宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 「ルー語変換」、、いかがだったでしょうか。自分のブログがルー大柴に乗っ取られたようで、ベリーファニーですね。いろいろやってみると、面白いのですが、すぐに読むのが疲れます。ルー大柴、、良くも悪くも、インパクトだけはありますね。そう言えば、昔、私が「SPA!」という週刊誌をよく買っている時分、年に一回くらいで「男が選ぶ好きな男、嫌いな男」みたいな企画がありました。そこで、好きな男としては、当時、全盛期にいた三浦和義(かず)とか、キムタクとかがあがっていましたが、嫌いな男は決まってルー大柴でした。当時は嫌われることが彼のアイデンティティだったのですが、本人のコメントでは、そのことを認めながらも、「そろそろほっといてくれ」みたいな言葉があったように記憶しています。やっぱ内心では嫌われるのは快く思ってないんだな、と思いました。でも今は、どちらかと言うと、好感度高いじゃないですかね。クドいはクドいですが、なんか時折見せる、イイヒト感がありますよね。私は今は正直、ルー大柴めっちゃ好きですね。今年の流行語大賞では「KY(空気よめ)」というのが入ってましたが、ルーは逆に空気読まない代表みたいな存在です。来年は空気を読まない奴がモテルのかな、、、なんてことはないと思いますけど。私も空気を読めない奴と一緒にいるのは結構きつかったりしますし。でもルーの空気読まなさは、彼のキャラであり、本人はとっても人に気を遣う性格だそうですね。本当はとってもいい顔していますね。

 それはそうと、今回の21日行も、何だかんだと10日目を迎えました。始まった頃はどうなることかと思いましたが、何度も言うように、開始してよかったな~と思いました。年始に立てた計画が「今年5回の21日行(通算100日の行)」だったのですが、あの時、あの朝、あの瞬間に思い切って布団を出なければ、その計画が達成できず、後悔してたことになるでしょう。ほんと、自分で自分を誉めてあげたい気分です。

 明日はいよいよ「パワーアップ無料ショートコーチング」の日です。36名中、現時点で33名のお申し込みを頂いております。昨年は27名限定だったところを、今年は18時間目いっぱいにしたので、枠が増えました。残りは3名となっています。いろんな方からコーチングのテーマを聞かせて頂いているのですが、いろいろですね。「結婚・恋愛」はやはり多いのですが、「何となくパッとしない」みたいな悩みを抱える人も多いようです。それはそれで幸せで満たされている証拠だとも思うのですが、どうせならいつもワクワクして過ごしたいですよね。そんな時、私のコーチングはなんぼか役立つかもしれません。私もいつもいつもではありませんが、だいたいがワクワクして生きています。と言うか、いつも「どうすればワクワクして過ごせるだろうか?」と常に質問しながら生きています。すると突然、ヒラメキがあります。

 正直言って、潜在意識とか言うのはきちんと働いている実感がありますね。昨日も書きましたが、質問にはきちんと答えてくれるのです。それも忘れた頃にきちんと答えてくれるようです。例えば、「あの女優なんて名前やったけ~」ともどかしい思いをしたとします。とりあえず思い出そうと努力してみます。で、どうしても思い出せません。そこで一時、考えるのを中断して、別のことを始めてみてください。すると、突然、トイレ中か、風呂中か、寝る前か、とにかくあまり意識を働かせてない時に、突然、「長澤まさみや!」とかポンと思い出します。実験してみてください。例えば「仮面ライダーの俳優は誰?」「ウルトラマンの最終回でウルトラマンを倒した怪獣の名前は?」「元SMAPでレーサーになった人の名前は?」「のび太の22世紀の子孫の名前は?」など、知ってるはずなのに、思い出せない系があれば、ここで実験です。う~んと考えてみます。そして思い出す前に諦めて、別のことをします。すると突然出てきます。ちなみにこれらの答えは「藤岡弘」「ゼットン」「森且行」「セワシ」でした。あ、答え言っちゃダメでした?じゃあ、他にも問題だしますね。

・3代目スケバン刑事の女優の名前は?
・あばれはっちゃくのお父さん役の俳優の名前は?
・ファミコン時代に活躍した高橋名人と対をなすやせた感じの人は何名人?
・「北斗の拳」に出てくる盲目の南斗の使い手の名前は?
・漫才ブーム時の「ザ・ぼんち」のギャグに「そうなんですよ、○○さん」がありますが、○○さんには何が入る?

 どうです。ほとんど顔は出てくるけど、名前が思い出せないでしょう。特に「あばれはっちゃくのお父さん」とか、顔はめっちゃ覚えてるけど、名前はなかなか出てこないはずです。これを潜在意識に思い出させるのが、ここでの実験です。さあどうぞ。ネットで調べればすぐ出てきますけどね。

 話がめっちゃそれましたね。そんなわけで、明日は18時間ぶっ通しでコーチングします。なので滝に打たれるのは、明日の0時から6時までの間になります。例えば4時半に起きて行ってもいいのですが、万一、寝坊したら、ここで「行」が終わってしまいます。ま、多分起きれるとは思うのですが、バタバタするのも避けたいので、これから行ってこようと思います。0時を過ぎてから滝に入るのです。そうすれば、毎日の滝行が途絶えません。なので、これ書いたら行きます。外は暗くて寒いです。一番、怖いシチュエーションですね。でも、行ってきます。
 
 それでは、明日、いろんな方とお話できるのを楽しみにしています。まだ3名、席がありますので、気づいたら思い切ってどうぞ。こんなこと言って、あぶれてしまったらごめんなさいです。一応、先着順にさせて頂きますので。ではでは。

A地点から~♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-30 22:06 | ■人生哲学
 昨日の話の続きではありませんが、結婚後、一つ変わったことがあります。それは比較的テレビを見る機会が増えたということです。今までは家にテレビはあるものの、2~3日に一回程度しかテレビを付けることがありませんでした。私としてはなきゃないで全然問題ないのですが、ツレがドラマとかお笑いとか見るので、とりあえず置いておきました。実は学生時代は3年間、テレビなしの生活していました。就職活動とかで、時事問題に強くなるため、しぶしぶテレビを買ったのですが、もし今ならインターネットがあるので、おそらく買わなかったことでしょう。

 ただ、結婚してから、晩御飯の時とか、テレビを付けてしまいます。ゴールデンタイムのテレビってのは、お笑いが多いのですが、「アンビリバボー」とか、非常に面白い番組もあり、いい番組を見たら得した気分になります。今日の「アンビリバボー」は嘉門達男とがん告知された友人との感動的なエピソードでした。私がもし余命3ヶ月と言われたらどうしよう、、、なんてことを考えたりしました。私なら、それをネタに全国を講演しまくるでしょうね。その合間にジャズ聴きまくって、行ってない国、行って気に入った国とかにもう一度行ったりして、好きなこと三昧して、ガンが治るか公開実験するでしょう。てなこと考えたら、突然死ぬより、余命を告げられた方が楽しいかもしれません。もちろんもっともっと先の話ですが。

 で、「アンビリバボー」を見た後は、よく分からないお笑い番組がやってました。「脳カベ」とかいう企画で、いろんな形どった壁の穴に身体を通すというゲームです。私は何が面白いのかさっぱりわからなかったのですが、ツレは大笑いしていました。「笑いのツボが違う!」と言ってやりました。その後、今度はとんねるずの「食わず嫌い」の企画で、菊川怜と「ルー大柴」が出てきました。実はルー大柴は昔嫌いでした。それこそ何が面白いのかさっぱり分からない。ただ、最近、また復活してきて、毎日のように見かけるようになりましたが、前の程のくどさもなく、意外と面白いと思うようになってきました。ただ、ツレはルーをあまり面白ろがっていません。ルーが何か言うと、私はすぐに爆笑してしまうので、逆に「笑いのツボが違う!」と言われました。ルーが何か言って笑うたびに「しゃ~し~!!(うるさい)」と言われます。ルー大柴。確かに面白いです。そして何となくヒューマンを感じさせます。それから笑顔がとても素敵に見えてきました。そしてこちらが有名な「おじいちゃんはルー大柴」のユーチューブ画像です。ナイトスクープからですが、正直、泣けます。必見。ただすぐに削除される可能性がありますのでお早めに。

 そんなわけで、今年はルー大柴の再ブレイクの年でした。その他、テレビを付けるたびに見るのが「小島よしお」「ギャル曽根」「にしおかすみこ」ですね。HGは案の定消えました。波田陽区も。でも地道にやってると、ルーみたいに再ブレイクする可能性もあるので、希望は捨てないことですね。ルーは今後消えることはないと思われます。

 ところで、昨日のブログで恋愛や結婚についていろいろ書きました。もう一つ追加すると、ご縁に恵まれない人の特徴として、「なぜ私は結婚できない(恋人ができない)んだろう?」と自問自答する癖があるように見受けられます。延々とその質問を繰り返すわけですが、「脳」は質問された事柄に関しては、必ず答えるようになっています。ですので、実はその本人はその「原因」が分かっているはずなのです。問題はその「原因」を自ら変えようとしないことです。これは恋愛とか結婚に限らず、仕事でも人間関係でも同じです。

 「なぜ○○が失敗するのだろう?」と考えていると、自然と答えは出てきます。多くは考えなくても分かることだったりもします。そして自ら変えられない「原因」に強くフォーカスするのですが、それを認識、または無意識に感じているにも関わらず、それ以上の進展がありません。なので事態も変わりません。「原因」を変えると「結果」は変わる。これは誰もがよく分かっていることなんですが、それができない。何とかして「原因」を変えずして、望ましい「結果」を手に入れたい、と考えるのです。結論から言うと、それは不可能だと思います。ただし、「質問の仕方」を変えるだけで、自ずと「原因」が変わり、それにともなって「結果」が変わることもあります。質問には2通りあります。一つは「問題分析型質問」、もう一つは「解決誘導型質問」と呼ばれるものです。

 前者の「問題分析型質問」と言うのは、会社の会議などでよく見られます。つまり失敗や悪かったことの「原因」を追究する手法です。いわば過去志向の質問です。手順としてはこんな風になります。

<問題分析型質問>

1.何が悪かったのか?問題は何なのか?
2.なぜ、こんな問題が起きたのか?
3.どのように失敗したのか?
4.なぜ、そんなことをやったのか?/やらなかったのか?
5.誰の責任か?(誰が悪いのか?)



