宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2010年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

-人生を変える100日ブログ(61日目)- 

 いよいよ10月ですね。「天使企画第五弾」の「100%流れを変える魔法の○×計画」もたくさんの方がエントリーされてます。これは一種のコミットメントであって、特にエントリーされずに各自でやっていいと思っています。ただ、あえて指摘はしませんが、原則として「○」か「×」かで測定可能なものにした方がいいですよ。例えば「○○円稼ぐ」なんてのは、「目標」であって「行動計画」ではありません。「行動計画」とは一日のうちで「やった」か「やらない」かのALL or Nothingで測定ができること。

 「朝6時に起きる」は起きたか起きなかったで測定できるのでいいのですが、「なるべく早起きする」などは「なるべく」の範囲が明確じゃないのであまり適切とは言えません。「主観」ではなく「客観」でわかるようなもの。そこが重要です。これは「夢」や「目標」に対して同じかもしれません。コーチングなどで近い未来の目標を質問したりすると、「人から喜ばれるようになる」とか「満たされた毎日を送る」など抽象的な答えが出てくることが時々あります。もちろんそれが間違っているわけではありませんが、最初の段階では「人から喜ばれるとはどういうことか?」、「満たされた毎日とはどんな状態か?」を明確にする必要があります。

 コーチやセミナー講師によっては「夢や目標は明確にすべき」と「すべきでない」と意見が分かれることもあるのですが、これはどちらかだけが正しいのではなく、状況によって変わってくるもの。例えば現状を何としても打破したいと思っている人は「明確にすべき」ですし、現状である程度満足しているもののもっと上を目指したい人などは、場合によっては明確にする必要はありません。ただ、漠然とした感想としては、世の中の8割の人は、まずは「明確にする」からスタートした方がいいように思います。

 その意味で、行動に対して「○」か「×」かを単純につけていく行為は、現状を打破する上でもこれ以上にない方法だと言えます。岡田斗司夫さんが「レコーディングダイエット」という、単に食べたものを紙に書くだけの方法でダイエットに大成功したのと同じように、単純に「チェックする」だけで、相当な効果があるのは今まで言った通りです。そう言えばエントリーされている方の中に「計るだけダイエット」なる行動を掲げている人がいらっしゃいましたが、非常に理にかなってると思います。

 私の経験から言っても、体重が増える時は決まっています。それは「体重計に乗らなくなった時」です。私自身もウェイトコントロールには関心があり、自室に体重計を置いてはいるのですが、体重が増えているのを見るのは心理的ショックがあります。そのショックから逃れんがために体重計に乗らない日が増えると、、、気がつけば体重増で定着していることもしばしば。

逆に、毎日朝晩の2回体重計に乗っていると、体重は増えようがないってことも確認済み。「巻くだけ」とか「リンゴだけ」など「だけシリーズ」はいつの世にも流行りますが、本当に確実なダイエットってのは実は二つしかなくて、一つ目が「計るだけダイエット」であり、もう一つが「食べないだけダイエット」です。当たり前と言えば当たり前。

 あ、そうそう。私も年内にウェイトを数キロ落とすことを目標としているのですが、無事に落とすことができれば、いよいよ「あれ」へのお許しが出ました。ツレから。それは「ママチャリ講演会」です。福岡から東京までママチャリで移動しながら、その間、各都市にて講演会をやっていくもの。予定としては年内に目標体重をクリアして、来年の4月に実行しようと思っています。なぜ4月かはいろいろあるのですが、一つはさほど寒くもなければ暑くもないこと。そして花粉が落ち着いていることです。

 先日、ママチャリで日本一周している起業家と福岡で会ったこともあり、私の中ではかなり盛り上がってきてます。ちなみに10月から携帯のプランを変更しました。iphoneはホワイトプランのパケ放題。そしてAUはメールに特化したプラン。これは無料通話がないのですが、メールだけは送受信し放題。画像もデコメも定額700円のみ。なぜこれにしたかと言うと、ママチャリで移動中、ことあるごとにブログ(おそらく「裏側」とミクシィ)にアップしていくだろうから。ややこしい説明は省きますが、とにかくその方が便利なのです。そこまで射程圏内に入ってますので、年内の目標体重も何としてでもクリアなければですね。

 ただし、他にも条件があって、もしママチャリ講演会がスタートしたとしても、「野宿」は禁止。テントと寝袋の持参が許されず、毎回、サウナ、カプセル、ビジホ、人の家などになります。その時はいろんな方にお世話になるかもしれませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

 話を戻しますが、「○×計画」について言えば、実はいろんな効用があるのでが、その隠れた大きな効果として「○」ってのがあります。つまり「小さな○」を積み重ねることで、「大きな○」を実現するという効果。別の言い方すれば「人生に○」。思えば私の人生が変わる節目っていろいろあったのですが、一つには「滝行」が大きかったと思っています。特に2006年の「100日滝行」は1月~4月の寒い時期に毎日滝に打たれてたわけですが、一日で「○」を付けるのが、100日で100個の「○」が付いたわけです。そしてその100個の「○」は自分自身の人生に対して大きな自身を与えることにもなりました。

 今日、久々にユーストリームでライブ中継したのですが、その中で「お金」の話をしました。前回は「お金のビリーフ(内的世界)」って話だったのですが、今回はどうすればそのビリーフを変えられるかって話をしたつもりです。いろんな方法があるのですが、ビリーフも潜在意識である以上、「インパクト」と「繰り返し」によって変えるしかありません。ただ、インパクトはそう簡単には得られるものでないので、誰でもすぐにできるのはやっぱり「繰り返し」です。

 本当のこと言うと、「インパクト+繰り返し」が一番いいのですが、それについては10月の大阪名古屋でのセミナーにぜひご参加ください。ものすごいインパクトを受けると思いますので。ま、それはともかくとして、確かに時間はかかるのですが、確実な「ビリーフチェンジ」が「繰り返し」によるもの。それも一番いいのが「行動」を繰り返すこと。

 給与所得者のビリーフとして、「給料以外の収入を得るのは難しい」ってのがあると思いますが、そのビリーフ(思い込み)を変えるには、「背水の陣」に立たされるか、小さな行動を繰り返し積み重ねるしかありません。私の場合はその両方をやりました。実際に会社を辞めたことで「背水の陣」に立ち、その上でいろんなことをコツコツやってきて、振り返ってみると、今の自分はすごいところに立っていることに気づかされてるのです。

 では何をやったのか。それについてはいろいろありますし、ブログに書けないこともあるので割愛しますが、私の中の小さなパラダイム転換としてあったのが「ヤフオク」でした。初めて出品したのが2005年12月だったのですが、とにかく家にある不要なものを並べて、片っ端から出品してみたのです。多かったのが大学時代に使っていた専門書や哲学マニア時代に買っていた古書など。もう絶対に読まないものでしたが、それがどんどん売れてしまい、瞬く間に5万円以上の臨時収入が得られたのです。ソシュールの「一般言語学講義(小林英夫訳)」などは古本屋で1200円くらいで買ったのが、3,000円くらいで売れた上に、お礼状まで頂いてビックリしたものです。そうか、まだまだオレの知らない世界がある、、、と思ったものでした。

 つまり自分にとってガラクタと思っていたものが、インターネットを通じて簡単に「現金化」される現実に直面したのです。もしかしたらこの世には宝が散らばっていると思ったものです。そしてもう一つのパラダイム転換がコーチングで有料クライアントがついたこと。それまでは無料コーチングを続けていたわけですが、何の資格もないのに、周囲からの後押しもあって有料化に踏み切った途端、3人もの方から申し込みがきたのです。

 これはすごいパラダイム転換でした。ヤフオクの場合はあくまで価値があるのは「商品」に過ぎません。しかしコーチングの場合は「私自身」に価値があることを発見してしまったのです。どこそこ協会のバックもなく、このブログを通して知った私自身の価値を見出してくれた人がいた。その後、数十人ものクライアントを持つことができ、今でも継続してやっているのがコーチング。

 確かにヤフオクにせよコーチングにせよ、最初はインパクトがありましたが、重要なのはさらに「繰り返す」ことです。もちろん今はヤフオクなどたまにしかやりませんが、当時はとにかく出品しまくって当座のお金を作ったものです。最初はたくさんのお金を稼ぐことは難しいにせよ、継続することで、それがある時、ものすごい価値に膨らんでいることに気が付くものです。

 ですので「○×計画」とて、確かに一日一日はさほど変化を感じられないかもしれませんが、11月になって「○」の割合が7割以上になった時、今この時点(9月30日)を振り返って、確実に変化していることに気がつかされるでしょう。そして私自身もそれを「証明」したいと思っています。一つ一つ、一日一日は小さな「○」であっても、それが積み重なれば巨石を動かすほどの大きな力となり、人生が「○」であることに気がつかされるかもしれません。

 そうなんです。人生はそもそも「○(OK)」なんですが、それに気づいていない人がなんと多いことか。そのことに気が付くためにも小さな「○」を積み重ねる。その連続が「人生」を創るって寸法です。楽しみになってきましたね。さあ、10月も楽しみましょう。ありがとうございました。

クリックも積み重ねて頂けると嬉しいです!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋


【参加します】
10月12日(月):福岡「著名・偉人・経営者500人」集会!


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-30 23:39 | ■願望実現
-人生を変える100日ブログ(60日目)- 

 すっかり秋らしくなってきましたね。ちびQは保育園に完全復帰し、大泣きしたのも最初の一瞬だけ。すぐにオレオレ顔に戻って好き勝手やってるようです。ところで明日30日で9月も終わります。久々にユーストリームをやりたいと思います。9月30日(木)22:30より「第八回宇宙となかよしUSTセミナー」を開催します。テーマは「お金2」です。お楽しみに。

 さて金曜日から10月ってことでいよいよ新しい「天使企画」がスタートします。その名も「100%流れを変える魔法の〇×計画」です。10月に限定して、具体的な行動計画を3つから5つ、毎日チェックするだけ。昨日も言いましたが、この「○×」はやってみるとわかりますが、ものすごい効果です。ちょっとした心地よいストレスになりますが、確実に「変化」していることを実感できます。早い人で3日で実感できますし、どんなに遅くても一か月もやれば確実です。当たり前と言えば当たり前。今までやってなかったことをするのですから、変化しない方がおかしいわけです。それもある程度継続しますので、3日もやれば何らかの実感が伴ってきます。

 ただ、、、気をつけて欲しいのは、100日ブログもそうですが、最初はやる気満々でもテンションが下がること。これまた私自身が経験してることなので言えるのですが、途中から「この行動計画でよかったのか・・」とか「そもそもこんなことして何になる・・」とか「自分らしさがなくなっている・・」とか、変な理屈が出てきて止めてしまうパターンがあるってこと。最初に言っておきますね。

 実はこの内的対話こそが「潜在意識の現状維持メカニズム」であって、せっかくもうちょっとで変われるって時に出てくるフレーズです。潜在意識は良くも悪くも「現状維持」しますので、せっかくの新しい習慣も、どうにかして止めさせようと働くものなんです。だからと言って終点がないのもきついので、あえて「一か月限定」にしているのです。もちろんそれ以降も続けたければ続けていいし、むしろ続ける方がいいと思っています。それは100日ブログも同様。

 何度も何度も何度も言いますが、この「○×計画」は確実に「変化」を実感できます。誰もが例外なく。ただし、やればの話。地味でシンプルですが確実です。てなわけで、私も10月1日から一か月間やってみようと思います。久々ですが、以下を設定。


 ・朝6時までに起きる
 ・夜、米を食べない
 ・腕立てを一日100回する
 ・お菓子や菓子パンの買い食いをしない
 ・寝る前にブログを更新する(宇宙・公式とも)


 他にもいろんな方が参戦されるようですが、「行動計画」を立てる際、一番重要なのは「具体的」で「客観的」であること。「○」か「×」かでチャックでき、「△」はないってこと。例えば「不平不満を思わない」ってのはおよそ測定が難しいでしょ。「不平不満を言わない」になるとちょっと見えやすくなりますが、それでも無意識に言ってる可能性もありますので、まだわかりにくいかな。それよりも例えば、「一日3人以上の人にありがとうを言う」とか、「今日一日で感謝できたことを書く」などの方がいいです。そう言えば以前、「愛と感謝日記」ってのを付けててたことがありました。その日一日で「与えたこと(愛)」と「受け取ったこと(感謝)」をさらっと書くだけ。それもまた凄い結果が得られるのですが、詳しくはまたの機会に。

 それはともかく、私のなどはわかりやすいでしょ。「朝6時までに起きる」であれば、6時前に起きれば「○」だし、起きれなければ「×」を付けるだけ。この「○×」のいいところは、チャレンジに対するハードルを下げること。「朝6時までに起きる」だと、自分で「早起きが苦手」と思っている人は、それだけでハードルが高くなります。それを表に「○」を付けるってことまで下げてしまうと、「なんだそんなことか」と心理的ハードルが低くなり、早起きができるって理屈です。とにかくもスタートですね。


 ところでまたまた話変わりますが、先日の「Q州ツアー」にて何度も話題に出てきた「ヘミシンク」について。参加者のMaoさんはヘミシンクの達人らしく、面白い話をいろいろ聞かせて頂きました。本や体験談を読むだけでなく、目の前に実際に体験をした人がいると、話にリアリティが出てきますものね。ただ、そこだけ切り取って話を聞くと、めちゃくちゃ怪しいんですけど(笑)。アトランティス時代の話とか。ちなみに私は、アトランティス大陸は「ある」と思っています。

 で、今日、ヘミシンクについていろいろネットで検索してたら、面白いブログを発見しました。「まるの日 <ヘミシンクのある暮らし>」ってブログですが、同じく九州在住で、著書もヘミシンク関係で数冊出されているみたいです。ざっと過去ログを読んでみたところ、なんと「スプーン曲げ」の話が書かれてるじゃないですか。読んでとても共感。

 ようするに「スプーン曲げ」など誰でもできるってこと。超能力でもなんでもなく、「自分の力」で曲げられるものなのです。そもそもスプーンのフォルムを見てください。いかにも「曲げてください」的な形してるでしょ。あれが頑丈な鉄パイプだったとしたら、きっと手品でも使われないと思います。

 つまりは「スプーン曲げ」など不思議でもなんでもなく、曲げようと思えば誰でも曲がるのです。もし「曲げられない」という人がいれば、それは「曲がらない」という思い込み(ビリーフ・内的世界)がその人を支配しているからに過ぎません。そこでスプーンです。「曲がらない」と思っていたものが「曲がる」ことを体験するのにかっこうの材料ってこと。まるの日さんもおっしゃってるように、「このスプーンは人の意識を変えるためのキッカケなんですよね」ってことです。。

 先日のQ州ツアーでも、初日の宿坊ワークで「スプーン曲げ」をやりましたが、最初はなかなか曲がらなかったのが、終了の瞬間に曲がったり、私が一回転させて曲げているのを見て、それでぐにゃぐにゃに曲げることができた人がいました。「曲がらない」と思っていたものが、実際に「曲がっている」のを見て、それが「曲がるもんだ」と気持ちが変わった瞬間ですね。つまりは「思い込み(ビリーフ・内的世界)」が変わるってことです。

 同じようなのに「雲消し」があります。私も最初は「まさか~」と思っていたのですが、5年前に滝行の導師が実際にされてるのを見て、「できる」ってのがインストールされた瞬間、できるようになりました。理屈はわかりませんが、消そうと思った雲が実際に消えるのだから不思議です。もしかしたら思い違いかもしれませんが、それでもかなりの確実さで消えるのだから、こればかりは実際に見ればわかること。

 先日のQ州ツアーでも、熊本ICから阿蘇方面に向かう途中、渋滞にあってしまったのですが、その時、せっかくなので車内から「雲消し」を披露してみました。すると本当に消えたのを見たメンバーは、その瞬間から次々と消せるようになったのです。これもまた「消えない」の思い込みが「消える」に変わった瞬間のことですね。

 何事もそうなんですが、「できない」の思い込みを「できる」に変えてしまえばそれは実現します。NLPではそれを「信念・価値観」と置き、しばしばビリーフチャンジワークなるものをしますが、まさにそれ。私自身、サラリーマン時代は「独立して生計を立てるのは無理だ」と思っていたのが、その「思い込み」を変えるだけで、実際にこうやって生活してますもんね。やっぱりすべては「思い込み」なのです。

 その意味で、まるの日さんも言うように、スプーン曲げは「意識(思い込み)を変えるゲートウェイ」とも言えるのです。先日の宿坊ワークでもやったように、10月の大阪・名古屋セミナーでもやってみたいと思っています。一見、サイキックなパワーに見えますが、実はそのサイキックなパワー自体も誰もが持っているもので、特殊なことではありません。ちなみに最近、NLPとシャーマンに関する研究をしていて、その辺の話も今後できればと思っています。実際、NLPの創設者であるリチャード・バンドラーはシャーマニックな呪術にハマっていると、、、苫米地英人さんの本に書いてありましたし。

 そんなわけでして、「スプーン曲げ」も「雲消し」も原理は同じ。つまりビリーフチェンジであり、内的世界の書き換えのことなんですね。もし「自分は願いが叶わない」と思っている人がいれば、それがまさに原因です。その「思っている」が原因。もしそれを「願いは叶って当然」に変えてしまえれば、自分の願いは面白いように変わっていきます。その意味で10月の「○×計画」も活用する価値はあると思っています。つまり「○×計画」で70%以上の達成率を上げれば、そこで「できる」がインストールされますので、それをきっかけにまさに「願望実現の達人」になってしまうわけです。すべては「思い込み」なんですよ。

 30日のユーストリームセミナーでも、その辺の話をたっぷりできればと思っていますので、どうぞお楽しみに。あ、そうそう、ヘミシンクのCDを一つ注文してみました。楽しみです。今日はこの辺で。ありがとうございました。

クリックでビリーフチェンジ!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋


【参加します】
10月12日(月):福岡「著名・偉人・経営者500人」集会!


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-29 23:39 | ■願望実現
-人生を変える100日ブログ(59日目)- 

 さあ、いつもながら、何を書きましょうか。今週に入って、部屋の掃除をし、読まなくなった本をブックオフに出しました。14冊出して1,200円ちょっとですのでかなりいいですよね。以前に購入していた雑誌の類もほとんど破棄。すると部屋がスッキリとして気分が爽快になりました。つくづくいい時代です。読まなくなった本が僅かながら現金に変わり、それで部屋まで片付くのですから。それから、今年の2月に大阪で行った「出版記念講演会」の音声を公開しました。ちらほらご要望があったのですが、有料講演だったので有料での公開です。ただ、ダウンロード後の後払いにしています。8月に行った東京セミナーでの音声も後払いにしているのですが、思ったよりたくさんの方にお申込み頂き、支払い率は9割。今のところ。これまた思ったより高いです。ありがとうございます。

 ところで今日、「公式ブログ」の書評を更新するために本棚をあさっていたら道幸武久さんの「夢の叶え方」なる本が出てきて再読しました。昨年、道幸さんの福岡講演会にて買って、懇親会までの時間に一気に読んでそれきりの本。さすがに「加速成功」されただけに、参考になる記述がいくつもありました。

 その中で面白かったのが「欲しい年収の3%を投資せよ」という考え方。元はブライアン・トレーシーからのようですが、確かに収入の高い人たちはそれ相応の投資をしているように思われます。私の周辺にも、今、ビジネスで成功されている人が何人もいますが、やっぱり相当な自己投資をしてきたし、今でもしているようです。

 「自己投資」ってのが実は最も確実で「ローリスクハイリターン」の投資であることを、彼らはよく知っているから。これが株や外貨の投資になると、一見、リターンが高いように思われますが、リスクも当然高いです。数年前にオセアニア系の株や債券がいいと言われ、たくさんの方がそっちに走ったのを知っていますが、今では言うまでもなく、リーマンショックに円高の影響ですっからかんですもん。私も一時期、その辺に色気を出しそうになりましたが、私はせっせと自己投資に励んでいたおかげで、今、こうやって豊かに生きていけていると思っています。

 2005年に独立してから2年間で100万円以上の自己投資をしましたが、当然、今ではとっくに回収しそれ以上になっています。もしあの時、ファンドやFXに走っていたら、、、考えただけでも恐ろしいです。基本的にお金の投資ってのは、あくまで余剰資金でやるか、堅実なファンドの程度に留めておくべきだと思っています。その資金があれば自己投資。今年も数えてみたらすでに30万円以上の自己投資をしており、実は、、、そのおかげでかなりの利益を現時点で得ています。

 例えば8月後半に北岡氏の20万円の合宿セミナーに参加しましたが、そこで得たヒラメキを実行したら、そのセミナー代は瞬く間に回収。何をしたかと暴露しますと、あの時、そのセミナーに参加するために上京しましたよね。そこでせっかくなので前日にイブニングセミナーをしました。一応、それを録音してたのですが、その録音へのニーズがありましたので、料金後払いで公開したところ、それだけでセミナーにかかる諸費用プラスアルファを得ることができたのです。

 このようなヒラメキが得られるのも自己投資のすごいところ。無料がよくないってわけじゃないのですが、仮に有料と同じコンテンツであっても、自分に対する「価値」が違ってきます。例えば一万円程度の内容であれば無料で公開する講師も多いのですが、それを実際に一万円でやることもあります。どう言うことかと言うと、「同じコンテンツ」でありながら、「無料」の時と「有料」の時があるってこと。となると、「有料」で参加した人は損ってことになると思われがちですが、、、実は「逆」であることを知っている人は知っています。

 無料でも有料でも時間に対する投資は同じ。無料で参加した場合、なぜか時間を失うだけで終わってしまうのですが、有料で参加した場合、なぜかその額の何倍かのリターンが得られることがあるのです。こればかりは感覚論なのでなんとも言えませんが、私自身を考えてみても、有料情報の方がはるかにリターンが大きい気がします。

 結局のところ、そのものに対する「価値」は自分の中にだけあるのです。同じコンテンツだからと言って、誰もが同じリターンは得られないのは、やっぱりその人の「価値」に左右されるから。さらに言ってしまえば、「投資」した額と、自分の「価値」は比例しやすいって法則もあります。

 ただ、例外もあって、同じコンテンツに対して同じ額で参加したにも関わらず、リターンが違う場合があります。その違いは何かと言うと、それを「投資」ととらえるか、「消費(浪費)」ととらえるかの違い。ではその「違い」はどこから出るのか。それは「自分」をメインと考えるか、「コンテンツ」をメインと考えるかの違いなのです。

 例えば先月、私は20万円のセミナーに参加しましたが、最初からそのセミナーが「20万円」の価値だとは思っています。20万円以上の価値があるから参加する、、、ではないのです。私の場合、「私が参加すると、私にとって20万円以上の価値になる」と思っているから参加したのです。そしてそれは現実になりました。

 考えてみれば当然のこと。私の母親がそのセミナーに参加したところで、完全なる時間と費用の無駄になりますが、それは「私」が参加するから価値があるのであり、私自身もそう思っているからそれだけのリターンを得られるのです。そしてセミナーで得たリターンは「一回限り」ではなく、一生ものになることがある。だから「自己投資」は費用対効果が高いわけです。ついでに言うと、先月のセミナーで得たヒラメキやリソースはまだまだありますので、それを使ってこれからリターンをどんどん得ていく段階にあります。つくづく参加したよかったです。

 てなわけでして、もしも欲しい年収があるのであれば、その3%以上は自己投資せよってのも、当たり前と言えば当たり前の法則。ただ、あくまで「投資」であることが大切。それが「消費」や「浪費」にならないよう、確実に回収するつもりで参加することが重要。

