宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 さて、今日は4時に起きて、歩いて滝に行きました。残り3日となりました。頑張れ、俺。

 今日もいろいろと仕事を片付けていました。とにかくできることを一つ一つ片付けていくのです。アマゾンから石井裕之さんの新刊が届きました。「人生を変える『心のDNA』の育て方」という本です。CD付きで読む前に聞いてみたのですが、結構スゴイです。本もパラパラと読みましたが、今までのに加えてさらに面白いことが書かれています。これで1300円とは安すぎですね。読んで気づいたことがあればまたレビューしますね。

 夜は経営コンサルタントの栢野克己さんの講演会に行ってきました。昨年度一年間、二人の子どもと奥さんと家族4人で世界一周してきた人です。この話もまた改めて書きます。と言うのは、明日、3時起きなので、今日は早く寝るのです。あ、そうそう、ミクシィの方で「早起きコミュ」を作りました。こんなのです、、、


【朝陽とともに目覚める】


朝陽とともに目覚める人のためのコミュです

絶対の成功条件と誰もが掲げるのが早起き。

あれもして、これもして、でも早起きだけはできない、、
という人も少なくないんじゃないでしょうか。


昔から「早起きは三文の得」と言われていますが、
実は三文どころではないんです、これが。


「早起き」の効果を思いつくままに列挙しますと、、


・気持ちがいい
・生活のリズムを調整してくれる
・自分だけの時間を持つことができる
・誰よりも早い一日をスタートできて仕事がはかどる
・布団の中の自分に打克つことができ自信が大きくなる
・読書や勉強など自分を高める時間を集中してもつことができる
・ホルモンのバランスが正常化され、心身ともに健康になれる
・「気力」が漲りエネルギッシュになれる
・苛立ちや憂うつがなくなる(ウツも治る)
・第三の目(松果体)を刺激して直観力に優れるようになる
・一日で最もパワフルなエネルギーを浴びることであらゆる能力が向上する
・宇宙と調和した生活を送ることができる
・とにかくダイナマイト級に「運」がよくなる


などなど。枚挙に暇がありません。

これだけ優れた効果のある「早起き」ですが、なぜ苦手な人が多いのでしょうか。

答えは一つです。つまり「習慣」がないからです。

人は今の状況をなるべく維持しようとします。
布団の中は確かに楽園です。
だからこそ人はその楽園から出る勇気がなく、その状態を維持しようとするのです。

しかし、多くの成功者は知っています。
楽園は布団の外にこそあることを。


とにもかくにも、目が覚めたらすぐに布団から出ることを「習慣化」することが、毎日の早起きの絶対の秘訣となります。

本コミュニティでは、そのような「早起きの習慣化」を目指していくことが目的です。





では、参加にあたってルールをご説明します。

トピは日替わりで立てられます。
【2007年7月1日-4:28】
のような感じです。
右側の数字は日の出時刻(東京)を表します。

トピにのトップには管理人より「その日の言葉」がプレゼントされます(主に偉人関係です)。

参加者は日の出時刻の前後30分以内に起きて、トピに書き込みします。
もちろん内容は自由です。「おはよう」だけでもOKです。

ただし、書き込んだ日数だけ記すようお願いします。
初日の人は「一日目」「1」など添えてください。

その日数が「100」を数えた時、その方は「習慣化」できたことで免許皆伝となります。
その後は続けたければ続けても結構です。

もちろん毎日でなくても結構ですが、なるべく間隔をあけない方が好ましいです。
自分のペースで「100」を目指しましょう。

「100」を達成できた人は、
すでに早起きマスターとなっていることでしょう。


思い通りの人生を創造するための新しい習慣。
参加お待ちしております。

(2007年7月1日スタートですが、いつからでもOKです)

質問・その他はこちらから
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20194507&comm_id=2352251


 ということで、今日も短いですが、この辺で。おやすみなさ~い♪


応援のクリックよろしくお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-30 22:45 | ■日一日
 ぁ~今日もやってしまいました。一度、3時半に目が覚めたのですが、身体が動かんな~とか思っていたら、次に目が覚めたのが6時。日の出の時刻を過ぎてしまいました。今回の行では2度目の日の出遅刻です。なんと言うか、、、悪魔の囁きみたいなのが聞こえるんですよね。「今日は午前中の用事がなくなったから、もう少し寝ててもいいよ・・・」、なんてのが。一方で、「日の出とともに起きるんでしょ!さっさと起きなさい!」、とも聞こえるんです。これは天使の声ですよね。今日は悪魔君に負けちゃいました。まだまだ修行が足りぬようです。

 6時過ぎに家を出ると、既に結構、暑いです。私はもともと靴があまり好きでないので、今日はスニーカーではなくビーチサンダルで家を出ました。大地を踏みしめる感覚が心地いいです。しかし、慣れない部位に力が入っていたのか、すぐに足が筋肉痛みたいになります。これまた、明日は起きるのが辛いぞ~とか思ったのですが、これも修行修行。滝場まで2時間弱歩いたら、足の親指の付け根の部分が皮むけてました。これはよくある現象です。ミャンマーを旅行した時、ずっとビーサンだったのですが、親指の付け根がむけたので、人差し指と中指の付け根に鼻緒を挟むようにして履き直したりしました。でもそのうち、むけたところに強い皮が戻るので、そうなると後はOKです。足の皮を太くするのも修行です、、なんてね。

 靴が好きでないと言いましたが、それは昔からそうですね。小学生の時もビーサン大好きでしたし、アジアを旅行する時も、ほとんどスニーカーを履いたことがありません。大学生の頃、インドでずっとビーサンだったので、大学にも普通にビーサンで行ってました。それはまだいいのですが、ある日、完全に裸足で大学構内をうろついていたら、周囲から変な目で見られました、、と思います。すぐに大学事務の人から「靴を履きなさい」と言われたので、裸足生活は一日で終わりましたが、その後はまたビーサンです。今は雪駄が多くなっていますが。。。

 ところで、今日、なぜかインドの本を読んでいました。私は今まで3回インドに行ってます。3度目は2005年の5月です。これは奇しくも21日間だったので、完全に「修行の旅」でした。この時の話ですね。2回目のインドは1997年の8ヶ月かけての世界一周の時です。で、最初のインドですが、それは大学2年。20歳くらいの時だったと思います。私が初めて海外に出たのは、大学一年の夏、韓国でした。ちょうど釜山の大学生と交流する学外サークルに入っていたので、それで訪れたのが初です。その時は直接集まりに行くのではなく、3日前に釜山に入って、今考えると無鉄砲にも、一人でソウル行きの電車に乗り込みました。確か、地球の歩き方だけ持っていたと思います。車内で早速「歩き方」を見ていると、隣の女性から声をかけられました。日本語が堪能な25~6くらいのきれいな女性です。ちょうどソウルの友達の家に行くので、よかったら一緒に行かないか、という誘いでした。今ならボラれることを思ってしまうのでしょうが、その時は非常に純粋だったので、喜んで着いて行きました。ただ、鼻の下を伸ばす以前に緊張してたので、何かを期待するということもありませんでした。今なら期待するかも。結局、その日は焼肉などを奢ってもらって、友達の家に泊めてもらって、翌日、再び一緒に釜山に帰りました。そこでその女性のボーイフレンドとまた食事。結局、ひたすら親切にされただけで、お別れしました。その後、一度手紙を書いたのですが、届かず戻ってきました。

 そんな初海外旅行だったので、その後、病み付きになるのは致し方なしですね。で、その後の釜山大学の学生との交流も大盛り上がり。翌年もその交流会に参加するのですが、大阪の友達と一緒に参加して、その後、インドに行くことを計画していました。今考えると変な話ですが、とりあえずインドビザだけ取ってて、後はその時のノリでインドに行こうなどと言ってました。で、結局、釜山での交流が楽しかったので、その勢いでインドにも行くことになりました。交流会後、4人でソウルに行き、旅行代理店でチケットを買います。今考えるととても勿体無いです。日本で手配すると、どんなに高くても往復10万円前後なんですが、ソウルで片道を買ったら7万円でした。で、帰りもカルカッタから福岡までの片道が7万円でした。今考えるとありあえないチケットの買い方ですね。

 チケットを手にした4人はもうテンション最高潮です。「テウォン旅館」という安宿に泊って夜中までいろんな旅人と語り合います。そして翌日、ついにインド行きです。バンコクに一泊するのですが、ノーマルに近いチケットだったので、ホテル付き。贅沢なディナーを4人で楽しみ、そこでもテンション最高潮。いや~楽しかったですね。インドや~!見たいな感じで。そして翌日、バンコクからカルカッタに飛びます。その時、4人が4人とも飛行機初体験。離陸の瞬間、4人で小さく万歳ですよ。

 その時の4人というのは、全員、河合塾という予備校出身。男女2名ずつの4人です。私はその男とは前から知ってたのですが、女の子のほうは、一人は前年の釜山交流会で知り合ったけど、もう一人の女の子は初対面。よく一緒にインドなんかに行く気になるよな~と思うのですが、その女の子の親の考え方はとっても共感を覚えます。娘に旅をさせてあげたい。インドなど素晴らしい。でも女だけでインドに行かせるのは心配なので、男が二人も同行するのならOKだ、という考え方です。言うまでもありませんが、別におかしなことにはなっていません。インドという非日常な空間で、4人とも下痢の話ばかりするのに、そんな気になりようもありません。ただ、女の子の一人が割りと英語に堪能だったため、助けてもらったのは男の方だったりするのですが。。。

 テンション最高潮でカルカッタの空港に着いたのですが、ソウルやバンコクとはうって変わったみすぼらしい空港です。国際空港とは思えません。田舎のバスターミナル並です。突然、手のない乞食みたいな男が現れてタクシーまでエスコートします。我々一行は無視です。外に出ると土砂降り。誰も傘をさしてないどころか、靴を履いてる人もあまりいません。何とか公共タクシー乗り場に行って、4人で乗り込みます。サダルストリートまで74ルピー。タクシーが出る間際まで、手のない男がチップを求めて、車の中に身体を挟もうとします。で、出発。出発すると今度は運転手が「一人74ルピー」などと言って、ボロうとします。聞こえてないふりします。外を見ると、大雨で道路が洪水。裸の子どもが手を振ってます。4人は「ええ感じやな~」とか言ってるのですが、明らかにテンションが下がっています。

 サダルストリートに着いたら雨が止んでいました。お目当てのパラゴンホテルに向かうのですが、ツインルームは満室。変なインド人オヤジがニヤニヤしてる小さなドミトリーだけあいてたのですが、さすがにそこは遠慮します。外に出るとすぐに客引きに捕まって、とにかく宿に入ろうということで、着いて行きました。そのホテルは安宿の中では中流かも。ソウルのパッカーからのアドバイスを聞いて、前払いするとすぐにレシートをもらいました。それがこの写真です。おお~若い、おれ!髪がある!
b0002156_014483.jpg

 何となくきれいには見えるのですが、実際にはそうでもないです。特に部屋とベッドは、これまでの人生を覆すようなものでした。もっとも、その後の長旅の中ではもっとえげつないホテルに何度も泊っていますが。何よりも周りのインド人が怪しげですよね。腹が減ったので外に出ました。すると乞食に囲まれ、大勢の乞食にずっと付きまとわれます。道端を見ると、麻袋に入った人間が3人(3体)、亀のように顔を出しています。手足がなく達磨のような人間が亀のようにこちらを向いています。親分みたいなのが金を出せと手招きします。その瞬間、食欲がなくなり、すぐにホテルに帰ります。女の子の一人がついに言いました。「私ら、えらいとこ来たんちゃう・・」、と。

 ひたすら強がっていた4人は再び意気投合。さすがに帰ろうとは言わないものの、インドに対する不安を口々に言い合います。でも、ブッダガヤーとバラナシには行きたいものです。結局、カルカッタには2泊して、ブッダガヤーに向かいます。カルカッタは欲むき出しの街だったので、田舎に行って心を癒したい気分でした。カルカッタの駅でカレーを食べたのですが、なぜかそこではいいサービスしてもらい、とりあえずホッとしたのです。ちなみに下の写真はサダルストリートのハガキやサトシの店です。
b0002156_0142027.jpg

 列車は夕方に出ます。2等寝台に乗るのですが、周囲はインド人ばかりで、じろじろ見られます。こういうとき、女の子としては、我々がいたことが心強かったようです。4人で昔流行った話とか、バカ話をして、気を紛らわせます。うとうとするのですが、熟睡はできません。突然、「チャイ!」という声で起こされます。その大声に4人はまた笑い出します。「みんな寝てるのに、夜中に何大声だしてんねん!」、とか言いながら。

 15時間ほど列車に揺られて、ブッダガヤーに到着。男女ペアでサイクルリクシャーに乗って、中心地まで行きます。期待通り何もないのどかな街でした(しかし、その2005年に訪れた時は随分変わっていました)。スリランカ寺に宿を取り、外に出ます。雨季だったので、川の水かさも多いです。ヤケクソになって服のまま川に入ります。途中で島に辿り着いたので、私はそこで徐に全裸になりました。女の子は別の島にいます。うお~とか全裸で叫ぶと、インド人が向こうで指差してます。私の方からはあまり見えないのですが、視力のよいインド人はきっと私のチ○コもよく見えたのでしょうね。ブッダガヤーは落ち着けました。
 
 その後はバラナシに行きます。また2等に乗るのですが、着いたのは夜、暗くなってです。「クミコハウス」を目指していくのですが、みんな水没したとかウソをつきます。結局、怪しいインド人に連れられて「クミコハウス」に着くのですが、なぜか宿の主人シャンティーに門前払いを食らわされます。理由はタゴールをしらなかったから。我々も逆ギレして、「クミコハウスがなんぼのもんやねん!」と捨て台詞を吐いて、近くの宿に取り合えずチェックインします。翌日は私の常宿となる「ヴィシュヌレストハウス」に無事チェックインしました。3回インドに行ってますが、3回ともここに泊っています。テラスからガンジス川が見えるので、とてもいいロケーションです。
b0002156_0143514.jpg

 ヴィシュヌではいろんな旅人といい出会いもあり、とても楽しかったです。でも、バラナシの飯は劇マズでしたので、果物ばかり食べていました。2回目にバラナシに行った時は、結構、旅行者向けの店もできていてそれはそれでよかったのですが、何だか寂しくもあったものです。バラナシではまず、男が先に帰ります。女の子2人はデリーに向かいます。私は再びカルカッタに戻り、帰国となります。ちょうどビシュヌにカルカッタに戻る日本人旅行者がいたので、同行します。インド哲学を専攻している同じ年の男でした。(写真は先に帰った男ですが)
b0002156_0145027.jpg

 で、私の初のインド旅行が終わるわけですが、正直、2度と行くもんかと思いました。結局、4人のうち2人が赤痢になり、隔離病棟に収容です。私も保健所から呼ばれたのですが、「擬似赤痢」ということでギリギリセーフ。実はかなりやばかったのです。日本に帰っても下痢は止まらないし、症状がまさしく赤痢だったのですから。一応、赤痢菌は入ってはいたものの、感染は免れたので、隔離されずということです。検査結果が出るまでドキドキでしたね。

 インドに行くと2通りに分かれると言われます。大好きになる人間と大嫌いになる人間と。間違ってはいないのですが、もっと正確に言うと、最初は1割が好きになり、9割が嫌いになります。でも嫌いになった9割りのうち半分はもう一度行ってみたいと思うようになります。そのまた半分以下が本当に行ってしまいます。でも、本当に行った人は、大体が好きになって帰ります。私もその一人ですから。

 そんなわけで、私の初のインド旅行について、述懐してみました。人生の中で、インドにはまだ何度かは行くと思います。やっぱインド好きですね、私は。



応援のクリックよろしくお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-29 21:59 | ■インド
 今日は4時に家を出ました。今日からまた一段と暑くなり、朝から汗をかきます。その分、滝はとっても気持ちがよかったのですが。帰りはまた普通に歩いて帰るのですが、何となく、距離の長さを感じなくなってきました。宝満山もそうです。何度も行ったり登ったりしていると、精神的にも慣れてくるものです。ただ、身体の方は正直で、疲れはどんどん蓄積されてきているようです。ここらで一日中寝ていたい気もするのですが、なんせすることがたくさんあるのでそういうわけにもいきません。今日は9時過ぎに家に着いてシャワーなど。そして10時半からスカイプで濃い人と話をしていました。いつも思うのですが、はかなり強烈なキャラですが、話してて勉強になることも少なくありません。何よりあの「行動力」はモデリングの価値があります。約2時間ほど話をして、その後はまた別の方とスカイプです。その方とは一時間ほど。ご飯を食べてなかったので、米を炊いてご飯にします。食べ終わって、五日市剛さんのCDを聞いていたら、いつの間に寝てしまっていました。

 これは経験者にしか分からないのでしょうが、滝に打たれると、想像以上にエネルギーを放出するものです。さらに20キロの歩きです。なのでしばらくすると猛烈に眠くなります。ただ、エネルギーを放出すると、それだけ新鮮なエネルギーを取り入れやすくなるので、今、何だかものスゴイことが私の身体で起こっている感じがします。今回の行は水曜の最終日を入れて残り6日です。あまりにエネルギーを放出しすぎて今回はあまり「性欲」がありません。ただ、「欲」はないと言っても、そっちも完全に禁欲中ですので、「性エネルギー」はきちんとチャージされています。ナポレオン・ヒルに書かれているように、「性エネルギー」をどんどん創造的なものへと転換させていきます。

 ナポレオン・ヒルと言えば、「思考は現実化する」の全18章のすべてが珠玉のストーリーなんですが、中でもとりわけ好きなのが「第17章 悲しみを通して魂にいたれ」という章です。そのまとめの部分を一部引用しますと、、、


・悲しみは、人間の最高の感情である愛情とよく似ている。悲しむことのできる能力は、それだけで、その人の精神的資質の深さを示している。

・悲しみは、その人の魂を高めてくれる。悲しみを災いとしてではなく恩恵として受けとめよ。



 「思考は現実化する」が単なる「成功法則」の枠を超えて、世界中でずっと読まれている理由は、こういう章がさり気なく入っているからだと思っています。小説ならまだしも、いわゆるビジネス書の類で「悲しみ」を正面から取り上げて論じているのは、「思考は現実化する」くらいではないかと思っています。もっとも私もすべての本を読んだわけではないので、もしかしたら他にもあるかもしれませんが。

 この章を読んでいると、ナポレオン・ヒルその人そのものが、過去に非常に深い悲しみを経験し、そしてリアルにそれを転換してきたのだということがよく分かります。私自身は、これまでの人生でどれだけ深い悲しみを経験してきたか、、、と言われると、そこまではないと思っています。もちろんミクロな悲しみは何度か経験してきてるのでしょうが、それこそ死にたくなるような悲しみは未経験だと思います。しかし、時として、こう考えることはあります。(ちなみにこのフラッシュは泣ける)

 「自分にとって考えられる限り、最大の『悲しみ』とは何であろうか?」、と。

 これを考えることは酷です。なので、私のコーチングでフィードバック用に使っている「パワーアップクエスチョン」のシートにも記載したことはありません。しかし、私は時々考えてみます。そしてそれを味わってみます。すると涙が出てきます。しかし、その後、感謝の気持ちが心の奥底から湧き出てきます。

 先日、歩きながら携帯でミクシィ日記に投稿していた時、言霊の一つとして「悲しみ」という字を書こうとしました。すると「かなしみ」には3つあることが、変換の時にわかりました。それは「悲しみ」と「哀しみ」、、、そして「愛しみ」です。日本語というのは何て美しいんだろう、、、と思った瞬間です。

 「悲しみ」とは「感謝」であり、そして「愛」なんだと改めて認識しました(認識はしたけど、実感としてはまだまだ)。誰にでも程度の差こそあれ、人生の中で何度か「悲しみ」に立ち会うことはあるでしょう。しかし、本当の「悲しみ」を知ったとき、本当の「愛」がそこに芽生えるのでしょう。それを知ってしまえば、今後、訪れるであろうあらゆる「悲しみ」に対して、その味わい方が分かるものです。私は何だかんだ言って、「愛」こそがすべてであり、「愛」のための人は生きているのだと、心の底から思っています。近頃は、あまりこういう話はしませんが、これは実は私の本音であったりします。だからと言って、今の私が「愛」を知っているかと言えば、そうとは限りません。もちろん「知る」ものではないのでしょうが、「愛」の方を向く努力はしていたいとは思っています。こういう話はあと30年は生きないとできない気がしますが、30代にもこういう認識をしていたことがある、、、ということで書いておきたいと思いました。

 明日は午前中の用事がなくなったので、4時に起きて滝に行きます。今回の行はなんかスゴイことが起こってるな~という実感があります。とりあえず今日は12時には寝よっと。今からもう1件コーチングに入ります。ではでは、お先に失礼します。



応援のクリックよろしくお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-28 22:01 | ■人生哲学
 21日行もラスト3週目に入りました。今日は5時起床。近頃、3時や4時に起きていたので、ゆっくりな感覚です。車に乗るのも久々ですね。いつもの不入道までは往復で20キロあります。ガソリンにしたら1.5~2リットルほどですので、結構な出費です。それを歩きで通すだけで、節約になり、地球環境にもやさしく、健康にもよい。しかも早起きを余儀なくされるので、生活リズムもよくなる。いいことずくめとはこういうことですね。

 で、今日は篠栗町の滝場に誰よりも早く着いて、一人でお参り。そして滝場に入り込み、落ち葉などの掃除をしました。なかなかしないので、かなりきれいになりました。仲間が来てから、気持ちよく滝に入り、その後は宝満山です。今月3回目。月のノルマを達成しますが、毎回ごとに暑くなってきますね。今日も汗ダラダラになり、頂上はとっても気持ちがいいものです。昇り降りもかなり早くなり、今日は2時間半でOKでした。だんだんと早くなってくるのでしょう。その後はNPOの事務所に寄って帰ります。

 ところで、最近、いろいろとすることが積み重なってきました。先日、「未完了事項を片付ける」という記事を書いたばかりですが、それが一番必要なのは私のような気がします。今の段階では、何もかも私一人でやっています。メールの返信、物品の配送、仕事の後整理、掃除洗濯、その他雑事全般、、、と、別にOKなんですが、これから先、結婚式の準備など、いろいろやることが増えていくので、どんどん片付けていかなければですね。

 ミクシィで日記とか書いてる場合じゃないのですが、暇さえあれば、すぐに何か書き物をしてしまいます。今日は「致知」という雑誌について、そして「無洗米」なんかの他愛のない話を書いていました。どうでもいいのですが「無洗米」ってバカにできないですね。米をとぐのが面倒な人向けの便利グッズだと思っていたのですが、革新的な精米方で便利さだけでなく、美味しさも普通以上に確保しているのです。ホカ弁などは無洗米を使っているそうですが、確かに大量に米をさばくお店などは重宝するでしょう。しかも、米をとぐスキルを要さないので、味にもムラがなさそうです。水の分量はちょっと注意する必要があるみたいですが。

 とまあ、ミクシィは私にとって、思いつきのメモ程度に使っているのですが、いつの間にか記事もたまってしまい、自分でも何書いたか分からないほどです。それはそうと、最近、ミクシィの使い方として、ならではのことが起こっています。つまり、昔の知人との交流の復活。最近で言えば、私の高校のクラスのコミュを作ったりして、同窓会の話題などが盛り上がっています。それから、あいつ何やってんねん、、、などの話とか。という訳で、これを読んでしまった36期3年6組の人は、ミクシィの「3636コミュニティ」に入るように。なつかしい人と再会できますよ(^^)

 あと、これも高校の話ですが、最近、吹奏楽部のOBOGバンドが結成されたようで、今年の2月に第一回の演奏会が催されたそうです。先日、大阪に帰ったとき、先生と会ってその話もでました。お誘いを受けたのですが、さすがに九州ですからね。でも、顔出しくらいはどこかでできればとは思っています。ちなみに私の高校の吹奏楽部はコンクールなどは、それほど好成績を残していないのですが、個人レベルでは上手な人が多く、プロになっている人も結構いるのです。私がやっているクラリネットなどは、先輩にものすごく上手な人が何名かいて、いまだにその人たちの高校時代よりも上手いアマチュアに会ったことはありません。ユーホニウムという楽器があるのですが、私の先輩の中に、どんな楽譜であろうと初見で吹いてしまう達人級に上手い人がいました。それもユーホニウムの楽譜ではなく、クラリネットやフルート、さらにヴァイオリンの楽譜なども軽々と吹くのです。その人いわく、「頭に描けば普通に吹ける」のだそうです。それができりゃ、苦労しないよ~! でもその人はかなり変な人でした。高校を卒業して音楽はやめたみたいですし。

 ちなみにプロになった人の中には、先日、ライブに行った土井徳浩くんや、コンクールでしごかれまくった青山氏などがいます。あと、私が高3の時に中一で入ってきたホルンの男は、入った瞬間から他のどの先輩よりも上手かったようですが、今は国内で最も勢いのある吹奏楽団、シエナウインドに在団しているとか。他にもたくさんプロはいますし、、、アマチュアでもかなり上手な人がいます。なぜか。私は、、、聞かれたくありませんが。。。(^^;

 てなわけで、今日は内輪の話が中心でしたが、ま、こんなところです。ではでは。


応援のクリックよろしくお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-27 12:06 | ■日一日
 今日はきちんと3時半に起きれました。しかし、行きがけにipotを探すのに時間を食ってしまい、家を出るのは結局4時半過ぎでした。6時半頃には滝場に着いたのですが、100日行に入っているらしいお坊さんが、すでに滝に打たれたいたので、私はお掃除して待つことにします。仏様の周辺がロウソクや線香の燃えカスで汚くなっていたので、それらをすべて拾い集めてお掃除です。お蔭様できれいになって私もスッキリです。

 そしてスッキリと滝に打たれて、また、歩いて帰ります。今日の昼、ちょっとしたミーティングで何名かとお会いしたのですが、みんなから「やせたね~」と言われました。確かにちょっとやせましたし、日焼けしてるのもあって、顔が前よりシャープに見えるのでしょうか。いずれにせよ、目標体重まで順調に減っています。今日のミーティングでたまたま「病気にならない人は知っている」という本を目にしたのですが、そこにも歩くことが一番の健康法だ、と書かれてありました。一日一時間歩くと健康を維持できるそうです。私は今、20kmを4時間弱で歩いているので、かなりオーバーしてはいますが、「行」が終わっても歩くのは続けたいと思います。歩いていると、思考の方もフルに働いて、いろんなアイデアが浮かんできます。

 ところで、今、紹介した「病気にならない人は知っている」ですが、ミーティング中に10分で速読したところ、結構面白いことが書かれてありました(ちなみに一緒にいた人は私の脅威の速読術を見て驚いていました^^)。なるべく医者や薬に頼らず自然治癒力で健康を維持せよという主張に始まり、ファーストフードを食べるな、と言うのもまあ納得です。なるべく有機の食品を食べろと言うのもそうでしょう。ただ、大手の食品メーカーのものはすべて「悪」みたいな書き方は、かなりラディカルだな~と感じました。理屈から言えば確かにそうなんでしょうが、実際問題は難しいですよね。私としては、今はデトックス(解毒)の方に感心があるので、多少、害のある食べ物を摂取しても致し方なしくらいに思って、むしろ肝臓やら腎臓を健康に保って、解毒作用を高めるほうが現実的かなとは思います。ただ、筆者はいわゆるサプリメントや魔法のジュース(ノニなど)を摂取することについてはかなり積極的に勧めているので、現実的なバランス感覚も持った上で、あえてラディカルに書いてるのかなとは感じました。

 ちなみにデトックス(解毒)と言えば、私はこのサプリで決定打だと思っています。以前紹介しましたし、私のお店サイトでも出している「トリオティーン」というサプリです。これは肝臓の持つ解毒作用を70%以上にまで高める優れもので、1週間から2週間ほどで肌ツヤがよくなるなど即効性も確かめられます。それはそうと、本の中で特に興味を引いたのが130頁の「携帯電話や電磁レンジが万病を引き起こす」という節です。ちょっと引用してみましょうか(そのページだけコピーしてきました)。


 ご存知のように電磁波はたいへんに強力なもので、体内に病気を発生させる。電磁波を完全に除去することはでいないが、避けることや中和することは可能であり、それによって病気を「治す」ことができる。携帯電話、ラックトップコンピューター、ハイビジョンテレビ、放射線照射で殺菌した食品、電子レンジにかけた食品は、すべてガンの原因になるだけでなく、免疫力を低下させて病気にかかりやすい体を作る。
 
 (中略)
 
 前にも述べたように、私たちは何百という発生源から放出される電磁エネルギーを日常的に浴びせられている。発生源には人工衛星、高圧送電線、コンピューター、携帯電話、自動車のGPSナビゲーションシステム、無線電話、リモコン、ハイビジョンテレビなどがある。
 
 身の回りから電磁エネルギーをなくすことは不可能だ。私たちにできるのは有害エネルギーを中和することだけだ。有害電磁エネルギーを中和できる機器はあると私は信じている。家やオフィスに置いて自分の周囲の空間全体を中和するものや、財布やポケットに入れて持ち歩いたり、ペンダントとして身につけたりするものもある。



 で、この筆者が実際何を使っているのかは、本で述べることはできないので、個人会員になってメールくれたら教えよう、、、と言っています。何か気になるところではありますが、電磁波を中和するグッズってのは、アメリカでは割と一般的なようで、日本はその辺がかなり遅れていると聞きます。おそらく数年後にはアスベストのような騒ぎになると言う人もいます。なのでなるべく早い時期から対策しておくべきだと思うのですが、この辺、私は既にクリアしています。先ほどの「解毒」と同じく、電磁波についても、問題が水面下である今、すでにクリアしています。例のすごいやつでですね(^^)。

 「歩く」の話から展開してしまいましたが、やっぱり「歩く」のは一番いいように思います。ただ、街中を歩くのは排気ガスやらなんやらで、さらに日中は紫外線もあるので、早朝の日の出前に起きて一時間ほど歩くのがベストだと思います。そして私はそれを今やっているので、かなりいい感じだと思っています。「行」が終わっても、是非、続けたい習慣ですね。
 
 そろそろ、ミクシィでも「日の出とともに起きる」ってコミュを作ろうかな、、、と思っています。毎日、日の出時刻をアナウンスして、その前後に「おはようコメント」を入れられたら、その日はOK。それを100日できれば、免許皆伝となる、、と言うアイデアを持っています。今日は作りませんが、2~3日中に作りますので、興味ある人は楽しみにしてて下さいね。

 そうそう、それからもう一つお知らせ。7月と8月に私のセミナーを企画しています。今度は私単独で、午後の時間をたっぷりつかって、いろいろワークなども取り入れながら進めていくつもりです。詳細は近いうちにアナウンスしますが、一応、日程の確定と場所の仮予約だけは今日やってしまいました。「すぐする」ですね。

7月28日(土):福岡
8月25日(土):大阪
8月26日(日):名古屋


を予定しています。興味のある方は是非予定をあけてご参加下さいね。今度はノービデオノーーディオで行きますので、とっておきのコアな話やワークも披露したいと考えています。お楽しみに。明日は篠栗なので、6時前の起床でもOKです。なんかゆっくり寝れる気分ですね。おやすみなさ~い♪


応援のクリックよろしくお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-26 22:16 | ■人生哲学
 今日は3時半に目が覚めました。目覚ましです。しかし、起きようとした瞬間、身体が動かないのです。別に金縛りとかではないのですが、単純に疲れが取れてなくて、身体が動かないのです。あと15分くらい寝ようと、ふと誘惑の声が聞こえてきて、携帯電話を握ったまま寝てしまい、次に目が覚めたのは6時前でした。あ~やってしまった。日の出がもう終わってるやん。で、バタバタするのをやめて、ゆっくりと準備して7時前に家をでました。

 いつものように歩きます。すると、面白いことに気がつきました。なんと、、、身体が軽いのです。昨日一日は寝不足と身体の疲れで、何だか重たい一日でしたが、今日はとっても足取りも軽いのです。そうか、やっぱり寝たら疲れが取れるんだ、、、と思いました。中途半端に昼寝などするよりも、早く寝て時間たっぷり寝たほうがいいのだ、、と改めて発見した気分です。なので今日のある種の「寝坊」は、身体にとって必要な流れだったのでしょう。、、、と言い訳しておきます。でも、最近は体力の消耗とか寝不足で疲れるという経験をしてなかったので、今回の気づきは貴重だったかもしれません。やっぱり日中は思いっきりエネルギーを出し、そして寝てるときにチャージする、、、これが人間の身体にとって自然な姿なのかもしれませんね。

 しかし、日の出の後に歩くと暑いですね。滝に着いたのは9時前でしたが、汗だくでした。なので滝が気持ちい~い。でも、帰りもまた汗だくになったので、シャワーを浴びます。今回の「行」は何だか喜びが大きいですね。前回までの行は、結構、気まぐれな時間に滝に行ってましたが、今回はちょいと寝坊することはあっても、だいたいが社会の活動前に滝に打たれています。何と言うか、罪悪感がないんですよね。罪悪感と言うと変ですが、毎日、同じくらいの時間に行くと、後ろめたさもなく、すっきりと滝に入ることができます。

 やっぱ一日の後悔とか、罪悪感とかはなるべくなくして、生活していきたいですよね。大きなことでなくてもいいので、些細なことから、一日にすることを紙に書いて夜寝るといいと聞きます。知ってはいるのですが、なかなか実践できないんですよね~。私など、掃除機をかけることが億劫ですぐに後回しにしてしまうのですが、「掃除機をかける」と紙に書いて寝ると、きっとするんだろうな~と思います。大きな夢や目標を掲げるのも大事ですが、日常の小さな「未完了事項」をきっちりとクリアしていけば、何事ももっとスムーズに行くように思います。

 私で言うと、、、「本を全章書き上げる」「部屋を徹底的に掃除する」「書類の整理をする」「新しいビジネスの企画をまとめる」「ベランダの鳩掃除をする」「NLP・コーチングのまとめをする」など、いろいろやり残したことがあります。本を書き上げるのは後数日は必要ですが、部屋の掃除とか書類の整理などは、数時間で完了します。単に面倒だったり、後回しにしてるだけなので、ここで重い腰をあげて「すぐする」で一掃したいと思います。

 と言いながら、今日は眠いので寝るのです。明日は4時には家を出ようかと思います。不入道が全体的に掃除されてない感じなので、明日はゴミ袋を持って、ちょっと念入りに掃除使用かと思います。今日も短いですが、この辺で。



叱咤激励なクリックお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-25 23:07 | ■日一日
 今日は無事に3時半に起きて滝に行きました。そんな時間に歩いていると車の他に、ヤンキーっぽい2ケツの原付がたまに通ります。一回だけ手振られました。で、5時過ぎに滝場に到着して、6時には帰路に向かいます。その時、作務衣を着たお坊さんとすれ違ったのですが、途中で呼び止められた不入道の住民いわく、今日から100日行に入るのだとか。6時に来るそうなので、私は今日と同じ時間には滝に入っている必要があります。てなわけで、明日も明後日も3時起きが続きます。行の間の超早起きをするようになってから、ブログを書き始める時間も早くなってきました。できれば11時には寝たいので、9時過ぎにはブログを書き始めます。いつもは11時過ぎだったのが、この方がずっといいですね。家に着くや否やシャワーを浴びて、スーツに着替えて家を出ます。バスで天神です。今日はNLP感性研究所の仕事で、福岡でのNLPプラクティショナーの初日となります。

 私はトレーナーをサポートするプロデューサーという立場です。今日の受講生は何と16名。NLPのクラスとしては、ちょっと多過ぎな程の人数です。一人ひとりプレゼントとかワークとかするので、本当は10人もいれば時間的にもちょっと苦しいのですが、それが今日は16人。今回のコースはこの人数でいくようです。私も遣り甲斐がありますね。16名の中の最年少は何と18歳の女の子。次が19歳の大学生。他にも大学生や院生も参加。その他は接客業、医療関係、教育関係など。なかなかバラエティのある面子になりました。その中の3割ほどはスピリチュアルへの関心が深く、来た来た~って感じですね。とてもユニークなワークになりそうです。ちょっと人数が多くて、時間が足りるかと思いきや、さすがはプロトレーナー。端折るところはきちんと端折って、ピッタリと時間を間に合わせます。

 それにしても、今日は何度かカクカクなりました。いつもは一時間ほど昼寝してる時間なのに、3時間足らずしか寝てないのに加えて、20km歩いて、滝に打たれてエネルギーも消耗しているので、猛烈に眠くなりました。でもトレーナーの声をきちんと聞こえています。それでいて、時々意識が飛んでいたので、潜在意識にばっちり入っている感じですね。ちなみにこちらのNLPのクラスでは「居眠り」については非常に寛容です。トレーナーも「眠くなったらどうぞ眠って下さい」と言います。すると逆に寝る人はいなくなります。深読みかもしれませんが、「眠くなったら」、「眠って下さい」ってのは、何となく催眠的な言い方にも聞こえてしまいます。まず講義中に眠るのがよくないことは普通の人なら知っています。それを「前提」とすると、「眠くなったら」眠っていいわけで、その眠るのがよくないと潜在意識が知っている時点で、「眠くなったら」が現れないのです。逆に「眠くても」、「眠ってはいけない」と言われると、「眠くなくても」、「眠ってもいい」と無意識に解釈してしまうので、「眠ってはいけない」と頑張れば頑張るほど、「眠くなる」わけです。この辺の潜在意思的なロジックわかりますか。ロジックとは言えないかもしれませんが、平たく言えば、「眠るな」と言われると眠くなるし、「眠ってもいい」と言われたら逆に眠くなくなるのでしょう。もっとも私の場合は、ただでさえ眠い条件であるのに加えて、催眠にかからないモードになっているので、カクンカクンなってしまうのです。変な言い訳ですね(^^;

 それはそうと、私にとってはNLPプラクティショナーのプロデューサーであると同時に、実質的な再受講でもあります。改めて同じ講義とワークを受けると、新しい気づきがたくさんあるものです。再受講の大切さを痛感するわけです。今日は「キャリブレーション(観察)」や「センサリーアウェアネス(感じる)」のワーク、そして「ニューロロジカルレベル」に「アウトカム」の設定をやりました。それが何かの説明は割愛します(^^;。改めて気づいたことは、やっぱりNLPはスゴイということです。NLPはよく「刃物」に喩えられます。磨けば磨くほど鋭くなるのですが、その使い方次第で、極上の料理を創ることもできれば、人を傷つけることもできます。私自身、NLPを通して、潜在意識の法則を知るにつけ、例えば私のコーチングでは、多くの人がスゴイ変化や体験をするようになっています。守秘義務があるので詳しくは書けませんが、多くの人が私のコーチングを受ける前と後とでは別人のように変わってしまった(または加速した)、、、と言って頂けます。もちろん良い様にです。NLPを通して潜在意識に対する信頼感が増すことで、「うまくいって当然」と言うのは腹の底に落ちるようになっています。

 石井裕之さんのとある秘蔵CDの中で面白いことが言われていました。現代催眠の神様ミルトン・エリクソンが書いた「催眠誘導」に関する本を読んだ時のこと。そのためのテクニック的なことは一切書かれておらず、クライアントが自分を信頼すれば、トランスに入らない方が不自然だ、、、みたいなことしか書かれておらず、最初は落胆した、という話です。しかし今では完全に腑に落ちたようで、要するに、ある条件を満たせば、いや、別に満たさなかったとしても、「~で当然だ(~でない方が不自然だ)」と腑に落ちた段階で、叶わない願望などありえない、という話です。

 願望実現の要はようするにそこ。「叶って当然」と思えば何でも叶うし、疑いがあればストップする。それはまずは自分のこと、そして他人に対してもそうなるということです。なので私のコーチングでも、ある段階で「絶対OK」と思えば、それだけでどんどん変化していくのです。「絶対OK」ってのは、もちろん私だけ思っててもダメです。クライアントもそう思うことで、私にも伝わってきて、それがさらに増幅してクライアントにも伝わるのです。そうなると無敵です。今思えば、コーチの役割ってのは、クライアントのマイナスの感情をさりげなくリフレーミングしてプラスに転じるサポートをして、ある段階でプラスに針が向けば、今度はそれを増幅させるのをお手伝いするだけ。マイナスは低反発枕で力を吸収し、プラスに転じたら反発力のあるトランポリンになるのです。ようするに「枕」と「トランポリン」を演じるだけです。

 話がそれましたが、今日、改めてNLPの学びの場に接することで、そのスゴサを再認識したということです。しかし、繰り返しになりますが、NLPは「切れ味鋭い刃物」のようなもの。いいことに使えばめちゃくちゃいいし、悪いことに使ってもそれなりの効果があるわけです。実は以前、滝に打たれながら、こんなことを思ったことがありました。もし私が自分のエゴだけを考えたり、意図的に他人を不幸にするようなことがあれば、遠慮なく命を奪ってくれ、と。これは確か2年前の初めての「行」の時に誓ったものです。それ以来、忘れたわけではないにせよ、普段からあまり意識することもありませんでした。しかし、いよいよ私自身もいろんなことが思い通りになりつつある中、エゴを出そうと思えばそれを追求することもできるだろうし、他人を貶めようと思えばそれもできるかもしれません。しかし、そうしてしまえば、地球に生まれてきた使命を全うできないように考えてしまいます。私があえて「滝」などに好んで打たれに行くのは、自他の幸福へのコミットメントを再確認するためなのかもしれません。「滝」に打たれている以上、会社を辞める直前に決意した「最初の21日行のコミットメント」のことは心からなくなることはないでしょうし、それがなくなってしまえば、今生ではお役御免ということで、また振り出しに戻ってしまうわけです。

 てなわけで、私は明日も滝に行くわけですし、これからも生涯通して、滝行は続けたいと思っています。てなところで、猛烈に眠いのでこの辺で。おやすみなさ~い。
 

叱咤激励なクリックお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-24 21:11 | ■精神世界
 今日は3時半に起きました。目覚ましはキャプテンの「君は何かができる」です。ただし、家を出たのは4時過ぎ。ちょいと布団の中でグズグズしていました。実は今日は目覚ましがなる1分前に目が覚めたのです。何時かと思って携帯を見たら、3時29分。すぐさま携帯を握り、「君は何かができる」が流れた瞬間、切ってしまいました。この時、「すぐ」に起きていれば、今日は一時間余計に多く過ごすことができたのですけど。それに暗いうちから歩くのは、実は特別な感じがして気持ちがいいものです。明日は「すぐ」を目指して頑張ります。

 それにしても、なぜなんでしょうね。目が覚めて、布団から出るのって、めちゃくちゃ「勇気」がいると思いませんか。出てしまえばなんてことないのですが、出るときって、どうしてあんなに「勇気」が必要なのでしょうか。真冬の滝に入る以上に勇気が必要に思います。結局は「勇気」の問題なんでしょうね。何をするにせよ、やっぱり初めの第一歩の「勇気」こそが、勝負の決め手。こう考えると、朝起きることってのは「勇気」のトレーニングのように思います。

 いろんなところで聞きますよね。成功者ってのは、ほとんどが例外なく「早起き」であると。あれもして、これもして、掃除もして、願いも書いて、マントラも唱えて、成功CDも聞いて、、、でも「早起き」だけはできないんですよね~って言う人、結構、多いと思います。私もその一人ですから。もちろん、今は「行」なので早起きしてはいますが、もともとは朝に弱い性質なのです。それは子どもの頃からそうですね。とにかく「早起き」だけ、だけ、だけ、できれば望みどおりの人生を送れると、誰もがわかっているにも関わらず、、、それができない。もちろんやってる人もたくさんいるとは思いますが。ミクシィの方で「すぐするコミュ」を作っていて、それに入ったおかげで、すぐする習慣ができて、人生が加速的に展開している、という報告はよく聞くので、そろそろ「早起きコミュ」でも作ろうかと思う今日この頃。やり方は簡単。とりあえず5時前後には起きて、一言コメントを残すだけ。おそらく多くの人が飽きるか挫折するかすると思いますが、それ(つまり潜在意識の現状維持メカニズム)に負けずに、3ヶ月間ほどきちんとコメント残すことができれば、それで「早起きwinner」となるわけです。これは面白そうだけど、挫折した人に、禍根を残しやしないかとちょっと躊躇うところもあります。でも、それはそれですね。来週辺りから作って、スタートさせましょう。インターネットってこういう使い方が便利ですよね、ほんと。

 で、今日も早くも10時半を回ってしまっています。明日は福岡でのNLPプラクティショナーの初日です。私は受講生ではなく、きちんと手当てをもらって、リードする側で参加です。なので開始時間の10時の30分前にはスタンバイする必要があります。となると、明日は絶対に3時に起きなければなりません。今回の「行」は片道10キロの歩きとセットにしていますので、3時に起きるかどうかが、満行と仕事を両立させる分かれ目となります。なので、今日も、この辺でそろそろ寝ようかと思います。

 今日の主張はただ一つ。目が覚めたら5秒以内に身体を起こす「勇気」を持とう、ということ。その「勇気」を振り絞ることができれば、人生なんて思いのまま。何でもできます。まずは「勇気」。そしてそれが「習慣」となる頃には、気がつけば、圧倒的な高みに達している自分がいるわけです。今回の「行」が始まる前にたまたま読んだ「致知」の中の「情熱人生の3要素」である「早起き」「笑顔」「目標」ですが、今のところ、しっかりとクリアしています。もう、一ヶ月くらい経ってるような気がしてましたが、実はまだ11日目。折り返し地点に立ったところです。後半はいろいろあって、ますます負荷がかかってくると思いますが、笑顔で乗り切りたいと思います。それにしても、こうやって毎日「行」ができるなんて、自分は何て幸せなんだろう~とつくづく思いますね。てなところで、今日はこの辺で。


情熱的なクリックお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-23 21:30 | ■人生哲学
 昨日紹介した「昆虫料理を楽しむ」は結構反響あったみたいです。ミクシィ日記でも取り上げたのですが、初めて見る人はとってはやはり衝撃なんでしょうね。今の日本文化にはあまり馴染まないものだけに。でも諸外国からみると、生の卵にソース(醤油)を垂らして、ご飯にかけてグチャグチャとかき混ぜて食べる文化なんて、もしかしたら「昆虫料理」以上にインパクトあるかもしれませんね。新鮮な卵ご飯は確かに美味しいと思いますが、同様に「昆虫料理」も食べてみたらきっと美味しいものも多いような気がします。ビジュアル的に言えば、海老とか蟹なんかは昆虫を大きくして複雑にしただけのようにも見えますしね。ウィキの「昆虫食」などを見ると、「昆虫料理」は人類的にはごく普通らしいようです。昆虫料理の方は定期的に「昆虫料理オフ」など開催されているようですが、近ければ絶対参加してますね。でも、東京出張時に日程が合えば是非参加してみよう。

 とまあ、昆虫料理の話はともかく、今日は3時半に起きて、4時に家を出ました。今日は夏至なんですね。一年で最も日が長い一日です。今日を境にだんだんと日が短くなるのですが、暑さは増すばかりです。日が短くなるって、なんか切ない気もしますが、それはそれでいいものです。逆に冬至のときは、その先、寒さは増すのですが、どんどん日が長くなるのでテンションは下がりません。こうやって季節を感じながら生きれるって素晴らしいですね。

 で、4時に家を出て、例によって歩いて行ったのですが、途中から雨が降ってきて、しかも傘を忘れて出てしまいました。それでも行きはまだましだったのですが、帰りは土砂降りになって、すぐにびしょ濡れになってしまいました。それもまたよしです。でも、家に帰り着く頃には、雨もやみ、体温で服が乾いていました。家ん中に入ると、洗濯機の中に服をぶち込み、シャワーを浴びます。いや~幸せですね。そこからちょっと腹ごしらえして、朝のコーチングです。で、ですね、今日で10日目だったのですが、心なしか身体も軽くなってきた気がします。てんつくマンが30日間毎日フルマラソンをしたとき、11日目から身体が楽になってきた、と言ってましたが、わかる気がします。私の身体も慣れてきたんですね。朝もしっかり起きれますし、歩きも楽になってきました。そして体重計に乗ると、、、素晴らしい!10日で約2キロ減っていました。どうりで身体が軽いはずです。この調子でいけば、満行時には4キロやせることになります。いいですね~。行が終わってからも早起きと歩きの習慣は続けようと思います。

 で、今日は一日執筆してました。だいたい100頁は書いた感じです。どんどん乗ってきたので、行が終わるまでには書き終わりそうです。10月には出版したいな~。自分で言うのもなんですが、結構、面白いかもしれません。ベストセラーになるでしょう(^^)、一応、言っておきます。ここに書いたことって、なぜかほとんど実現しちゃうのでして。それからそろそろセミナーの準備も本格的にしようかと思っています。私の頭の中にあるのは、8月の第一週の土曜日辺りで福岡、そして8月の最後の土日辺りで大阪と名古屋を考えています。まだ、単なる思い付きですけど。それから、10月の頭には、できれば札幌にも行きたいと考えています。チケットがバーゲンで安いのです。もっとも、10月末は結婚式ですので、どうなるかはわかりませんが。引越しもせないかんですしね。

 とにかく行動ですね。行動さえしていれば、不安や憂いなど寄り付きませんね~、不思議と。とにかく、行動、行動、行動、です。私のコーチングでも「行動」を第一の指針していますので、まずは私から率先して行動だと思っています。行動できるって幸せ~。それはそうと、今日は夏至だったので、夜に「キャンドルナイト」でもしようかと思ってましたが忘れてました。でも、ま、いいか。去年はやりましたけど。キャンドルナイトやってたら執筆できませんからね。それにしても、今日はある意味、一年で一番パワーのある日なんですね。そんな日に土砂降りの前に降られるなんてツイてる~。滝だけでなく、雨も浴びれるなんて。今日でまたまたパワーアップしました。てなところで、明日も早いのでこの辺で。3時半には起きるぞ~。


パワフルなクリックお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-22 22:27 | ■日一日
 今日は無事に3時に起きて家を出ました。4時過ぎだと何となく明るさの予兆を感じさせるのですが、さすがに3時だと真っ暗だし、時折、車が通る程度で、不気味なくらいに寂しい感じです。こんな時間に一人でテクテク歩いている自分が何となくスキではあるのですが(笑)。5時には日の出を迎え、ちょうどその時間に滝に打たれます。なので朝陽の一番のエネルギーと滝を同時に浴びることになるのです。ある意味、最強な気がします。そして家に着いたのは8時。4時に家を出ると、帰り道に小学生の通学時間に重なりますので、できればその前の方がいいように思います。ですので、明日も3時に起きて行きたいと思います。

 8時に家に着いて、今日はツレを駅まで送ります。そのために3時に起きたのですが、ツレはなんと今日から3泊4日でまた沖縄に行くのです。先月行ったばかりだというのに、今月もです。私にはベトナムに行くなとか、イエメンに行くなとか言うくせに、自分は沖縄に行きまくりです。完全に沖縄病になったようです。ツレを駅まで送った後は、スーパーでスイカなどを買って食べます。そして本の執筆をしながら、小一時間ほど座ったまま寝てしまいます。午後からはNPOの事務所に行ってきました。そして夜は執筆とコーチング。そんな一日でございました。

 ところで、先日、ある読者さんからメールを頂きました。福岡在住の方で、ご自身のブログに「宇宙となかよし」をリンクしました、というお知らせです。ご返事を書いて、さっそくのぞきに行ってきました。するとビックリ。内容も面白いのですが、私が特にビックリしたのが、その方が貼っているリンクのラインナップです。あ、そのブログですが、さんしょううお暁さんという方の「人生のあかつき」というブログです。リンクのラインナップを紹介いたしますと、、、

陰山英男 Official Web Site
堀田力 Official Web Site
RichDad.com Japan Official Site
船井幸雄.com
不思議研究所ドットコム
矢追純一 Official Web Site
宇宙となかよし
昆虫料理を楽しむ

となっています。全員、私の知っている人です。陰山氏は百マス計算で有名になりましたが、私が共感するのは、改めて「反復練習」の重要性を説いたところ。堀田氏はロッキード事件の弁護士で有名になりましたが、今は「さわやか福祉財団」の理事長をするなど、福祉行政にも明るい人です。学生時代、本や論文を読んだことがあります。そして金持ち父さんロバートキヨサキ、船井幸雄、森田健ときて、ユーホロジーの矢追純一が続きます。管理人さんの趣味がよく分かりますよね(笑)。そのような面々に続いて、我が「宇宙となかよし」がきます。すごい顔ぶれに並べて頂いて、めっちゃ成功した気分になるではないですか。ありがとうございます。そして何より傑作なのが、私も秘かに超愛読している「昆虫料理を楽しむ」が続いていることです。私の右の「共鳴ブログ」の一番下に輝いているのにお気づきだったでしょうか。ちなみに共鳴ブログは随時更新しています。上の方にあるものは、普段から読むことが多いブログで、真っ先にチェックしています。更新が止まっていたり、興味がなくなってきたものに対しては、突然、外すか下に下げさせてもらっています。この辺、何となく失礼な気もしないでもないのですが、あんまり気を遣うと、ブログ続けるのも面倒になりそうなので、あえて何も考えずにやっています。どうぞご了承ください。で、、共鳴ブログの下の方は、個人的に好きというより、メジャーなものをあげています。「きっこのブログ」などはその代表ですね。そして自分の中では一番下は極めて思い入れと言うか、永久欠番的な扱いの「本音で好きなブログ」が座しています。それが「昆虫料理を楽しむ」なのです。

 初めてこのブログを見つけたときは衝撃でした。実は私は虫を食べることについては、一般的日本人に比べると、あまり抵抗を感じない方だと思っています。バンコクに行った時は、昆虫屋台を探して、片っ端から食べたものです。バッタやコオロギなどは普通に香ばしくて美味しいです。幼虫もいけます。タガメはちょっと芳香剤臭いのですが、好きな人はそれがいいのでしょう。中国ではサソリも食べました。でもさすがにゴキブリは食べたことがありません。そのゴキブリなんですが、神ブログ(←こう呼ばせてもらいます)のエントリーにはゴキブリ食が頻出します。例えばこのエントリー。マジですごいですよ。マダガスカルゴキブリというのの、子持ちゴキブリを食しているのです。神ブログには写真も満載ですので、是非、見に行かれてください(ただし自己責任)。神ブログは写真も魅力なのですが、文章がまた、素晴らしいのです。これなどどうでしょう。


このため二種類の食感を楽しむことができる。右は卵が一体となっていて白子の味わいだが、左は舌にのせると一個一個に分かれ、しこしこした歯ごたえと旨みを感じることができる。


 これだけ読むと限りなく美味そうです。そして「最高の部類」と続くのであります。個人的にお気に入りのエントリーが、、(人によってはエグイ画像が出てくると思いますので、くれぐれも自己責任でお願いします)

145 ゴキブリ卵嚢のホイル焼き
141 クワカミキリのホイル焼き
113 蟲御膳
111 平八寿司
097 蜘蛛寿司
016 子持ちカマキリと卵のう

 そして極めつけがこれ。

5 陸自サバイバルレシピ「昆虫の食べ方」について

 自衛隊の内部書類がwinnyかなんかで流出してしまい、その中に昆虫レシピがあったという話ですね。ただ、間違いも多いので、それを一つ一つ訂正しているのがプロを感じさせます。特に「かぶと虫の幼虫」なんてのは、ポピュラーにいろんなところで食されてそうですが、実際に食べてみると腐葉土臭がひどいなど、リアルに食べた人ならではの話でしょう。そしてとにかく文章が上手い。反則級に上手いので、読んでると、本当に食べれそう、いや、食べたくなるから不思議です。

 今日はちょっと本音で好きなブログを紹介しちゃいました。。。では、おやすみなさい。

こちらの方はきちんとクリックお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-06-21 22:15 | ■食
ブログトップ | ログイン