宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2013年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧



b0002156_15164460.jpg そろそろ沖縄の余韻から日常モードに帰ってきたような。まだ完全ではありませんが。今日は昼からちびQを公園に連れて行き、自転車など。自分でブランコもこげるようになり、日に日に成長してるな~と実感します。ちびQだけでなく、私もどんどん成長してる感はありますが。さて、今日で2013年も4分の1が終わります。旧暦で言うと、春が終わるのでしょうか。この3か月は1月に21日間の滝行をして、2月の頭に熱海合宿。エアコンの乾燥から喉をやられて、ずっと体調がよくなかったような。そのまま3月は花粉症。そして沖縄ツアーで覚醒。その後の一週間はひたすら余韻。

 そんな旧暦での「春」も今日で終わり。明日から「夏」になります。もっとも気象学上の春は3月から5月までを言うそうですが、その方がしっくりはきますよね。それはともかく明日から3か月間(4月~6月)は私にとってどんな季節になるのか。一番は「出版」を形にすること。久高島の苗さんが言うように、神に願うのなら、そのための努力、行動もしなければならない。それは当たり前のことですが、ただ、神頼みで終わってる人も少なくないですもんね。今回の沖縄(浜比嘉・久高)で二冊目の出版を神に託したのだから、きちんと形にしないと。来年もお礼参りにいきたいですし。

 で、「出版」を形にするプロセスと並行してセミナー(セッション)もガンガンやります。近頃開催のリクエストをよく頂きます。そして6月には今年一回目のQ州ツアーも開催。そうやって6月が終わると、次は7月から9月。いろいろあって9月末にはアイルランドツアーも終了していることでしょう。その頃には本も売れてて、三冊目の構想に入っているとこでしょう。そうやって、リアルな妄想をしてると、本当に実現するから不思議なものです。これまでずっと「妄想は現実化する」で生きてきたもので、これからもそうなるでしょう。

 とにかく、常に妄想して、現実との区別がつかなくなった辺りで、それが実現しているもの。とにかくどんどん妄想すべき。思うに、妄想ってのは塗り絵の下書きのようなもの。すべて色を塗って完成、つまり「実現」なんですが、ダイレクトに絵具を使うよりも、まずは鉛筆かなんかで下書きがあった方がいいですもんね。私の場合はその「下書き」が抜群に上手い。だけど、下書きさえできてしまえば、後は色塗るだけだから簡単ですもんね。家にもアンパンマンやトーマスの塗り絵がありますが、正直なところ、それを見ると色塗りたくてたまらなくなる。脳は「空白」を埋めたくなると言いますが、何の色もついてない絵を見ると無性に塗りたくなる。私はリアルには絵が下手なんですが、色を塗るくらいはできます。

 同じように「妄想」によって潜在意識のキャンパスに下書きをして、後は色を塗る、つまり「行動」によって実現へと進むわけですね。「妄想」もなく「行動」するにはかなりきついてですが、ある程度の「妄想」があると、いつの間にか「できそうだ」なる感覚がやってきて、行動もスムーズに進みます。あと、願望を「紙に書く」こともよく勧められますが、それは単なる妄想よりももう少しリアリティがアップします。紙でなくてもブログでもいい。私の場合は紙にも書いてますが、定期的にブログに妄想を書いて、それが実現してるってケースが多いです。そして書いたら忘れる。意識で忘れたところで、潜在意識には確実に残っていますので、あとはただ、目の前のことをこなしていくだけでいつの間にか実現しているわけです。

 そんなわけで、明日から6月末までの3か月間は「出版」を形にすべく、しっかりと行動したいと思います。もっとも、ただ出版するだけならすぐにでもできるのですが、次のは最低5万部は売れるようにしたい。そして、この数字には根拠があります。2009年に「宇宙となかよし」を出版した際、実はそれに先行してある出版社で企画が進んでいました。最終的にはボツになったのですが、副社長決裁まで進んでたのであと一歩でした。そこはビジネス書大手のC出版社。で、実際に出版したところの社長さんと話をしているとき、「最低何部は売れそうですか?」と聞かれて「5,000部」と自分としては控え目に言いました。すると、、、「え~、うちで5,000でたらCさんでは5万部はいけますよ!」と謙遜されました。そんなもんか~と思ったのですが、つまりその時点では5,000は難しいと言われたところ。ただ、実際には5,000はいきましたので、と言うことは、5万部も不可能ではないってこと。しかも、あの当時よりも私自身の環境もよくなっています。

 したがって、次の本は「最低5万部」ですね。とある経営コンサルタントさんによると、ビジネス書(スピリチュアルも同じと思う)で2万部売れれば人生が変わる、とのこと。と言うことは、、、この3か月間でしっかり出版して、最低5万部のプロセスにある2万部を売れた時点で私の人生はまた変わっていることになります。アイルランドに行ってる9月には今とな違うステージに立っていることでしょう。と言うことは、アイルランドにご一緒するメンバーの方々も同じくステージアップしていることになります。楽しみですね。そのためにも頑張らないとですね。

 そんなとこで、2013年も今日で4分の1。それにしてもこの3か月間は最後の「沖縄」にすべて持って行かれた感じですが、楽しかったな~ってのが正直な振り返り。4月の最初の週は原稿の見直しに費やし、そう言えば、4月7日は九州ベンチャー大学に元オウム幹部の上祐さんが来るので、それも楽しみです。あと、4月3日からまた一週間の滝行に入る予定。なんだか濃い3か月間が始まりそうです。さあ、楽しい妄想しよ。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2013-03-31 23:39 | ■願望実現


b0002156_2112796.jpg 先週の今頃は恩納村のホテルのバーで飲んでた頃だなあ、、、なんて考えると切なくなるね。想像以上に余韻が強烈だったためか、参加者のブログやFacebookなど見てても、ほとんどの人が心は沖縄にあり、じゃないですか。そんな中、ピストン高田のブログがかなりいいです。いつもはネガティブなことばかり書いてるけど、沖縄は本人的にも想定外の楽しさだったようで、文章の面白さからも伝わってきます。沖縄シリーズはまだまだ続きそうですね。ちなみに、今日の写真は久高島交流館の女子トイレの洗面台だそうです。栓のチェーンがなぜかハートマークに形どられてて、他のチェーンも同様だったそうなんで、おそらくはスタッフの心意気かと思われ。昨日の写真の斎場御嶽のハートマークと言い、今回の旅には何かと「ハート」が目に付きました。他には韓国から流れてきたであろう、ハート型の風船が海に浮かんでいたりなど。

 ところで、こうやってたくさんの人を引き連れて、いろんなところに行く企画もすっかり板についてきまして、今年も6月にQ州ツアーやると書いたら、数件の問い合わせを頂いています。週明けには正式な受付をスタートしたいと思っています。Q州ツアーについては昨年と同じく6月と8月の二回やりたいと考えていますので、新規の方もどしどしご参加くださいね。もちろんリピートの方も大歓迎ですが、今後ももっともっと楽しくバラエティに富む企画をしたいと思っています。

 とりあえず今年はアイルランドって大きなツアーも予定されています。多少のお金はかかりますが(それでもすべて合わせて30万円以下)、言うまでもなく金額以上の価値、もっと言うと、お金を出しても得られない体験となることは間違いありません。今回の沖縄にしても、何名かの方が言っておられましたが、このツアーだけはどんなにお金を出しても得られない体験ばかりだ、とのこと。それはQ州ツアーも同じこと。確かに「行くだけ」なら同じ場所をトレースすることはできるでしょうが、いつも言うように「どこに行くか」よりも「誰と行くか」の方がはるかに重要。そしてやっぱり、毎回のこと、一番楽しいのはメンバーとの交流だったりするのです。

 なぜ初対面に近いメンバーとの交流がこんなにも楽しいものか。それは「価値観」を共有しているから。そしてその「価値観」を引き付けるのがこのブログです。このブログを読んで「共感」できなければツアーは厳しいでしょう。もちろんすべてに共感する必要もないですが、コアの部分の共感があれば、すごく楽しくなることは間違いない。なのでたとえば、たまたまこのブログを見つけて、久高島の苗さんのことが書かれてあった。苗さんに会いたいのでツアーに参加します、、、なんて人から今まで数名のお問合せ頂きましたが、基本的にお断りしています。実は毎回のことですが、メンバー自体も本当に微細なバランス関係でお集まり頂いてるようなんです。まさに宇宙的シンクロと言えるような。

 なので、今回も何かとそうだったし、ツアーはいつも楽しいこと、そして不思議なことが起こったりします。今回の沖縄に関しては、やはり天気がそうだったでしょう。神性なるカベール岬に立った時、それまで雨風で身体が冷えてどうしようと思ってたところ、南の空から割れるように晴れ間が広がり、世界で最も美しい夕方を演出してくれました。あの時ばかりは鳥肌が立ちました。苗さんのガイドは3時からスタートしたのですが、雨が降っていたので最初は翌日に延期しようかと話あっていました。だけど、私にはどこか「晴れる」なる確信があり、ツアーを決行。それでも雨がやむ気配はなく、そのまま何も覆うもののないカベール岬に着いてしまった。そしてそこで「亀を呼ぶ儀式」が始まったのですが、ある程度見たらもういいと思ってました。だけど、ピストン高田がなかなか見えないと言うので、長引いてしまったのです。だけど、そこで長引かなかったら、カベール岬で天気が変わる場面に立ち会うことはできなかったでしょう。
b0002156_2115453.jpg

 上のがそのときの写真なんですが、この数分後に本当に晴れ間が広がったのですから本当に不思議でした。そしてそこで感じたのが、やっぱり「祝福されてる」ってこと。と同時にやっぱり「大丈夫」だってこともね。もちろんそもそも人は誰一人例外なく「宇宙」からの絶対的な愛によって守られているのですが、そのことを「体験」として共有できたことは意義深いことだと感じています。そして週明けには早いもので4月がスタートするわけですが、それを境に私はもちろん、メンバーの皆さんの人生が劇的に変わっていくような気がしています。「大丈夫」という事実を実感した瞬間、あらゆるビリーフ、カルマが解除され、本来の自分として生きる準備が整うわけですから。

 そう言えば、私は確かに「天気」には恵まれているようです。昨年7月のQ州ツアーでは、二日目の「天岩戸神社」を参拝しているとき、尋常じゃないくらいの大雨が降って、ペンションまでの道でサンダルを買わなければならないほどだった。だけど、その夜のこと。一通り食事を終えてふと外に出てみると、空に天の川が浮かんでいたのです。流れ星もちらほら。夕方の雨は最後の雨で、それを境に梅雨明け宣言となりました。波動が変わった、と感じたものです。とにかく、いつも何かが起こる。そう考えると、毎回毎回いろんなことがあったなあ、、、と振り返るわけです。

 でもまあ、人生がそうですもんね。何かと奇跡の連続。私の人生を振り返ってみてもそう。昨日読み終えた「愛の宇宙方程式」でも同じようなことが書かれてます。著者の保江さん自身がこれまで奇跡としか思えないような人生を歩んでこられ、さらにいろんな場所を旅する中でも、奇跡的な出会いが連続するなど、とにかく人生を最高に楽しんいるに尽きるのです。

 そして人生の奇跡を体感する唯一の方法は「素直」であること、だと思っています。今回の沖縄で、ピストンが苗さんにあーだこーだと言ってるとき、苗さんが一言。

「素直になりなさい」

 なるほど、人生の真理だと思ったものです。「素直」ってのは、余計な観念やビリーフのない状態のこと。祈ったらどうなる、ではなく、ただ祈る。晴れたからそれがどうした、ではなく、晴れてよかった。祝福されてると感謝する。ハートがどうした、ではなく、ハートっていいよね。起こったことに対して、ただ、感謝する。ただ、素直に受け入れ感謝する。その瞬間に宇宙で起こっている、壮大な物語を感じることができるのです。そしてそれは必然の糸によって意図されたシンクロニシティによって紡がれている。

 う~ん、なんだかいろんなことがわかってきた気がします。頭だけでなく、身体を通して。やっぱり旅はいいもんですね。そんなわけで、花粉もなくなったことだし、これから本格的に楽しくなってきたようです。月曜日から4月。今年はどんなことが起こるのだろうか。今日はこの辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-30 23:39 | ■精神世界


b0002156_0463766.jpg 今、実家から母親が来てまして、ちびQは調子に乗っています。5日間の沖縄から帰ってビックリしたのが、ちびQが普通に箸を使えるようになってたこと。今日のランチは回転寿司に行きました。テレビで見たのか、ちびQがいきなり行きたいと言い出して。結局、いくら軍艦とかっぱ巻きとチョコレートケーキとわらび餅しか食べなかったのですが、どんどん流れてくるのを見るのが楽しかったみたい。ずっとご機嫌でした。「裏側」ではたまにちびQとたくちゃんを登場させてますが、箸でわらび餅を食べるちびQを載せてます。成長って早いな~。

 ところで今日の右上の写真なんですが、昨日の日記と同じ場所です。斎場御嶽から久高島が見える場所。見ての通り「ハートマーク」になってます。そんなところでカップルが手を合わせてるなんて、、、素敵じゃないですか。ここはご縁が成就する場所です。そう決めました。そしてここでハートマークに写真を撮ることができたら、近々、いいご縁ができるのです。楽しいねえ。

 あ、そうそう。話変わりますが、今日は「愛の宇宙方程式」を読み終えました。思ったより怪しくなかった。Maoさんはこの本を4回読んだそうだけど、確かに何度も読みたくなる本ではあります。ここには「UFOの操縦の仕方」が書かれてあります。それはとある物理法則によって動かされます。それがそう、「愛の宇宙方程式」です。って言うか、、、読んでる途中から、自分で書いた文章のように思えてきたりして。本書自体はつい二週間ほど前に教えてもらって、今日、ようやく読み終えたのですが、著者である保江邦夫さんのことは、以前にテレビで見て知っていました。そのテレビ番組は「クイズ紳助くん」で、物理学者の著者ですが、合気道で人をどんどんなぎ倒す企画。その極意を芸人が身に付けて、同じように格闘するって趣旨だったと思います。で、その極意がまさに「UFOの操縦の仕方」にも通じるわけですが、私は以前からこの極意をセミナーで紹介していました。

 先日の「マネービリーフ」でも「0次元につながる」ってワークで取り入れたのがこれ。ニューコードNLPで「Know Nothing State(無の状態)」に入るってワークがあるのですが、目指すところは同じ。ただ、ニューコードNLPの場合は手順がややこしいのだけど、私がそのテレビ番組からインスピレーションを得て活用したワークは実に簡単。数秒で体感できますから。テレビで紹介されてた方法は「アホ」になること。ですが、本書ではもう一歩進んだ考え方として「愛」の力を説いていました。ある女医さんがこの極意を伝授される際、最初は上手くいかなかったのですが、「患者さんに接するつもりで」とアドバイスを受けた途端にできるようになります。愛する我が子を救うために、親はいつでも咄嗟の力を出すことができるのと同じこと。

 昨年末から私もセラピスト活動をしているのですが、養成講座が終わった翌日から合計15名ものセッションをさせて頂きました。もちろんモニターとかではなく、それなりの代金を頂いて。その養成講座の途中で、同じ受講者に終了翌日からセッションをすることを言ったとき、「怖くないですか?」と聞かれました。確かに怖いと言えば怖いですが、でも、大丈夫であることも知っています。セッション中は、目の前のクライアントさんの人生に関わることである以上、どんなことがあっても「利他=愛」の意識でしかいられません。これはキレイゴトではなく、私自身もセッションに入ると完全にそのモードになるからです。そのモードになってしまえば、そこで選択する手段はすべてベスト。これは私の哲学でもあり、経験を通した自信でもあります。

 なので「愛の宇宙方程式」を読んでも、まったく違和感なく理解することができました。人は「愛」とそして「感謝」をモードに入ったときに潜在能力が最大化されるもの。最大エネルギー状態になるもの。そりゃ、UFOだって操縦できるはずです。

 そこで思い出したのが、久高島の苗さんのお話。久高島の本質は「祈り」にあります。「祈り」を語らずして久高島を語ることはできません。そして久高島の祈りには順番があります。普通、神社なので祈るときって、どうしても自分や家族のことを中心に祈りますよね。試験に合格しますようにとか、健康でありますようにとか、誰それと結婚できますようにとか。それに対して久高島の祈りは、まずは自分から一番遠いところから。まずは宇宙に対して祈り、そして地球、世界の国々、日本、住んでる地域、そして友人、家族、最後に自分。2008年に初めて苗さんとお会いして言われたのが、

「いつも誰かがあなたのことを祈っていることをご存知ですか?」

ということ。久高島の人たちは何よりもまず他人のことを祈ります。だけど、よく考えると、私の両親だって間違いなく私のことを祈っています。それは私が人の親になって深く実感できるようになりました。いつも誰かから祈ってもらっている。そんな心強いことってないですよね。それに対して感謝するしかない。

 こんな話するとテクニックぽくって変な誤解する人いそうだけど、宇宙のことを祈るってことは、そのまま宇宙のエネルギーを身に付けることでもあるのです。自分のことだけ祈っていると、そこには自分の力しかありません。他人のことを祈ると、他人の力がそのまま加わります。なので、祈りの対象は大きければ大きいほどいいのです。ただし、それが自然にできなければ意味はありません。自分だけ幸せになりたい。だから宇宙のこと祈る、、、じゃ本末転倒です。久高の人たちは、ごくごく自然に宇宙を祈り、地球を祈り、地域を祈り、最後に自分を祈る。それが習慣化してるわけです。

 余談ですが、今回の苗さんの話は、今まで二度聞かせてもらった話よりも、ちょっとオカルトな内容が含まれていました。つい先ごろ、ロシアに隕石が落ち、その日に小惑星が近づいていましたが、そのことは10年前から知っていたそうです。そしていろんな人にも言っていたとか。東北に地震や津波が来るのも知っていたそうです。そしてそれらは避けることができないことも。ただし、大難を小難にすることはできるかもしれない。そうやって「どうか難が小さくなりますように」としか祈れないんだそうです。もしも誰かがそうやって祈ってなかったら、隕石が落ちた日に地球は小惑星とぶつかって、今頃、人間はいないかもしれません。その辺りは話半分と思いながら、同じようなことを言う人も少なくないので、もしかしたら本当の話かもしれませんね。

 それはともかく、久高島では常に「祈り」がある。だからこそ、あの島に行くと、なんだかわからないけどどこか優しい力、つまり「大丈夫」なる事実に気づかせてくれる何かを感じるのです。今回の旅に参加されたある女性は、ブログの中で次のような言葉を残してくれました。私もまったく同感。ちょっと引用させて頂きたいと思います。

久高島では、
強く清らかなエネルギーを感じながら、
それと同時に自分の未熟さを感じていました。

また普段の生活の中で、
どこか気にしていた小さな心配や不安もあったりしたのだけれど、
久高島で過ごしているうちに、
それらが殆ど必要ないものに思えてきました。

あるのは愛と祈りだけ…
あの島に行ってそれが本当によくわかった気がします。

だからこそ何にも縛られずに自由になって、
自分の引き寄せたいものと繋がることが当たり前に出来るようになるんですね。

それに気付いた時、
そこには全てのものに対する愛と感謝しかなかったです。

そして久高島最後の朝、
朝の海を眺めながらどこか無意識に考え事をしていた時に、
それまで曇りがちだった空から
眩しいほどの光がさしてきました。

その時わたしは、
今この瞬間を祝福されてる!
ただそう思いました。

そこには、
大丈夫。
なんにも心配ない。
そんな風に包み込んでくれる宇宙の愛のエネルギーだけがありました。

(「宇宙と繋がる場所/ココロノオト」より)



 う~ん、じわじわとやってきますね。この感覚なんですよね。改めて今回の旅は本当にいい旅だった。メンバーも最高だったし、天気の面でもドラマチックな演出に満ちて、まさに祝福されてる感があった。そして改めて「祈り」の力を思い出すのです。やっぱり大丈夫みたいです。はい。

 今日の写真の話に戻りますが、斎場御嶽から「ハート形の窓」を通して久高島が見えるなんて、ああ、やっぱり「愛の島」だったんだなあ。愛は与える、感謝は受け入れる。「愛」と「感謝」は同じものを別の角度から見ただけのものであり、「祈り」はそれに息吹をもたらす。祈りとともに生きるとは、愛と感謝で生きること。もう一度言うけど、今回も行けてよかった。そして企画してよかった。まさに感謝しかない。

 そんなわけでして、沖縄から一週間になりますが、まだまだ余韻が覚め止まぬ。だけど、徐々に身体に吸収されているようで、また新たな人生がスタートした実感が湧き出てきました。うん、いい感じだ。また来年も行こう。その前にいろいろと企画していますが、とりあえず次回のツアーは6月にQ州ツアーを考えています。近々アナウンスしようと思ってます。あ、それから4月21日の「婚活セッション」のセッション枠は満員になりましたので、残りはオブザーバー枠にてお願いします。13日に福岡はまだ空いてますし、20日の「マネービリーフ」もまだOKです。てなわけで、何かといい感じです。また明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-29 23:39 | ■精神世界


b0002156_0101972.jpg 先週の今頃はちょうど沖縄の準備をしていた頃。金曜日の早朝に起きて出発。10時過ぎに那覇に着いてレンタカーで浜比嘉島へ下見とか。あれから一週間か。めちゃくちゃ早いなあ。それにしても楽しかった。まだ余韻が強く残っており、Facebook上もにぎわっています。が、、、私を含めてブログの記事がなかなか進まないようで、掲示板への感想もお待ちしてますよ~。とにかく情報量が多すぎて、どう表現すればいいのか戸惑ってるんだと思います。確かに。ただ、一言。楽し過ぎた。ぶっちゃけ、今後、これ以上に楽しいツアーを開催する自信がない。どうしよう。

 ま、これはいつも言ってることではあるんですが、つまりは毎回毎回、楽しさが更新してるってこと。来年もまた開催するつもり。なので早く来年にならないかな~とか思ってるのですが、それまでにもいろんなイベントがありますもんね。まずはQ州ツアーですが、こちらは6月にやりたいと思ってます。できれば8月にももう一回。Q州ツアーと言えば、初日は宿坊で軽くビールや焼酎程度ですが、二日目のペンションではワインやシャンパンをガンガン開けるんです。去年の6月のはすごかった。そして今年9月は何度も言うようにアイルランドです。久高島で飲むスコッチは生れてからこんなに美味い酒飲んだことないと言うほど最高だった。それは酒の味もさることながら、一緒に飲む仲間が最高だから。ただ、その一方で土地には土地の酒の美味しさもあります。

 スリランカにはサトウキビで作ったウィスキーがあって、それがまた美味かった。しかもボトル5ドルだったのでお土産に買って帰ったのですよ。それがまあ、日本で飲むとまずいこと。すぐに捨てました。また、ネパールにはロキシーなる焼酎があります。材料はヒエやアワ。いわば雑草ですよね。でも、それがまた寒い季節にお湯割りで飲むと何杯でもいけるほど美味かった。でも、多分、日本で飲むと激マズなんでしょうね。沖縄で飲むオリオンも最高だけど、福岡や東京で飲むとあれほどの感動はありませんものね。ですので、9月のアイルランドでは、ぜひ、アイリッシュウィスキーとスタウト(ギネスの黒ビール)を堪能したいと思っています。

 アイルランドツアーの見積を取ったところ、予定人数を16人とした場合、若干人数が多いのでB&Bではなく3つ星ホテルになるとのこと。それはそれで毎晩、部屋か共有ルームでギネスやウィスキーを飲みながら熱く語り合えばいい。インドのラダックではそれができない。標高が高すぎてお酒はヤバいから。だけど、2008年に行ったデリー・アグラ・ブッダガヤ・バラナシでは思いのほか、毎日、宿でビール飲んでましたもんね。今年はアイルランド行きますが、来年はインドの予定。そう。できれば毎年どっかに行きたいと思っています。とにかく「楽しい」を基準にやりたいことをやり尽くすのが私の人生の選択。そしてそれは誰もが選択できる道。

 そうそう、昨年7月のQ州ツアーに参加されて、、、見事に「彼女」をゲットしたヒガシ君、あ、ブログで言うのは初めてかな。ま、いいか。彼はQ州ツアー直後から得意の「絵」の仕事が広がるようになり、今回の沖縄でもその直後に奇跡的なご縁があったそうです。それもまた選択なんですよね。自分で「こうしたい」と思ったら、その道、そのご縁が引き寄せられるんです。なお、今日の右上の写真は「ヒガシ君とその彼女」です(Rさん、昨日に引き続きお借りしました)。Q州ツアーで出会いました。さらしまくってゴメン。だけど、私はいつしか「デリカシー」なるものをどっかに落としてきたようなんです。いや、宇宙にお返ししたと言った方がいいかな。ま、いいじゃん。基本的に私はハッピーなのが好きなので、そのおすそ分けっすよ。ハッピーは分ければ分けるほど増殖する。って言うか、私はヒューヒュー言うのが好きなだけなんやけどね。それにしてもハッピーな写真や。場所は斎場御嶽で「久高島」が見えるとこ。ええ写真や。そのヒガシ君はそのときのQ州ツアーを次の一枚に描き切ってくれました。
b0002156_0105114.jpg

 滝、お不動さん、龍神様、ペンション、阿蘇、秋元神社など、Q州ツアーのトピックがほぼ網羅されてますね。なお、中央のワゴン車とそれを追いかける男子の図。これは滝場でトイレに行ってるすきに置いてけぼりにあったスグルちゃんです。なかなかオイシイ体験ですね。

 で、まあ、話戻りますが、人生ってやっぱり「選択」なんですよね。その連続やねん。だからもっともっとやりたいことやって生きようと思います。毎年の海外ツアーなんかも、余裕で開催できますね。ただし、参加基準はやっぱりこのブログに共感してくれる人であって欲しい。久高島の苗さんに会いたいだけなんです、、、なる理由で問合せ頂く方もいらっしゃいましたが、それならば勝手に行けばいいのです。久高島振興会にでも電話すればなんとかなるでしょう。このブログは良くも悪くも、クセが強いと思います。なので、嫌う人はとことん嫌うでしょうが、その逆もまたしかり。価値観に共感する人だけが参加すれば、どうあっても、今回のような楽しいツアーになるんです。と同時に、自分の人生を自分で選択し、そしてハッピーになる人だけとお付き合いできればいいと思っています。

 今まで、もっと行間をあければいいとか、disるのを控えればいいとか、一日の文章をいくつかにわければいいとか、ブログに関するいろんなアドバイスを頂きましたが、そんなのはすべて却下ですよ。私は私の書きたいように書く。それで読む人が読めばいい。ただし、読んだ人がハッピーになるようなことしか書きませんので、そこは自分でも自信を持ってます。これからもガンガンにハッピーになりましょう。で、この写真は久高島の北端にて、亀さんを呼ぶ苗さんとメンバー一同。こんな怪しい儀式もまた楽しいじゃないですか。
b0002156_0133328.jpg

 てなわけで、まだまだ余韻が覚め止まぬですが、あ~っと、、、4月21日の「婚活セッション」のセッション枠が残り一名になりましたし、20日の「マネービリーフ」も残り半分を切ってしまいました。先日の東京よりも出足がいい。ホリエモンも釈放されたし、なんだかいろんなことが始まる予感してます。沖縄ツアーに参加された独身女性の方も、そろそろパートナーが現れますね。断言します。とにかく始まり始まりだと思ってます。この余韻をエネルギーに変換して、もっとパワフルに、そしてハッピーに進みたいと思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-28 23:39 | ■人生哲学


b0002156_1141406.jpg すみません、今日は何もしない一日でした。実家から母親が来るので、そのお迎えくらいかな。外に出たのは。とにかく余韻が強烈で何も手に付かないのです。その点、フリーランスは弱いかな。会社の仕事とかがあったら、嫌でも日常に戻れるのに、私の心はまだ沖縄・久高島に。そう言えば12時間くらい寝ました。昨年、久高島の魅力に取りつかれ、同じくフリーランスと言うこともあり、自由気ままに久高島にすぐに戻った伊藤さん、、、久高島に戻ったはいいものの、宿泊所の久高島交流館の二階でずっと寝ていたそうです。今回、苗さんから同じような話を聞きました。ある女性観光客が、、、同じく交流館の二階から三日ほどまったく出てこないことがあったそうです。何をしてたかと言うと、ひたすら寝ていただけだと。日頃の仕事があまりに忙しかったのか、エネルギー消耗状態でやってきて、せっかく来たのに睡魔に勝てなかったそうな。だけど、そのおかげで完全に充電できたとのこと。寝ることが一番のエネルギー補充であることは、医学的にも証明されています。その意味では久高島で寝るのは最高のエネルギーチャージになると思いますが、、、今回は騒ぎすぎましたかね。それはそれでいいのだけど。

 右上の写真(Rさん、拝借させて頂きました・・・)ですが、個人的に感動した一枚。久高島の交流館から帰りのフェリーまで歩いて向かう途中。私はこのシーンを前方から見ていたのですが、言ってみれば大の大人5人が小学生のように手をつないで歩いている。それもほとんどが今回の旅で初対面のはず。だけど、この島はそんな「少女の心」に戻らせるような、なんだか不思議な空気が流れているのです。誰もが心を裸にできるような。ここからまた新たな自分が産まれるような。やっぱり、また来るしかないですよね。来年もまた企画するでしょうが、ぜひ個々人でもまた来て欲しいと思っています。できれば、素敵なパートナーと一緒にお礼参りに。私も来年またお礼参りできるよう、今年は本を産むことを実現します。

 とにかくいい旅でした。フェイスブックの「宇宙となかよしツアー」の秘密グループ内では、いろんな写真がアップされているのですが、その大半が久高島の写真。それだけ印象的だったんだろうなあ。そしてとにかく緑がきれいだった。島に到着した午後三時の時点では雲も厚くて、決していい天気とは言えなかったけど、四時くらいから晴れ間が見え始め、完全に太陽が姿を現した瞬間、泣きそうなくらい感動しました。ああ、祝福されてるんだって。雨上がりの大地に光る緑の美しかったことと言ったら。。。
b0002156_11372564.jpg

 それから、太陽が出てきた瞬間のシルエット三連続をお届けします(コーヤさん、出演者の皆さん、拝借させて頂きます!)。
b0002156_1138269.jpg

b0002156_11381688.jpg

b0002156_11383363.jpg

 なんだか心洗われるようなシーンです。でも、そう言えば、どっかで見た景色でもあります。そう、アイルランドがちょうどこんな感じです。アラン諸島はイニシュモア島にある「ドン・エンガス」って絶壁の土地がこんな感じ。もっと雄大ではありますが、空の感じもよく似ています。ドン・エンガスは2500年ほど前に宗教儀式の場だったそうで、UFOが来てもおかしくない土地。

 何度かこのブログでも言ってると思いますが、私は基本的に宇宙人やUFOは「いない(認識できない)」という立場を取っています。空想や伝聞だけで「いる」と断定できるほど気が強くはないので、ある程度のリアリティをもって見るまではその立場を貫くことでしょう。だけど、、、どっかでいたらいいなと思うし、いるんじゃないかと期待してる気持ちはあります。今回の久高島でこんなシーンを見せられたのだから、、、やっぱり呼ばれてるかもしれない。9月のアイルランドはイニシュモア島のドン・エンガスに。もしそこでUFOを見てしまったら、、、人生観を根底から覆されてもいいです。UFO論者になることにやぶさかでもない。

 実は今回の沖縄ツアーに出る直前、アウルズ・エージェンシーの下野社長から一冊の本を紹介してもらい、その場でスマホからアマゾンで注文していました。それは保江邦夫著「愛の宇宙方程式」。まだ読んでないのでこれから読むところですが、保江氏のことは以前から知っていました。そして保江氏のメソッドから「0次元」につながるワークを開発したことは、先日の「マネービリーフ」のセミナーでお話した通り。その保江氏ですが、本職は正真正銘の物理学者。だけど、物理学者を志す理由となるのが「UFOを操縦したいから」だそうな(元は天文学を学んでいましたが)。

 だからこれも何かの導きなのかな。上のシルエット写真は私も大好きな場所。2007年に初めて久高島を訪れたとき、そこから撮った写真を結婚式のエンドロールのトップに用いました。それくらい思い出深い場所でもあり、そしてそこは苗さんいわく、メッセージボードの場所だそうで。そこに立つとお魚や亀さん、鳥たちがいろんなメッセージを伝えてくれるところ。もしかしたらUFOにも、、、きっと苗さんはお会いしてると思うのです。Maoさん、、、どうですか?

 そんなわけで、とにかく何かと不思議な気持ちにさせてくれる島です。そしてそろそろ、、、9月のアイルランドにも焦点が定められてきました。ドン・エンガスで15~6名のメンバーがめいめいにUFOと対話してるシーンが浮かんできました。こちらがドン・エンガス(英語サイトから取ってきました)。ヤバいでしょ。
b0002156_11385444.jpg

 そろそろ出動したいと思います。まずは「愛の宇宙方程式」を読んでから、本を産み出す作業の続き。原稿はある程度上がっているので、何度も何度も納得するまで書き直すのみ。進め、進め、進め。ではまた明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-27 23:39 | ■精神世界


 ああ。3日間のツアーも終わり、いろんな意味でホッと解放されたものの、これからが大変なんだろうな。強烈な余韻がボディブローのように効いてきて、しばらく立ち上がることができるものか。だけどすることはたくさんある。立ち上がって前に進もう。とにかくエネルギーが強烈過ぎて、吸収し終えるまでに時間がかかるだけのこと。そしていろんな「気づき」もあり、それをブログに落としていくプロセスで吸収効果も高まっていくんだと思います。とにかく強烈でした。そして最高のツアーでした。

 さて、今日は福岡に戻る日。3時過ぎの飛行機なのでそれまで時間があります。お土産の「もずく」を買いに公設市場に行き、二階に上がると「骨汁」なるものが目に入り、さっそく注文。かなりのボリュームではあるのですが、食べるところはさほど多くはありません。骨にくっ付いた肉とスープがメインで、当然のことですが、その部分は美味いに決まっています。
b0002156_14181423.jpg

 その後はメンバー3人と合流して再び公設市場へ。ここには沖縄の食材がすべてある。やっぱりここだよね。運転などもあったのでツアー中はできなかった昼ビールを楽しみます。二杯も飲むと完全にほろ酔い状態。疲れも重なって空港までのモノレールでは朦朧としていました。空港チェックイン後は紫いもアイスを食べてシャキッとしてからいよいよ搭乗。金曜日の「宇宙となかよし塾」から4泊5日の沖縄とお別れの時間がやってきました。

 機内でも本も読めずに熟睡し、気が付けば福岡空港着陸のアナウンスが。福岡はまだちょっと肌寒いかな。無事にお家に着いて、子どもたち抱きしめて、これにて沖縄ツアーの全行程が終了しました。だけどFacebookを見ると、、、「宇宙となかよしツアー」なる極秘グループがあるのですが、次々と写真やコメントがアップされていて、いつまでもメンバーと旅を楽しんでしまう始末。今回の台風の目だったピストン高田もブログをアップしていて、笑えるくらいに無駄な情報が多い。タイトルにもあるように、彼は「こだわり」が人生なんだ。普段のブログでは「生きるのがつらい」とかばかり書いていて、もしその「生きづらさ」の原因に数々の「こだわり」があるのだとすれば、じゃあ、どっち取る。ピストンは「こだわり」を取ると言うのです。つまり人生が生きづらくとも、「こだわり」を捨てるくらいなら、生きる意味などないと。

 いつかのブログでも「こだわりを捨てると人生が楽になる」と書いたと思いますが、楽になる必要などない人生もまた人生。彼は特に「頭の中の女性」を18歳から追い求めていて、その女性と結ばれるに値する男になれるよう、ガチガチに肉体を鍛え、そして新たな資格に挑戦するなど、とにかくこだわって、こだわって、ストイックに生きています。久高島の夜、苗さんとの話にも何度も割り込んで、そのこだわりを披露し続けるのですが、それでもう全員がわかりました。確かに誰もが一つや二つ、それ以上にも「無駄なこだわり」を持って生きてはいます。もちろん「無駄」かどうかは自分ではわかりにくものですが、人から指摘されて自覚することもよくあるでしょう。私は昔、「男は革ジャン」と思ってる時期があり、20代後半までは冬は革ジャンをよく来ていました。付き合い始めた彼女(ツレ)がダウンを買ってきて、それを着ることで「軽い」ことに気が付き、そこで革ジャンのこだわりがなくなりました。

 ピストンはとにかく、「こだわり」の塊のような人間なのです。そんだけこだわりがあったら、そりゃ、生きにくいだろうと思うのだけど、それを選ぶのもまた人生なんでしょう。でも、その辺に対する共感なり、憧れも実はないわけじゃありません。自分の人生を犠牲にしてまで「こだわり」にこだわる。そんなマッチョな人生もまたカッコいいじゃないですか。誰もが多少は持つ「無駄なこだわり」を一身に背負って生き続ける男の姿。いいじゃないですか。

 それから、ピストンの口から興味深い発言が登場しました。「ジブンは苗さんの正当な後継者だ」と言うのです。なぜなら、生き物や自然に対する姿勢が自分とそっくりだと言うのです。確かにそれは感じました。これほど自分の感性と共通する人と出会ったのは産まれて初めてなんだそうです。もしかして、と思います。もしかして、、、ピストンの「頭の中の女性」の正体は、、、「苗さん」なのでは、と。もちろんピストンはそんなこと言ってません。だけど、もしかしたら若い頃の苗さんは、ピストンの理想とする女性なのかもしれません。今でも魂のレベルで響き合っているようですし。なので、「頭の中の女性=(若い頃の)苗さん」と言うオチにさせてください。はい。

 それからもう一つ。その夜のスコッチタイムでのこと。ラフロイグ30年やグレンフィディック30年を「手酌」でぐいぐい飲む世界一贅沢な席でのこと。Maoさんはそのような場には入らず、苗さんが帰った瞬間から「個人セッション」を開始されていました。ハイヤーセルフからのメッセージを伝えるセッションです。まずは「肉食のYさん」のセッションが始まったな~と思ってたら、シャワーを浴びてスコッチタイムに入ってもまだ続いていました。一時間以上は続いています。Maoさんはずっと同じトーンで淡々とセッションを進められます。ちなみにMaoさんは地元の雪のせいなのか、初日から喉を壊した状態で参加され、今回は「しゃべるな」とメッセージかと言いながらも、ささやき声ながらもいつも以上にしゃべりまくっていました。声がささやきなため、いつも以上に集中して耳を傾けてしまう。ほとんどの女性が私よりもMaoさんとたくさんしゃべっていたことはいつものことです。

 Yさんの後も延々と予約が入っていて、2時間、3時間、4時間と冗談抜きに同じトーンでセッションを続けておられるのです。ハイヤーセルフとつながってるから疲れないのかな。そして一通りのセッションが終わってからいよいよピストンの出番です。見たところ、いつもよりもつながるのに時間がかかっているようでした。そして驚きの事実が判明しました。なんとピストンは、、、中学生の頃から「宇宙人」にウォークインされてるそうなんです。もちろん今もピストンの中には宇宙人がいます。その宇宙人はピストンの身体を使って「3次元の男性」を満喫するために乗り移ったとのこと。なので、男性らしくガッチガチに肉体を鍛えるし、手の届かない理想の女性を「馬のニンジン」のように目の前にぶら下げ、ただひたすら走らせるだけの人生を歩ませていたのです。ハッキリ言います。もう、、、着いていけませ~ん(笑)

 それを聞いたピストンは何と言ったか。前々から気がついてはいましたって。いよいよ着いていけませ~ん。そこでいよいよ、その宇宙人に出てきてもらうセッションに突入しました。メンバーの一人である女性チャネラーさんにもヘルプを求めていましたが、「もう着いていかれへんわ」と断ってました。そりゃそうだろ。我々一同は、数名の寝ている人たちを残して、夜の海岸に歩き始めました。宿舎のロビーにはMaoさんとピストンだけが対面して残っている異様な状態で。もう一度言います。もう、着いていけませ~ん。

 夜の海岸を楽しんだ後、宿舎に戻りすぐに就寝。翌朝、ピストンに顛末を聞いてました。どうやらMaoさんはピストンにウォークインしてる宇宙人にお願いしていたそうです。「もう少しおさえてくれ。ピストンの身体もそろそろ限界だから」、と。一応、宇宙人は了承したそうで、ピストン自身も「Maoさんのおかげで楽になりました~」と言われていました。もう一度言います。もう、着いていけませ~ん。

 それが久高島での出来事。ハイライトだらけ。3時から苗さんのガイドによる久高島ツアー。最初は雨風が心配だったものの、途中から劇的に晴れるドラマを体験。最初から晴れてるよりも、あの演出は感動的でした。夕食後は宿舎で苗さんのお話を伺い、それから一本10万円はする高級ウィスキーでのスコッチタイム。隣ではMaoさんが次々とハイヤーセルフのセッション。そのうち、私たちは高級ウィスキーを手酌でグビグビ飲み始め酩酊状態。月明かりの海岸で人生を語ったと思いながら、宿舎では宇宙人と会話する人がいた。いったいなんだったのだろうか。あの空間は。

 まあ、そんなわけで、めちゃくちゃ怪しい時間が過ぎ、、、今、ようやく福岡に帰ってきたのですが、これを一言で言うとこうなります。やばい。私の情報処理能力をはるかに超えてしまっていて、整理するのにももう少し時間がかかりそうです。

 そしてしても、やっぱり「旅」は「どこに行くか」よりも「誰と行くか」ですよね。とにかく今回のメンバーも楽しかった。濃かった。濃すぎた。いつも言ってることかもしれないけど、毎回、毎回、史上最高のツアーとなり、今後、これを上回るツアーを開催する自信がない。とか言いながらも、それでも史上最高が更新されるもんだから、、、やっぱりツアーはやめられないかな。今のところは。長い冬も終わり、これからQ州ツアーを始め、いよいよシーズンがやってきました。沖縄はおそらく来年もやるでしょうが、これからはQ州ツアー、そして9月はアイルランド。出雲も検討しています。また、どんなメンバーが集まり、そしてどんなドラマが繰り広げられるものか。楽しみです。てなわけで、沖縄ツアー自体は今日で終わりましたが、これからいろんな気づきがやって来るんだと思います。それではまた。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-26 23:39 | ■旅・ツアー


 三日目です。昨日は寝たのが3時過ぎ。さすがに5時に起きられず、お日様が登るまで寝ていました。8時から朝食。それぞれめいめい食事して島を散策。自転車に乗ったり、徒歩で海岸や礼拝所に行ったり。天気も素晴らしくいい。私はブログ更新。
b0002156_10184952.jpg

 さて、いよいよですね、、、寂しい時間が近づいてきました。11時のフェリーに乗り、久高島を離れます。ジェットコースターのような高速船に乗り、本当に到着。3台のレンタカーに乗り込み、首里城公園の駐車場へ。今回は総勢21名。最初は多すぎるかな~と思ったけど、何の問題もありませんでした。移動の伴うツアーは8台乗りワゴン2台の16名が限度と思っていましたが、キャンセル待ちが4名、5名と増えてしまい、その分プレッシャーが。何とか増やせないものかと各所に確認の上、増員決定。最終的にキャンセル待ちゼロの状態で開催させて頂くことができました。そしてふたを開けてみると、誰一人として欠けてはならないベストメンバーだったことがわかります。

b0002156_10192733.jpg それにしても盛り上がりました。大半が「初対面」だったと思うのですが、大昔から仲良しだったかのような雰囲気。いつも笑い声が響いており、だからこそ、、、この瞬間を迎えるのが辛いのです。首里城公園の地下の一角に集まり、「解散」を迎えます。このままあっさり散らばることはあり得なく、いつまでも手を取り合って別れを惜しむ姿が。でも、ツアーはこれで終わりましたが、仲間としての付き合いは始まったばかり。来週、、、東京ではさっそく集まりがあるようです。

 今回の男性参加者は5名でしたが(私含む)、とにかくキャラが立っていた。ピストン高田やMaoさん、ヒガシくんはこのブログにも何度か登場してると思いますが、もう一名、青森から高級スコッチを手に参加されたコーヤさんは、私自身がファンだったのもあり、沖縄ツアーでの再会を本当に楽しみにしていました。そして案の定でした。他のメンバーも一気にコーヤさんのファンに。男が惚れる男。女性からモテないはずはない。今後はコーヤさんの東京出張のたびに飲み会が開催されることでしょう。そしてコーヤさん、次はアイルランドです!

 とにかく本当にいい旅だった。こんなすごいツアーは世界中どこ探してもないと自負したい気持ちを許して欲しいほど素晴らしい3日間でした。そして別れを惜しみつつ、中には涙ぐむ方もいらっしゃいながら、、、だけど、仲間としての付き合い始まったばかりです。そしてもう一つ。今回のツアーに参加された方は、、、これからどんどん「いいこと」が起こり始めます。そしてさっそくその「いいこと」が起こりました。

 ツアー解散後、21名中13名でオプションツアーに入ります。レンタカーを返すまでの道で南部をちょっと探索する。昨年は「平和記念公園」でしたが、今年は「ガンガラーの谷」に行きました。17,000年前に生きていた「湊川人」が発掘されたことで知られる現場。今では立派な観光コースになっています。

 そのツアーに入る直前、メンバーの一人が何やら涙ぐんでいます。電話で素晴らしい知らせを受けたとのこと。今回の沖縄ツアーにはずっと参加したいと思いながら、ようやく今年に参加できる運びになったのですが、その方にはちょっとした心配事があったようです。そんな気持ちで参加していいものか。楽しめるだろうか。そんな迷いもありながら、それでも自分の気持ちを優先して参加。そして三日目の今、その「心配事」がゼロになる知らせを電話で受けたとのこと。もちろんそのこととツアーとは何の関係もありません。だけど、あえて「引き寄せの法則」から説明すると、やはり、ハッピーな波動にはハッピーな現実を引き寄せるのです。沖縄ツアーに参加することを遠慮して、変わらぬ現実にただモヤモヤしてても何も始まりません。何も産みだしません。その「心配事」の現実がどうなろうと、自分のしたいことを優先してただ楽しむ。楽しいこと我慢してもしなくても、現実を動かすことができないならば、だったら楽しいことした方がいい。

 「心配事・悩みがあるのに楽しんではいけない」、、、なる気持ちも立派なビリーフであり、そうである以上、「楽しい」なる現実が引き寄せられることはありません。もちろん今回のケースはたまたまタイミングが合っただけの話で、そこに関連性を見つけることはできませんが、それでも「楽しい」を優先した事実もまた事実です。「楽しんではいけない」なるビリーフから完全に解放されたら、残るのは「楽しむ」ことだけ。そして今回はたまたま心配事が消えたのでしょうが、これは私たちに一つの「象徴」を見せてくれたと思っています。その方にとっては最高の出来事だったでしょうが、それは他のメンバーも同じこと。これからますます「いいこと」が起こることを期待させる、最高のギフトだったのです。沖縄の久高島のエネルギーなどと言わずとも、ただ、最高に楽しい時間を過ごすことができた。それは「潜在意識」にしっかりと刻み込まれて、これから先も楽しいことがどんどん起こり続ける。そんな確信をしています。

 そしてもう一つ。レンタカーを返して那覇の国際通りに向かいます。7時に待ち合わせて飲み会。その待ち合わせのとき、またしても涙ぐんでいるメンバーが。つい先ほどメールをチェックしたら、数年来の希望が叶った知らせを受けたと言うのです。何度も言いますが、そのことと今回のツアーとは何の関係もありません。だけど、一日に二回も「奇跡」を見た事実は、宇宙レベルから大きなギフトを私たちに与えてくれたとしか思えないし、少なくとも私はそう思っています。なのでもう一度言います。これから先、どんどん「いいこと」が起こることでしょう。こんなハッピーな気持ちをしっかりと身体に刻み込み、自宅に戻ってからは多少の「抜け殻・廃人」を味わいつつも、だからこそ何か新しい展開が期待できるのです。

 それにしても楽しかった。すでに「来年も参加します!」なる声もあり、もちろん来年はどうなるかわからないながらも、多分するだろうなあ。そして次回も久高島に「お礼参り」をしなければならないので、私はまず「本を産む」ことに注力して、今回のテーマである「産み出す」ことをしっかり果たしたいと思っています。いよいよ新しい展開です。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-25 23:39 | ■旅・ツアー


 目が覚めると、まだ若干昨日のお酒が残っているような。朝食を食べて何とか抜けた感じにはなりましたが。天気も今一つかな~と思いながら心配なのは久高島へのフェリー。港に電話してみると、通常通りと聞いてホッとします。
b0002156_1017245.jpg

 ホテルは10時にチェックアウト。車でランチの「海日和」に向かいます。去年と同じとこで、メニューも去年と同じ海日和御膳です。外は土砂降り。ゆっくりとデザートやコーヒーを楽しみながら、そう言えばメンバーは完全に打ち解けていました。Maoさんは相変わらず、ハイヤーセルフとのチャネリングセッション(笑)
b0002156_10173036.jpg

ランチ後はお約束の「斎場御嶽」ですが、その頃にはなんとか小雨。向うに見えるのは久高島。いよいよだぞ~。
b0002156_10181069.jpg

 天気はまだ回復しませんが、定刻通りにフェリーに乗り込みます。この時点でなんだかホッとしますよね。あ~、今年も久高島に呼んで頂くことができたって。
b0002156_10184530.jpg

 島に到着すると久高島の宿泊施設さんがお迎えに来て頂いていました。そして一年ぶりの再会、真栄田苗さんも。宿に荷物を降ろして部屋割り。雨足はまだ弱まらず、「明日にしましょうか・・・」とのご提案を頂き、予報では明日から晴なのでそれもアリかと思いながら、、、「やっぱり、今からお願いします!」とすぐに決行。私は何度も言ってました。間違いなく晴れる、と。いくつかの拝み場で説明を受けながら、最北端のカベール岬。雨は少なくなってきたけど、いかんせんの強風で身体が冷える。う~ん、風邪ひかなければいいけどな~。
b0002156_10192648.jpg

 そして今年も亀さんとご対面。ピストン高田はなかなか見つけることができずに、岸のギリギリまで近づきます。
b0002156_1020571.jpg

 苗さんが言うのは、自然は警戒することもあると。亀さんも最初は私たちの様子を見て、姿を現そうかどうか迷っているとか。もし、「合わない」と思ったら、そのまま海の中に沈み、姿を見せることはない。逆に姿を見せられたということは、私たちは歓迎されている証でもあるのですピストンもようやく亀さんと対面することができ、その後は何度も何度も姿を見せてくれました。ここで「亀」を見ると、その分だけお金に恵まれます。亀の頭に乗っているかのような岩。ちょっとエロイね。
b0002156_10221471.jpg
 
 そうこうしていると、南の空がどんどん明るくなっているではないですか。よしこい、太陽さん。
b0002156_10223917.jpg

 晴れました~!思った通り。ここは久高島一のビューポイント。この画像は私の結婚式のエンドロールのトップに用いました。思い出の場所。帰ってきたよ。
b0002156_1023775.jpg

 テンション上がってきた~!
b0002156_10233363.jpg

 愛がさんさんと降り注いでいます。皆さんは心がきれいですね、、、苗さんの談。
b0002156_10235769.jpg

 月桃の花。いい香りがしました。雨上がりに生き生きしています。
b0002156_10241950.jpg

 さて、ここは久高島のメインとも言える「縁結び」の場所。私は昨年、次男との「縁」を頂きそのお礼。昨年も参加されたメンバーの中には「彼氏」ができて、そのお礼を兼ねて今年も参加されました。その「彼氏」も同伴で。すべては神の采配。いいご縁をお願いし、頂いたらお礼を言わないとですね。私は今年、本を出したら来年もまた企画しないとですんね。お礼も兼ねて。ピストン高田は「頭の中の彼女」と出会えるよう、真剣にお願いしていました。
b0002156_10245784.jpg

 あっという間の3時間。夕食後、昨年と同様、苗さんとのお話会。一時間半もお話を頂き、いろいろと気づきがありました。このお話は録音しましたので、メンバーには後ほどお送りしたいと思っています。そしてその「気づき」についてはまた追々ブログに書きたいと思います。

 で、シャワーを浴びて、いよいよです。スコッチタイム。ラフロイグ30年、グレンフィディック30年、その他。筆舌に尽くしがたい感動。バーで飲むとワンショット一万円はあろうか。ボトルで買っても10万円。お金の話ばかりしてごめんなさい。だけど、それほど貴重なお酒なのです。コーヤさん、ありがとうございます。とにかく、幸せすぎる。
b0002156_10252618.jpg

 楽しい時間がどんどん過ぎていく。0時を過ぎてもお開きになる様子もなし。そして高級ウィスキーも手酌状態に。外で踊ってるメンバーもいる。そしていよいよピストン高田へのMaoさんセッション。「頭の中の彼女」の正体とは。。。
b0002156_10255465.jpg

 驚きの事実が判明するものの、もう、ついていけませ~ん。どん引き。私のキャパを超えました。二人をこのまま部屋に残して、我々一同は海岸へと向かいます。そこでラフロイグをラッパ飲みして締めくくり。最高だね。ありがとう。海岸は月明かりだけの幻想的な雰囲気。この時間が永遠に続けばいいな~と願いながら、気が付けば3時前。人生は素晴らしい。明日に続きます。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-24 10:14 | ■旅・ツアー


b0002156_9132860.jpg 昨日の前夜祭の酒も抜けて快適な目覚め。今日から2泊3日の「宇宙となかよしツアーin沖縄」がスタートします。沖縄は今年で二回目。昨年の16名に対して、今年は21名の大所帯になりますので、どうなることやら。外はすごくいい天気。10時に宿をチェックアウトして空港へ。いよいよツアーメンバーとの対面です。正午、那覇空港の特別室「ゆうな」に集合。説明と自己紹介タイム。今回はこのメンバーでどんなドラマが繰り広げられるのだろか!

 今回の旅のテーマは「産みだす」。結婚、出産などの文字通りの願いもあれば、ベストセラーを産みだすなど、いわゆる「願望実現」も含まれ、今回の旅はそのような意味での一種のキーポイントになることでしょう。ちなみに特別室の「ゆうな」とはオオハマボウという植物のことで、皇室のアイドル・佳子内親王のシンボルでもあります。そして一説によると、「子ども産みだす」なる意味があるそうな、とのメンバーの談ですが、偶然にも「ゆうなの間」に集まったのは今回の旅のテーマに関する「前兆」を感じさせるに余りあるシンクロ。
 
 この後、レンタカーの乗り込み、一同、何でも願いが叶う島・浜比嘉島に向かいます。最高のお天気。いよいよ南国に来たって感じですね。今回は半分が沖縄初めて。毛穴が広がります。到着するとさっそくお話をお伺いします。斎場御嶽より500年早い霊場でもあり、割と最近一般開放されたそうです。確かに斎場御嶽に似てますね。「ミルク門」と呼ばれる異次元への入り口。
b0002156_9135088.jpg

 様々な模様が浮かび上がる鏡岩。何が見えるかな。
b0002156_914458.jpg

 その後は自由時間となり108の階段を登って鍾乳洞の中に入ったり、ニライカナイに通じる展望台に登ったり。
b0002156_9142017.jpg

 いい汗をかき、みんなでかき氷(沖縄ぜんざい)などを頂きました。
b0002156_9143899.jpg

 ついに登場。ピストン高田。あまりにも気持ちがよく、大地と一体化しています。
b0002156_9144999.jpg

 さて、今回はMaoさんをはじめとして、「あっちの世界」とダイレクトにつながっている人がメンバーの中に数名いらっしゃいまして、車の中でいろいろと興味深いお話を聞かせて頂きました。浜比嘉島でお話を伺っているときなど、どうも神様の姿が見たらないと言うのです。それは確かに神様の通りをお清めするために塩や酒がないことからもうかがえます。そして本来、神様がいる場所に水晶やアメジストをわざわざ配置してるのも不自然なことだ。おじいのお話にもちぐはぐなところがある。そこへきて、一匹のちょうちょうがある方向を示します。あ、そうか。神様は向うにいらっしゃるのか。それはなんと、霊感の強いメンバー間で一致する見解でした。なんだ、、、このツアーは。つまり結論。現在、浜比嘉島には神様はいらっしゃいません。「願い」を直接神様に届けることはできなかった。では、どこにいらっしゃるのか。そう。久高島においでになってるとのこと。つまり、私たちが明日行く場所ですよね。浜比嘉島に来たのは、皮肉にも「神様はいらっしゃらない」ことを知るためだった。この願いは明日の「久高島」に届けられるのです。展望台から前方に久高島が見えます。待っててくださいね!
b0002156_915633.jpg

 そんなとこで、浜比嘉島を後にして、恩納村のホテルへと車を走らせます。6時に到着しチェックイン。部屋に荷物を置いて、本日のバーベキュー宴会に突入です。飲み放題、食い放題。こんな感じのホテルです。
b0002156_9152561.jpg

 とにかくも、飲んで食ってしゃべって、しゃべって、しゃべって。外は暖かい風が吹いています。コーヒーを持って外でまた語って、語って、語って。そして波の音に誘われ砂浜に近づく一同。靴を脱いで足を付けると、、、ちょっと冷たくて気持ちがいい。そのとき、突然、ピストン高田が走って来ていきなりパンツ一枚になり海にダイビング。覚醒した。さらに「パンティストッキングを破り捨てて海に走る女」も登場し、大狂乱の場へと突き進みます。写真右のプロレスラーのような男がピストン高田です。
b0002156_9174192.jpg

 あ~、腹いて~。笑い過ぎて。その後はさらにバータイムで熱い語りが繰り広げられるのでした。
b0002156_913765.jpg

 明日に続きます。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-23 23:39 | ■旅・ツアー


 沖縄にやってきました。朝8時過ぎの那覇行。那覇に降りた瞬間、毛穴が広がる。汗が噴き出る。そして呼吸が深くなる。花粉の季節ってのは、どうも無意識に呼吸が浅くなってるようで。なるべく花粉を吸い込みたくないとの反応で。それが沖縄に来ると花粉がないものだから、思いっきり呼吸できるんですよね。素晴らしい。花粉の季節はいつもストレスだけど、これからどんどんリラックスモードに入って加速しますよ。

 そしてさっそくレンタカーで北上します。今回のツアーで訪れる浜比嘉島へ。やっぱり初めての場所は下見しないとね。と言うか、単に早く沖縄に行きたいだけだってりして。高速に乗り一時間半で到着。浜比嘉島は同じく今回のツアーで訪れる久高島とも関係が深い。ニライカナイ(いわゆる「あの世」)にいるアマミキヨとシネリキヨという神様が国造りのために最初に降り立った地が久高島。そこから斎場御嶽をはじめ七大御嶽を造りながら、最終的に浜比嘉島に移り、そこで三男二女を産み、亡くなるまで暮らしたそうな。浜比嘉島には二神が暮らした洞窟(やった洞窟←すぐこんな連想をする・・・)やお墓があります。つまり、琉球の歴史は久高島から始まるけど、人々が増え始めたのは浜比嘉島から。なので、この島は「産み」の島なんです。実際、子宝信仰なども強く、そこから「何でも願いが叶う島」と言われるようになりました。

 今回のツアーは「産む」がテーマ。突然テーマとか出てきましたが、ようは願望実現ですね。文字通りに結婚・出産の願望があってもいいし、私は「ベストセラーを産む」って願望があります。人それぞれで「産む」をテーマに楽しみましょうやって趣旨です。ま、とにかく本番は明日。詳しい説明をしてくれる方も現れ、下見しといてよかったな~と思う次第。こちらが「ニライカナイ」が見える展望台から。
b0002156_7594446.jpg

 この壁はちょっとハンパないパワーなんですが、写真を撮るといろんなものが見えてくるとか。この写真は若い女性だそうな。うん、確かにそう見えなくもない。
b0002156_80034.jpg

 そう言えば飯食ってなかったので、露店みたいなとこでソバを食らいました。美味い。
b0002156_801332.jpg

 そして5時には那覇市内の宿にチェックインし、そのままタクシーで本日の「宇宙となかよし塾」の会場へ。今日は15名と少な目ではありましたが、濃厚なセミナーができたと思います。先日の「マネービリーフ」の資料を使いながら、対話を進めつついろんな話をさせて頂きました。ぶっちゃけ、今日のセミナーはかなり価値高いと思いますよ。私のセミナーは基本的に録音OKですが(セッションはNG)、ウォークマンとカセットテープで録音される方がいらっしゃるとは驚き。今日日スマホで簡単に録音できる時代に。いいもの見させてもらいました(笑)。参加者の皆さんにもご満足頂けたようで、その証拠に本が売れ、写真と握手を求められました。よかった、よかった。

 その後は明日のツアーに参加される二名の方と前夜祭。しゃべった後のオリオンビールは最高。閉店まで熱く語り合いました。濃かった、濃かった。そんなわけで、いよいよ沖縄の旅がスタート。どんな「伝説」が産まれるやら。楽しみで血が逆流するう~。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-22 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン