宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2012年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 実を言うと、今回の東京出張で、30日月曜日に帰宅するはずだったのです。なんですが、間違えて「31日」で飛行機を予約していて、それに気が付いたのは3週間ほど前でキャンセル料4,000円かかる時期でした。だとすれば、30日月曜日は無理やりにでも用事を作る方がよくて、そこにセミナーエージェンシー訪問と伊藤さん・キャシーさんとの飲み会が入ったのです。「空白」が埋まる原則が見事に活用されています。そしてこの日のことは、今後の私にとっても極めて重要となるものでした。

 昨日は寿司を食い始めたのが19時過ぎ。寿司はゆっくり食べれるので、割とお腹いっぱいになりやすい。しかも美味しい。21時にはもういっぱいになって、あとは23時過ぎまで3人で日本酒を飲みまくっていました。やっぱり日本酒なんですよね。私は全然詳しくないけど、美味しい日本酒は本当に美味しい。だけど場所も大切。九州に住んでいると、酒と言えば焼酎だし、どうも日本酒が美味くない。だけど以前、仕事で新潟に行った時、居酒屋で日本酒を飲んだのですが、ぶったまげました。九州でどんなに美味しい焼酎を飲んでも、これ以上に感動することはない。だけど、米どころ新潟の居酒屋で飲む日本酒は、慣れてないのもあるでしょうが、完全に想像を超える美味しさだったのです。やっぱり「日本酒>焼酎」ってのは真実なのだろうか。

 そう言えば沖縄のオリオンビールもそう。沖縄の甘くて生温かい風を感じながら飲むオリオンはめちゃくちゃ美味いのですが、福岡で飲むとどうにも薄いだけ。泡盛はそこそこ美味いけど、だけど沖縄で飲む泡盛は最高。アイルランドで飲むギネスやウィスキーも最高。以前、スリランカでサトウキビのウィスキーを飲んで、とても美味かったので日本に買って帰ったのだけど、それはもう劇マズでした。やっぱり土地のものは土地で食べたり飲んだりするのでいいのでしょうね。

 そうそう、沖縄と言えば、3月16日(金)に「宇宙となかよし塾in沖縄」を開催します。受付開始してたけど、積極的にアナウンスしてませんでした。もう満員ですかと問合せがありましたが、まだ大丈夫です。だけど今回は定員24名と少なく、すでにたくさんのお申込みを頂いてますので、もうすぐ満員にはなるかもしれません。本当はもっと広い部屋がよかったのですが、すでに空いてなくてですね。「てぃるる」って施設が便利なので、そこしか調べてはいませんが、皆さんの顔見ながらじっくりやるのもいいかな。沖縄でしゃべるのは2年ぶり。旅行では昨年、石垣島に行きましたが、本島も2年ぶりですね。

 で、今回は「宇宙の流れに完璧に乗る方法」ってテーマでお送りしようと思っています。ここ最近、自分でもビックリするくらい加速してまして、完璧に流れに乗ってる感じなんです。例えば今回、30日に帰るはずが、間違えて31日に飛行機取ってしまってて、それがまた、完全に結果オーライになる。もし、金曜日に発って、月曜日に帰るはずだったらどうなっていたか。そもそもこの「月曜日」なる空き日程があったからこそ、出版エージェンシーに企画書を送付できた。お会いしたのは金曜日になりましたが、月曜日は結局、セミナーエージェンシーを訪問し、さらに伊藤さんやキャシーさんと飲むことができた。よくぞおっちょこちょいで間違えたものです。

 それ以外にもいろいろ。そして今後、とんでもない展開が待っていそうで、血が逆流するほどワクワクしています。3月の沖縄ツアーでは、何かまたとんでもないことが起りそうな予感。と言うか、私のツアーっていつもとんでもないことが起るんですよね。みんながみんなじゃないかもしれませんが。今回の熱海でも、人生レベルの出会いがあったと言う人もいたし。とにかくつかんでしまえばいい。終わったことですが、熱海だって、やっぱり迷った人たくさんいたと思うのです。だけど、真っ先に申し込んだ人もいれば、迷いながら行かなかった人だっていたでしょう。中には満員になりながら、キャンセル待ちを飛び越えて来た方もいた。熱海の場合、沖縄やQ州と違って移動がないので、割と人数は増やせたため、最終的にお申込み頂いた方全員に来て頂くことができました。すげ~展開しそうですね~。

 それはそうと、やっぱり宇宙の流れに乗らずして願望実現もあり得ないと実感しています。じゃあ、宇宙の流れに乗るにはどうすればいいのか。その辺の話を沖縄ではたっぷりしたいと思うのですが、ま、一言で言うと、「素直になれ」ってことかな。でも、一言で「素直」って言うけど、これがなかなかね。

 例えば、やりたいことやるって、素直だと思うけど、多くの人が「失敗したらどうしよう」「変に思われたらどうしよう」「カッコ悪いと思われたらどうしよう」「拒絶されたらどうしよう」、、、などと下らない心配して躊躇して、結局やらないってことありますもんね。例えば私がインドツアーを企画したとします。めっちゃ行きたい。だけど、休みが取れるかどうか。まずは聞いてみればいいだけ。時間はあるのだけど金がない。20万ちょい。それだったら親から借りるか、カードでリボ払いか、何とかして行けばいい。返すのはあと。行きたいけど、行ったところで楽しくなかったらどうしよう。そんなの知るか。

 その点で言うと、私は「やりたい」と思ったことはなんとしてでもやる。やったところで死ぬわけじゃない。と言うか、死ぬ日なんて最初から決まってるのだから、何やってもいいのですよ。ほんと。素直ってそういうこと。だけど、もちろん自分の好き勝手していいわけじゃない。なぜ人を殺しちゃダメかの理由として、私は「相手の自由を奪うから」って答えるようにしてるんですが、自分の自由を他人の自由を天秤にかけてはダメ。「自由」を尊重するとは、自分も相手も尊重すること。人を傷つけるってのは、その人の自由を奪うこと。そんなの自由でもなんでもない。

 なので、自分が自由でいたいから、誰かの自由を犠牲にするってのはダメで、本当の自由ってのは自分も他人も自由なもの。私が何かやりたいとか行きたいと思っても、それが誰かの自由を犠牲にするものならやらないし、そもそもやりたくないでしょう。その上で、自分が素直にやりたいと思ったことは、怖れずにやる。この「怖れ」とか「羞恥心」ってのは、「潜在意識」に埋め込まれたプログラムだけど、その奥の「超意識」は自分のやりたいことをしっかり「意識」に指令してるわけで、その声に従って生きることが「宇宙の流れに乗る」ってことなんです。

 そんなわけで、最近の私は宇宙の流れに乗りまくりで、ますます「宇宙となかよし」になってまして、私の周囲もそんな人ばかりになってきています。ですので、沖縄でも「宇宙の流れに乗る」ってことを魂に向けて叫びたいと思っています。いよいよ乗ってきましたわ。オリオンも泡盛も楽しみです。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2012-01-31 23:39 | ■精神世界
 今日も早く起きて、ブログを二日分一気に更新。午前の予定が夕方に変更となりのんびり。金曜日の塾もその後の飲み会も楽しかった、そして土日の熱海も最高だった。いろんなこと思い出しながら、改めて感謝しかないって気分です。熱海は2回目でしたが、今回は一つのテーマがあり、それも女性限定だったためか、昨年以上に一体感のある素晴らしい合宿になったと思います。まさに学びある「大人の修学旅行」って感じで、これからも熱海に限らず、ツアーを開催していきたいと思っています。

 3月の沖縄はすでに満員になっていますが、今年はできればQ州ツアーを二回はやりたいと思います。あと、いろいろと構想の上がっていたハワイツアーは、ちょっとプライベートな事由につき不参加となりました。その代り、来年か再来年にはアイルランドツアーを必ず実現させます。私が考えてるのは、現地コーディネーターをネットで探して直接やりとりする感じで、まず、バスかワゴンを借りて一週間程度で島内のパワースポットを巡ります。アイルランドは宝庫ですからね。宿は基本的にユースホステルかB&B。食事は朝が宿に付いてて、昼は適当。夜は基本的にスーパーで食材買って自炊。バーベキューなど。そして毎晩パブ。もしくは宿で冷えてないギネスやアイリッシュウィスキーを飲みながら語り。そう言えば沖縄でも、やっぱり醍醐味はオリオンと泡盛。飲むことばかりですね。

 ま、それはともかくとして今日の話。夕方、先週の「講師オーディション」に来られたセミナーエージェンシーさんを訪問します。そのエージェンシーさんは、主に商工会・商工会議所でのセミナープロデュースに強く、日本全国の様々な場所へ売り込んで頂けるとこ。ちなみにそのエージェンシー担当者の方の、私に対する評価は「特A」でした。ちらっと見たところ、「B」や「A-」などが並ぶ中、すごくいい評価を頂いたと思っています。この後、必要な資料をお送りして、2~3か月前には出張予定をお知らせしておくと、その近辺で複数の商工会等に売り込んで頂けるとのこと。そのセミナーに来られる人たちは、基本的に経営者の方なので、そこから企業研修や顧問などの展開も広がります。なんだかイメージの通りになってきました。

 ちなみに今日は7時からちょっとした飲み会があったのですが、私は寿司が好きなので場所は築地に。そしてそのエージェンシーさんの場所も築地。徒歩圏内。偶然ですが必然を感じさせるような。そうそう、金曜日もそうでした。前日の夜に某出版エージェンシーさんに企画書を送付して、12時間後には打ち合わせが決まったのですが、そのエージェンシーオフィスのある場所は、私の講演会場及びホテルから徒歩圏内でした。セミナー及び出版エージェンシーさんを訪問するのは、それこそ東京に行く直前に決まったのですが、両方とも前後の予定と徒歩圏内にあるなんて、一つの「流れ」を感じずにはいられません。これはきっとうまくいくパターンでしょう。

 そして夜は飲み会。金曜日に引き続き、伊藤哲哉さんと飲むのですが、今日は面白い人をご紹介頂けるとのことで楽しみにしていました。その方は伊藤さんとは十年来のご友人だそうで、最近、何か面白い情報ないかと伊藤さんにたずねたところ、私のことをご紹介頂きお会いすることに。その方の名を「キャシー天野」さんと言います。どこかで聞いたお名前でした。プロフィールを拝見させて頂くと、「恋愛カウンセラー」とのこと。著書も多数。茂木健一郎さんなど著名人との対談もされています。

 基本的にはスピリチュアルなんですが、天使や前世が出てくるのではなく、地に足着いた極めてまっとうなスピリチュアル。私とも驚くほどスタンスが同じです。十年ほど前、伊藤さんと出会った時はいろんな意味でどん底だったそうですが、その後、楽天日記(楽天ブログ)を始めると、いきなりアクセスが5,000にもなり、著書も連発して一気に名が知られるようになったとか。ブログとサイトは以下。


「本来、人は愛される価値があります。」
「キャシー天野の公式サイト アクセスコードリーディング Access Code Reading」


 元々、恋愛や夫婦問題のカウンセリングが中心だったそうで、土日に「婚活」をテーマとしたセミナーを企画したばかりだったので、この出会いもまた必然を感じさせました。結局のところ、キャシーさんも私も考えていること、知っていることは同じ。潜在意識にあるブロック、キャシーさんは結びつきと言っておられましたが、「AだからB」という不合理な思い込みが、恋愛にせよ、あらゆることの妨げになってるわけです。

 結婚に関して言えば、例えば「若くない、だから、結婚できない」なんてのは典型。「美人じゃない、だから、結婚できない」などもそう。そもそも若いとか若くないなんてのも単なる決めつけ。世の中には50なっても60なっても新しい恋愛をする男女はナンボでもいます。もちろん子どもを産むことについては、一定の制限はあるでしょうが、結婚しても子どものいない人だっているし、しなくてもいる人だっている。その辺りは神様ごとで任せるしかない。だけど、子どものいるいないが「幸せ」に直結するわけでもない。できたらできたで、できないならできないで、それも必然として受け入れるしかない。もちろん希望するなら、やることはやる。だけど、最終的にはお任せですもんね。

 一方で恋愛や結婚に関しては、年齢制限はありません。50歳になるまで一度も恋愛したことない人でも、その不合理な結びつき・ブロックに気が付くだけで、一気に展開することだってある。身内のことで恐縮ですが、私の兄なども、とにかく女性にはご縁のない人生だったでしょうが、ある日、いきなりですもんね。それから最近、35歳を超えて結婚する確率は極めて少ないなどの報道がありましたが、データ上はそうであっても、私の周囲には35歳以上で結婚する人などナンボでもいます。事実として。

 しかし、そんな報道さえも「35歳以上、だから、結婚できない」なんて不合理な結びつきを強化することになろうから、そのデータの傾向を強化することにもなりかねない。今回の熱海ワークスで、Maoさんが「原因探しをしていると、永遠に幸せになれない」と言ってられましたが、その「原因探し」ってのも、不合理な結びつきを強化するだけなんです。

 「結婚してない」って事実があったとして、その「原因」に「35歳以上だから」なんて事実があったとしても、その二つの事実は本来結びついてないものでしょ。私がよく言うのですが、「太陽が東から昇るのと同じくらいの事実」でもない限り、少なくとも思ってることのほとんどすべては、単なる「思い込み」であり、それがマイナスに作用しているならば、それは「不合理な結びつき」でしかないのです。

 この「原因探し」ってのは、しばしばスピリチュアルが得意(?)とすることなのか、よくぞまあ、そんな不合理な原因を受け入れるもんだと感心することもあります。例えば結婚できない「原因」として、「両親が仲悪かった」なんてのならまだしも、いや、それも十分に不合理なんですが、例えば「過去生で男を殺したカルマ」なんて不気味なまでの原因を受け入れる人だっています。アホか。だけど、「結婚できない」と「過去生のカルマ」がイコールで結びついてると思い込んでいれば、それはそうなる。だけど、その結びつきを決めているのは、自分自身以外のナニモノでもない。

 結局、これも「言い訳」なんですよね。結婚できないとか、恋愛できないとか、そんなの見たらわかるじゃないですか。あー、この人、モテないだろうな~とかわかりますよね、男でも女でも。それはほとんどが表情だったり、発言だったりするでしょ。昨日も書いたけど、笑顔のない女なり男なり、そんな人に魅力感じる人っていますかね。異性であれ、同性であれ。営業マンだって、同じもの買うなら、しかめっ面よりも笑顔の営業マンの方がいいに決まってる。それが自然。

 確かにいつもムスッとしてる人が、突然、笑顔をデフォルトにするのは抵抗あるでしょ。誰だって変わるのはイヤだから。結局のところ、「原因」なんてものはほとんど「現状」にあるのです。だけど「現状」を変えるのは難しい。その「言い訳」として「不合理な結びつき」を求めてるだけなんです。

 結婚できない理由をスピリチュアルなチャネラーさんに聞きに行きました。最初は一万円で。すると「あなたは前世で、夫を戦争で亡くされました。それが原因で、あなたと、そして残された子どもは苦しい生活を求められ、あなたは子どもに対していつも不憫な思いを持っていました。子どもに不憫な思いをさせるのは、もうたくさんだ。その思いが今にも残っていて、子どもを作らない選択、それが結婚や恋愛を妨げてる原因となってるのです」、、、などと言われたら、ま、5人に4人くらいは泣くでしょ。場の雰囲気がよければ。そして「じゃあ、どうすればいいのですか?」とチャネラーさんに詰め寄ったが最後。残された子どもに会う儀式として50万円などと言われますから。もちろん50万円払って結婚できれば安いもの。だけど、そんなことはほとんどなくて、また新たな「原因」を探しに行くだけです。

 もしも「原因」があるとすれば、それは「今」にしかない。「過去」はすべて思い込みの産物です。幻想です。過去の幻想に対して、現在の不合理な結びつきを勝手に求めてるだけ。すべては今、そして今からなんです。確かに40年、50年、一度も恋愛をしたことがない人がいたとしたら、年齢と共に「できない」って思い込みは強くなるでしょう。ガッチガチに。だけど、真実の世界は「今」にしかない。そして「今から」だけが、唯一にしてリアルに生きられる世界でしょ。それは10歳の子どもも50歳の大人も同じ。若いから恋愛できる、若くないからできない。そんなの関係ない。もし若いから恋愛や結婚できるのなら、なぜ若い頃にしてないのか。若いとか若くないとかが、原因でないことはどこかで知ってるけど、「今」に直視したくないから、それだけの理由で「原因」を勝手に作りだしてしまう。

 もう一度言いますが、すべては「今」からしかありません。その「今」にもし、なんらかの希望があるとすれば、それは叶う希望です。そして人生において「今」が一番若い瞬間なのもまた事実。すべてはそこから始めりゃいいんですよ。それはもちろん恋愛や結婚だけでなく、仕事だって、趣味だって、ライフワークだって、そして人生だってそう。

 ・・・おっと、また熱くなってしまった。そんな感じで、キャシーさん、伊藤さんと、美味い寿司食って、美味い日本酒飲んで、熱く語り合って、気が付けば閉店時間になっていました。閉店一時間前には、部屋には私たち以外誰もいなくなってて、もう、言いたい放題。セックスだのなんだのって、かなりコアでディープな話になってた感じです。あっという間の時間でしたが、すごく気づきの多い時間でもありました。キャシーさんとは、これからもちょくちょくお会いすることになるでしょう。めちゃくちゃ面白かった。めちゃくちゃ楽しかった。今回の出張は、、、最初から最後までとにかく濃かったです。私自身もバージョンアップできました。2月もまた楽しみです。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2012-01-30 23:39 | ■人生哲学
 そんなわけでして、5時までセッションをしていたMaoさんも7時半から朝食。女性メンバーはなかなか夜更かしが過ぎたのか、遅れ遅れにやってこられます。まさに「大人の修学旅行」ですね。やっぱ、私はこの手の企画派向いてるのかな。Q州ツアー、インドツアー、熱海ツアー、沖縄ツアーなどなど、ほぼすべてが満員御礼になりますし、リピーターさんもとても多い。3月の沖縄ツアーなどは、ほとんどの方が何かのツアーのリピーターさんです。言われたのが、「あの文章(ブログ)を読むと行きたくなる」、と。ま、確かに心から楽しく書いてますから、それが伝わるんでしょうね。

 今まで何度も言ったと思うけど、そもそも私は大の旅好き。バックパッカーで世界一周などしながら、旅の最終で最高のスタイルとして、「価値観の合う仲間との旅」が位置づけられました。ひとり旅もいいですが、寂しい時もある。どうせなら、仲間と楽しさを分かち合えれば最高。日本人バックパッカーがすぐに「日本人宿」にたむろしたがるのもその辺。とりあえず「バックパッカー」って共通の話題はあるので、話題に困ることはない。中には日本社会をドロップアウトした人などもいて、日本では理解されない仲間たちがここにいる。これもまた「価値観」なんでしょうね。

 私の企画もまさに「価値観」のつながり。割合的には女性が多く、それも独身の方が大半。別に「出会い系」を意図したいわけじゃないけど、もっと男性の方も増えれば、いろいろ楽しくなるな~とは思っています。でも、これからはどんどん増えると思います。なぜなら私自身がビジネスパーソン向けの展開が始まっているから。それと同時に、「宇宙となかよし」の読者さんを中心とした、講演、セミナー、ツアーも精力的にやっていきます。

 ですので、あまり意図し過ぎるのも変な話ですが、お仕事もちゃんとやってる独身の男性などが、私のちょっとスピリチュアルなツアーに参加して、新たな出会いや発見、気づきなどがあればな~と思います。おそらく、、、今後、ビジネスパーソン向けセミナーの懇親会などで、「いや~、仕事ばかりでなかなかいい出会いがなくってですね~」なんて悩みを抱えているそこそこイケメン、そこそこ収入あって、柔軟な男性などいれば、「よかったら僕のツアー、来ません?」って誘うでしょうね。積極的に。

 もしかしたら反感買うかもしれない、ちょっとドギツイ話するとですね、男性と女性とでは、求める、求められるニーズはやっぱり違うと思うのです。男尊女卑だとか、画一化された性役割だ、、、などとフェミニズム、サヨク系の女性から批判されることを承知で言うと、男性は女性に対して、やはり「母性」だとか「癒やし」を求めるいるようなんです。もちろん女性もバリバリ仕事して、キャリアアップしていいし、するべきと思いますが、男性はそれを家庭やプライベートに持ち込むことを一般的に嫌います。外で仕事して疲れてるのに、家帰っても仕事の話聞きたくないんですよ。もちろんそうじゃない人もいるでしょうが、私が知る限り、やっぱりそう。一般的に。私だってそうですし。
 
 一方、女性は男性に何を求めているかと言うと、大きな要素として、やっぱりちゃんと仕事してるってのがあるんです。どんなに優しくても、どんなにイケメンでも、仕事してない男性にはあまり魅力が感じられません。ヒモとかジゴロなんて人種もいますけど、それで幸せな結婚生活ができるかと言うと、やっぱり違うでしょ。女性の稼ぎをあてにして、10時前まで寝て、開店と同時にパチンコ屋に入る男性。極端な話ですが、やっぱり魅力ないでしょ。

 仕事とか稼ぐ力ってのは、実のところ、それだけである程度のスペックが確保されてます。普通以上の清潔感、礼儀、そして対人折衝能力、そして行動力や向上心。それらは実際の収入とリンクしてるわけで、「男は仕事だけじゃない」と言われても、リンクしてる傾向があるのは疑えないでしょう。ですので、今回の「婚勝ワークス」で女性限定にしたのは、男は稼ぐ力を身につける方が先だってこと。そこにフォーカスすることで、必然的に「魅力」も出てくるし、結果として女性からモテル。もちろん仕事はできるけど、性格悪くて嫌われる人もいるでしょうが、それはまた別の論理が必要だし、実のところ一般的にはあまり多くないです。やっぱ、仕事できる人は、男から見ても、そしておそらく女性から見ても魅力的に感じるはず。

 実は何人かの女性参加者からポロッと言われたことがあります。Qさんのツアーとかセミナーはいい仲間に出会えて楽しいけども、男性についてはいいな~と思う人がいても、だいたい既婚者か彼女持ちなんですよね、、、とか。私もそう頷けます。そう言えば、ここ最近、独身男性の参加率は減ってきてるような気がします。だからこそ、ビジネスパーソン向けセミナーなどで出会った男性と、マッチングを計るのはアリかなと思うのですが、あまりギラギラせずに自然で楽しい形で展開できればな~と思います。

 で、今回のついて重要なのは、「男性が求める女性」になること。ヒモでもない限り、稼ぐ女性にフォーカスする男性ってそんなに多くない。さっきも言ったように、やっぱり母性とか癒やしとかって大切だと思うのです。もちろん仕事ができるのは素晴らしいですが、そこはあまり男性は求めない。もし、男性にモテるには、仕事力をバリバリ上げることなんだ、、、と思ってる女性がいたら、たぶん違うんじゃないかな、と。

 ではどうすればいいかって話なんですが、結局のところ、、、

「笑顔」

に尽きるんですよね。それは顔の笑顔はもちろんですが、心の笑顔も大切。と言うか、表情と心は完全にリンクしてますので、どっちからでもいいので、とにかく「笑顔」なんです。もう、正直言います。言い過ぎくらい言います。極端かもしれないけど、全然極端じゃない。言い切ります。

「いつも笑顔の女性はモテル」

です。年齢関係なし、外見関係なし、もちろん収入関係なし。だけど、逆もまた真。笑顔のない女性はアカン。魅力ない。終わってる。アラフォーともなると、確かに10代の肌じゃなくなるのは自然の摂理。それなりにしわとかもあるでしょ。だけど、笑顔のある人とそうでない人の違いもあります。笑顔のある人は主に目尻にしわがあり、それがまた魅力的なんですが、笑顔のない人は顔全体に小じわが広がります。その結果、雑巾のような色合いになります。言い過ぎ?はい、今日は言い過ぎたいと思います。

 やっぱり、笑顔なんですよ。これはもちろん男性もそうですよ。笑顔と収入もまたリンクします。もっと言うと、相手を笑顔にできる人がモテルし、収入もアップ。松本人志のような成功したお笑いタレントの収入がバカみたいに高いのも頷けます。だって、いつも誰かを笑顔にしてるのだから。漫画家もそう。そしてもちろん仕事もそう。買いたくなる商品ってのは、そこに笑顔があるから。美味しいレストランが流行るのも、そこに笑顔があるから。

 だけど、笑顔を与えるには、まず自分が笑顔じゃなきゃですね。すべての基本。話を戻しますが、女性にとっての婚活の基本も笑顔。いろいろあって「笑顔になれない」なんてのは、単なる言い訳。笑顔になれる環境がなきゃダメとか、完全に外部依存でしょ。全然自由じゃない。

 よく言われるたとえですが「美味しいものを食べる」のではなく、「美味しく食べる」ことが重要。3万円のディナーじゃなきゃ美味しくないって人と、300円の弁当でも美味しく食べられるって人と、どっちがハッピーか、どっちが自由か。そしてどっちと一緒にいたいか。少なくとも私は300円の弁当を笑顔で食べる人が好き。

 笑顔なんて、待っててもダメ。自分から生み出すこと。もし、自分に笑顔が足りないと思ったら、朝10分間の笑顔トレーニングでもなんでもいいから、笑顔であることを心掛ける。例えば今、口角を上げるだけでもいい。世界で一番口角が上がってるのがミッキーマウス。単なるネズミの分際で、世界で一番人気あるキャラの一人でしょ。あと、アンパンマンもそうだし、機関車トーマスもそうだし、ドラえもんもそうだし。人気キャラは誰だって口角が最高に上がっている。

 口角を上げることを意識して、それが無意識に入ってしまうだけで人生はハッピーにしかならない。もちろんいつも無理するつもりもない。いろいろあるのはわかるから。アンパンマンだって顔が濡れて力が出ない時はふにゃふにゃ。だけど、すぐに元気100倍になって笑顔を与える。「元気100倍アンパンマン」の「アンパンマン」のところを、自分の名前に変えてガッツポーズして叫ぶ。もちろん口角を最大限に上げて。人前でするとアホと思われるけど、一人でするにはいいでしょ。マジで元気でますから。
b0002156_10351783.jpg

 そんなわけで、私もすごく楽しい2日間でした。私は完全に裏方に徹してましたが、皆さんから口々に「企画してありがとう」と言われて、すごく嬉しくなりました。ほんと、やってよかったです。ま~、私のブログって、いつも本音で、時には激しい口調の時もありますが、それでも根底にはみんなが「笑顔」になればいいな~って気持ちで書いてます。ほんとですよ。これからも笑顔のブログを書き、そして多くの人が笑顔になれるような活動をして行きたいと思います。そのことを改めて気付かされたことも、今回の収穫だったかな、と思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2012-01-29 23:39 | ■人生哲学
b0002156_8302324.jpg 昨日は「塾」の後、栢野さん、鳥居さん、伊藤さんら8名と飲みに行って、終電に乗り遅れた3名とさらに2時頃まで飲んでいました。ですが今日も5時には目が覚め、それはまたあんまりなので7時まで寝てブログ更新。11時半には熱海に到着しました。昨年と同じお店でMaoさんと昼食、打ち合わせ。12時半には全員集合して送迎バスでホテルに。いよいよ第二回の熱海ワークス開始です。題して「スピリチュアル婚勝ワークスin熱海」。最終的に女性24名、男性は私とMaoさんと奥さんから連れて来られた男性。まずは身体をほぐしてスタート。さすがはダンサーMaoさん。これ見ると怪しい集団です。

 で、内容はこんな感じ。Maoさんのレジュメから。

○Maoさんの願望実現法
 ・未来人になる
 ・結界の作り方
 ・お金の言霊
○自身を欲しがるから、自身を失う
○優しくしてくれる人を探さない
○原因探しをしていると、永遠に幸せになれない
○「ないからしかたがない」と本当に思ってしまっている
○恋は2年で終わります
○あなたの好きなタイプの分析
○幸せな宝の地図であなたの夢は、叶わない!
○みんな自分の相場が分かっていない
○男性で「収入が平均以下」はかなり厳しい?
○本当は結婚してはいけない、こんなロマンチストな男性、
 ただしこの点がクリアできれば大丈夫
○一見男らしく肉食系、実は愛を語る男の本質
 高収入・高学歴にも多いタイプ
○アメリカの離婚原因
○誰に恋するかで婚期は決まる!
○男性が結婚相手に求めるニーズ(条件に合う人)←今日はここまで

○美しい人(笑顔美人)
○貴方に最適なタイプの見つけ方
○自分に適した男性の見つけ方
○婚勝つ名刺の作り方
○幸せな家庭生活にする為に
 ・3ヶ月ぶりごっこ
 ・カスガイノート
○別れのパターン


 
 てな感じで、今日の部は終了。基本的にMaoさんのトークの後、参加者同士で話をしながら進める感じかな。普段は会わないような人と、話さないようなこと。それをアウトプットして、そしてインプット。その一連の流れだけでも、かなり潜在意識が動いているようです。今日の参加者の皆さんは、ほとんどが独身女性の方でしたが、皆さん本当にキレイな方ばかり。結局のところ、結婚や恋愛に対する「メンタルブロック」がそれを邪魔してるだけ。それを解放するためにも、今日のようなワークはすごくいい効果がありそうです。
 
 ワーク後はそれぞれ部屋でくつろいだり温泉に入ったり。一応、既存の人間関係を中心に部屋割をしたのですが、当然、単独で参加される方も多い。ですが、面白いことに初対面でもすぐに仲良くなる。やっぱり「価値観」の共有があらかじめ確保されているためか、打ち解けるのも早いのです。今日は女性ばかりでしたが、実は男女でも同じこと。

 かつては家(イエ)、地域など「環境」を軸に結婚が進められてきたけど、これは家父長的な古い習慣で今ではほとんどありません。親が結婚相手を決めるなんてそう。その後、職場、サークルなど同じような「行動」を軸に進められてきて、もちろん今でもありますが、最近はもっと範囲が広がってきている。それが「価値観」を軸にした出会いです。それを可能にしたのがまさにインターネット。ブログやSNSなどから、共通の価値観を持つ人や集まりを見つけ、それがリアルな出会いにつながることも今では普通。

 明らかな「出会い系サイト」などは、今でも抵抗はあると思いますが、例えばミクシィやフェイスブック上にある交流会やオフ会などはすごくいい機会です。また、私のブログなんかを読んでる人なんかは、それだけで限定された価値観があると思うので、セミナーにしてもツアーにしても、とても共鳴しやすいです。それは昔からかな。

 なので、私はインターネットを積極的に活用し、どんどん交流・行動範囲を広げて行くのは、すごくアリだと思っています。ミクシィやフェイスブックで「友達」になって、そして気軽に日常のことなどを書いてたりすると、それで親近感を持つ人がいて、お互いに仲良くなってから今度お茶でも、、、なんて展開はよく聞きますし、身近でもあります。私はしませんが、探せば「異性から好かれるプロフィール講座」なんてあるんじゃないかな。特にフェイスブックはいいと思いますので、とりあえず登録しといていいんじゃないかな。

 ま、それはともかくとして、19時からお食事。ただ、ふすま一枚向こうの団体さんがカラオケを始めたりして、自己紹介がちょっと難しい状況に。それはそれでいいので、周りの人としゃべりながら、美味しく食事を頂くことができました。Maoさんの周りにはいつも人がいたので、食べるのが遅くなったようです(笑)

 その後、ちょっと広めの部屋で二班に分かれてMaoさんの「極秘女子会」がスタート。これは男子禁制で私も内容を知ることができません。ですが、かなり濃かったようです。とりあえず一班30分だったのですが、案の定、二班目はなかなか終わりません。30分のはずが2時間にもなろうとする。最初の班の人がMaoさんを出待ちしてたのですが、なかなか出てこずに私の部屋で談笑。どうやら個人セッションに入っていたようで、他の女性の方々も次々にMaoさんの話を聞きに行ったり、個人セッションしてもらったりしていました。

 私は結局、0時過ぎに寝てしまったのですが、3時に一度目が覚めると、Maoさんはまだいません。どこかで寝てるのかな~と思いきや、5時過ぎに目が覚めると戻っていました。どうやら5時までセッションをしていたそうです。正直、Maoさんって人はすごいです。普段は医療関係のお仕事されてて、表に出てくることはほとんどありません。Q州ツアーに2度ほど参加されて、他の参加者の方(女性)から引っ張りだこになってるのを見て、実はすごくニーズがあることを知り、私が無理やり表に引っ張り出した感じでしょうか。
 
 ほとんど独学ながら、マッサージ、カウンセリング、チャネリング、リーディングなどは完全にプロの領域。私も以前、ちょっとご相談に乗って頂き、今ではその通りになっています。ちなみにその時のメッセージ内容がこれ。2010年Q州ツアー後のメールより。

こんにちは~~~ Maoさんですぅ~~~

九州ツアー、ホントにありがとうございました~~

魂の広がりと、波動の上昇がビンビン感じられて、最高の気分です~~

そこで!

車中での会話から、Qさんの今後を展望してみました~~~


結論として、同時に2つの方向性を目指す!~~ですぅ~~


一つめは、ビジネス系

栢野さんと行った講演内容の方向性ですね~~(DVD買いましたよ~)

実際の会社に呼んでもらい、水か木曜日の3時ぐらいから2時間。(時間厳守、月火金は講演に集中できません)

ポイントは、滝 NLP 加賀田式~~

あまりスピ的な事は、言わないで~~
滝に入ると、ヒラメキがバンバン入って来るぐらいね~~~

NLPで論理的問題解決法を諭し、加賀田式でグイグイ情を引っ張っていけば、最高の講演になると思います~~~~~

社長さんも、社員がQさんから受けた波動で、元気になるのを目の当たりにしますから、めちゃくちゃ喜ばれるはず~~~~

その後の飲み会で、必ず講演先の紹介をいただいでください。
紹介による講演は、こちらがお願いする講演とは、まったく異なりますけんね~~

そして、このビジネス系内容は、宇宙となかよしには、殆ど書かない事!
プログ維持の為に必要だと思います。

別のビジネス重視のプログを立ち上げると、いいかもしれません~~~



2つ目は、宇宙となかよしメンバー向けの、スピ満載講演~~~~~

今この時、みんな言魂に敏感になっています~~

他の人の発した、左脳的現実重視の言霊は、もろに心を傷つけ、また思い出して、自分で自分を傷つけるループに入っている人達が大勢います~~~~

そこで、Qさんの持つ運(元気運、財運など)を、みんなに分けてあげられる内容にすれば、ハートチャクラが満たされて、幸せな3次元を選択出来るはずです~~~~

今後の本の内容は、Qさんらしいハードロックスピ系の幸運本と、Qさんの講演にて、会社が目覚めて再生復活ビジネス系の2本立て~~


こんな内容のヒラメキがありました~~~

参考にして頂ければ最高です~~~~~~~~


ふぉふぉふぉふぉふぉ~~~~~   時間を持て余している場合ではな~~~い 多くの人や会社が、Qさんを待ってるのだど~~~~  ハグハグ卍コブラツイスト固め~~~



 ビックリですね。ブログも「宇宙となかよし」の他にビジネス系ブログをやってますし、実際、ビジネス系から呼んで頂くことも増えてきた。そして「宇宙となかよし塾」を中心とする、こっち系の講演やセミナーもそこそこに盛況。そして今、スピ系の本とややビジネス系の本を構想中。

 創造主(?)とつながりながら、ダイレクトなメッセージを頂けるのはすごく有り難いです。5時まで寝かしてくれないはずですわ(笑)、これは。そんな感じで初日が終了しましたが、すでに盛りだくさんですね。続きは明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2012-01-28 23:39 | ■精神世界
この度、3月16日(金)の夜に「宇宙となかよし塾 in 沖縄」を開催させて頂くことになりました。

今回は皆さまの関心の深いテーマを中心にお話させて頂きます。

また、ご質問等ございましたら、申込フォームにご記入頂けると、可能な限り、ご返答させて頂きます。

皆さまのお越しをお待ちしております。


<テーマ>

「宇宙の流れに完璧に乗る方法」


<日時>
3月16日(金) 18:00開場、18:30開演、21:00完全撤収


b0002156_13202025.gif<場所>
「沖縄県男女共同参画センターてぃるる・会議室1」
 〒900-0036 沖縄県那覇市西3丁目11番1号
 http://www.tiruru.or.jp/?page_id=31


<参加費>

3,000円(当日3,500円)


お申込みはこちら


どうぞよろしくお願いいたします。ありがとございました。
by katamich | 2012-01-28 07:18 | ■セミナー・研修・講演
 まず、昨日の夜の話なんですが、最近、10時に寝ているせいかその時間にはめちゃくちゃ眠くなりました。今日の「塾」も満員になったことだし、気持ちよく寝ようと思うのですが、一つだけ気になることがありました。それは出版企画書の作成です。年始に「今年は2冊出す!」と決意して、自分に妥協することもやめようと思いました。別にストイックにいくわけじゃないですが、できない言い訳だけはしない。それを心に決めてスタートした2012年でした。

 出版するにはとにかく書くしかない。だけど、相手あってのことだから、いきなり一冊書くことも難しい。手順としては、まずは企画を通して、それから出版スケジュールを定めて一気に書く。編集者とやりとりしながら。そこで、すごくお世話になりたいと思っていた出版エージェンシーさんに企画を検討してもらうことを思い付く。出版社に直接企画書を送る前にそっちだ。だけど、昨日の10時の段階でまだ半分もできてない。企画書なので、まずは章建てとコンセプトだけは必要。後は章ごとのコンセプトを書く。とにかく書いてメールで送れば、何かが動くだろう。そしてできれば東京滞在中にエージェンシーさんに会っておきたいとの一方的な思い。

 でも、ここで「悪魔の声」が聞こえてきます。


「突然送ってもたぶん会えないだろうから、今送っても、後から送っても同じだよ。タイミングもあるだろうし、もう少し時期を見てもいいんじゃない。それよりも明日は家を出るまで忙しいのだから、今日は早めに寝ておいた方がいいじゃない」


なんて声がね。でも、一方で「もっと悪魔の声」が聞こえてきます。


「また、そうやって言い訳する。今年は言い訳しないって決めたんじゃないの。睡眠時間が減ってもどうってことない。とにかく不十分であっても書け、送れ!」


 う~ん、キツイやないかい。悪魔以上の悪魔。だけど、その「もっと悪魔の声」ってのは、実は「天使の声」なんですよね。別名、「ハイヤーセルフ」とも言う。とにかく眠いのを押して頑張って遅れる段階まで企画書を書いて、PDFに焼いて、サーバーにアップしてURLをメールに添付。時間は0時。それからもう少し出発の準備して寝ます。とりあえずサイは投げられた。

 そして今朝は5時に起きてブログ。7時過ぎには家族も起きてきて朝食、保育園、それから残りの準備をして11時の電車で福岡空港へ。その電車内でのこと。メールにエージェンシーさんから返信が入っていました。実は近々連絡しようと思ってて、今日の「塾」にも行こうと思ってたけど、某ウンコ臭いさんの講演のお手伝いで行けません、、、が、面白いと思うのでぜひ進めましょう的な返信。東京滞在中のアポを取り付けようとすぐに電話。すると今日は大丈夫ってことで急きょ会うことに。昨日の夜に企画書をいきなり投げ込んで、半日後には打ち合わせ。

 なに、この展開!ああ、悪魔の声を無視してよかった。もっと悪魔の声は、やっぱり「天使の声」だったんだ。「言い訳しない」と決意すると、やっぱり動くんですよね。で、そのまま3時にはホテルにチェックインして、そこからエージェンシーさんのオフィスへ。いろいろと雑談しただけかもしれませんが、今後のイメージが出てきました。よし。

 5時過ぎには退出して、私は今日の会場へ。なんとオフィスから徒歩10分。これまたシンクロじゃないですか。宇宙の流れの通り。開場まで近くの喫茶店で待機。そして今日の「宇宙となかよし塾in東京」ですが、、、お陰様で満員御礼。やや手狭な会場ですが、それだけ皆さんのお顔もよく見えました。いつもそうですが、最初はなかなかペースをつかめない。「場」とのラポールが取れてない。ここはいつまで課題だな~。だけど、段々と「場」をつかむことができたら、私も熱が入って、次から次へと言葉が出てき始めます。会場の笑い声も増えてきた。今日はどちらかと言うとビジネスパーソン向けの話になったかもしれませんが、今日、いきなり編み出した理論が「ドンブラコ理論」です。そう、この「ドンブラコ理論」は話ながら降りてきたものでした。

 宇宙ってのは常に流れてて、何かに「焦点」を当ててると、そのためのチャンスやリソースが、ドンブラコ、ドンブラコ、、、と流れてくるんです。例えば2年ほど前に「商工会議所で講演をした」と思い付き、そこに焦点を当てていると、「90日で商工会議所から呼ばれる講師」なる本が目に入り購入、そして広島商工会議所から講演依頼、そして講師オーディションの情報を見つけ申込み。

 そう、この「講師オーディション」もドンブラコとやって来たのです。ようは、それをつかむかどうか。私はつかんだ。すると事態は展開した。昨日の10時もそう。企画書を出すんだとちょっと頑張ったおかげでいきなり今日の打ち合わせが入る。あの時、「うん、まだ時期じゃないんだろう」などと言い訳して寝てしまったら、今日の打ち合わせは存在しなかった。3時からホテルで横になってるだけだった。

 結局のところ、「焦点」を当てさえいると、ドンブラコとそのためのチャンスやリソースが流れてくるんです。後は言い訳せずにそれをつかむ。すると動くのです。今日のエージェンシーさんとの打ち合わせなども、オフィスが講演会場とホテルの近くで、ちょうど空き時間だったなども、まさにシンクロ、と言うか流れにちゃんと乗っただけ。宇宙がこう言いました。

「ほらね」

と。そう、ドンブラコとやってくるチャンスをつかむと動き、そして宇宙の流れに乗るんです。だけど、つかむにも抵抗があります。猛烈な眠気もそうだけど、潜在意識が現状を維持しようと必死で抵抗する。それは「悪魔の声」としてささやいてくるのですが、もっと高次元の「天使の声」に耳を傾けると宇宙に直結する。動く。展開する。

 ようはこういうこと。まずは「焦点」を当てましょう。すると潜在意識になんとも言えない気持ち悪さが走ります。焦点を当てると、そこに「器」のような空白ができる。その空白を埋めるために気持ち悪さが生じる。するとそこに、、、ドンブラコとやってくる。チャンスが。だけど、それをつかむつかまないは自分次第。と同時に、「言い訳」って悪魔もやってくる。そいつを振り払い、ドンブラコをつかむんです。

 もう一度言います。焦点を当てる。そしてドンブラコとやってくる何かをつかむこと。それだけで、人生は急展開する、そして逆転が始まる。実は今日の「塾」には3人のゲスト講師がやってきました。その3方には失礼ながら、私が依頼したのではなく、最初は普通にお申込みを頂いていた。だけど、せっかくなのでしゃべってもらうことに。一人がアフィリエイトカレッジの伊藤哲哉さん。彼もドンブラコ理論の実践者であることがわかりました。二人目はスピードブランディングの鳥居祐一さん。いつもお世話になってますが、久々にお会いしました。そして三人目は、、、これほど人生逆転の名にふさわしい方はそういない。栢野克己さんです。栢野さんもまた、ドンブラコ理論で人生逆転。

 師匠の竹田陽一さんの元に、F出版からランチェスター経営の入門書の執筆依頼。およそ10年前。横に栢野さんもいた。その一年後、F出版のプレゼントキャンペーンの応募の際、そう言えば、、、と「入門書」が出てないことをたずねる。すると、F出版の社長さんから、「いや~、まだ出てないんですよね~、あ、そうだ、栢野さん、ゴーストしません」と打診。ゴーストとはライティングのこと。当時、あまり食えてなかった栢野さんは、奥さんから「やれ!」と命令。そのような旨を竹田先生のファックししようと、紙をセットして番号まで入力した時、、、やってきたのです。ハイヤーセルフの声が。

 ゴーストではなく、共著でお願いしてみたらどうか。セットした紙を破り捨て、改めて「共著でどうでしょう」とファックス。竹田先生は快諾。F出版も「竹田先生がOKと言うなら・・・」と決まったのです。そして後日、めでたく出版。それが起業家のバイブルとして名高い「小さな会社・儲けのルール」でした。その本は栢野さんの営業努力もあり、瞬く間に10万部のベストセラー。そして栢野さんは人生逆転の切符を手にしたのです。ちなみに今日の出版エージェンシーさんの書棚にも、ボロボロになったその本がありました。社長さんが独立当初、その本で随分勉強したのだと。

 栢野さんがあの時、FAXを送り直さなければ。単なるゴーストして名も出ず逆転の切符を手にできなかった。あの時のあの声が分岐点。心の声。それに従った、そしてつかんだ。人生ってそんなもんじゃないでしょうか。今日の「塾」では最後の約30分間は栢野さんにお願いしました。自分で言うのもなんですが、今日はものすごく贅沢な講演になったんじゃないかと思います。有り難い限りです。

 とにかくまあ、頑張ろうぜ。夢や目標を描くと、それを叶えるためのチャンスが常にドンブラコ、ドンブラコと流れてくる。勇気を出してそれをつかむんです。そしてそれこそが、本当の自分として輝くための宇宙からのプレゼントなんですから。今日もいい一日でした。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2012-01-27 23:39 | ■願望実現
 なんとか明日の「宇宙となかよし塾in東京」は満員御礼となりました。ありがとうございます。いつもそうだけど、もっとスマートに満員になればいいな~と思うのですが、まだまだ泥臭くやれってことでしょうかね。でもまあ、50名もの皆さんに集まって頂けるなんて、ほんと、感無量だし、私も成長したな~と思うわけです。初めてセミナーをしたのが2007年6月ですが、その時はジョイントで25名ほど。それでも自分ではすげえと思ってましたが、5年経ってその倍に。そう言えば今回はその最初のセミナーにこられた方もいらっしゃるようです。また、その年の名古屋でやった時の方も。その意味でも初心に帰れる気分かな。

 初心と言えば、最近、ちびQが面白いことを言い始めています。「産まれる時、どうやった~」って聞くと、「こうやった」と言って、産まれてくる時のことを身体で再現し始めるのです。仰向けのまま腹から出てくる様子。うちは帝王切開だったので間違ってない。ちびQは私と同じく、逆子だったんでね。他にも何か覚えてないか、いろいろ聞こうと思います。今のうちに。

 そうやってみると、やっぱり「身体」ってのは様々なことを記憶してることがわかります。そして何度も言うように、「身体=潜在意識」ですので、身体を刺激するだけで潜在意識が活性化したり、何かを思い出したりするもんです。先日の大阪セミナーでも話したのですが、心と身体ってのはつくづく連動してるもんです。メンタルの調子が悪い人は、まず間違いなく身体の調子も悪い。その逆もまたしかり。ですので、もし気分が優れないな~と思ったら、身体を動かしてみることが重要。体操するもよし、歩くもよし。

 あ、そうそう、話違いますが、私ってしばしばいろんな指摘を受けることがあります。例えば今みたいに「心と身体は連動しているから、気分が優れなければ歩くとよい」と書いたとします。でも、この手の話の専門の人からは、「歩き過ぎるのはかえってよくないので、その文章だけ読むと誤解を招く」などと指摘されることもしばしば。二日前に書いたキャベツの話などもそうですが、私が何となく聞きかじったようなことを書いたりすると、専門の方からいろいろ細かくご指摘受けたりします。

 しかしまあ、その辺のこと言いだしたらキリないですもんね。ただ、私のブログって、ちょっと理屈っぽいところがあって、読者さんも比較的理屈好きが多いからなんでしょうか。いわゆる精神世界のふわふわした雰囲気じゃなくて、できるだけ言葉で論理的に書こうとする姿勢。だからこそ、専門的な見地から見ると、いろいろツッコミを入れたくなることもあるのでしょか。それはよくわかるのですが、ブログってのはそもそも何の精査もなく、もちろん編集者のチェックもない。どんなに論理的な装いがあったとしても、素人の書いた文は素人なんです。

 例えば私は「身体」についてはど素人。新書レベルの知識で、それも自分の興味のあるところを抜き取って書いてるだけですので、専門の方からすればいろいろ思うこともあるでしょう。でも、ブログってそんなもの。どんなに著名な方が書いてたしても、その人が専門外であれば最初から疑ってかかる必要がある。例えば大学で教鞭をとる政治学博士の教授が「教育」について語ったところで、それが正しいとは限らない。知識だって絶対的に不足してるし、個人的な経験による憶測のことも多い。だけど、子どもを三人育てたお母さんが語るより、政治学博士が語った方が、なんか説得力を感じる。実際には子どもを三人育てたお母さんの方が、教育について的確な見解を述べてたとしても。余談ですが、「政治学博士」なんて文言を使うと、正確には「博士(政治学)ですよ」なんて指摘を受けたりもすることもあり。

 でもブログの面白いところって、著者のフィルターを通した世界がダイレクトに読めるってこと。学術論文だと必ず査読が入りますので、レフェリーによって厳しくチェックされる。出版物だと、多くの場合、編集者のチェックが入ってしまう。だけど、ブログってのは書いてすぐにアップできるので、著者のフィルターがそのまんま文章に出てくるんですよね。不正確なこと、間違ったこともすべて。だけど、私はだから面白いと思っています。

 例えばランキングの一位の「伊勢白山道」さんのブログなど、この方がどのようなご専門かは存じませんが、おそらくは「神道」に詳しい方なんだと思います。そして圧倒的な人気を誇っています。だからと言って、この方の勧める浄水器がいいかどうかはわかりません。記述自体もすべてが正しわけじゃないでしょう。だけど、そこが面白いんじゃないかなと思います。

 もちろん「アメリカの首都はニューヨーク」などと書いていたら、それは違うと明確に指摘もできます。だけど、解釈や価値観のレベルであれば、それが多少歪曲されていたとしても、「ブログだから・・」ってことである程度スルーしてもいいし、それくらいが面白いと思うんです。もしも正しい知識が知りたければ、書店か学会に行けばいいです。もっとも書店にあるものもだって怪しいものが多い。「血液は腸から造られる」なんて、明らかな間違いでさえも、場合によっては医学書の棚に置かれることもあるんじゃないかと。もっとも、私が見たその本は、オカルトの棚に置かれてたので、書店のアルバイトさんもなかなかやるな、と思った次第。

 話を戻しますが、このブログだって、今はワードに書いてますが、数分後にはブラウザにコピペして数秒でアップされます。全部が全部、正しい方がおかしいです。開き直りじゃないですが、このブログなんて、正直、間違いだらけでしょう。だけど、一つだけ言えることは、それが正しいか間違ってるかはともかく、信念を持って書いてること。そして明らかな間違いであり、かつそれが誰かに著しく不利益をもたらすようなことならば、素直に書き直すか削除することもあるでしょう。

 だけど、間違っててもあえてそのまんまのこともあります。例えば私は以前、江本某氏による「水は言葉を理解する」って説を信じて、このブログにも「ありがとうは水の結晶を美しくします」なんて書いたことありますが、今は完全に否定しています。と言うか、江本氏ご自身が「あれはポエムです」と言っている。じゃあ、それが明らかに間違ってて、しかもそれを自覚してるなら、その記事を削除してしまうかと言うと、それは私的じゃないんですよね。自分のブログを読み直すことはあまりないのもありますが、間違った記述があってもそれはそれで、後々に訂正すればいいだけのこと。そして間違った記述も隠すことなく曝し続ける。

 もし、誰かが江本氏の批判でも読もうかと検索してこのブログに引っ掛かったとして、そこで「水は言葉を理解する」って記述を見て、「この『宇宙となかよし』ってブログはタイトルも怪しいけど、書いてることも相当怪しい」と、はてブ(はてなブックマーク)で曝されることもあるでしょう。だけど、それはそれで面白いと思ってます。2ちゃんねるに「アホ」と書かれようが、それはそれでオイシイ。だけど、私もちょっとずつかしこくなって、そして成長してるんです。その意味で、このブログは私の成長録かもしれません。

 そう言えば、間違いだらけて言うと、私のメンターの一人でもある、ゆでたまご先生など豪快です。何度も出したと思いますが、このコマはすごい。
b0002156_8215328.jpg

 悪魔将軍にスピン・ダブルアームをかけられているジェロニモを、もう一人のジェロニモが見ている。これなどは明らかなミスですが、何度も改訂されて、文庫にもなってるのに、ゆで先生はこの部分を修正しない。修正など簡単なはず。悪魔将軍がジャンプで初めて出てきた時、そのあまりのカッコ悪いフォルムに、そこだけは修正してるゆで先生ですが、このジェロニモのコマだけは修正しない。この点を指摘された先生いわく、「ツッコミどころがあった方が面白いでしょ」だってさ。わかってる。オレ達キン肉マンフリークは、こうやってツッコミどころを一生懸命探す。その結果、文庫本も売れ、そして読み継がれる。数年後に、ちびQもキン肉マンを読むようになると思うけど、その時はキン肉マンの超人について語り合いたい。

 またまた話変わりますが、マンガつながりで思い出した。先日の大阪セミナーの懇親会で熱く語ってしまったのですが、私のセミナーの原点はここにありと置いています。
b0002156_8221496.jpg

 以前、すごくハマった「はだしのゲン」ですが、このシーンは実に感動的。ゲンは原爆で家族を失い、母と産まれたばかりの妹と逃げ回っています。妹のお乳の代わりと米を探して走り回っていると、原爆の被害を受けなかった村で、団らんを楽しむ家庭を見つけます。庭でコソコソしてると見つかってしまい、「浪曲を歌ってやるから米をくれ」と申し出たところ、その家の主人は「下手だったら追い出す」と冷やかし半分で許します。

 ゲンは原爆で失った弟のことを思い出しながら、魂の声を響かせるのです。冷やかしていた家族一同、心を打たれ、ゲンはお米をもらって帰ることができました。私もこの時のゲンのようなセミナーができないか。改めて思い出したので、明日の「宇宙となかよし塾」はゲンに負けない魂の講演をしたいと思います。

 話がそれまくりで、すいません。そう言えば、私が2ちゃんねるで叩かれてた時、「『すいません』じゃなくて、『すみません』だろ!こいつ日本語知らない」と揶揄されたことあります。別にいいじゃね~か、通じれば。そんなん指摘まで時々ございまして、二日前のキャベツの記事はそれなりに物議を醸してしまいました。

 「虫食いキャベツには毒がある」ってのは、真実かどうかわかりませんが、そういった説があるのは事実。私は農家でも学者でもないので、ちゃんとしたことはわかりません。だけど、そのような説があることは知って損じゃないと思うし、何かを考える材料にしてもらえればと思うのです。

 ただ、無批判に「農薬=危険」とか「有機=安全」と決めつける方が問題は多い。農薬だって昔ほど危険ではないと聞くし、それ以前に、美味しくて経済的な作物が食べられるのは農薬のおかげ。農家が消費者の健康を犠牲に稼ぐためじゃないです。誰もかれもが「奇跡のリンゴ」みたいなことできんのです。日本中の農家が「奇跡のリンゴ」しか作らなかったら、私たちは餓死しますよ。

 じゃあ、農薬は避けられないとして、サプリメントばかり飲む方がいいかと言うと、それも違うでしょ。別に農薬をペットボトルで飲むわけじゃなし、安全の基準に照らして使用して何が悪いってね。農薬を怖れてサプリ漬になる、そのお前のデトックス作用はどんなに低いねん!と言いたくなります。多少の農薬かかってても、それをちゃんと洗い流して、美味しく料理して、笑顔で頂いて。その方が免疫力上がるでしょ、間違いなく。

 あかん、話それまくった。今日は本当は「心と身体は連動してる」って話しようと思ってたけど、思わぬ面白い話になってすいません。明日は東京。たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2012-01-26 23:39 | ■日一日
本講演会はお陰様で満員御礼となりました!
ありがとうございます!!


なお、申込後、未入金の方が数名ほどいらっしゃいますが、
万一キャンセルされる場合は、なるべく早くにご連絡頂ければ幸いです。

できればお電話までお願いします。
キャンセルが出ましたら、本ページ・フェイスブック等ですぐにお知らせさせて頂きます。




この度、1月27日(金)の夜に「宇宙となかよし塾 in 東京」を開催させて頂くことになりました。

今回は皆さまの関心の深いテーマを中心にお話させて頂きます。

また、ご質問等ございましたら、申込フォームにご記入頂けると、可能な限り、ご返答させて頂きます。

皆さまのお越しをお待ちしております。


<テーマ>

「人生逆転の奇跡」
(サプライズゲストあり!)


<日時>
1月27日(金) 18:30開場、19:00開演、21:30完全撤収


b0002156_13472054.jpg<場所>
「貸教室・貸会議室 内海 101会議室」
 東京都千代田区三崎町3丁目6−15
(JR水道橋駅西口より徒歩1分、その他)
 http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html


<参加費>

3,000円(当日3,500円)


お申込みはこちら


どうぞよろしくお願いいたします。ありがとございました。
by katamich | 2012-01-26 00:09 | ■セミナー・研修・講演
 本日も3時55分に起床。最近早起きが習慣づいてるためか、夜の寝付きもいいです。ほとんど布団に入った瞬間、ちびQよりも先に寝入ってるようなんです。さて、先日の大阪出張に続き、今週末はいよいよ東京・熱海への出張です。金曜日の昼に家を出て、その夜は「宇宙となかよし塾in東京」です。お陰様で満員まで残り2名。おそらく当日には満員になるでしょう。そして翌日から熱海。こちらは早々と満員になりました。Maoさんから「ふわふわ婚勝だけではなく、おもいっきりダークな内容も込めました~~」とのことで、どんな内容になるのか楽しみ。そして日曜の夜は今のところ未定。月曜日は日中に二件ほど訪問するとこがあって、夜はちょっとした飲み会。火曜日の朝に帰ります。

 そんなわけでこれでようやくと一月が終わるわけですが、なんだか長かったな~って印象があります。それだけ充実してたってことでしょう。とにかくこの一月はいろいろと動き始めました。最初は精神世界系のブログ書くだけの人だったのが、自主セミナーを始め、そして本も出版し、そして今、商工会議所や各種団体でのセミナーや講演を依頼されるようになる。まったくの「ゼロ」からスタートしたこと考えると、私もよくやってきたと思い入ることしばしば。

 だけども、何度も言うように、これは勝手にそうなったのではなく、私自身もその姿をイメージし、そこに焦点を当て続けてきたことの結果。前も書いたと思うけど、人の生き死にはだけは最初から決まっているものの、それ以外のことって割と自由に創りだせるんですよね。なのでもし、私が商工会議所から呼ばれる講師じゃなくて、占い師を目指していたら、きっと今は占い師として活動しているでしょう。

 実のところ、独立当初、どうやって生きていけばいいかわからない時、「占い師」のような選択肢もなかったわけじゃない。いわゆるスピリチュアルなことに興味が出始めた頃だし、私の周りにもそんな人がかなりいた。そして私が本気でタロットなりを勉強すると、普通よりも早い段階で開業し、それなりに活動してると思います。コーチングだってそうなってますし。だけど、やっぱり私は「占い師」にはなれません。なぜなら、単純に向いてないと思うから。食うだけなら占い師でもいいのでしょうが、私にとっての遣り甲斐は、ビジネスパーソン向けのセミナーで、実際の会社の利益向上に寄与すること。その方向から日本を元気にしていきたいのです。

 ただ、私が話すような内容って、「こうすればすぐに儲かる」のような戦術的な話じゃないので、なかなか結果と結びつきにくいところ。それでもやはり、ビジネスであれ、日常生活であれ、メンタルの重要性は無視できないどころか、すべての基本だと考えています。ランチェスター経営の竹田先生も、経営力の53%はメンタルであり、残り40%が戦略、7%が戦術と言われています。

 じゃあ、メンタルって何かと言われると、一つには「イメージ力」だと言えるでしょう。もちろん「行動力」も重要。つまり何度も言うように「イメージ」しているものが常に現実へと反映される。しかし、いつも良いイメージでいるとは限らず、望ましくない現実に直面している場合、その元のイメージも無意識に良くない方向を向いていることが多い。その典型が「失敗したらどうしよう」なる怖れです。

 とくにそれまでの人生で失敗の経験が多かったり、一度でも大きな失敗をしていたりすると、それが「潜在意識」のプログラムとして働き、ついつい怖れに焦点を当ててしまうもの。すると、どうしてもその「怖れ」そのものが現実化してしまうのです。だったら「怖れるな」って意見もあるのでしょうが、「怖れる」も「怖れるな」も潜在意識では同じこと。なぜなら潜在意識には「否定形」が存在しないから。

 つまりは「怖れ」のループに入ってしまうと、アリ地獄のようになかなか抜け出せない。何かしようにも「怖れ」が出てしまうけど、「怖れない」ようにしても、結局、焦点を当てているのは「怖れ」のイメージそのもの。ではどうすればそのループから抜け出せるのか。私は「ゼロ」のポイントに立つことを提唱しています。

 つまり現実ってのはそもそも「幻想」であることを知ること。「怖れ」それ自体も自分自身が勝手に創りだして、そのような価値付けをしているに過ぎないこと。つまり何かやる際、まだやってもいないのに「失敗したらどうしよう」と勝手に価値判断をしてしまっている。そしてその根拠(言い訳)をたくさん列挙してくると思います。しかし、これからすることはまだ起っていません。過去にそうであっても、次がそうとは限りません。つまり「まだ起っていないこと」はそもそも「ゼロ」なわけで、「怖れ」ってのはそのゼロに対して勝手に色付けしているに過ぎないわけです。

 例えば過去の恋愛や結婚で失敗した経験がある人がいます。頭ではこれから先、いい恋愛や結婚をしたいと望んでいるのですが、いざそのような場面になるとどうしても一歩引いてしまう。また、最初からそんなことを考えないようにしてしまう。その理由として考えられるのは、過去の恋愛(結婚)ですごく嫌な思いをして、次の恋愛(結婚)でも同じような目に合うかもしれないとの恐れ。また、両親や身近な人の結婚や恋愛が、とても不幸せに見えてしまっていたこと。そのようなイメージが潜在意識に刷り込まれており、新たな場面に立っても、どうしてもそのイメージを貼り付けてしまう。

 もちろんいいイメージであればどんどん貼り付けていいと思いますが、悪いイメージであればあまりメリットはありません。だからと言って、悪いイメージをいいイメージに無理やり貼りかえるのも不自然です。ですので、もし悪いイメージにとらわれているならば、まずは一歩引いてみること。そしてこう自覚する。自分は今、勝手に過去のイメージを貼り付けてしまっている、と。

 そのようなまずは頭で理解する。しかし、実際の場面に立つと、今度は「身体」が反応してしまう。例えば好きな人ができた。近づきたい。だけど、過去に異性のことで嫌な思いをした。そこで「今度も嫌な思いをするかもしれいない」とイメージを貼り付けていることを自覚する。だけど、いざ近づこうとすれば、頭とは別に「身体」がそのように反応して、どうしても悪いイメージから抜け出せないでいる。

 そんな時、こうすればいい。その悪いイメージを「呼吸」とともに吐き出すのです。吐き出すには空気をたくさん吸い込む必要もある。つまり、深呼吸なんですね。ちょっと違うのは、息を吐く時に、イメージごと外に出るイメージをすること。すると身体の緊張が徐々にほぐれていき、新しいアプローチに対する抵抗が薄れます。そして最後はアホになること。つまり、あれこれ考えずに、ただ行動すればいい。仮に失敗しても、同じように深呼吸して何度もアプローチする。すると何回かに一回は上手くいくこともあるので、そのイメージを積極的に取り込むようにすればいいのです。そのような小さな成功を重ねていけば、今度は逆に「いいイメージ」が貼り付けられる。もちろんそれ自体も「幻想」であり、次やる時もいい結果になるとは限りませんが、都合のいいものだけ残しておけばそれいいんです。

 そうやって自分の世界を「都合の良いイメージ」で塗り固めれば、現実もすごくいいものになり、願望だって次々と実現するもんなのです。何度もこの話してしつこいですが、商工会議所で講演をするなど、正直、私自身のリソースから見るとかなり奇跡的。例えば行政書士の資格を持ってる人がいれば、その人の方が遥かに呼ばれるリソースはあるはず。もしも同じように、商工会議所で講演をしたいと思う人がいたとして、一方は行政書士の資格を持って活動している。一方は私のように特に何もないけど、本気でそう思っている。

 リソース(材料)だけ見ると私が不利に決まっています。でも、私は常に「どうすれば呼ばれるのか?」と質問し続けてきたので、それは面白い具合に実現するもん。行政書士の資格があっても、「行政書士なんて世の中にごまんといる」とか「自分にはネタが不足している」などと思っていれば、それがまた実現するのです。ごまんといようが関係ない。ネタが不足してるなら増やせばいい。たったそれだけのことですが、「できない理由(言い訳)」に焦点を合わせると、どうしてもそっちが実現しちゃうのです。

 ですので、もしも「願望」があるのなら、まずはそこに「焦点」を合わせること。だけど、無意識的に願望に反するイメージに焦点が当たってしまったら、まずは「ゼロ」のポイントに立つ。深呼吸はかなり効果的です。その上で、また新たにイメージをかぶせて本来の「願望」に焦点を当てること。

 で、結局言いたいことは、「現実なんて自分で自由に創れるもんですよ~(ただし生き死には別)」ってことです。いつも言ってることですがね。あ、そう言えば拙著に久々にレビューが付いてました。星二つで「二作目以降に期待か!?著者のブログの内容からするとパンチが効いてない印象。処女出版ということで無難な仕上がりにしたのかもしれません。スピ系、自己啓発系を読み込んでいる方にはすでに知っている内容ばかりだと思います。」と言うことで、ありがとうございます。二冊目以降をご期待ください。パンチの効いた本を書かせて頂きます!

 とにかく頑張りますよ。ブログも本もセミナーも。まだまだ拙い私ですが、徐々に徐々に良くなってる気もしますので、これからも温かい目で見守って頂ければ嬉しく思います。金曜日の「宇宙となかよし塾in東京」もどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【東京】1月27日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 東京
by katamich | 2012-01-25 23:39 | ■願望実現
 今日からまた「○×行動計画」をスタートさせ、起床時間は3時55分。自分の時間が3時間たっぷりあるのですが、このためには10時前には寝る必要があり。コーチングなどが入ってない日は10時前に寝る習慣を付けていこうと思います。しかし、そうなると寝る前3時間は食べないってのが難しくなる。と言うのも、毎日のルーティンとしては、6時半にツレを迎えに行って、それからご飯の支度。食べ始めるのはだいたい7時半前後。8時に食べ終わったとして、3時間あけると11時になります。もし10時に寝ることを可能にするには、私がご飯を作って7時には食べ終わること。う~ん、、、これはかなり厳しいか。じゃあ、8時に食べ終わるとすれば、とりあえず量を減らしてみようかと。明日からは夕食時は米を控えようと思います。ただし、カレーの時は除く。

 そう言えば以前、何度か夕食時の米抜きをしたことありますが、それだけで一週間で2~3キロは普通に体重が減ってました。まずは再びそれをすること。だけど、米って本当に美味しいんですよね。ちびQは米とみかんが今のところ主食のような感じです。そう言えばしばしば不思議に思うのですが、子どもってどうして果物ばかり好きなんでしょうかね。ご飯を残してお腹いっぱいと言いながら、みかんだけは絶対に食べる。単純に美味しいからなんでしょうが、人間の本来の姿ってのは「果物」で十分なのかもしれませんね。チベットのお坊さんも修行中は大麦とリンゴくらいしか食べてないようで、それでも厳しい修行に耐えることができる。

 この地球上に「食べられるために存在するもの」があるとすれば、それは「果物」しか考えられないでしょう。誰が言ったのかわかりませんが、魚は肉と違って食べられるために存在していると聞いたことがありますが、そんなのとんでもない話。菜食主義の人など、しばしば肉を食べるのは野蛮だとか不自然だとか言いますが、魚については意見のわかれるとこのよう。だけど、実のところ肉も魚もどこで区別されるのかわからない。同じ成分の血だって出るわけだし痛みも感じる。魚だってなにも食べられるために存在してるわけじゃないです。

 じゃあ野菜はどうか。それも実は食べられるためのものじゃない。しばしば「虫食いキャベツ」には農薬がかかっておらず、甘みがあって健康だって神話を聞くことがありますが、キャベツも虫なんかに食われたくなくて、青虫が食い始めると自ら毒性分を出して食い止めるそうです。確かにキャベツが全部食べられることなどなく、私たちが目にする虫食いキャベツは、ほとんどが一センチほどの穴。ですので、本当のところ、虫食いキャベツってのは、自ら出してる毒によって、農薬以上の危険性があるとの話もあります。普通の農薬であれば、葉っぱ一枚めくればいいですし、今の農薬は昔ほど危険ではないと。もし危険であれば、農薬を散布している農家の皆さんは真っ先に病気になりますもんね。

 会社員時代の仕事の関係で、農家や直売所の人にヒアリングに行ったことがあるのですが、あるブドウ園の方は、農薬を使わずに安全で美味しい作物を供給することは不可能だと言われていました。そもそも農薬をイメージだけで危険とみなす消費者の態度こそ問題があるのだと。比較で言えば、先ほどのキャベツの毒もそうですが、それ以前に添加物とかの方がアレルギー反応を起こしやすくて危険。また、今の食物には本来のエネルギーがないと洗脳し、特定のサプリメントばかり飲ませようとする会社もあるようですが、本来、人間ってのは必要な栄養分なりを自らの力で出すようになっていて、外部から安易に摂取し過ぎる方が危険とも聞きます。

 例えば抗ウツ剤などもそう。ウツ病ってのは、脳内ホルモンの分泌が抑制された状況を言うらしく、抗ウツ剤はその分泌を促進させるもの。ですので、本来であれば自分で脳内ホルモンをだすとこなんですが、やむを得ず薬で促進して出している。しかし、それに頼り過ぎると、自分で出す力そのものがなくなり、もっと強い薬を求めるようになる。そうなるとそれは一種の麻薬。それなくして生きていけなくなるし、サプリメント漬の人も決して例外ではありません。

 サプリってのはあくまで「栄養補助食品」であって、本来の食事の代わりになるものではありません。てなこと言うと、「その食事に栄養がないから、それを補助するためにサプリを常用せざるを得ないんです」と反論される人もいるでしょう。しかし、そう言われると私はこう言い返します。ならばエビデンスを示せ、と。つまり「今の食事には栄養がない」ってのは、サプリを売りたい特定の会社が一方的に言うことであって、それを示す客観的な証拠があっての話ではありません。

 実際、サプリとは無縁の生活している人だって山ほどいるわけで、中には不健康な人だっているでしょうが、めちゃくちゃ健康な人だってたくさんいます。私もサプリはほとんどとりませんが、すごく健康です。大切なのは、やはり自らの力。自らのエネルギーなんです。

 食事で言えば、サプリで必要なエネルギーを外部から摂取するよりも、美味しい食事を笑顔で食べる方が、よっぽどエネルギーが充足されます。なので、私もしばしば高いお店で美味しいものを食べるようにしています。美味しい料理と美味しい酒と、楽しい仲間と楽しい会話。それが何よりのエネルギー。もちろん普段の食事もそうです。決して贅沢な食事でなくとも、家族と笑いながら食べる食事以上に美味しいものはこの世にありません。それこそが私にとってのエネルギーの源です。

 なんでこんな話になったんだっけ。そうそう、子どもは果物が好きって話でしたよね。ふと思ったのが、一切の加工も味付けもせずに美味しい食べ物って、果物くらいしかないですもんね。野菜だって生でかじって必ずしも美味しいわけじゃない。キャベツもせめて塩かけて食べたいですし。だけど、みかんはそのまま食べられる。これってすごいことです。

 ただし、日本のみかんはかなり品種改良や努力を重ねて美味しいものになってますが、そのまんま天然のみかんとか決して美味しいわけじゃない。パキスタンを旅行中、みかんを一キロ単位で買って食べてましたが、正直、甘みもないし種だらけて食べにくい。だけど、それが普通なんですよね。と言うか、日本の果物全般的に美味しすぎる。アラブの富豪が、日本のスイカを一個一万円で買って食べてたって話を聞きましたが、お金があればそうするでしょう。私が知る限り、日本はおそらく世界で最も食材の美味しい国です。だけど、それは農家や食べ物に携わる人たちの不断の努力の賜物。やっぱり、感謝しかないわけですよ。

 私は米も肉も魚も野菜もすべて美味しく頂きますが、常に「いただきます」の気持ちを忘れることなく、爆笑しながら食べていこうと思います。だけど、明日から夕食のお米は控えます。炭水化物をちょっと取り過ぎてる反省もありますので、

 ところで今日もメルマガを配信しました。今回は久々に音声セミナーを配布しました。テーマは「目標達成・願望実現の大前提(音声セミナー)」ってことで、先日の講師オーディションのネタを中心に膨らませて30分。まだメルマガをとってない方は、常に最新の記事が読めますのでよかったらどうぞ。

それから金曜日の「宇宙となかよし塾in東京」ですが、もうすぐ満員御礼となります。実は申込数をしっかり把握してないのですが、おそらくあと3~4人だと思います。いや、ほんと、煽ってるわけじゃなく。ちなみに今回は参加者の中に10万部超えのベストセラー作家の方が3名いらっしゃいます。せっかくなのでしゃべってもらうことにしました。決して私から依頼したわけじゃございませんが(笑)、有り難い限りです。きっとすごいお話を聞かせて頂けることでしょう。ただし、主役はあくまで私ですから~!!

 そんなわけで、今日は本当は食べ物の話するつもりなかったのですが、ま、いいか。週末は東京とか熱海とかで、美味しいものを笑顔で頂いてこようと思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【東京】1月27日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 東京
by katamich | 2012-01-24 23:39 | ■食
ブログトップ | ログイン