 このような質問形態は確かに問題改善においては役に立ちます。ただし、こればかりを繰り返されると、モチベーションが下がってきます。いつ悪者にされるのかヒヤヒヤするのです。そして、新しい発展もなかなか望めません。これはこれで役に立つケースもあるのですが、うまくいかない多くの人や組織は、この質問から抜け出せないことが多いようです。恋愛、結婚でも同様で、「なぜ私は結婚できないのか?」という質問を延々と繰り返し、その「原因」が分かったところで、意識的・無意識的に、そこに手をつけようとしません。例えば「見た目が魅力的でない」という「原因」が分かったところで、少しでも良くなるような改善をするとは限らないということです。「性格が暗い」ということが「原因」だと分かったとしても、何とか明るくなろうとか、コミュニケーション上手になろうとかの努力はせず、あわよくば今のままで誰かいい人がいないかと考えるわけです。いい人が現れればラッキーですが、そうでないことが多いことをまずは認識すべきです。

 ただ、「原因」に着手するのは、誰だって困難をともないます。その時は、別の質問方式に変えてみるという手法があります。それが「解決誘導型質問」です。今では「ソリューションフォーカスアプローチ(Solution Focused Approach)」という名で、徐々に有名になりつつあり、私も来年にはこれを学ぼうかと思っています。で、その質問方法とはどんなのかいうと、、、

<解決誘導型質問> 

前置き:「起きたことは起きたこととして」「現状はともかくとして」

1.今から(次回は)、具体的にどのような結果を目指すのか?
2.その結果を得るためには、何をすればよいのか?
3.それができているということが、どのようにしてわかるのか?
4.今回のことで学んだことは何か?
5.次の機会に、その新しいやり方を試しているところを想像する。



と、このような手順をとります。これは本来の「原因」に蓋をしてしまう可能性はありますが、それはそれとして、とにかく望ましい「結果」を得るために、とても有効な質問方法です。この方法でいくと、「なぜ結婚できないのか?」という質問を繰り返すのではなく、「どうすれば結婚できるのか?」という指令を脳に与えるのです。「脳」は実はものすごいスーパーコンピューターの働きをしますので、指令を与え続けることで、必ず答えが出てきます。必ずです。私もいつも同様の質問を自分に繰り返しています。「どうすれば今よりも収入が上がるだろうか?」「どうすれば○○に行けるだろうか?」「どうすれば人がもっと集まるだろうか?」「どうすれば今よりもさらにワクワクした生活が送れるだろうか?」など。このような質問を延々と繰り返していると、突然、降って湧いたようにヒラメキがあります。それは起きた瞬間とか、布団に入った瞬間とか、山に登っている時とか、滝に打たれている時とか、散歩している時とか、テレビ見て笑ってる時とか。そしてそのヒラメキをとりあえず形にしてみます。するとうまくいくケースが非常に多いのです。

 なので「原因」を追求することはそれとして、もし、望ましい結果を早く、それも楽に手に入れたいのであれば、まずは質問の仕方を変えてみることです。

「どうすれば恋人ができるだろうか?結婚できるだろうか?」
「私のいいところはどこだろう?私のどんなところが魅力的だろう?」
「私は誰のことを好きになるのだろう?」
「結婚したらどんな楽しい生活になるのだろう?」
「私が結婚することで、他に誰が幸せになるのだろう?」
「付き合っている人の本当に素敵なところはどこだろう?」

などなど、このような解決指向型の前向きな質問を常に繰り返し続けることで、必ず答えは見つかります。これは例外がありません。質問の仕方だけで、人生が決まると言っても過言ではありません。是非、お試しください。私は常にこのような質問を心がけてるおかげで、とってもハッピーなことしか起こらなくなっています。

 ところで、また、話変わりますが、「望ましい結果を手に入れる」ということで、いろんなやり方を提案する人や、その方法は数多くあります。今回ご紹介した「質問の仕方」もその一つかもしれませんが、もっと手っ取り早い方法はないか、と考える人はいると思います。それも楽に。これは私の本当の主義ではないのですが、実はあります。近頃はあまり問い合わせも受けなくなっているのですが、「川口喜三郎さんの会」に行かれた人は多いと思います。言われているような不思議な経験をした人は私の周りにもいますし、逆に何も起こらない、という人もいます。実際、川口事務所には「骨格がまっすぐになってません」とか「臨時収入がなかなかきません」とか「病気が治りません」とかのクレームも来ているようです。何考えてんだか、、と思うのですが、その気持ちも、ま、理解しようとは思います。で、その川口氏の会に入れ替わったかのように、私の元にも問い合わせが来るのが「斉木先生と語る会」についてです。久々に出ましたね。これについては、以前、参加した直後にニュートラルな視点から感想を述べたことがあります。で、グーグルで検索すると、その記事が上位に表示されるので、それを見て問い合わせたり、よくあるのが、その会のスタッフみたいな人がミクシィの私のページに訪れてくることが多いです。その会については、一言で「賛否両論」です。ケチをつけるところはいくらでもあるし、ヤバイと思う面もなきにしもあらずです。実際、とあるスピリチュアルなジャンルで有名と見られている人からメールを頂いたことありますが、その人の見解では、、、ちょっと言い難い感想もありました。ただ、今日はあまり否定的な見解を述べないようにします。重要なのは、いかに「望ましい結果を手に入れる」かであり、事実として、斉木先生の会に参加したことで、すごい病気が治ったり、経済的な面が向上したりということはあるそうです。因果関係は分かりませんが、本人がそう思っているだったら否定しませんし、そう思う人が実際に多いということは、どこかに「真実」もあるのでしょう。

 その他、長崎の「あんでるせん」に行ってから、すごい奇跡が連発だ、という話も聞きます。どれも不思議な話ではありますが、私が関心あるのは、「なぜ、そのような奇跡が起こるか」を分析することです。「川口喜三郎」「斉木先生」「あんでるせん」、五日市剛さんの講演会もそれに入れていいと思いますが、最初の3つはとにかく「不思議」という一言で言い表せます。なぜ不思議なことが起こるのか。私なりに、分析、モデリングしてみたところ、一つの「仮説」に至りました。正確には2つですが。一つは「変性意識(トランス)」に導くこと。悪い言い方をすれば、一種の集団催眠です。ただ、いい面を見れば、トランス状態で左脳(顕在意識)だダウンして、そのすきに、いいメッセージをぶち込む、つまり右脳(潜在意識)にダイレクトに「望ましい結果」をぶち込むことで、実際、その結果がもたらされるということです。

 これについてはミルトン・エリクソンを研究することで、いろんな共通事項が見られました。オウム脱洗脳で有名になった苫米地英人さんも、江原啓之にせよ、その他精神世界で何らかの結果を導く人のほとんど(すべて)が、ミルトン・エリクソンのある種のコピー(亜流)だと言われています。私もそう思います。なので、河口喜三郎、斉木先生、あんでるせんマスターも、多かれ少なかれ、ミルトン・エリクソンと共通する手法が使われていることがわかります。私もその場に言わせて「おお~、これはミルトン的だ~」と思う瞬間が何度もありました。それについては実は一部再現可能です。もちろんそっくりそのままではありませんが、とりあえず左脳をダウンさせて、望ましい結果(イメージ)をぶち込むというやり方については、誰でもできる方法があります。トレーニング無用。知識無用。やや強引な方法ですが、これは12月のセミナーで是非ワークしたいと思います。

 それからもう一つ。川口喜三郎、斉木先生、あんでるせん、において、一つの重要な共通事項があります。これはミルトン・エリクソンとは関係ありません。世の中、いろんな成功法則とか開運法とか、最近で言うと、引き寄せの法則とかいろいろありますが、おそらくこれに勝るものはないと思うものを見出しました。実はめちゃくちゃ簡単。一分でできます。そして強烈。私もさっきやりました。これらについては、一つの「仮説」であり、それぞれの会の関係者もこのブログを読んでることでしょうし、それは違うと言われれば、まだ、「はいそうですか」としか言えない段階です。ただし、直接聞かれたら、「仮説」であることを念押しして言うことはできます。

 今日はこの辺で。

今日の文章には実は仕掛けがしてあります♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-29 23:17 | ■人生哲学
 今日は週に一回の篠栗での滝行です。何だかんだと21日行も2周目に突入。早いと言えば早いですね。今日はさほど気温も低くなく、素直に気持ちのいい滝でした。その後は今月3回目の宝満山。これで月のノルマも達成、通算27回目を達成しました。来月には30回を数えるわけですが、1000回までまだまだだな~とか言ったりして(笑)。

 今日も滝の中では禊ぎの祓い、般若心経、観音経、真言などを唱えます。ただ、観音経と真言を唱えるスピードが速くなっており、もっとゆっくりとあげるよう、導師から注意されました。真言では目の前に仏様が現れるのを待つ感じで、観音経は奥さんにも届くような感じで、、ということです。これまでは私一人のための滝だったのですが、結婚して、法的にも一人でなくなった今、家族のためという位置づけも大切なんですね。

 ところで、結婚して今日でちょうど一ヶ月が経ちました。それ以前と何が変わったわけでもないのですが、結婚してよかったな~と思うのが正直なところです。ツレから言わせると、「いつも部屋にこもって、ご飯とかテレビとか、好きなときに出てきて、終わったら好きなときにまたこもって、そりゃいいやろ~」と皮肉っぽく言われるのですが、それはともかく、何がどうと言うわけでもないのですが、やっぱり結婚してよかったな~と思います。その前に引越ししてよかったな~とも思うわけですが(笑)。

 で、今、募集中の12月1日の「パワーアップ無料ショートコーチング」の話になりますが、多くの方にご体験頂くことになり、現時点で残り8名ほどになっています。メールの中でテーマを書いてもらっているのですが、実は「恋愛・結婚」に関する内容が一番多いのです。私のブログの読者層って30代女性、もっと正確に言えば、20代後半から40代までの女性の比率が多いように感じるのですが、その層にとってはやはり「恋愛・結婚」はリアルなテーマなのかもしれません。もちろん男性の中にもそのテーマを書いている方はいらっしゃるのですが、絶対数的には女性がやはり多いです。考えて見れば、私ってコーチングを始める以前から恋愛に関する相談を持ちかけられることは多かったように思います。私って決してイケメンでもなく、モテモテ人生を歩んでいるわけでもなく、不遇の時代もあったのですが、それでも相談を持ちかけられることは意外に多かったように思います。ただ、学生時代から女友達は多かったし(大学時代は男友達よりも多かったかも・・)、恋愛経験も普通にあるし、モテ期を経験したこともあります(爆)。なので女性に対しては、さほど構えないと言うか、セミナーやツアーなどで、私以外全員女性という場合でも、変に気構えることもなければ、女性からしても、変に気を遣うこともないようです。きっとそういうオーラがあるのでしょうか(笑)。

 そんなわけで、恋愛に関しても、割と客観的に考えられるいいポジションに置かれてるのかもしれません。イケメンの人間から恋愛指南受けても、「そりゃアンタがイケメンだからでしょ」と言われるのがオチでしょうが、私に対してはそれはありませんから(笑)。てなわけで、今日は山に登りながら、「恋愛・結婚」に対してどんなコーチングができるかいろいろ考えていたら、いくつかのヒラメキがあったので、それを書きます。

 以下、もしかしたら、不愉快な既述もあるかもしれませんが、その場合は軽く流して頂ければ幸いです。あくまで私の個人的な見解であるし、それでも一理ある話かもしれません。とりあえず、目標は「結婚」または「恋愛」ということで。

 まず、彼氏彼女はいるけど、なかなか結婚に踏み切れないケース。一番手っ取り早いのは、子どもをつくることです(笑)。いわゆる「できちゃった婚」ですね。冗談のようですが、結婚に踏み切る動機としては、非常に多いという事実があります。私の知人にもわんさかいます。統計上は4組に1組がもはやそれだとか。通常は、生活が安定してないとか、まだ自由な独身でいたいとかで、結婚に踏み切らない場合が多いと思いますが、こうなると、おろすか産む(結婚する)かどちらかしかありません。お互い少しでも結婚を意識しているのであれば、踏み切っちゃうケースは多いと思います。生活とか自由とかはさておき、とにかく既成事実ができてしまったからするしかない、ということ。ただ、私の知る限り、それでいて生活が苦しくなったとかの話はあまり聞きません。もちろん世の中にはたくさんいるのでしょうが、少なくとも私の周りでは。何とかなるもんです。

 では、そうでないケース(できちゃったでないケース)ではどうでしょう。これは私の例があります。つまり、「結婚」に向けて、水面下で徐々に進めていく方法です。例えばゼクシィやメロンを買い始めるとか。私の場合はそうでした。それが結婚雑誌であることはわかるのですが、目を通さないまでも、サブリミナル(潜在意識的)に、メッセージがいつの間にか入ってきていました。これは実は口で言うより強烈かもしれません。そして次に「ブライダルフェア」でデートするのです。試食とか、試着とかあって、楽しいものです。今でも隠して行きたいくらいです。これはなるべくたくさん行ったほうがいいように思います。実質的な面で言えば、別の会場のフェアで撮った写真が後々使えたりもするとかです。この「ブライダルフェア」は強烈です。一気に「その気」にさせれます。結婚式をしないつもりでも、冷やかしで行くのはおススメです。私はこれで「結婚」へと「クロージング」させられました。

 彼氏彼女がいて、一方は結婚したい気満々なのに、相方が今一つ乗り切らないときは、直接口で言うよりも、こういった間接的な、サブリミナル的な方法の方が効くかもしれません。もちろん直接言ってもいいのですが、一つの参考までに。

 ま、彼氏彼女がいる場合ってのは、後はタイミングだけの問題なので、実はさほど深刻ではありません。ここで一番重要なのは、パートナーがいないケースです。特に30歳を過ぎると、(特に女性は)焦り始めます。又は開き直り始めます。そして占いやリーディングに足しげく通うようになります。ソウルメイトとかツインソウルとかの話にもいっそうの興味を持つようになります。ちょっと話それますが、ソウル何とかに関して、ちょっと疑問があったります。例えばツインソウル。よく分からないのですが、これって「魂の双子」と言われますよね。そもそも「双子」で結婚するって変じゃないですか。これずっと気になってたのですが、さりとて、ツインソウル関係の本を読む気にはなれないし。なら言うな、と言われそうですが、実感論として言えば、あんまり似た人間とは結婚したくないと私は思います。まず、男とは結婚したくありません。とりあえずは身体の構造が異なる異性と結婚することを望みます。私は。それは極端な話にせよ、正確面で言っても、私に似た性格の女性とは決して一緒にはなれないと思います。友達にはいいのですが、結婚や恋愛となると、絶対NGですね。私は割りと女友達も多いと思うのですが、「友達」と思える女性にセックスアピールすら感じたことはありません。なぜなら自分に似ているからです。卑近な例で言えば、いわゆるスピリチュアル系の女性は、友達や話し相手としてはとっても楽しいのですが、恋愛とか、もっと言えばセックスの対象とさえ考えたことがありません。こう言うのが何となく伝わるからこそ、相手もあまり警戒しないのでしょうが。さらに具体的に言えば、滝に打たれにくる女性にはあまり異性としての感じ方がありません。経験のつもりで一回二回来るまではまだいいのですが、はまり込んでしまって、勇ましい声で般若心経を唱えている女性に対しては、いかに滝着がスケスケになっていようと、チラ見さえしようと思いません。これは別にその人のことを否定しているわけではなく、あくまで自分と似た志向を持つ女性は、恋愛の対象にはなり難いと言いたいだけです。さらに具体的に言えば、最近知り合った若い女性がいるのですが、その人は今インドにいます。インドに行く前滝にも来ましたし、宝満山にも登りました。NLPもやっています。スピ的なことに興味を持ちますが「オーラの泉」を見たことがありません。そしてその女性はめちゃくちゃ美人です。だけど私は異性として見ることが絶対にありません。なぜなら中味があまりにも似ているからです。もし彼女が私の「ツインソウル」だと言われたら、それは信じます。だけど、恋愛とかの対象には絶対にならないだろうし、一緒に温泉に入っても欲情しないでしょう。言いすぎかもしれませんが、この辺のニュアンスはお分かり頂けると思います。

 ちょっと話がそれました。ツインソウルの意味を取り違えてると言われれば、認めますが、要するに、あんまり似ている人間とは恋愛関係には決してならないということです。ちなみに私とツレとでは、表面上のあらゆることが違います。音楽が共通の趣味でいいね、と言われますが、細かく言えば全然違います。それ意外の趣味となると、ますます違います。それでも根底でどこかつながる部分もあるからこそ、理解があるのでしょうが、表面的には違う面がたくさんです。だからいいのだと思っています。話を元に戻しますね。

 端的に言って、どうやって「恋人」を見つけるか、つくるか、が一番肝心なところです。まず、「恋人に恵まれない」という「結果」があるとすれば、その「原因」が必ずあります。要するに「原因」を変えれば、「結果」も自ずと変わるわけですね。ではその原因とは何か、、、という話になるのですが、正直って、前世とかカルマとかはあんまり関係ないと思っています。どっかで言ったかもしれませんが、私の知り合いでもういい年の女性がおり、今も独身です。割合きれいな方ですが、縁がないことの原因をカルマ的なものに求めて、そのためのエクササイズを一生懸命にやっておられます。ただ、その方とお話すると、なぜか非常に疲れます。なぜか、と言うより、原因ははっきりしてて、要するに話を聞かない女性なのです。コミュニケーションがどうもうまくとれずに、疲れてきます。話を聞かない側はそれに気づかず、気分は悪くないのでしょうが、相手は疲れます。それが原因かどうかは分かりませんが、少なくとも、カルマとかの目に見えない部分にフォーカスするよりは、もっと改善すべき部分があるのでは、と思います。

 さらにちょっと過激なことを言いますね。「原因」と「結果」があると言いましたが、ご縁がないという「結果」を持つ人については、意外と周囲の人間はその「原因」がわかっていたりします。むしろ周囲の方が「原因」については、適格に把握していると思われます。私の身近な例としては、私の前の会社の先輩の女性がいます。「ご縁がないのよ~」と言われても、「わかるわかる」とつぶやくしかありませんでした。詳しくは言いませんが、その方の趣味がBLであると言えば、大体の想像はつくでしょう。そんなこと言うと、BL好きの女性に失礼かもしれませんが、傾向として、やっぱり縁遠そうな人が多いように主観的には思います。もちろんBL好きにも素敵な女性はたくさんいると思いますが。話変わりますが、宝満山に登っていると、時々、すれ違う女性がいます。若い女性なんですが、なんか汚らしい格好して「なむたいしへんじょ~こんご~」とか雄たけびをあげながら、山に登っているのです。正直引きます。先ほど出てきたインドに行ってる女性は、私と似ているからその対象にならないだけで、女性としては非常に魅力的な方だと思います。ただ、この「なむたいし」の女性は、男性を引かせるものがあります。ちょっと言いすぎですかね。

 話を元に戻しますね。この先は真面目に書きます。「結果」があるのだから「原因」がある。その「原因」を変えることが「結果」を変えることにつながるというシンプルな法則をまず思い出してみる必要があると思います。女性ならば(男性もですが)、まず、見た目。顔とかスタイルではありません。自分を最大限にプロデュースできているか、が重要だと思われます。その辺りはその道のプロがたくさんいますので、まずはそこで謙虚に教えてもらうことが重要だと思います。もし、「あなたは髪を短くした方が素敵ですよ」と言われたら、素直に切るとか。モテない女性に限って、「いや、私、ショート似合わないんです」と、やってもいないのに頑固に言い張るのです。これは和田裕美さんの営業セミナーで強く言われてました。その道のプロからアドバイス受けてるのに、素人が何を頑固に言い張るか、ということです。めっちゃ納得します。このようなプロからのアドバイスを受けることは立派な投資と言えます。強くおススメします。何がベストかという問題よりも「変えてみる」ことが重要なんだと思います。いつもズボンしかはかない女性が、突然、ミニスカートはくだけでも違います。正直、周りの目をひきます。それによって自分の意識も変わります。まずは見た目。自分なりに研究するのもいいのですが、いっそのこと、プロからのアドバイスをもらうことの方が、時間的にも費用的にも少なくて「結果」に到達するかもしれません。そして素直になることです。私は和田裕美さんの営業CDとかもよく聞くのですが、この手の話に大部分を割いてます。

 そうやってまずは見た目、自分を美しくプロデュースすることが重要だと思います。その関連で言えば、下着も重要です。この話はコーチングでは言い難いので、ここで書きます。前にも書いたことあると思いますが、「勝負下着」を身につけろ、ということです。そしてもっと言い難いのですが、勝負下着(と言うか、その辺の身体の部位)にこそ香水をふりかけるのです。もう下心ありありですが、この辺の遊び心を大切にしてもいいと思います。昔、「わたし、脱ぐとすごいんです」という、強烈なコピーが流行り、おそらく広告業界でも伝説的なコピーとして語り継がれてると思いますが、これと同じです。例えば、OLで決まった制服を着ていたとしても、「わたし、脱ぐとすごい下着はいてるんです」という気持ちでいることが、とても素晴らしいのです。「勝負下着」ってのは、基本的に「見せる」ためにあります。見せる人は不特定多数ではなく、意中のあの人、であることが望ましいのです。いいですよね、大人だから、この辺の会話しても。まずは「勝負下着」です。そしてそれをはく瞬間、意中のあの人のことを思ってもいいです。それがアンカー(自己誘発装置)の働きもします。そして意中のあの人の近くに行けば、「私、脱ぐとすごいんだから」という気持ちで堂々としているのです。するともしかしたら、その人から「○○さん、今日、なんか楽しそうだね」なんて言葉をかけられるかもしれません。何気ない言葉ですが、これこそが潜在意識にビビ~ンと響いた瞬間です。もはや手の平。

