宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2008年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 昨日、0時過ぎに18時間ぶっ通しコーチングが終了し、風呂に入ってしばらくして寝ました。実際、18時間も通しでコーチングをするとかなりエネルギーを使います。昨年は完全にヘロヘロになりました。ただ、今年は途中で2時間程度の休憩が入ったこともあり、最後の最後まで元気でした。と言うか、終わりに近づくにつれエネルギーが充満していくような感覚を得ました。これはあくまで「感覚」の範囲ですが、どうも私自身が何かの「媒体」となっている感じで、単純に気持ちのいいエネルギーが流れていただけ、のような感じでした。

 たくさんの人に喜んで頂けたと同時に、私自身も今回のコーチングによって、様々なインスピレーションが得られる一日でした。そして今日は朝からセミナーに出席。7時過ぎに起きて、電車を乗り継いで9時半スタート。どんなセミナーかと言うと、とてもお得なセミナーでした。

セミナー・ワークショップ・コンベンション2008@福岡

と言うもので、主に九州で活躍される6名の講師の方のセミナーを一気に体験できるもの。それがなんと3,000円のボランティア価格。いろんなことを吸収するのに、こんな手軽な機会はありません。私もこれを知ったのが急だったので告知の時間がありませんでしたが、これならもっと多くの人にお知らせすべきだった、と思いました。内容は、

1.菊池和郎氏(あなたの夢や望みを実現する心の技術@NLP)
2.園田博美氏(キャリア・レインボー ~人生の彩り~)
3.森山由利子氏&田中友美子氏(サウンドヒーリングセラピー ~音はなぜ癒すのか~)
4.西田稔子氏(ホメオパシー入門)
5.蓮屋有楽斎氏(道教にみる気と陰陽の世界)
6.吉村裕司氏(セルフイメージ・自信を高める方法@CodeSoil)


の各一時間。NLPの菊池さんは知っていたのですが、その他の方はほぼ初めて。どちらかと言うと「右脳的」というか、「感覚」を重視した内容が多く、その点でもかなり興味深いものでした。多くの講師の方がNLPをされているのもあり、私にとってもとても理解しやすい内容でした。プチ気功講座みたいなのもあり、「気(エネルギー)」の理屈や、チャージの仕方などを教えてもらい、さっそく実践します。また、私自身がセミナーをやっていく上でも、とても有益な情報が得られて、極めて費用対効果の高いセミナーでした。もちろん一つ一つは入門編であり、もっと深いことを学ぶには不十分かもしれませんが、知らないことをこんなに効率的に学べるのは本当にお得で、これで3,000円はちょっと安過ぎです。来年もするのであれば、ぜひ事前に告知させて頂きます。

 そして、今回のセミナー全体を通して、ひとつのメッセージを受けるとなると、やはり私自身が今最も大切にしていること。つまり「自分らしく」ということでした。ミルトン・エリクソンの言葉として紹介頂いた「Be yourself!」、つまり「あなた自身であれ」ということ。これが今回のセミナーに通底するメッセージであったように思います。結局、この「自分らしく」ということが実現できれば、正直、人生においてゴールと言っていいと思います。いや、ゴールと言うより、むしろスタート。本当の意味で人生のスタートを切るには、この「自分らしく」あることが最重要だと思っています。

 今回のセミナーを受けながら、自分自身のヒラメキをいろいろメモしていたのですが、昨日の18時間コーチングの経験と合わせて、私のコーチングやセミナーの「あり方」と「やり方」について定まってきた感があります。今から改めてオフィシャルサイトを構築する中で、同時に体系化させていくことですが、最終的な「自分らしさ」に到着するために必要なプロセスが見えてきました。

1.ファンダメンタル・コーチング

 ファンダメンタル、つまり「基礎」です。今、何をすればいいのかわからない、目標が漠然としている、実現に向けた達成力の自信がない、など多くの人が直面する段階です。私自身も会社を辞めた直後はこうでした。ここで言う「基礎」とは、一番は「自分との対話」となります。もっと正確に言えば、「自分の無意識との対話」です。コーチングの役割の一つとして、「無意識を有意識化する」というものがあると思っています。その際のツールとして「質問」が用いられます。なぜ、実現できないのか。主な理由は「無意識がそれをストップしている」ということになります。この時、適切な「質問」によって、そのストップの原因、つまり「無意識の声」を引き出すことが重要です。そこで初めて、無意識の再プログラミングが可能となるのです。このファンダメンタルについては、まずは誰もが通過する必要があり、実際上も多岐に渡る領域となります。


2.セラピー・コーチング

 ファンダメンタルと重なる部分も多いのですが、悩みや心の諸問題を抱えている限りでは、積極的な目標達成にはなかなか到達しません。もちろん人間は悩みを抱える存在です。しかしその「悩み」とどのように付き合っていくかが重要なのです。ここでは主に悩みとの付き合い方に重点化し、いわゆる「心の癒し」に向き合っていきます(ただし、「重度」の方はまずは専門医にご相談頂きます)。


3.コミュニケーション・コーチング

 コミュニケーションを制する者は人生を制する。仕事はもちろん、結婚、恋愛、親子関係、友人関係など、社会で生活している以上、必ず必要となるのがコミュニケーションです。このコミュニケーションの力を上げることが、幸せな人生を送る上で大きなネックになってきます。


4.マネー・コーチング
 
 文字通り「お金」に特化したコーチングです。豊かな人生を実現する上で、やはり避けて通れないのが「お金」です。お金が貯まらないのも、稼げないのも、すべて「無意識」に原因があります。ファンダメンタル・コーチングによって「無意識」との対話が上手になった段階で、今度は具体的な経済的目標を達成することにフォーカスします。すべてにやり方があります。


5.ビジネス・ライフワーク・コーチング
 
 人生において仕事は不可欠です。マネー・コーチングやコミュニケーション・コーチングと重なる部分もありますが、ここではそれぞれの「ビジネス」や「ライフワーク」における目標達成、自己実現にフォーカスしていきます。


6.ブランディング・コーチング

 アウトスタンディング(ずば抜けた)な人生を実現するには、自分自身を「ブランド化」することが最も近道となります。そのためには自分を知ること、つまり徹底した人生の棚卸により、自分自身のリソースを明確化し、文字通りオンリーワンの自分自身をプロデュースしていくことにフォーカスします。


7.コア・ミッション・コーチング

 本当の意味での人生のスタート地点に立つためのコーチングです。ある意味、それまでの人生のゴールに立ち、新たな「第二の人生」をこれから歩んでいくことになります。1~6のコーチングと並行する部分もありますが、自分らしい本当の人生(ミッション)に目覚め、何をするにもうまくいく、つまり「コアに入る」ためのプロセスを一緒に歩んでいきます。この段階では、よりスピリチュアルな領域(いわゆる魂の領域)に近づいていくことが不可欠であり、「無意識」のプログラミングを超越した「本当の自分」に出会うことを目指します。


 以上、1から7までの段階がありますが、これはそのまま私のコーチングやセミナーのプログラムそのものになっていくと思います。私の次のステップとしては、それぞれの段階の体系化、そして全体の総合化を通して、私独自のセミナープログラムを構築していくことです。ファンダメンタルを2日間やったとして、あとは一日ごとに合計8日間のセミナーを完成させることを目指します。そんなことを昨日と今日の二日間でひらめきました。


 ところで話は変わりますが、この度、ものすごくタイムリーな本が出ることをご案内させて頂きます。ご存じ、私のメンターの一人でもある鳥居祐一さんの新刊です。その名も「スピード・ブランディング」。実はワード原稿の段階で読ませて頂いたのですが、すごい内容です。詳しい話は明日にでもさせて頂きますが、今、一番読むべき一冊だと確信しています。そして特典付きのアマゾン・キャンペーンが12月3日に行われますので、ぜひ、そのチャンスをご利用ください。私の大好きな「島田紳助」にも言及した、めちゃくちゃ面白い本です(^^)。これについては明日。とりあえず告知だけさせて頂きます。ありがとうございました。

いつも応援ありがとうございます!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-30 23:57 | ■セミナー・研修・講演
 今日は「天使企画第二弾パワーアップ無料ショートコーチング」で、朝6時から夜の0時まで、合計32名の方のお話を聞かせて頂きました。32名中、女性26名、男性6名。モテてごめんなさい。正直言って、「コーチング」らしいコーチングになったのは2~3名でして、ほとんどが雑談みたいな感じでした。しかし20分の限られた時間では、言語的コーチングをするのは限界があります。ある意味、「天使企画」らしく、天使を降臨させるようなイメージで、電話の向こうの人が何よりもハッピーになって頂くことが第一でした。

 その結果、やはり「天使」は何度か降臨したようで、自分でも鳥肌立つようなメッセージが勝手に発せられる瞬間が何度もありました。そのおかげか、今日はほとんど疲れませんでした。それどころかますます元気になっていくようで、変な言い方ですが、おそらくどこか高次元からエネルギーが注いでいたんだと思います。コーチングと言うより、半分、チャネリングだったかもしれません。コーチングを期待されてた方はごめんなさい。でも、これはこれで「私らしい」あり方だと思うので、これからも私のコーチングをやって行こうともいます。ただ、普通のオーソドックスなのもできますので(^^)

 そしてさっそくコメント欄に感想を頂きました。メールでの感想も頂きましたが、とりあえずブログでの感想をご紹介させて頂きます。


--------------------------------------

(Mさん 女性)

7:00からの無料ショートコーチングが、さきほど終わりました。

短い間だったけど、超有意義な時間でした。

コーチングは初めてでしたが、Qさんだからでしょうか、
長年自分が抱えていた課題をどうして持つようになったのか、
にヒットして、感謝して手放す用意ができ、潜在意識のプログラミングを
書き換える方法まで、自分なりにGetできました!
あとはやるのみ、です。

宇宙となかよしなQさんならではの、天と繋がったコーチング・・・ともいえる
不思議にワクワクする時間を、どうもありがとうございました!!

↑これは私の勝手な感想で、他の方との時間はまた違うものになるかもしれません。
でも、きっとその方にとって必要なことが得られる時間になることと思います。

今日一日が、こんな無償の愛を与えてくださるQさんにとっても、
今回新しいことに挑戦することになる受け手のみなさまにとっても、
祝福の一日になりますように!

Qさん、本当にどうもありがとうございました!!



--------------------------------------

(Mさん 女性)

11時からのショートコーチング、ありがとうございました。

「テーマが大きい」とか「テーマが崇高」だとか言われましたが、
自分の課題について、あまり言語化することがなかったので、
とてもおもしろかったです。

Qさんと話しながら、私もメモをとってみました。
単語しか書いてないメモですが、それを今眺めていると
自分が目指そうとしていることが、漠然としたものではありますが、
わかってきました。

ものすごい収穫です。

一日一日を積み重ねながら、目標に向っていけばいいのですね。

コーチング、わたしも勉強したくなりました。

Qさんの暖かいハートに触れられて幸せです。
みりぃさんも書かれていますが、
きっと、みなさんも必要なことが得られるはずです。

天使企画、最高!

Qさん、本当にありがとうございました。(深謝)



--------------------------------------

(Lさん 女性)

15:00からのショートコーチング ありがとうございました (*´∀`*)

以前 何度か音声でのお声は聞かせていただいてたのですが
Qさんの生声 (スカイプ越しですが) ほんっとイイ声ですねぇ~~~!
それに お話させていただいてて 天使企画の意味がわかったような気がします
Qさんに天使が降りてきてるというか 天使と繋がってるというか
Qさんが天使なのか・・・w
大変 素晴らしい有意義な時間をありがとうございました
今日 Qさんに聞いたことを絶対に忘れません
また 1年後 2年後 3年後 振り返って思い出したいと思います!
ありがとうございました+:。*:゜。+☆



--------------------------------------

(Rさん 女性)

早朝6時半からお世話になった者です。

一言で表現するならば、最高!です。

貴重なお時間を無償で御提供下さった事に、感謝の限りです。

クライアントに対して、適切な質問で、新たな導きを与えて下さるテクニックには
驚愕致しました。

お陰様で、問題を抱えている私自身が、自分の言葉により、
今まであやふやだった葛藤をはっきりと、認識する事が出来ました。

振り返ってみますと、Qさんは、なぜあのような奥深い質問を間髪入れずに出来るのか?
とても不思議です。
プロフェッショナルとはいえ、それを超越した神業としかいいようがありません。

素晴らしいお時間を、御提供下さりまして、
ありがとうございました。



--------------------------------------

(Hさん 女性)

朝8:00からのショートコーチング、ありがとうございました。

知りたかった分野のことがQさんなりの明快な表現でお聞きすることができ、とても勉強になりました。
とても濃い時間で、終了するまであっという間でした。

Qさんが今月のインドの旅を通してさらにステージを上げられたこともはっきり感じることができ、私までワクワクが伝わりました☆
Qさんはまさに「宇宙となかよし」を体現されている方なのだなぁと。

もう「宇宙となかよし」を超えて「宇宙とまぶだち」ってかんじです(笑)

インドの旅を経てますますパワーアップしたQさんの、次回の超意識セミナーが大変楽しみです!

17時間に及ぶ無料コーチング、本当におつかれさまでした。

朝の素晴らしい、有意義な時間をありがとうございました(^ー^)



--------------------------------------

(Kさん 女性)

17:30より飛び込みでお世話になりました。
お礼が遅くなってしまいましたが
その節は、ありがとうございました。

Qさんにお薦めいただいた「Make a Happy」計画を1週間継続しております。
これは毎日誰かをハッピーにするゲーム。
一方的な思い込みも良しのお手軽さ。

こんなささやかな気持ちを持つだけで、毎日が少しずつ楽しくなっちゃうのだから。
世界の幸不幸の意味漬けなんて気持ちひとつという良い勉強になっております。

この調子で年末まで楽しんでみますね!
ありがとうございました。


--------------------------------------


 こちらこそ本当にありがとうございました。私の方こそ、今日という日は、皆さんとお話ができて、とても思い出深い一日となりました。本当に感謝申し上げます。

 そして最後の最後のセッションでは、これもまた雑談になったのですが、とっても嬉しいメッセージを頂きました。その方はテレビ業界にもいらっしゃったようで、最初は加賀田晃の話で盛り上がっていたのですが、最後にこんなことを言われました。「タモリ、サザン、所ジョージ、稲川淳二、おすぎ、石井裕之」などの名をあげて、その人たちが全然売れてない時期から、「絶対売れる」と確信されていたようですが、それだけ先見の目がある人なのです。そしてこれから先、間違いなく売れるのが「石田久二(Q)」であろうと、これまた確信されているとのこと。これは私に対して、ものすごく力強いメッセージになり、天使からのご褒美のように思いました。

 また、来年もこの「天使企画」をやりたいと思いますので、どうぞお楽しみに。そして今後、全国各地で積極的にセミナーなどを展開していこうと思います。とりあずは沖縄、仙台、鹿児島などでのリクエストも頂きました。来年は絶対やろうと思います。

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。 

いつも応援ありがとうございます!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-29 23:59 | ■天使企画
(本エントリーは11月29日まで上位に表示されますので、毎日のエントリーは下方をご覧ください)

 本年の「天使企画第二弾」として、この度、日頃の感謝の意味を込めて、下記の通り、年に1回の自主イベント、「パワーアップ無料ショートコーチング」を開催することになりました。申し込みを開始しましたので、「申し込み方法」に従い、ご希望の方のお申し込みお待ちしております。なお、これまで有料無料に関わらずコーチングを受けたことがある方でも申し込みは可能です。ただし、お一人様、一回とさせて頂きます。


日時:11月29日(土)6:00~23:30 
料金:無料(ただし、電話代はご負担頂きます)
時間:一人20分間程度
方法:電話(携帯AU、福岡092)、スカイプ

※スカイプも可としますが、接続状態が悪い場合、すぐに電話に切り替えられるよう、スカイプ希望の方は、同時に携帯か固定かの希望もお書きください
スカイプID:ishidahisatsugu


【申し込み方法】
1.以下のフォーマットに必要事項を記入し、「コーチングアドレス」に送信ください(それ以外のアドレスへのお申し込みは受付いたしません)
2.希望時間より「開始時間」を決定し返信いたします
3.返信メールに電話番号を書いておりますので、時間になったらおかけください

・コーチングアドレス ⇒ q_coaching_2008★yahoo.co.jp (★→@に変換ください)



<記入フォーマット>
・氏名:(本名でお願いします)
・性別:
・年代:(「30代」のような書き方で)
・住所:(都道府県のみ、海外の方は国名のみ)
・職業:(書き方は自由です)
・希望時間:(下記<受付可能時間>より第5候補までお願いします)
・テーマ:(テーマは自由です)
・方法:(携帯AUか福岡092かスカイプかをお選びください)
・電話番号:(おかけ頂く番号をご記入ください-非表示希望の方は「非表示」と記入)

※テーマはなるべく詳しくご記入願います
※本セッションに関しましては、個人情報その他、一切の守秘義務を厳守いたします


<受付可能時間>
当日はずっとPCの前にいますので、時間が残っている限り、ギリギリでもOKです。ピンときましたらどうぞお待ちしております!!
  ↓  ↓
「12:30」「13:30」「16:00」「16:30」


<予約済時間>
「6:00」「6:30」「7:00」「7:30」「8:00」「8:30」「9:00」「9:30」「10:00」「10:30」「11:00」「11:30」
「12:00」「13:00」「14:00」「14:30」「15:00」「15:30」「17:00」「17:30」
「18:00」「18:30」「19:00」「19:30」「20:00」「20:30」「21:00」「21:30」「22:00」「22:30」「23:30」「23:00」

 お申し込み、お待ちしております。ありがとうございました。


人気blogランキング
by katamich | 2008-11-29 09:23 | ■天使企画
 いよいよ明日は年に一回の自主イベントである無料ショートコーチングの開催。今年で3度目となります。昨年は当日中に満員御礼になりましたが、今年はお昼の時間帯はまだ空きがあります。ただ、本当に18時間ぶっ通しでやるとなると、めちゃくちゃハードでした。それだけに私にとって得難い体験になりますし、そんな一日にお付き合い頂ける皆様には感謝のしようがありません。コーチングの際は通常、ノートを傍らにメモを取りながら進めることになります。そのノートは昨年の分がまるまる手元に残っており、我ながら凄い軌跡だな~と思います(ただし、それが第三者の目に触れることは一切ございません)。

 そんな一日ですので、食料もきちんと用意して、万全の態勢でのぞみたいと思います。ここ1~2年とセミナーを中心に活動していますが、私の原点はやはり1対1のコーチングではないかと思います。確かに複数相手のセミナーでは、最も「自分らしさ」が発揮されるものと思いますが、実は「1対1」でも「1対複数」でも、実質的には「ひとり」が相手であることに変わりありません。もちろん複数であると、物理的なエネルギーの分散はあるかもしれませんが、それでも相手が10人でも100人でもあろうと、私に対置されるのはどこまでいっても「ひとり」です。

 ある意味、「1対1」ができずに「1対複数」ができると言うのは矛盾であり、例え何人のセミナーであっても、基本はやっぱり「1対1」です。明日はある意味、その基本に再び立ち返ることになります。私は今でもパーソナルコーチングの受付はしていますが、一時期は新規の方を制限することを考えたほど、たくさんのクライアントさんがいたこともありますが、近頃は新規の方のお申し込みもかなり落ち着いています。もちろん問い合わせは受けるのですが、近頃はコーチング用に作ったサイトを更新してなかったりするので、受付していないと思われがちなところもあります。そんな意味も含めて、今年中には正式なオフィシャルサイトをオープンしたいと前々から思っています。

 そう言えば昨日のコーチングセッションでは、今年の「未完了事項」という話になり、今現在残っている未完了な仕事を書きだしてもらいました。ついでに私もやってみたのですが、やっぱり「オフィシャルサイト」の構築がネックになっています。あとは部屋の片づけ。こちらは今日、やりました。この「未完了事項」ってのは、非常に重要であり、これは大小に関わらず、少ないにこしたことがありません。例えば何かの公的手続きが終わってないだけでも、行動を妨げる要因として無意識に入ってしまうのです。私で言うと、年金の支払いを自動引き落としにする手続きを、かれこれ半年前からしようと思っているのですが、まだやっていません。銀行に書類を提出すればすぐなんですが、なぜかこんな簡単なことさえやっていません。

 こういう細々したことですが、残していると、本当に行動の抑制要因として無意識のブレーキがかかってしまうのです。それも小さければ小さいほど。こう言う場合はまずはリスト化して「すぐする」で一気に片付けてしまうのが有効です。オフィシャルサイトについては、すぐには完成しないものの、「着手」がすぐにできます。そのためにはホームページビルダーを立ち上げること。これは本当にすぐできます。こういうことから始めなければなりません。実際、私は着手し始めるとはまるタイプなので、やれば速いのです。それを知っているからかもしれませんが、後回しにしてしまうことが多いのです。「すぐする」ってのは本当に「奇跡の習慣」だと思うので、今一度、意識的に取り組む必要がありそうです。まさしく「潜在意識(無意識)」に翻弄されないよう、今一度、「意識(自我)」のエネルギーを引き上げて取り組むことにしましょう。

 そしてもう一つの「未完了事項」として、今日、滝行に行きました。実は10月から行ってません。滝行ってのは、本当は冬こその行なのです。正直、夏場は気持ちがいいし、誰でもできます。ただ、夏から秋の滝行をしていないと、冬の滝行は辛いです。まだ11月。それこそ雪が降り始める前に、一度は行っておく必要があると思いながら、暖かい部屋でずるずると過ごしていました。今日、明日のコーチング前に身を清める意味でも、思い切って行ってきました。そして告白します。ダメでした。ダメというのは何か。般若心経をあげてる途中、苦しさがマックスになり、一度滝から出てしまったのです。今までは苦しくても懸命に声を出し続けることで耐えることができましたが、今日はダメでした。こんなことは私の滝行の経験でも2度目くらいのこと。

 気温はちょうど10度。水はもっと冷たいです。滝に入った瞬間はいけそう、と思うのですが、身体(無意識)の水に冷たさに反応し始めると、皮膚の収縮が始まり、なぜか呼吸が苦しくなるのです。「海猿」という映画を見たとき、ある登場人物がわずかな酸素ボンベだけで、海底に取り残されるシーンがありましたが、滝の中であれを思い出しちゃうとダメなんです。めっちゃく息苦しくなって、死ぬんちゃうか、、、なんて思ってしまうのです。今日はまさしくそれ。おまけに8月の雷事件もありましたので、変な恐怖心が身体(無意識)に入っていたようです。こればかりは強引に取っていくしかないのですが、ちょっとした工夫でもできたります。

 以前も滝の中で苦しくなったのですが、その時、CCBの「ロマンティックが止まらない」をBGMに滝に打たれている自分の姿をイメージすることで、苦しさを克服することができました。しかし今日はそのゆとりさえありません。とりあえず一度出て、態勢を立て直してから、再び入りました。今度はOK。これで無事に滝行を済ませましたので、一つの未完了事項が完了したということです。ただし、来週から一週間ほど「行」に入る予定ですので、またもや「身体(無意識)」との対話が始まるわけですね。その行の後は東京でのトークライブ、そして札幌セミナーが続きます。文字通り身を清めて出張にのぞみます。

 実は今日も違う話をしようと思っていたのに、やっぱり別の話になってしまいました。これもまた必然。今日は早いですが、明日に備えて早めに寝ようと思います。ありがとうございました。

いつも応援ありがとうございます!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-28 22:35 | ■NLP・コーチング
 今日も寒い一日でした。インドでも北部は日本と同様かそれ以上に寒くなります。一般的に暑いと思われているインドでも、デリーなどでは毎年冬には凍死する人も出てきます。私も12月のインドに行ったことがありますが、確かにめちゃくちゃ寒かったです。そんなインドでも、多くの家庭では暖房器具もなく、また、満足に服や靴さえ持っていない人も多いです。それに比べると、寒いと言っても、家には暖房もある。暖かいコタツもある、布団もある。そして毎日食べていけるご飯はお金もある。比較するのは変かもしれませんが、日本と言う国は本当に恵まれていると思います。

 今回、私は4度目のインドに行ってきたのですが、確かにインドも近年は生活水準もボトムアップされ、低カーストであってもIT長者などになれるチャンスが出てきています。それでもやはり、貧しい人が多いのは事実。日本ではたとえ貧しくても、公的扶助があります。凍死したり、餓死したりする可能性は極めて低いです。インドではその日一日食べるのが精いっぱいという家庭もまだまだたくさんあります。やっぱりそんな現実を少しでも見てしまうと、その責任が芽生えます。そして自分にできることをまずは一歩。今日もインドに寄付金を振り込みました。私の力など微々たるものですが、それが一人でも多くの貧しい人たちに届けばいい、そんな願いを持っています。

 今日、久々に一冊の本を読み直してみました。「コーチング・バイブル」という、文字通りコーチングのバイブルです。細かく言いませんが、これはすごい本です。コーチのスキルやテクニック、そして資質や倫理感に至るまで、コーチングを実践するにおいて必要なエッセンスが凝縮されています。しかも、スピリチュアルな領域にもきちんと理解があります。アメリカ人が書くコーチングの本は比較的、スピリチュアルに造形が深いものが多いです。日本では一部を除いて、コーチングにスピリチュアルな考え方を持ち込むのを是としない雰囲気があります。もちろん「スピリチュアル」のとらえ方の違いかもしれませんが、大きな意味で、コーチングにはスピリチュアルは重要だと思います。ただし、そこに天使だの、あっちの世界の人だのが出てくると、ちょっとおかしくなるもの。

 ただ、そのような擬人化によって誤解を生むことはあるにせよ、コーチングにおいて「超意識」や「潜在意識」に関する理解、そしてそれらをコーチングに取り入れるために必要な「直観力」などは、非常に重要だと思っています。天使やあっちの世界の人たちという表現も、本当のことを言えば、その辺のことなんでしょうが、表現の仕方ひとつで誤解が生じやすいのも事実。コーチングはいわゆるセラピーなどと比べて、より「言語的コミュニケーション」が重視される世界ではありますが、私はそれ以上に、やはり「非言語的コミュニケーション」も重要であると思っています。その上で、「コーチング・バイブル」には「直観」という項目が一章分設けられており、懇切丁寧に解説されてあります。この「直観」というものは、コーチングにおいて非常に重要である一方、とても扱いにくい領域でもあります。それをきちんと正面から扱っている上で、この「コーチング・バイブル」はやはりバイブルなんだと私は思っており、時々、読み直すといろんな気づきがあるものです。

 今日はその「直観」の項目を読み直していたら、「多くの人は、身体の胸や胃のあたりで直観を感じ取るようです」という一文を発見し、改めて腑に落ちたところです。私はセミナーなどでも「潜在意識=身体」と言い続けているのですが、「潜在意識」の声と言うのは、直感によって代弁されます。そしてそれが表面に現れるのが「身体」なのです。その意味で、「直観は胸や意のあたりで感じる」はまさしくそうです。

 昨日のブログで「潜在意識は『善意』ではあるが必ずしも『善』であるとは限らない」と言いました。これをもう少し正確に言うと、潜在意識は「意識」に対しては「善意」で働きますが、それは必ずしも「善」であるとは限らない、ということです。例えば早起きが苦手な人が、早起きしたいと「意識」したとします。しかしその早起きを妨げる働きは潜在意識の「善意」の力によるもの。潜在意識が「変化」によるリスクを抑制しようとしているのです。潜在意識はあくまで「安心・安全」を第一としますので、潜在意識は「変化」をリスクととらえ、それを抑制するのです。今まで朝起きれなかった人が突然早起きになることは、その人にとって「変化」です。潜在意識はその「善意」によって、変化を妨げる働きがあるわけです。しかし、本当のことを言えば、早起きをした方がいいに決まっています。何のリスクもないはずです。その意味で、潜在意識は「善意」ではあるが、「善」とは限らないということです。

 ただし、時として潜在意識が「善」として働く場面があります。それは「超意識」からのシグナルを受け取った時です。「超意識」が働きやすいのは、極限の状態であると言われますが、以前、こんなことがありました。私のコーチングのクライアントさんだったのですが、ある場面で、当初の目標を達成しそうなことがありました。私はそれでよかれと思ったのですが、その次のセッション時、なぜかその結果を捨てたと言うのです。理由をたずねると、「そのことを考えると胃が痛くなるから」としか言いませんでした。しかしそれは正しい判断だと思い、心から承認しました。その結果、最後の最後には当初の目標よりはるかに高い結果を手にすることができたのです。もしも、その途中で「胃」に逆らって結果を手にしていたら、最終的な高いゴールに達成することはなかったでしょう。

 これはまさしく「超意識」からのシグナルです。昨日も言ったように「超意識」は完全なる「善」です。私は宇宙そのものだと考えています。宇宙の本質は「真・善・美」そして「愛と感謝」です。これだけは断言できます。なぜ断言できるのか。それは私が体験したからです。本やセミナーの知識ではなく、私の体験に基づくからです。その話はまた追々としていきますが、実は今、メルマガで配信している「小説・宇宙となかよし」の終盤で登場します。「超意識」や「潜在意識」という言葉は使いませんが。

で、「超意識」は絶対なる「善」でできているのですが、普段、「潜在意識」は「意識」に対して「善意(ではあるが善とは限らない)」で働きかけていますが、時折、「潜在意識」は「超意識」からのシグナルを受け取り、完全なる「善」での働きかけをするのです。その働きかけこそが「直観」です。

 例えば普段起きれない人の話ですが、潜在意識は何とかして現状維持のため、その人が早起きすることを妨げます。しかしその日が大事な商談や試験の日であれば、なぜか早起きできます。これはまさしく「超意識」による「善」の働きかけです。また、その日が大切な日だとあらかじめわかっていなくても、突然に目が覚めて不幸から逃れることができた、なんて人もたくさんいます。阪神大震災の朝、通常よりも早くに目が覚めてそのまま起きていた、なんて人は何人もいます。私も4年ほど前、福岡で震災があった時、大きな地震が来る前の日、胸騒ぎがして家の家具をテープで固定して寝たことがあります。その7時間後に震度5の地震が来ましたが、幸いにも家具や食器はすべて無事でした。これもある意味「超意識」の働きなんでしょう。

 そして運のいい人、幸せな人は「宇宙からのサポート」を得ていると言われますが、この「宇宙からのサポート」こそが、「超意識」からの働きかけなのです。これまで何度も言ってきたと思いますが、「天命(宇宙から与えられた使命)」に素直に生きている人は、宇宙からのサポートが得られやすいです。ものすごいエネルギーで、「意識」していたよりも高い結果を得ることがあります。それを私は「奇跡(ミラクル)」と言っているのですが、「天命」に生きている人にとって、「奇跡」はもはや奇跡ではなく、日常なのです。

 一方、運の悪い人、不幸な人は「宇宙からのサポート」を得られることがあまりありません。これはまさしく「超意識」からの声を封印し、意図せずしてプログラミングされてきた潜在意識をのさばらせている状態なのです。ただし、何度も言うように、潜在意識は「善意」です。つまり、善意でおせっかいの潜在意識の奴隷になっている状態です。

 この話を構造的に理解するとこうなります。

意識の三層構造:「超意識」⇒「潜在意識」⇒「意識」 
(潜在意識と無意識を分ける場合もありますが、ここでは一つとしてとらえます)

「超意識」
⇒ 宇宙そのものであり、「真・善・美」と「愛と感謝」で成り立っている

「潜在意識(無意識)」
⇒ 生まれた時は白紙であるが、思春期までに環境によってプログラミングされる
   その人の「安心・安全」を守ろうと「善意」で働くが、時代遅れのことも多く、必ずしも「善」ではない
   「身体感覚」に現れる

「意識」
 ⇒ 「言葉」によって表わされる、「自我」の成分


・ハッピーな人
⇒ 「超意識」と「意識」がつながっており、「潜在意識」も「超意識」のシグナルにより「善」の働きをする

・ハッピーじゃない人
⇒ 「超意識」と「意識」が独立しており、「意識」は常に「潜在意識」のおせっかいに翻弄されている


ということです。ちょっと書き過ぎだけど、ま、いいか。実は今日は違う話をしようと思っていました。「コーチング・バイブル」の冒頭の寓話を紹介して話をするつもりでした。

「ヒトデの物語」

ある朝早く、1人の男が打ち寄せる波を見ながら海岸を歩いていると、数え切れないくらいのヒトデが砂浜に打ち上げられて日干しになって死にかけていることに気がついた。その異常な光景にしばし茫然としていると、ふと遠くの方で若い女性が一つ一つそのヒトデを拾い上げては海に向かって投げ返している姿が眼に入る。男はその女のところまで近づいていき、こう声をかけた。「そんなことしたって時間の無駄じゃないか。こんなにたくさんのヒトデがあるのに、そんなことをしていったい何の意味があるんだい?」すると、その女は足元にあったヒトデを一つ拾い上げると、思い切り海に向かって投げ返し「あのヒトデにとっては意味があったわ」と言ってさらに足元にある別のヒトデに手を伸ばした。 


 つまり一つ一つ、一人ひとりは無力な存在かもしれないけど、「目の前の人」にとっては意味がある。この話をしたかったのですが、いつの間にかまた「超意識」とかの話になってしまいました。もう、勝手に手が動くのでどうしようもないです。でもまあ、これも私の「超意識」の働きと信じて、今日の話がタイムリーな読者さんもいることでしょう。読んで頂き、ありがとうございました。

ついでにクリック頂けるともっと嬉しいです!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-27 23:06 | ■精神世界
 今日も一日家で作業をしていました。とにかく時間があるようで、ない。オフィシャルサイトの構築もまだ進んでいませんし、それ以外にも書きものがたくさんあります。しかし、楽しいです。結局、私は「書くこと」と「話すこと」が好きなんですね。好きなことを仕事にする、と言う意味では、完全に実現しているわけです。もちろんそのためには「考えること」も必要ですが、そちらも大好き。「書く、話す、考える」、この3つが仕事になっているわけですから、やっぱりハッピーだと思えるわけです。まだまだ書きたい文章はたくさんあります。

そして来月は4回もセミナーができます。年明けには福岡と鹿児島でやろうと思っていますが、今回のシリーズ、つまり「宇宙となかよし」は、考えてみると、そう滅多にできる内容でもありません。私がこれまでやってきたセミナーの中では最もスピリチュアル度が高いものだけに、間違えると単なる怪しい会になりかねないからです。「怪しい会」と言えば「川○喜○郎の○楽の会」と「○木○生と○る会」が有名、と言うか、私の中では筆頭です。両方とも行きました。

そしていずれも大盛況のようです。どちらの会もうたい文句は「病気が治る」「お金が儲かる」などですが、それが本当か嘘かで言えば、本当であり嘘でもあるとしか言いようがないです。ただ、事実として重要なのは、今でも会員や参加者が増えているということ。どんなに健康や経済にとって効果があるものでも、そこに関心が向けられないと意味がありません。それが本当であろうと嘘であろうと、ものすごく関心が向けられている以上、何かあると考えてもいいでしょう。ただし、私はその「何か」について、私なりの「理解」があるので、どんなことがあっても納得します。さらに言えば、「○木○生と○る会」に関しては、名前は言いませんが私がとても信頼している方と見解が一致していたので、おそらく私なりの理解でいいと思っています。

 「病気が治る」「お金が儲かる」にフォーカスした場合、それを実現するのは「行動」であると思われがちですが、本当にそうだと思います。しかしそれ以上に重要なのは、思い切って言いますが「思考」なのです。極端な話をしてしまえば「思考があれば行動なくしても実現は可能」なのです。しかしながら、「思考」と「行動」のどちら簡単かと言えば、これははるかに「行動」の方が簡単です。だから簡単な「行動」から始めましょう、ということになるのです。

 これは何度も例に出していますが、アイスクリームを食べることを考えればよくわかります。アイスクリームが食べたくなったとしましょう。「食べたい」という「思考」だけでそれを実現するのは至難の業です。普通は。しかし、本当に食べたければ、コンビニに買いに行くという「行動」によって簡単に実現できます。大なり小なりこういうこと。「病気が治る」について言えば、とことん健康にフォーカスして、病気のことを一切考えずに日々暮らしていたら治ります。間違いなく。ただ、もともと病弱な人や周りに病人がたくさんいる環境では、病気のことを一切考えずに過ごすことは難しいでしょう。考えない、と思った時、すでに考えていることになりますから。同様に「お金が儲かる」についても、自分は金持ちだと何の疑いもなく思い込んでいたら、自然とそうなります。しかし、現実にそうでない人が、どんなにアファメーションCDなんかを聞いても、完全に思い込むことは難しいでしょう。

 だから「行動」が大切なのです。なぜ「行動」するのか。実は願望実現する上で、最も「簡単」だからです。そして「行動」を続けていたら、自然と「思考」も変わってきます。そのきっかけが「小さな成功体験」です。例えば会社を辞めて自由な生活をしたいと思ったとしましょう。そのためには好きなことして、まずは月収30万円もあれば、都心部でなければ可能です。福岡だったら7万円で3LDKが借りられます(うちがそう)。月に10万円貯金しても、残りで普通に生活できますよね。時々、贅沢な旅行しながらも。

 ではまず副収入で30万円を目標にしたとしましょう。これを「思考」だけで実現するのは、とりあえずは難しいです。ですので、まず目指すべきは月に1万円です。実際、副収入ですぐに1万円を稼げる人は決して多くないでしょう。しかし、その1万円がコンスタントに稼げれば、それを2万、3万と単純に増やしていけばいいだけ。一番重要なのは「0から1」にすることです。その「1」が実現できれば、それを「100」でも「1000」でも簡単にできます。もちろん途中で行き詰ることはあります。「10」までは順調に行ったけど、それ以上がなかなか、と言うケース。その時は「11」を目指せばいいのです。少なくとも「10→11」の方が、「0→1」よりもはるかに簡単なはずです。もちろんまぐれの「1」ではなく、コンスタントな「1」という意味です。

 例えば私の例で言えば、セミナーをするのに「0」はもはやあり得なくなりました。その時々に多少はあれど、セミナーを開始してからは、コンスタントに「1」以上はあります。少なくとも赤字は一度も出していません。そのような「小さな成功体験」を積み重ねると、自然と「思考」が「いける」と変わってきますので、あとはその「思考」に乗ってどんどん「行動」すればいいだけ。いつの間にか副業で30万円を達成し、会社を辞めることができるのです。とても簡単。私も来年あたりから、具体的な「マネーコーチング」も始めていこうと思っています。理屈も実践も簡単ですから。

 今までの話を整理しますと、「思考」は「行動」よりも大切。しかし「行動」の方が簡単なので、まずは「行動」によって「小さな成功体験」を積み重ね、それにより徐々に「思考」を変えていく。すると最初の「思考」よりもパワフルな「思考」が出来上がり、結果として「思考は現実化する」となるのです。めちゃくちゃ簡単。これが一番オーソドックスな実現プロセスです。

 しかしその一方、実を言うと「行動」がなくても実現することはあります。アイスクリームの例で言えば、「食べたい」と思った瞬間、冷蔵庫に入っているような状態。これ、実際いるんです。私の周りにも。そしてその人はそれを当然のように受け止めています。美味しいお菓子が食べたいと思ったら、突然、宅急便で送られてきたりとか。本当にいるんです。これが。しかしこれは達人のレベルであり、その達人でさえも、最初は「行動」から始めたかもしれません。

 しかし、実は最初から「行動」などなくても「実現」してしまう人がいるのも事実。これはですね、やっぱり「潜在意識」に原因があるのです。つまり「潜在意識」が「実現」を受け入れている人。その人たちのことです。では、「潜在意識」を変えればいいのか言えば、その通り。しかし、一般的にはそう簡単には変わりません。なぜか。よく自己啓発や願望実現の話の中で、「潜在意識を活用して実現する」なんて話がありますが、そもそも「潜在意識」の本質を知ってなければ、そんな話も絵空事です。

 では「潜在意識」の本質とは何か。ここからはあまり本には書いていません。石井裕之さんの本に少し書いてますし、山崎啓支さんもこれから書くと思いますが、少なくともマーフィーとかナポヒルには書いていません。「潜在意識」の本質、それは「潜在意識」とは願望実現にとって「味方」であり「敵」でもある、ということです。

 もう一度言います。「潜在意識」とは願望実現をする上で、「味方」にはなりますが、同時に「敵」でもある、ということです。そしていずれにおいても「潜在意識」の根っこは「善意」でできています。「善意」ですが、実は「善」ではありません。

 例えば「結婚したい」という「願望」があったとします。この「結婚」を実現する力は「潜在意識」の力によるのですが、同時に結婚を妨げる力としても働いています。つまり結婚したいけどできずにいる人は、「潜在意識」が「結婚しない」ことの実現に働いているのです。この「結婚しない」という働きは「善」か「悪」かで言えば、一概には言えません。しかし「善意」ではあります。

 例えば「親」を考えればわかりやすいです。小さい頃から大事に育てられていた箱庭娘がいたとします。親は娘に幸せになってもらいたいとの「善意」で、交際相手に目を光らせ、場合によっては邪魔をします。娘に好きな人ができました。その人と結婚すれば幸せになれそうな気がします。しかし親はNGを出して、結婚の邪魔をします。ただし、その親は「善意」でそうしているのです。だからと言って、それが娘にとって「善」かと言えばそうとは限りません。

 他の例で言えば、同じく箱庭娘が旅をしたいと言ったとします。世界を見たいと。しかし、その親はNGを出すでしょう。いくら可愛い子には旅をさせろ、と言っても、見す見す娘を危険なところに置くわけにはいきません。おそらく100%の「善意」です。しかし娘にとってはせっかくの成長のチャンス。娘にとって親のNGが「善」とは限りません。

 これと同じことが「潜在意識」で起こっているのです。これ以上言うな、と同業者からの声が聞こえそうですが続けます。「結婚したい」という願望があったとしても、「潜在意識」は厳格な親として、それを妨げる場合があります。それはなぜかと言うと、結婚によって「不幸」になるかもしれない、と「潜在意識」は判断しており、だからこそ「善意」によって(意識的な)願望を妨げようとするのです。

 ではなぜ「結婚」が「不幸」なのか。これは「思い込み」であって、事実ではないにも関わらず。実は多くの人は成人になるまでに「潜在意識」へのプログラミングが終了しています。溝口耕治さんは「3歳から14歳まで」と言っていますが、大なり小なり、幼少期から思春期にかけて「潜在意識」のプログラミングが終了しているのです。どんなプログラミングか。あくまで例えばの話ですが、その時期(幼少期~思春期)に親が不仲であった、同級生の異性にいじめられた、二次元ばかり見ていた、など。それによって「結婚は不幸にする」「異性は自分を傷つける」「異性は理想通りでない」などのプログラミングがされてしまうわけです。それが「潜在意識」に入り込んでいしまい、「意識」では結婚したいのに、それを妨げてしまうのです。ですが、あくまで「潜在意識」は「善意」でやっています。ただし、それがその人にとって「善」かどうかはわかりません。

 もしかすると、すでに「善」ではないかもしれません。時代遅れの頑固親父のように、「潜在意識」が時代遅れのプログラムを維持しようとしているだけかもしれません。「善意」なんだけど、悲しいかな、それは時代遅れの場合が多いのです。

 ではどうすれば「潜在意識」の時代遅れのプログラミングを変えることができるのか。いろいろありますが、最も重要なことは、それは頑固親父の心を変えることと同じです。箱入り娘が自分の幸せに目覚め、親から独立するときにどうすればいいのか。それと同じことを「潜在意識」にするのです。実に簡単ですが、これはめちゃくちゃ深い話です。11月15日の私のセミナーに出られた人は、簡単なワークによって体験してもらいましたが、あれは実はめちゃくちゃ深いワークだったわけです。

 今は「結婚」を例にとりましたが、あらゆる「願望」が、このメカニズムによって実現されたり、妨げられたりするのです。そしてさらに言えば、私の中では「願望実現」とは2段階にわかれているとイメージしています。一つ目は今言った「潜在意識」の性質に依拠した実現方法。もう一つは、「潜在意識」を超えたところ、つまり「超意識」にアクセスする方法です。

 「潜在意識」は「善意」でできていますが、必ずしも「善」であるとは限りません。一方、「超意識は」100%が「善」でできています。「超意識」を別の言い方で言うと、魂やハイヤーセルフ、さらに言えば「宇宙の意思」となります。もしも本当に「超意識」にアクセスすることができれば、もともと持っている「超意識」の「善」のパワーを活用することができます。

 実は私の「宇宙となかよし」のシリーズのセミナーはこの辺のことをテーマとしています。だからこそ人を選びます。突然、「超意識」とか「魂」とか「宇宙の意思」なんて話をすると、場合によってはドン引きされます。しかし先日のセミナーではそんな話をしながらも、一応、ドン引きだけは避けられたようです(笑)。

 そもそも私がこれまでやってきたセミナーの内容は、ほとんどが願望実現の第1段階である「潜在意識」に関するものでした。「潜在意識」とは何ぞや、と言うところから始まり、どうすれば「潜在意識」を意のままにできるのか、という観点でセミナーをさせて頂きました。ですが、本当で言えば、それだけでは不十分。「潜在意識」をフルに活用するためには「超意識」へのアプローチが必要だと、最近、腑に落ちてわかりました。

 しかしながら、「超意識」を扱うテーマは何度も言うように、人を選びますので、これはめったにはできない内容です。今まで通り、コーチング、コミュニケーション、願望実現などの、割と一般的なセミナー(ただし私独自のやり方で)をこれからもメインに展開していきながら、年に一回くらいはこの「宇宙となかよし」のセミナーをできればと思っています。もちろんこれから先、いろんな展開になるとは思いますが、今はそう思っています。そして11月15日の東京を皮切りにスタートしたシリーズがこれです。12月は札幌、大阪、名古屋でやりますが、いずれも人数はいつもの半分くらいに絞っています。多すぎると伝わらないから。KAGATA式(Q式)のワークなどは多い方が楽しいのですが、今回のシリーズは少ない方がいいのです。12月の東京でのチャリティトークライブも、やや不十分になるのは仕方ないですが、その辺のテーマを扱うつもりです。

 今日も話が思いっきり脱線しながら、書き進めてしまい、前段の「○木○生と○る会」の話はどこに行ったのか、と言われそうですが、またの機会にしたいと思います。とにかく今日もトランス状態で手が勝手に動いてしまいました。いつものごとくブログの読み直しはしませんが、このままアップしたいと思います。なんだか凄いことを書いてしまったような気がします。ありがとうございました。

ありがとうごさいました!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-26 23:20 | ■願望実現
 げ~!エキサイトブログのメンテナンスで12時間もアクセスできませんでした。ご訪問頂いた皆様、たいへんご迷惑おかけしました。私も更新ができませんでした(^^;

 今日も一日家にいました。今日は「小説・宇宙となかよし」ってのを最後まで書ききりました。それは随時メルマガで終わるまで週2回一章ずつの配信していく予定です。バックナンバーはメルマガでは見れないようになっていますが(過去にヤバい記事があるため)、ミクシィをされている人は「宇宙となかよし」のコミュがありますので、そちらで最初から最後まで読めるようになっています。「面白い」「笑った」「泣いた」「奮えた」などの感想を頂いていますが、ちょいエロな要素もあり、自分らしいな~と満足しています。基本的には「実話」を元にしているのですが、登場人物の設定を主人公の性別からして変えた結果、結構面白い感じに仕上がりました。主人公を自分からできるだけ遠ざけることによって、人物が勝手に動き出す感じを味わえました。途中からトランスに入って筆を進めていたのですが、気がついたら上手に着地していました。普段もあまり考えずにブログを書いているのですが、ストーリー調にすると、さらに無意識に入っていくようで、どこかでまた書きたいと思いました。犬飼ターボさんや本田健さん、最近ではヒットした「夢ゾウ」などのような、「成功小説」というジャンルもあるのですが、私は私で「インド」、「スピリチュアル」、「ジャズ」、「密教」などのテイストを混ぜながら独自のものが今後も書けそうです。今回の「小説・宇宙となかよし」について約5万字の文章を5日程度で書きあげてしまったので、このスタイルはもしかしたら私に合うのかもしれません。新境地です。

 それから29日の「天使企画第二弾無料ショーとコーチング」ですが、地道に埋まりつつあり、半分を切ってしまいました。ほとんどが初めての方で、私もとても楽しみにしているのですが、もちろん初めてでなくても受け付けしていますので、よかったら気軽にお申込みください。20分程度の短いコーチングになりますが、もしかしたら何かのきっかけをつかめるかもしれません。もちろんモノを売られるとか、宗教に勧誘されるとかの心配もありませんので、ご安心ください(笑)。私は宗教はやってませんし。

 ところで、中学高校の吹奏楽部の後輩、土井徳浩君の演奏です。ユーチューブで見つけました。チャーリー・パーカーの「ドナリー」です。めちゃくちゃカッコいいです。


 
 ブログメンテナンスで更新が遅れましたので、今日は短いですがこの辺で。ありがとうございました。

応援のクリックをポチリとお願いします♪
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-25 23:43 | ■日一日
 今日は祭日。一日、執筆活動をしており、夜は友達夫婦と食事をしました。鍋。もう、11月も後半ですね。12月は怒涛のように動くぞ~! それから11月29日の「【天使企画第二弾】パワーアップ無料ショートコーチングのご案内」ですが、今のところ、初めての方ばかりのお申込みを頂いておりますが、一週間を切りましたので、有料無料回数に関わらず先着順に受付させて頂きます。今年を振り返る意味でも、また、来年に向けてパワーアップする意味でも、気軽な気持ちでお申込みお待ちしております。テーマも自由。単なる雑談でも、質問でも、コーチングの枠にとらわれずに何でもどうぞ。
 
 ところで近頃急激に寒くなってきているのですが、今年で5年目になる滝行。そろそろ開始する時期が来たようです。今年は本当に大阪と東京を中心に全国飛びまわっていて、これまでやってきた21日間の滝行が一回しかできませんでした。あとは7日の滝行も一回。年間100回目標が全く達成できていません。しかも8月の「雷事件」以降、宝満山も中断中です。できないならできないなりの理由もあるのですが、自分の「身体」とよく相談してみると、やっぱり滝行や山登りは私にとってなくてはならないようです。ちょっと離れてみてわかる、滝行の素晴らしさ。

 世間では滝行と言うと、修行僧とか特別な人のやることで、あとは霊的な何かと結びつけて考えられがちですが、実際やっているとそれほど偏ったものでもないことがわかります。よく「滝に入ると、その場に潜む霊に取り憑かれる」なんてことを言う人がいますが、取り憑かれる人は滝に限らず、どこでも取り憑かれます。逆に取り憑かれない人はたいていの場所では大丈夫。「霊」という存在をどこまで信じるかはありますが、いい霊であれ悪い霊であれ、「フォーカスしているもの」が引き寄せられるのです。ですので、滝に入っている時に「悪い霊が来ませんように」なんて思っていると、その通りになる可能性は高いでしょう。それでも「きちんと作法したから大丈夫」と思っていると、本当に大丈夫です。

 「霊」を自分自身の主観や思い込みと切り離した「客観的実在」であるかどうか、私には判断がつきません。しかし「引き寄せの法則」がある限り、それは霊であっても現実の人間であっても、機会や環境であっても、その人の「思い込み(ビリーフ)」が引き寄せるものです。時折、滝行に対して奇異な目で見たり、または批判的に論じる人もいるようですが、それは否定しないまでも、あくまでその人の考えであり、その人がそう考える以上、そうなのだと結論になります。一方で単なる水浴びとしか考えていない人にとってはそうかもしれません。ただし、水の流れる足場の良くない場所であるだけに、通常よりも物理的な危険性が高いことは確かですので、その辺の心構えや準備は重要だと思います。それが体操であったり作法であったりするのですが、それ自体にまた霊的な意味があるかどうか、私には判断できません。しかし、NLP的に言えば自分自身をリソースフルな状態にして滝に入ることは絶対に重要だと思うので、作法もアンカリングの一種として考えることができます。

 私自信は様々な「結果」に対する「原因」を「目に見えないもの」に一般化することはなるべく、と言うか絶対にしないようにしています。結婚できない理由があるとすれば、それは「先祖の因縁」ではなく、「魅力のなさ、その他」だとまずは考えるべきだと思っています。病気である理由があるとすれば、それは「霊障」ではなく、「生活習慣」だとまずは考えるべきだと思っています。貧乏である理由があるとすれば、それは「カルマ」ではなく、「行動不足」だとまずは考えるべきだと思っています。3次元に生きている以上、まずは「目に見える原因」から解決していく必要があります。中村雅彦さんの「祈りの研究」によると、「霊障」だと言ってやってくる人の中で、本当に「霊障」である人は100人のうち1~2名だと言います。私もそれくらいが関の山だと思います。 

 その上で、滝行の効用を客観的に考えると、一つは「健康維持」があります。医学的な詳しい説明は素人なのでわかりませんが、一説によると体温をあげると病気になりにくいという話があります。平熱が上がると病原菌が生息しにくく、下がると病気になりやすいという説があります。そうであるとすれば、滝行は体温を上げる効果があるので、健康維持にはいいと思っています。特に冬の滝に入ると、外側からの急激な温度低下により、身体は恒常性を保つために、自ら体温を上げようとします。実際、滝から出ると身体から湯気が出て感じになるのですが、これは身体の表面の水が体温によって蒸発した作用だと考えられます。

 そしてもう一つ、最大の効用があるとすれば、それはやっぱり「感情のコントロール」だと思います。アンソニーロビンズは成功の秘訣は「感情のコントロール」ができることだと断言しています。人は環境によって感情が左右されやすい生き物です。病気になったり、失業したり、人間関係で失敗したりすると、普通はネガティブな思いにとらわれてしまいます。逆にいいことがあれば喜びます。うまくいかない人のほとんどは、それらの外的環境に自らの「感情」が左右されやすいことにあるようです。その波が大きければ大きいほど、申し訳ないのですが、私は信用できません。時々、いいことがあると、めちゃくちゃに喜びまくる人がいますが、これは裏を返すと悪いことが起こると、めちゃくちゃに落ち込むことを意味します。もちろんいいことがあれば喜んでいいし、嫌なことがあれば落ち込んでもいいのですが、どこかで自分自身を客観的に見る「視点」を持つことは重要だと思います。そして「いいとき」と「悪いとき」の感情を統合、コントロールする際の魔法が「感謝」だと私は思っています。いいことがあっても「感謝」、悪いことがあっても「感謝」、、、この習慣が自ら感情をコントロールすることにつながるのだと思います。

 滝行の話に戻りますが、冬の滝は正直厳しいです。寒い、冷たい、痛い、つまり外的には「不快」な状況に置かれてしまいます。しかし、本当に継続的に滝行を続けるには、そのような「想い」を捨てる、つまり外的環境に感情が左右されないことが重要です。「今日も冷たいだろうな」と思った瞬間、滝行に行くのが嫌になってしまいます。実際、今もまだそういう想いと格闘することがあります。しかし、その格闘を律することによって、感情をコントロールする術が身につくのです。

 感情をコントロールするとはどういうことか。どういうことにつながるのか。それは「無意識」をコントロールすることにつながります。寒い、痛い、冷たい、辛い、不快、などの「感情」は同時に「感覚」であり、「意識」が「言葉」であるのに対して、「無意識(潜在意識)」は「感覚・感情」の管轄となります。滝行をすることによって、その辺の「感覚・感情」を意図的にコントロールする術を知ることができ、つまり「無意識(潜在意識)」との対話が上手になるわけです。もし、そうなったら、「無意識(潜在意識)」との対話が上手になったら、今度は自分の望ましい「意識」を「無意識(潜在意識)」にインプットすることができるようになります。

 つまり「感情のコントロール」とは「意識」と「無意識(潜在意識)」との対話のことであり、それが巧みになるにつれ、願望実現も容易になるし、自分らしい人生を切り開くことができるのです。てなことを言ったりすると、「私は近くに滝がないからダメだ」なんて思う人もいるかもしれませんが、「滝」などは単なる手段です。シャワーでも水かぶりでもいいし、もっと言えば「早起き」でもいいのです。布団の中は「心地いい」という感情を無意識に感じています。その心地よさに支配されているわけです。そこをあえて逆に支配する、つまり早起きをすることによって、徐々に無意識との対話が上手になっていきます。一般的には「早起き」は辛いものとされます。私も含めて。しかしその不快感を「快感」へとコントロールすることによって、「無意識となかよし」になることができるのですね。だからこそ「早起きは三文の得」なのです。

 まずは3日間、そして3週間、さらに3か月、これで「無意識」を自分の支配下に置くことが上手になります。私も改めてやってみようと思います。近頃は神社に行っていますが、何度も言うように、改めて初心に戻ってやっていこうと思います。

 近頃は「天命」に関する話が多く、つまりこれは「超意識」の話なんですが、もっと下の次元の「無意識」に関する話もしていくべきだと改めて思いました。「超意識」と繋がることが目指すべき方向の一つであったとしても、それ以前の「無意識」のコントロールなくして、「超意識」にアクセスすることは困難です。

 「無意識」から「超意識」へ。このプロセスが重要です。ありがとうございました。

無意識的なクリックをお願いします!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-24 23:08 | ■精神世界
 本日は素敵な日記をご紹介させて頂きたいと思います。ですので、今日だけは私の日記はお休みです。今回のインドメンバーの一人であったハンドルネーム「ももまんじゅう」さんのミクシィ日記です。本人の了承を得て掲載させて頂いております。写真などもそのまま掲載させて頂きます。



笑顔の綺麗な人


「僕、奴隷だったんです。」

そう言って、彼は優しく笑いながら
静かに話しはじめました。

b0002156_1114014.jpg


今から18年ほど前
彼がまだ11歳の少年だった頃
お母さんが亡くなりました。
貧しいから何もできませんでした。

そしてある日
少年たち子供5人を置いて
お父さんは、居なくなりました。

b0002156_112877.jpg
                         
4人の小さな弟、妹たちを抱えて
少年は無我夢中に働きました。
毛布一枚持って駅で寝起きし
食べるためになんでもやりました。

カースト最下層の少年にできる仕事と言えば
不浄とされる仕事や、過酷な肉体労働
昼夜問わず、生きるためになんでもやりました。

b0002156_1132072.jpg

   
b0002156_1134654.jpg

                               
小さな弟、妹たちのために毎日必死に働きました。
それでもほんの僅かな収入です。
弟、妹たちをなんとか食べさせるのに精一杯。
育ち盛りの少年は、黒砂糖をかじって空腹をしのいでいました。
今日一日生きのびるのにギリギリの毎日。

お腹がすいてすいて、どうにもならない時は

「(腰布を)ギューッて思いっきりお腹のところで縛るの。
 そしたら、ググッとお腹がしまるでしょ。
 100Kgの荷物もグンッと持ち上げられるの。」

そう言って、懐かしい思い出話しのように
優しいまなざしで、彼は語ります。

b0002156_1142764.jpg
                  
「今、僕が生きていられるのは、みんなのおかげ。
 みんなの愛に支えられて、生きてこれたの。」

b0002156_1145779.jpg


容赦なく照りつける太陽の下
毎日、毎日、重労働の畑堀りの仕事をしていた時

雇い主の、隣の家のおばあちゃんが
『ご飯は食べたのかい。』
と、声をかけてくれました。

「うん。ちょっと、ね。」と答える少年に

b0002156_1152570.jpg


『それじゃあ、もうちょっとだけ、食べな。』

と、その隣の家のおばあちゃんが
昼ご飯を少しわけてくれました。

久しぶりに口にした食事。
少年にとって、どれだけ嬉しかった事か。
そして、どれほどありがたかった事か。

そのおばあちゃんの思いやりに
涙しました。

それは、辛くて辛くて毎夜ひとり
駅の片隅で、小さくうずくまりながら
流す涙とは違いました。

b0002156_1155464.jpg
                           
暖かいものが何か、胸の中に流れるのを感じました。

b0002156_1162047.jpg
   
       
b0002156_1164091.jpg

                  
b0002156_117314.jpg


それからも少年は、死に物狂いに働きました。
そんな暮らしがどのくらい続いたのでしょう。

b0002156_1173543.jpg

          
生きるのに必死だった少年も大人になり              
耳の聞こえない弟を大学に行かせ
妹たちもみな育てあげ、幸せな家庭に嫁がせました。




いつしか彼には、大きな夢ができました。

    
        


「学校をつくろう。」


自分と同じ境遇の貧しい子供たちのために
彼らの先祖、誰ひとりとして
今まで「教育」を受けたことのない
カースト最下層の子供たちに
人生に「希望」というものがあることを教えよう。



       


2007年1月
インド ブッダガヤに、その学校 「ミネハハ・ヘルピング・フリー・エデュケイション・センター」は設立されました。

b0002156_1182395.jpg


これは、設立者ダルさんのお話しです。


「色んな経験してきたでしょ、そのおかげで強くなれたの。
 よかった。僕は、運がいい。」


そう言って笑うダルさんの笑顔は
本当に、とても綺麗です。


*上記写真すべて撮影:sukasippeさん

   ★お知らせ★

ミネハハヘルピングスクール設立者ダルさんをゲストにお迎えして
インドで天命を悟った石田久二氏が緊急チャリティートークライブを行います!

⇒ 詳細はこちら

インドでさらにパワーアップしたQさんと
笑顔の綺麗なダルさんに、ぜひとも皆さん会いにきてください!


≪「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京 のお申込みはこちら≫




b0002156_271813.jpg 以上のダルさんの話はすべて私も聞いていました。実話です。12月13日のチャリティトークライブでは、そのダルさんも来られます。そして語って頂きます。私も語ります。語ります。そして言うまでもございませんが「伝説」が生まれます。さらに、、、その後の「忘年会」も伝説になります。。。てな話はさておき、、、今年の東京はこのトークライブで締めくくります。私も全身全霊を込めて、皆さまに「今一番大切なこと」をお話できればと思っています。

 ちなみに右写真はダルさんと私ですが、この10分後にトークライブの構想が降りてきました。そしてその直後に帰国便の空港行きのバスに乗り込みました。

 ありがとうございました。

生きる感動をクリックにお伝えください!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-23 23:14 | ■インド
 インドから帰って、平穏な毎日を過ごしております。何気にいろんなことがあるのですが、12月は月の半分近く出張していますし、文字通り師走の忙しい月になりそうです。

 今日はまず「メルマガ」を配信しました。しばらく一つのシリーズで配信してみようと思うのですが、それは「小説・宇宙となかよし」です。最近、読者の方から頂いたメールで、それこそ私がブログを始めた初期から読んで頂いているという方がいらっしゃいました。もともと私はサラリーマンでしたが、3年半前に突然何もない状態で会社を辞めて、3週間、インドに行ってしまいました。それからどういうわけか、いろんなことが起こりながら、自分で思っている以上に成長している感じがあります。それをブログを通してずっと見ていたら、まるでドラマの主人公のようだ、と感じられたそうです。2~3日前にロールプレイングに例えましたが、本当にいろんな「試練」を受けながらも、成長している実感はあります。

 今は割と自分の好きなことをして暮らしていますが、ある意味、これは自分自身が最も望んでいたことでもあります。結局、人が普遍的に目指すあり方と言うのは「やりたいこと」をやって生きていくことだと思っています。どうすれば「やりたいこと」をやって生きていくのか。その辺の方法やあり方について、私なりにわかったこともありますので、それを今のメルマガのシリーズで表現したいと思っています。

 「小説」と書いていますが、配役が違うだけで、ほとんどが事実に基づいています。主人公がいきなり女性になっていますが、メインのモデルは私自身。それ以外の登場人物についても、それぞれモデルがいますが、一人とは限りません。一人の登場人物について、複数のモデルがいるケースもあります。私自身、これまでいろんな人から指南を受けながら、ここまで生きてきたのですが、文字通り、いろんな人の指南やアドバイスがあってこそだと思っています。最終的にはそれを一人の登場人物に語らせようと思っていますが、それこそがまさしく「やりたいこと」をやって生きていくためのエッセンスとなるものです。

 五日市さんの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」ではイスラエルのおばあさんがいますが、私にとっては、一人ではないものの、いろんな人が結局、同じことを言っていることに気づきました。それを一言で言うと、「宇宙となかよし」になること。つまり「宇宙」のあり方をモデリングすることです。別の言い方をすれば「宇宙との調和」とか。

 仮定の範囲を超えるものではありませんが、「宇宙」という存在は、何かの「意思」を持って進化していると私は考えています。「私は」と限定するよりも、そのように考えられている、と一般化してもいいと思います。そしてその「宇宙の意思」に調和した生き方をしている人こそが、自分の人生、つまり「やりたいこと」をやって生きているのです。

 その辺りのこと、実は会社を辞めてすぐに行った3週間のインドから、今月頭に行った9日間のインドまでで、ついに完結してしまったのです。前回のインドではラダックでの般若心経1,000巻を通した気づき。ブッダガヤの占い師からもらったメッセージ。そして今回のインドでは、おなじくブッダガヤでミネハハさんはダルさん、ディップさんからもらったメッセージ。そして一緒に行ったメンバーからもらったメッセージ。それらはやっぱりすべて一つ。同じことだったのです。

 私の言い方では「宇宙となかよし」になること。ではそれはどんな「あり方」なのか。「小説・宇宙となかよし」の最終章でそれを明らかにするつもりです。メルマガではまだ第一章しか配信していませんが、実はミクシィの「宇宙となかよし」というコミュ(私が作ったものではありませんが)では第四章まで配信しています。そして、ここから本格的に面白くなっていくのです。お楽しみに。

 そもそも今回、なぜ「物語」という形式を取ったのか。実は「物語」の方が、より「潜在意識」に入りやすいからなのです。以前どこかで「願いを叶える欲張り天使」と言う話をしたと思いますが(セミナーなどではよく言っています)、そのエッセンスを普通に言ってしまっても、あまり伝わりません。しかし「天使」という物語の登場人物にそれを語らせる方と、聞き手の心により響きやすくなるのです。実際、その「天使の話」を最後まで聞いてしまった人は、なぜかわかりませんが目先の願望が簡単に叶ってしまった、と言う人が後を絶ちません。その辺りの話も「小説・宇宙となかよし」で登場させようとは思っています。

 今、物語の方が潜在意識に入りやすいと言いましたが、その辺だけもう少し突っ込んで話したいと思います。先日の15日のセミナーでも説明したのですが、「意識」と「無意識(潜在意識)」の違いは何かと言うと、「意識」が「言葉」であるのに対し、「無意識」は「(身体)感覚」となります。我々は「歯を磨く」という行為をするとき、その動作を一つ一つ「言葉」に置き換えながらすることはありません。「右手で歯ブラシを持って」「左手で歯磨き粉をひねり出して」、、、なんてことを意識しながらする人はめったにいないでしょう。つまり普通は「感覚」で「無意識」のうちに歯磨きをしているのです。しかし、歯を磨く習慣のない人に歯磨きを教えるときは、言葉で説明するかもしれません。

 では感覚的に無意識で歯磨きをする人と、一つ一つ言葉で理解しながらでないと歯磨きができない人とは、どちらが歯磨きが上手でしょうか。言うまでもないですよね。ジャズという音楽があります。「スイングしなけりゃ意味がない」という曲もあるように、ジャズはスイングです。そしてスイングのわからない日本人は、三連符を頭二つと後一つにわけて、後ろにアクセント気味にシンコペーションする、、、なんてことを言い始めます。しかし元々スイングしている黒人はそんな説明できません。エラ・フィッツジェラルドという女性歌手が「スイングってなんですか?」と誰かに尋ねられた時、「スイングは、、、スイングすることなのよ!」と答えたという有名なエピソードがあります。

 何が言いたいかと言うと、「言葉」で理解しているうちは、いつまでたっても「無意識」には入らないということ、つまり「モノにならない」と言うことを意味するのです。「潜在意識」にプログラミングする、なんて言い方が自己啓発書にはよく書かれていますが、これは言い換えると、「感覚に落とし込む」と言う意味になります。または「筋肉に注入する」でもいいです。自己啓発CDのようなものが世の中にたくさんありますが、これを一回聞いて「言葉」で理解しているうちは、モノにはなりません。それを何度も聞いて、実践することで初めて「感覚」や「身体(筋肉)」へと落とし込むことができるのです。

 「物語」の話に戻りますが、例えばこの二つを聴き比べとどうでしょう。

1.もしも成功したいのであれば、まずは自分がして欲しいと思うことを、相手に先にしてあげなさい
2.今月、思い切って10万円寄付したら、なんと振り返ってみると、今月の収入はちょうど100万円だったよ


 この二つ、実は言っていることは同じです。世の中の成功法則に「一割寄付」ってのがありますが、このことです。おそらく一つ目を読んだときは、「言葉」で理解しようとしたと思いますが、二つ目はその情景がリアルに浮かんだのではないかと思います。つまり前者は「言葉」ゆえに「意識」の理解であり、後者は「感覚」ゆえに「無意識」の理解となるのです。どちらの方がより伝わるでしょうか。言うまでもなく後者です。

 一つ目のように道理を説教調に言われても、言うこと聞こうとは思いませんが、二つ目のようにストーリーで言われると、つい真似したくなってしまいます。だから「物語」は威力があるのです。「悪いことをしたら罰が当たる」と言葉で言うよりも「カチカチ山」を読ませた方が、よほど真意が伝わります。「日頃から勤勉に努力しなさい」と言葉で言うよりも、「アリとキリギリス」を読ませた方が、よほど真意が伝わります。

 これを「潜在意識にインプット」と言うのです。実際、ミルトン・エリクソンなどは「メタファー」や「物語」をセラピーの時によく使ったと言います。意志が弱くて悩んでいる人に対して、「意志を強く持ちなさい」と言っても効果はありません。それよりも「あの山は石が固くてね~」なんて雑談のように言うと、患者が勝手に「石が固い=意志が固い」と変換してしまい、それが無意識にストーンと入って、意志の弱いのが治ってしまうなんて話があります。エリクソンってそう言うことをよくやっていたそうです。ちょっと真似できませんが。

 ただ、私も時々、コーチングやセミナーで似たようなことをやっていると言われるのですが、こればかりは意識してできるものではありません。それこそ「無意識」となかよしにならなければできないことです。

 今日もコーチングをしていたのですが、その方は私のコーチングをとても高く評価してくれます。月に一回雑談のようなことをするだけですが、随所随所で目標設定や見直しをしていたりはします。それでも私の本領は、そういう意識的なコーチングではなく、よくわからないけど上手く行く、みたいなところにあるかもしれません。以前、ある方に3か月間のコーチングをさせて頂いたのですが、最後の最後まで目標に到達しなかったのですが、私はそれでいいと思っていました。すると最後のセッションの時に大どんでん返しがありました。予想以上の結果が得られたと言う報告です。

 「Qさん、何やったんですか!」と言われましたが、私は一言、「あたなを信じていただけです」としか言えませんでした。でもこれがまたよくある話なんです。その辺りは、不十分かと思いますが、来週の無料コーチングのイベントにご参加頂ければ、ちょっとは味わえるかもしれません。でも、ちゃんとした意識的なコーチングもできるんですよ。ただ、それをする時はクライアントを安心させるためだけかもしれません。ちゃんとコーチングやっているな、と。しかし、私の本領発揮は無意識的なコーチングにある、、、とはあまり公には言えないことなんですがね。言ってますが。

 眠くなってきたのでこの辺で。おやすみなさ~い。

今日もお読み頂きありがとうございます!3回ほどクリックして頂ければ嬉しく思います!
   ↓   ↓         ↓   ↓         ↓   ↓
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ     
人気blogランキング 精神世界ランキング  人生・成功哲学

・12月13日(土):「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京
・12月14日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin札幌
・12月21日(日):「宇宙となかよし」ライブセミナーin大阪
・12月23日(火・祭):「宇宙となかよし」ライブセミナーin名古屋
(参加者の皆様にはもれなく「サルナート説法音源」をプレゼント!)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-22 23:38 | ■NLP・コーチング
ブログトップ | ログイン