宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2008年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 さあ、今日も暑い日になりました。朝から気合いっぱいです。自転車で営業に回ります。一件目~、とれん~。なぜ取れなかったか。私の未熟な営業力もあるのでしょうが、それ以上の条件が重なっていました。はっきりとは言えないのですが、例えて言えば、阪神ファンの集いに巨人のグッズを売りに行くようなものでした。それでもアポ取れたのは、取った担当がよくわかってなかったから。訪問に行くと、その人ではない別の上司が来られました。私がわざわざ訪問したことに対して、丁重にお詫びしながら、物理的に無理だと言われます。ま、当然と言えば当然か。怒りださなかっただけでも紳士的です。二件目~、とれん~。アポインターのミスで、NGの訪問先に行ってしまったのです。加賀田先生ならここでも許さないんでしょうが、間違って行ったという引け目はあります。やむなく退散して午前が終了。ファミレスで時間をつぶしてから、三件目~、とれん~。私が案内するサービスの類似のものをすでに使っているところ。せっかく来てくれたからと冷たいお茶を頂き、知人を紹介すると言うことでちょっとはプラスかな。四件目~、とれん~。三件目と同じ理由。五件目~、とれん~。挨拶するといきなりアポインターへの苦情。アルバイト相手に一方的に話をするなと、既に商談にはならない状態。そして帰れ!の一発。それはないよね、誰も悪気があってしているわけではあるまいし。アルバイトの人も怒られただろうに。六件目~、とれん~。四件目と同じ理由。七件目~、とれん~。同じく同じ理由。そんなわけで、今日は最初から商談にならないのが3件。商談になっても物理的に取れないのが4件。暑い中、自転車でスーツで汗をびっしょりかきながら、2リットルのお水を凍らしたものが、すぐにお湯状態。タオルも2つが汗でぐっしょり。そんな一日を送りながら、結果は「ぼうず!」でした。

 言い訳するわけではありませんが、商談になる相手に関しては、かなり素早く人間関係を作っていた自信があります。そしてお手続きのゴム印と、その前にちょっと確認、、、というところでNG発覚。相手によってはゴム印と角印をそのまま渡してどうぞ、、、と言うところで、正直、やりたい放題まで行ってるのに。こんな日、知ってたら家で涼しいところで執筆してたのに、、、と思うのですが、世の中はバランスです。8時間ずっと働き続けて成果なしのこともあれば、3~4時間働いて(しゃべって)、サラリーマンひと月分の収入になることもあるのです。しかし私にはこう言う信念があります。

「出したエネルギーは利子を付けて返ってくる」

と。この法則を知っているので、こんな日があっても別段凹まないんです。今日はとりわけエネルギーを出した日です。これがどれくらい利子つけて返ってくるのだろうか、とても楽しみです。一方で逆のことも言えるわけです。

「奪ったエネルギーは利子を付けて取られてしまう」

 これも「思い込み」かもしれませんが、観察しているとやっぱりあるようです。細かいお金をごまかしたら、もっと大きなお金を失ったり。ちょっと遅刻する癖が、大きな商談を逃したり。軽い気持ちでキャンセルしたら、自分にとって大切な案件をキャンセルされたり。

 与えたものは利子付けて返ってくる。奪ったものは利子付けて奪われる。この法則を知っていると生きるのが楽です。ですので、私は今日、一生懸命に汗水垂らしながら働き、その結果、ぼうず!でした。それなりの営業だったと思うのですが、こればかりは「運」もあります。しかし、このエネルギーは来月、どんだけ大きくなってるねん!と驚くほどに利子を付けて返ってくるでしょう。はい。

 ちなみに、まあ、その瞬間は多少はブルーになるのですが、私の場合、10分程度で解消されます。なぜか。突然、未来にワープするからです。そして今この瞬間の自分をそのワープした時点から見てしまいます。すると、

「お~お~、汗水垂らしてその結果か。ま、そんなことがあるから、今の俺があるんじゃん。でもそのおかげでダイエットもできたり、肌もつるんつるんになってるしね。ええことばかりやで。利子付けて返ってくる上に。」

なんて声が聞こえてくるのです。すると、自然とブルーな気持ちがなくなり、突然、テンションが上がってハッピーになるんです。そしたら次は新たな気持ちでゴー!です。ちなみにこれが関係しているのかわかりませんが、今日の夜、ある交渉ごとで、私の提案がそのまま受け入れられました。ちょっと高めに見積もっていたものですが。やっぱり「セルフエスティーム」は高い方がいいですね。と言うか、高くなければいかんのです。

 こんな話しましょう。突然、私が宝くじで3億円当たりました。しかし私にはこれと言って使い道も思いつかなかったりします。そこでその3億を「無利息無期限」でお貸しすることを決めました。そして私の知る一部の人(例えばマイミクレベル)にその旨をアナウンスしました。選択肢は以下。

1.1万円
2.10万円
3.100万円
4.1000万円
5.1億円
6.おまかせ


 いかがでしょうか。誰もでも無条件に借りることができるのです。ただし、私の所持金の3億円がなくなるまで。アンケート取りたいくらいですが、そんなことはしないでおきましょう。どうでしょう。1から6まで、どれを選ばれるでしょうか。もしかしたら、「6」じゃないですか。多くの人は、だってタダで貸してくれるんですから、そんなに贅沢も言えないでしょう。無利息無期限ですし。

 しかしこれこそが、お金に対する「セルフエスティーム」と言えるかもしれません。私なら5の「1億円」をリクエストします。と、ここでは思います。実際はわかりませんが。しかし、「おまかせ」と言われれば、私は100円だけお貸しするかもしません。なぜか。「おまかせ」だからです。だって任せたんでしょう。もちろんこんなケースはまずないと思いますが、こういう簡単なクイズでもわかるものはわかるんですね。

 アンソニー・ロビンズの本だったか、ある乞食が「ダンナ、50セント恵んでくれ」と言ってきたのに対し、「あなたは本当に50セントが欲しいのか?」と聞き返した話がありました。つまりやっぱりその乞食は乞食なんです。50セントの価値しかないのです。しかしもし、ここで1万ドル恵んでくれ、と言っていれば、時給5万ドルのアンソニーロビンズです。物理的には難なく貸せるでしょうし、そんなことを言う乞食も珍しいと言って、貸してたかもしれません。

 やっぱり「求めよ、さらば与えられん」なのです。ではお金の場合、誰に求めるのでしょうか。究極は自分自身です。自分の価値は自分で決められるのです。50セントしか求めなければ50セントの人間です。「おまかせ」ならば、自分の意思を持たない、チャンスがあってもつかみとれないその日暮らしの人間です。しかし、求めたら、、、それは手に入ります。

 今日は重要な法則を2つ紹介しましたね。おさらいはしませんが、なぜ、この人にはお金が入り、この人には入ってこないのか。シンプルな法則です。

 ところで、今日のぼうずの営業の後、月3回のノルマを達成しに、宝満山に向かいました。その話、ミクシイに書きましたので、転載して今日のはこの辺としたいと思います。ではでは。


【怖かった~(^^; 2008年07月31日22:30】

無事に宝満山に登ってきました。

18時過ぎに麓の神社。それから一時間半ほどで頂上なんですが、時、20時となっていました。福岡市の夜景にしばし見とれて。。。

20時も過ぎて下山するんですが、、、やばい、暗過ぎる(あたりまえ!)

懐中電灯もなし。おまけに新月で月の光もなし。あるのはおぼろげな星の光と福岡市からの明かりのみ。それでも山の中に入ると全くの暗闇やん。携帯電話持って行っててよかった~。普段は山登りに集中するため、車の中に置いていくのですが。

結局、携帯電話の明かりで足元を照らしながらの下山。もし携帯がなかったら、、、非常にヤバいことになっていました。もしかしたらまだ下山してないかもしれません。。。

目先2メートルくらいしか視界がなく、薄暗い赤外線フィルムみたいな明かりですが、なんとか照らし続けて麓に着いた時は正直ホッとしました。時々、草むらから凄い音が聞こえて、蛇かなんかと思いますが、夜行性の動物が活動し始める時間でもあります。足元だけでなく、そんな恐怖もありました。

下山と同時にツレに電話したのですが、めちゃ怒ってました。アホか、と。電話を切った瞬間、奇しくも電池が切れてしまいます。もしももっと早くに切れていたら、、、ヤバかったかも。言いようによってはすごいタイミングなんですが、、、アホやとは認めます。

家に帰ったら説教されました。以上。


無事にクリック♪
  ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-31 12:10 | ■人生哲学
 実は今日は非常に過酷な一日でした。朝9時から一番のアポ。普通に獲得して次に行きます。しかし次の場所がめちゃ遠い。普通は郵便番号順に周っていくので、そんなに遠くなることはないのですが、直接、別の場所を指定されて、その辺の事情がわかるのは私だけ。断るわけにも行かないので行きましたよ。自転車で片道30分。往復一時間。で、行ってみたものの、担当者かアポインターの勘違いか、担当不在。「え!今日でしたか?」って電話口で言われるのですが、「知りません」とも言えないので、そのまま素直に退散するのであります。その後も自転車で数件周るのですが、今日はことごとく外ればかり。外れって言うのは、物理的に取れないところ。既にそのサービス又は類似のサービスを利用している方。普通のお客さんはそんなに詳しく認識してないので、アポの段階では分からず、行って初めて分かることも多いです。そう言う意味では、物理的に取れるところに関しては、ほぼ100パーなんですが、まだまだ実りが少ないです。ただ、今はまだ「周辺部」で、来週辺りから「中心部」を周ることになるため、いい成果が期待できそうです。
 
 ところで、そんな結果の一日ではあったのですが、実は私が訪問すると、半分くらいの人が冷たいお茶を出してくれます。成約しようがしまいが。暑い中周ってて気を遣ってくれるのもあるでしょうが、もし、自分自身を評価できるのであれば、「礼儀正しさ」と「熱心さ」が功を奏してるのかも。「熱心さ」については、まずは「声」です。勢いよく張りのある声でご挨拶。「礼儀正しさ」については、いろいろあると思うのですが、私がやっているのはただ一つ。それは「お辞儀」です。普通のビジネスマナーでは「お辞儀は45度」とか書かれてるでしょうが、そんな「常識」は「一期一会」の世界ではあまり関係ありません。私のお時儀は「90度」です。しかもちょっと膝を曲げ気味にして、頭が下がったところで2~3秒静止します。これだけ。

 一説によると、これは「天皇陛下」に対するお辞儀だそうです。なのであまり無闇に多用するものでもない、と書かれています。これが常識。しかし、何度も何度も会うお客さんでなし、ほとんどが一回きりの訪問になります。そうであれば、相手を最大限に敬意を表して、文字通り「天皇陛下」を前にするかごとく接してもいいわけです。それによって私の自尊心が下がるわけでもありません。要するに「効果」の問題。一つの目的を達する上で、いかに効果的なやり方を採用するかが重要なのです。

 ですので、私のこの2~3週間の経験上、相手が出てきて目があった瞬間、その「お辞儀」をすれば、ほとんどの人はビビります。本当の話。だって普通の営業マンはしませんから。そんでしないからこそ価値があるんです。そしてビビらしたら、すぐにセオリー通りのアプローチをして、椅子に座ります。毎回ここまではほぼ完璧です。しかしその後、内容を確認すると、「これはNGじゃん・・・」ってのが、今日は多かった、と言うかほとんどだったのです。思わずアポ責任者に電話でちょっと文句言ってしまいました。仕方ないことは仕方ないんですがね。

 そんなわけで、今日は朝9時から、最後は7時前まだかかり、すごい時間と距離をかけた割には実りは少なかったのですが、ま、これは貯金ということで。出したエネルギーってのは、時間差で利子付けて返ってくるものです。それを知っているので、そんなに腹も立ちません。ま、こういう日もあるさ、、、と言うことで。

 それはそうと、ボクシングですよ!!内藤大助選手の3度目の防衛線がゴールデンタイムにありました。挑戦者は清水選手というイケメンの日本人。ま、正直言って内藤選手も年齢いってるし、そろそろ引退でもよさそう。相手は亀田でも外国人でもなく、次世代を担う若手。仮に内藤が負けても、それはそれでよし、みたいな感じで冷静に見ていました。でも、一応、内藤を応援していました。4Rごとに採点が発表されるのですが、なんと8Rまで内藤の劣性。このまま12Rまで残ってれば、判定を聞かずとも内藤の負けがほぼ決定します。しかしボクシングは「一発」がある競技なので、清水も油断はできませんし、内藤にも十分に勝機は残っています。そして10R、、、見事な逆転KO勝ちでしたね。文句無し。

b0002156_9405928.jpg しかし文句が出るのはその後。内藤選手のインタビューの最中、放送事故勃発。見たことある顔が。。。亀田やん。ちょっと驚き。でも笑った。TBSのやらせのような気もしたのですが、それはともかく、いきなり出てきて、視聴者だけでなく内藤選手もビックリしていた感じでした。ミクシィの内藤大助コミュでは、その直後に「亀田、何様!」というトピがたっていました。

 私はあれは放送事故だと思います。公共の電波で流してはいかんです。と言いながらも、実際、見てて面白いのは「放送事故」の場面だったりしますよね。危ないのは嫌ですが、NGワードとか露出(例えば鶴瓶)とか、生の放送事故に直面すると、なんか得した気分。そんな意味で、9時からのコーチングの直前に亀田の放送事故に出会えたのはラッキーでした。ありがとう、亀田。

ありがとう、クリック♪
  ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-30 23:02 | ■時事問題
 昨日は「あいのり」を見ている途中から寝入ってしまいました。さすがに疲れていたのでしょう。そして今朝は6時からコーチング。普通はそのまま起きているのですが、まだ横になりたいという衝動が強く、終了後、一時間ほど寝入ってしまいました。身体は正直です。そして8時過ぎにはまた起きて活動開始。何もしない一日が欲しい~と思うのですが、これもまた「青春」です。

 最近、べたな話なんですが、いつも「青春」を意識しています。ジャズのテナー・サックスのジョニー・グリフィンが25日に亡くなりました。巨匠がまたひとり。。。今日も営業で回りました。朝一番から取れると調子いいですね。ですが、お昼は大幅に時間が空いてしまい、ファミレスで読書タイムです。こういう時間が最近、いい、です。今、とっても凄い本を読んでいます。久々に私の中でヒットしました。そのうち紹介します。夜もコーチング。忙しいのはいいことですね。忙しいと書いて、「心を亡くす」なんてネガティブな言い方する人いますが、本当に「心」が亡くなるまで打ち込んでみるのもいいですよ。そんなに「心」を神聖視するのもおかしな話です。

 私は「心」よりも「身体」の方が重要やと思っています。「潜在意識」の正体って「身体」ですから、まじで。そんなん見りゃわかるんです。女に縁がない?そんなの見りゃわかる。深層意識探る前に、もっとちゃんとしろ、、、と言いたい。外見、しゃべり方。人のこととやかく言える分際じゃございませんが、まずは見た目でしょ。中身なんかあとあと。

 個性って重要でしょうか。はい、重要だと思います。では、就職活動に個性は重要でしょうか。いいえ、重要ではありません。ほとんどの会社は目立った個性的な奴よりも無難な奴を優先します。ようするに使いやすそうな奴が就職できるんです。なので就職活動中はなるべく無難な恰好してあまり目立たない方が得策です。でも本当は個性が重要。でもそんなのは入ってからでよし。入る前からいきがって個性発揮する必要なし。学生時代の私がそれを証明しています。私だけ紺のスーツ着てなかったので、それはもう、怪訝な目で見られました。要するに重要なのは効果。効果的な外見が重要なのです。ですので、就職活動でも営業でもスーツは紺、ネクタイも紺。これで決まりです。

 でも、いきがってる奴ってそんなに嫌いじゃないです。私のようで。人を許す魔法を教えましょう。まずは人の欠点を粗捜しするんです。そしてさんざん悪口を言った後に、まるで俺のようだよ、、、と付け加えること。結局人の欠点って自分の欠点でもあるんです。親が子どもを叱りますよね。なぜ叱るのか。自分にもそれがあるから。そしてそれが嫌だから、それと同じことする子どもを叱るんですね。自分のこと棚に上げて言葉、、、ってこう言うことのためにあるんです。結局、私だって人のこと嫌いになることありますが、それってほとんど私の欠点だったりするんです。時間にルーズな人、、、嫌い。私もちょっとルーズなとこあります。部屋が散らかってるのか、嫌い。私もすぐに散らかしますから。女にもてようとしてシーザーサラダ注文する人、特に嫌いでないです。そんなの興味ないから。

 クールポコって面白いんですが、どう考えてもこれ以上売れそうにないですよね。特に左の人。俺でもできるって、誰もが思うでしょ。右の人の顔は面白いんですけどね。何となく私に似てて。そう言えば、今年もお笑いが盛り上がっていますね。レッドカーペットとかがいいです。現代人はああいう短いのが合うみたいです。それから最近のクイズ番組、全然面白くないです。なんでどの局も常識クイズみたいなのばかりするんでしょう。昔は視聴者参加型のクイズ番組も多かったのに、今では「アタック25」だけですよ。クイズ王さんの仕事がないですね。どうでもいいのですが、最近、ギャル曽根って見なくなりました。ボンデージを捨ててから、にしおかすみこも見る回数が減ってきました。ロンハーくらい。モエヤンって普通に可愛いと思う。ヌーブラヤッホーのギャグの面白さがわからんのですが。今一番面白いのが「天津木村」って、いろんなとこで言ってます。でも、ゴールデンではちょっと控え目ですね。

 どうでもいいのですが、最近、テレビで「おっぱい」見なくなりましたよね。昔はバカ殿の双六とか、愛川欽也が司会する世界ビックリ何とかでも、しょっちゅう出てたんですがね。世界一、乳のでかい女性とか。水泳大会でポロリもお約束。中山美穂なんかも、ドラマでお尻出してたり。こんなこと書くと、「中山美穂 尻」で検索して見つけられるんですが、大したこと書いてなくってすいません。でも、それで私のブログ読むようになるのも、何かのご縁でしょう。ご縁は大切ですから。

 セミナーで会う人もご縁やと思っています。一つだけ自慢することがあるとすれば、私のセミナーに来られる人って、素晴らしい人ばかり。本当に。楽しい人ばかり。東京なんか、みんなものすごく仲良しになってますもね。福岡でも飲み会したいと思っています。近いうち。今年はセミナー封印しているので、大阪帰ったときも飲み会したいと思っています。久々の「オフ会」ですね。でも来年からはまたセミナーや講演会をたくさんしたいです。それこそ本が出て、ガラガラを引きながら全国を行脚するんです。私って、こういう姿、似合うと思ってます。できれば日本列島横断したいですね。平日は夜2時間とかの講演で、毎日、地元の人と触れ合うのです。土地の名物食って、土地の酒飲んで。いいな~。

 やっぱり土地のものって別格ですよね。以前、長野県の新潟県境辺りに会社から出張した時、「ここで焼酎はあり得ない」と思いましたもの。逆に九州では日本酒飲みたくないんです。やっぱり土地には土地の味があるんです。前にスリランカでその土地の「サトウキビウィスキー」が、まあ、美味しくって、お土産に買って帰ったのですが、結局、日本では一口飲んで、すべて捨てました。はい。ネパールには「ロキシー」っていう焼酎があるんですが、これまた貧しい味なんです。でもネパールで飲むと美味い。日本では絶対飲めんやろな、と思います。逆にネパールで芋焼酎もあり得んでしょうね。しかしなぜかビールはどこ行っても美味いんです。暑いとこで飲んでも、寒いとこで飲んでも。インドではあまり大っぴらにお酒を飲むことはないんですが、時々、こっそりと出してくれるお店があります。それがまた美味い。11月はインドに行きますが、こっそり飲もうと思います。

 ついでにクリックお願いします。
  ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-29 23:12 | ■人生哲学
 「星空セミナーin清里」のレポートいかがでしたか?何となく言葉では言い表せませんが、とても素晴らしい2日間であったことだけは確か。考えてみると、今年はプライベートも含めて、ペンションに泊まることが多いな~と思います。Q州ツアーでもペンションでしたし。それにしても「泊まり」はいいですね。ゆっくりできるだけでなく、深い話ができたり、別れが寂しくなるくらいお互いを理解し合えたり。人の数ほど学びがあるので、いろんな人にお会いできる私はやっぱ「役徳」だな~と思うわけです。営業だってそう。そんなに深い関係にはなりませんが、それでも出会いは出会い。毎回、どんな人と出会えるのか楽しみです。そしてどんな学びがあるのか。そう考えると営業もますます楽しくなるわけです。

 今日は朝5時に起床して、6時半の羽田発に乗りました。昨日の晩は遅く、今朝は早い、と言うわけで飛行機の中は爆睡状態で、福岡に着いた時はまだ夢を見ているようでした。ぼーっとしてて、羽田で買ったお土産を機内に忘れてしまいました。ま、500円程度のお菓子ですが。それから家に着いたのが10時前。すぐにスーツに着替え、営業に出発です。一件目~怒らせた~、です。まだ勘が鈍っているのか、訪問先に当然のようにあがりこんでしまい、なぜか怒られてしまいました。普段はこれでもさほど問題ないのですが、その人の仕事場は聖域だったんでしょうね。。。従って成約ならず。アポの人にも悪いことしたな~と反省したのですが、あまり引きずっても仕方ないので次に行きます。そして取れた~となり、徐々に日常に戻ってくるのです。今日の営業は3時前には終わり、早々と家に帰ったら、することもせず、、、そのまま寝入ってしまいました。5時に再び目を覚まし、そこから先日の営業のフォローに行きます。そしてわしわしとゴム印と角印を押して今日の業務は終了。

 今日はそんな感じでございました。ところで「星空セミナー」の話で一つ言い忘れたことが。。。一日目の第二部(ロウソクを灯した語り)の後、みんなで歌を歌おう!と言うことになり、Aさんがギターで伴奏、他の人は歌詞カードを渡され合唱します。みんな青春してるな~とか思いながら、私も一緒に歌いました。SMAPの「世界に一つだけの花」です。正直、べたやな~とも思いましたが、これもまた青春の一ページ。女性に合わせたためか、ちょっとキーが高かったのですが、ま、歌いました。二番になると、なぜか私の歌詞カードと歌詞が合いません。???と思いながら、適当に口ずさんでいたのですが、ところどころ妙なフレーズが。。。ん??「つるんつるん」「魚拓」、、、よく聞くと「替え歌」になっていました。なんと二番は私にちなんだ歌でした。ここで歌詞を発表するのは恥ずかしいのでやめておきます。そしてなんと寄せ書きまで頂きました。。。正直言ってこう言うサプライズは照れます。すいません、もしかしたら反応鈍かったかもしれませんが、内心めちゃ喜んでいるのです。

 前にこんな話をしたことがあると思います。昔、浪人時代にちょっと飲みに行きました。飲みなれない酒、みんなべろんべろんになりました。大阪だったのでラーメンではなく、お好み焼きでしめることに。ある友達、、、すいません、、、お好み焼きが出てくる前に、鉄板の上にお好み焼きを作ってしまいました。そして店中、胃液に香りが漂います。店員さんが近寄ってきます。そして「真顔」で「出てってください」、と。我々一同は悪いと思い、謝りながら片付けようとするんですが、「もういいから、出てってください」、と相変わらず真顔。その時わかりました。人は感極まり過ぎると「真顔」になるんですね。喜び過ぎても「真顔」、怒り過ぎても「真顔」、、、これが人間の実際です。

 ですので、私、今回のサプライズには「真顔」になってしまいました。もう、、、めっちゃ嬉しいです。応援されてるな~としみじみ感じ入りました。私もぜひ皆さんを応援させて頂きます。ご縁のある方は一人残らず。特にツアーとか来て頂いている人はなおさら。ありがとうございました。

 最後に今週の予定。木曜日まで営業の毎日。そして金曜日に「赤城夫婦」のセミナーに参加させて頂きます。話によると、私のブログ経由でお申込みされた方もちらほらいらっしゃるとか。是非会場でお会いしましょう。よかったらお声かけてくださいね。私はその日、セミナー会場でもある「ええホテル」で泊まることにしています。たまにはいいですね、こういうのも。そして土日と山崎啓支さんのセミナー。今度は「合宿」になります。「星空」に引き続き合宿です。ここでも楽しいことがいろいろありそうです。そう言えば、今週末は8月になるんですね。。。あ~10月27日の悟りまでカウントダウンやんけ。そんで11月のインドツアーも。。。今年はほんとにどうなってるんでしょう。いろいろありすぎ。充実してるな~、ハッピーやなー、ありがたいな~、、、

 と言うわけで、今日も眠たくなってきたので、この辺で。明日もハッピーに行くで。

ハッピーなクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-28 23:26 | ■日一日
 2日目です。昨日のお開きは一時頃だったかな。それから各部屋に戻ったのですが、私の部屋は3人で2時まで語り。恋愛話の続きです。いいですね~。青春なさってますね~。で、みんなで6時に起きて散歩しよう~なんて言いながら、私は8時まで寝てました。。。8時から朝食。大量の「桃」を食べました。もも・・?う~ん、またもや意味ありげ、、、知る人ぞ知る。 

 9時半にチェックアウト。3時半のバスまで「萌木の村」で遊びます。ここはバラ園。ブランコに乗ってツーショットの写真をたくさん撮ったのですが、お見せできないのが残念。。。
b0002156_23145172.jpg

 滝が見えます。入りたかった~。
b0002156_23153369.jpg

 地ビールのレストランね。
b0002156_23154869.jpg

 ここ、「ファーストクラス」という部屋でして、私の「ファーストクラス願望」が一つ叶いました。たまたま奥まった部屋が空き、そこに全員入ることが出来たのです。ビールもカレーも美味しかった!さらにレッドアイ(ビール+トマトジュース)も堪能。昼からビールって、何でこんなに美味しいのかしら。
b0002156_2316057.jpg

 これ、オルゴール館の自動オルガンです。今日は聞けませんでしたが、モーツアルトの「自動オルガンのためのソナタ」が入っているとか。名曲ですよ、名曲。それはともかくですね、実はこの直前、あるミラクルがありました。話せば長くなるのですが、私、今コーチングなどしていますが、最初は早朝の無料コーチングからスタートしました。2005年の10月でした。その時の第一号が今回の参加者の一人でもあるAさん。そしてもう一人の第一号が千葉県在住のMさんでした。それがご縁かどうかわかりませんが、なぜかこのお二人、、、マイミクになったりスカイプで話をしたりなど、いつの間にか知り合いになっておられました。ただ、リアルに会ったことはなし。今回はAさんから参加されるということで、運命の邂逅か!と思っていたのですが、Mさんは家族サービスのため不参加。残念、、、と思ってました。

 しかし、そのMさんの家族サービス先が、、、偶然にもここ清里だったのです。そしてこのオルゴール館に入る直前、、、え???誰???見たことある姿が。一瞬、幻を見ているようでした。Mさんでした。言葉も出ず、とりあえず後ろのAさんを紹介しようとすると、Mさん、Aさんの姿を見るや否や、会ったこともないのに、「うわ~!!!Aさ~ん!!」って。横で見てて鳥肌立ちましたよ。何でこの場で、このタイミングで邂逅を果たすのでしょうか。まさに「なにか」の計らいを感じました。お二人が会うことが、今回の旅を象徴しているような。ミラクルを見せてもらいました。
b0002156_23161295.jpg

 そんで、このピアノ。自動演奏するピアノなんですが、なんとラフマニノフが演奏するショパン。デジタル音じゃないですよ。細かなニュアンスまでそのまんまと言われる、この自動ピアノ。CDはあるようですが、こちらは生。目の前でラフマニノフがショパンを。。。感動、感動、感動。
b0002156_23162544.jpg

 ここはちょっと半端ない場所でした。
b0002156_23163830.jpg

 と言うわけで、ミラクル続きの「星空セミナー」もついに終盤。清里に名残惜しくも、3時半のバスに一同、乗り込みます。さあ、バスが出ます、、、その瞬間、突然、嵐のような大雨が。。。ウソやろ。。。これが10分早かったら我々はずぶ濡れになるところでした。バスが来た瞬間だったので、一同、、、口あんぐり。。。今回の旅を締めくくるにふさわしい演出でございました。。。

 帰りは渋滞。実はこの日、夜8時の飛行機を考えており、旅行会社にも手配しかけていたのですが、、、やっぱり翌朝早くに出ようと思い直し、別の飛行機にしたのです。渋滞のため、東京駅に着いたのが2時間遅れの8時30分。変更しなかったら確実に間に合ってませんでした。これも一種のミラクル。。。そしてこの渋滞のバスの中。後ろから見ていると、ずっと寝ている人はほとんどおらず、皆さん、お隣の人とお話をされていたようです。後から聞くと、めちゃくちゃ濃い話をされていたとか。そしてそれぞれがいろんな気づきを。この渋滞も必然だったのでしょう。

 夢のような2日間。締めくくりは東京駅での飲み会。10名ばかりがそのまま居酒屋に流れ込みました。最後の最後まで弾け通し!!私もKAGATA式炸裂。あ~楽しい。でも、終わるのが寂しい。でもまた会える。。。
b0002156_23165237.jpg

 そんなわけで、11時過ぎに居酒屋を出ると、私はさよならの余韻も残さず、駅に駆けつけました。。。明日からまた営業です。この2日間のこと、、、永遠に胸に残る思い出となりました。これで私のセミナーもしばらくは封印。とりあえず現時点で言いたいことを凝縮して言えたと思います。今度会うときはまたまたパワーアップしてますよ~!本も出ているだろうし、私の環境もガラリと進化して。うん、最高の人生。2008年、、、グレゴリオ暦では下半期。マヤ歴では新年を迎えて、私も、そしてみんなもますますハッピーになっていくでしょう。そんなこと、確信しました。

 また来年、第二回もやりたいと思います。ご縁のある方とはご一緒することもあるでしょう。というわけで、星空セミナーin清里の二日間でした。。。ありがとうございました~♪

素晴らしいクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-27 23:05 | ■セミナー・研修・講演
 さあ、いよいよお待たせしました。「星空セミナー」のレポートです。この企画が立ちあがったのが3月末の東京セミナーの懇親会、2次会にてでした。最後、4~5人で居酒屋の一室で語り合っている時、ある方が「合宿のセミナーをしたい!」と言い出されたのです。セミナー中、なんとなく「星空」が見えたようで、できればどっかの山奥のペンションでも借りて開催したいとの話。もちろん私は大賛成。しかも段取りなど分担してやって頂けるなど至れり尽くせり。いつも自分で会場や懇親会の手配などしていたので、何とも嬉しい話です。そしてその場で「8月末」の日が決められ、各自のスケジュール帳にも書きこまれました。

 そして具体的に発動する段になり、主催者の方が「その日はNG」となり、一ヶ月早い「7月26日・27日」に決定しました。それからよく顔を合わせる人から優先的にお誘いさせて頂き、最終的には人数の変動がありながら、20名弱で開催することとなりました。それまでの間、東京ではセミナースタッフが定期的に集まり、いろんな企画を出し合って、皆さんで作って頂けたようです。涙ちょちょぎれる程に嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです。

 7月26日、、、この日が近づくにつれ、実はこの日の意味が判明することになります。何度も書いているように、この日はマヤ暦(一年13か月の暦)の上では「元旦」になるそうです。つまり月のバイオリズムにおける、一年の始まりの日です。よく言われます。Qさんは月のリズムに調和している、と。意図してるわけではありませんが、不思議と何かの節目とかイベントごとに、そのマヤ暦的に重要な日と重なっているわけです。と言うか、何の迷いもなくこの日をセッティングした主催のKさんはすごい。ちなみに、、、Kさんは最終的におめでたいことと重なってしまい、欠席となりましたが、最後の最後まで我々の面倒を見て頂き、当日の朝もお見送りに来て頂けました。ぶっちゃけ、泣くよ。一緒に行きたかったけど、ま、またの機会があるでしょう。

 と言うわけで、朝8時過ぎに東京駅から清里行きのバスに乗り出発。修学旅行の気分です。こちら、Kさんの代わりにと、わらびーちゃんです。バスガイドのように一番前から我々を引率してくれています。本当にありがとう。
b0002156_239632.jpg

 4時間ほどして、清里に到着。めっちゃいい天気です。バス停からちょっと歩いて山梨名物の「ほうとう」を食べます。九州で言う「だご汁」のようなものですが、これはこれで絶品でした。やっぱその土地の名物は格別ですね。
b0002156_2392247.jpg

 こんな店内です。奥の方にいるのが我々一行です。
b0002156_2395488.jpg

 これはお店の外。水車があります。
b0002156_2310597.jpg

 ピックアップがやってきてピストンでペンションに到着。「スケッチブック」というペンションで、ここもKさんが見つけてくれました。見るからにいい感じです。
b0002156_23101676.jpg

 ペンションの前はトウモロコシ畑。何とも言えんです。天気は最高だし。
b0002156_23142677.jpg

 セミナー前のひと時。ギターを持っているのは「水ブロ」のAさん。中国から駆け付けてくれました、、、と言うとカッコいいですが、ちょうど帰国中だそうです。でも関西から来て頂けました。
b0002156_23102660.jpg

 こちらもセミナー前のひと時。立派なじゅうたんとソファのあるセミナールーム。ここは何とオーディオがかなり充実しているので、私が持ってきたCDをかけてちょっと楽しみました。ちなみにオーディオは安く見積もっても1000万円は下らないそうで。。。
b0002156_23103719.jpg

 セミナー中の俺です(後で撮影したものですが)。今回はスーツでなく、作務衣で。知ってる人ばかりなので、たまにはいいですね。
b0002156_23112367.jpg

 ちょっとKAGATA入っている私。
b0002156_2313469.jpg

 セミナーは2時ちょうどにスタートし、6時まで10分の休憩をはさんでぶっ通しでやりました。前半は完全にしゃべりっぱなし。普段のセミナーでは言わない、ちょっと濃い目の話。本質的な話なので、かなり抽象的な内容になったかもしれませんが。。。後半はワークもやりました。最初は延々とアドリブで「あっちの世界」に行ってもらいます。汗をかきました。そしてちょっとクールダウンしてトランス誘導のワーク。今回は絨毯の上なので、寝転んでもらいました。そうすると部屋はスペースがなくなったので、やっぱりちょうどいい人数だったようです。このワークは10~20分はしたかな。最後にトランスから戻ってもらうため、10秒数えたのですが、数え終わった瞬間、、、なんと「雹」が降ってきました。それもゴルフボール大の。ペンションのママが急いでセミナールームに入ってきます。寝室に「雹」が降りこんでいるので、窓を閉めに行ってくださ~い、とのこと。この中継も録音しているのですが、まさに絶妙なタイミング。雹が降るのがちょっとでも早かったら、トランス誘導のワークがちょっとでも長引いたら、、、途中でかき消されるとこでした。やっぱりトランス誘導は最初から最後まで「密」であることが大切。
 
 ところで今年(2008年)はマヤ暦では「青い嵐の年」と言うそうです。この意味するところは「変容」と「団欒」だそうです。う~ん、意味ありげ。まさにこのセミナーはそれぞれの「変容」のきっかけであり、そしてこの場自体が「団欒」でもあります。そして文字通りの「青い嵐」では晴天(青)の嵐(雹)でありまして、そのままジャン!という感じ。実はセミナー中、何度も寒気と言うか、鳥肌が走ったんです。ちょっとだけ言ったかもしれませんが。なんかある、、、そんな気持ちでスタートしたら、いつの間にか「青い嵐」がやってきて。「偶然」とは考えたくない、いや、思えないんです。これ。今回、遠くは金沢や大阪から来られた人もおり、その方々も含めて、今回のメンバー、、、それもまた必然だったのでしょうか。

 と言うわけで、なんだか不思議な雰囲気でセミナーも終了。。。何だったのか、これは。セミナー終了後、まずは男子はお風呂に行きます。露天風呂。加賀田先生じゃありませんが、やっぱり外で入るお風呂は最高です。ちなみに音楽も流せて、私が持ってきた「ミシェル・ペトルチアーニ」を聴きながらつかっていました。最高。
b0002156_23104857.jpg

 お夕食。立派なピアノもあります。
b0002156_23105987.jpg

 いかにもペンションらしいメニュー。美味しい~。
b0002156_23111251.jpg

 夕食後は女子がそれぞれお風呂に行き、その間、しばらくは休憩。私はちょっと寝てました。そんで9時には再びセミナールームに集合して、第二部が始まります。今度は私がしゃべるのではなく、皆さんに順番に「話したい話」を披露してもらいます。くじ引き順に全員。。。電器は消してローソクで。いい話いっぱい聞けました。怖い話する人もいましたが、半分は「恋愛」のお話。。。素敵、素敵、素敵。幸せな話もたくさんあり、みんなでおすそわけ状態。
b0002156_23132566.jpg

 Aさんは話の前に一曲。最後はオリジナルソングも聞けて、感動の脱力でしめました。さすがです。
b0002156_23134462.jpg

 二日目に続きます。

素晴らしいクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-26 23:07 | ■セミナー・研修・講演
 早朝4時半に起床して、宝満山に山登り。今月二回目。ちょっと急ぎ足で登り、家に帰ってきたのが9時でした。それからぱっぱと準備して11時過ぎの電車に乗って、12時の飛行機で発ちます。どうでもいいのですが、私、東京に着いて真っ先に食べるのがいつも「ざるそば(もりそば)」です。「ざるそば」って、私のイメージでは、庶民的でありながら、ちょっと贅沢な側面もあると感じています。理由の一つととして、何の具もないのに、なぜか「かけそば」や「きつね」「月見」なんかよりも高いこと。お腹いっぱいにしたければ、「かけそば」に「いなり」で十分なんですが、それらを合わせた値段よりも「ざるそば」の方が高いのです。少なくとも福岡では。なのでお店ではあまり「ざるそば」を食べないのですが、東京では立ち食いソバやで普通に「ざるそば(もりそば)」が安くあるので、つい食べてしまいます。それにやっぱり「そば」は西よりも東の方が美味しい気がします。ただし、「出汁」はちょっといただけません。黒いから。でも「つゆ」は元々黒いので、頂けます。美味しいです。

 そんなわけで、お昼過ぎに東京に着いて、ネットカフェでちょっと時間をつぶします。5時から出版社の担当の方と喫茶店で打合せ。打ち合わせと言っても、細かい話ではなく、これからの私の方向性みたいな話。非常に有意義な時間でした。とにかく一冊目が肝心。急がず、かと言ってのんびりもせず、いいものを作り上げようと思っています。

 その後は急きょ時間が空きました。ジャズでも聴きに行こうかとも思ったのですが、時間がちょっと中途半端。その間、なぜかいろんな人と電話をしていました。そう言えば、今日はマヤ暦で言う「大晦日」であり、別名「時間を外した日」でありました。そんな記念すべき日、、、なんと敬愛する五日市剛さんとお電話で20分ほどお話ができました。私は新宿のど真ん中で。。。たまたまある用件がありまして。う~ん、、、ジャズなんか聴いてる場合やない、ですね。その後、ひとりで飲みに行くか、どうしようか迷っていたら、あることを思い出しました。五日市さんと電話でお話するちょっと前、「ある方」とも電話していました。「ももまんじゅう」さんと言う方です。。。折角なので「今何してるんですか?」って電話し直すと、ちょうど帰るところらしい。と言うわけで、急きょ、インドカレーを食べることになりました。そして2時間ほどカレー屋で語ります。。。何をしゃべったかあまり覚えてないのですが、熱かったことだけは確かなような。。。それにしても「ももまんじゅうさん」に会えてよかったです。愛の塊みたいな人ですから、時々、お会いして「心」をチャージするのです。

 う~ん、、、なんだかいい日だったぞ。ものすごく。朝から宝満山に登って、夜は出版社と打合せした方向性を明確にし、五日市さんとも電話で来て、そんで「ももまんじゅう」さんともお会いできたし。。。明日は山梨は清里にて「星空セミナー」、、、何が起こるのやら。とにかく今回の状況もただ事では済まされないです。マヤ暦の大晦日、元旦、、、とやっぱり何か意味があるのでしょうか。。。。と言うわけで、明日に続きます。

素晴らしいクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-25 19:45 | ■精神世界
 昨日は11時前に寝てしまっていたようです。そして起きたのが7時。ちょっと寝過ぎのようですが、一説によると、人は潜在能力を最大化するために、一日最低6時間は寝なければならないそうです。6月の「サクセスカレッジ」の講師である中井隆栄先生が言っておられました。寝る前に仕掛けをしおくと、寝ている間に潜在意識が働き、優れた成果を出せるという話です。ちなみにこのようなお話、2年前の私のブログでも書いていました。「こびとのくつやは実話だった!」というエントリーで。単純な話、起きてるときは一所懸命、精一杯やって、そして6時間はぐっすりと寝る。どうでもいいのですが、「ぐっすり」の語源って「good sleep」だと、以前誰かから聞いていたのですが、実はこれはデマでして、「ぐっすり」は江戸時代の書物の中に既にあったそうです。時代劇などでは、時々、現代語(サボるなど)が出てきて、時代考証に合わないこともあるそうですが、「ぐっすり」はさすがにそうではないでしょう。ですので「ぐっすり=good sleep」はデマと言うことで解決です。ちなみに「ぐっすり」の本当の意味は「十分に」という古語だそうです。

 ま、それはともかく、6時間は寝る。これは鉄則のようです。と言いながら、今日は8時間寝てしまいましたが。11時に寝て5時に起きる。または12時に寝て6時に起きる。こういう習慣が欲しいですね。ただ、おかげ様で今日は疲れもなく、身体が軽い一日でした。体調万全。エネルギー抜群。

 そう言えば最近、営業の話ばかりしていますね。本当はもっと書きたいこと、たくさんあるんですが、あまり詳しく書くと、会社に迷惑かける可能性もあるだろうから、ちょっと控え目には書いています。ただ、今は日々成長しています。毎日、毎日、新しい人と接しているわけで、最初は警戒心みたいなの持たれても、すぐに笑顔を向けてくれる瞬間が「快感」になっています。私の場合、かなりの確率でお茶を出してくれたりして。一方で気難しい人もいるわけですが、そう言う人こそ、胸元を開くことができたら余計に快感なわけです。完全な飛び込みではありませんが、毎日、大量の人と会ううちに、やり続けていると対人折衝のプロになれるわけです。営業という仕事は。営業は素晴らしいです。何でもっと若いうちに経験しなかったのか。ただ、今だからこそその素晴らしさに気づけていると言うもの。

 世間では「営業=きつい」というイメージをもたれており、大学生なんかに聞いてみると、できればしたくない仕事と言います。その割には営業をバカにしてたりして。確かに営業は特別な資格などは必要ありません。学歴も必要ありません。だからこそ、営業のプロになるのは難しいわけです。欧米では営業の仕事はものすごく尊敬されているようで、ブライアン・トレーシーの子どもも「将来はお父さんのようなセールスマンになりたい」と言っていたそうです。それからもしも会社を経営したい、起業したい、社長になりたい、という志を持っているのであれば、営業ができなければ話になりません。実際。逆に営業ができれば、お金に困らない分、たいていのことはできてしまうでしょう。結局、営業と言うのは自分を売ることです。そして自分の市場価値を上げることです。自分と言う価値さえ上がってしまえば、どうあっても成功するしかありません。そんなわけで、今、日々、営業就業の毎日。正直、滝行よりもずっと修行になります。もちろん滝行も山登りもしますけど、お金もらって修行ができるなんて、やっぱり素晴らしいです。若者よ!営業に目覚めよ!と言いたいです。

 と言うわけで、今の私の頭の中は70%くらい「営業」に占められているのですが、一方で、本の執筆、加賀田マニュアルの作成、セミナーの準備などもしなければなりません。いや、セミナーの準備はしません。今週末土曜日ですが、何の準備もせず、その場のアドリブですべてやろうと思っています。「無策の策」であり「know nothing state」です。つまり「無意識(潜在意識)」にすべてお任せして、4時間半をぶっ飛ばしたいと思っています。ただ、例のワークは今回はやろうと思っています。前回の6月の東京セミナーではやりませんでしたが、やりたかった、、、と言う人も少なくなかったので今回はやります。実際、今の営業で実践してたりするので、よりリアリティのあるワークができそうです。お楽しみに。そして今回は録音失敗しないで、きちんと残したいと思っています。ただ、発表するかどうかはわかりません。なんせ「潜在意識」に語ってもらうので、場合によっては際どい話も出る可能性があるからです。

 はっきり言います。私はセミナーをしません。セミナーをしているのは、私の「潜在意識」です。別の言い方をすれば、私の本質に近い部分がセミナーをするのです。私は単に「潜在意識」に命令するだけです。「セミナーやって!」って。なので私自身はめちゃ楽。疲れません。5時間しゃべり続けても疲れません。それもそのはず、私は何もせず、私の「潜在意識」が勝手にしゃべっているのですから。6月のセミナーではなぜか「多目くん(タメくん)」が出てきました。自分でもびっくり。「ドラえもん」に一話だけ登場する知る人ぞ知るキャラなんですけど。ただ、その多目くんの話が、、、どういうわけか「泣けた」そうです。そんなことが最近のセミナーでは毎回のようにあります。特に後半。私自身のエンジンが最高潮になり、トランスに入ってしまい、まさしく「know nothing state」から次々と言葉が出てくるのです。

 正直、私の強みはこれやと思っています。何も考えんで、人前に出て、潜在意識に任せて話す力。6月のセミナーでは資料も用意せず、メモもせず、話の組み立ても考えずに、前の方の参加者と対話しながら、どんどん話を展開させていました。ある方は「マインドマップのように」と言っておられましたが、まさしくその通り。だって「脳」のままにトークしていたのですから、順序も流れも何もありません。行き当たりばったりです。しかしそれこそが、聴く側にとっても、もっとも潜在意識に響きやすく、そして「変わる」きっかけとなりやすいのです。なので、土曜日の合宿セミナーでもそうします。そして何度も言いますが、しばらくはセミナー封印して、圧縮をかけるのです。圧縮です。圧縮。圧縮かけて、かけて、かけて、もうこれ以上は、、、と言うところでビヨ~ンと飛び出るわけです。ですので、早くて年末の再会セミナーでは、とてつもなくパワーアップしている私に会うことができるでしょう。

 正直言います。私にとって一番楽しいのは営業でも執筆でもなく、セミナーや講演をしているときなのです。これほど「潜在意識」が動いている瞬間は私の中では他にありません。なので土曜日はもう、楽しみで、楽しみで仕方ないのです。もちろん皆さんにお会いできるのも、血が逆流するほど楽しみなんですが、それと同じくらい、私自身の「潜在意識」が起きて語りだすのを聞くのが楽しみなのです。これ、わかりますか。自分の口から出てくる言葉を自分の耳で聞いて、鳥肌ってる瞬間が。そんな楽しいことを半年ほど封印。本当は毎月でもやりたいんですよ。ただ、時には「圧縮」が大事なのです。とにかく「時期」を味方に付けて、その間はひたすら営業就業。もう、パワーアップするしかないではないですか。

 と言うわけで、今、ほんまに動いとるな~と言う実感があります。もしかして、俺、幸せ?言わんでもわかってるのですが、あえて言いました。明日は東京。出版社の方と打ち合わせ。明後日は山梨のペンションでセミナー。20名以上の素晴らしい方と再開し、そして一晩語り明かすのです。そう言えば、「一晩語り明かす」って、「Q州ツアー」以外ではまだ未経験ですね。そこでもどんな話を聞けるやら。ある意味、「夜」ってのも、潜在意識が活発に動く時間帯です。ラブレターを書く時間ですね。そして朝起きて「意識」で自分の書いたレターを破くわけです。恥ずかしいから。しかし、夜中に書いたラブレターこそがあなたの本当の姿なのです!

 実は執筆は昼よりも夜の方がいいようです。あまり夜型にはなりたくないのですが、本当の自分が動き出す時間帯に文章を書く方が、素の自分が出てきます。当然、昼に読むと恥ずかしいです。しかし、自分で読んでて恥ずかしくない文章なんて、人が読んで面白いはずありません。だから、私の処女作は意識して夜中に書くのもありかな、と思っています。そのうち、閉め切りが近付いてきたら、にわかに夜型になる可能性もあります。そう言えば村上和雄教授も「ナイトサイエンス」が大切って言いますね。もちろん「夜中の科学」という文字通りの意味ではなく、一種のメタファーなんでしょうが、偉大な発明や発見は「論理や実証」の枠ではなく、「直観とひらめき」の中から出てくる、と言います。前者を「デイサイエンス」、後者を「ナイトサイエンス」と読んでいるのですが、その言葉通りに読むと、やっぱり「昼」よりは「夜」の方が、凄いアイデアが生まれやすいのでしょうか。

 と言うわけで、明日から東京。楽しみです。めっちゃくちゃ楽しみです。素晴らしい3日間を過ごしたいと思います。ではでは。

素晴らしいクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-24 23:11 | ■人生哲学
 今日は午後からの活動開始になりました。午前は執筆のお仕事。そして午後から営業開始です。この営業はもらったアポイント先に対して、決められた時間に訪問するスタイルですが、その日によってアポの数が違ってきます。多いときもあれば少ないときもあります。今日は少ない日で、しかも午後からに集中していたので、午前は室内でデスクワークして、活動前にちょっとした事務手続きをしていました。

 そして今日の成果は。まあまあ、でした。難易度ABCランクがあったとして、今日は簡単なAランクだと思いましたが、さらにオマケをつけて取れるものはしっかりとって来ました。ただ、ABCにもならない物理的に不可能なケース(既にそのサービスを利用しているなど)についてはどうしようもなく、すごすごと帰らざるを得ないのですが、それでも何か只では帰らない工夫ができればと思っています。それはこれからの課題でもあります。

 ところで私はこれまで「理屈」や「理論」的な考え方を主にしてコミュニケーションをとらえてきた感じがありますが、いざ、こうやって「実践」してみると、必ずしも考えていた「理屈」通りにはことが運ばないことを実感させられます。「理屈ではこうなるのに」とは必ずしもならないのです。ただし、これは「理屈」が間違っているのではないと思っています。私自身がその「理屈」通りの「実践」ができていないからだと思われます。特に今日気づいたのは「最初」の大切さです。

 メラビアンの法則という「理屈」があります。コミュニケーションの効果の9割は見た目や第一印象に表れるという話です。正確に言うと、「見た目」55%、「話し方」が38%、「話の内容」が7%という理論です。これは確かに私自身が人を判断する上でも納得できる理論だと思われます。ほとんどの場合、初対面で一般化して判断してしまいますから。その人がどんなに素晴らしいことを言おうとも、「見た目」と「話し方」が悪ければ、聞く気になれません。営業マンでもそう。どんなに素晴らしい商品、自分のためになる商品であったとしても、売り込んでくる営業マンの「見た目」と「話し方」でその商品の価値まで決まってしまうことがよくあります。

 ですので営業のアプローチからクロージングまでの一連の流れの中で、最も重要なのは「アプローチ」だと理屈ではなく実感としてわかるようになっています。とりわけ普通の人は営業マンに対して「警戒」しています。営業の本質は「売る」ことですので、お客の側から言えば、「買わされる」、「お金を奪われる」と警戒してしまいます。ただし、「売る」の本質は「より高い価値をお金で交換する」ことですので、本来の営業マンの役目はお客により高い価値を提供することにあります。

「営業マンの与える価値>お客の払う金額」

 と言う公式が双方で納得できているのであれば、ここに営業の成立、成約が果たされます。100円でアイスを買うのは、そのアイスが100円以上の価値があると判断しているからであり、もしも同じアイスが1000円ならば買わないでしょう。ですので、営業マンは自分の扱っている商品が、より高い「価値」があるのだと知ってもらうことに、営業のほとんどが占められているのでしょう。そして多くの場合、本当に「価値」があるのだと思います。中にはそうでないものもあるのでしょうが、それは早晩、市場から消えていく運命にあります。例えば長年愛用されている、信頼のあるメーカーの商品である、テレビCMで流れている、などの商品は、使う人にもよりますが、一般的に価値の高いものだと考えていいでしょう。

 しかしお客はそこまでわかっていませんし、十把一絡げのどうでもいい商品だと、最初は判断してしまいます。きちんと説明をすればわかるものでしょうが、普通は初対面の営業マンに対して「きちんと説明」をさせたがりません。面倒くさい、胡散臭い、ややこしい、、、それが営業マンに対する一般的な見解でしょう。

 しかしもし、その見解を打ち崩すことができれば、その人は営業のプロだと言えます。逆にその見解を打ち崩すことができなければ、営業として食べていけません。余談になりますが、以前、ある知人が何かの商品を人に勧める際、多くの人はその話を聞きたがらないのに対して、「こっち誠意をもって説明しようとしているのに、真面目に話を聞かないなんて、人間性を疑う」と言っているのを聞いたことがあります。しかし、これはその知人に100%の落ち度があります。普通の人は自分に関係のない話は聞きたがらないものです。

 ここで重要なのは「話を聞きたくなる」ような「雰囲気」なのです。それを加賀田式セールスでは「アプローチ」「人間関係」「必要性」と系統立てて説明しますが、もしも重要度に順番をつけるとすれば、何度も言いますが「アプローチ」が一番です。そしてその「アプローチ」で9割が決まってしまうと言っても過言ではありません。その9割を軽視して、商品の説明をしても、効果はないでしょう。

 では「アプローチ」に必要な要素は何か。実はこれ、実験しました。と言うか、いつの間にか実験させられていました。一つはいつも通り、きちんとしたアプローチ。もう一つは、集中せずに近寄って、突然、意表をついて登場されたとき。このケースはアプローチ失敗です。そしてこのケースでは、、、自分で自分を「カス・ゴミ」のように感じてしまいました。一方、きちんとしたアプローチができれば、まず、間違いなく座って商談できますし、相手もきちんと耳を傾けます。ここで必要な要素とは。それは、

「笑顔、声、姿勢」

です。まず「笑顔」は相手に親しみと余裕を与えます。もし「笑顔」がなければ、警戒心が強くなり、また、余裕がないとなめられてしまいます。「声」については、はっきりと張りのある声で。「失礼いたします!」「ごめんください!」の第一声で、決まります。もし声がしょぼかったら、、、お客になめられます。声、ものすごく重要です。そして「姿勢」。実はこの「姿勢」に関して、ある「姿勢」を取ると、間違いなくスムーズに話が運ぶことがわかりました。この「姿勢」とは普通の人がやらない姿勢ですが、相手にめちゃくちゃ好印象を与えるものです。文章では表現しにくいので、ここでは割愛しますが、とりあえず意識的にするだけでも効果があるのに、これが無意識に入ると無敵のように思います。

 と言うわけで、毎日が実践と気づき、そして理論の検証の日々となっています。今、ものすごくいい経験をしています。私も近い将来、企業研修や講演会、セミナーで全国的に活躍していきたいと思っていますが、今の経験はものすごく役に立ちそうです。そして単なる理屈ではなく、自分の体験として、より鮮明に人にお伝えできると思います。まずは今月末26日の山梨でのセミナー。6月よりもさらにパワーアップした姿を見せることができそうです。ちなみに6月とは私の「見た目」が変わっていますので、お間違えのないように。そして今年いっぱいか年末までは、セミナーを一時封印。それまで営業修行です。千人のお客さんに会えば、何かが見えてくるかもしれません。てなわけで、今日はこの辺で。

クリックもがんばりま~す♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-23 23:43 | ■ビジネス・事業
 3連休明けで、今日から改めて営業がスタートします。と言っても、今週は3日間だけで、金曜日から東京に行くことになります。それにしても暑い日が続きますね。このまま暑い日が続き、週末の「星空セミナー」では、文字通り満天の星空の下で、ロマンティックなセミナーができそうな気がする~(by今流行りのお笑い芸人)。

 と言うわけで、今日も「営業」に精を出してきました。今日で5日目ですが、徐々にですが、やっぱりコツがわかってきました。今日の段階では物理的に不可能(留守など)を除いて、私よりも優れた営業マンならば取れていたと思われるケースは一件だけ。その他は普通に取れました。それも立て続けに。しかしそのきっかけとして、一本の電話があったことを報告したいと思います。その電話はその会社の社長です。やっぱり社長だけに、営業に関しても含蓄深い言葉ともちろん実績をお持ちのようで、ある「考え方」によってブロックがすっと外れ、何もなかったように取れてしまいました。その考え方とは、、、

 「買うかどうかを決めるのはお客さんではなく、売る側の自分である」

というものです。一般的な営業マンの仕事は「モノを売ること」です。しかし本当に「売る」という行為を実現できている人はほとんどいない、、、と加賀田先生も言います。多くの営業マンは「買ってもらう」、「買うかどうか決めてもらう」、、、のような、言わば「御用聞き」になり下がっています。もう一度言います。「売る」のではなく、「買ってもらう」のが世の中の多くの営業マン(もどき)です。しかし営業マンは「売る」のが仕事です。それは商品だけでなく、最終的には自分自身を「売る」ことにもつながります。

 ここで「売る」という本来の行為を強烈にインプットする心の持ち方こそが、加賀田先生も言う「売ってあげる」という姿勢なのでしょう。または「お客が買うかどうかをこっちで決める」のです。そう思い込むとどうなるでしょう。実はそれだけでお客さんへの接し方が変わってきます。

 話は変わりますが、世の中で最も「売る」のが上手な職種はなんだと思いますか。それは実は「お医者さん」なのです。病院に行ったとき、医者から薬を処方されることがあります。ほとんどの場合、薬を出してもらえます。これ、言い方を変えると、薬を売りつけられているのです。しかしほとんどの人は、何の疑問も、何の反論もなく、当然のように薬を買います。お医者さんも当然のように薬を売ります。むしろ患者は買わせてください、と言わんばかりに薬を買っていきます。そして医者や薬局は儲かります。医者がなぜ儲かるのか。極論すると営業上手だからなのです。ただし間違ってはいけないのは、お医者さんは原則的に必要な薬しか出していないはずです。しかしそれを必要だと思っているのは、患者ではなく、お医者さん自身なのです。情報の非対称性ということもありますが、ここで最初から最後まで「主導権」を握っているのはお医者さんです。

 実は優れた営業マンもこれと同じマインドを持っていることがわかります。営業マンも基本的には医者と同じく、必要なものしか売りません。しかしその必要性を一番よく知っているのは、お客さんではなく営業マン自身なのです。それを多くの営業従事者はお客さんに選んでもらおうとします。説明だけして、あとはお客さんが決めてください、と言うスタンス。もしもこれを医者がやったらどうなるでしょう。病状と薬の説明だけして、それを飲むかどうかは患者さんが決めてください、、、なんてスタンス。インフォームドコンセントに従えば、本来はこれがあるべき姿なのかもしれませんが、実際はこんな医者がいたら不安でなりません。「飲んでも飲まなくても私は知りません」、、、なんて医者、ものすごく無責任ですよね。

 何度も言いますが営業マンもこれと同じなのです。お客さんがこの商品を買えば幸せになる、と思えば医者と同じく堂々と当然のように売ることができ、そしてお客さんも当然のように買っていくはずです。しかも営業マンのミッションは人をハッピーにする、ですから、医者よりもその選択肢は広いはずです。腹痛の患者を幸せにするには腹痛の薬を処方することであって、頭痛の薬を出すわけにはいきません。しかし営業マンは無限に人を幸せにできるので、モノは何でもよかったりします。例えば「スイカ」があったとします。私はスイカが大好きです。正直言って誰かにスイカを売ってもらいたいと常に思っています。そして余程嫌いでない限り、スイカを食べると多くの人がハッピーになります。だとすればスイカ売りは、店先に並べて買ってくれるのを待つのではなく、積極的に売り込んでいけばいいのです。堂々と当然のように。すると私なら少々高くても買うでしょう。そして喜んで食べて、ハッピーになるでしょう。

 実はこれは全ての商売に通じるような気がします。お金を払う側ともらう側。本来主導権を握るべきは、お金を握る側のはずです。しかし多くの人はその主導権をお客さんに渡してしまい、自らを不幸に貧しくしているのです。相手をハッピーにするのは私です。そのハッピーのお礼としてお金をもらうのです。医者は病気を治すために薬を売ります。薬を売るために病気を治すのではありません。営業マンも同じように、人をハッピーにするためにモノを売るのであって、モノを売るために人をハッピーにするではありません。この違い。これこそが「富める者」と「貧しい者」を分けるのでしょう。

 そうやって考えたら営業なんて簡単かもしれません。そしてそのようにお客さんから主導権を握り、まるでお医者さんであるかのように自らをイメージすれば、その言動も自然と変わってくるのです。今日はまさしくその「変化」を体感しました。

 セルフイメージがすべてを決める。まさしくその通りです。そんな気づきのある一日でした。やっぱり営業をしていると、余りにも学ぶものが多すぎです。そしてそのようなことを、いろいろ教えて頂けるのが加賀田先生だったりすのですが、実はこの度、その加賀田先生のエッセンスを学ぶための「学校」が登場しました。「学校」と言っても、建物があるわけではなく、オンライン上での開校となりますが、これがなんと、、、無料。かなりもったいない気がしますが、一人でも多くの人をハッピーにしたい、、、と言う加賀田先生の哲学のあらわれなんでしょう。よかったら入学して、少しでも価値あることを学び、人生をよくしていきませんか。

入学はこちらです。突然閉め切る可能性もありますので、今のうちにどうぞ。
 ↓  ↓
加賀田式セールス学校

 それでは明日も営業、がんばりま~す!!

クリックもがんばりま~す♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-22 23:28 | ■営業の神様
ブログトップ | ログイン