 話変わりますが、私が高校の時、ビーバップハイスクールというのが流行りました。そして「変形ズボン」がカッコイイとされていました。ただ、私の学校は変形禁止でした。それでも教師に目にとまらぬ範囲で変形をはく人間がいました。時折、同級生に「オレ、今、変形はいてんねん」とこそっと言ったりしてましたが、そんなん分からんような変形はいてどうすんねん、というのが私の当時の意見でした。でも、今考えると、教師からは分からなくても「変形」をはいているという事実だけで、そいつは一日カッコよく過ごすことができたのです。それでいいではないですか。だから、人目につかなくても、勝負下着。これが基本形ですね。こんな話は実際のコーチングではできないので、この場で言っておきます。

 「プロの意見をきく」「勝負下着ははく」ときましたが、次はメンタル面ですね。異性にモテルためには、まず、自分でモテルと思い込むことが重要です。もっと言うと、モテルふりをする。モテル気になることです。「Fake it until make it(成し遂げるまで騙し続けろ)」ではありませんが、モテルまでモテルふりをし続けるのも、一つの方法です。勘違いと言われても、最終的にモテてしまえば、それは勘違いではなくなります。モテルふりをするためには、まず、自分を好きになること。実はこれが一番重要です。そしてこれが本質だったりします。自分で自分のことを好きになれない人が、どうして他人から好きになれるのでしょうか。どうでしょう。自分のことが好きですか?
 
 ちなみに私は自分のことが大好きです。他人、特に異性から好かれるには、まず自分を好きになること。これが重要です。とは言うものの、どうしても自分のことが好きになれないんです、という人もいるかもしれません。厳しい言い方をすれば、なんと不遜な、、と思ってしまいます。自分は自分が作り出したものではありません。親がいて、その親がいて、その親がいて、延々と昔のご先祖様がいて自分がいるのです。「自分のことが好きになれないんです」と言うのは、一見、悲劇の主人公みたいだし、被害者チックで楽かもしれませんが、ご先祖様に申し訳ないと思います。そう言われても、自分のことが嫌いなのは仕方ない、と言われるかもしれません。よくコーチングとかセミナーなどでは、「自分の好きなところ100こ見つけましょう」なんてのがあり、私もしばしばするのですが、こう言ってはなんですが、これって限りなく「気休め」に近いです。「自分のことが嫌い」と言う人は、自分で見つけた好きなとこなんて、好きでも何でもないんです。なぜってもともと好きじゃないから。それを無理して100こ書かせるなんて気休めですし、もしも嫌い度が強ければウツになる可能性もあります。要するに人から言われたいだけなのです。「自分のことが嫌い」と言えば、誰か優しい人が「そんなことないよ」と言ってくれるのを待っているのです。でもそれで満足はしません。何度も何度も優しい人を探しては、逃げられ、ますます自分が嫌いになっていきます。

 じゃあ、どうすればいいのか。無理矢理好きなところ100こ書くのではなく、逆に嫌いなところを100こ書いてみてはどうでしょうか。それは筆が進みますよ。まさしく魂から書くことができます。で、次にどうすればいいかと言えば、その紙を破り捨てるのです。ストンピング(踏みつけ)してもいいし、燃やしてもいいです。また、紙ではなく、100均で買ってきたお皿に書いて、思いっきり割るのもいいかもしれません。好きなところ100こ書くよりも、その方が、本人にとってずっと健全です。

 あれ?なんか話が別のになってきたかも。話元に戻しますが、異性から好かれるには、まず、自分のことを好きになることです。好きになれなかったら、今、言ったみたいに、皿割ってもいいのです。割ってしまえば、残ったのは、好きな自分だけですから。それかブライアン・トレーシーのやり方にあるように、「自分が好き」と毎朝言いまくること。これも効果的でしょう。とにかく、自分が好きであること。これがモテルための基本的なコンディショニングになります。

 では次行きます。そもそも自分がモテル以前に、結婚したい、恋愛したいのに、好きな人が現れないんです、、という人もいるでしょう。まずはハードルをさげる、ストライクゾーンを広くする、、、ということもできるかもしれませんが、とりあえず、今は言いません。そんな人はこれからワクワクするような作業が待っています。それは何かと言うと、とりあえず、今から10人の人を好きになろう、と意識することです。10人も好きになれれば、世の中楽しいですよね。最終的に付き合うのは一人になり、その人とか、他の9人に対して申し訳ない、と思うかもしれませんが、それはそれでいいのです。世の中、生まれてから結婚した人だけしか好きになったことがない人なんて、それこそ日本にはほとんどいないでしょうから。私だって、小さなのも含めれば、10人は好きになったことがありますよ。もちろん一方的なのも含めて。

 これ、実は法則があるんですよね。クリス岡崎さんの「最高の人生を引き寄せる法」の中に、ロバート・キヨサキの面白いエピソードが紹介されています。ロバートがある記者から「あなたは人に起業を勧めていますが、実際に起業して成功する人は1割しかいないではないか。つまり9割は失敗している。それは無責任ではないか」と、言い寄られます。それに対してロバートが「それなら10回やれば必ず成功するではないか」と反論します。ごもっとも。成功する人の考え方ってのはこうなんだ、と思う瞬間です。

 同じように、今から好きな人を10人見つければ、そのうちの一人とは確率的に、必ず付き合えるということです。別に10人に告白せよ、と言ってるわけではありません。まずは自分から10人を好きになる、10人を愛することです。そのためには絶えず質問を繰り返します。「私は誰のことを好きになるのだろう?」「この人の好きなところはどこだろう?」、と。脳は質問されたら、必ず答えを出す、というすごい性能があります。それこそ潜在意識レベルで答えを導き出すのです。すると時間差はあれど、必ず好きな人、好きなところは見つかります。それを10人。そうすれば確率的に、一人とは必ず付き合えるということです。まやかしに聞こえたとしても、まずはやってみること。何のリスクもないわけですし。そもそもですよ、、、今から10人も新たに好きになる、愛することができるような「愛に溢れた人」が、人から好かれないはずないじゃないですか!!!

 実はこれが言いたかったことです。以上。

愛あるクリックを頂けると嬉しいです♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-28 22:09 | ■人生哲学
 やっほ~。昨晩は咳が出ませんでした。風邪はいつの間にか完治でしょう。結局、病院にも行きませんでしたし、何より「行」を続けてられるのが嬉しいです。本当に一週間前の私を誉めてあげたいです。4時に目が覚めて、体調が良くなかったので、その時点で今回の「行」は断念するつもりが、6時前に突然意を決して滝に向かった私を。後々、よかった~ってなことになるのでしょう。やっぱり一時の感情だけで後悔するのは避けたいものですしね。

 で、今日は久々に雨が降っていました。仕事に出るツレを駅まで送ってから滝に行きます。今日も気温はさほどでもなかったので、苦しさはあまり感じませんでした。一週間前の木曜日のあの鬼のような苦しさは一体何だったのでしょうか。私に何かを教えてくれてたのでしょうか。

 ところで、今日の滝では、一つの気づきがありました。滝に入る前には、そのための作法が重要なんですが、手順としては、準備体操(船漕ぎ体操)、九字、入水、礼、護身法、九字、入滝、となるのですが、滝に入る直前、九字を切る時、これまでは滝の周囲にふらふらしている霊みたいな存在に対して切っていたつもりだったのですが、今日はなぜだか「自分の心」を切っているように感じました。それも自らに内在するネガティブな心、つまり、恐怖心、羞恥心、奢り、憂い、などのようなものを対象として。考えてみるとそもそも「霊」って何なのでしょうか。一つは「目に見えない」もの。それ以外は、、、実はよくわからないのです。なぜなら見たことも、認識したこともないから。確かにこれまでの人生で、「霊ちゃうか?」と思うようなものに遭遇したことはあります。金縛りも何度もありますし、その時に、傘をかぶった3人衆とか、お婆さんとか、よく分からない黒い物体とか、明らかにそこにいるはずのないものを見たことあるかもしれません。だからと言って、それが「霊」だとは証明することができません。あくまで「霊ちゃうか?」の範囲です。もちろん、これで守護霊とか地縛霊とかの存在を否定するわけではないのですが、いわゆる霊的現象を好きなときに再現できない以上、どこかで疑ってしまう自分もいるわけです。ま、私はどちらかと言うと、そのような目に見えない存在を肯定する側ではあるのですが、それを証明できない以上、どこかで疑いの目を持つことも今の自分には必要だと感じています。

 ただ、「我思う故に我あり」ではありませんが、「自分の心」の存在だけは疑うことができません。そしてその「心」は様々な様相をもって、自らに語りかけてきます。嬉しかったり楽しかったりする心もあれば、心配したり、嫌ったりする心もあります。心にはいろんな表情があると言ってもいいです。そしてそれはよく変化します。で、今日、滝に入る前、九字を切る瞬間、突然ひらめいたのが、いわゆる「霊」に代表される目に見えない存在ってのは、実は自らの「心」を体現したものに他ならないのでは、ということです。あえて「いい霊」と「悪い霊」が存在するとして、それに対応する「いい心」と「悪い心」も人間は持っています。

 例えば何か悪い霊に取り付かれていると感じている人は、実は自らの心の状態がよくないだけかもしれません。自分は守護霊などいい霊に守られていると感じている人は、実は自らの心の状態がいいことの表れかもしれません。通常の言われ方では、霊なり天使なりの存在は、自分とは切り放されたところの、何か客観的に「在るもの」として語られ、いい霊なり天使なりに守られるといいことがあり、そうでない霊や悪魔に取り憑かれると悪いことがある、と解釈されます。そこで「お祓い」みたいな行いやら商売やらが出てくるわけです。

 ただ、私が今日ひらめいたように、「霊・天使=自分の心」だとすれば、結局は自分の心の状況を変えない限り、どんなお祓いを受けてもあまり意味がないということです。実際、大金払ってお祓いに行ったとしても、それで完全に良くなったという話を聞いたことがありません。霊が客観的に存在するのかどうかはわかりませんが、もし存在したとしても、それを引き寄せるのも自分の「心」だと思うわけです。

 滝の話に戻りますが、今日、九字を切っているとき、突然、自らの心を切っているような錯覚に陥ったのは、そういうことかもしれません。導師からいつも言われることは、滝に入るときは「想いを捨てる」ということです。滝の水が冷たい、寒い、痛い、苦しい、辛いなどの感情や想いは、すべて自らが作り出しているものに他なりません。同じ滝に打たれていても、平気な顔でいられる人もいれば、めちゃくちゃ苦しそうな顔の人もいます。寒さに強いとか弱いとかはあったとしても、外的な刺激は同じはずです。苦しいとか、楽とかいうのは、結局、自らの心の表れに他なりません。

 考えてみると、今回の私は、今まで以上にいろんな「想い」にとらわれていたような気がします。実際、結婚したので、これからは私一人のための私ではなくなります。今までのような自分勝手な気ままな生活ではいられなくなります。現実的に、私の生活は、変化しています。そのような時期、やっぱり私の心は何かに抵抗しているのか、変化を受け入れるのに戸惑いを感じているのかもしれません。もちろん、それは「時間」が解決してくれるものであり、徐々に今の状況が普通になって行くのでしょう。ただ、私事で言えば、現実問題として、サラリーマンでない分、目先の安定性は相対的に低いと言わざるを得ません。今は良くても、この先、何がどうなるか分かりません。それはもちろんサラリーマンでも同じことですが、サラリーマンでいる限りでは、余程のことがない限り、月末には一定の金額が振り込まれます。ただ、私の場合は、非常にいいときもあれば、そうでないときもあります。トータルで考えると、サラリーマン時代よりはよかったりするのでしょうが、「不安定」であることに、何某かの不安感をどこかで抱いているのかもしれません。

 今回の「行」は結婚して初めての「行」になります。当初は断念しようと思うくらいに体調も悪く、そして辛い、きつい滝でスタートしました。この辛さってのは、まさしく私の「心」の現れのような気がします。今一度、「想いを捨てる」ことに戻って、初心の気持ちで滝に向き合う必要があるのでしょう。今日、九字を切っている時、「格子」の向こうに見えた「霊」は、まさしく私の「心」そのものなのでしょう。

 何だかんだ言って、今日で7日目、3分の1が終わりました。今、ここで改めて、自分の心境を再確認することができたのも何かの導きかもしれません。今回の「行」も何か重要な意味があるのでしょう。ま、それはともかくとして、残りの14日間、初心に戻った気持ちで滝に行きたいと思います。まずは明日の滝。楽しみになってきました。

 ところで、話は変わりますが、12月1日の「パワーアップ無料ショートコーチング」も申し込みが半分に達しました。午前の枠はすべて埋まってしまいました。もし、何か感じることがあれば、この機会に是非お申し込みください。その20分間で何が起こるかわかりませんし、大きな期待をされても困るのですが、一度、話をしてみたいということでも結構です。どのような人や内容であろうと、それは同時に私にとっての学びにもなるのですから。20分間のご縁もご縁です。お互いに何か一つでも「気づき」や「学び」があれば、とても意義深いご縁が頂けたことになると思っています。そんなわけで、今日はこの辺で。おやすみなさ~い。

あなたのクリックに励まされます♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-27 23:07 | ■精神世界
 喉の調子はかなり良くなっているのですが、布団に入ると、なぜか咳き込みが始まり、ちょっと眠れなくなってしまいます。とりあえず薬だけ飲んでますが、治らないようだったら病院に行く必要もあるかもしれません。そんなわけで、今日もちょっと寝不足でした。ま、今はそういう時期ということですね。

 で、結局、寝付いたのは2時過ぎで、起きたのは6時。それからまた寝てしまい、8時半にきちんと起きます。それからいろいろと雑務を片付けて、滝に行きます。今日は気温も比較的温かく、過ごしやすい一日でしたが、滝の水はやっぱり冷たいです。その冷たさを吹き飛ばさんと、大声でお経をあげます。とっても響いて気持ちがいいものです。で、6日目が終わりました。何だかんだ言って、こうやって日数を重ねていけば、そのうちに終わるということですね。来年も滝行は継続して行きます。予定としては1月中に21日行を一回。それで来年も5回やろうと思っています。今年は何とか5回できそうですが、来年はもっと忙しくなると思うので、どの程度可能か分かりませんが、強くインプットすれば大丈夫でしょう。

 「インプット」で思い出しましたが、願望実現とか精神世界の話の中で、しばしば「潜在意識に願望をインプットする」というようなことが書かれてあり、そうすれば願望は実現化すると言われています。これだけ多くの人がそう言っているのだからきっと正しいことなのでしょう。ただ、そのインプットの方法については、千差万別です。CDを聞く、DVDを見る、紙に書く、イメージングする、瞑想する、何度も唱える、、、などなどいろいろあります。どれも正しい方法だと思います。ただし、次の一点をなくしては、どれも効果は薄いかゼロになります。それは何かと言うと、「続ける」ということです。

 潜在意識へのインプットの要は2つあり、一つは「続ける」、もう一つは「衝撃」だと思われます。この2つのどちらかがきちんとしていれば、世に聞かれる願望実現方法もうまくいくのだと思われます。ではまず「続ける」。これはよく聞く話ですが、なかなかできないのが人間というもの。3日坊主という言葉に代表されます。では「衝撃」はどうかと言うと、これはいい面と悪い面とがあります。例えば、突然、恋人ができるような状況になれば、かなりの衝撃で潜在意識も動いてくれるでしょう。それは非常に素晴らしいのですが、自分が怪我するとか、家族が亡くなるとか、こういうちょっと避けたいことで潜在意識が動くこともあります。なので「続ける」も「衝撃」もそんなに簡単なことではありません。

 しかし、そういうことでなく、もっとスムーズに潜在意識を動かす方法があるとすれば、それは知りたいと思いませんか。実はあります。本当のこと言うと、非常によく聞く話なんですが、これを実行している人って、あまり聞きませんし、巷の本にもあんまり載ってなかったりします。ではそれは何かと言うと、「身体」を使うということに他なりません。

 私は常々「潜在意識=身体」だと言ってきましたし、それを体験として実感しています。もっと正確に言うと、「身口意」、つまり「身体」と「言葉」と「意識」が一つになった時、潜在意識は動き、現実も変わるわけです。しかしながら、世の中の願望実現法則には「言葉」と「意識」の話はよくなされるのですが、一番最初に来る「身体」について大きく説明されているものは意外と少ないようです。この点における一番のアプローチはアンソニーロビンズのメソッドに他ならず、さらに日本人が書いたものとして非常に参考になるのが、クリス岡崎さんの「最高の人生を引き寄せる法」になると思っています。この本はかなり参考になります。まさしく「身口意」の一致、とりわけ「身体」の使い方によって、「最高の人生」を引き寄せるための具体的な方法論が書かれてあります。私も大いに参考にしています。

 実は12月のセミナーのテーマもこの辺にあります。大きく言えば「潜在意識との会話」ですが、もっと細かく言えば、「身体」を有効に使うことで、「潜在意識」を揺り動かすというものです。先週の月曜日は福岡でセミナーをやりましたが、あの日、私は38度5分の熱が出ていました。日中はそれこそ休みたくなるほどきつかったです。でもここで私の言う「身体の使い方」によって不調を吹き飛ばせなければ、セミナーなどする資格はありません。私はセミナーの前、家の中で次のようなエクササイズをしていました。

1.CCBの「ロマンティックが止まらない」を近所迷惑にならない程度に流す
2.内藤大助選手になったつもりで、ファイティングポーズを取る
3.「よっしゃ~!」「やるぞ~!」「ええ感じや!」とかありったけのアクションと共に叫ぶ


これを真面目にやりました。本当なら身体がきついのが余計にきつくなると思われますが、実際やってみると、テンションが一気に上がり、なにやら熱いものがメラメラと湧き出てきます。そして真面目に元気になります。先週はそのテンションでセミナーを開始しました、、、が、飲み会が終わるとダウンしてしまいました。気が抜けたのでしょうが、もし、そのままテンションを持続できていたら、そのまま風邪も治ってたかもしれません、、、とは思いますが、やっぱり休める時には休んだ方がいいのかもしれません。

 もう一つお話します。私は人からしばしば「Qさんは落ち込まないのですか?」とか「浮き沈みとかないんですか?」とか聞かれますが、私も当然落ち込むことも、へこむことも、ブルー入ることもあります。しかし、それを絶対に長引かせない、引きずらない、ということはあります。その際、どのようにしてブルーな状況を断ち切るかと言うと、部屋で一人になるか、または一人で車に乗りこんだりして、ありったけの大声で「ツイてる~!」「ありがとう~!」「感謝します~!」「オレは運がいい~!」「オレは大丈夫だ~!」「絶対できる~!」などと、可能な限りのアクションをともなって叫ぶようにしています。考えて見ると、私は会社を辞めて以来、何度もピンチになっていますが、ほとんどが自力でいつの間にか脱出しています。その際、やっていたのがこれです。ありったけのアクションで叫びまくるのです。誰も見てないので恥ずかしいとはありません。やったもん勝ちです。そして私はこれを割りと日常的にやっています。平日の昼は一人になることが多いのもあって。

 すると、不思議なことに、すぐさまピンチを脱出して、望ましい状況が目の前に現れます。とにかくやってみるといいです。誰だって、めちゃくちゃ嬉しいことがあったら、そうやって喜びますよね。大学の合格通知を受け取った瞬間、内定通知を受け取った瞬間、告白してOKが出た瞬間、思いがけないボーナスをもらった瞬間、などなどいろんな場面を経験されてきたと思います。そんな状況のごとく、その気になって思い切って最大のアクションと最高の表情で喜んでみるのです。力強いBGMなどがあればなおいいです。必ずよくなります。現状がどうであろうとやってみるのです。必ずよくなります。騙されたと思って是非やってみてください。

 今度の12月のセミナーのテーマは「身体と潜在意識の使い方」というのが相応しいかもしれません。札幌では「他者コミュニケーション」をテーマにして、割とオーソドックスなコミュニケーションセミナーにするつもりでしたが、やっぱり変更になるでしょう。東京と同じになる可能性が高いです。今回のセミナーは言うなれば私の集大成かもしれません。「宇宙となかよし」という怪しげなブログを書いている「Q」という人間が表現する、一つの到達点になるのかもしれません。そして盛りだくさん。東京、札幌ともに最高の一日になるでしょう。そんなイメージが今、ありありと浮かんできます。とにかく今回のセミナーはいつも以上に命をかけたセミナーになるでしょう。その意味で、先日の福岡のセミナーは私にとっても大きなリソースとなったと思います。ちなみに福岡セミナーに参加された方々と、またまた「あんでるせん」に行くことになりました。そこでまた不思議体験をたくさんして、潜在意識を活発にしてこようと思います。私ってツイてるな~。

 ところで、既にアナウンス済みではありますが、12月1日に「パワーアップ無料ショートコーチング」というイベントを行います。先着36名で、既に席はどんどん埋まりつつあります。この機会に短い時間ではありますが、パワーアップするきっかけをつかむのもいいかと思います。てなわけで、まだまだお申し込み、お待ちしております。セミナーの方は、東京が若干名、札幌はまだゆとりがありますので、そちらもお待ちしております。

 それではこの辺で。

あなたのクリックに励まされます♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-26 23:58 | ■人生哲学
 昨晩もちょっと咳き込んで、眠るのが遅くなったように思います。喘息の人ってこんな感じに苦しんでいるのかな~と思うのであります。喉の奥にカサカサがあり、それがつかえて咳が出る感じです。今までも何度かありましたが、なんとも喉をかきむしりたくなる感じです。今は不思議と声を出している方が楽だったりします。
  
 で、今日は朝からコーチング。そして10時からNLPのセミナーに行きます。私は今、プロデューサー(トレーナーのサポート)という形でセミナーに参加しており、それだけ同じ内容を何度も履修することになります。通常ならば再受講費などを払って参加するところですが、こういう形で関わりがもてるのはとってもラッキーです。来年はトレーナーとしてデビューします。で、今日はNLPの中でも極めて即効性が高く、そしてとても有名なスキルを履修しました。昨年、初めて履修した時、「一瞬で自分を変える 2006.11.19」というエントリーで紹介した、「恐怖症の治療」というスキルです。非常に深くて重いテーマを、一般の人がそう簡単に扱っていいものかと懸念する部分もあるのですが、程度問題で、さほど深刻でない恐怖症ならば、扱っても問題ないとは思うのですが、今日のワークでは、過去の出来事を思い出して涙を流し始める人もいました。ただ、ワークが終わった時には、皆さん、とってもスッキリした表情をされていました。

 私は昨年やったときは「球恐怖症」を克服しました。小さい頃、大きな飴玉を喉に詰まらせたことがあり、その時の恐怖から、今でも直径5センチくらいの「球」を見ると、ちょっと怖い気分になります。あれが喉に詰まって、そのまま、気管に入って呼吸ができなくなったらどうしよう、、、という感じです。ビー玉くらい小さかったり、野球ボールみたいに大きかったりする「球」は問題ないのですが、手の平で転がせる程度の大きさの「球」を見ると、なぜか恐怖心が走っていたのです。それはおそらく幼き日に飴玉を喉に詰まらせたからだ、と思ったわけです。で、昨年、それをテーマに試したみたところ、恐怖心を無理に思い出そうとすれば確かに怖くはなるのですが、とりあえずは目の前にそれくらいの「球」があっても、特に気にならなくなりました。確かに効果はある、と実感したところです。ワークの手順は以下です。


1.よい気分を身体に植えつける(アンカリング)
2.「過去の恐怖体験」を選び、映画館を想像して、スクリーンの前に座る
3.自分の身体を残したまま、幽体離脱して後の映写室に入る
4.よい気分を呼び起こしながら、「恐怖体験」のファーストシーンを写真に撮り額縁に入れる
5.映写室から、座席の自分とスクリーンが見えることを確認して、「恐怖体験」を上映し、終わったら3倍速で巻き戻してファーストシーンに戻って、また額縁に入れる。
6.2回目を上映しますが、今度はカラーで力強いBGM(好きな音楽)を流しながら見る。終了後はまた3倍速で巻き戻してファーストシーンに戻る
7.映画が終了したら、気づいたことなどを聞く
8.今度はスクリーンに入っていき、映画の中の自分に感謝して、許して、教訓などを伝える
9.最後にもう一度BGMとともに上映して、終了後、巻き戻した後、ファーストシーンで停止させる。
10.そのままスクリーンから抜け出して、座席の自分に戻って、スクリーンの映画が消えて、真っ白になるところを見る



 なんだかお遊びみたいですが、実際の効果はあります。アンソニー・ロビンズのセミナーなどでも、よく実演されるそうです。私の友人がそのセミナーに出た時、恐怖症を持つ参加者を壇上で次々と改善させていった姿を見たとか。で、私は昨年は「球恐怖症」をこれで克服できたのですが、手順の最後に「スクリーンが真っ白になるところを見る」と言うのがありますが、私はなぜか真っ白にならないのです。その上から別のスクリーンがかぶさってくるのです。昨年はバリ島のような風景がかぶさってきました。先日、バリ島に行った時、最終日にジンバランという街に行ったのですが、まさしくそんな風景だったと記憶しています。茶色い屋根があり、海があり。

 そして今日は別のテーマで試してみます。実はこのワークは私にとっても非常にタイムリーでした。木曜日、つまり3日前のことですが、滝に入った時、この世のものとは思えないくらいに苦しい思いをしました。恐怖です。私の周囲から空気がなくなる恐怖です。「海猿」という映画の中で、ある隊員が沈んだ船の部屋にボンベ一つで取り残されるシーンがありましたが、もしそのボンベがなくなったらどうしよう、、、みたいな恐怖が滝の中で走ったのです。映画では当然救出されるのですが、実際、そんなことがあったら、取り残された人は一生涯のトラウマになるようなショックを受けることでしょう。滝の中では実際にその映画の取り残された人の顔が浮かんできて、とっても怖かったのです。

 その恐怖のせいか、私は今回の行に対しては、常に後ろ向きの感情が走っているのです。私は実際にはもっと寒い時期の滝に何度も打たれているのに。そう言えば、以前、滝行は出産みたいなものだと書いたことがあるかもしれません。滝の中ではめちゃくちゃに苦しくても、出てしまえばさっぱり清々しくなり、その苦しさを忘れて、明日もまた行こう、という気になるという話。これは聞いた話ですが、出産時もめちゃくちゃに苦しい思いをしても、生まれた瞬間にそのことを忘れる回路が女性の身体にはあるそうなんです。だから二人目を産めるのだとか。もし、その時の苦しさを思い出すことがあれば、とてもじゃないけど、二人目などは無理だという話です。

 で、今回の滝なんですが、実は木曜日の恐怖を忘れることができず、昨日、一昨日とやっぱり滝に行くのが怖かったのです。幸い、昨日、一昨日は声がよく出るようになり、苦しさはさほどでもなかったのですが、それでもやはり恐怖心はあります。今日の「恐怖症の治療」ではそれを取り上げてみました。手順どおりに進めます。途中、BGMをかけるシーンがあるのですが、私はどのBGMとしてC-C-Bの「ロマンティックが止まらない」を選択しました。この曲をバックに滝に打たれる私の姿。とってもカッコイイな~と思います。そして最後まで進み、スクリーンを真っ白にするのですが、私の場合は、別のスクリーンがかぶさってくることが分かっていたので、じっくりと待ってみました。すると輝かんばかりの青い海の向こうからお日様の光が差し昇るシーンが出てきて、それで終了となりました。とてもスッキリした気分です。

 今日は朝はいろいろと忙しかったので、NLPが終わってから夕方に滝に行ったのですが、この効果は抜群でした。見事に滝に入る恐怖症は消え、冷静な気持ちで滝に入ることができました。滝の中でも「海猿」のシーンは出てきません。

 それにしてもなぜこんなことが起こるのでしょうか。このワークが終わってから、トレーナーが個人的な解釈として、少し説明されました。通常、恐怖心を含め「感情」というのは、脳内である一連の刺激のプロセスを通ってできるようです。私の場合だと、、

 作法(A)→滝の前(B)→右手左手を滝に入れる(C)→頭から滝に入る(D)→禊ぎの祓い(E)=入った瞬間は外的刺激に対して身体の反応が遅れるので平気→徐々に苦しくなる(F)→呼吸困難(G)→般若心経(H)=苦しさがピークで「海猿」が出てくることも→徐々に身体が慣れて呼吸は楽になる→手足に冷たさのポイントが移動する・・・

と、こんな感じのプロセスを経ます。ですので、この場合の恐怖の感情はAからHあたりまでの、一連のプロセスが順番に発火されることで喚起されるのだと思います。「恐怖症の治療」の場合、そのプロセスを高速で巻き戻したり、BGMをつけたり、色彩を変えたりして、プロセス自体のつながりに変化を持たせます。するとアウトプットとして出てくる恐怖などの「感情」にも変化がもたらされるというわけです。脳内ではこのような変化が起こっていると推測できるのです。この説が実際上、正しいかどうかは別として、考え方としては納得できます。「脳」というのは面白いものです。

 私は今までことあるごとに「脳の配線を変える」という表現をしてきましたが、この表現もあながちデタラメでもないかもしれません。「脳の配線」を自分の好きなように変えることができれば、世の中はもっともっと楽しいものになるでしょう。脳の配線を変える、、、これは私のコーチングやセミナーにおける、一つの方向性かもしれません。12月のセミナーではまさしくその点にフォーカスして行う予定です。

 そんなわけでして、今日はこの辺で。ではでは。

あなたのクリックに励まされます♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-25 09:12 | ■精神世界
 昨日は実はあまり眠れませんでした。風邪は治っているのですが、なぜだか咳が止まらず、布団に入ってしばらくして、激しい咳き込みで眠れなくなりました。途中何度も起きては、水を飲んだり、うがいをしたりするのですが、いっこうに咳が止む気配がありません。時計を見ると3時。布団に入ったのが0時過ぎだったと思うので、こんなに長い時間、咳と格闘してたのか、と自分でも驚き。風邪薬が余っていたのを思い出し、それを飲みます。すると風邪薬の眠さも手伝ってか、いつの間にか5時の目覚ましを聞いていました。ただ、そこから起きるには体調がよくなかったので、しばらくしてからもう一度布団に入りました。そして再び起きてから滝に行きます。

 今回の滝、つまり今年5回目の21日行はコンディションは決してよくありません。それでも最後まで満行を迎えることで、大きな自身になることが目に見えます。今日の滝も水がとっても冷たかったのですが、それを吹き飛ばすほどに大声でお経をあげました。今回の行に入ってから、なぜか今まで以上に「滝の音」に意識が向きます。それを聞いていると、なぜか気がまぎれると言うか、一つの集中できる感じがします。つまりは冷たさが分散される感じです。

 人は一度に2つの感情を持つことができないと言われています。つまり、喜びと悲しみを同時に体験することはできず、あるとすれば、それが交互に現れるくらいです。それは感覚も同じだと思われます。滝に入る前、必然的に足を水につけなければならないのですが、その瞬間、足元が凍りそうになります。そして意識は足に集中します。そして作法の後、滝に入るのですが、今度は身体全体と頭に猛烈な冷気が走り、意識は完全にそっちに集中します。となると、先ほどまで凍りつきそうだった足元の存在を忘れていることに気が付くのです。滝行をやっていると、ある意味、感情や感覚をコントロールするトレーニングになるようにも思います。今は冷たくて辛いときは「滝の音」に意識を集中するようにしています。すると幾分楽になる気がします。とにかく「冷たい、冷たい、冷たい」と思うと、その冷たさが倍々になって余計に苦しくなります。

 これと言うのは、実際の生活でも同じだと思います。生活が苦しい、苦しい、苦しい、と思い続けていると、余計に苦しくなります。そんな時は、実際の苦しさはそれとして、どうすえば苦しさから脱し、楽しい状況になれるのかに意識をフォーカスすればいいと思われます。・・・てなことは分かっているのだけど、実際はそう簡単にはいかないですよ~、と言われる人も少なくないと思います。それもまたトレーニングですね。実際には滝行などせずとも、日常生活が十分に修行の場になっているのですが、現実生活で感情や感覚、意識をコントロールするトレーニングすることが修行であり、生きていく上での課題だとは思われます。

 それはそうと、咳の話です。喉は痛くなく、熱もなく、身体のだるさもありません。ただひたすら咳が出るだけです。なんと言うか、喉の奥が痒いというか、そんな感じです。おそらくアレルギー性でしょう。病院に行けば一発なんでしょうが、生憎、週末で病院があいてません。あいてるところも人でいっぱいだと思うので、とりあえず、今日は薬を買いました。咳止めの薬です。ですが、これがなかなか効きません。薬局の人に聞いて、効くのを選んでもらったのにな~。結構、高い薬だったのにな~と思うのですが、仕方ないです。これも何か私に気づかせようとしているのでしょうか。

 う~ん、何を書きたいのだかわかんなくなってきたぞ。とりあえず、今年、たまにテレビを付けるとやたらと見かける顔。3人あげるとなると、小島よしお、にしおかすみこ、ギャル曽根ですね。次点となると、大御所ですが、ルー大柴。正直言って、にしおかすみことか何が面白いのかさっぱりわかりません。エンタに出てたのを見ても、絶対すぐ消えると思っていたのですが、意外と生き残っている、というか、テレビをつけるとかなりの頻度で見かけます。小島よしお、にしおかすみこ、ギャル曽根は2007年を代表するニューフェイスと言えます。で、ちょっと考えてみたのです。なぜ、あのようなキャラが露出しているのか。彼ら、彼女らの魅力や特異性ももちろんあるのでしょうが、一言で言えば、「使いやすい」んだな、と思いました。この「使いやすい」ってのは、やや否定的に聞こえるかもしれませんが、芸能人などはテレビ局に使われてなんぼです。その意味ではきちんとしたニーズに応えているのだと言えます。

 ただ、考えて見ると、これもどの世界でも同じで、会社で出世するには、上司が「使いやすい」部下であることが多いです。仕事ができるとか、ユニークであるなどの要素は、会社組織で上に上っていくための第一条件ではありません。やっぱり上に上げてくれる上司に認められることが一番です。そのためには上司から使われやすくなることも重要だと考えます。芸能人の話に戻ると、よく一発屋と言われて、1~2年で消えていくタレントやミュージシャンがいますが、あの人たちって、売れたのを自分の実力だと錯覚して、使ってくれる主体に反発してるのも原因ではと思うことがあります。一発屋ではないものの「田原俊彦」なんかは典型的ですね。田原俊彦はビッグになったのではなく、ビッグにしてもらったのです。実際どうかは別として。

 そう考えると、世の中で成功するには「使われやすい」というのも重要な要素だと思うのですね。本が売れる人は、出版社から使われやすい人だったり、メディアに露出する人は、メディアから使われやすい人だったり。そんな風に考えると、実力をつけてやろう、と意気込むよりも、使われやすい人間になろう、という方向に集中することの方が、早くに結果に到達するのではと思ってしまいます。その意味では、私などは、全然、使いにくい人間だろうから、「使われ上手」というのも目指すべきリソースに入れておきたいと思います。

 そんなわけで、今日は話がめちゃくちゃでしたが、一部、ええ話もできたのではと思います。それではまた明日。

応援のクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-24 22:51 | ■日一日
 今日は祭日で、今日から3連休。私は今月2回目の山登りに行ってきました。昨晩、マスクをして寝てみたところ、朝はかなりスッキリでした。風邪の方はかなり回復していて、残るは若干の咳き込みだけです。それにしても「行」に踏み切ってよかったです。もし踏み切っていなければ、後々後悔の念に襲われるところだったかもしれません。

 で、昨日の滝は、ちょっとこの世のものとは思えないくらいに苦しく、今日も覚悟して行ったのですが、今日はさほどでもありませんでした。もちろん水が冷たく、辛さはあるのですが、昨日ほどではありません。その原因は何かと言うと、「声」だと思います。昨日は喉も痛く、声を出すのもきつかったのですが、今日は比較的スムーズに出てきました。とにかく腹から大声を出すことで、呼吸も安定し、体温も上昇してきます。そして息を吐けば吐くほど、吸う時にはいい空気が肺の中に入ってきます。やっぱり声を出すことと、呼吸は大切だと思いました。「行」はまだ始まったばかりで、今からが本番なのに、早くも「満行」のことを待ち遠しく思っている、ヘタレな自分がいます。とにかく毎日、淡々と滝に行くしかありません。ただ、満行した時のさらにパワーアップしている自分が楽しみではあります。

 で、滝の後、山登り。山に登っているといろんなインスピレーションが湧いてきます。今日はメモ帳を携帯してなかったので、もったいないことをしたと思ったのですが、それほどにいろんなアイデアやヒラメキがあります。特に今日は「5次元」に対するヒラメキがたくさんでてきました。そして夜はコーチングのクライアントさんと会いました。近くにお住まいの方ですので、月に一回対面でセッションするようにしています。と言っても、ほとんどが雑談になりますが、普段よりもゆっくりできる分、話の中からいろんな気づきもあるようです。一方、私の方もお話させて頂くことで、いろんあアイデアがまとまることもあり、どっちがコーチングを受けているのだか分からない状況にもなります(笑)。今日は、先日の福岡セミナーの話などをしたので、やっぱり「5次元ワーク」についてもお話させてもらいました。で、お話させてもらっていると、さらにアイデアが深まりまとまってきました。クライアントさんに感謝します。

 で、実は今、いろんなレポートを作成中です。セミナーなどでは配ろうと思っているのですが、ブログにはちょっと書けないコアな話になります。例えば「5次元ワーク」。これを安易に行うと、人によっては異次元から帰って来れなくなる可能性もあるので、不特定多数が読むブログにはちょっと書けない話になります。今、作成しているレポートは5つ。ちょっとだけ紹介します。


1.5次元の成功法則

 これは以前ブログに書いた「5次元の成功法則」を深化させたものです。実際上の方法論についても書いています。一言で言えばランドール博士の5次元理論をベースに、NLPの様々なスキルを組み合わせたものになるのでしょうが、自分で試してみて、かなりすごい変性意識を体験できます。そして、こんなにパワフルになれるのかと、自分でも驚きです。
 
 とりあえず用いるスキルは「サブモダリティ」「アンカリング」「タイムライン」「ポジションチェンジ」「ミルトンモデル」「アソシエート」が中心です。カタカナばかりでなんだかわかり難いでしょうが、中でも「アンカリング」のスキルが重要です。今、自分の身をもって、毎日、実験しているのですが、この先どのような展開になるのか楽しみです。今話題の「引き寄せの法則」にも通じてきます。ちなみに私は「Ambiance」というNanovibeCDを聞いて、このワークを試しているのですが、それが一番しっくり来るようです。

 12月15日の東京セミナーでは、どこまでできるかわかりませんが、かなり完成されたスキルをご紹介させて頂きます。翌日の札幌セミナーでは、一応、テーマとして「他者コミュニケーション」としていますが、もしかしたらこのワークについてもご紹介させて頂くかもしれません。なお、完成されたレポートは東京、札幌の参加者にもれなくプレゼントさせて頂きます。すごいレポートになりますので、お楽しみに。


2.天使の存在証明

 これもいろんなところでお話している内容です。私の知人の前に「(自称)天使の化身」が現れ、そこでのやり取りをベースにした、セオリーの一つと考えてもらっていいです。話の核としては、「なぜ天使は弓矢を持っているのか?」「なぜ天使がいるのに不幸な人が実際に存在するのか?」というもので、ここまではいろんなところでお話させてもらっています。が、実はこれには後日談があり、「天使が叶えてくれる願いには約束事がある」というのが新たに付け加わりました。それを知ると、かなりのことが腑に落ちると思います。これもレポートとして今作成中で、東京セミナーではお話させて頂きますが、札幌セミナーではレポートそのものをプレゼントさせて頂きます。これを読むだけで、おそらく、今以上に願いが叶いやすくなるでしょう。


3.簡単に左脳をダウンさせて、右脳を起こす方法

 一言で言えば、トランスに入る方法です。右脳を起こして潜在意識をむき出しにし、そこにいいイメージをぶち込むやり方です。いろんな方法があると思うのですが、やっぱり「簡単」である必要があります。ま、こんな方法に頼ってどうこうするのも変な話ですが、世の中にはいろんなスキルがあることを知るのも悪くないと思って、今、まとめています。


4.Q式速読法

 これについてはいろんなところで紹介してきました。特に「Q式」というわけでもないのですが、正直言って、高い教材費やセミナー代を払ってフォトリーディングを学ぶ必要はありません。一日5~10分の読書習慣によって、脳はどんどん進化していきます。それをやや詳細にまとめています。


5.わらしべ長者の起業法

 6月に東京で行ったセミナーの内容を、さらに深化させています。読み物としても面白いでしょう。書籍化も進めていますが、とりあえずはレポートで公開させて頂きます。


 以上、1~4の話については、12月のセミナーでも取り上げる予定です。いろんなことが一度に学べてしまうセミナーになると思うので、正直言って、参加費は破格でしょう。ちなみに東京については、一日で定員の半分以上が埋まってしまい、今も、残席が少なくなっている状況です。この調子で行けば、2~3日以内に満員御礼になるでしょう。札幌については、まだまだ残席はかなりあります。今回は生まれて初めての北海道ということもあり、いろんな人にお会いできるのが楽しみです。一人でも多くの参加者をお待ち申し上げます。

 レポートについても、これだけでなく、どんどん増やしていこうと思っています。ネタはたくさんありますので。そんなわけで、毎日、いろんなヒラメキを頂いている今日この頃でした。
 
応援のクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-23 23:23 | ■ビジネス・事業
 まだ、若干、風邪ひきは残っていますが、回復しつつあります。熱もなく、身体のだるさもなく、喉がじゃっかんかゆみ、咳が出るくらいです。ですが、まだ完全ではありません。そんな最中、今日も滝に行ってきました。正直言って、この世のものとは思えないくらい苦しかったです。氷点下の滝にも何度も打たれてきたのに、今日ばかりはめちゃくちゃ苦しかったです。風邪ひきも影響しているのでしょうが、私の周囲から「空気」がなくなるような恐怖感が走る感じです。経験上、しばらくすると身体が慣れて楽になることは知っているのに、それでも恐怖感が走ります。最終的には幾分楽になったものの、最後まで苦しいことには変わりませんでした。今回はこういうのがあと20日続くわけです。まさしく「行」を感じさせます。

 それにしても、昨日はよくぞ直前に決断できたものです。体調がよくないので、今年、5回の21日行の敢行を断念するかどうかの岐路に立たされたとき、タイムリミットの直前で立つことができました。今はまだ苦しい状況ですが、3週間後、きっとその瞬間の決断に感謝する時がくることでしょう。考えて見ると、これだけ苦しいということは、身体が単純に鈍っていたことも考えられます。結婚式や新婚旅行で、確かに忙しくはあったのですが、それにかまけて生活のリズムも変わり、早起きなんかも中途半端になっていました。やっぱりここでリセットの意味も含めて、21日行をする必然性はあったのかもしれません。

 今回の21日行の間も何かと忙しい日々は続きます。一日は日帰りで東京に行くこともあります。本当は一泊してゆっくりと酒でも飲みたいのですが、今回は「行」ということもあり、用事を済ませてすぐに戻らなければなりません。それにしても私も日帰りで東京に行くようになったのですね。それはそれで一つの成長感があります。それから、、、今から予告しておきます。12月1日(土)は昨年も行った自主イベントを開催します。その名も「パワーアップ無料ショートコーチング」です。

 朝の6時から夜の0時まで、18時間ぶっ続けでコーチングを行います。一人20分で無料です。いつもは多少時間が延長しても構わないのですが、今回は30分ごとに行いますので、延長はできない状況になります。ですので一時間で2名、一日で最大計36名の方のコーチングをさせて頂くことになるでしょう。もちろん人数が埋まればの話ではありますが。ただ、コーチングと言っても、形式はこだわりません。話をしたい、話を聞きたい、質問がある、などなんでもOKです。日頃の感謝の意味を込めて、何かのお役に立てれば幸いです。ただし、方法は電話(携帯AU・福岡092)のみとし、おかけ頂くことになります。無料のスカイプもあるのですが、限られた時間に、スカイプのつながりが悪いなどで時間のロスがあるともったいない話です。さらに、今回はどなたでもOKとします。これまで無料有料を問わずコーチングを受けたことのある方でも構いません。先着順に次々と予約を入れていくつもりです。申し込みの開始は12月26日付けのブログ上で行いますので、それ以前の事前予約の受付はいたしません。

 また、「本名」を名乗って頂くことを基本条件とさせて頂きます。これまではハンドルネームで可としていたこともありますが、やっていてわかったことは、コーチングを本名で受けるのとそうでないのとでは、やはりセッションの質が変わってくるということです。例えば、私からの「呼びかけ」に関して言えば、普段から呼ばれているニックネームならまだしも、匿名のHNで、ほとんど呼ばれたことがない場合、入り方が全然ちがってきます。あとは単純に「礼儀」の問題です。私ごときが礼儀云々を言うのはおこがましい話ではありますが、こちらが本名(石田久二)を公然と名乗っているのに対して、匿名で受け答えされるは気分のいいものではありません。ですので、どうしても本名を名乗れない方はお申し込みをご遠慮頂きたく思います。もちろん私の方で本名を知ったからといって、それを何かに利用するなどのことは決してありません。当然のこと。匿名性の高いインターネット社会で「本名」を名乗ることの意義を再確認したいと考えています。

 そんなわけで、12月1日は私にとってもすごい日になりそうです。基本的にその日のうちに滝に入らなければならないので、4時に起きて滝に行くか、それとも寝る前の0時直後に滝に行くかせねばなりません。そして休憩なしのぶっ続けになりますので、人が変わるわずか10分の間にトイレや食事をする必要があります。電話にも出られません。昨年やったときは、夕食の時間やその他休憩時間をとっていたのですが、今回はそれもなしで、朝の6時から夜の0時まで18時間、ぶっ通しになります。わずか20分のショートコーチングになりますが、お申し込みされた方のパワーアップに少しでも役立てていければと思うと同時に、私にとっても大きな修行になります。そんなわけで12月1日はどうぞよろしくお願いいたします。多くの方とのご縁があることを心より願っております。

 それから、昨日、申し込みを開始した12月の東京・札幌セミナーですが、東京は早くも定員の半分以上のお申し込みを頂きました。リピーターはもちろんですが、新規の方もたくさんいらっしゃいます。札幌はまだまだ出足の大人しい状況ですが、お申し込みを頂いております。先日の福岡セミナーでは全員女性だったのですが、札幌セミナーは男性の方が多い状況です。セミナーまでまだまだ日数はありますが、資料を作成するのは直前にしたいと思います。人数や雰囲気を考えて、それに相応しいと思われる資料を作成します。東京に関しては、ある程度の人数が集まっているので、今から作ってもいいのですが、札幌は今後どうなるかわかりません。人数次第で、もしかしたら、アナウンスしていたテーマと違うものになる可能性はあります。もしも、少ない状況であれば、それはそれでもの凄く密着したコアなセミナーになる可能性もあります。

 そんなわけでして、21日行が苦しくスタートしました。何度も言うように「滝行」は私にとって「趣味」を超えるものではありません。「行」と言ってはいますが、それを言うと、本物の行者さんに失礼になるくらいです。塩沼亮潤さんの話など聞くと、回峰行中は、つねにどこか悪い状況なんだそうです。風邪や熱はあたりまえ。怪我しているときもあります。それでも続けるのです。私みたいに「明日、具合がよければはじめよう」なって言ってる状況ではありません。そう考えると、本当に恥ずかしくなるのですが、それでも私ができる範囲で私なりの「行」ができればと思っています。

 残りまだ20日です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

応援のクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-22 23:35 | ■精神世界
 4時に目が覚めます。やっぱり体調は思わしくありません。なので今回の「行」は中止か、延期かな、、、と思って再び寝ようとしたのですが、なかなか寝付けません。それどころか、どんどん目が冴えてしまいます。そのまま2時間ほどうつらうつらしているうちに、6時前にセットした目覚ましがちょっとなり始め、そこで「やっぱり滝行ってくる」と言って、ガバッと起きてしまいました。実のこの2時間、、、いろんなインスピレーションが出てくる2時間でした。そろそろもう一つくらい収入源を増やそうかな~とか最近考えていたのですが、そのためのアイデアが非常に鮮明にでてきました。やれば成功することが目に見えているような臨場感でしたので、あとはするかしないか、の問題だと思います。この「臨場感」ってのはとても大切ですよね。今日、コーチングのクライアントさんが言っていたのですが、スピードスケートの清水選手は、試合前のイメトレで、金メダルを取って涙を流しているシーンまでイメージし、非常にリアルな臨場感を持つことができていたとのこと。「願望実現」においてイメージングが大切と言いますが、本当にその通りだと思います。

 さて、まだまだ体調が完全ではないのですが、今年の目標である「5回の21日行」を今日からスタートしました。実は今日からスタートしなければ、目標達成できないところなのです。12月15日には東京でセミナーしますので、今日でなければそれに差し掛かってしまいます。そんなわけで、今日の目が覚めてからの2時間というのは、今年をどう飾るかにおいて、とても大切な時間だったわけですね。とりあえず作務衣に着替えて、車で篠栗町の一の滝に向かいます。いつも以上に寒いです。後で聞いたところ、気温は2度だったとか。凍る寸前ですね。そして滝場に到着し、お参り、お掃除などのあと、滝着に着替えて、何も考えることなく滝に入ります。やっぱりカチンと冷たいです。冷たいのと、喉が痛いのとで、声が絶え絶えになり苦しそうに見えたことでしょう。でもそのうちに身体も慣れることを知っているので、滝の音に集中してお経を唱えます。いつもよりは慣れるまでの時間が長かったように感じましたが、無事に滝から出ることができました。出ると寒いことは寒いのですが、不思議と身体が温まってきて、体調も良くなってきたように感じます。生命エネルギーが活性化された瞬間なんでしょうか。

 そんなわけで、今年最後の21日行も思い切ってスタートしました。それからもう一つ。12月に行われる東京と札幌でのセミナーのお申し込みを開始いたしました。

12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


 今回のセミナーは東京は今年3回目、札幌は初めてとなります。特に札幌については、私にとって生まれて初めての北海道ということもあり、とっても楽しみです。

 そして東京と札幌ではまったく異なる内容を考えており、セミナーの概要としては、

【東京セミナー】

◇「潜在意識」と「身体」の関係性
・潜在意識の正体をさぐる
・身体の使い方によって潜在意識は動く

◇潜在意識を活用した他者コミュニケーション基礎スキル
・言語を介さずにラポールを築く
・意識レベルに応じたコミュニケーション技法
 
◇「潜在意識」の威力を瞬時に体感する
・目標設定の力を30秒で体感する
・潜在意識を活用して5分で本を読む
 
◇高次元からのリソースを吸収する
・左脳をダウンさせて、右脳を活性化する
・リソースを身体に埋め込む
・5次元を通してリソースを持ってくる

◇その他小ネタ等



【札幌セミナー】

◇コミュニケーションを制する者は人生を制する
 ・コミュニケーションの本質を探る
 ・2つの目的に沿ったコミュニケーションのあり方を学ぶ
 ・コミュニケーションの構造的理解

◇自己紹介と第一印象
 ・自己紹介ワーク
 ・インスピレーションワーク

◇コミュニケーションの質の向上のために
 ・言語と非言語的コミュニケーション
 ・コミュニケーションにおける最大欲求
 ・コミュニケーションの基礎的上級スキル

◇意識レベルに応じたコミュニケーション技法
 ・アプローチ
 ・誉め方
 ・叱り方
 ・スピリチュアルな接し方

◇その他小ネタ等



となります。強いて分類すると東京では「自己」、札幌では「他者」とのコミュニケーションがテーマとなります。特に東京ではちょっと怪しい不思議なワークなどもいろいろ用意しており、時間もいつもより長めになると思います。もちろん私の雑談と言うか小ネタもたくさん登場すると思いますが、一方で未体験なワークでクタクタになる覚悟もしていてください。この手のワークってのは、その場では実感できなくても、時間差で効果が出てくることも特徴です。もちろん札幌でもこれまでにない不思議なワークを体験してもらう部分はあると思います。とにかく今年最後のセミナーになりますので、盛り上がって行きたいと思います。私も行明けでさらにパワーアップしていると思います。

 そんなわけで、どうぞよろしくお願いいたします。

応援のクリックをお願いします♪
 ↓   ↓


人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-11-21 23:28 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン