがいい。身体がそのように教えてくれます。昼からようやく動き出して、ブログを書いたり、音楽を聴いたり、連絡ごとをしたり、いろいろしましたが、結局、今日は一歩も外には出ていません。行くはずの銀行にさえ行っていません。


そして夜、何かのときにお世話になっているスピリチュアル関係のカウンセリングを受けました。電話で。実はつい先日も受けて、すごくよかったのです。しかしその後、現実問題としてちょっとした靄が立ち込め、それを浄化するのと、あと、成り行きを鑑定?していただきました。


どうやらタロットを使っているようなんですが、これが実に興味深い。今の私の目に見えない現状を解説し、そして未来を方向付けてくれる。実はこの数年、この手のスピ的な手法から遠ざかっていたのですが、ようやくと「本物」と思える人に出会ったので、ここぞのときにお世話になると決めました。


ちょうど今月末にも、コズモクダカのまゆちんとタロットのコラボセミナーを開催するのですが、タロットって実はバカにできない。もちろんバカにもしてませんが、私が思っている以上に使えるのではと考え始めています。

■7月24日(日)/東京/まゆちん&Qの「タロットで読み解く潜在意識の不思議な世界」(残1)


ただ、どんなことでもそうですが、プロと素人がいるわけで、診てもらうならきちんとした人にお金を払って。その意味では、今日のセッションではいくつかの問題も解決し、取るべきものもしっかり取っていただきました。すべては「ゆだねる」しかないですね。


その後は先日、脳科学のコラボセミナーをしたS氏と電話でトーク録音。セミナーの中ではすべての質問にお答えできなかったので、いただいた質問からもっぱら怪しいのをチョイスして40分くらいしゃべって参加者さんにお送りしました。こんな内容。


・集合的無意識を解放する方法(「運なに」の144ページを参考に)
・宇宙人と地球人の違い
・なぜ、日本は多くの災害に見舞われながら、被害が最小に抑えられるのか
・守護霊と話をするには
・極一部の人だけが握る世界の新常識(真常識)
・お金の真実と、簡単に思い通りの収入を得る方法



たとえば「集合的無意識を解放する方法(「運なに」の144ページを参考に)」なんてのは、自分で書いておきながら、改めて解説してもらい目から鱗。「運なに」の144ページってのは、真言密教の「身口意」になぞらえて「身=腹」、「口=声」、「意=目」にそれぞれエネルギーを貯め込んで、そこから現実を変化させようって技法。


この手法で100万円の臨時収入を得た人の事例は両手両足指では足りないくらい。しかし、同じ144ページを実践してるのに、思った通りに実現されない人もいる。その違いは、「集合的無意識」にきちんとアクセスしてるかどうか。


では、どうすれば「集合的無意識」にアクセスできるのか。それは、144ページをしっかりやることなんだけど、ようはですね、「やり切れ!」ってこと。


人は畏怖や畏敬に直面したとき、意味もなく涙が出てきたり、心が、魂が振動したりします。

私が2005年5月にインドはラダックの丘の上で体験した「般若心経820巻目」もそうでした。ただ、突然、涙が止まらなくなる。それは感動ですらある。そのとき、S氏が言うには「ヌミノーゼ現象」ってのが起こり、そこに「集合的無意識」に直結し、いわゆるシンクロニシティがやってくるんだそうです。


そのとき、しばしば実際の「人」が介在して、たとえば臨時収入100万円なんてのを持ってきたりする。


つまり、144ページってのは、畏怖や畏敬に接したときに自然に起こる「ヌミノーゼ現象」を、ある意味、意図的に起こす技法と言えるのです。私はその144ページでかなりの願いを叶えてきたつもりだけど、その意味では「ヌミノーゼ体質」と言えるのかもしれません。
b0002156_211593.jpg


そうか、新しいキーワードが出てきた。ヌミノーゼ体質。あえて言い換えるなら、「感動体質」とか「青春体質」とも言えるかな。ニュアンスとしては。


たしかに、すんげえ感動した後って、奇跡的なシンクロが起こりやすいような気がする。逆に言うと、年がら年中、感動ばかりしてる人って、まさに年がら年中、奇跡に中にいる感じで。だから、これからもどんどん感動や青春を求めていきたいね。その前に『運なに』の144ページをしっかり実践して。


「144」って数字がまた意味深でして、自然界の数字である「12」の二乗でして、まさに「自然=宇宙」の数字でもある。そりゃあ、「集合的無意識」に直結しますよ!(笑)


そう言えば、タロットも「集合的無意識」に入るツールだった。なんかいろいろつながってきたね。まゆちんとコラボの話をした段階では、実は何をしようか決めてなくて、タロットの先生をしてたら「それでいこう!」ってなっただけのこと。そこに来て今日もタロットで私の集合的無意識(潜在意識)を解読してもらうなど、まさに必然であり、シンクロニシティ。


なんだか、いろいろ始まった感がある。こうなったら、スピリチュアルでもサイキックでも、使えるものは遠慮なく使って生きて行こう。そして明日から今年7回目の一週間の滝行に入ります。熱い季節なので水温のストレスはないけど、実は気持ちよさでは冬の方が上だったりして、今年は2回目のQ州ツアーを8月にやるのだけど、そう言えば8月は初めてだな。滝行もしますよ~。ってことで、明日から頑張ります。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
■7月24日(日)/東京/初監訳本「人生がうまくいく人の断る力」出版記念トークライブ
 
■7月30日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾17~あの話をします~
 
■8月6日(土)・7日(日)・8日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州vol.2(Q州ツアー2) (残5)
 
■8月23日(火)/名古屋/第19回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
 
■8月26日(金)/大阪/青春を謳歌する極意セミナーin大阪【石田×了戒コラボ】
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-05 23:39 | ■精神世界
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


すでに三週間を切ってしまってますが、初監訳本となるジェームズ&クローディア・アルタッカー著『人生がうまくいく人の断る力』の出版記念トークライブを開催します!

なんせ分量が多いので(読むのも大変だった)、すべてを取り上げられるわけじゃないですが、2時間半、「自尊心」と「人間関係(特に恋愛)」をテーマに、この本に内容をトレースしつつ、その二つをきちんと高められるよう、着地したいと思います。

■7月24日(日)/東京/初監訳本「人生がうまくいく人の断る力」出版記念トークライブ

こんにちは、石田久二です。このたび、初となる監訳本『人生がうまくいく人の断る力~THE POWER OF NO』を出版させていただきました。はっきり言って、これはすごい本です。

著者の一人であるジェームズ・アルタッカー氏はアメリカの著名な起業家であり、1500万人の読者を持つブロガーでもある。アメリカ国内ではかなり有名らしい。もう一人の著者であるクローディア・アルタッカー氏はラテンの血が流れるヨガや瞑想の指導者。

つまり、本書はビジネスとスピリチュアルの観点から人間のあらゆる悩みに答え、願いを叶える指南書なのです。そのキーワードが「NO」!


「NO!心のゴミを片付ける最強の呪文!」


本書の帯に書かせていただいた言葉ですが、「NO」は呪文であり、その言葉を発することで、心の中にあるゴミ、モヤモヤが浄化されるのです!

本セミナーでは、本書をわかりやすく解説し、実際にいくつかのワークを体験していただく場となります。本書にはなんせ29ものワークがあり、最初はどれから取り掛かればいいか迷うかもしれません。そこで今回はテーマを二つに絞り、徹底的に悩み解決を図りたいと思います!

そのテーマは、、、「自尊心」「人間関係(特に恋愛)」です!



Ⅰ.「自尊心」を高めるNOの使い方!

「自尊心」と「NO」は完全に直結しています。人は産まれながらにマックスの「自尊心」を持ちながら、成長するにつれて、外敵から守るために分厚い鎧を身に付けるようになります。それは一言で、「いい人」と言う鎧です。

「いい人」であれば、人から非難されない、傷つくこともない、とりあえず人間関係を維持できる。それは事実かもしれませんが、どこかで釈然としない思いを持っていたりする。「いい人」は単なる役割であり、本当の自分ではありません。「自尊心」に鎧を被せた虚像でしかありません。

そんな鎧をぶち壊し、最も自然な自分に立ち戻るための呪文がまさにNO!

しかし、闇雲にNOと言うことが目的ではないんです。最終的なゴールは、心の奥底から湧き出る、涙を流すほど感動的な「YES」に出会うこと。「NO」を繰り返すことで、ほんとうにやりたいこと、ほんとうにあるべき姿にはじめて出会える。そこで力強く「イエス!」と言うことができるのです!

真の「自尊心」に目覚めたとき、人は本来の力を取り戻し、思ったことを現実化するエネルギーに満ち溢れるのです!

<主なエクササイズ>
●どん底から這い上がるための毎日の練習
●行き詰まりから抜け出すための毎日の練習
●自分自身を赦す
●逆引力の法則
●沈黙を深め、報われるためには
●自分を変えるためのロードマップ


Ⅱ.「人間関係」の悩みを吹き飛ばすNOの使い方!

アドラー心理学によると、人間の悩みはすべて「人間関係(対人関係)」に還元されると言います。例えば「お金がない悩み」は、他者との比較の上で、相対的に「ない」と感じているだけで、つまり「対人」が悩みを引き起こしています。全員がない状態であれば、悩みは生じません。

同様に、健康、結婚、恋愛、容姿なども、すべて対人を軸とした「劣等感」がその大元にあり、それを消すための呪文もまたNOにあるのです。たとえば社会はあなたは「早く結婚して、子どもを作るべきだ」なる価値観を押し付けるかもしれません。その結果、意にそぐわないパートナーを選び、人生を台無しにするかもしれない。その場合の「早く」や「べきだ」も対人を軸に作られた共同幻想に過ぎないのです。

そのような幻想にはいち早くNOを突きつけ、自分らしく生きることをおススメします。その結果、あらゆる人間関係の悩みから解き放たれ、本当の意味で満ち足りた毎日を送ることができるでしょう。

特に結婚や恋愛に悩んでいる人こそ、NOの威力が発揮されることでしょう!

<主なエクササイズ>
●あなたの周りにいる人たちは?
●私たちの姿は?
●あなた自身で特別な秘密を試してみる
●十分!
●社会はあなたに、どんなことに「YES」と言わせようとしている?
●生まれ変わる


Ⅲ.翻訳にあたって(おまけ)

石田にとって初の翻訳本となりましたが、その舞台裏についてお話します。英語に興味ある人には必聴の内容かもしれません。

●本格的に英語の勉強を始めたら、翻訳の仕事が引き寄せられた!
●いわゆる自己啓発的な「表現」について!
●突然、オバマ大統領の広島演説が理解できるようになった秘訣!
●なぜ、日本人バックパッカーはスペイン語をすぐにマスターできるのか?
●予備校講師から教えてもらった「書ければ読める、話せれば聞ける」の真理?


3つ目のトピックは「時間があれば」の話になりますが、少しおまけ的に「英語」の話もしたいと思います。いくら下訳があったとは言え、最初から最後まできちんと英語で読み、ある部分はそのまんま自分の言葉で訳したりなど、かなり格闘しましたし。

本も面白く実践的ですが、セミナーも本を踏まえて激しくやりますので、どうぞご期待あれ。ちなみにその夜はまゆちんとタロットのコラボがあるので、懇親会等はありません。

21日から24日までジェームス・スキナーの「9ステップ」のセミナーに再参加するんですが(気合い入れるため)、4日目の朝に退出して、それから都内に移動、昼からセミナー、夜はコラボの流れとなります。いろいろ大忙しです。
b0002156_16434646.jpg


ところで話は変わりますが、今朝、LINEメッセージの54回目を配信しました。しかし、事情があって夕方に自主的に削除しました。理由は「たいした話をしなさすぎ」ってこと。本当の話です。なので、54回目は「幻」となり、新たに54回目を吹き込む予定です。テーマは未定。とにかく今、いろんなことが起こっている。ただそれだけです。ありがとうございました。



クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
■7月24日(日)/東京/まゆちん&Qの「タロットで読み解く潜在意識の不思議な世界」(残2)
 
■7月30日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾17~あの話をします~
 
■8月6日(土)・7日(日)・8日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州vol.2(Q州ツアー2) (残5)
 
■8月23日(火)/名古屋/第19回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
 
■8月26日(金)/大阪/青春を謳歌する極意セミナーin大阪【石田×了戒コラボ】
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-04 23:39 | ■セミナー・研修・講演
クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


最近、なんだか風邪が流行ってるみたいですね。仕事関係の人たち、そして私の家族もなんか風邪気味。実は私自身もここ最近、風邪をひいたばかり。Q州ツアー後、1~2日ほど熱が出てましたが、それ以降もちょっとした咳込みは続いています。冷房の影響が大きいと思うけど。


この一週間ほど、いわゆる「火星逆行」とか「新月」とかあって、よくわかりませんが、その辺に影響を受けやすい人が周りに多いってことなのかな。オレも昔、コズミックダイヤリーやってる人から、「Qさんの行動は月の動きと驚くほどシンクロしてる!」って言われたことがあり、よくわからない世界ながら、やっぱり何かあるのかな~って思うことも。


なので、今日は家族でお買い物に行く予定だったのが、お休みにしてお家で遊ぶことに。長男二男を連れてスーパーにお菓子や果物を買いには行きましたが。そして夜はキックボクシングの試合。
b0002156_13294436.jpg


私のよく知るお世話になってる選手たちについては2勝2敗。毎日厳しい練習を繰り返し、試合前もそれ以上に厳しい減量に挑戦し、そしてギリギリのところでリングに立つ。どんな世界でも、プロのレベルになると「心技体」のうち「技体」はほとんど差はないように思う。階級やランクで試合相手が決まるボクシングの競技ならなおのこと。


今日の大会はほとんどが「3分3ラウンド」。最終的に勝つ選手と負ける選手とどこが違うのか。どのような「心の動き」を見せるのか。そんな観点からも試合を観戦していました。たとえば最初の段階でボコボコにされて血を流す。普通ならここで心が折れてしまい、逆に相手はどんどんテンションが上がって、そこからリカバリーすることは難しい。


だけど、そこはプロの世界。どんな逆境におかれようと、リカバリーする人はして、逆転勝利なんてことも珍しくない。だから、最後までやってみないとわからないし、それも見どころだ。だけど、今日の試合に関しては、初っ端の試合運びがそのまま勝敗に結び付いてしまってて、その意味では順当とは言え、もう一つ興奮が足りない試合だったかも。いわゆる「しょっぱい試合してごめんなさい」の世界で。


もっとも、そんな偉そうなことを言う立場でもないのですが、プロは観客を楽しませてナンボとも言えるので、それは当人たちが一番良く分かっているでしょう。だけど、やっぱり感動しました。ギリギリの、ある意味、生死をかけて闘う男たちの姿。何度見ても感動しますね。オレも頑張ろうって気になります。


ところで今日の大会では、東京からベテランと若い選手4人によるエキシビジョンマッチが行われました。中でも注目は、「天才」の名を欲しいままににし、プロデビュー以来無敗で世界チャンピオンになった17歳の那須川天心選手。本名とのことですが、名前からしてスター性がある。

那須川選手は今後、地上波でも活躍するでしょうが、業界では100年に1人の逸材と言われているそうで。もう、完全に他の選手とレベルが違ってて、先日、試合前に負傷したとかで、かなりコンディション的に厳しい状況ながらも、短時間で圧勝したそうな。


今日はエキシビジョンなので、いわゆる本気の試合ではないですが、それでも「格違い」なのは素人目にもすぐにわかる。スピード、打撃力、身体のキレ。素晴らしいものを見せていただいた気分です(笑)


それにしても、どの道でも「達人」ってのはオーラが違いますよね。なんなんでしょうね、これは。そう言えば、2年ほど前からの友人であるキックボクシング現役日本チャンプの薩摩サザ波さんは、那須川選手と同じジムに所属していますが、日本チャンプになる前と後とでは、オーラが完全に違ってましたもんね。


オーラがあってチャンプになる、チャンプになったからオーラが出る。

どっちかな。オレは前者だと思う。やっぱりチャンプとか達人とか成功者って、そうなる前から独特のオーラがあって、そうならないことをまったく疑わせない。もちろんそのオーラは「技術」や「体力」によって高められるものではあれ、最終的には「心」がそうさせる。


「オレはチャンプだ。」


そのようなアイデンティティが実際のチャンプを作る。


「オレはプロだ。」


これも同様。


「オレは喜びそのものだ。」


昨日も書いたけど、これもそう。だからこそ、


「苦しい、つらい。」


も自分のアイデンティティになって、それが実現される。


「私、素人なんです。」


と、人から仕事でお金をとっておきながら、こんな風に言う人をときどき見るけど、これはやっぱり絶対的に良くない。ウソでもハッタリでも、「オレはプロだ!」と言っておけば、いずれそうなる。


最初はぎこちなくても、言っていればそのうちに確信になり、現実になる。「確信」に勝る力なし。


やっぱり言葉なんだろう。初めに言葉ありき。言葉が現実を創る。

実はこの数日、いろんなことがあったけど、つくづく「言葉」の力と、そして怖さを思い知る日々を送っています。逆に言うと、「言葉」さえ自分の都合のよいものになれば、人生は無敵だと思うのよね。実際そうだし。初監訳本のこの本でも「ノー」って言葉の重要性を力説しています!

■ジェームズ&クローディア・アルタッカー著『人生がうまくいく人の断る力』


そんなとこで、ハッピーニュームーン!いろいろあるけど、楽しく過ごそう!ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
■7月24日(日)/東京/まゆちん&Qの「タロットで読み解く潜在意識の不思議な世界」(残2)
 
■7月30日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾17~あの話をします~
 
■8月6日(土)・7日(日)・8日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州vol.2(Q州ツアー2) (残5)
 
■8月23日(火)/名古屋/第19回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
 
■8月26日(金)/大阪/青春を謳歌する極意セミナーin大阪【石田×了戒コラボ】
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-03 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン