宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2010年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

b0002156_1211192.jpg 今日は篠栗町の「金剛の滝」に行ってきました。いつも「不入道」よりもずっと遠いのですが、今日の気分は金剛だったのです。ここはとにかく水がきれい。不入道は雨が降ると砂が混じるんですよね、どうしても。それにしても気持ちよかった。毎日でも行きたい気分。時間のある日曜日とかはここにしよう。うん。

 てことで、時間的にちびQを保育園に送ってからになったので、滝行の後、家についたのは昼過ぎになりました。猛烈に眠くなって小一時間お昼ね。すいません。2時からコーチング。その後はいろいろ作業して5時には家を出ます。今日は大野城市の「まどかぴあ」にて「宇宙となかよし塾」。3月末から月1~2回でやってきて、いろいろわかったことがあります。

 まず一つ目。最初の構想では前半がお話会で、後半を瞑想会にする予定でした。しかしそれが守られたのは、最初の2回のみ。それ以降はずっとお話会になったのです。つまり、話が盛り上がると、途中で切り上げられない性格ってことで、気がつくと終わりの時間でした、、、ってことになるのです。

 それからもう一つ。やっぱりテーマを決めてしゃべった方が良いみたいです。和室の車座でのお話会なので、フリートークでいくとどうしてもシマリがなくなってしまう。ってことで今日は初めてテーマを設けてしゃべりました。それは、

「信念が人生を創る!」

ってテーマ。

(すいません、猛烈に眠いので続きは明日朝に)→(続きます)


 ボイスレコーダーを片手にしゃべりました。約一時間。なかなかいい話ができたと思うのです。その音源については、ある方法にて配信させて頂きたいと思っていますので、詳しくは7月1日のブログにて。で、どんな話かと言うと、もう、タイトルの通りです。「信念」こそが人生を創るっていう、ある意味、厳しそうな、ストイックそうな話。

 ただ、この中にはブログには書いてこなかった生々しい話も含まれています。実は昨年末の東京講演会で初めてお話したことがって、変な話、勝手にスッキリした自分がいたわけですが、昔から私のブログを読んでいる人にとっては、気になる話かもしれません。

 今でこそ、全国でセミナーや講演、企業研修、コーチング、執筆などして生活していますが、2005年に会社を辞めてから、今に至るまで、一体どうやって生活していたのかって話も含めて。それから、いかにして今の状況をつくることができたのか。きれいごとばかりじゃなく、それなりに生々しくやっていたこともあるんですよって。もちろん4月1日に書いたような「アダルトビデオのモザイク消し」ではありません。別に怪しいことじゃないんですが、公にはあまり言ったり書いたりしてないこと。

 ただ、そのようなこともありながら、なんとか今の状況に至るまでに、食いつないでいたって事実もあるんです。ですが、ただ祈っていただけでもなく、ベースには強い「信念」があったんです!って話もしました。そして「信念」の作り方。

 ただ、こう言っては何ですが、「信念」や「覚悟」だけでも物事はうまくいかない。こないだも書いたように、力を抜くことも重要。目標達成においても、ガチガチに目標設定して、行動計画作って、一つ一つ確実にこなしながらも、一方で「いい加減(良い加減)」でいることも大切。今日、お話している時は意識してなかったんですが、そう言えばすごく悲しいニュースが入ってきましたよね。

 「冬のソナタ」のサンヒョク役のパク・ヨンハ氏がお亡くなりになられたこと。実は私も「冬ソナ」にはハマった口でして、ヨン様よりも、パク・ヨンハさんにこそ感情移入した方です。毎週、サンヒョク切な~いとか言って入りこんでましたから。で、ヨンハ氏の死因はどうやら自殺であると。遺書はまだ見つかってないのですが、父親の介護疲れとか、芸能人としてやっていく上での不安とか、人間不信とか、いろいろ言われているそうです。

 そのニュース聞いて、すごく悲しくなったと同時に、パク・ヨンハって真面目だったんだな、、、って思いました。もちろんいろんな状況があっての結果ですので、外野からいちいち言うこともできないわけですが、できればもっと「いい加減」に生きてもよかったんじゃないかなって、純粋に思ってしまいました。自殺したりウツになったりするのは、どこか真面目で深刻すぎたりすることがあるのかなって。何をやっても救いがない、どっちに転んでもダメだ。そんな状況(と言うよりむしろ思い込み)で、最悪のケースとして自ら命を断ってしまう。

 以前、ジャズ関係の本だったと思いますが、いまだに覚えている話があります。とある大学のジャズ研究会での話。毎年恒例のコンサートがあって、その年もそのために練習を重ね、チケットをさばいてきたのですが、公演の直前に会場が取れてないことが判明しました。時すでに遅しで、チラシも刷って、チケットもさばいているのに、その日のその会場は取れないことになりました。そして責任を感じたマネージャーの男子学生は、それが理由で自らの命を断ってしまったって話。

 確かに会場を確保するのはマネージャーの役割だったかもしれませんが、それはマネージャーひとりの責任であるはずはないし、他の部員だってそんな風に思っているはずもありません。もちろんマネージャーを責めた人だっているかもしれませんが、人の命に匹敵するようなことでもありません。他人からすれば「そんな小さなこと」に過ぎません。そもそも人の命に比べられるような価値のあるものなんて、この世に存在しないでしょ。

 で、その本の話者は今では有名なジャズマンだったと思いますが、彼は人一倍真面目だったもんな、、、って話していました。一休さんの話が有名ですよね。一休さんが死ぬ時、お寺のお弟子さんたちに巻物を託しました。どうしても困った時にはこれを開きなさいって。最後まで最善を尽くして、それでもダメな時だけ開けなさいって言って死んでいきました。

 そして数年が経ち、本当に困ったことが起こりました。そこで一休さんの巻物を思い出して、さもスゴイ解決策が書かれてあるだろうと思って恐る恐る開いてみると、

「心配するな、なんとかなるさ」

と書かれてあったとか。それによっておそらくそのお寺も窮地から脱したのではないかと思います。一休さんらしいエピソードですよね。ま、午前中にパク・ヨンハの悲しいニュースを聞いたからかもしれませんが、「信念が人生を創る!」って言っておきながら、最後は「いい加減に生きましょう」みたいな話で落ち着いてしまいました。

 もちろん「いい加減」ばかりだと信用も失うし、願いだってかないません。でも、あんまり深刻過ぎるよりは、いい加減である方がいいかなってのが本音。ジャズ研のマネージャーももっといい加減だったらよかったのでしょうが、真面目だからマネージャーを引き受けたのかもしれません。親の気持ちを考えるといたたまれないです。

 そうそう、今日の話の中で、めっちゃうろ覚えで話したものがあるんですが、さっき確かめました。ですので、今日の「宇宙となかよし塾」に来られた方は、まさに「いい加減」な話しを聞かされてしまったのですが、きちんと書きたいと思います。ソースはフォレスト出版の柳田さんという方と、名言セラピーで有名なひすいこたろうさんの対談から。先日の東京出張時に、バスの中で聞いていた音源で、なるほど~と思った話。今日、突然思い出して話そうと思ったのですが、オチだけ覚えてて細部はデタラメ。そのいい加減さも、実際の音源を聞いて頂ければと思いますが・・・(笑)

 どんな話かと言うと、夢を叶える3つの原則について。それは柳田さんのお母さんの話なんだそうですが、お母さんが年始の決意として、柳田さんにメールを送ってきたと。何かに触発されて。そのお母さんは川柳をやっているので、一つ目の決意が「川柳を毎日書く」、二つ目が「川柳の何かに応募する」。これを「原則」に当てはめて言い換えると、「継続する」と「一歩を踏み出す」ってこと。

 つまり何事も継続が重要。ひすいさんも「名言セラピー」のメルマガは継続されてます。そして、さらに重要なのは一歩を踏み出すこと。私が本を出したのも、五日市剛さんに相談しなければ出せませんでした。そして評言社に企画書と原稿を送って、とにかく一歩を踏み出したわけです。そもそも会社を辞めたのもそう。セミナーを始めたのもそう。何事も覚悟を決めて一歩を踏み出す。ひすいさんも「名言セラピー」を何かに応募して出版。これが大切。

 最後に柳田さんのお母さんが3つ目に書いてきた内容が「毎日夜12時までに床につく」こと。ですが、そのメールを発信したのが「12時15分」でしたってオチ。つまり「いい加減」なのです。それをひすいさんが聞いて感動して、夢を叶えるすべての条件が柳田さんのお母さんから学べるって話をされてたんですね。

 いい話だと思いました。それで自己弁護するわけじゃないですが、私のいい加減さもかなりのもの。今回の21日滝行に際していくつかの課題を課しましたよね。「お菓子・アイス・菓子パンを食べない(果物はOK)」「毎朝5時に起きて滝に行く」「腕立てを100回する(続けてではなく)」「ブログはその日のうちに更新する」の4つ。

 正直に白状しますが、腕立て100回は初日に撃破されました。50回やって続きは夜とか思ったのですが、夜はもう筋肉痛になって、腕立てができなかったのです。そこで私の理論が発揮されます。私にとっての初日の50回は100回に匹敵するキツサだからこれでよし。最終的に100回になればいいのだ~って。そんな私を見て、ツレはいつもあきれます。それから「ブログはその日のうちに更新する」ってありますが、今日のブログは途中までその日のうちに書いて、眠いとか言って続きは翌日。なんとか公約を守っている、、、なんて自己弁護。いい加減ですいません。

 結局、言い訳になってカッコ悪いのですが、でも、ま、いいか。「信念が人生を創る!」とか鼻息荒く言いながら、最後は「いい加減でいきましょう!」ってオチになりました。でも、何度も言うけど、最初からいい加減じゃダメよね。ようはどっかで力抜いて生きていきましょうってメッセージなのです。

 セミナーなんかで時々言われるのですが、私ってストイックで厳しいみたいな見方されることあるようですが、実際はものすごくいい加減。身近なツレがそんな私を見て「ブログのコメントに書くよ!」ってしばしば言われます。自分から白状しますが。でも、それはそれでいいと思ってます。と同時に、夢を100個以上書いたり、壁に計画表やアファメーションを貼ったりして、なんとか頑張ってます。私なりに。

 てなわけで、「宇宙となかよし塾」も初めてまともな話ができたところで、とりあえず定期開催はこれにて終了。でも、今日やった感じでは、また開催してもいいかなって思ったりして。いい加減ですよね。でもまた思い出したように開催したいと思います。来月は東京でもやりますけどね。

 そう言えば今日で2010年も折り返し地点。明日から下半期に入ります。ついこないだ正月で、ちびQつれて佐賀の親戚の家に行ったとこだったのに、早いです。でも、毎年、私は下半期に加速しますので、これからガンガンやりますよ~。それから明日、つまり7月1日にあることを発表します。別に大したことじゃありませんが、新しいこと始めようかなって。それに関連して音源のプレゼントもさせて頂きます。今日も5000字になりました。ありがとうございました。

いい加減なクリックも大切な一票です!ありがとうございます!
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【東京】7月24日(土):願望実現1dayNLPセミナーin東京

【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾 in 東京


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、東京方面での講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)

【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾
9月4日(土):ミネハハ・ソロデビュー15周年 マザー・テレサ生誕100周年記念・チャペルライヴin北九州2010

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-06-30 23:39 | ■人生哲学
 5時起床。自力で5時に起きたのは3日目。と言うことは、明日、5時に起きれなかったら見事に「三日坊主」になってしまいます。そしてその可能性が普通は高いです。初めてテンションの高さで早起きとか、それ以外にも新たな習慣づけをするのでしょうが、続くのはだいたい3日くらいで、4日目からは猛烈に反発が入ってきます。つまり「潜在意識の現状維持メカニズム」ってやつです。現に今、その日のうちにブログ更新を課しながらも、めちゃくちゃ眠い事実があります。決意してなかったら余裕で寝てるところ。サッカーには興味ないし。

 では、今日も「願望実現」について書きたいと思います。昨日の日記では「・・・んなこと、ど~でもいい!!」ってスローガンで、ま、とにかく気楽にってことが言いたかったのです。願望、願望、願望、、、でそれが執着になると絶対に叶いませんので。真剣ではあれど、深刻にはならないこと。これが鉄則です。

 コメント欄にもありましたが、願望ってのは願ったら忘れること。これも鉄則です。例えば提案するとすれば、3日なり一週間なり、開き直って願いまくること。執着と言われようが、とにかく狂おしいほどに願う。ですので、その期間を過ぎたら、きれいさっぱり忘れること。願って忘れる。願うのは意識、忘れることで潜在意識にストンと入る。この二段構えが「願望実現」において共通するパターンなんですね。

 ただ、この「忘れる」って感覚がなかなかわかりにくいとは思います。忘れなさいと言われて、「はい、忘れます」ってできるほど、人間は器用じゃありませんから。なので本当に忘れる必要もなくって、別の言い方すれば「手放す」ってことになるんでしょう。ただ、こんなことばかり、理屈ばかり言っても、どんどん本筋から離れてしまう気もします。でも、ダメ押しでもう一つだけ言います。「忘れる」を言い換えると「手放す」、そして「手放す」をさらに言い換えるとなんになるでしょうか。答えを言います。行動する、です。

 セミナーなどでも何度も言ってますが、「顕在意識=言葉」であるのに対し、「潜在意識=感覚」となります。「感覚」すなわち「身体(筋肉)」ってことで、「潜在意識」を活用する最も的確な方法が「身体を動かす」ことなんです。つまり「行動」ですね。理にかなってますよね。

 「願望実現」のセオリーにばかり気を取られて、とにかく何もしない、つまり行動しない人が多いように思いますが、それでは「潜在意識」には入りこまないばかりか、願えば願うほど叶わないってパラドクスに陥ることになります。つまり「ベンツが欲しい」って人は、その裏には「ベンツ持ってない」って前提が入るので、実際に実現するのは「ベンツ持ってない」ってこと。でも、最初は「ベンツが欲しい」って願いまくることが重要。それから先は願う強さをゆるめながら、ベンツを手にするための「行動」にしっかりと出ること。すると徐々にベンツが手の届く範囲にきている実感を持ち始めるので、後はどんどん行動して首尾よくベンツを手にすればいいだけです。

 ただ、これは私のイメージなんですが、行動することによって、「願望」というゴールに到達するのではないんですよね。ある意味、実現する時ってのは、急に実現しますから。あたかも「実現」の方から自分に向かってくるような。そう、引き寄せですね。ですので、行動する、つまり潜在意識にインプットするって行為は、ゴールに向かって進んでいると言うより、ゴールを引き寄せるための磁力を強くしている感じでしょうか。ある程度磁力が高まれば、ゴール(実現)は急にやってきますから。

 この手の事例はいくらでもあるんですが、わかりやすい例で言えば、2005年9月に加賀田晃先生のDVDを見て感動して、それ以来、ご本人に会いたくてたまらなかった時期がありました。でも、どうやっても居場所が突き止められず、それでもブログで話題にしたり、セミナーでネタを使ったりして、ひたすら行動をしていました。すると2008年の4月にとある会社からいきなりメールが来て、5月に体面。しかも加賀田先生はものすごく近所に住んでいて、同じ郵便局、同じスーパーを使う圏内にいたのです。もちろん研修自体も10日間くらい受けました。

 それから2009年のことですが、年始にマスコミから取材を受ける、、、ってブログに書いたその一週間後、福岡NHKから滝行での取材依頼が来て、すぐに全国ネットで放映されました。その時の紹介のされ方が、「人材育成の仕事をしている石田久二さん」って文言で、それ以来、他人に私の仕事を言う時は「人材育成の研修などやってます」って言えるようになりました。その時の動画がこれね。

 他にもいろいろあるわけですが、本の出版もそうでしたよね。数え上げるとキリがないわけですが、どれも今思うと、自分でゴールに近づいたと言うより、向こうからやってきたと言った方が正しい。まさに「行動」によって磁力を高めている感じです。

 このように考えると、願望実現ってそんなに難しくなくって、まずは意識的な「目標設定」があり、それを紙に書くとか、宣言するなどして、徐々に潜在意識へと落とし込むわけです。それからその目標そのものと言うより、目標にぶら下がる行動計画にフォーカスして、その通りに実行するわけです。そうやってあたかもゴールに向かっているように思いますが、実際に起こっているのは、実現の方からよってくる感じです。我々は実現を引き寄せるための磁力を高めていけばいい。

 ただ、理屈で言うと簡単なんですが、まずもって「目標設定」をする人が3%もいません。さらにその「目標」に対する「行動計画」を作って実行する人は、1%もいません。逆に言えば、3%とか1%の中に入ってしまえば、願望なんて簡単に叶ってしまうわけです。

 7月24日の「願望実現セミナー」では、その辺の具体的な願望実現をテーマにしてやるつもりですが、今まではそのセオリーが中心だったところ、こんどのセミナーはバリバリに具体的に願望を叶えることにフォーカスしたいと思っています。そのためには周囲に自分の願望が知られるわけですが、それでも言い方はぜひ来てください。もちろん守秘義務がありますので、外部に漏れることはありません。

 ただ、中には「願望は人に言わない方がいい」って思っている人もいるようですが、それもまたケースバイケースです。願望を言わない方がいいケースってのは大きく2通り。一つはドリームキラーが周りにいる場合。つまり何か言うと「君には無理」とか「寝言は寝てから言え」といか言う人。ま、私の周りにはそんな人はいませんが、世間的には結構多いですからね。特に身近な人に多いです。それはエネルギーを無駄に吸い取られてしまうので、そんな人には言わない方がいい。ですが、なにを言っても認めてくれる仲間、応援してくれる仲間にはおおいに言った方がいい。

 それからもう一つ、言わない方がよいケースですが、目標を言うこと自体が実現になってしまい、肝心の行動をしない人。その場合は、言いたいのを我慢して、とにかく行動するしかない。と言いながらも、言わなかったら行動するかと言えば、決してそうでもないので、やっぱりどこかで人に言ったり、紙に書いたりする方が現実的ってことになります。

 その辺のセオリーをあえて簡略的に言うとこうなります。


願望をとにかく書きだす(100個以上)
 ↓ ↓
その中から特に叶えたい願望を10個以内でチョイス
 ↓ ↓
その願望を書いて壁に貼ったり、財布に入れたりして、ちょくちょく読むようにする
 ↓ ↓
それらの願望を実現するための「行動計画」を具体的に作成し、確実に行動する


 これでOKです。「行動計画」ってのはなるべく「一日単位」で「○」か「×」かで判断できることがいいでしょう。ブログを更新するって計画があれば、更新すれば〇だけど、しなかったら×みたいに。そうやって地道に積み上げていけば磁力が高まり、実現は向こうからやってきます。

 来月のセミナーでやろうと思っているのも、目標の明確化と行動計画。それは世の中の1%もやってませんので、やるだけで1%に入ることができる。ただ、セミナーでは一日を通して、より潜在意識に直結した仕掛けをいろいろやっていくつもりですので、例によってヘロヘロになるかもしれません。まずは私筆頭に。

 てなわけで、願望実現のおさらいみたいな日記になりましたが、今、猛烈に眠いです。ヤバイ。サッカーどうなったかな。ヤフーニュース見ると「パラグアイ戦速報 前半は0-0」ってなってます。結果を知らずに寝そうです。ちなみに今日、「石田久二公式ブログ」なるものを立ち上げました。記事はまだですが、私の会社の公式なブログとしてスタート。いろいろやってます。これも行動。実現に向けて磁力を高めてるんです。今日はこの辺で。ありがとうございました。

クリックで潜在意識の磁力を高めましょう!
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【東京】7月24日(土):願望実現1dayNLPセミナーin東京

【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾 in 東京

【福岡】6月30日(水):宇宙となかよし塾(5)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)(とりあえず最終回です)


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、東京方面での講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)

【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾
9月4日(土):ミネハハ・ソロデビュー15周年 マザー・テレサ生誕100周年記念・チャペルライヴin北九州2010

○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-06-29 23:39 | ■願望実現
 5時起床。ちびQも起きてしまい、滝に行く準備をしていたら追いかけてくるので、抱っこしたら汗でべたべた。シャワーでスッキリして、また布団に戻りました。ちびQも滝行したね。で、私もすぐに滝に行きます。雨が降っていて水量が多い。なんか落ち着けないな~と思いながらも、気持ちのいい滝でした。今の季節は滝に入る前のストレスが冬に比べて10分の1以下かもしれないですね。本日メルマガ配信しました。

 ところで今日もちょっとスピ的な話をしようと思っていました。先日、苫米地英人氏の「なぜ、脳は神を創ったのか? 」って本を読んで、最近の苫米地氏の本の中では出色の面白さだと思ったのですが、ただ、読んでいるといろいろ考えるところはありましたね。この本で一番反応してしまうところが、「全知全能の神がいないと科学的に証明された」って記述かもしれませんが、その是非はともかくとして、何となく危険な雰囲気も感じたのです。

 この本に関連して、先日、ユーストリームでも苫米地氏の話があったのですが、そこでは「般若心経は間違っている」とか「色即是空って言葉が一番おかしい」とか主張していて、その論理もわからなくないものの、なぜか苫米地氏が言ったことが、さも「真実」のようにとらえられる傾向があるってこと。ツイッターを見てても、それに関連する身近な意見を聞いてみても、すでに「般若心経や色即是空は間違っている」ことになっているのです。つまり苫米地の言うことは正しい、、、みたいな無批判な思い込みがちょっと危険かな、と。

 ちなみに私は苫米地さんやクルト・ゲーデルが「神はいない」と言っても、やっぱり全知全能の神は存在すると思うし、般若心経にしても色即是空にしても、決して間違っていることはないと思っています。ただ、元々般若心経はお釈迦様が語った原典でもなく、漢訳されている時点で間違っていることには違いないのですが、だからと言って般若心経の真理自体は、決して間違えているとは思っていません。その辺の反証をしたいと思ったのですが、やっぱりやめておきます。単なる言葉のやり取りに過ぎなくなると思うから。

 ただ、一つだけ言うと、「神」はいると言えばいるし、いないと言えばいない。「霊」もいると言えばいるし、いないと言えばいない。「前世」、「守護霊」、「指導霊」、「オーラ」など、それらもあると言えばあるし、ないと言えばない。なぜならすべては「空」であり、「情報」に過ぎないから。昨日の日記と言ってること同じですが。


 ところでまた話変わりますが、このブログではよく「願望実現」について書くことがあります。願望を実現する。正直言って、素敵だと思っています。それがどんなに貪欲で浅ましいこと言われようが、願望を実現することは、人生の大切な一ページであり、ロマンだと思っています。ですので、これからもますます貪欲に願望を求めていきたいと思っているし、そのように考えている人たちのことを、心から応援したいと思っています。

 そのように言っておきながら、また、矛盾するようなこと言いますが、願望は貪欲に求めながら、同時に捨てることが重要だと思っています。願望を求めながら求めない。禅問答のようですが、実は「求める」ことと「求めない」ことの間には何の矛盾もありません。極端な話、「有」と「無」も一見間逆のように思われますが、それはまったく同じ意味なのです。

 そのこころは。ねづっちです、、、じゃありませんが、結局のところ、やっぱりすべて「空(情報)」である、というところに行きついてしまうのです。全知全能の神はいるかどうか。ゲーデルがどんなに数学的に論証したとしても、いると言えばいるわけだし、いないと言えばいない。この場合、「いる」と「いない」の間には何の違いもありません。一つの「情報」という意味において、まったく同義なのです。

 わけのわからんことを言っているようですが、もう少し言わせてください。ようするにですよ、、、、


・・・んなこと、ど~でもいい!!


ってのが真実です。あ~言っちゃった~と思いましたが、それがやっぱり真実。

 しばしばいろんなメールが来るのですが、今朝、いかにも深刻なメールを頂きました。私のブログを読んで、「願望実現」についていろいろ勉強したり、実践しているつもりなんだけど、うまくいきません。そもそも書かれてあること頭でわかっても、心や体ががついてきません。どうすればいいですか。

 みたいな内容だったと思います。とりあえず、文面上は、「執着を捨てましょう」などと返事したと思うのですが、そうなるとおそらく「その執着が捨てられないから困っているのです。どうすれば執着を捨てられるのですか?」という質問が生まれると思うのです。そしてそれに対する何らかの返答をしたとしても、さらにまた「どうすればその通りにできるのでしょうか?」と延々と続く可能性があるわけです。

 では、どうすればその人の心を救うことができるのでしょうか。その答えが、
 

・・・んなこと、ど~でもいい!!


なのです。先日の東京セミナーで、参加者の一人が最後に素晴らしい発言をしてくれました。「本当の自分」を知りたいと思ったけど、2日間セミナーに参加してみて、そんなことどうでもいいって気持ちになりました、と。正直、言われちゃったな~と思ったのですが、実のところ私が伝えたいのもここだったりして。てなこと言うと、私のセミナーに来る人が減りそうで、何とも微妙に思うのですが、そんなことも含めて、


・・・んなこと、ど~でもいい!!


って思う自分がいるのも確か。あ~言っちゃった~。でも、7月末のセミナー・講演3連ちゃんはたくさんの人とお会いできるのを楽しみにしています(^^) 特に22日の中村隊長とのジョイントは、皆さんにとって心に残る夜にしたいと思っていますので、ぜひとも応援してくださいね。お願いいたします。

 と言いながらも、さっきのフレーズがちらほらしているのも確か。オマエは何が言いたいのか?って言われそうですが、言いたいことはいつも言ってるし、言いたくないことは言ってない。ただ、そこにあるだけ。

 あ、だんだんヤバイ世界に入りそうなので、ちょっと戻りますね。「願望」って素敵やんって思うのです。でも、全部が全部叶うわけでもない。苫米地さんは「戦争と差別のない世の中をつくる」ってのを唯一の願望に持っているそうですが、苫米地さんには悪いけど、多分その願望は実現しないと思います。するかもしれないけど、有史以来、そんな世界が実現したためしがないです。もし可能であれば、それは人類が滅びることに匹敵すること。

 でも、そんな「願望」って素敵やと思うのです。「願望」が叶わない。苦しい。そんな人に一つだけ質問をしたいと思っています。それは、


「あなたは自分の「願望」を愛していますか?」


って質問です。もしも自分の「願望」を愛しているのなら、叶おうが叶うまいが、そんなのって小さなことだと思いませんか。

 私は息子ちびQを心から愛しています。保育園には2日違いの女の子(アイリちゃんって名前です)がいて、なぜか同じおもちゃで遊びたがって、いつもケンカになるそうなんです。で、こないだは取り合いみたいになって、アイリちゃんが、ちびQの頭をペチって叩いたそうです。でも、ちびQは叩き返さずに「うう~」って唸って耐えていたとか。ですが、今日は、叩き返したそうです。些細なことですが、愛していると、叩かれようが、叩こうが、そんなことどうでもいい。その存在だけが愛しい。それはちびQに対してはもちろん、アイリちゃんや、その他の保育園のお友達、みんな、私にとって愛しいのです。

 先日、願望を100個以上書きましたが、それら一つ一つを見ていると、何だか愛しくなるのです。もう、私の中ではそれらが実現しようがしまいがどうでもいいこと。ただ、「願望」って存在があるだけで、愛しいのです。だからもう一度言わせてください。


「あなたは自分の「願望」を愛していますか?」


 愛と感謝。それらは同じものを別の角度から見ただけのものなんですが、愛と感謝の前では、あらゆる願望、執着、確執、妬み、喜び、悲しみ、気力、無気力、、、他にもまだまだたくさんありますが、すべてひっくるめて、


・・・んなこと、ど~でもいい!!


ってことになるのです。神がいようがいまいがどうでもいいし、般若心経が間違ってるとかどうとかもどうでもいい。何となく今、オレはそんなことを言いたくなった。と言うことでですね、明日も早いし、この辺にしたいと思います。ありがとうございました。


クリックはどうでもよくないので、どうぞよろしくお願いいたします!!
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【東京】7月24日(土):願望実現1dayNLPセミナーin東京

【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾 in 東京

【福岡】6月30日(水):宇宙となかよし塾(5)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)(とりあえず最終回です)


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、東京方面での講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)

【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-06-28 23:39 | ■精神世界
 今日も5時に起床して滝行。外は明るく温かいのですが、福岡もようやく梅雨らしい季節、と言うかかなりの豪雨で滝の水量も多く怖いくらいでした。ちなみに滝場までの運転中は、ずっと本や音声セミナーを聞いています。それが楽しみ。今日は弘法大師空海に関するお話をずっと聞いていました。で、今日は午前から午後にかけて、バーゲンにお付き合いしてきました。ツレとちびQと三人で。私は買うものもないので、ずっと本屋で立ち読み。私の本が一冊だけ書棚に刺さっていましたが、表紙がボロボロに。買って帰ろうかと思いましたが、それだけ多くの人に立ち読みしてもらっているとして、喜んで書棚に戻しました。

 そう言えば本を出してから半年になりましたが、私も成長しているわけで、今読むともうちょっと表現上の改善の余地はあるとか、いろいろ反省すべき点はあります。ま、多くの作家さんも同じような思いでいるだろうから、それはそれで自分の成長を喜びたいと思います。ただ、基本的な考え方は全然ぶれてない。それもまた嬉しい話です。

 ところで、滝行に入るといつも感覚が鋭くなって、いろんなヒラメキがやってきたり、目の前の景色が違って見えるようなことが良くあります。以前は単なる変性意識だとか、眠たいからだとか思っていましたが、今はしっかりと理解しています。単純に言えば、大脳と小脳の関所となっている「視床」の働きが弱まり、小脳(無意識)から大脳(意識)へとより多くの情報が流れ込んでいるからだと。そしてその「視床」の働きを弱めるのが、A10神経を経由して分泌されるドーパミン。滝行に入ると、ドーパミンの分泌を感じるように今はなっています。ある意味、麻薬かな。

 そうそう、昨日紹介したロバート・ハリス氏の「エグザイルス」ですが、まだ途中までしか読んでないながらも、面白いか所をいろいろ発見することがあります。この本はハリス氏の自伝であり(部分的に怪しいか所もありますが)、大半は事実に基づいて書かれてあります。その中で、ハリス氏がいわゆるドラッグパーティに参加して、きまってしまった時の話。引用します。


-------------------------------------------------------
初めてのトリップで、僕は神に近づいたわけでもないし、何かに開眼したわけでもない。だた現実というものが、今まで信じていたようなものでないはけっしてないということを、心と五感で確信した。

僕たちはこの世で機能していくために、これは木、これはテーブル、これは地面、これは自分と名前をつけ、一つ一つ区別し、独立した存在として整理している。だが、実はすべてのものが流れるような意識であり、光り輝くカオスなのだ。そのことが理解できた。

生まれたばかりの赤ん坊の目は、常に驚きに満ちたように見開き、視線はあるひとつのものに固定せず、せわしくなく泳いでいる。きっと、この眩しく流れる世界を見つめているのだろう。僕はこの夜、その原始の光景をもう一度みることができたのだ。そして僕の身体は、その感動のエクスタシーに震えたのだ。

-------------------------------------------------------
  

 この文章を読んで、なんだこりゃ、オレも知ってるぞ、、、ってのが所見。ここでは方法がドラッグなので、やや怪しい感じがするだけで、これは至って普通の世界の描写じゃないですかって。実は今日、バーゲンでひとりで本屋にいる時、何度となく自分と世界との境目がなくなるような体験をしたのです。本ってのはいわゆる「情報」と言えるのでしょうが、それ以前に、私たちの世界そのものが「情報」に過ぎないと、そんな体感をしていたのです。

 例えば「A」という文字を打ち込みましたが、これも一つの情報です。「A」とはアルファベットの最初の記号であったり、キスのことだったり(古い?)、私の会社のロゴであったりしますが、このブログに写っている「A」という文字(図形)自体は、小さな「ドット」の集合体に過ぎません。そのドットが集まって「A」という文字を浮かび上がらせているだけ。さらに抽象度を上げていくと、「A」という文字を「キーを押したら出てくる」ようにしたのは、パソコン内のプログラムであり、アルゴリズムです。それもまた「情報」です。さらにそのアルゴリズムを成立させているメタ的な「情報」もあるわけで、さかのぼっていけば、永遠にそこに「情報」があるだけとなるのです。

 同様に、「私」というこの存在も、単なる「情報」の集合(?)に過ぎず、同じ「情報」であると言う意味において、目の前のパソコンも、別室で寝ているちびQも、南アフリカの日本チームの本田選手も、矢沢永吉のマイクスタンドも、台所のゴキブリも、マイルス・デイヴィスの音楽も、曲がったスプーンも、、、すべては「情報」であり同じひとつのものなんです。そしてそんな世界に生きる実感を持つことは、ハリス氏の言うように、ある種のエクスタシーなのかもしれません。

 滝行中、特に冬の過酷な滝行中、しばしば滝の水と私との区別がつかなくなる瞬間があります。その時ってのは、おそらく完全に「自我」を捨て切って、時間の感覚もない、空間の感覚もない、ただひたすら「今ここ」の世界があるだけ。その世界に身を投じている瞬間は、何ものにも例えがたいエクスタシーな瞬間となっているのです。

 最近、いわゆる「願望」を100個以上書きましたが、それらもすべて一つの「情報」に過ぎません。そしてそれらの「情報」には、いわゆる緊急性もなければ、重要度もありません。単に私の前頭葉から出てきた、同じひとつの「情報」に過ぎないのです。そして書いておきながら言うのもなんですが、叶っても叶わなくてもどっちでもいい。ただ、そこに「情報」として記されているだけであり、叶うものは叶うし、叶わないものは叶わない。そして「叶う」と「叶わない」という一見逆に見える価値自体も、実はまったく同じひとつの意味なのです。ただ、そこに印字された「情報」があるのは事実なので、それ自体に何かの意味があるかもしれない、、、と考えるのは自由です。

 と言うか、すべては同じひとつの「情報」でできています。「同じひとつの情報」なんて書き方すると、何か大きなものをイメージする人もいるかもしれませんが、「情報」それ自体に大きいも小さいもありません。「点」という情報が単なる存在である以上、「点」の集合である「線」も「面」もまた、単なる存在であり、一つの「情報」なのです。

 色即是空空即是色。般若心経の有名な一節ですが、ここでいる「空」こそが、私の言う「情報」そのものであり、その「情報」に何らかの集合性を持たせ、何らかの意味なり、何らかの存在を形づくらせたそのものが「色」なのです。本来はすべて「空」であり、単に「情報」が流れているだけ。そこに何らかの「意識」が乗ることで、そこに様々な「色」が生じ、それがいわゆる目の前の世界、別の言い方をすれば「偽りの世界」を作っているわけです。

 多くの場合、私たちは「偽りの世界」に埋没しながら生きていますが、ある瞬間、そうでない「リアルな世界」を触れることがあります。それいわつる「空」を見ると言うことであり、禅の世界では「見性」、もっと一般的な言い方をすれば「悟り」や「目覚め」という言葉になるのでしょうか。

 量子力学で言うところの量子や素粒子も、「空」であり「情報」なのですが、そこの何らかの意識なり認識をした瞬間、「色」や「物体」が生じ、この世の「機能」なるものが連鎖するわけです。そしてその「機能」のことを、私流に言えば「実現」であり、意識なり認識のことを「願望」と言うことができるのです。

 と言うわけで、ちょっと抽象的な話題になってしまいましたが、何となくご理解頂けるでしょうから。滝行に入ると、この手の話が増えてしまう傾向があるってこと、その辺、ヨロシク!

 ってことで、明日も早いの寝るとします。ありがとうございました。

クリックするとある種の情報が浮かび上がるようです・・・・!
 ↓   ↓

人気blogランキング
by katamich | 2010-06-27 23:39 | ■精神世界
 今日から21日間の滝行に入りました。昨日宣言した通り、少なくともこの間は、5時起床で滝、腕立て100回、お菓子禁止、その日のうちにブログ更新を課します。生活の乱れをこうやって直すのであります(笑)

 初日は導師の元で「畑観音」で滝に打たれ、家に帰るのは午後になりました。それからアマゾンで到着したロバート・ハリス氏の「エグザイルス」という本を読み始めます。まだ半分しか読んでいませんが、めっちゃ面白いです。一言で言うとハリス氏の若き日の半生記なんでしょうが、読んでてウズウズしてきます。小田実の「何でもみてやろう」や、五木寛之の「青年は荒野をめざす」などと同時代のバックパッカー期が前半で、例によってシベリア鉄道で北欧に入るのですが、いきなりスウェーデンの女子高生とHなんて、うそだろ~って話も。しかも両親公認で。本当かもしれないけど、北欧のフリーセックス神話はこんなところからも肉付けされたのかもしれないですね。

 それはともかく、読んでるとまた旅したくなってきました。私が学生時代、いつも世話になっていた市役所職員の幼友達って人が、大学時代、旅行サークルに入ってて、まさに70年代にシベリア鉄道から北欧に入って、そこでバイト。スペインでコンドミニアムを借りて、仲間と住んで、当然、女もとっかえひっかえの時代。そこからアジアに向かって帰国するんですが、今と違うところは、アフガニスタンが旅行者天国だったって時代。特にカブールは治安もよく、清潔で、しかも、、、マリファナが吸い放題だったとか。

 ついでに言うと、その当時における「ヒッピー3大聖地」ってのが、アフガニスタンのカブール、ネパールのカトマンズ、モロッコのマラケシュだったと言われていますが、今ではあまりメジャーじゃないですよね。カブールはそもそも危険だし、マラケシュもあまり聞かない。カトマンズはヒッピー追放政策で、あまり長居できなくなっている(ビザが一日1ドルとかだったと思う)。今ではインドのゴアなどがそうかな。ぶっちゃけ言うと、かつてヒッピーに憧れた時期ありました。。。私が学生時代はヒッピーなんて言葉は死語化してたと思いますが、ちょっと上の世代との付き合いが割とあったので、妙に憧れてたりして。

 後から知ったところ、ヒッピーと言えばビート文学(ジャック・ケルアックなど)、そしてそのビート文学に大きな影響を与えたのがチャーリー・パーカーなどビバップだったとか。ですので、旅とかジャズとか、やっぱり切っても切り離せないものだと変に納得してたりしてね。

 ちなみに、昼ごろ、阿部敏郎さんのブログを読んでたら、「ヒッピーも捨てたもいんじゃないですよ(経験者は語る)」なんてフレーズがあって、なんだ、阿部さんもだったのかって妙に嬉しくなったりしてね。ですが、ふと思うと、私もその憧れの通りの現在があることに気がついたりして。不法行為はしませんが、何となく自由気ままでね。そうなりたいと思ってたら、やっぱりそうなったねって。これまで不思議と生活のためのお金も入ってき続けたし。

 「エグザイルス」の話に戻りますが、読んでいると途中で「人生のリスト」なる話が出てきます。ハリス氏がインドのカルカッタのカフェで、何気なく読んでいた雑誌にその話が書かれてあって、それに触発されて、ハリス氏も「人生のリスト」を作り始めたって話。それが、先日から増殖し続けている、私の「実現リスト」です。改めてこれを書いたきっかけが、月曜日に参加した「がんばれ社長!」のセミナー。武沢さんがその話をして、栢野さんも実行したってので、私も触発されて改めてやってみたってこと。

 ちなみにロバート・ハリス氏は今年の10月に中村隊長とトークライブをされるそうで、中村隊長は武沢さん、栢野さんともお友達。その中村隊長と来月トークライブをするのが私ってことで、急にいろいろつながってるじゃんって話になったわけです。今はこの時期なんでしょうね。トークライブ、、、めっちゃ感動的な場にしたいと思ってますので、仕事帰りにぜひ来てくださいね。

 ところでこの「人生のリスト」ですが、前も言ったように、この手の話って欲望むき出しみたいで、嫌がる人もいるんですよね。だって自分の欲望を100も200も発表するなんて、ま、恥知らずと言うか、業が深いと言うか。しかも中にはどうでもいい願いだってあるわけだし。例えば「88歳まで滝行をする」なんて、実際、やってどうなるのかって。あと、どうでもいい話ですが、私が書いたリストにいろいろ評価する人もいたりして。よくわからんのですがね。

 ま、それはともかくですが、ちょっといい質問がきましたので、それに関連してお答えしたいと思います。「願望実現の2つのアプローチ」って記事についたコメントです。



クレンジングワーク見切りは賛成です。けど願望実現の「フォーカスアプローチ」ですが、この下げた願望が実現したとして、一瞬満足するけど、又、自我は、普通、次なる願望を目標とします。そして次なる願望と達成を繰り返す・・。そこで、いつも何かが足りない事に執着すると危険ではないですか?そこにも、見切りが必要では、ありませんか?当然、願望の質が非常に大事だと思いますが、いかがでしょうか・・・?


 この質問にある「下げた願望」ってのが、「実現リスト」の中にたくさんあるわけですが、本当のことを言いますね。今から言うことに、ビックリしないでくださいね。実はたくさん書いた「実現リスト」なんですが、私自身、これらの願いについて別に叶っても叶わなくてもどっちでもいいと思ってるのです。いくつかは叶うだろうけど、当然、叶わないのだってあるでしょう。ハリス氏のように、それらを叶えるためにフォーカスする在り方もいいのでしょうが、書いたところで、特に固執する必要もないと思っています。

 確かに書いたことは私自身の願望には違いありません。「ゲイの世界の王様になる」なんて願望はありませんので、当然、リストにも書かれません。ですので、書いたことはやっぱり叶って欲しいと思っています。なんですが、でもやっぱりどっちでもいいと思ってるのも事実。

 なぜ私が「実現リスト」なるものを書きだしたかと言うと、その方が楽しいから。それだけなのです。ほんと。もちろん実現したらもっと楽しいのでしょうし、書いたことの7割は叶うってデータもありますので、期待はしています。でも、叶わないものは叶わないでいい。別に猪木に万字固めかけなくてもいいけど、機会があればかけてみたいとも思う。そんなものです。

 だけど、本当のことを言うと、このリストの中にも「重要度」ってのがあって、それについてはきちんとフォーカスして、実現するための行動もしている。だけど、書いている段階では、なにが重要でとか考える必要もない。思い付いたまま、ただ書くだけ。その方が楽しいから。緊急で重要そうなものが、まん中に埋もれてますよ、前に出さなくていいのですか、、、なんてコメントもありましたが、そんなことも考えてない。思い付いたまま。それでいいのです。

 そこで質問に戻りますが、ある願望が実現すると、すぐにまた次の願望が出てくるので、いつも何か足りない気になって、かえって危険ではないかってこと。確かに「月収100万円」を達成したら、次は「月収300万円」を狙いたくなります。でも、これ自体は特に危険でもないと思っています。逆に願望が完結すること自体が、人生にとって逆効果じゃないかと思うのです。

 とあるアルピニスト(栗城さんか小西さんだったと思いますが)の話ですが、彼らは決して最終ゴール設定をしないそうです。Aという世界最高峰の山があったとします。めでたくA山を登頂しました。ですが、彼らは下山中に次に登るB山のことを考えるのだそうです。つまり次の目標がないと、気が緩んで下山中に事故を誘発するんじゃないかと。それはよくわかります。私だってまだまだ「成功」には程遠いですが、一つのセミナーが終わった瞬間から次のことを考え始め、時には、次のコンセプトについて懇親会で話したりしてますから。終わりはないのです。だからと言って、キリがないと焦る気持ちもありません。少なくとも私は。

 そしてもう一つ言えることは、一つの願望が実現したら、次の願望はさらに大きく、または抽象度が高くなっているのが常です。4月に九州ベンチャー大学で一緒に講師をした一圓さんは、かつて年収が一億円だった時代があったそうです。しかし、だからと言って決して幸せでもなく、むしろ苦しかったと言います。無茶な金の使い方をしてみるも、なぜかむなしく。その時に思ったのが、やっぱり人生は金じゃないってこと。その後は自分で新たに会社を立ち上げ、事業を成功させることに目標が移ります。同時に悩めるクライアントの売上を伸ばすことが最大の目標に。先日、初の著書も出版しアマゾン総合一位で増刷を繰り返しています。今の方がよほど幸せだと言ってました。

 ですので、多くの人が目標とする「高収入」だって、それを達成してしまうと、次の目標が出て、ある意味、本当の目標なるものへとつながるわけです。もしかしたら最終的には「世界平和」かもしれませんが、もしも本当に心からそのような大きな目標を持っている人がいれば、その人はすごく幸せな人じゃないかと思うのです。

 人生にたくさんの目標を持つこと、生涯をかけても実現が難しい大きな夢を持つこと。それは実は「人生の豊かさ」につながるのではないかと思うのです。人間、夢がないほど寂しいこともありません。でも、最初はレベルの低い目標でいいと思っています。「マズローの欲求5段階説」でも言われる通り、最初は生理的欲求から始まり、それが満たされるにつれ、高次の目標へと移っていくわけですから。

 私は「実現リスト」を書いてみて、すごく楽しかったです。増殖させるのもすごく楽しいです。私の人生にはこんなにも夢があるんだと思って、ワクワクします。でも、別に叶わなくてもいいのです。私の家には昔からパソコンがあったのですが、ロールプレイングゲームだったか、兄弟3人で楽しんでやっていて、ゴール一歩手前まできました。その時、突然、兄貴が「もったいない」と言ってゲームをストップさせてしまったのです。今まで楽しくやってきたゲームも、あとちょっとで終わるのが寂しかったのでしょう。

 確かに夢や目標は実現させるために設定するもの。でも、実現させないことも人生の豊かさにおいて重要。と言いながらも、実現させた方がもっと豊かになることも知っている。だったら、ありったけの夢を語ってみるのもいいじゃないですかって。今日、あるマイミクさんが「これが、今んとこの俺の人生の妄想100リスト!!」ってタイトルで日記をあげていました。そのフォームを見ると、ま、私の影響であることはすぐにわかりますし、何度か私のセミナーにも参加された男性です。それ見ると、確かに無謀はある。でもいい。いや、だからいい。でも、そんな無謀な願望を実現させることだってある。いや。おおいに実現できること。

 もちろん書いて満足するだけではダメ。書いたことはしっかり実現むけて行動したい。でも、そうやって行動すること自体が尊いんじゃないかとも思うのです。その結果、実現したらめちゃくちゃ感動していい酒飲んで、そこからさらに次を目指すのもよい。

 そうやって、ラクに生きたいと私は思っています。実現しようがしまいが、すべては神の思し召しじゃないですが、結局、叶うものは叶うし、叶わないものは叶わない。でも、夢を持ち、人生を豊かにできたことには感謝したい。それでいいんじゃないかと。私など今は37歳ですが、88歳まで滝に打たれるんなら、あと51年もその楽しみがあるわけです。まさに感謝しかないです。

 でもですね、目標を持つことがどうしても苦しければ、持たなくてもいいと思っています。すべては流れのままに。そんな生き方に徹することができれば、それはそれで理想的。だからと言って、目標に向かって努力している人も、それはそれで理想的。ようするになんだっていいのです。楽しければ。

 と言うわけで、明日も5時に起きて滝に行ってきま~す。楽しいです。ありがとうございました。

クリックしてもしなくてもいいけど、したほうが楽しいじゃない!
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【東京】7月24日(土):願望実現1dayNLPセミナーin東京

【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾 in 東京

【福岡】6月30日(水):宇宙となかよし塾(5)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)(とりあえず最終回です)


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、東京方面での講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)

【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-06-26 23:39 | ■人生哲学
 連日、願望実現のことばかり書いていると、「ちびQちゃん、元気ですか?」みたいなメールを頂いたりします。特別なこともなく、毎日、保育園に行ってますよ。最近ではクラス一の怒りんぼになってるみたいで、自己主張をよくするみたいです。2日違いの女の子と言い合いらしきことしながら。でも、おもちゃの取り合いになると、だいたい負けるそうです。ま、ちびQは素朴な顔立ちで、見るからに草食系ですからね。先日、アレルギーの検査に行ったのですが、異常なし。一時期ほっぺたが赤い時がありましたが、最近ではつるつるの美白に戻っています。その代り、汗もがひどく、もともと皮膚が弱い体質なんかなと思います。家では元気いっぱいにバカ笑いしていました。ちびQ情報はこの辺で。

 そうそう、7月25日の「宇宙となかよし塾 in 東京」の受付を開始しました。初の試みですが、ご興味のある方はぜひお待ちしています。24日のセミナー参加者は無料です。形式的には「お話会」になると思いますが、ブログには書けないちょっとヤバイ話なんかもしようかと。ブログに書くと残りますもんね。先日、やけにアクセスが多いと思ったら、2ちゃんねるでサラシモノになってました。ま、いいけど。

 それはそうとですね、昨日は「願望実現」の話でしたが、このブログって自分で言うのもなんですが、実に多岐にわたってる気がします。旅の話、音楽の話、スピな話、時事的な話、などなど。ただ、時々、書いてて気になることはあるんです。それは「矛盾」について。文章にするとどうしても伝わらないところがあって、昨日書いたことと、一昨日書いたことが、文章上どうしても矛盾ととらえられるようなことが、ままあります。

 例えば「願望実現」において、昨日は「具体的に」と書いたのですが、その前は「抽象度を上げろ」って書いていたり。具体的と抽象的を同じ人が同じブログで書いているもんですから、読者は混乱するかもしれませんね。それ以外としては、バリバリの自我で願望実現しろって言ったと思ったら、別のところで自我を捨てろって言ったりして。また、運命ってのはすでに決まっていると言いながら、別のところでは、自由意思に基づいて原因と結果がある、なんて言ったりする。あるがままでOKと言ったと思ったら、あるがままでいいはずないだろっても言う。

 ただ、こう言うとわけわからんかもしれませんが、私の中ではすべて「一貫」しているのです。つまり一見矛盾しているように見えながらも、その根底には一貫した考え方があるわけです。当然、その辺の考え方をしっかり書くべきなんでしょうが、一回一回書くのは正直面倒くさい。例えば「願望実現」における「具体的」と「抽象的」については、最初の段階では具体的の方がいいけど、抽象的な願望でドーパミンが出るようになれば、その前の具体的な願望はすべて自然に叶うって話があります。詳しく書こうと思えば、いくらでも書けるのですが、いかんせん文字制限もあるし、そんな面倒なことをしてもいられない。ですので、本当なら直接しゃべった方が良いに決まっているのですが、生憎とここはブログの世界。だからこそ講演やセミナーに来て頂くと、ぐっと腑に落ちる体験をするのですが。

 とにかく言いわけのように聞こえるかもしれませんが、どんなに矛盾していると思われても、私の中では一貫した思想の上で書いていますので、その辺だけ妥協してでもご理解頂ければと思います。しゃべるんならいくらでもしゃべれるんですけどね。それもあってか、最近はコメント返しもしなくなりました。一つすると全部しないといけなくなるし、そうなると時間もなくなる。しゃべった方が早い質問に対して、文章で延々と言い合いするのも疲れますしね。ですので、どうしても言いたいことがあるんなら、まずはメールで。そこで私の電話番号を教えますので、かけてくださいってことにしています。守秘義務は厳守しますのでご安心を。職業生命に誓って。

 てなわけでして、今日はちょっとトーンを落とそうかと。実は今、すごく眠いってのがありました。明日から「21日滝行」に入ります。6月26日から7月17日までの21日間。この間は例によって肉、酒、H禁止で毎朝滝に打たれます。雨の多い季節ではありますが、水はぬるまっているので、冬ほどのつらさもないでしょう。で、今回の行については、今言った禁止事項に加えて、自分でもいくつか課したいと思っています。以下のごとく。


〇お菓子・アイス・菓子パンを食べない(果物はOK)
〇毎朝5時に起きて滝に行く
〇腕立てを100回する(続けてではなく)
〇ブログはその日のうちに更新する



てな具合。他に思い付いたら付け足しますが、とにかく、自分にもうちょっと気合い入れようかなと。何度か書いてきたと思いますが、私はお菓子が好きです。特にアイスが好きで、中でもスーパーカップとガリガリ君が好き。それらを食べている時、または食べようとしている時、「あ、ドーパミン出た」みたいに感じることがあるんですが、今回の行では、もう少し自分と向き合って、アイスに変わるドーパミンの回路を見つけようかと思ってもたり。NLPでは「6ステップリフレーミング」で似たようなことするのですが、そうやってちょっとマニアックに向き合ってみたいと思うのです。アイスを食ってる気持ちで腕立てしたらどうとか、いろいろ実験しようと思っています。そうやって神経回路を自ら書き換えてみるのも面白い。今後のネタにもなりますしね。

 と言うことでして、明日から21日間の「滝行」に入ります。おそらくブログはスピリチュアルモードになりますんでヨロシクです。なぜか滝行中って、いろんなヒラメキもありますもんで。ありがとうございました。

クリックするとドーパミンが出るかもしれません!
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【東京】7月24日(土):願望実現1dayNLPセミナーin東京

【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾 in 東京

【福岡】6月30日(水):宇宙となかよし塾(5)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)(とりあえず最終回です)


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、東京方面での講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)

【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-06-25 23:39 | ■日一日
 7月24日の東京セミナーのご案内ができました。私のセミナーっては、ベースにいろんなものがあるにせよ、基本的にオリジナルでプログラムを作成してきました。それはあくまで自分自身の「体験」をベースとしているから。自分で試して上手くいったもの、突然のヒラメキで理解できたこと、など。そこで、今回のセミナーにおいても「潜在意識」にフォーカスして「願望実現」の体質を作ることを目的としています。

 よかったらセミナーの案内文を読んで頂きたいと思いますが、私が理解している「潜在意識の原則」について簡単に整理しています。


1.「潜在意識」は安心・安全を求めている
2.「潜在意識」は「変化」を嫌う
3.「潜在意識」は現状を維持する
4.「潜在意識」は「筋肉」に宿る
5.「潜在意識」はドーパミンによって活用される


 これまで何度も書いてきたことのおさらいのようになりますが、ではここからどのようにすれば具体的に「願望」を実現できるのかって話になります。実はセミナー案内文で書ききれてないものもありますので、その辺の補足をさせて頂きたいと思います。まずは案内文からこの図を見てください。
b0002156_12134427.gif

 一言に「願望」と言っても、人それぞれ様々なレベルがあると思います。「世界平和」という大きな願望を持つ人もいれば、「借金をすべて返す」など個人的な願望がすべての人だっています。ここで重要なのは、願望のレベルを決めるのは、「潜在意識」ではなく、私たちの「意識」であるということ。何度か書いてきたように、「潜在意識」は善悪とか大小を判断することができません。ですので「潜在意識」においては「世界平和」も「借金を返す」も同じ一つの「願望」としてとらえ、同じように実現への力づけとなっているのです。

 しかし、常識的に考えても「世界平和」を完全に実現することは難しいし、有史以来、それが実現されたことはありません。一方で「借金を返す」なんて願望は今もどこかで実現されています。となると、やっぱり願望にもレベルがあるじゃないか、、、って話になるかもしれません。ですが、もう一度言いますが、潜在意識においてはあらゆる願望にレベルの違いはありません。

 では、なぜ「世界平和」が叶いにくくて、「借金を返す」はすぐに叶うのでしょうか。答えは簡単。抽象度が高ければ高いほど、その中に相反する価値が多く存在するからです。例えば「世界平和」について言えば、その条件としてこの世の中から戦争をなくすことが必須です。しかし、その一方で軍事産業や各団体、政府など、戦争がなければ困る人たちがおり、その人たちの想念が世界平和の実現を妨げているのです。

 それに対して「借金を返す」となると、貸主が金融機関であれば、末長く借りてもらった方が得ではありますが、同時に返済を望んでいるのも確か。「借金を返す」という願望の中に、それを妨げる要因がなくなるか、または小さくなることで、その願望は早晩実現します。

 単純化して言えば、あらゆる願望の中にはポジティブとネガティブが共存しているわけですが、ポジティブが勝れば実現、ネガティブが勝れば未実現となるわけです。上の図で言えば、「結婚」という願望についてももちろん相反する価値が存在します。「結婚」は幸せの一つの形ではあっても、世の中には結婚で不幸になる人もいます。そしてしたくても結婚できない人の多くは、これまでの経験・体験の中で「結婚=不幸」という価値が潜在意識に組み込まれており、それが実現を妨げているからなのです。

 上の図で言うと、赤枠がポジティブで青枠がネガティブ。一般に抽象度を上げれば上げるほど、青枠が大きくなり、それによって実現が妨げられてしまいます。そこでいわゆる「願望実現」には二つの系譜が出てくるわけです。一つは「フォーカス・アプローチ」と言い、赤枠にとことんフォーカスして、実現の力を高める方法。もう一つは「クレンジング・アプローチ」と言い、青枠の部分をクレンジング(浄化、手放し)する方法。ちなみに「フォーカス・アプローチ」や「クレンジング・アプローチ」という言葉自体は私が今定義したものです。

 そして「クレンジング・アプローチ」の代表格が津留晃一さんだと言えるでしょう。実現くん、あまちゆうとさんなどもそうだし、今流行りのホ・オポノポノも含まれるかもしれません。これらの特徴はとにかく潜在意識にあるネガティブな想念を浄化しましょう、それによって願望実現力を高めましょうってこと。上の図で言う青枠の浄化ですね。青枠が浄化できれば、残るのは赤枠だけなので、後はほっといても実現しますよってこと。

 「結婚」を例にとると、先ほど書いたように、幸せの一つの形である「結婚」にもポジ・ネガ両面の価値があります。クレンジング・アプローチではそのネガを浄化、癒やし、許し、手放しなどでクリーニングすることで、潜在意識に「結婚する準備ができました」という情報を満たし、あとは勝手に実現するのを待つだけ。理屈は簡単。

 ただし、、、ここからちょっと重要な話をします。場合によって問題が生じる可能性が無きにしも非ずですので、今、書こうかどうか迷っています。でも、思いきって書きます。実はこの「クレンジング・アプローチ」には大きな罠があります。一言で言うと、それは「きりがない」ってこと。

 どうしても叶えたい願望があるのですが、なかなか叶いません。なぜなんですか。それはあなたの潜在意識に願望を妨げる要因があるからです。その要因を浄化することで願望は叶います。。。なんてことを言われると、目の前が開けたように納得する人も多いでしょう。その要因が過去のトラウマであったり、中には前世のカルマなんて言う人もいます。そこでそれを除去する名目のもと、キャッシュポイントが生み出されるわけですが、結論から言うと、いくら払っても完全に浄化されることはありません。

 実は津留さんの本にも書いてあることですが、「浮気をしない男性と結婚する」って願望の根底には「男性は浮気をするものだ」って想念があります。そして実現するのはその想念。極端な話、「尻が七三に分かれていない男性と結婚する」なんて願望は出てこないでしょ。だって「尻が七三に分かれている」とう想念自体が存在しないから。同じように「浄化が必要、浄化は完了したか」など「浄化」という言葉を使ってしまう時点で、その人は「浄化すべきものがある」という想念を喚起させることになり、延々と浄化が終わらないって結論になります。

 皮肉にも浄化が一番必要だったのは津留晃一さん自身であった、という話もあります。詳しくは書きませんが。ただ、津留さんの浄化メソッドは確かに素晴らしいし、理論的にも納得がいきます。ちなみに津留さんの浄化メソッドについては一冊の本で十分。アマゾンには売ってませんが1500円で買えます。ですので、「クレンジング・アプローチ」も時として必要なケースはありますが、必ず「期限」を設けること。申し訳ないですが、「あんたまだクレンジングしてるの??」って人もたまにいますから。

 てなこと言うと、「期限内にクレンジングが終わらない場合はどうすればいいんですか?」なんて質問が出てきます。逆に聞きたいのですが、「クレンジングが終了したって、どうすればわかるのですか?」、と。ここまでやれば完全にクレンジングしたって証拠があるわけではありません。もしあるとすれば「実現」によって確かめることができるのでしょうが、人生は山あり谷あり。「実現」が山だとすれば、谷が来る時もある。その時に思うのは、「やっぱりクレンジングが完了してなかったんだ」ってことにならないでしょうか。

 ですので、そんなきりがないことには、ある程度で見切りをつけて、次のアプローチに行った方が得策。それを2012年12月23日にするのも自由ですが、今この瞬間でもいい。私について言えば、もちろんクレンジングは完了しています。と言うか、そもそもそんな必要もなし。谷の時は「ありがとう」と言うだけ。シンプルでしょ。

 で、次のアプローチってのが私の言う「フォーカス・アプローチ」です。まずは願望を具体的に下げていくのです(チャンクダウンと言います)。「結婚」について言えば、五感で強烈にイメージできるまで、それが妄想と言われようと、とにかくワクワク感が最高になるまで具体的にします。昨日書いたような「シンガポールスリング」でもOK。日曜の朝にフレンチトーストとコーヒーのブランチを一緒にとるでもOK。年に一回は必ず海外旅行に夫婦で行くでもOK。具体的にすればするほど、ネガティブな想念はなくなっていきますから。そして完全にイメージングできて、もはやネガティブな想念が出てこない段階までくれば、ドーパミンがどっば~と出て、実現力が高まるんです。

 矢沢永吉がクレンジングワークやったと思いますか? イチローがクレンジングワークやったと思いますか? 真央ちゃんがクレンジングワークやったと思いますか? 孫正義がクレンジングワークやったと思いますか? 多分やってないでしょ。彼らにそんな話すると、「クレンジング?なんだそりゃ?洗剤のことか?」などと答えるでしょう。永ちゃんの自伝なんか読んでも、とにかく彼はフォーカス・アプローチに徹していたことがわかります。10メートル先のタバコ屋までキャデラックでハイライトを一個買えることが成功、、、なんてわかりやすいですからね。

 もう一度言いますが、私自身は「クレンジング・アプローチ」を否定するわけじゃありませんが、見切りが必要ってことは力説します。その見切りはいつだっていい。今でもいい。今後、もしも「谷」や「壁」に直面したら「ありがとう」って言って前に進めばいい。今後、クレンジングや浄化について考える必要はない。もう一度言いますね。クレンジングは必要な段階はありますが、見切りつけるのは自分自身。その時期も自由。今でもOK。もし来月のセミナーに参加されるのであれば、その日を完了日にしてもいい。なんならその儀式をしてもいいですよ。不動明王のお力を借りまして、、、なんて言うと怪しいけど、結構、効きます、これが。

 ま、私のスタンス自体が、とことんフォーカス・アプローチで、妄想しまくりですからね。でも、そうやって毎日ワクワクして生活してるんですから、そっちの方が健康的やと思いませんか? くれんじんぐ~なんて暗い顔してるより、「いや~!今日もワクワクするね~!ヨロシク!」って大笑いしてる方がいいじゃん、てね。少なくともオレはそう思う。と言いながら、今週末から滝行です! 気持ちいいですよ~!

 あ、そうそう。6月30日(水)は「宇宙となかよし塾」をしますが、一応、これで区切ろうかと思ってます。理由はなんとなく。また別の形で再開するとは思いますが、とりあえず5回でいったん終了。最後は「大ほら吹き塾」で締めくくりたいと思います。それともう一つ。友人の尉川さんの「NLPインターネット・トレーニングジム」の第二期が始まるとのこと。第一期も大盛況だったそうで、新たなムーブメントが巻き起こってますね。

 てなわけで、願望実現についての話もまだまだあるのですが、今日の話はある意味、核心に迫ってみました。でも、土曜日くらいから、またまたスピリチュアルモードに入ると思いますので、その辺の記事を期待されている方はお待たせってこと。今日はこの辺で。ありがとうございました。

フォーカス!フォーカス!フォーカス!
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【東京】7月24日(土):願望実現1dayNLPセミナーin東京

【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾 in 東京

【福岡】6月30日(水):宇宙となかよし塾(5)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)(とりあえず最終回です)


【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、東京方面での講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)

【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-06-24 23:39 | ■願望実現
この度、7月25日(日)に「宇宙となかよし塾 in 東京」を開催させて頂くことになりました。

お話会形式となりますが、皆さんと楽しい時間を共有できれば嬉しく思います。


<テーマ>
・ブログには書けない「悟り」の真実とは?
・「悟り」を左脳的に理解するとこうなる!
・「悟り」を体感してみる?
・「瞑想」の効用と極意!
・ここが変だよ、アセンション!
・ようするに「幸せ」になればいいんですよね!
・本当は怖い「青い水」?
・クンダリーニとドーパミン
・「悟り」と「変性意識(トランス)」は似て非なるもの!
・結局のところ「空(くう)」って何~仏教と量子力学~
・聞くだけで願望がどんどん叶ってしまう不思議な話??
・ぶっちゃけ、「霊」って存在するの?
・一瞬で「自我」を手放す方法!


など、スピリチュアルな話題を中心に、ブログに書けないことなどたっぷりと語らせて頂きます (ヤバい話が出てくる可能性ありますので、録音・録画はご遠慮ください)

テーマはその日の参加者の希望の応じてどんどん変わっていく可能性があります。よかったら質問もご用意ください。


<日時>
7月25日(日) 13:00開場、13:30開演、16:00完全撤収


<場所>
b0002156_15364865.gif「STUDIO FEATHER スタジオB」
 東京都文京区後楽2-23-12 Holic House2F
(地下鉄東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅より徒歩7分)
(JR中央線・総武線「飯田橋」駅より徒歩8分)
 http://studio-feather.com/map.htm



<参加費>
3,000円(当日3,500円)  ※前日24日の願望実現セミナーの参加者は無料

お申込みはこちら


どうぞよろしくお願いいたします。ありがとございました。
by katamich | 2010-06-24 15:25 | ■セミナー・研修・講演
 お気づきかもしれませんが、21日にアップした「実現リスト」は思い付いたところから増やしていってます。100個書くってのも、今さら感はあるのですが、世の中の1%もやってない、しかもやればそれだけ効果があることですので、素直に書いた方が得だと思います。多少の時間はかかりますが、お金もかからないですしね。

 前も言ったと思いますが、「願望を紙に書く」ことを実践して、4か月で月収が100万円を超えた人を知っています。私もその話を聞いたのですが、2005年当時は1カ月で終了。根気が続かなかったのです。ですが、昨年の7月にそのことを思い出して、7月から100日書き続けました。叶った願望は、本の出版、アマゾン1位、月収100万円、値上げ後のセミナー満員御礼、などなど。あ、やっぱり叶うじゃん、、、ってのが実感です。

 その辺の詳しい話は「未来日記」のセミナーできちんとお話していますが、その第1段階でおススメしているのが、やっぱり「願望を100個書く」でした。実は昨年5月に「滝行セミナー」なるものをしたのですが、その日の夜の宿坊でも1時間かけて願望を書くワークをしました。そのためだけの時間です。なんですが、それでも書けない(書かない)人がいるくらいですので、簡単なようで、なかなか書けないのが実情のようです。

 あ、そうそう、昨日、今日と3名ほどコーチングをさせて頂いたのですが、3名ともに「実現リスト100」には感銘を受けたそうで、さっそくやってみるとのこと。その話の中で「人生の100のリスト」なる本をご紹介頂きました。スカイプでお話しながら、アマゾンで調べてみるとありました。著者はロバート・ハリスさん。

ロバート・ハリス、、、初めて聞く名前なんですが、なんか見覚えがある。と、思い出しました。来月ジョイントトークライブをする隊長こと中村伸一さんのブログで拝見したばかりでした(→ロバート・ハリスさんと語り尽くした5時間半!)。なんだ、こんなところでもつながっているのか。さっそく「人生の100のリスト」ではなく、ハリスさんの代表作である「エグザイルス」を注文。読むのが楽しみです。ちなみに「人生の100のリスト」のアマゾンでの内容紹介が面白いです。以下、引用。


やり遂げたいことを実現する方法!!
心のエグザイル(放浪者)が30余年にわたり書き綴ってきた「目標」と「欲望」。あなたの進むべき道、行くべき場所を模索するリストがここにある!?
アマゾン川をイカダで下る/ファッション・モデルと付き合う/南の島で放浪者たちの集うバーを開く/性の奴隷になる/ギャンブルでメシを喰う/ロックスターと友達になる/言葉の通じない女性と恋をする/サイケデリック・ドラッグをすべてやる/天使と出会う・悪魔と出会う/原宿に自分のサロンを作る/世界のすべての国と地域へ旅をする/ドッペルゲンガー(もうひとりの影の自分)と出会う/フリージャーナリストとして戦場を取材する/砂漠の朝焼けを見る/自分のグルを見つける/30以上の職に就く/ヒッピーになる
人生の100のリストより
そのリストに書き記すことで、夢や願望を実現することができた!
言霊という言葉があるように、口に出したり書き記したりした言葉はかたちをもってその姿を現わすことになる。人生のリストが持つ力は、そのようなものなのではないだろうか。人は書くことによってやり遂げたいことを具現化するのだ。



 まったくその通りやと思いますね。ただ、世の中には紙に書いてるのに全然叶わない人だっているでしょう。きましたね、この話。私などは書けば書くほど実現するんで、もう、書くこと自体が楽しくて仕方ないのですが、その一方で、実現しないものだから書くのが嫌になって止めてしまう人もいるわけです。「未来日記」を発表した時、「これはもう、ドラえもんになった気分だ」と言った人がいましたし、実際、どんどん願望を実現している報告も頂いているのですが、中には「全然叶いません!」って人だっているのです。問題はその叶わない側のメカニズムですね。いくつか要因を上げてみたいと思います。



1.他人の「自由」を奪う願望であること

 願望を持つのは「自由」です。その自由は永遠に尊重されます。ただし、自分の自由を得んがために、他人の自由を奪ってしまうようなものは叶いません。「すべてはひとつ」という宇宙の大原則があったとして、他人を不自由にしてしまうことは、自らをも不自由に追い込むこと。自由でない願望が叶うはずありません。

 具体的に言うと、「Aさんと付き合う」って願望があったとします。ただ、これは自分のエゴを優先するものであって、Aさんにも選ぶ自由ってものがあります。AさんはBさんと付き合った方が幸せになれるのに、なぜに自らのエゴを優先させようとするのでしょうか。仮に無理やりにでも付き合ったとしても、お互いが幸せになれません。その場合は「Aさんに好かれる人間になる」の方がいいでしょう。 

 ただ、矛盾するかもしれませんが、リストを書く時は、「Aさんと付き合う」でもいいです。しかし原則論から言うと、自分自身がAさんから好かれるような人間にならない限りは、その願望は叶いません。そこに「気づき」があるのです。そしてリストの文言を変えて、自らを成長させるような願望にすればいいだけ。そこでもしかしたらAさんから好かれることもあれば、もっといい人と付き合うことだってあるのです。

 先日の武沢さんの話に興味深いものがありました。武沢さんはかつて、外資系の有名な自己啓発プログラムを販売しており、自らがその手法に則って願望を実現させていきました。その中に「30歳まで結婚する」ってのがあり、それを実現させようと、いいと思う女性10名に片っ端から声をかけていきました。ですが撃沈。もうあきらめようと思った時に、ある女性と知り合い交際。その女性と間もなく結婚しました。ベストパートナーです。この話からどんな「気づき」が得られるでしょうか。

 それはともかく、もう一度言いますが、他人の「自由」を奪うような願望は決して叶いません。他人を不幸にするなども同様。他人の自由を奪うことは、自らの自由を放棄するにも等しい。他人の不幸を願うことは、自らの不幸を願うことに等しい。世の中には他人の幸せがどうしても喜べない人だっています。申し訳ないのですが、その人が本当の意味で「幸せ」になることは難しいと思います。

 結婚したいと思っている女性がいたとします。友達が次々と結婚していきます。その時に心から友達の幸せを喜んであげられる人は、早いうちに自分も結婚することになるでしょうが、嫉妬など何か複雑な思いを持っている以上は、自らの願望もなかなか実現しないでしょう。実は以前、すごく子どもを欲しがっている女性がいました。その人が私のセミナーに参加された時のことです。やっぱりこの話するのやめときますね。今は。

 

2.書く時にワクワクしない

 これって本質的な話なんですが、ワクワクしないような願望は実現しないでしょって。ハワイとラゴス。どっちに行きたいですか。ラゴスってのはナイジェリアの中心都市で、世界一治安の悪い街だと言われています(3大治安の悪い場所がケニアのナイロビ、そしてサッカーやってるヨハネスブルクです)。ま、普通に考えたらハワイですよね。でも、極端な話、ワクワクしない願望ってのは、ラゴスに行くことを願っているようなもの。

 例えば「結婚する」って願望があったとします。それって本当に願ってるの、、、って場合があります。確かに世間一般的には「結婚」は幸せの一つの形かもしれませんが、世の中には結婚して不幸になる人だってたくさんいます。その人がもし「結婚」に対して無意識的にネガティブな想念を持っているのであれば、「結婚する」って書けば書くほど、胸が苦しくなるのです。だったら、いっそ書かない方がいい。

 ただ、世間的な形に引きずられながらも「結婚」に一つの幸せを見るのであれば、別の表現がいいかもしれません。例えば「福山雅治さんのような男性とシンガポールに行って、ラッフルズホテルのバーでシンガポールスリングを飲む」など。その方がワクワクしますよね。続けて「そこでプロポーズされるのだけど、その時の一つの条件をつけてOKする」なんてじらします。そして「その条件は、毎年、この日にバーでシンガポールスリング(シンスリ)を一緒に飲むこと」なんて付け加えるのです。ただし「毎年、ラッフルズホテルとはまでは言わないけど、せめてニッカバー七島で一杯だけシンスリを飲むの」なんていいですよね。どうです、ワクワクしてきたでしょ。

 このように具体的に書くと、「結婚」に対するネガティブな想念が薄まり、何となくワクワクした情景に書き換えられます。


「福山雅治のような男性→シンガポールを旅行→ラッフルズホテルに宿泊→バーでプロポーズ→毎年記念日にシンスリを飲む条件」


なんて一連のストーリーを「妄想」って言うのですが、実はこの「妄想」こそが「願望実現」の原動力になるんです。矢沢永ちゃんが若い頃、初めてインタビューを受けた際、こんなことを言ったのは有名なエピソードです。


「矢沢さんはどうして歌手になろうと思ったのですか」
「お金が儲かると聞いたから」
「・・・・・」
「いや、音楽も好きです」
「どの辺まで目指したいですか?」
「10メートル先のタバコ屋までキャデラックに乗ってハイライト一個買えるくらいまで」


 こんなフレーズが咄嗟に出るのはすごいですよね。「紅白に出る」とか「レコード大賞をとる」とか「ハワイに別荘を買う」なんてのではなく、臨場感にあふれてますもんね。実際、永ちゃんがその通りにしたかどうかはわかりませんが、やろうと思えば簡単でしょ。永ちゃんの「成りあがり」にはこんな話がごまんとあります。

 この臨場感ってすごく重要で、単に「歌手として成功したい」って言うだけだったら、その反面、「成功したらいろいろ面倒なことが起こりそうなだな」って想念が付随したりして。するとその余計な想念が実現の邪魔をしちゃうし、それがワクワクをストップさせるんです。ですので、抽象的な願望も大切ですが、最初の段階ではより具体的に、その情景が目に浮かぶようにする方がいいです。「妄想」と言われてもね。

 ちなみに2006年の秋頃、あるセミナーに参加したのですが、その時、「10年後の目標」みたいなワークがあったのです。そこで私が掲げた目標ってのが「本が四十万部売れて、その記念パーティで講演している」ってもの。しかもその時のスピーチに内容まで妄想して発表したりしてね。で、実は昨年の秋のこと。その時のセミナーに一緒に参加されていたある男性が、私のセミナーに突然来られたのですが、その時の話をするんです。私がそんな妄想してたって話。「Qちゃんは、あの時、10年後の話してたけど、今年本が出るとか、確実に進んでるよな~」って。
 
 で、もう少し話続けますけど、このワクワクした状態ってのはドーパミンが出ており、実現の要ってのがこのドーパミンにあるんです。ちょっと下世話な話になりますが、男性(女性でもいいですが)はなぜ「H」をしたくなるのでしょうか。本能と言えばそれまでですが、こんなことってありますよね。まだ童貞の頃、Hに対してすごい憧れを持つわけですが、いざ、初体験となると「こんなもんか」と冷静になったりして。初体験でなくても、普段、Hしたくなるでしょうが、実のところこれは「Hが気持ちいいから」したくなるのではなく、「Hが気持ちよさそうだから」したくなるのです。

 実際してみたら思ったほどでもないにしても、する前ってめちゃくちゃワクワクしますよね。この「する前のワクワク」がなければHするモチベーションが下がるし、そうなると種族保存が立ち行かなくなるかもしれません。何が言いたいのかと言うと、「願望実現」も一緒で、ようは実現する前にどんだけワクワクできるかが重要なんです。

 正直なところ言うと、私の本が出る前、書店に自分の本が並んでいることを想像するだけで、ワクワク感が止まりませんでした。そして出た後、すぐには精神世界コーナーに行かず、検索機で自分の本があるか確かめるんです。ワクワクですよ。その後、コーナーに行って「宇宙となかよし」が平積みになってるのを目撃。ドーパミンどっば~です。でも、それだけワクワクすることなのに、毎日、本屋に行くことをしないですよね。しかも、今となっては自分の本を見つけても「ふ~ん」なんて思ったりして。

 つまりは「実現」の動機ってのは、実際に実現した時よりも、そのことを考えてる時とか、妄想してる時に大きくなるんです。そしてその動機(言い換えるとドーパミン)が大きければ大きいほど、実現力が高まるんです。Hの前と同じこと。

 ですので、このワクワク感を高めるためにも「願望を紙に書く」は有効なわけですが、書いてもワクワク感が出ないのであれば書かない方がマシ。実現力は下がりますから。で、書く際はなるべ具体的に。より妄想をふくらませながら。私の実現リストの中に「シベリア鉄道に乗る」ってのがありますが、そうではなく「シベリア鉄道でウォッカを飲む」に書き換えました。一週間のシベリア鉄道の食堂で、魚の燻製かなんかをつまみながら、ウォッカをストレートで飲むんです。外の景色は何の変哲もない平原。周囲はロシア語でわけわからん。でもウォッカの味とアルコールだけは周ってくる。五木寛之の「青年は荒野をめざす」なんかを読みながら、ロシア美人を妄想の中に入れてコンパートメントの寝室でオ〇〇ー、、、すいません。

 ま、ここまで妄想できれば実現力が高まりますよね。抽象度をどんどん下げるんです。苫米地英人さんは「抽象度を上げろ」って言いますが、それは後の段階。抽象度が上がった状態でドーパミンが出るようになればそっちの方がいいですが、普通は具体的な方がドーパミン出やすくなりますから。

 てなわけで、「未来日記」にしても、「100リスト」にしても、大切なのはワクワク感です。ドーパミンです。今日は6000字書きました。ブログ書いている時はドーパミンがどっばどばなので。今日はこの辺で。ありがとうございました。

ドーパミンのスイッチ!
 ↓   ↓

人気blogランキング
by katamich | 2010-06-23 23:39 | ■願望実現
 いつの間にか梅雨に入っていたようですが、福岡はさほど雨降りでもありません。昨年みたいに一気に来るのかも。ところで、6月26日(土)から7月17日(土)まで21日間の滝行に入ろうと思います。滝行に入るとスピリチュアルモードになりますので、その手の日記を期待されている方はもうしばらくお待ちくださいね。

 ところで昨日、「実現リスト100」を書きましたが、この手の話って、だいたい読み手は2通りに反応するんですよね。一つは単純に面白がる人。中には真似しようと思う人も。そしてもう一つは拒絶反応を示す人。理屈言ってバカにしたり、中には他人のリスト(例えば私の)にケチつけたりしてね。ただ、これだけは言えると思いますが、後者の人はハッピーにはなれませんから。

 別に真似しろとか、感心しろとまで言ってるわけではありません。キーワードは「素直」です。ただ読むだけでもいいのですが、「へ~、、、面白いね」くらいに素直に受け止められる人は、だいたいハッピーな人ですね。それに対して、「○番はどうかと思いますけど・・・」みたいな評論家。うるさい。大きなお世話です。それより、アナタはどうなの?って小一時間問い詰めたい。

 それはともかく、今日改めて思ったのですが、私って意外と「素直」なところがあって、それが何となくいい結果を生み出しているように思います。2003年12月に武沢さんのセミナーに参加した時も、「目標設定」と聞いて、すぐに実行したり、ウィッシュリスト100(実現リスト)って聞いて、素直に実行したりね。それ以外にも本読んだら、何か一つは実行するようにしていますし、面白そうな講演会やセミナーが引っかかったら、真っ先に参加。この本面白いよ、と勧められると、だいたい読むようにしていますが。ただ、マルチビジネスや宗教の勧誘はお断り。ようするに「自分でいいと思ったもの」に対してはいつも素直。それが秘訣なんだと思っています。

昨日ご紹介した夢と情熱コンサルタント脇田さんのブログから、、、


夢や目標・事業計画を紙に書いている人は、通常は1%ほどしかいない。
でも、事業計画については上場企業の100%は創っている。
まずは、夢を紙に書くことが大切で、
それだけで中小企業の上位数%には確実に入ることが出来ます。



とありますが、これは企業だけでなく、人生についても同じだと思います。世の中には大企業や成功者が必ずやっていることがあって、それは全体のわずか1%から3%程度に過ぎません。それ、わかっちゃいるのだけど、なぜかやろうとしない。私からすると不思議でたまらないのですが、ま、100歩譲ってわかる気もします。

 例えば「100リスト」なんてのは、実際やってみるとお分かりと思いますが、100は大変みたいです。10個くらいは出てくるのでしょうが、100になると手数が足りなくなる。でも、本当はたったの100くらいはすぐにかけるはずなんです。だけど書けない。その理由は一つ。「条件」にあると思っています。

 100リストを書く際、決めごとは、一切の能力や制限を排すること。もしも「ウルトラマンになって宇宙飛行したい」ってのを本当に思っているのであれば、書いてもよい。でも、思うのはともかく、それを紙やブログに書くとなると、なぜか躊躇されることがある。その理由はまさに自分に対する「制限」であり、「条件」づけなのです。

 例えば「年収2000万円」ってのは、一般的には高収入の部類に入るでしょう。ただ、私の周囲には2000万円クラスはたくさんいるので、さほど高いとも思えなくなっている自分がいますが、ま、とりあえずの目標は2000万円くらいにして、それをブログに書いて公開。ただ書くだけ。「世界平和」も大切ですが、かすみ食いながら平和を唱える前に、自分の平和をどうにかした方がいいでしょ、、、ってのが世間的な見方じゃないと思います。別にかすみ食って世界平和を唱える人を否定はしませんが、私はゴメンだよってこと。

 話を戻しますが、「年収2000万円」ってのは、そんなに高い収入とも思えないのですが、それさえも書けない人がいます。なぜか。簡単な話で、手が動かないのです。恥ずかしかったり、卑下したりして。セミナーのワークの中で、しばしばアファメーションのようなことをして頂く場面があります。例えば「年収2000万円になりました」にしましょうか。で、そう言ってもらうのですが、多くの人は言いながら「へへへ・・・」って照れ笑いしたり、めっちゃ棒読みになったりします。そうやってアファメーションしても無駄。

 理屈で言うと、潜在意識にインプットされるってのは、自然に当たり前のように言えてる状態。「昨日の夜、なに食いましたか?」って質問されて、「へへへ、、、サバの味噌煮です」って照れ笑いする人はいないでしょ、普通。「昨日は、、サバの味噌煮っすね」くらいの感じでサラっと言えて普通。その人にとっては「サバの味噌煮」を食べる願望は普通に潜在意識にインプットされてるんです。でも、世界にはサバの味噌煮を当たり前に食べれる人は、そんなに多くない事実があります。それが実現しているのは、先進国の人たちだけ。インドの低カーストに人などは、具のないサラサラのカレーとチャパティでさえ食べられない人が多いのが現実ですから。

 結局のところ、「書けば叶う」は当たり前の話。まず、人間の可能性として「思ったことは実現可能である」ってのがあります。今すぐブラジルの人と話をしたいと思っても、100年前は不可能でした。でも今は携帯電話ですぐ。それもこの100年の間に「思った人」がいたから可能になったのです。なので、タイムマシンなんてのも、現段階では現実的も理論的にも不可能とされていても、将来的にできる可能性はあるのです。平安時代に「鉄の塊が空を飛ぶ」なんてのが可能だって心底思った人はいない(ほとんどいない)と思いますが、タイムマシンも同じこと。

 話を戻しますが、もう一度言いますが「思ったことは実現可能」であって、タイムマシンに比べると「個人年収2000万円」なんて、めちゃくちゃ簡単なことでしょう。で、次に「書ける・話せることは実現可能性が極めて高い」ってこと。さっきも言ったように、願いを口に出してみても、照れ笑いで嘘くさくなる人が大半だし、紙に書く人もほとんどいません。それはなぜかというと、潜在意識では叶わないことになっているから。それを逆手に取れば「書けば叶う(可能性が高まる)」ってこと。なので「未来日記」なんかもめちゃくちゃ叶うのです。実証済み。

 では、ワークしましょうか。今、ワードでもメモ帳でもいいし、紙でもいいので、願いを10個書いてみてください。何でもいいです。年収20億でもいいです。ただし、自分の願望を書くこと。私のリストなど参考にしないで。で、何か思い浮かんだら、書いてみてください。今、なんか抵抗を感じた人も少なくないと思います。でも、ここで思い切って書いてみます。これで、実現可能性が高まりました。おめでとうございます。

 願望を書く。これって古典的な願望実現方法の一つなんですが、中にはそんなことしないで実現したいと思っている人もいるでしょう。それ以前に「あるがまま」でいいのに、そんなことしなくっても、、、なんて怪訝に思う人もいるでしょう。って言うか、私にとって願望を100個書くとか、めっちゃくちゃ「あるがまま」なんですが、それはともかく。抵抗ある人もいるでしょう。

 でも、あえて言います。「あるがまま」でいることに努力するよりも、願望を100個書いてみる方が、実は楽しいでしょって。話がこんがらかるかもしれませんが、私は「あるがまま」でいいと思っています。なにもする必要ないし、すべて宇宙におまかせでOK。生まれた時から大よそのストーリーは決まっているのに、なにをあがいているのか、必死になっているのか。「あるがまま」でいいんですよ。すべては宇宙の意思なんですから。

 と言いながら、もう一度言います。願望を100個くらい書いてみたらって。もしかしたらその中に本当に意味での「あるがまま」を見つけることができるかもしれないし、本当の意味で「努力しない」ことを理解するかもしれません。よく言われるんですよね。毎日長いブログ書いて大変ですね、って。言っときますが、全然大変じゃないって。努力もゼロ。むしろブログを3日書かないでいる方が努力を要するでしょう。結局、私は毎日自分の好きなように生きているだけ。セミナーなんかで全身全霊を使いますが、自分の力をセーブする方が大変です。結局やりたい放題。それがあるがまま。

 話を戻しますが、「願望を書く」ってのは古典的な願望実現方法で、多くの方がその効果を実感されています。私もその一人。でも、もちろん書いたことが100%叶うとも限らない。叶うことは叶うし、叶わないことは叶わない。それが現実。それでもあえて100個書いてみる。できれば1000個くらい書いてみる。中には驚くようなことが叶っていたりする。私にとって「本の出版」などまったくの絵空事でした。せいぜい100頁くらいの小冊子を自費で出版しようかと思っていた程度。でも、そんなのも今では普通に実現して、書店に行けば私の本が置いてあります。セミナーで全国行脚なんてのも、5年前は誰が想像したでしょうか。でも「全国行脚」って言葉だけは私の頭の中にあって、それを紙に書きました。すると実現。世の中ってそんなもん。他にもいろいろ実現してますもんね。おそらくこれからもどんどん実現するんじゃないかと思います。

 てなわけで、ま、楽しくやりましょうってこと。100個書いていると楽しい。世の中にはそうでない人もいるかもしれないけど、少なくともオレは楽しい。もちろん書くだけでなく実現したらもっと楽しい。収入も上がった方が楽しいし、たくさんの人と会うのも楽しい。旅するのも楽しい。酒飲むのも楽しい。楽しくないよりは楽しい方がいいもんね。それが素直ってこと。うん、これからも楽しくいきましょう。ありがとございました。

楽しい人生を送られている方はクリックを!
 ↓   ↓

人気blogランキング


【東京】7月22日(木):中村隊長&石田Qジョイントトークライブ「オレたちの、旅と人生を語る熱い夜」

【福岡】6月30日(水):宇宙となかよし塾(5)(大野城まどかぴあ和会議室・19:30~22:00)


【東京】7月24日(土):願望実現1dayセミナー(仮題)
【東京】7月25日(日):宇宙となかよし塾in東京
【九州】9月18日(土)~20(月・祭):GSJセミナー(Q州ツアー)(仮題)

※7月23日(金)はスケジュールが空いていますので、講演・ミニセミナー等のご依頼受付いたします(講師料は相談にて)


【参加します】
7月25日(日):根本昌明・指揮 ~ ベートーヴェンへの感謝の夕べ II ~ 第九&皇帝
8月8日(日):第1回福岡こころとからだ塾


○拙著「宇宙となかよし」のご購入と「感謝特典」はこちらです!
○オフィシャルサイトはこちらです! メルマガもあります♪
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
Twitterで思いのままにつぶやいています♪ (よかったらフォローをお願いします!)
by katamich | 2010-06-22 23:39 | ■願望実現
ブログトップ | ログイン