 私のセミナーにしても、その中の一つでも確実に実行すればかなりの効果が得られます。先日私のセミナーに参加されたある男性の話によると、そこで得た情報を翌日に試すと、すぐに仕事が2本舞い込んできたとか。それは偶然だと言う人もいるかもしれませんが、実際に実行してみればよくわかること。

 そう言えば先日面白い本を読みました。「バカでも1000万円」ってタイトルだったと思いますが、内容としては文字通りバカでも「ある法則」を実行すれば年収1000万円はいけますよって本。覚えている限りで言うと、その中にスピードが大切って話がありました。ようするに「すぐする」なんでしょうが、例えばシリア大使館の人と偶然に出会って、そこですぐに「シリアに行きます」みたいなバカ加減です。すると相手はビックリしてただ者じゃないと誰がも思うわけです。それがご縁でその著者は、中東滞在中は一銭も使うことなく、シリアでの講演会も実現。そこからさらにレバノンやドバイでの講演会の内定し、さらに国内でも自衛隊での講演会が内定したそうです。

 これなんかも理屈ではなく「実行」のすごさを身をもって証明したってことなんでしょう。やっぱり「実行」なんですよね、何事も。例えば昨日アナウンスした「100%流れを変える魔法の〇×計画」なんてのも、誰に迷惑かけることもないし、リスクもまったくないのだから「実行」してみればいいのです。それでうまくいったら儲けものだし、いかなくても失うものはないはず。ま、やれば確実に変化することは保証できるのでありますが。

 ちなみにその話を続けると、なぜ「○×」が効果的かと言うと、それは心理的なハードルを下げながら行動できるってところにあるのです。例えば「一日に腕立て伏せ100回」と言うと、それだけで「大変だ~」と思って出来なくなってしまいます。それが単に「○をつける」ってところまでハードルが下がってしまうので、なぜか心理的な圧迫感が少なくなってしまうのですね。でも「○」を付けるには、腕立て100回やらなければならない。ただ、目に見えるアウトプットは「○」だけ。でありながらも「○」を付けてるってことは腕立て100回もやってるので、それだけのリターンが得られるって理屈です。やりたくなったでしょ。

 とにかく何事も「実行」が大切ってこと。その意味で言うと、無料よりも有料の方が「実行」に対するモチベーションが高くなりますし、それだけ「価値」があるってことなのです。得たい年収の3%を自己投資に当てろってのも、あながち感情論だけではなさそうです。あ、そうそう、また「宇宙となかよしUSTセミナー」を復活させますので、次回は9月30日(木)の22:30からです。どうぞよろしくお願いします。てなわけでして、今日はこの辺で。ありがとうございました。

クリックも実行あるのみ!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋


【参加します】
10月12日(月):福岡「著名・偉人・経営者500人」集会!


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-28 23:39 | ■願望実現
-人生を変える100日ブログ(58日目)- 

 2週間ぶりの保育園。保育園に着いてから大泣きしたのですが、迎えに行って聞いてみると、いつもと同じようにマイペースに遊んでいたとのこと。ただ、ここ最近、自分のおもちゃを触られたりすると、メッ!っと言って怒るようになってしまい、保育園から「ご家庭でもそのように叱られるのですか?」と聞かれちゃいました。正直、私はまだ叱ったこともなく、完全に保育園の先生の影響だと思っていたのに・・・(笑)。

 これからもある程度の躾は大切だと思うのですが、基本的に怒らない親になりそうです。ま、今になって思うのですが、子どもに対して怒る原因のほとんどが、、、「親」にあるのではないかと。もちろん、ちびQはまだ小さいし、今後、どんな「悪さ」をするかも知れませんが、少なくとも中学生になるくらいまでは、怒る原因のほとんどが「親」のエゴではないかと、ね。

 世の中には勉強しないから怒る親もいるでしょうが、大人になってわかるのが、勉強なんかしてもしなくてもその人の収入や幸せには何の影響もないってこと。言いすぎかもしれませんが、学生時代の成績や学歴なんてものは、大人になってからの生活力やら幸せ度に対してまったく無関係。それを「勉強しろ!」って言うのは、単なる親のライバル意識ではないかと思うのです。我が子の成績が自分の価値に反映させたりして。もちろん勉強もできないよりはできた方いいでしょう。かけっこだって遅いよりは早い方がいいと思うし、勉強なりスポーツなりでいい成績を取ればしっかりと褒めてやるとは思います。だからと言って、逆に成績が悪くても、「怒る」まではいかないと思うのですね。

 それよりも「自分らしさ」を失うことの方が怖いですもん。世の中には「人様に迷惑さえかけなければ何をやってもいい」なんて寛容な親もいると思いますが、私にしてみれば「迷惑さえかけなければ」ってのも余計な条件付けです。もちろん無理して迷惑かける必要もないし、悪者になれって言うのではありません。

 普通の大人になれば自然と、何が迷惑で何が迷惑でないかわかるものだし、生きていく上でも、人様に迷惑かけちゃダメってくらい学習しますもんね。親が教えるまでもなく。私としては「宇宙の法則」を知ることの方がはるかに重要。つまりは「与えれば得られる」って話とか。

 人様に迷惑かけるような行為をすれば、巡り巡って自分に返ってくる。逆に人様に喜ばれるような行為をすれば、巡り巡って自分に返ってくる。親がどうこう言うよりも、そのことを自ら悟るような接し方をする方が、本当の意味での教育ってことになるのでは、、、と思うのです。ごくごくシンプルなことですが。

 ただ、この「宇宙の法則」ってのについて、実は世の中の大人でさえもほとんどわかっていないのも事実。自分の幸せは一生懸命に考えるのだけど、そのためには相手を幸せにすればいいだけ。相手から何かを奪ったりすれば、いずれは自分も奪われる。そのタイムラグがあるので気づかない人が多いのですが、よくよく見るとピッタリと帳尻が合ってたりしますもんね。不思議なことに。

 だから、、、と言うこともでもないですが、やっぱり「与える人」になる方が得ってことですよね。ちびQも今は「生存本能」のままにおもちゃを守ろうとするわけですが、そのうちに「目の前のおもちゃは与えた方がいいもおもちゃが手に入る」なんてことを悟って欲しいものです。口で言ってもわからないでしょうから、それはまず、態度で示そうと思っています。

 
 ところで話変わりますが、「天使企画第五弾」をスタートさせました。名付けて「100%流れを変える魔法の〇×計画」です。私もいろんな「願望実現メソッド」を知っていますが、これほど確実に、かつ短期間に流れを変える方法は他にありません。早い人で3日もすれば変化を感じることでしょう。でもこれは特に不思議なことでもなく、今まで習慣になかったことを「3日間」もやれば、何らかの変化が起こって当然です。そしてそれが1か月も続くと、確実に人生の流れが変わります。ただし、、、「やれば」の話ですけどね。もちろん合う合わないはあるでしょうが、やれば確実に変わる。私も何度も実証済みのメソッドです。

 ただ、私の経験上、一か月から3か月程度のスパンでぱっぱと片づける方がいいみたいです。もちろんずっと続けてもいいのですが、私のブログがそうであるように、ずっと続くものをずっとチェックしても仕方ないです。「そろそろ流れを変えるかな~」とか思った時に、短期間でやるとその効果がよくわかります。ちなみに私は今年2回目です。10月1日から31日までの一か月間。年末にかけてスパートをかけたいと思います。今日は短いですがこの辺で。ありがとうございました。

クリックを与えると、、、何かが得られる!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-27 23:39 | ■願望実現
「天使企画第五弾」です。その名も「100%流れを変える魔法の〇×(まるばつ)計画」です。変なタイトルですが、実はこれ以上、「確実」に人生の流れを変える方法を私は知りません。

潜在意識に定着させるためには「インパクト」と「繰り返し」が重要。この方法はひたすら「繰り返し」に集中したもので、ある意味、地味と言えば地味なんですが、何一つ曖昧さもない確実な方法であることは間違いありません。

それは毎日の行動計画を立てて、単純に実行したら「〇」、実行しなかったら「×(または空白)」をつけるだけ。正直、3日で効果を実感できるもの。まったく誇張ではなく。

ただ、私の今までの経験から言うと、「行動計画」は少なすぎても多すぎてもダメ。多いよりは少ない方がいいのですが、適度な数としては3から5程度。10は多すぎで、かなり負担になって自爆する恐れがあります。最初は3くらいがちょうどいいかな。

そこで参加にあたっての「ルール」をご説明します。参加条件は「なし」です。参加表明などせずに勝手にやることももちろん可能。ただ、表明した方が表明しないより続きやすいって人はぜひご参加ください。では行きます。



【ルール】

1.10月1日から「1か月限定」とする

2.毎日の「行動計画」を3~5程度設定する
  ‐「〇」か「×」かで評価できるものに限る
  ‐「気分よく過ごす」など感覚的なものではなく、「朝6時に起きる」など客観的にわかるもの
  ‐表現は「肯定文」でも「否定文」でもOK(お菓子を食べないなど否定文でもOK)

3.本エントリーのコメント欄に「行動計画」を書く
  ‐数は必ず3つから5つまで(多いとやらなくなることは保証できます)
  ‐ブログをやっている人は自分のブログをリンクする(しなくてもよい)
  ‐行動計画の目安としては、2割程度頑張りが必要程度で 
    ・ヘビースモーカーがいきなり「やめる」ではなく、一日40本を30本にする程度
    ・毎日の晩酌でビール3本の人は2本にする程度
    ・朝8時に起きている人がいきなり5時起きではなく、7時に起きる程度
    (いきなりハードルを上げると続きませんので)


 <コメント例>
  
 ・朝6時までに起きる
 ・夜、米を食べない
 ・腕立てを一日100回する
 ・お菓子や菓子パンの買い食いをしない
 ・寝る前にブログを更新する(宇宙・公式とも)


4.毎日「〇」か「×」かを必ずつける
  ‐寝る前か翌朝すぐに
  ‐ブログをやっている人はどこかに記す(書き方は自由)
   例:〇×計画 4/5」 ←5つの計画のうち4つをクリアと言う意味
  ‐「〇×計画」の文字に上記のように本エントリーをリンクしてもよい
   (しなくてもよいが、した方が、初めて見た人にわかりやすいかも)

5.達成率70%以上を目指す
  ‐本計画終了時(10月31日以降)に「達成率」を本エントリー又はブログに記して終了



ちなみにこの「達成率」と「願望実現率」は驚くほどの相関します。何度も実証済み。それでは参加お待ちしております。ともに頑張りましょう。
by katamich | 2010-09-27 11:24 | ■天使企画
-人生を変える100日ブログ(57日目)- 

 9月の連休も今日で終わり。Q州ツアーから一週間がたち、ちびQはずっとお家、木曜日から来ていた大阪の母親も今日の午前中に帰りました。ちびQはこの2週間の入院騒動の間、かなり成長した気がします。言葉も多くなったし、意思表示も明確になってきて。可愛いしぐさもかなり覚えました。明日からようやく保育園に復帰。私も日常が戻ってきます。

 さあ、今から何をしましょうか。昨年の10月1日は私にとって記念すべき日でした。博多に出張に来ていた評言社の社長とお会いして出版にゴーサインが出た日。それから2週間ほどで原稿を書き上げ提出。ちょうど11月に沖縄に行っている間にゲラが家に届いて、すぐに見直し。3日間ほどでファックスのやり取りで原稿の修正。そして印刷に入り、12月の「出版プレ講演会」にて会場に直接本が届き、初めての御対面と相成りました。まるで初めて我が子に会うような心境だったのを覚えています。

 あれから一年。2010年も残り3カ月ちょっと。今年もいろいろありましたが、有終の美を飾るためにも、一冊は本を出します。今のところ大きく2つのネタがあり、どちらが先でもいいし、場合によっては同時でもいい。ネタとしてもかなり成熟しているので、現段階での私の集大成になりそうです。2つのネタとは「悟り」と「願望実現」です。もし、願望にとらわれないあり方を「悟り」と言うのであれば、その二つは矛盾していることになります。しかし私の中では「悟り」も「願望実現」も見ている角度が違うだけで、実は同じことを言っている。その辺のことを2冊の本をリンクさせながら表現できればと思っています。

 ただ、今までブログやセミナーなどで様々な「表現」をしてきたと思うのですが、どうやっても「言葉」には限界があります。特にブログでは様々な矛盾と誤解を招いてきたこともあり、一貫性のなさを指摘されたこともあります。ただ、ふと思ったのですが、世の中にそもそも「矛盾」なるものはあるのでしょうか。「矛盾」とは辻褄が合わない状況を意味するのでしょうが、この世の中って現象だけ見ていると、辻褄の合わないことばかり。散々地球環境を破壊してきた企業や政府が、いまだ現在進行に破壊しながらも「環境保全」をうったえかけたり。そんな事例はいくらでもあります。

 しかし、その人なり、企業なりが、命をかけて本気で主張し実行していることに「矛盾」などあるのでしょうか。言ってることがわからないかもしれませんが、私だってわかっていません。でも、感覚的にも言えることは、もしかしたらこの世には一切の「矛盾」など存在しないってこと。

 例えば哲学や精神世界でしばしば言われるのに「決定論」対「自由意思論」ってのがあります。「決定論」とは、この世の中は最初からすべて決まっており、何一つ自由意思が挟み込む余地がないって立場。一方、「自由意思論」ってのは「決定論」とは逆に、この世の中は何一つ決まっていることなどなく、各々の自由な意思決定で世の中が動かされているという立場。

 この二つは一見、「矛盾」しているように思われます。しかしもしここで、それは両方正しい、と言うとどうなるでしょうか。多くの人が、それは矛盾してる!と叫ぶでしょう。しかし私の感覚では、どう感じても、そして考えても、「決定論」と「自由意思」はまったく矛盾していないのです。それを言葉で説明すると、ある程度までは納得頂けると思いますが、完璧な説明など出来ないことだけは確か。

 ただ、一つ言えることは、この世の一見矛盾していると思うことをすべて受け入れることができれば何かが変わるってこと。もしかしたらそれを「悟り」と言うのかもしれないし、別に言い方では「メタ」に抜けるってことなのかもしれない。

 そもそも私たちは、その「存在」そのものが矛盾に満ちています。その一番の矛盾は、私たちは「死」に向かって「生」きているということ。ハイデガーはそんな私たちのことを「死への存在(Sein zum Tode)」と呼んだわけですが、自明のことながら、私たちは100%の確率でいつか死にます。それだけは自由意思の介在が一切許されない「決定論」であることは間違いないです。もちろんその時期はわかりませんが、いつか死ぬことだけは確か。

 そして生きるとは、まさに死に向かうこと。こうやって一秒、一分、の経過とともに、私たちは確実に「死」に向かっています。あたかも「死ぬために生きている」かのごとく、この一瞬一瞬を過ごしてわけです。なんと矛盾に満ちた存在なのでしょうか。

 およそこの世のすべての宗教、思想、哲学は、この「生」と「死」の矛盾を超越するために存在すると言っても過言ではありません。私たちの「苦」や「恐れ」の根源は「死」であり、どうにかしてそれを超越することだけが、ひょっとしたら私たちが生きている意味なのかもしれません。

 その「超越(メタ)」としての道がもしかしたら「悟り」なのでしょう。「悟り」の本質は何かと問われれば、様々な解答を用意することはできるのでしょうが、究極の一言を言うならば、それは「死を待たずして死ぬこと」なのです。もちろんそれは仮死状態になることでも、幽体離脱することでも、瞑想などで変性意識を体験することでもありません。

 「死を待たずして死ぬ」とは、「人間は必ず死ぬ」ことを覚悟すると同時に、「人間は絶対に死なない」ことを知ることに他なりません。つまり「人間」は「死ぬ」と同時に「死なない」ってことを知ること。それが究極の「悟り」なのです。

 別の言い方をすれば、私たちは今この瞬間にも、、、「生」と「死」を同時に体験しています。誤解が生じそうなのを承知で書くと、「生」が「有」であり、「死」が「無」であるとすれば、私たちはまさに「有」と「無」を同時に体験しています。本質的にはこの世に「時間」などは存在しません。なぜなら「時間」の正体は「記憶」であり、「記憶」とは「実在」ではないからです。「記憶」とは前頭葉が生み出す、単なる脳内現象に過ぎないのであって、正真正銘のリアルな「現実」ではないからです。

 そこで「時間」が存在しないとすれば、あるのは「時間」を超越した「今」だけ。しかし「今」とはその概念があるだけで、それの実態を示すことは不可能です。ユークリッド的な言い方をすれば、0次元こそが「今」であり、そこには長さも面積もなく、ただ位置(存在)があるだけ。つまり「無」なのです。私たちは常に「無」にしか生きるところはなく、別の言い方をすれば、私たちは「無」を「有」していると同時に、「有」など「無」いってのが「存在」の本質なのです。

 段々とわけわかんなくなってきたと思いますので、この辺で元に戻りたいと思いますが、とりあえず今を生きようよってことですよね。私たちが生きられるのは「今」しかないわけで、その瞬間瞬間に最高の「オレ」を生きることだけが、宇宙から求められている一つの「生き方」なのかもしれないってね。

 やっぱこの辺りの話って言葉にするのは難しいっす。でも、言葉にする必要もなく、「それは矛盾してませんか?」って言われたら、「そうですね」の一言で返しときゃいい。その「そうですね」の一言がなかなか出てこないってのが、今までの私だったのかもしれませんが、ここ数日の何らかの変化においては、すべてが「そうですね」って気分なので、たぶんこれからも「そうですね」で生きていけそう。もちろんあえて「論争」や「理屈」の言い合いをすることはあろうけど、すべてに矛盾がないように、すべてが「そうですね」の世界だってことも知ってるわけだから。

 と言いながら、10月1日から「○×」の行動計画一ヶ月限定でやりましょうよ!なんて呼びかけてりしても。でもそれはそれでいい。生活なんて変える必要もなければ、そもそも変わらない。もっと言えば、自分って存在も絶対に変わらない。これは死んでも変わらない。バカは死ななきゃ治らないってのは永遠なるウソ。死んでも治らない。それでも変化を目指して「今」を生きることはいいんじゃない、、、って気分です。

 今日は(も)なかなかにわけわからんブログになりましたが、明日からまた日常が始まります。でも、そもそも言えば「日常」も「非日常」もないわけで、ただ単に「今」があるだけ。今日も明日も同じ「今」を生きるだけ。ま、いろいろありますけど、いろいろないわけで今日はこの辺で。ありがとうございました。

ぽち、、、ぽち、、、ぽちり、、、ぽ・・
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-26 23:39 | ■精神世界
-人生を変える100日ブログ(56日目)- 

 ここ数日、ちびQの入院、Q州ツアー、実家から母親など、いつもと違う毎日が続いていたためか、生活のリズムも狂いがちでブログの更新が翌日の午後になってしまっています。理想的にはその日の24時までに更新。そのサイクルを早く戻したいものです。ところでセミナーなんかでもいつも言ってるのですが、「確実に生活リズムを変える方法」ってのがあって、それはまず「確実に願望実現へと加速できる方法」でもあります。

 どうするかと言うと、毎日の行動計画を5つばかり決めて、実行したら「○」、実行しなかったら「×(または空白)」にしておく方法。ただそれだけなんですが、やったら確実に生活パターンが変わります。これは何度も何度も実証済みですが、私の場合、生活がマンネリになってきたり、ちょっと流れを変えたい時にやるようにしています。中には完全に習慣化するものもありますので、そんなのまでわざわざ「○×」つける必要もないのでね。

 で、最近ちょっといろいろ感じるところがあって、10月1日からまた始めようと思います。以前、メルマガで無料配信した「願望実現3点セット」を再び活用しようかと。最近の私にとって、ちょっと「変えたい」と思うのが、「朝起き」「ダイエット」「掃除」「ブログ更新」でしょうか。そのためのメニューとして、、、


1.朝6時までに起きる
2.夜、米を食べない
3.腕立てを一日100回する
4.お菓子や菓子パンの買い食いをしない
5.寝る前にブログを更新する(宇宙・公式とも)


の5項目を再び設定しようと思っています。何度も言いますが、これほど「確実」に変わる方法もないわけで、私の場合、年に何度かこれをすることで自分自身を律するようにしています。数日でその変化がわかるので、これまた面白いのです。

 人間ってのは、ほっておくとすぐにマイナスの方向に進んでしまう性を持っています。エントロピー増大の法則とでも言いましょうか。ですので、時には意図的に「プラス」の方向に持っていくことも重要。この「○×」だけで確実に変化するのだから不思議。

 てなわけで、10月1日から一緒にやりませんか? 特に「100日ブログ」の参加者の方は10月限定でこれをやって、11月のゴールに向けてラストスパートって感じで。もちろん100日で完走する必要もなく、ルール変更ってわけじゃないですが、一応、「年内」にゴールすれば「完走」ってことにします!

 ですので、ストップしてたり遅れたりしている人もご安心ください。リミットは「年内」です。これ、最初に言っちゃうと気が抜けるだろうから、あえて「108日以内」としてたのですが、50日を過ぎた辺りから「年内」に変更するつもりでいました。ほんと。ですので頑張りましょう。100日書くと、本当にすごいこと起こりますから。すでに起こっている人もいるようですし。

 それに加えて「10月限定の○×行動計画」です。ルールは簡単。毎日やろうと思っている行動を5つばかり用意します。私で言うと上の5つね。ようするに「○」か「×」かですので、5つのうち4つやれば、「4/5」とどこかに記せばいいだけ。一か月を30日とすると(10月は31日ありますが)、150のマスがあって、100以上の「○」がつけば、達成率70%ってことになります。そしてこの「達成率」と「願望実現率」ってのが驚くほど相関しますので、これほどまでに確実な「願望実現方法」もないってこと。

 何度も言ってきたと思いますが、「願望実現」ってのは一言で言うと「内的世界」の書き換えです。そして実際に書き換える際に、「行動」>「言葉」>「思考」の順に強くなるので、単に「思うだけ」よりも「言葉にするだけ」よりも「行動」すれば、その「内的世界」の変換率も格段に上がるってこと。理屈は簡単。

 そのためにはまずは「できること」をする。私で言うと、突然、「断食」なんてできっこないので、まずは「夜に米を食べない」なんてハードルの低い項目を設定するわけです。米は確かに美味しいです。ただ、一週間も夜に米を食べなければ、私なら確実に1~2キロは体重が減ります。そして徐々に身体を軽くしていって、11月には3日間のファスティング(断食)をしようと思っています。インドはブッダガヤにて、「太陽の祭り」に際してミネハハさんが断食すると言うので、私もそれに乗っかります。感謝と平和の気持ちを込めて3日間、食事を断ちます。ただ、飲み物は可とします。ミネハハさんはあのインドにて飲み物も断つそうです。

 そうそう、今回のQ州ツアーから一週間経ちましたが、やっぱり「仲間」と行く旅の素晴らしさに改めて開眼してしまったので、来年、再び「インドツアー」を企画したいと思っています。行先はまだ決まっていません。前回と同じになるか、ラダックになるか、ゴアになるか、ネパールになるか。まずはミクシィでコミュを立ち上げましたので、年内に「10名以上」の参加者がいれば、本気で企画したいと思っています。

 あと、年内にすることと言えば、本を出すこと。これも一気に書き上げて、一気に出版に運びたいと思っています。10月はいよいよ動き出します。9月もそんなこと言ってたと思いますが、ここんとこの停滞(プラトー)をバネにしていよいよ飛躍です。その手始めとして「○×」をやりたいと思いますが、特に100日ブロガーの皆さん、たった一か月だけですので、よかったらお付き合いくださいね。今日はこの辺で。ありがとうございました。 

ランキングも上位を目指したいです!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-25 23:39 | ■願望実現
-人生を変える100日ブログ(55日目)- 

 今日は平日でツレは会社に行ったので、日中は実家の母親とちびQと3人で過ごしていました。午前中にスーパーに行ったのですが、いつものごとく大はしゃぎのバカ笑いで、スーパー中にちびQの大声が響いていました。そう言えば昨日、「踊り狂え」って記事を書いてから、ミクシィを見に行くと、今回のQ州ツアー参加者MAOさんの日記が上がっていました。勝手に引用します(^^)


-------------------------------------

行ってきました九州滝行ツア~~~~~~~~~~~~~~

もうあまりにも楽しくて・・・・

嬉しくて・・・・・・

驚き・・・・・

恐怖・・・・

ひらめき・・・・

悟り・・・・・・・・・

スプーン曲げは当たり前~~

雲消しまでMaoさん出来るようになりました~~

どんなに楽しかったか、この感覚をみんなで感じて欲しくて、いろいろ探していたら~~~~~~

なんとマイミクさんが、素晴らしい動画をアップされてました~~~

そうそうこんな感じ~~~~

楽しさがビンビン伝わる~~~~~~~~~

ではご覧アレ~~~~~~~~~~~




-------------------------------------


 そう、これが本質ですよね。人生楽しく。ただそれだけ。踊って踊って踊って悩みも不安も吹き飛ばせ。ただ、あるがままでいい。そのまんま。自分らしくあればいい。笑顔の数だけハッピーになれるんだよ。

 それから同じく今回参加者のきのぴーの日記から。


-------------------------------------

気づきは、日常の中にある。
感性、感じる力 を高めるには…自然。浄化…。六根清浄 
自然(パワースポット?)だけでも、カオスな日常で乱された感覚を元に戻す力があるが、
それ以外に、仲間?の力も大きい。
今回は神社やパワースポットを似た感覚の仲間と訪れたことによって
「洗われた感」が強く、カオスな東京に戻ってきてもそれが長く持続できている感じがする。
超、おひとりさま行動好きでしたが、感性の合う方々と一緒に行動するって、
こんなにすごいんだわぁーと実感ー。中村隊長が言ってたのはこういうことなのかな。


-------------------------------------


 そう。一人で行くのもいいんだけど、仲間と行く旅は格別だもんね。結局のところ「パワースポット」とは何かって話になるんですが、それはいかに「笑い」があるかどうかなんだと思うのです。例えば今回行ったすっごいパワースポットである「秋元神社」についても、確かにパワーはあります。でも、その「場」のパワー以上に大切なのが、場のパワーによって訪れた人が「笑顔」になること。

 「ここ、めっちゃすごいやん!!」って言いまくって「笑顔」になる。それがパワースポットのパワースポットたる由縁だと思うのです。ですので、同じパワースポットに行ったところで、その人の眉間にしわが寄って口角が下がったりなんかいたら、せっかくのパワーも相殺されるどころか、その人の邪気やらでパワースポットの力が低くなってしまう。

 率直に考えると、パワースポットに行きたがる人の半数は「パワーが欲しい人(パワーがない人)」だとすれば、有名になったパワースポットの波動が、有名になるにつれて下がると言われるのも当然のこと。「秋元神社」はこれからますます有名になるでしょうから、将来的に波動が下がるのも致し方なしとは思います。

 ただ、逆に言うと、そこに訪れた人がどんどん「笑顔」を落としていけば、パワースポットはますますパワースポットとなる。しかしながら、エントロピー増大の法則から言って、パワースポットの波動は時とともに下がっていく。2012年までは。

 今回改めて思ったが、やっぱり「不満・愚痴・悪口」ってのは、自分はもちろんだけど、一緒にいる人、そしてその場に対してもいい影響を与えないってこと。MAOさんなど、今まで何度も会っているし、昨年のツアーにも参加されて知っている限り、「不満・愚痴・悪口」のない人。だからこそ2年連続で「招き猫」も当たるのかもしれませんし、彼の周りにはいつも笑顔が絶えないのでしょう。

 なので先日も言ったように、私もこれから、「不満・愚痴・悪口」を言いません、、、とMAOさんに言ったら、「多少は辛口の方がQさんらしくて面白いですよ」と言われてしまい、「やっぱ!そうっすか~!」と返事したのですが、ま、辛口であったにしても「不満・愚痴・悪口」を言う理由とつながらないので、これから先は言わないように努力します。考えてみると、まだまだ多い私ですから、少しずつ減らしていきますです。

 ま、それはともかくパワースポットとは結局のところ、「場」だけでなく「仲間」、、、つまり「人」なんだと思うのです。なぜ人は小林正観さんの講演会に行くのか。それが面白い面白くないは別として、そこに「笑い」があるから。なぜ川口喜三郎さんの講演会が流行るのか。それもまた「笑い」があるから。ちなみに私が初めて川口さんの会に行った時、「笑い」のデモンストレーションがあり、私が代表して皆の前で「笑い」の実演をさせられましたっけ。再び行くことはないでしょうが、あれはあれでやっぱり!ってところ。

 MAOさんなんかも、実に「存在」してるだけで笑えますもんね。運がいいはずです。昔、ある友達に対して「お前は存在自体がギャグや」なんて揶揄をしてたこともありますが、それってものすごい「徳」ですよね。だって何もせずとも「存在」してるだけで「笑い」を取れるのですから、そこまでの「徳」を積めるってすごいと思うのです。

 昔、松本人志が主演してた「伝説の教師」ってドラマがありましたが、同じく主演で教師役の仲居正弘が松本に対して「人間は何のために生まれてきたんですか!!」って詰め寄るシーンがありました。その時、松本が答えたのが「笑うためや」の一言。当時ニート状態だった私にとって、その一言は心に染み入りました。

 やっぱり「笑い」はパワー。パワースポットの源は「笑い」です。ちなみに「笑い」が多いと目尻の皺が濃くなりますが、「笑い」が少ないとどうなるかと言うと、目尻の皺こそは濃くなりませんが、顔の筋肉を使ってないためか、顔全体に張りがなくなり、皺と言えないような細かな皺が顔全体を包み込むようになります。それによって顔全体が黒ずんで光沢を失ってしまいます。

 一方、「笑い」が多い人は顔全体がつるんつるんで輝いています。「運」ってのは「輝き」に引き寄せられますので、「笑い=開運」ってのは当たり前だし、それがパワースポットへと結びつくわけです。何度も言いますが、今回のQ州ツアーは様々な「気づき」をもたらされましたが、私がフリーランスを開始した時の、まさに「原点」に帰れたような気がします。ありがたい話です。それもこれも参加されたメンバーのおかげです。

 てなわけで、これからもますます楽しく爆笑な人生を歩んで行こうと思うのであります。Q州ツアーは来年までやりませんが、もしかしたらインドツアー第二弾その他ツアーはやるかもしれません。全国各地でのセミナーや講演は引き続きやっていきますので、「歩くパワースポット」としての名に恥じないよう、どんどんハッピーを伝染させていきたいと思います。ありがとうございました。 

クリックと同時に笑うと開運!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-24 23:39 | ■精神世界
-人生を変える100日ブログ(54日目)- 

 今日から大阪の母親が来ています。元々、ちびQに会いに来ることになっていたのですが、入院後ってこともあり保育園はお休みでちょうどよかったかもしれません。それにしても今日は急に寒くなってきましたね。Q州ツアーが一週間遅かったら、滝行もかなりきつかったかもしれませんね。そんな意味でも、やっぱりうまくいっている、と。

 今回のツアーでは、とにかく「すべてはうまくいっている」を再確認できる素晴らしい経験となったのですが、よくよく考えると、「すべてはうまくいっている」も「すべてはうまくいっていない」も状況は同じではないかと思うのです。ようするに心の問題と言えば味気ないかもしれませんが、実際、そうなのでしょう。どこに「視点」を当てるか。その違いだけなのかもしれません。

 例えば「渋滞」で到着が遅れたとしましょう。そこで「渋滞でなければ得られたであろう価値」があるとして、そこに「視点」を向けると「すべてはうまくいっていない」になるのでしょうが、逆に「渋滞だからこそ得られた価値」が実際にあって、そこに「視点」を向けると「すべてはうまくいっている」となるのです。ただそれだけの違い。そして普段、どこに「視点」を向けているかがまさに「人生の質」なのでしょう。

 もちろん目的地に早く到着するために、渋滞を回避する手段を取ることは大切。でも渋滞になってしまって、しかもそれが過去のことになった時点で、それは受け入れるしか方法がないはず。「あの時ああしておけば・・・」と後悔するのは、正直、潜在意識さんに負担をかけすぎですもんね。潜在意識さんはどんな「質問」にも必死で答えようとするので、「あの時ああしておけば・・・?」の質問に対しても必死で答えを検索しようとします。もともと存在しない答えであるにも関わらず。

 すべてを受け入れるところから真の人生は始まる。これだけが私たちが体験しうるリアルな現実世界なのでしょう。であるにも関わらず、「受け入れない」って選択肢を取るのは、まさに「受け入れなかったら・・・?」とこの世に存在しない仮想世界、幻想世界に彷徨うだけ。何の解決策にもなりません。

 何度も言うように、すべてを受け入れること、つまりは「感謝」することで、本当の人生が始まり、本当の自分を生きることができるのです。しばしば「本当の自分」を探すって話をよく聞きますが、本来、「本当の自分」なんて探すものではありません。なぜならすでにそこにあるのだから。「探す」ってことを止めたら見つかるかもしれない。本当の自分が。

 なんてこと書いたら、あの歌を思い出しました。井上陽水さんの「夢の中へ」です。


探し物は何ですか
見つけ難い物ですか
カバンの中も 机の中も
探したけれど 見つからないのに
まだまだ探す気ですか
それより僕と 踊りませんか
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと 思いませんか


休むことも許されず
笑うことは止められて
這いつくばって 這いつくばって
いったい何を 探しているのか
探すのを止めたとき
見つかることも よくある話で
踊りましょう 夢の中へ
行ってみたいと 思いませんか




 実はこの歌詞は麻薬のガサイレに来た警察を揶揄する内容だって噂がありますが、たぶん本当のことでしょう。そこから飛躍的に解釈すると、ここで探しているのは「本当の自分」って理解することもできます。ヤクでもやってぶっ飛べば見つかりますよ、、、とは言いませんが、「ヤク=脳内麻薬」って解釈すれば納得できるかもしれません。

 「脳内麻薬」って言うと、何か特殊なもののように聞こえるかもしれませんが、本当のこと言うと、脳内麻薬が出ている状態こそが通常なのです。そしてそれが著しく出ていない状況のことを自律神経なんとか言ったり、ウツと言ったりするのでしょう。

 つまりは「探す」のを止めて、すべてを受け入れながら、ハッピーに踊りましょうよってね。するとそこに「本当の自分」が見つかるのよって。私たちがいつも現実と思っている世界は本当は存在しなくって、「夢の中」と思っている世界にこそリアルな現実であり、本当の自分が存在する。そんな風に解釈してしまいました。

 とにかく今することは何か。探すことじゃなくって、踊ることなんだよ。それでええやないか。そして今もまた踊り狂うのであります。ありがとうございました。

踊り狂いクリック!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-23 23:39 | ■精神世界
-人生を変える100日ブログ(53日目)- 

 今日も一日、ちびQと一緒でして、はい。寝かしつけの時、私も一緒に寝てしまうのでして、はい。それにしてもまだQ州ツアーの余韻から抜けません。3日間のことをいろいろ思い出しては感慨に耽ってしまいます。そして来年のことを考えたりしてね。そうそう、怒涛の3日間のレポートが終わりました。


Q州ツアー初日(南蔵院・宿坊・滝行・・) 2010.9.18 

Q州ツアー二日目(秋元神社・免の石・ペンション・・) 2010.9.19 

Q州ツアー三日目(輪葉葉・押戸石・帰り路・・) 2010.9.20
 


 そして今回の参加者の方のブログも勝手にご紹介。100日ブログにも参加されています。


ジブログ。
 
Shineになる!★きのぴーのらららブログ
 


 まだ途中のようですが、面白いのが「ジブログ。」の「帰還」に、「Shineになる!・・」の「Qさんツアーメモ」でしょうか。お二人ともかなり天然美人のアラサー女子で、独特の感性で今回の旅を振り返って頂いてます。

 私のように理屈っぽく書くよりも、感覚に任せて素直に書かれている方が何か伝わるものがありますよね。お二つとも必見のブログです。

 その中でやっぱり「MAOさん」って人が登場しているのですが、昨年と同じく今回も旅のキーパーソン。実は今回、MAOさん経由で参加されたメンバーもいらっしゃいました。詳しい経緯は割愛しますが、ミクシィ日記で「滝行」で検索。するとMAOさんの「滝行でグランディングと浄化だど~~~~」って日記を偶然見つけたのだそうです。それが8月23日の日記。そこで私のブログとQ州ツアーの案内を見つけて即申込みという、直感の塊のような女性。チャネラーでありシャーマンでもあるので納得ではありますが。そんな感じで一見偶然と思えるようなことが重なって、今回の12名のメンバーが集まったってわけですね。つまりは必然であり最初から決まっていた!

 それにしても面白かった。ぜひ来年もやりたいと思います。それ以外としては、福岡でちょくちょくいろんなことやりたいとも思っています。パワーアップしたイブニングセミナーを始めとして、「早朝宝満山」に「宝満山キャンプ」も。実は今回参加のきのぴー(←NHK幼児番組に出てくる「ことちゃん」に似ている)は現在東京在住で福岡出身なため、月に一度は帰省するそうなんです。それに合わせて無理やり何かのイベントを企画するのもいいね。飲み会もいいけど、土曜日に「畑観音」で滝行した後、宗像大社によって素敵カフェなども。帰省の時は連絡するようになりましたので、何かする時は気楽に合流ください。ミクシィでアナウンスすると思いますが。

 ま、何だか遊んでばかりのイメージですが、確かにそうかな。でも大人が「遊び」を一生懸命すると、それは仕事になる、、、と言ったのは高橋歩だったと思います(中村隊長だったかも・・)。人はよく「好きなことをすればお金はついてくる」などと言いますが、確かのその通り。でも中にはそうならない人もいる。理由は簡単。「好きなこと」を一生懸命にやってないから。「好きなこと」をし続けるためには、時として「好きじゃないこと」をしなきゃらないことだってある。それをするのが嫌だからと、結局、好きなことをせずにいるのは、ようするに情熱が足りないんです。

 とにもかくにも、オレはこれからも遊んで遊んで遊び尽くそうと思います。ただし、何事も一生懸命に楽しく努力。人生ってさあ、、、最初から決まってるようなものだから、何やってもいいですよね。ほんとうに。だからとことんお任せ。決まってるから何もしないのではなく、決まっているのだから何でもできる。だからやってやってやり尽くすんです。

 何だかんだ言って、やっぱり汗臭い情熱っていいよね。別に汗臭くなくてもいいけど、物事に一生懸命に取り組むっていいよね。やりたいことがあるのなら、、、私が保証します。やってやってやり尽くしてください。ただし、保証はするけど補償はしないのであしからず。さあ、次は何をしましょうか。そろそろ本格的に執筆シーズンがやってきました。昨年も10月に「宇宙となかよし」の後半を一気に書き上げたように、そろそろ1~2冊は書きあげちゃいましょうかね。やっぱりオレがやりたいことって、ブログはもちろんだけど、本を書いたり、人前でしゃべったりすること。これからやりまくりますので、どうぞよろしくお願いいたします。今日はこの辺で。ありがとうございました。

クリックしまくりをお願いします!
↓   ↓

人気blogランキング


【大阪】10月16日(土):願望実現NLP1dayセミナーin大阪

【名古屋】10月17日(日):願望実現NLP1dayセミナーin名古屋

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-09-22 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン