宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 今日で10月も終わり。今年も残り2ヶ月ですね。そうそう、今月は29日に3回目の宝満山に行きましたので目標は達成です。ブログで報告してなかったですね。私は最近のコーチングでしばしばする質問があります。それは「現段階で今年一年にどんなタイトルがつけられますか?」という質問です。私の場合ですと「人生の新展と原点回帰」となるのでしょうか。その意味としては、一つはまさしくいろんなことが進展したということ。もう一つは結婚を機に「感謝の心」という独立当初に大切にしていたポリシーをもう一度思い出そう、ということです。細かく言えばいろいろあるでしょうが2007年はまさしくそういう年だったかもしれません。それにしても2007年も10ヶ月。早いのですが、簡単に振り返ってみますと、、、

1月:「すぐする」ことを習慣化、コーチングフィーのアップ、21日行①、収入の大幅増
2月:オーディオ教材聞きまくり、花粉症
3月:宝満山登山開始、21日行②
4月:コーチングを受ける(3ヶ月)
5月:沖縄旅行、NLPマスタープラクティショナー
6月:兄貴結婚、初の東京セミナー(ジョイント)、21日行③
7月:早起き開始、五日市剛の七夕の会、音声セミナー開始、初の単独福岡セミナー
8月:初の単独東京セミナー
9月:Q州ツアー、21日行④
10月:初の大阪・名古屋セミナー、結婚式、入籍
11月(予定):バリ島合同ハネムーン、福岡セミナー
12月(予定):東京・札幌セミナー

てな感じでしょうか。いろいろやってますね~。今年の心残りと言えば「本の出版」でしょうか。なかなか簡単にはいかないのですが、必ず出します。どんなに遅くとも来年中には必ず。実は4月に出版を決意して動き出し、原稿自体は6月頃には半分以上書き終わったのですが、いろんな諸条件を勘案すると、ちょっと早すぎると思い、まったをかけたというのが現状です。出したはいいけど、売れなきゃ楽しくないですから。ネタはなんぼでもあるので、今、熟成中です。プロモートも含めたところで、来年には必ず形になるでしょう。

 ところで、今日、コーチングをしてて「結婚」の話になったのですが(また!)、世の中には結婚したくても「ご縁」に恵まれない人も少なからずいらっしゃいます。結婚することが人生にとっていいことかどうか、という意見もあり、するしないなどは選択の自由として大いに認められるものです。ただ、中には結婚したいと願っているにも関わらず、ご縁がない、という人もいますので、その辺りのことについて考えてみました。今から書く内容は、もしかしたら反感を買う要素もあるかもしれませんが、それを承知で思ったことを書きたいと思います。

 まず、結婚したくてもご縁に恵まれない人の前提は「結婚する準備ができていない」とうことです。それは経済的なものも含めて、心の準備まで大きく。ただ、いわゆる「できて」しまえば、準備のあるなしに関わらず決めなければならず、それで思い切る人もいますので、準備は実はさほど大きくないのかも、とも思われます。

 ただ、どんなに準備ができていたとしても相手がいないとどうしようもありません。お金もあるし、充分独身生活も楽しんだし、いつもでウェルカムよ、と言っても相手がいなければですね。逆に相手さえいれば、後は秒読みと言ってもいいかもしれません。では、相手を見つけるために重要なことは何でしょうか。はっきりと言います。最初は、、、「見た目」です。

 「見た目」と言っても、ハンサムとか美人とかの話ではありません。顔の形などはいいに越したことはないのですが、最終的には「一人」と結婚するので、モテルからと言って、それが絶対的な結婚の条件にはなりません。まず重要なのは、鏡に写る自分の姿を見て、「この人と結婚してもいいか」を考えることです。鏡に写る自分の姿を見て、「この人とは結婚したくない」と思っている限り、誰が相手にしてくれるのでしょうか。顔が悪かろうが、太っていようが、チビであろうが、ハゲていようが、肌が荒れていようが、歳とってようが、自分の姿を見てOKであればOKなのです。自惚れでもいいです。自分を嫌うよりは1000倍マシですから。そこでもし気づくことがあればそこを改善すればいいだけです。もし太ってることが嫌だったらダイエットすればいいだけ。ダイエット成功すればめちゃくちゃ自信にもなります。開き直るのも手ですが。ハゲてることが嫌だったらカツラをかぶるか、それこそ開き直ればいいだけ。私は開き直ることをおススメしますが(笑)。チビが嫌だったら、これは開き直るしかないですが、藤井フミヤとか内藤大助を見て頑張ればいいだけ。フミヤも内藤も決して背は高くありませんがカッコイイですもんね。背が低ければ低いなりのセルフプロデュースの仕方もあるわけです。高いのも同様。

 そんなわけでまずは見た目。開き直りすぎるのも難ですが、少なくとも自分で「いい」と感じるレベル、できれば他人から見ても「いいじゃん」と言われるレベルにすることが重要です。私などは、元々素材的には決していい羨まれるものではないと思いますが、それなりのプロデュースの仕方で何とかなってるのかもしれません。それから、人は「中味」と言う人もいますが、実はその「中味」こそが外見に出てきたりもするので侮れません。例えば「無表情な美人」と「笑顔の美人でない人」がいたとして、どちらを選ぶかと言われれば、男なら最初は美人を選ぶかもしれませんが、実際に付き合うとなると、大半が「笑顔の美人でない人」を選ぶでしょう。少なくとも私ならそうです。内面的な美人は笑顔に表れるものですから。逆に心から笑顔でい続けられる人は自然と男も女も寄ってきます。

 考えてみると、高校時代から私の周辺でモテル人ってのは、例外なく「笑顔」の人でした。高校の時にとてもモテていた女性がいたのですが、その人は決して美人でもありません。でもなぜかめちゃくちゃにモテていて、考えてみると、やっぱり「笑顔」が決めてだったように思います。男でもそうですね。「笑顔」でいて逆にモテない方が難しいと思います。ただ、「笑顔」ってのは、表情筋を鍛えたりなどトレーニングで高めることもできるのでしょうが、重要なのは鍛えられない部分、つまり「不随意筋」であるとも言われています。これは石井裕之さんの本に書いてあったと思うのですが、トレーニングで作られる笑顔は「口元」に表れ、トレーニングできない不随意筋の笑顔は「目元」に表れるそうです。そして相手の潜在意識により響きやすいのが後者の「目元」の笑顔です。よく「顔は笑ってるけど目が笑ってない」という表現をされますが、まさにこれです。そしてその代表格が「中田カフスボタン」の「カフス」である、と私はいろんなところで言ってます(笑)。それはさておき、不随意筋の笑顔を作るにはどうすればいいのでしょうか。

 それが重要な「中味」だったりするのでしょう。心が笑顔であれば、表情もそれを映し出します。いつも心が笑顔であり続ける習慣をつけるのが何よりだと思います。その意味で「お笑い」と言うのはものすごく貢献的に思います。昔は「お笑い=バカ番組」と揶揄された時代もありますが(例:ドリフ)、実は人間にとってものすごく崇高な表現媒体だと思うわけです。私に知り合いで、会社に行く前に必ずお笑いのビデオを見る、という人がいますが、それなどは「よくわかってる」と言えます。全米最高の営業マン、フランクリン・ベドガーは毎朝笑顔のトレーニングをしていたと言いますが、もしもベドガーが今現役であれば、笑顔トレーニングではなく、お笑いビデオを毎朝見ていたかもしれません。ちなみにその知り合いは仕事もよくできます。もし一日を楽しく快適に過ごしたいのであれば、朝、お笑いを見るのはとてもいいかもしれません。そして爆笑している時に「アンカー」を入れたりして。そして何か嫌なことが起こった時に、そのアンカーを発火させ、心を中和、または復活させるのです。その方法は今度セミナーでやりましょうかね。

 話が脱線しそうですが、いい「見た目」を作るには「笑顔」が重要。ちなみに思い出したのですが、ツレと付き合う前、やつはこんなことを言ってました。「『オンエアバトル』と『あいのり』だけは必ず見る!」、と、最高の笑顔で。私は両方とも見たことがなかったのですが、その顔を見て「ええやつや」と感じた思います。今、私は「オンエアバトル」は見てないのですが、「あいのり」は見るようになっています。「あいのり」はお笑い番組ではありませんが、ある意味、お笑いよりも笑えますし、めっちゃ感情移入できますよね。

 どんどん話が脱線しそうなので、次の話題にいきます。結婚相手、恋人を見つけるのに一番重要なのが「見た目」だと言いましたが、その次に重要なのは「コミュニケーション」だと考えています。よくスピリチュアルにはまっている人の中に、縁ができないのは前世や先祖のカルマとか因縁とかのせいにする人がいますが、もしかしたらそうかもしれませんが、多くは関係ないと思っています。そもそもカルマとか因縁とかってどうやってわかるのでしょうかね。私の知り合いで若い頃とても美人だったんだろうな、、と思わせる中年女性の方がいます。その方は「縁」がないのをカルマや因縁が原因だとして、それを落とすための精神修行をしています。しかし一行に縁は訪れません。確かに顔立ちは整っていて美人であることはわかります。で、実際にその人と会話してみてわかりました。カルマや因縁があるかどうかではなく、話していてとても疲れる、ということです。人の話は聞かない、話のコシは折る、空気を読まない、、、など、申し訳ないのですが、その人と長時間ご一緒するのは御免被りたいのが正直なところです。普通に考えたら、縁が訪れないのは、カルマや因縁ではなく、コミュニケーション能力の欠如によるものでは、と単純に思ってしまいます。コミュニケーションとは一方的に「話す」のではなく、話題や価値観を「共有」することが本質です。「communication」の本質とは「com=共」ですから。その意味では、まずは相手の話を聞く、そして理解することが大前提となります。それのない人は相手を疲れさせます。かつての私がそうだったように。

 ま、コミュニケーションの話は深いので、機会あれば「恋愛に役立つ(異性とラポールを築く)コミュニケーション」みたいな話をどっかでできればと思います。それこそ誰かとジョイントで「恋愛セミナー」などをするのも面白いかもしれません。私などハンサムでもないのに、女性と接するのが割と上手だったりするので説得力ある話ができるかもしれません。コーチングで恋愛成就に至ったケースも何人かありますし。それこそ「見た目編」と「コミュニケーション編」で別けてジョイントでするのも面白いですね。私はもちろん「コミュニケーション編」で。誰か一緒にやりませんか?
 
 話がまた脱線しそうですね。カルマや因縁の話ですが、私はそれを否定はしませんが、それは最後の最後だと考えています。精神修行したり、お祓いしてもらったり、スピグッズを身に付けたところで「縁」が訪れたとしたら、その方がなんか胡散臭いように感じてしまいます。やっぱり基本的なところ、つまり「見た目」と「コミュニケーション」を見直し、高めていくことが「恋愛」や「結婚」にとって重要だと思う次第です。

 蛇足かもしれませんが、「見た目」も「コミュニケーション」も普通だけど、それでも「縁」がないという人は、、、もしかしたら余分なものがついてるかもしれませんね。一番大きなのが「異性の念」です。こう言うとおどろおどろしいかもしれませんが、つまり、不倫関係でいる、別れたのに忘れられない人がいる、言い寄ってくる人にきっぱりとした態度をとっていない、いろんな意味で叶わぬ恋愛をしている、、、などなど。こう言うと現実的ですよね。それについてはどこかで「捨てる」ことが重要かもしれません。もしかしたら「勇気」の要ることかもしれませんが、そう状況に甘んじている限りは新たな「縁」は訪れないのでは、と考えます。それでもいいのであれば、それ以上は何もいうことはありませんが。あと、ツインソウルとかソウルメイト、、、なんかを追いかけるのもどうか、、、と個人的には思っています。その話はまた別の機会にでも。

 そんなわけで、今日は結婚や恋愛について少々語ってしまいました。私も結婚したこともあり、これから先もそんな話が出てくることも増えるかもしれません。そして子どもができた日には、子どもとは、、みたいな話がしつこく出てくるのでしょうね。そんなところで、今日はこの辺で。。。ありがとうございました。

いつもクリック頂きありがとうございます♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

お申し込みはこちら
  ↓  ↓
◇秋のパワーアップライブセミナーin福岡◇

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-31 09:47 | ■人生哲学
 5時起床。結婚生活が始まってから、寝る時間がツレに合わせて早くなりそうなので、早寝早起き生活が進みそうです。今までは早起きはするものの、寝る時間が遅くなって、睡眠時間が少なくなり、日中に眠くなったりなどということがよくありました。これからは遅くとも12時にには寝て5時に起きる習慣をつけたいと思います。結婚すると習慣がいろいろ変わると思うので、今のうちにいい習慣づけを意識したいと思います。それからもう一ついいことが。今まで、ご飯と言うと、何となく食べたい時に食べる、食べたいだけ食べる、みたいな感じがあったのですが、その習慣は打ち切られそうです。まず朝はツレが自分のお弁当を作っています。出勤後、私は家に残ってジャーのお米と冷蔵庫の中のものを適当に見繕って朝食とします。今日はおにぎりと味噌汁にしました。昼はパスタなど。そして夜はツレが会社から帰ってくるまでにご飯を炊き、サラダなどを適当に作っておきます。そして帰ってきたら、後はツレが料理をして夕食となります。これからは私も一品でも作っておけるよう、料理の勉強もしていきたいと思います。食器の片付けは私の役割です。う~ん、男女共同参画社会ですね。ちなみに結婚式の「誓いの言葉」の中で、私は「・・・男女共同参画社会の一員としての自覚を持ちます」なんてちょっとお堅いことを宣言しましたが、なぜか笑いが起こりました。「男女共同参画社会」ってのは、私の前の会社で、そのための市町村計画を担当してたので、私にとっては割りと身近な言葉ではありました。そのことを知ってる人は笑うでしょうし、それを知らなくても、私の口から「男女共同参画社会」という言葉で出てくること自体ギャグなんでしょうか。それ以外にも「誓いの言葉」ではかなり笑いをとれたと思います。その意味で、笑い多い結婚式だったと思います。一方で泣きもありましたが。

 ところで、今までいろんな結婚式に出てきましたが、どうしてか知らないけど、新婦側の友人代表スピーチって「泣き」が入るんですよね。それにつられて新婦ももらい泣き、というパターンが多いです。今回の結婚式でも、新婦友人代表の方は、普段から明るくマイペースな感じで、前に出てきた時もちょっと緊張気味の笑顔に間違いなかったのですが、途中からスイッチが入ったように「泣き」が入ってきました。でもいいことだと思います。それだけ友情が厚い証拠なのですから。一方、新郎側は泣くことは本当に稀ですよね。私は見たことがありませんし、私がスピーチする時は、何とかして「笑い」をとってやろうと考えてしまいます。新婦側の友情が「泣き」で確かめられるとしたら、新郎側は「笑い」で確かめられるのかもしれません。もちろん「泣き」や「笑い」がなくとも、厚い友情はあるのでしょうが、ま、そんなことを考えたりもします。

 ところで、今さらなんですが、何で「結婚式」などをするのでしょうかね。二人の出発をみんなに確認してもらうこと、祝福してもらうこと、いろいろ意味はあるのでしょうが、そこには一つの「別れ」という要素がある気がします。それは、そう。両親との別れです。もちろん両親はずっと両親ですし、死ぬまで親子であることには間違いないのですが、親にとってはもう「子ども」ではなくなるのかもしれません。戸籍上も独立したものになりますし。その意味で「結婚式」とは親子関係の一つの「卒業式」とも言えるのでしょう。新しいパートナーと出発する意味での「入学式」、そしてこれまでの親子関係からの「卒業式」、、、その2面性を持つ持つものが「結婚式」だと考えます。

 私個人の考えとしては、とりわけ「卒業式」の色合いが強いのかもしれません。新たな門出を迎えためでたい席であるにも関わらず、最後にはなぜか「泣き」が入ります。それはやっぱり「卒業式」だからなのでしょうか。実は今回、、、最後の方で新郎父親挨拶の時、、、どういうわけか涙もろい父親が号泣的なスピーチをしてしまいました。。。何言ってるのか分かりませんでしたが。その後で私が挨拶するのですが、元々何を言おうか決めてなかっただけに、その雰囲気を引きずるようなスピーチをしてしまい、そこでも会場全体が号泣状態になってしまったのです。。。一言で言えば「親への感謝」ですね。

 そういう感じで、最初は「笑い」から入って、最後には「泣き」で終わるという、ある意味、結婚式としてはベタな展開でしたが、その度合いがやや強かったので、来て頂いた方々にはとっても印象に残る式になったと思います。何度も言いますが、本当に結婚式をして良かったです。そして本当にいろんな人の力を貸して頂いた結婚式だったと思います。8割はツレの人望の賜物だと思いますが。。。前日まで雨、関東では大雨であったにも関わらず、福岡は晴天と、お天気まで祝福してくれているようで、今さらながら本当に感謝しています。晴れ渡った空、そして夜には満月。ご先祖様からも祝福して頂いているようで、本当に感謝ですね。

 「結婚式」とは「入学式」と「卒業式」であると同時に、「感謝祭」でもあるのかもしれません。それを強く感じた一日でした。この気持ちを一生忘れないよう、感謝の気持ちを一生忘れないよう、これからも生きていきたいと思います。

 ところで、ここからちょっとばかり、テクニカルな話です。実は今回の結婚式にあたって、私は一つの仕掛けをしました。それは先日書きましたが、「選曲」についてです。NLP(神経言語プログラム)では、リソースフルな状態(いい状態)を身体に埋め込んで、それを好きなときに取り出す「アンカリング」というスキルがありますが、実は最初からそれを意識していました。普段はあまり聞かないのだけど、非常にインパクトの強い曲を中心に選びました。ですので、重要な場面の曲は新譜だったり、一般的でないアレンジだったりして、あえて工夫を凝らしました。それらの曲を結婚式の準備の段階から何度も聞いて、そして本番では曲を浴びる感じで進行していました。なので今でも、それらの曲を聞くと、結婚式のことが思い浮かびます。それがそのまま「感謝」の気持ちを呼び起こします。まさしくアンカリングです。おそらくこれから先も、いろいろとキツイことも出てくると思いますが、何かの時には今回の選曲を聴くことで、感謝の気持ちを呼び起こすことができるかもしれません。そんな中で、私にとって最大のアンカーはエンドロールで流した「コブクロ」の曲になるのでしょう(ツレ選曲)。それまで知らない曲だっただけに(いまだに曲名は知らない)、新鮮なアンカーとして私の体内に埋め込まれてると思います。

 ちなみに私にとってミスチルの「Everything(It's you)」という曲も強いアンカーとなっています。これを聞くとエジプトをそのまま思い出します。と言うのも、当時(1997年)、エジプトで一緒になった専修大学の学生がこの曲を宿でずっとかけていたからです。他の曲はあまりかけずに、執拗にこの曲ばかりかけていました。悪い曲じゃないので、私も何も言わなかったのですが、それが自然にアンカーになってしまってます。この曲はカラオケでもよく歌われるようで、私も何度か聞いたことがありますが、その都度「エジプトや~!」とかわけわからんことを一人で叫んだりしてます。

 そんなわけで、今日もしつこく「結婚式」のことを振り返ってしまいました。「内藤・亀田」の時ほどでないにせよ、一度はまるとしばらく続くのが私の習性ですので、どうぞご了承ください(笑)

 それから福岡でのセミナーですが、一日にして、早くもそこそこの参加申し込みを頂いています。経費分は軽くペイしました。ありがとうございます。福岡のセミナーは11月19日。新婚旅行から帰ってきた翌々日です。そして今年最後の21日行の前々日でもあります。またまた意味ありげな日をチョイスしてしまいました。細かくは何をするのか決めていませんが、実験的なワークも出てくる予定です。そして当然、終了後に懇親会もします。今回は非常に安価な設定ですし、楽な気持ちで参加頂ければ嬉しいです。と言いながらも定員の半分は埋まってしまいましたが。どうぞよろしくお願いいたします。


ありがとうございました。
 ↓   ↓

人気blogランキング

お申し込みはこちら
  ↓  ↓
◇秋のパワーアップライブセミナーin福岡◇

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-30 10:22 | ■旅・ツアー
 新しい週のスタートです。まだ疲れもあって、今日は早起きをせず、ゆっくりしました。ツレが起きて弁当を作っていました。そのこと自体、非常に新鮮でした。実は一緒に暮らし始めるのは、結婚してからが初めてです。今までは週末は来ていましたが、平日に起きて自分の弁当を作っていく、ということはありません。何となく結婚生活が始まったのかな、という実感を得た朝でした。それにしてもまだ余韻から抜け出てません。独りになるとつい思い出してしまいます。そして思わず結婚式で流した「生い立ちビデオ」や「エンドロール」を見てしまう自分がいます。自分たちで作っておいて(ほとんどがツレ作)なんですが、結構泣けますね。あのスクリーンは。何年か後にまた見直したりすると、いわゆる出発点なるものの気持ちが蘇ってくるのでしょうか。それにしても結婚式してよかったです。実は当初はするつもりはありませんでした。婚姻届だけ出して、後は仲間内での簡単なパーティで済ませとこうと考えていました。しかし、結果として普通に挙式しましたし、結果として挙げてよかったと思いました。本当に。

 今回の結婚式は参列された方から「とても感動した」と言って頂けました。そして「2人らしい結婚式だった」とも言われました。とても嬉しいです。式を挙げるのが決まったのが去年の11月。「ブライダルフェア」なるものに誘われて、何となく行ったのが始まりです。その時点でも挙式を挙げることは考えていませんでした。試食会目当てと後学のために、と言うことで付き合いました。しかし、行ったところが「試食」ではなく「試着」でした。しぶしぶ試着会に付き合い、写真なども撮らされました。とりあえずそれで終わりかと思ったのですが、終了後、プランナーとの話になります。最初は興味なさそうにしてたのですが、「料金」の話になると思わず食いついてしまいました。それで料金交渉などせんでもいいことしてしまうと、後に引けなくなってしまい、一週間待ってもらうことで仮申し込み。それから本当に一週間でバタバタと見て周ります。そして立地がよく料金的にもリーズナブルなレストランウェディングで決定しようと思ったのですが、とりあえずフェアの申し込みをしていた「WITH THE STYLE FUKUOKA」も見てみることにしました。ここは割とお高いイメージがあったので、あくまで後学のためということで、心の中ではその前のところで決めていました。しかし、さすがに一流の場所だけに、見てまわっているうちに気分が傾きます。そして肝心の料金。それがなんと最初に思っていたよりも安い感じで、さらに交渉を進めていくうちにどんどん値段が下がっていき、これこそ後に引けなくなってしまいました。最後は即決。申込書にサインをして、一週間以内には申込金10万円を振り込んでいました。その時点でも結婚式を挙げるリアリティは50%程度。実は懐もそんなに豊かではありませんでした。

 それがですね、、、式を挙げると決めてから、いろんなチャンスが舞い込んできて、不思議と収入も大幅にアップ。お金が貯まってから式を挙げる、ではなく、式を挙げると決めたからお金が貯まる、という発想をして、それを見事に証明することができました。これからもそういう発想で行こうと思います。と言うわけで、式場も決めてしまったのですが、もちろん安くはありません。なのでできる範囲で手作りをして安く上げようとしました。ツレは一月から準備にかかりました。私が腰を上げ始めたのは3ヶ月ほど前からでしょうが、本格的に動き始めたのは一ヶ月前です。ツレいわく、「思ったよりも協力的やった」とのこと。確かに最後の方は、日中、買い物に行ったり、地道に一人で印刷作業をしたりしてました。それでもツレの仕事量には全然及びませんが。幸い式場が今年まで持ち込みOKだったので、大幅に持ち込みしました。ちなみにその内訳として、、、


<式場分>

会場、食事、会場装花、音響、機材、司会者 (うち、会場費ディスカウント、司会者サービス)

<持ち込み分>

引き出物、引き菓子、ペーパーアイテム(手作り)、スクリーン(手作り)、ブーケ・ブートニア、衣装、メイク(知人)、アテンド(知人)、写真、その他


となります。つまりほとんど持ち込みだったわけです。もしもこれらをすべて式場任せにしていると、プラス100万円近くは必要だったかもしれません。衣装だけでも50万円は違います。ま、式場のが高すぎると言えば高すぎるのですが。その代わり、持ち込みについては、個別に発注する必要があるので大変だったでしょう。その辺はほとんどツレがやりましたが。それにしても今回、ツレは良く頑張りました。挙式全体の流れやら必要事項などをすべて把握していないとできません。私など当日になっても、否、未だに全体の流れを理解してないのかも。まず全体の大まかな流れを把握した上で、必要なものを個別にリサーチして、安くて良いところに発注するのです。しかしいろいろ動いているうちに「救世主」が現れ、その辺のことが大幅に解決したりはありました。救世主様様です。やっぱ自分で動いているといいことがありますね。そんなわけで、手をかけた分、手作り感抜群の心のこもった挙式になったことと思われます。それが伝わったかな、、とも思います。お金をかけてプロに丸投げするのもいいのですが、自分たちでできることは自分たちでする方が「心」がより反映するようになるのでしょう。頑張ってよかったです。

 で、これから心機一転。間もなく「新婚旅行」に行ってまいります。4人の合同ハネムーンです。あと2週間はありますが。これについては、私が頑張ってリサーチしたので、かなり安く上がります。それでいて内容も高いところとまったく変わりません。浮いた分を向こうで贅沢に使いたいと思います。楽しみです。ちなみに旅程としては、、、

1日目:福岡-関空(JAL使用)-夜間にバリ島着(ツアーのホテル)
2日目:フリー(宿現地)
3日目:フリー(宿事前予約)
4日目:フリー(宿事前予約)
5日目:フリー(ツアーのホテル)
6日目:フリー、夜間バリ島発(機内泊)
7日目:早朝関空着-実家泊
8日目:新幹線で福岡

てな感じでしょうか。フリーの日の内容はこれから考えます。とっても楽しみです。今週末に4人で作戦会議。そして「しおり」も手作りしたいと思っています。

 それはそうと、今日、さらに一つ出動することになりました。11月19日(月)の「福岡セミナー」をアナウンスさせて頂きます。今度のセミナーはちょっと実験的にものにします。なので料金もお安く、人数も限定します。もちろん終了後に飲み会します。お近くで時間のある方は是非ご参加お待ちしております。それではまた。

お申し込みはこちら
  ↓  ↓
◇秋のパワーアップライブセミナーin福岡◇

ありがとうございました。
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-29 06:41 | ■日一日
 感動の結婚式から一夜明けての休日。今日は仕事もお休みしました。9時頃にゆっくりと起きて、片付けなどします。まだ部屋は散らかってますが。そして食事をしたり、残りの荷物を式場に取りに行ったりして、後片付けをします。夕方、今住んでいる那珂川町役場まで婚姻届を持って行き、めでたく「入籍」と相成りました。その後はツレの誕生日でもあるので、外でお食事。「ヘガン」という日本語が今一つ通じ難い韓国料理屋にて。それから家に帰ってしばらくしてケーキを食べました。その後、寝る前になりますが、「目標設定」をします。これから毎年、夫婦としての「年間目標10か条」を結婚記念日にたてることにしました。私個人の目標とかぶる部分も当然あるのですが、思いつくがままにいろいろ出し合って、10個にまとめました。それを封筒に入れてのり付け。一年後まで封印します。来年の結婚記念日に開封して達成状況を確かめ、そこでまた新たに設定します。私の場合、これまで7~8割の達成状況をマークしてるので、これもまた楽しみです。ツレもかなり運が良い方なので、相乗的に実現度が増すことでしょう。これから一年がまた楽しみになりました。

 で、今日は昨日の結婚式のことをもうちょっと書こうかと思います。ミクシィ日記にも書きましたが、今回の式のBGMの大半は私が選び、式場にお任せした部分はありませんでした。BGMにはちょっとしたこだわりはありました。お蔭さまで「選曲が非常に良かった」との声も頂きました。参考までにご紹介させて頂きます。


○ウェイティング

ソロ・ライブ:ミシェル・ペトルチアーニ

 式が始める前、お待ち頂く間にかけていました。ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニ(故人)のソロライブ。ちょっと神がかった感じがする、私の大好きなCDです。


○新郎入場

Someday My Prince Will Come:ハンク・ジョーンズ

 偉大なジャズピアニスト、ハンク・ジョーンズのピアノソロで私が入場します。曲はご存知、ディズニーの白雪姫から「いつか王子様が」です。 短いイントロの後、目の前の扉が開き、皆さんの前に姿を現します。一礼して、メロディを聞きながら、ゆっくりと歩いていきました。


○新婦入場

「The Wedding:谷口英治」

 日本を代表するジャズ・クラリネット奏者である谷口英治氏のプライベート盤(非売品)をご好意で頂けました。谷口さん自身の結婚式の引き出物だとか。その中の一曲で可愛らしいワルツの曲。作曲者などはわかりませんが。新郎新婦ともにワルツの曲になったのは偶然ですが、いい選曲だったと思います。


○人前式

When You Wish Upon a Star:ケン・ペプロフスキー

 アメリカのジャズクラリネット奏者、ケン・ペプロフスキーの新しいアルバムから。曲はこれもディズニーの「ピノキオ」から「星に願いを」です。非常にゆっくりしたバラードで、とってもうっとりするような仕上がりになっています。 お洒落な人前式になりました。


○乾杯

Samba for Carmen:谷口英治

 10月24日に新しくリリースされた谷口さんのアルバムから。キューバのサックス・クラリネット奏者であるパキート・ディヴィベラの曲。快調なラテンナンバー。新郎新婦共通の友人代表による楽しいスピーチの後、乾杯。アップテンポの賑やかでありながら、旋律のとても美しい曲です。


○プロフィール紹介

My Romance:ハンク・ジョーンズ

 再びハンク・ジョーンズのソロピアノ。しっとりとしたスタンダードナンバーで二人のプロフィールが紹介されました。 このアルバムは使えます。


○ケーキカット

Isn't She Lovely:ソニー・ロリンズ

 ご存知、スティービー・ワンダーのヒット曲を巨匠ソニー・ロリンズが演奏してます。ケーキがカットされた瞬間に大音量でテーマが流れるようにしました。 ツレ的にはメロディのフェイク(崩し)の仕方がくどいとか言ってましたが、ロリンズ節に慣れている私としては、むしろ大人しい方だと思ってました。
 

○一部歓談

TANGA!:谷口英治
Little Piace in C for U:ミシェル・ペトルチアーニ&ステファン・グラッペリ
Waltz for Debby:ビル・エヴァンズ
Stompin' at the Saboy:レッド・ガーランド
Almost Like Being in Love:レッド・ガーランド
But Not For Me:レッド・ガーランド

 一部の歓談中は全部ジャズです。谷口さんのニューアルバムから「TANGA!」は彼の地元北九州の「旦過市場」をモチーフにした曲のようです。これもとてものりの良いナンバー。それからビル・エヴァンズの「ワルツ・フォー・デビー」はある意味ベタな選曲ですが、私は世界で一番美しい曲の一つだと思っています。そしてペトルチアーニとヴァイオリンのステファン・グラッペリのお洒落なナンバー。そして後はレッド・ガーランドのトリオの演奏です。レッド・ガーランドは私的に最もジャズを感じさせる一人と思っており、大好きなピアニストです。


○新婦中座

でぃご:ji ma ma

 ツレが選びました。よく知りませんが沖縄の曲らしいです。


○再入場

未来予想図Ⅱ:Sotte Bosse

 ドリカムの「未来予想図Ⅱ」をボサノバ調でカバーしたアルバムから。アレンジが変わるとまたいいものです。 これもツレが選びました。

○二部歓談

島唄:Sotte Bosse
KISS:Sotte Bosse
真夏の果実:Sotte Bosse
EVERYTHING:Sotte Bosse
Kiss Me:OLIVIA
L-O-V-E:OLIVIA
ONE NOTE SAMBA:OLIVIA

 二部の歓談はボサノバのアレンジモノを中心に。Sotto Bosseのカバーアルバムは誰が聞いても素敵と思うでしょう。OLIVIAという人は、全然、知らなかったのですが、TUTAYAで曲名で選んで、割と良かったので持ってきました。


○余興1

「クラリネットキャンディ:L.アンダーソン」

 クラリネットアンサンブルでの生演奏。原曲はクラリネットとオーケストラ(吹奏楽)なんですが、クラリネット6重奏版のアレンジで。ミクシィには演奏風景(全部)もアップしていますが、聞けるのはマイミクに限定しています。


○余興2

「涙そうそう」

 自作の生い立ちビデオにカラオケを入れて、それにのって演奏しました。カラオケは新婦の高校の音楽の先生にピアノで吹き込んでもらいました。吹いている間、ビデオを見ている人の笑い声が妙に気になりましたが、この生い立ちビデオはかなり良かったと言われました。私で言えば、生まれた時から、小さい頃、幼稚園、小学生、高校生、大学生、世界放浪、滝行、セミナー中など、これまでの半生を映し出すものだったので、親はタマランかもね~。


○新婦手紙

「Wedding Dress:谷口英治」

 もらったプライベート版から。作曲者は分かりませんが、いい感じのバラードです。これを流しながら新婦が手紙を読むのですが、途中で読めなくなりました。でも頑張って最後まで読みました。曲も非常に良かったと思っています。


○記念品贈呈・親族挨拶・新郎挨拶

We're All Alone:小曽根真

 結婚式では定番の曲。小曽根真さんのソロピアノで。こん時、会場はボロボロの涙になりました。多くは語りません。。。


○新郎新婦退場

ありがとう:SMAP

 流れてたか覚えてないのですが、流れてたのでしょう。私は知らない曲でしたが、いい曲だと思いました。

以上、こんな感じです。

 ちなみに二次会での入場曲はインド音楽。退場はCCBの「Romanticは止まらない」でした。やっぱCCBは誰が聞いてもいいものです。私は内藤大助選手が入場するシーンを真似ながら退場してきましたが、そのジェスチャーが分かった人は、、、あまりいなかったようです・・(笑)



ありがとうございました。
 ↓   ↓

人気blogランキング
by katamich | 2007-10-28 23:52 | ■音楽
 長い一日が終わりました。朝、6時前に起床。それから何となくテレビなど見て準備。9時に式場に入ります。「Qさん」だけに「9時」というわけではありませんが。式場に入ると新婦は衣装やらメイクやらの準備。私はすることなくウロウロします。10時半頃からリハーサル。12時開始。14時30分終了。17時から二次会。19時に終了。それから3次会。0時前に解散、帰宅。こんな一日でした。結論から言うと、素晴らしい結婚式だったとお声を頂きました。前半、非常に和やかに進んだのですが、、、後半、それも終盤になぜか会場全体が感涙、号泣。参列者だけでなく、式場のスタッフまで巻き込んだ涙、涙、涙のフィナーレでした。2次会も楽しく、3次会では高校の同級生と飲んだのですが、そこでもとても心温まるひと時を過ごしました。そんな一日を写真で簡単に振り返りたいと思います。

 式場の「WITH THE STYLE FUKUOKA」です。南国リゾート風のホテル・レストランです。福岡は晴天に恵まれ、お天気が祝福してくれているようでした。
b0002156_12253286.jpg

 準備中の式場内。私はウロウロしてるだけです。
b0002156_12251522.jpg

 併設のバーです。いい雰囲気です。
b0002156_1227242.jpg

 メインテーブルのお花。秋らしい素敵な感じです。
b0002156_12273318.jpg

 ゲストテーブルのお花。これもとても素敵です。
b0002156_1228253.jpg

 ウェルカムボード。ツレの手作りです。ん?左の方にあのお方が。。。
b0002156_1229152.jpg

 式場。だいぶ準備が進みました。
b0002156_12292668.jpg

 控え室で司会者と打ち合わせ中。
b0002156_1230065.jpg

 実は始まってまして、苑内人前結婚式というやつです。チャペルとかではありません。
b0002156_12514669.jpg

 婚姻届け(本物)にサイン。
b0002156_1252040.jpg

 ケーキカット。
b0002156_1253024.jpg

 新婦退場。母と祖母の親子3代です。
b0002156_1232936.jpg

 お色直しして再入場。
b0002156_1233248.jpg

 間もなく余興のクラリネットアンサンブルが始まります。全13名のアンサンブルで、曲はアンダーソン作曲「クラリネット・キャンディ」です。
b0002156_12332694.jpg

 演奏者全員で記念撮影。
b0002156_12342556.jpg

 そして終盤。生い立ちビデオを流しながら二人で演奏します。曲は「涙そうそう」。演奏中になぜか笑いが起こっているのが気になりました(^^)
b0002156_1235023.jpg

 両親への記念品の贈呈。この後、とんでもないことが。。。(そして私の肩口にオーブが・・)
b0002156_123673.jpg

 私の父親のスピーチの後、私の挨拶。私は例によってその場に出るまで、話す内容を決めないのですが、少しばかり、長めの情感のこもった話をしてしまいました。。。
b0002156_12373676.jpg

 終了。エンドロールを流します。ここでは参列者に関わりのある写真とお名前を流します。非常に懐かしい写真なども流したので、ここでも感動した人も多かったようです。曲はコブクロ。
b0002156_12375643.jpg

 プチギフト。普通のお水ですが、ラベルが。。。
b0002156_12424711.jpg

 しばらくして場所を移して二次会スタート。新婦高校友人によるダンス。さすがにめちゃすごでした。
b0002156_12432852.jpg

 サプライズもあり、大感激の新婦。衣装は最後の振袖です。
b0002156_1245391.jpg

 友人による演奏もありました。
b0002156_131486.jpg

 二次会でもウェディングケーキ。
b0002156_124620100.jpg

 2次会終了後は3次会へと。素晴らしいでは言い尽くせない最高な一日でした。この日の事は後日もいろいろとお話したいと思いますが、今日のところはこの辺で。あ、それから「電報」を頂いた方々、ありがとうございました。どれもウィットに富む楽しい電報で楽しませて頂きました。改めて御礼のメールを出させて頂きますが、また後日ブログでも紹介させてくださいね。

ありがとうございました。
 ↓   ↓

人気blogランキング
by katamich | 2007-10-27 12:15 | ■旅・ツアー
 いよいよ明日。人生最大のイベントと言える結婚式です。誰の結婚式って・・・え?誰だっけ??・・あ、オレやんけ!・・みたいなボケはともかくとしていよいよ明日になってしまいました。これ読んでいる皆様にとっては、おそらく「今日」となっているのかもしれません。今日は6時前に起きます。そして自室に行って、パソコンとかいろいろして、8時前にはツレが起きてきます。その前にテレビを付けます。すると、、、あ~結婚式前日だと言うのに、またしてもこの話。

 K・A・M・E・D・A・・・です。9時から亀田興毅選手と協栄の金平会長の謝罪会見がありましたね。その一時間前くらいからワイドショーはその話でもちきり。もちろん私も見てました。そして9時から会見。実は9時からコーチングだったのですが、クライアントさんがスカイプのログインに時間がかかっているとかで、とりあえずつながるまで会見を見ます。ちょうど興毅が遅れて登場してきたところです。興毅が話し始めると、スカイプが鳴ります。うう・・・仕事なんだけど・・会見見たい。てなわけで、ちょっと遅らせてもらうことで合意。クライアントさんも「9時から亀田会見だけど大丈夫かな?」と気にして頂いてたとか。そんな気をつかわせてしまって申し訳ないな~。その辺は「ラポール」でどうにでもなるのです。とりあえず20分ほど見て、もういい、と思ってセッションを開始します(後に「ニコニコ動画」で見直したことは言うまでもありません)。とってもハッピーなセッションなりました。亀田会見について言うと、「もういい」というのが正直なところ。興毅は立派だったと思います。何と言っても20歳だし。とやかく言う人はまだいると思いますが、私は純粋に応援したいと思っています。それに対して、記者の態度たるや。。。興毅が5分遅れて入ってくると、「おい、こら!」みたいな野次が飛びます。自らが安全圏であることを確認して野次かよ。大きなリスクを背負いながら悪態をついた亀田家と比べてはるかに卑怯。そして反則指示の質問になると「反省しています」という興毅の発言に対して、しつこく言質を取ろうとする嫌らしい態度。ある意味醜い会見でした。めでたい日の前日にあまりネガティブな話したくないので、この辺にしときます。それでも興毅選手の姿勢に救われた気がします。

b0002156_0264976.jpg で、コーチング終了後、ちょっとだけ事務作業して家を出ます。今日は1時から五日市剛さんの講演会が近くでありました。その前に山口から来られるクライアントさんとランチの約束をしてます。男性なので、ここでもやっぱり亀田の話。結構スポーツ関係に造詣の深い方なので、話が弾みます。で、12時半には会場に。ロビーでチケットの受け渡しがあるため人を待ちます。その間、いろんな人に会いました。ブログの読者さん、前にセミナーに来て頂いた方など。そして講演会スタート。1時から5時まで休憩挟んで4時間。今日もぶっ飛びの内容でした。五日市さんの講演会は行くたびにいろんな気づきがあります。聞いたことある話でも、聞けば聞くほど、腑に落ち度が高まります。今日の話の中で響いたのが「すべての物質の最小単位は意思と意識でできている」という話。ミャンマーのある聖者みたいな方から言われたそうです。ただ、その方もMITでphDを取っているそうですが。とにかく五日市さんの話はぶっ飛びだらけです。絵が泣き出したり、話し始めたり、わらびーちゃんが車の中でなくなって、あるとき出てきたり。。つまり物事には必ず「意思と意識」があるという話です。今、これを書いている右横に「まんぎょうまん(元祖)」が立っていますが、これもおそらく意思を持って私を見ているのでしょう。そしてそれに愛情を注げば注ぐほど、応えも大きくなるのかもしれません。そんな話を聞くと、どんなものでも粗末には扱えません。考えて見れば、去年の100日行満行と同時に「まんぎょうまん(元祖)」が登場し、それ以降、私の奇跡の躍進が始まっているのですね。明日の結婚式、やっぱり元祖も連れて行こうと思います。3号は既に待機していますが。あ・・・何だか胸がジーンとしてきました。。。

 それからやっぱり「感謝」の話。やっぱ、この話をじっくり聞くために今日と言う日があったのだな~と思いました。内容について多くは語りません。今の心境を文章にするのはあまりにも難しいです。とにかく今日という日に対しても感謝です。

 5時に講演会が終わって、五日市さんにご挨拶に行こうと思ったのですが、時間がなく会わずにそのまま帰ります。そして一度家に戻ってから、滝行に行きます。明日の結婚式に備えて、身を清めたくなったのです。これという意味もありません。いつものように境内の仏様にご挨拶してから本堂でお経をあげます。それから滝着に着替えて滝に入ります。禊ぎの祓い、般若心経、観音経、各ご真言を唱えて、そして印を組みます。出る間際、明日の結婚式にお越し頂く方々に知る範囲全員の顔を一人ひとり思い浮かべながら、「感謝」の気持ちを捧げます。そして今までお世話になってきた人、なくなったおばあちゃんやご先祖様にも「ありがとう」を言います。じっくりと思い浮かべて感謝の意を述べたので、割と時間がかかったと思います。一通り済んでから、3回掛け声をかけて滝から出ます。体中がポカポカしていることに気づきます。もう冬に差し掛かっていて、水温はかなり低いのですが、身体はよりホットになっています。滝に来てよかったです。

 そして結婚前夜。「結婚前夜」と言えば、「のび太の結婚前夜」ですね。あの感動的な話を思い出します。私に関しては・・・さほど感動的な夜を過ごしているのではありません。いつもと同じようにインターネットなどをしながら、一人で過ごします。ツレは実家にいます。インターネットではもちろん亀田の動画を見ます。そんな結婚前夜。静かな結婚前夜です。ありがとうございました。

今日という日と明日からの未来に感謝・・・
 ↓   ↓

人気blogランキング
by katamich | 2007-10-26 23:09 | ■魔法の言葉
 また一つ日にちが近づきました。明後日じゃん。今日の動きとしては、ま、いろいろ。でもさほど忙しくはありません。よく前日まで、場合によっては徹夜で席札を切っていたとか、ウェルカムベアを作っていたとか話を聞きますが、そういった事態はとりあえず避けられそうです。

 ところで、宇宙人が降臨しました。以下の写真です。
b0002156_8513729.jpg

 ・・・宇宙人みたいですね(^^)

 これ、結婚式の2次会のチラシの一部分なんですが、企画してくれる友達が作ってくれました。ものすごく素晴らしいチラシなので、思わず見せびらかしたくって。。。もちろん宇宙人ではなく、「まんぎょうまん6号」ですね。なぜ寝転がっているかというと、これは私をイメージしたポーズのようです。私って旅行とか行くと、お決まりのように寝転んでいる写真を撮るので、そのイメージだとか。なるほど。

 短いですが、今日はこの辺で。。。

宇宙人がいるかも・・・
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-25 08:48 | ■精神世界
 いよいよ「明々後日」です。既に「明々後日」という一言で表現できる時期に来てしまいました。今日は散髪に行ったり、書類を書いたり、新婚旅行の申込書をファックスしたりして、かなりの部分で準備が進んでいます。明日は残りの荷物を式場と二次会開場に運び、前日である明後日は五日市剛さんの講演会に行くなど、比較的ゆっくりと過ごすつもりです。

 それにしても結婚式前日に五日市さんの講演会なんて、非常に意味あり気な感じですね。よく誰それの話を聞くと運が良くなる、という話がありますが、その点で私がリアルに実感しているのが、五日市さんの講演会です。実際に起こったちょっと不思議な話をエネルギッシュに語り尽くすというスタイルで、今では書店にあれ程の関連著作があるにも関わらず、どこにも書かれていないビックリするような話まで臆面なくお話されます。ただし、録音やブログなどでの公開は禁止されているので、それがまた貴重に思うわけです。私は今年だけでも、3回ほど五日市さんの講演会に行っていますが、行くたびに何かレベルアップする気がしますし、その後、ミラクルなことがたくさん起こります。五日市フリークだと言われても、否定はできません。きっぱりと。最近では五日市さんご本人と近しくなってきて嬉しい限りです。

 それにしても近頃、割と有名なところのいろんな人と親しくなりつつあります。特に有名でなくとも、すごいと思える友人がすごくたくさんできるようになっています。知り合う機会は様々ですが、そういう人たちと親しくすると、非常に大きな学びがあります。そして自分自身のレベルアップも図れる気がします。自分自身のレベルを確かめてみたければ、付き合っている人の顔ぶれを見るといい、と聞くことがありますが、もしそうであるならば、今の私はかなりのレベルアップが図られているのかもしれません。非常に不遜な言い方かもしれませんが、正直に喜ばしいことです。以前、音声セミナーで「運が良くなる方法」という話を配信しました。その中で「運が悪い人とは付き合うな」という、一見過激でありますが、よく聞く話を自分の体験を交えて話したことがあります。その話を聞いたある読者の方が、会社を退職しようかどうか迷っていたところ、背中を押してもらった感じがして決意したところ、すぐに転職先が見つかり、しかも収入面などかなり厚遇してもらえる会社であったそうです。その、前の会社というのが、よくあるような、酒を飲めば不満ばかり言うようなグループで、これでは「運」は良くなりません。いい決断だと思います。

 正直言って、運が悪い人に対して、一生懸命に運が良くなるような努力をしても、実りが少ないばかりでなく、自分まで引きずられて運が悪くなってしまいます。そういう時は「逃げる」に限ります。私もそうしています。例えば「2ちゃんねる」などの匿名掲示板などを見ると、そこに書き込みしている人の大半は運が悪い連中だと感じてしまいます。以前は「ジャズ版」とか「ボクシング版」とか「ニュース版」とか見ることもあったのですが、あまりにも醜い書き込みを目にしてしまうため、気分が悪くなって、今では見なくなっています。日常ではおよそ見ることのできないような汚い言葉のオンパレードです。今はどうだか知りませんが。もちろんいい情報もあるのでしょうが、プラスマイナスで考えたら、マイナスの方が遥かに勝ると感じています。ツレなどは何かを検索して「2ちゃんねる」を開いてしまうと、何も読まずに即座に閉じてしまいます。いい感性だと思います。結婚相手が「2ちゃんねる」にはまってたりしたら嫌だな~と思うのですが、その点はとてもいい感性を持つパートナーで嬉しいです。

 そんなわけで、付き合う人間ってのはとても重要だと思っています。いつも援用するNLPのニューロロジカルレベルでは、低いところから「環境」→「行動」→「能力」→「信念」→「存在」の順に高くなりますが、これは「意識レベル」のみならず、「生活レベル」でもそのまま当てはまる気がします。つまり、


「どこに住むか(where,when)」よりも「何をするか(what)」の方が重要で、
「何をするか」よりも「何ができるか(how)」の方が重要で、
「何ができるか」よりも「どんな信念を持っているか(why)」の方が重要で、
「どんな信念を持っているか」よりも「どんな人間か(who)」の方が重要だ



ということになります。最後の「どんな人間か」については、「どんな人間と付き合うか(whom)」にも置き換えられると思います。五日市剛さんが講演会の中で「素晴らしい旅行」の定義をしていますが、それは「どこに行くか(where)」ではなく、「誰と行くか(whom)」が一番重要で、二番目に「誰に案内してもらうか」が重要だと言っています。まさしくその通りです。その意味で11月に行く合同ハネムーンはとっても楽しみです。一緒に行く夫婦もとっても素晴らしい二人で、ちょっとした思い付きが即座に形になりました。パスポートも取り、申し込みもし、料金も支払い、後はちょっとした準備をしながら、その日が来るのを待つばかりです。「合同ハネムーンで行く奇跡のバリ島ツアー」となりそうです。ちなみにミクシィには私と行くツアー関係のコミュが2つあります。一つは私が立てた「Qさんと行く奇跡のQ州ツアー」というもので、もう一つは別の方が立てた「Qさんと行く奇跡のインドツアー」というものです。どちらも「奇跡の」が付いています。あと「奇跡の」シリーズとしては「奇跡の習慣~すぐする!~」と「人生を変える奇跡の早起き」というコミュがあります。両方ともに地道に人数が増えて、参加者の多くが「奇跡」を体験しているようです。私って結構「奇跡」が好きですね。そんなわけで、私が行く旅行にしても、いろんなところで不思議なことが連発します。そしてその後はなぜか「奇跡」のような出来事を体験する人が多くなるのです。そんなわけで11月の「奇跡のハネムーン」に始まり、突然企画される「奇跡のQ州ツアー」、そして来年予定の「奇跡のインドツアー」がとても楽しみです。それから27日の結婚式も参列された方皆さんが運が良くなるような「奇跡の披露宴」、そして「奇跡の2次会」になればいいな~と思っています。いや、きっとそうなるでしょう(^^)

 そんなところでして、何の話か分からなくなってきたのでこの辺で。それにしても結婚式当日でなく、前日に五日市さんの講演会に行けるのも奇跡と言えば奇跡ですね。私は運がいいです、やっぱり。


なるほどな~と感じた方はクリックをお願いします!!
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-24 23:10 | ■人生哲学
 今日も何となくあっという間に一日が過ぎ去ったような気がします。来週の今頃はかなりの解放感に浸っているのだと思います。一生に一回の大イベントなので、しっかり残りの日を悔いのないよう過ごしたいと思います。当日の天気については、天気予報がしっかりと当たると「晴れ」となります。前日はちょっと雨が降るようですが、雨の翌日の晴れほど気持ちのいいものはないので、かなりのいい天気が期待できそうです。ちなみに10月27日というのは、統計的にも晴れやすい日なんだそうです。さらに驚異的な晴れ男&晴れ女の挙式なので、晴れないはずがない、、、と言って雨が降ったら降ったで、それはそれでいいです。例外を経験するのも、また、何かのご縁ですから。ま、少なくとも大荒れにはなりそうもないので、天気的には心配はありません。

 で、今日は結婚式場にすべての入金を済ませました。私はいつも「新生銀行」からネット送金するのですが、新生銀行だと月に5回までどの銀行相手でも無料で振込みができます。それ以上でも一律300円の手数料で済むので、とっても重宝しています。さらに24時間365日、セブンイレブンにて無料で出入金ができるのでこれも便利です。新生銀行、素晴らしいです。今日はかなりの大金を振り込むので、振込み限度額の変更が必要となりました。そして一気に振り込んだのですが、それでも手数料は無料。ただ、今月は振込みが多いので、既に無料の5回分を使い切ってしまいましたが。。。

 ちょっとだけお金の話をしますが、私はお金が大好きです。これほど人生を豊かにしてくれるものはありません。充分なお金があれば、大抵のことはできてしまいます。なのでお金が私に寄ってくることは多いに大歓迎なんですが、一方、お金を払うことも大好きだったりします。それも大金であれば大金であるほど、気持ちよさを感じてしまいます。もちろん無駄なものにお金を費やすのは嫌いですし、同じものを買うにしても、なるべく安く買おうと努力はします。しかし、払うべきだと自分で納得した場合、その入金は驚くほどスピーディーだったりします。その方が気持ちがいいからです。その意味で一番気持ちが悪いのは、払うべきお金をずっと持っていることでしょうか。

 世の中の原理から言えば、まずは「出る」ことが先で、その後に「入る」がきます。日本語の熟語を見ても「出入り口」「出入力」「出入り」など、必ず「出」が先で「入」は後です。つまり出さないと入ってこないのです。世の中のお金持ちの多くは寄付を習慣としていますが、これも先に出すことで、それに利子がついて自分に戻ってくることを知っているからだと言われます。私の敬愛する五日市剛さんも、講演会などでしばしば「お金」の話をします。五日市さんは自分でも「どう考えてもお金に好かれてるとしか思えない」と言われますが、話を聞けば聞くほどその通りのようです。詳しくは書けませんが、話を聞けばビックリします。その秘訣として言われるのが、やっぱり「お金を出すこと」だと言います。五日市さんの場合は、さらに人を感動させるような演出をしながらお金を出すことだと言いますが、とても納得させられます。私はまだまだ五日市さんほどでは全然ないにしても、不思議とお金が入ってくることが多いです。おそらく私の「労働時間」に比べると、驚くほどの効率でお金が入ってきている気がします。今では会社員時代の収入を既に超えていますが、労働時間に比べると、単なる額面以上の現在価値があると思います。

 もちろんそのためにいろいろと工夫や行動をしてはいますが、今日の話のテーマとして習慣付けていることが、まさしく「払うべきお金を素早く払う」ということです。だた、唯一の例外が日本育英会(奨学金)の返済で、この2年ほど返済免除をしてもらってて、今年からまた返済をスタートさせたのですが、引き落とし口座が全然使ってない口座になっていたので、引き落としされず、2回ほど督促状をもらいました。今ではきちんと払っていますが。

 では、なぜ私が素早くお金を払うようにしているのかと言うと、まずは気持ちがいいから。そしてそれ以上に、素早く払うことによって、そのスペースに利子をつけてお金が入ってくることを知っているからです。支払うべきお金というのは、通帳残高には自分のお金のような顔をして残っていますが、実は自分のお金ではありません。自分のお金でないお金をずっと持っていることで、せっかくのスペースが非常にもったいないことになるのです。そのスペースを空けると、もっとフレッシュなお金が入ってくるというのに。ここにお金持ちとそうでない人との差があるように思います。

 お金持ちは支払うべきお金、支払った方がいいお金をどんどん出していって、入ってくるためのスペースを常に空けておきます。そのスペースにはフレッシュなお金が仲間を連れて入ってきますので、自然とスペース自体が大きくなります。そしてまた支払うべきお金をすぐに払ってスペースを空けるため、そのスペースにさらに仲間を連れたフレッシュなお金が入ってくるわけです。そしてさらにスペースが拡大され、、、という具合です。

 一方、お金に困っている人は、支払うべきお金を払うことを渋ります。なのでスペースが空くことも広がることもなく、残っていたお金は次第に老化していき、自然となくなってしまいます。では、なくなったそのスペースに新たなお金が入ってくるかと言えば、そんな死臭の漂う部屋には誰も入ってはきません。仕方ないので、そこは土で埋めるか、取り払うしかなく、スペースは狭まってしまいます。

 なのでお金持ちになる秘訣は常に部屋をフレッシュにしておくことです。払うべきお金はすぐに払い、部屋をフレッシュに。そしたら新しいお金が仲間を連れて入ってきます。そのうち、また払うべきお金が発生するので、すぐに払って部屋をフレッシュに。そのうちに部屋の増築などが始まり、持てるお金のキャパシティが広がるわけです。よく宝くじで高額当選した人が自己破産した入り、不幸になったりするという話を聞きますが、これは入れる部屋がないのに、多くのお金を招いてしまったせいで、お金が反発してしまった結果だと考えられます。人間だってそうですよね。飛行機の予約が取れたにも関わらず、発券のときにオーバーブッキングで乗れません、と言われたら、二度とその飛行機には乗ろうとは思いませんから。(この話は時々あります。航空会社はキャンセルが出ることを想定して、通常、座席以上の予約を受け入れることになっています。最終的にはキャンセルが出て、きちんと飛ぶわけですが、稀にキャンセルが思ったほど出ずに、オーバーブッキングしてしまうことがあります。その際、うまくいけば無料でアップグレードして乗せてもらうこともありますが、次の飛行機などに回されることもあります)

 お金も同じで、部屋がないのに勝手に招かれて、入ってみたはいいけどあぶれ出してしまう。これではもうその部屋は利用してもらえないでしょう。これが高額当選して不幸になる人のメカニズムです。まずは部屋を空けること。そしてその部屋をいつもフレッシュに保つことで、評判を聞いたお金さん達が、仲間を連れてやってきます。儲かるので部屋を増築すると、さらに評判を聞いたお金さん達が仲間を連れてやってくるのです。要するにホテルと一緒です。儲かっているホテルは客の回転もよく、常に清潔です。そして確実なリピーターと評判がついてきます。逆に儲かってないホテルは、ディスカウントなどしながら、何とかして客にいてもらおうとするわけです。そのうち安かろう悪かろうという評判が出始め、客の質も低下して、中には宿泊代を踏み倒す客も出てくるかもしれません。そして部屋は汚れ、客は遠のき、規模は縮小して、いずれつぶれてしまうわけですね。

 この例で考えると、まずは私自身というものを「お金のホテル」だと考え、お金というお客さんにどのようなサービスができているのか、部屋は清潔か、客筋はいいか、などを考えてみるのもいいかもしれません。私は今回の結婚に際してかなりの多くのお金を支払っていますが、この後、フレッシュなお客さん(お金さん)が来ることを思えば、とっても楽しくなってしまいます。お金は得ることよりも、使うことをメインに考えるといい、とお金持ちの人が例外なく言う気持ちがわかる気がします。そのための参考文献として鳥居祐一さんの「お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか」をおススメします。日本だけでなく、東アジア圏で既にベストセラーになっています。ちなみに鳥居さんは私と会いたいと言って下さってるようなので、とても嬉しいです。もしかしたら12月にお会いできるかもしれません。

 あ、ちょっと付け加えて言うと、では、借金はどうなのか、という疑問もあるかと思います。借金はそれ自体が支払うべきお金ですから。借金は宿泊キャンペーンみたいなものですね。まずは入ってもらって、きちんとした評判を作るわけです。そして期日にはきちんと出て行ってもらって、新しいお客さんに来てもらうわけですね。ここで肝心なのは、きちんと返済期日を守るということです。それが評判、つまり信用となります。お金持ちの中には、この(銀行からの信用)を得るために、必要のない借金までする人もいると聞きます。銀行は借りてもらってなんぼの商売ですから、きちんと借りてもらって、きちんと利子つけて返済すると、それだけで信用が得られ、いざというときに備えられることもあるわけです。

 そんなわけで、久々にお金について書いてみました。ありがとうございました。


なるほどな~と感じた方はクリックをお願いします!!
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-23 09:19 | ■人生哲学
 5時半起床。外はまだ暗いですね。早起きすると、季節の移り変わりがリアルに体感できますね。6月に21日行をやっていた時は4時過ぎから徐々に明るくなり、5時には完全に日の出を迎えていたのですが、今は6時過ぎまで暗いです。これが12月には7時前まで明るくならず、冬至を過ぎると徐々に日の出時刻が早くなってくるんですね。今、ミクシィの「早起きコミュ」で毎日日の出時刻(東京)を書いているのですが、今は毎日遅くなっているのがリアルに分かります。で、7時からコーチング。その後は今月二回目の宝満山登山に行きます。

 今日は友達と登ってきました。結婚式のスクリーン関係のヘルプをお願いしてる人で、お蔭さまで素晴らしいものができました。で、一緒に山に登った後、美味しい蕎麦を食べて帰ります。考えて見ると、結婚式をするにおいて、非常に多くの人のお世話になっていることがわかります。それこそ式場やお花、ドレス、その他の関係者の方々はもちろんのこと、ご招待する人やその他の友人知人にまで大きなことから細かいことまで、本当にたくさんの人の手を貸して頂いています。本当に感謝しています。結婚式までまさに秒読み段階に入っている今、本当にいろんな人のお蔭だな~とつくづく感じ入ってしまいます。そう考えると、何一つ、自分(たち)だけでできることなど何もないんだな、と改めて思います。結婚式はもちろんですが、毎日の生活の一つ一つにまで、すべて人様のお蔭で成り立っているんだな、と思います。

 私は今、こうやってブログを書いていますが、なぜ「K」と「A」を続けて押したら「か」と出てくるのでしょうか。そして「かく」と続けて入力すると「書く」から「欠く」「描く」「格」など、自動的にいろんな文字を選択できるようになるのでしょうか。私はその仕組みはまったく分かりません。それこそ実際に手で書くよりも早く書けるこのパソコン。不思議と言えば不思議です。そしてそれらの単なる文字の羅列が、なぜに毎日、多くの人の目にとまるようになるのでしょうか。これらは何一つ自分の力で成しえたことではありません。私の知らぬところで、苦労して開発している企業や技術者がいるからです。それこそ徹夜しながら、何度も何度も試行錯誤を繰り返しながら。

 今、私はコーヒーを飲んでいます。コーヒーを淹れたのは私ですが、私はしたのはただそれだけです。このコーヒーはコロンビア産のようですが、中には「コロンビアってどこ?」と思う人もいるかもしれません。私がこのコーヒーを飲むまでには、まず、コロンビアでコーヒーの種を蒔いた人おり、それを実らせて収穫した人がおり、それを出荷した人がおり、それを買い取った商社がおり、それを買ったコーヒー会社がおり、そこの従業員がおり、飲めるまで加工した人がおり、安全に美味しく飲めるよう改良した人がおり、パッケージした人がおり、そのパッケージのデザインをした人がおり、それを工場で製品化した人がおり、それをさらに各スーパーに出荷した人がおり、そのスーパーで働いている人がおり、ようやく私に手に届くことになるのです。そう考えると、めちゃくちゃ大冒険したコーヒーだし、どんだけ多くの人の手がかかったら気が済むねん!と思う人、多くの人の手がかかっています。もちろん上にあげたプロセスは私が思いつく限りの範囲なので、実際にはもっともっと多くの人の手がかかっていると思います。そう考えると、私は今、すごいコーヒーを飲んでいることがわかります。何かのご縁で私の元にきたこのコーヒー、、、いつも以上に美味しく感じます。

 もうあげだすとキリがないのですが、私が来ている服、座ってるイス、目の前の机、住んでいるマンション、マンションの前の道路、駐車場の車、近くのコンビニ、もって行けば北海道まで届けてくれる配達業者、私に知恵と安らぎをもたらしてくれる本と本屋、、、などなどキリがありません。これらはすべて例外なく自分以外の人の手がかかっています。私は毎日その恩恵に与りながら生活しているわけです。実に当たり前のことかもしれませんが、普段、そんな当たり前のことにさえ意識がいかない自分がいたりします。近頃、、、何となく「感謝」の心を忘れてるな、と思うことがあります。正直に告白しますと。いろんなことがうまくいっているのは、私の力ではないはずです。確かに私はそうなろうと考えたり、行動したりはしますが、実際にそうなるのは、99.9%以上、人様の力によるものです。先日、大阪と名古屋でセミナーをしましたが、それができるのは、飛行機が飛ぶからであり、新幹線が走るからであり、何より来て頂ける参加者の皆様がいるからです。実はセミナーが終わって、大阪から福岡に帰ろうとするとき、大いなる不満を発してしまったことがあります。伊丹空港から福岡に帰るのですが、天王寺から伊丹空港にバスで行く際、30分で着くはずが、突然の事故渋滞で一時間近くかかってしまったのです。十分なゆとりを持って家を出なかった私がいけないにも関わらず、運転手さんに「あと、どの位で着きますか!」なんて、急がせるような口ぶりで聞いてしまったのです。「見当つきません」と言われたのですが、その時、妙に腹が立ってしまったのです。こっちは急いでいるのに、それはないやろう~と。完全なる私の我がままですね。でも、すぐに気を持ち直すことにしました。もし遅れたとしても、次のに乗ればいいし、なければ新幹線で帰ってもいいし。そうやって開き直った瞬間、バスが進み出し、空港に着いたのは飛行機が出る10分前でした。最終的にはツイてる結果となったのですが、そもそも、バスで空港まで運んでくれること自体ありがたいことです。運転手さんだって時間通りにお客さんを到着させたいはずです。そんなことも考えずに、腹立たしく思うなど、なんて偉そうなんだと、しきりに反省する次第です。

 そんなわけで、結婚という人生最大のイベントを通し、今、まさしく私にとっての再出発になるわけです。会社を辞めた当時の純粋で真摯な姿勢を思い出す意味でも、今から結婚式までは、自分自身の原点を見直すとともに、本当の意味での再出発への準備に勤しみたいと思います。自分は「生かされている」という気持ちを原点として、すべての物事、人様はもちろんのこと、コーヒー一杯、バスの一区間にまで「感謝」の気持ちを忘れずに、これから先も生きて行きたいと思います。

 ところで、今日の夜、式場との打ち合わせがあったのですが、必要な荷物をほとんど持ち込むことができ、スクリーンの動作も確認。これで私の作業自体は大幅に軽くなったわけで、少しだけ開放感があります。しかし、これからが正念場のつもりで、残りの5日間、感謝の気持ちを忘れずに過ごして行きたいと思います。ありがとうございました。


いつも応援頂きありがとうございます!!
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-22 09:08 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン