宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 今日一日の生産的な行動はと言えば、主に「執筆」と「コーチング」でした。外に出たのは郵便局のみ。いつも変わり映えしない一日でした。そう言えば、今日で実家一週間目を迎えました。こんなに長く実家にいるのは久々かな、、、と思ったのですが、去年の秋はNLPの講習で10日ほど実家にいたではないですか。実家に帰ると、思わずマンガを読みふけってしまいます。昔買ったマンガを読み返すのが楽しみです。私って結構マンガ読みまくりのように思われがちですが、そこまででもないんですよね。読むマンガは決まっています。思い出すだけで羅列すると、、、


・キン肉マン
・北斗の拳
・魁!男塾
・こちら葛飾区亀有公園前派出所
・キャプテン
・プレイボール
・美味しんぼ
・手塚治虫全般
・ドラえもん
・藤子不二雄SFもの
・じみへん
・なにわ金融道
・島耕作シリーズ
・加治隆介の議
・Y氏の隣人



くらいのものです。最近のマンガよりも昔のを好んで読むことが多いです。特にジャンプ黄金時代のものが最高ですが、「ドラゴンボール」とかは読みませんね。今日、読んだのは「キャプテン」「プレイボール」です。何度読んでも飽きません。野球なんか小学生以来やったこともないし、プロ野球を見ることもまったくないにも関わらず、この2つのマンガだけは何度も読んでしまいます。登場人物に感情移入しまくりで、谷口やイガラシが泣いたりすると、素直にもらい泣きしたりして。どうでもいいのですが、出てくる「食い物」がやたらと美味そうに見えます。例えばこれ。
b0002156_1302569.jpg

b0002156_28776.gif これ、うな丼、餃子、皿の上のお菓子、りんご、バナナ、ビール、ジュースなんですが、モノクロにも関わらず、なぜか美味そうです。私的にツボなのが「ジャーン」と逆さまのコップ、そしてバヤリース系のくびれたビンジュースです。まずはビールをぐいっと。そしてうな丼と餃子をガツガツ食いたいですね。腹が落ち着いたところで、残りのビールをチビチビやりながら、談笑。時々、お菓子に手を出す。りんごとバナナはかばんの中。それから、この2つのマンガにはやたらと「たい焼き」が登場します。ドラえもんにおいては「ドラ」つながりで普通ないくらい「ドラ焼き」が登場するかのように、「たい焼き」が登場するのです。このマンガから「たい焼きは頭から食え」というのを学びました。頭から食えば尻尾まで餡子がいきわたるからだそうです。それから丸井の「おれっち特製カレー」なんかもあこがれました。味見して「いい味してら~」って言うのですが、私も自分で料理して、味見する時は「いい味してら~」って言いたくなる気分です。それから「そば」です。「そば」って言っても、いわゆる「蕎麦」ではなく、ここでは「中華そば」つまり「ラーメン」のことを言います。ラーメンのことを「そば」って言うだけで、やたらと美味そうに聞こえるのは私だけでしょうか。あとはですね、「冷えた桃」。谷口の母親がむいてくれて、しかも、敵情視察へのお供にも持たせるのです。現地についたら、一緒に視察するメンバーに徐に手渡すシーンがあります。それがですね、なんとビニール袋でなく、「紙袋」に入ってるんですよ。「冷えた桃」は絶対に「紙袋」に入れるべきだというポリシーはそこからスタートしているのです(ウソだけど)。あとは丸井の弁当に入ってる「めざし」などもたまらんアイテムですね。ドラえもんに出てくる食い物も美味そうではあるのですが、ドラえもんのって、いろいろ出てくるし、どことなくよそ行き感があるんですよね。例えば「最高級フランスケーキ」とか。その点、「キャプテン」「プレイボーイ」の場合は庶民感覚抜群の超B級グルメのオンパレードなんです。もっともオンパレードというほどたくさんは出てきません。一番、頻度が多くて「たい焼き」と「カレー」くらいです。ぶっちゃけ「美味しんぼ」の食い物とか全然美味そうに感じませよね。あの押し付け感がちょっと嫌らしいです。よくよく考えると、上にあげたマンガの中で、インパクトのある食い物ってあんまりないんですよね。それこそ「ドラえもん」と「キン肉マン(の牛丼)」くらいで、「こち亀」なんてありそで、思いつかなかったりします。やっぱ「キャプテン」「プレイボール」のB級うまそ感には適いませんね。

 ところで、同じようなことを考える人って世の中にいて、こんなページを見つけちゃいました。「食べてみたいアニメの食べ物」だってさ。私的に「わかる~!」ってのは、「ハイジのチーズ」「ギャートルズの肉」「小池さんのラーメン」「キテレツ大百科のコロッケ」くらいで、他はそうでもないですね。このリストにないものであれば、「ハクション大魔王のハンバーグ」あたりは思い出すと腹が減ります。あとは「ど根性カエルの寿司」とか。アニメじゃないけど「黄レンジャーのカレー」も食欲そそりますよね。ちなみにゴレンジャー見てる幼少期ってそこまでカレー好きじゃなかったのです。黄レンジャーが美味そうに食べるものだから、友達の前ではカレー大好物なんて見栄張ってました。今では自他共に認めるカレー愛好家ですけど。ただ、私の場合は日本風よりもインド風を好んだりするので、ちょっと邪道ですかね。あと、リストの中で笑ったのが「ラスカルのザリガニ」。確かにべちゃっと投げ出されたザリガニをむしゃむしゃ食べるラスカルには愛おしさを感じたりしましたが、別にザリガニを食いたいとは思ったことはありませんよね。普通。


(1) ハイジのチーズ        38.5
(2) 美味しんぼの究極のメニュー  37.0
(3) ギャートルズの肉       29.0
(4) アンパンマンの顔       22.0
(5) ドラゴンボールの仙豆(せんず)20.5
(6) 小池さんのラーメン      20.0
(7) ドラえもんのどら焼き     12.0
(8) おじゃる丸のプリン      11.5
(9) トムとジェリーのチーズ     8.8
(10) ポパイのほうれん草       8.7
(11) キテレツ大百科のコロッケ     8.5
(12) キン肉マンの牛丼        7.3
(13) となりのトトロのとうもろこし  7.2
(14) 天空の城ラピュタのパズーの作る目玉焼き 7.0
(15) 日本昔話の大盛りご飯      5.0
(16) ドカベンの弁当         4.0
(17) バカボンのバカだ大学の学食   2.0
(18) 団子三兄弟の団子        1.5
(19) あらいぐまラスカルのザリガニ  0.8
(20) ウォレスとグルミットのオートミール 0.5



 てなところです。ところで「キャプテン&プレイボール」に関するこのサイトは素晴らしいです。一時、時がたつのを忘れて見入ってしまいました。たまらん!!


腹が減ってきた人はクリック♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-05-31 23:15 | ■読書・書評
 昨日はブログを書いてアップしようと思ったところで、タッチパネルに触れて誤作動しちゃいまして、記事が消えてしまいました。どんな話を書いていたかというと、、、何だっけ??。普段の日記だったと思うのですが、最後に「ドラえもん最終回」のことを書いていたと思います。ニュースになってましたよね。壊れたドラえもんを直すために、のび太が奮起してロボット工学の権威になって、見事にドラえもんを直すという感動ストーリーの劇画版のこと。非常に良くできた劇画で同人作家の本領発揮というところですね。実はこれ、以前に丸ごとブログで紹介したところ、「(同人作家に対する)著作権違反だ!」ということで、私のブログが炎上しかかったことがありました。そして他にも積極的に紹介しているブログが完全に炎上していました。そもそも同人作家というのはほとんどが「善意」なんですよね。描きたいから描く、喜ぶ人がいるから描く、というスタンスで、いわゆる商売っ気はあまりないものなのです。ですので、ネット上で紹介されるってのは、同人作家にとっても願ったり適ったりなので、作家本人から著作権違反で訴えられることは普通は考えにくいです。ましてや、そもそも同人作家は元となるマンガのパロディ的なのが多いので、それ自体がすでに著作権違反なのです。ただ、大元のプロダクションもあくまで「善意」であることを汲み取って大目に見ていたところ、今回の「最終回騒動」は売り上げ的にも許容範囲を超えているということで起こったことのようです。ちなみにその作家とはミクシィでつながって、作家と連絡を取りたがっていた件の炎上ブログの管理人に紹介したところ、普通に掲載OKとなったようです。その辺は断る理由はありませんよね。ただ、ことが大きくなり過ぎてしまい、藤子プロからクレームを受けたとは、普通に考えれば当然かもしれません。それにしても、あの同人作家の最終回劇画は泣かせました。

 ところで、今日は飲み会をしました。呼びかけはミクシィです。近頃ミクシィでは「Qの言霊」というシリーズを怒涛のように更新しており、その合間に飲み会の呼びかけです。なので気づかなかった人もいたと思いますが、私の方から一人ひとり声をかけると収拾つかなくなるので、あえてその呼びかけに反応された方だけで飲み会を開きました。男女3・3の6人で飲みました。平日なので3時間飲み放題3180円という驚きの安さ。トークも白熱して、3時間があっという間でした。飲み会になるとつい「ここだけの話」をしてしまいます。例えば「瞬時にトランスに導くフレーズ集」などはブログには書けません。最初にわかってしまうと、トランスに入らなくなってしまうからです。飲み会になるとつい種明かしをしてしまう自分がいたりして反省。。。ま、私のするセミナーなどではいろいろお話したいとは思っていますが。ちなみに「トランスに入れる」ってのは、なんとなくあくどい響きがありますが、実はクライアントさんを良い状況に持っていくには、トランスに入ってもらうことが絶対条件なのです。トランスに入るとはすなわち潜在意識がむき出しの状況になることを意味します。むき出しになった状態で、ポジティブメッセージを吹き込むと、その通りになる場合が多いのです。あまり表立っては言われませんが、優れたセラピストはすべて「トランスに導く」ことを大前提としています。どんなに知識があっても経験があっても、クライアントをトランスに導くことができなければセラピストとしては失格なのです。同様に成功者と言われる人は、自分自身をトランスに導くことが非常に上手です。極論すれば「成功の秘訣はトランスにあり」なのです。このことは私がNLPやミルトン催眠を実践することによって得た確信と言えます。ただ、相手をトランスに導くことで悪用することも可能と言えば可能です。実際。しかしそこに「一致感」がなければ、悪用しようと思ってもできません。私の場合は、もしも悪用することがあれば命を奪ってくれと約束していますので、冗談抜きで悪用できない状況になっています。なので「滝行」や「山登り」によって常に自分自身の心を確かめるようにしています。私が持っているスキルを悪用する時は「死」を意味します。実は、、、ここだけの話ですが、、、この手のスキルってのは悪用する方がはるかに簡単なのです。ぶっちゃけ相手を不幸のどん底に陥れることもめちゃくちゃ簡単なのです。私はその方法を知っていますが、それをしてしまえば、自ら命を断つことを意味しますので、絶対にできません。なのでいい方向に用いることだけを考えて生きていくしかないのです。ただ、悪用することを考えると瞬時に気分が悪くなりますので、いい方向に考えることは全然苦じゃないのですけどね(笑)。この話はブログに書こうか迷ったちょっぴりコアな話だったりします。。。あと、相手をトランスに導いて、いい情報をインプットするための大前提となるものもあります。それは2つあるのですが、それについては、別の機会に書きたいと思います。

 ところで、先日も書いたと思いますが、ミクシィ日記の方で「Qの言霊」というシリーズをはじめ、思いついたことををその都度、携帯からアップするようにしています。なぜこんなことをしているかと言うと、、、意味があります。それは潜在意識の回路を開くためです。私の座右の銘として「すぐする」がありますが、「これせなあかん!」というヒラメキは、すなわち潜在意識からの指令と言うことができます。ですので、すぐすることで、潜在意識からの指令を果たし、その時、その場でのベストなことが起こるのです。「すぐする」を繰り返していくと、次から次へと潜在意識からいいチャンスが降りきて、思いのままに人生を運ぶことができるわけです。それは「すぐする」を習慣化するだけで可能です。そして私はさらに「言霊」をアウトプットすることで、メッセージをどんどん受けやすいような回路をつくっています。今まではいい考えが浮かんだところで、その時は意識していても、すぐに忘れてしまいます。意識の世界では同時に考えることに限界があるからです。例えば「A」という考えが浮かんだとします。それを書かないでいると「B」という考えが浮かんだ瞬間に「A」は潜在意識の奥底に引っ込んでしまいます。そして間もなく「C」という考えが浮かんだ時には「B」も同様にどこかに引き込んでしまいます。ですので、私はあえてアウトプットを心がけることによって「A」「B」「C」を同時に考えることが出来る「脳」を作ってるのです。本来、潜在意識の世界では「A」「B」「C」は同時に起こっています。しかし顕在意識の世界では「A」「B」「C」は一つずつしか考えることができません。そこで「アウトプット」することによって潜在意識の世界で起こっている脳の働きを意識の世界で認識することが可能になるのです。「頭で考えるのではなく、手で考える」ってのはこういうことです。神田昌典さんなどが「マインドマップ」という方法を推奨していますが、まさしく手で考えることで、脳の構造を表象しているのです。

 てなわけで、現在、「Qの言霊」は怒涛のように更新されています。半分以上はアホな言霊なんですが、素直にアプトプットすることによって、潜在意識からのメッセージをますます受けやすくなってるのです。ここで、ちょこっとだけ「Qの言霊」をご紹介したいと思います。アホなのが大半なのであしからず。。。


「今日は飲み会だった。かなりエロい意味で。」
単に「エロい意味で」をつけたかっただけ。それだけで何を飲んだのか気になるのが大人の習性。文章の要は修飾語にあり。


「オーラの時代で間違いない。」
ミスユニバース日本代表が世界の頂点に立った。けども顔はさほどでもない。スタイルも抜きんでてはない。顔とスタイルだけなら、ほしのあきに軍配があがるかもしれない。しかしオーラが違う。ミスユニバースのオーラは違う。オーラを磨くことが世界への道だ。


「アウトスタンディングを目指すならば鬼をモデリングせよ。」
鬼のように練習する。鬼のように勉強する。鬼のように金持ちになる。鬼のように成功する。鬼のように性交する。鬼のように畑を耕す。鬼はすべてにおけるエキスパートだ。鬼だ。目指すべきは鬼だ。


「駅のトイレの清掃中、使用禁止という意味にあらず。」
駅のトイレが清掃中だとつい使用を控えてしまう。しかし使用禁止とは誰も言ってない。ここに無意識の行動パターンがある。大いなる便意がそのパターンを打ち破ることもある。


「真っ白い肌にうっすらとした血管が浮き出ることでより白さが際立つ。」
完璧な白さは時として白さを感じさせないこともある。不完全な方がより表現が際立つのかもしれない。完璧を目指して精進することは大切だが、結果として生じる不完全さを愛することがあってもいい。


「やり続けることには恐怖がともなう。しかしそれをやめることの方がもっと大きな恐怖となる。それも永遠の。」
何かをやっていたら、必ず「これでいいのだろうか」とかいう不安や恐怖がともなうものだ。それが自分にとって大切であればあるほど。しかしそれをやめてしまえば、もっと大きな恐怖が襲ってくる。やり続けていたら恐怖はあれど、喜びもある。しかしやめてしまえば、喜びのない永遠の恐怖だけが立ちはだかる。だったら割り切ってやり続ける方が懸命だ。


「尿道から体真っ二つにされること思うたら、たいがいのことはできるやろ。」
男限定。普通は考えない恐怖を考えてみた。我ながらよくできた恐怖だと思う。

などなど。。。



アホアホですいません、、、クリック頂ければ嬉しいです♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-05-30 23:52 | ■人生哲学
 今、ブログ書いていて、さあアップしようと思った瞬間、消えてしまいました。実家のノートパソコンで書いているのですが、タッチマウスに間違って触れてしまったのが原因です。私のPCもノートですが、こういう誤作動を防ぐために、タッチマウスは無効にしてあります。

 もう一度、同じ文章を書くべきか悩みどころですが、とりあえず、今はその気になれませんので、このままでアップします(笑)。ま、こういうこともあるわけでして、これ自体がネタと思うと、苦にもなりませんね。気が向いたら、また、アップします。というところで、一時中断でございます。あ、もちろん毎日のアップは普通にしますけど(^^)。ではまた。

お慰めにクリックをどうぞよろしくお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-05-29 10:48 | ■日一日
 今日から一週間、大阪の実家でダラダラ過ごします。コーチングや執筆活動は実家でもできますので、こういうとき、フリーランスはいいですよね。午前は来週結婚式をする兄貴の新居を見に行って、ちょこっとだけお嫁さんのご家族に挨拶をします。兄貴は私と違って大人しいので、兄弟の性格の違いにさぞ驚いたことだと思います。しかも、作務衣に雪駄で突然姿を現したので、なにもんだと思われたに違いありません。ちなみにオカンは私の作務衣姿を嫌がります。最初、(冗談で)作務衣で結婚式に出席するで~と言ってたら、それだけはやめてくれ、と言われました。作務衣は滝行の際に来ていくのですが、普段着にすると身体は楽だし、精神的にも身が引き締まります。背筋がピンと張る感じです。土日のNLPの講習でも作務衣でした。その格好だからというわけではないでしょうが、ある受講者さんから「石田さん、変人って言われるでしょう?」と言われちゃいました。確かに高校生くらいから、気づけば「変わってる」というレッテルを張られていたように思います。ただ、最近、気づいたのですが、昔ほど「変人」とは言われなくなってきています。それもそのはず、最近はサラリーマンよりもフリーランスとの付き合いの比重が大きくなってきたので、そもそも変人の集まりであるフリーランスの中にいて、私ほどの変人さはあまり目立たないのでしょうね。変人と言われることも別に嫌ではないのですが、周囲が変人ばかりだと、それはそれで学びは気づきも多いので、私にとっては喜ばしい状況です。

 兄貴の新居には10分ばかしいただけで、私はそこから「滝谷不動尊」に行ってきました。28日は毎月「縁日」があるのです。滝谷不動駅からお寺までの道は車両通行止めとなり、いろんな露天がひしめきます。小さい頃、滝谷不動に住んでいるおばあちゃんからよく連れてってもらったものです。かれこれ20年ぶりでしょうか。もっとあるかもしれません。滝谷不動の駅には出たところに歓迎のアーチがあるのですが、小さい頃は非常に大きく見えたものの、今見ると何とも小さなアーチです。それだけ私も成長しているのでしょう。そして駅からお寺まで1kmほどあるのですが、その道のりがとてつもなく長く感じたのが、今は20分ほど歩けば着いてしまいます。露天は乾物やお好み焼きなどが売られています。昔ながらの「100円お好み焼き」もありました。キャベツと小麦粉と卵だけのお好み焼きです。おっちゃんがくわえ煙草で焼いています。今となっては、露天と言えど、くわえ煙草で調理なんて許されないのでしょうが、ここだけは20年間ほとんど変わっていない感じがしました。さすがに動物虐待とされる「カラーひよこ」は売っていませんが、雰囲気といい、時間が止まっているようでした。私はそのくわえ煙草の100円お好み焼きと焼きそばを買って、その場で食べました。いい天気です。キレイな雲がちらほらあったので、片っ端から消していきました。単なる遊びです。5月の縁日は新緑もまぶしく、年間通して一番いい季節ですね。お好み焼きを食べた後、お寺を一巡してきました。13時から大護摩炊きがあるのですが、その前に帰りました。実は、、、声をかけられまくるのです。「護摩炊き何時から~?」とか「これなんぼ?」とか。作務衣姿だったので、お寺の人と思われたのでしょう。とりあえず一通り見てから、昔、おばあちゃんが住んでた家の付近を歩いてみました。建物は新しくなっているのでしょうが、通りの雰囲気はそのままでした。なつかし過ぎて涙出そ~でした。滝谷不動の駅からは実家の方向に一駅分歩いて、そこから電車に乗って帰りました。

 家に着いたのは3時頃。ビールが冷えてたので、グビグビ飲んで、横になります。ちばあきおの「キャプテン」と「プレイボール」を一気読みしています。そうしていると、いつの間にか寝てしまっていました。夜は3件のコーチングが入っていましたが、スカイプ用のインカムを忘れてしまい、電話で一件だけ。他は明日への振り替えとなりました。明日、インカムを買ってきます。そんな一日でございました。ありがとうございました。




いつもクリック頂きありがとうございます♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
b0002156_1212599.jpg

b0002156_12131287.jpg

b0002156_12132166.jpg

b0002156_12133450.jpg

b0002156_12135245.jpg

by katamich | 2007-05-28 08:54 | ■日一日
b0002156_053486.jpg 今日はNLPマスタープラクティショナーの受講の最終日。これで私も米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナーという資格を得ることになります。得たからと言って、どうと言うこともないのですが、これまでの人生で資格取得に対しては積極的でなかった私にとっては貴重な肩書きです。一応、名刺にも刷れますので。今日はNLPの真髄とも言える「タイムライン」のワークが中心でした。いやはや凄まじいワークでありました。

 午前中はいつものように一人ひとりプレゼンをします。皆さん、実に見事なプレゼンをされます。改めて思うのですが、世の中には人前でしゃべる(プレゼンする)機会を20回以上得ることって、そんなに多くないのではと思います。学校の先生などは別ですが、普通は日常的にはあまり人前で話をすることはないと思います。それを考えると、NLPのワークでは何十回となくプレゼンをさせられますので、それだけでも人生の変革を経験する人は少なくないようです。私はもともとからプレゼンに対しては、さほど苦手意識もなかったのですが、NLPでさらに高度なスキルを学習することによって、さらなる磨きがかかったと感じています。そして自分自身の潜在意識を信頼することで、アドリブでもそれなりの話ができるようになってきました。潜在意識に対して大いなる信頼を得ることにおいても、NLPの体験は価値あるものだと感じています。

 さて、今日のワークですが、NLPの真髄とも言えるタイムライン。潜在意識の世界で過去から未来を自由に体験するワークです。もっとも潜在意識の世界には過去も未来もありませんので、潜在意識の世界における「意識の上」でのタイムラインと言う方が正確かもしれません。今日やったワークは3つ。一つは進むべき選択に迷った時に、実際に体験してみることで、確かさを得るというもの。二つ目は過去の制限を取り払うもの。そして三つ目は非常にシンプルながらパワフルなタイムライン。数年後の体験を得た後、臨終の場面まで行ってみるのです。このワークは人によってはかなりの抵抗感があるようでした。何しろ「自分が死ぬ」体験をするのですから。ただし、統計学的にも人が死ぬ確率は100%ですので、いかなる未来を描こうとも、「死」だけは絶対に避けることができません。言わば、人は生まれてきた瞬間に「死」を選択することになります。ちなみに今日聞いた話なんですが、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんって、実に心地よいユートピアのような世界を体験しているのですが、いざ生まれてくるとなると、多大なるストレスが襲ってきて、まさしく「この世の終わり」を意識するそうなのです。しかし、実際に「終わり」ではなく、我々が意識することろの「誕生」です。つまり「終わりは始まり」。同時に「始まりは終わり」でもあります。そういう意味では、常日頃、「始まり」と「終わり」を意識して過ごすことは、人生の真髄に触れる意味でも有意義ではと思うのですが、いかがでしょうか。

 さて、私のタイムラインはどうだったでしょうか。とりあえず「3年後」と「30年後」を見た後に、「臨終」の場面を見てきました。このタイムラインというワークは非常にパワフルで、きちんとトランスに入れば、かなりリアルな未来を見ることができます。現にNLPを学んでいる人の中にも、タイムラインで見た未来の通りになっていると言う人もいますし、私自身のコーチングのセッションの時でも、時々、タイムライン的なワークを行った時、翌日にそれと同じことが起こった、、、というケースもありました。今日の最後のワークでは、私のガイドの方が極めて優秀であったためか、普段よりも深くトランスに入ることができ、かなりリアリティのあるタイムラインを描くことができました。

 それでは3年後です。どこかの会社の部屋で担当者と笑いながら打ち合わせをしていました。私はラフな格好でソファに深く腰掛けています。次回の出版の打ち合わせのようです。なんとなく慣れた感じなので、これから先も出版は続けていってるのでしょうね。

 そして30年後。私は60歳を超えています。月に3回登っている「宝満山」の1000回目の登頂の場面です。空は青。空気も澄んでいます。緑は深い。しかし、福岡市がちょっと寂しい感じです。今ほどの活気もありません。建物も減っている感じです。色はセピア。1000回目の登頂の気分は、やったぞ~という気持ちはあるのですが、さほどの興奮もなく、淡々としています。実際、そんなものなのでしょう。

 そして臨終の場面に向かいます。私の遺言通りに「モーツァルトのレクイエム」が流れています。バセットホルンの荘厳であり柔らな音色が響きます。目の前にはツレがいます。そしてなぜか「黄色いおにぎり」が見えました。サフランライスのような色です。三角形でゴマがふられています。他にも気配はあるのですが、姿は見えません。ツレの顔と黄色いおにぎりだけが見えます。私自身は非常に満足な面持ちです。

 そこから過去を振り返ってみました。出てきた言葉が「Everything is OK」です。なぜか英語なのですが、このフレーズは私にとって思い出深い響きがあります。1997年にアメリカのコロラド州で一ヶ月ほどホームステイを経験したのですが、そこのホストマザーがしばしば私に「Everything is OK?」と聞いてきました。私は力強く「Everything is OK!」と答えていました。日本語で言うと「すべてはうまくいっている」となるのでしょうか。リズム的には「Everything is OK」の方が言いやすいし、好きですが。臨終の場面から見た私の人生はまさしく「Everything is OK」でした。なので今、この時点においても「Everything is OK」なのです。Everything is OK。私の口癖にしたいと思います。

 その後、ゆっくりと現時点に戻ってきて、目を開けます。目頭がじんわりと熱くなっています。同時に心はすがすがしい感じがします。18日間にも渡るNLP体験の締めくくりにふさわしいワークでした。他の受講生の方もかなり深く入っていたようで、中には男泣きをする方もいらっしゃいました。一度、臨終まで行ってしまったので、私の人生はもう安泰です。Everything is OKです。

 ちなみに私がたまたま学ぶことになってしまった機関は大阪に本社がある「NLP感性研究所」と言います。私が10月に初めて顔を出した時は、スタッフの数もさほど多くなかったのですが、今年に入って急速に事業展開が進み、福岡でも講座が開設されるようになりました。そして福岡のプロデューサーとして私が入ることになったのです。感性研究所の方も福岡での人材を探している時であり、私自身も受けるだけでなく、伝える側になることが当初からの目標でした。そのニーズとニーズが見事に合致したのです。まさしく潜在意識の働きを感じさせます。私が言うのもなんですが、ここはおススメです。理論よりも実践に重きをおいており、実践を通して潜在意識の働きを学ぶことができます。スタッフもそして他の受講生も非常にフレンドリーでありながら「濃い」人が多かったです。非常に刺激を受けました。てなわけで、6月からは受講生ではなく、伝える側としてNLPにも関わっていくことになります。まさしくEverything is OKです。ありがとうございました。


いつもクリック頂きありがとうございます♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-05-27 23:05 | ■精神世界
 今日はNLPマスタープラクティショナー講座の7日目。前回は3月だったのですが、用事で出席できず、5月に振り替えての受講でした。当然メンバーも変わっていますので、非常に新鮮な気持ちで楽しく講座を受けることができました。う~ん、実は今、ちょっと酔っ払っています。5時に講座が終わって、皆で飲みに行ったのです。

 今日のワークは「意識のチェーンストーリー・リンキング」「ネステッド・ループ」「メタファーの作り方」。いずれもミルトン・エリクソンのモデルを駆使した、非常に高度なプレゼンテーションスキルを演習します。通常のプレゼンテーションでは、いかに分かりやすく、論理的に話を組み立てて、聞き手に内容を伝えるかということが重要なのでしょうが、今日やったスキルは、むしろあえて錯乱的に話をすることで、左脳をシャットダウンさせ、伝えたいメッセージを右脳的に、潜在意識にスッと入れ込むというスキルです。話をしながら、途中で止めて、別の話をいきなり始めたかと思うと、また、最初の話に戻ったりして、とにかくめちゃくちゃに話すのです。でも言いたいことだけは、きちんと相手の潜在意識に届かせるというものです。トレーナーいわく、「大阪のおばちゃんの井戸端会議」だとか。

 私ももちろん皆の前でプレゼンをしました。それもミルトン的に。。。結果は非常にうまくいき、トレーナーや他の受講生を感心させたと思います。私が気をつけたことは、「潜在意識にお任せする」ということです。最初にプレゼンのルールを聞いて、適当なキーワードをいくつか思い浮かべるだけで、話の内容や組み立てはぶっつけ本番です。アドリブです。しかし、相手の潜在意識に滑り込ませるのが目的であるならば、私自身も潜在意識でプレゼンする必要があります。なので前に出るまで、ほとんど何も考えずに、ぶっつけで話し始めます。出たとこ勝負ですが、結果としては、まあまあうまくいったのです。だいぶ「潜在意識」を信頼することができました。コーチングのセッションでも、以前はテキストを横に置いたり、事前に話の組み立てを考えたりしていましたが、今ではほとんど準備をしません。とにかく「潜在意識」で会話することを心がけて、「潜在意識」に大いなる信頼を寄せながらセッションをするのです。

 するとどうなるかというと、、、降りてくるのです。まさしく潜在意識からメッセージが降りてくるようです。この2~3日前からミクシィ日記の方では、とにかく潜在意識のおもむくがままに、次々と「言霊」を降ろして書き綴っていたのですが、今日のワークに直結するとは我ながら驚きです。とにかく何も考えずに、思いのままに次々と「言霊」を降ろしていました。今日のプレゼンのワークでも、同じように、皆さんの視線を感じながら思考をシャットダウンさせ、とにかく潜在意識に任せて話をしました。まさしく言葉が降りてくる感覚です。するとできてしまうのです。

 他の受講生からも「なぜ、ぶっつけであんなに上手にプレゼンができるのか?」と質問されましたが、秘訣はとにかく潜在意識を信頼するということにつきます。そして日頃から、文章を書くとか、思いついた言葉をメモるとか、マメにちょくちょくやっていると、肝心な時に出てくるのです。これはジャズのインプロビゼーションにも似ています。ジャズって言うのは、ほとんどが「完全即興」ではありません。決まったコード進行、リズム、小節数、テーマの曲調など枠組みは割としっかりしています。その決まった枠組みの中で、いかに自由なインプロヴィゼーションによってストーリーを組み立てていくかが重要なところです。そのためには枠組みの理解、そしてフレーズ(言葉)のストックが大事です。例えばある一つのフレーズを12の音階で全て演奏できるよう練習し、そんなのをたくさん覚えこむのです。そして実際のセッションでは、それらを全て忘れて、おもむくがままに演奏するわけです。それがジャズのインプロヴィゼーションです。

 ですので、ぶっつけでもそれなりにプレゼンをするためには、普段から文章を書きまくっていることと、そして潜在意識を信頼することに尽きるのです。すると自然と降りてくるのです。6月9日のジョイントセミナーでも、その辺のことを念頭に置きながら、お話したいと思っています。まさしく「降りてくる」のです。

b0002156_2012671.jpg ところで、今日の受講生も非常に濃いメンバーばかりで楽しめました。圧倒される勢いです。その中に「金光サリィのペイフォワードブログ@SGS」という人気ブログを書いている金光サリィさんがいらっしゃいました。失礼ながら、今までは拝見したことはありませんでしたが、金光サリィさんは私のブログを見たことがあるらしかったです。光栄なことです。金光サリィさんは現在「社長ブログ」のランキング上位にあるとおり、非常に頭も切れ、そして美しく麗しい若き女社長さんです。ブログもとっても楽しくためになる内容ですね。素晴らしい人のつながりができて、とっても嬉しいです。それ以外にもめちゃくちゃ面白い人たちとのご縁ができました。明日はNLPの受講も最終日になります。私的には6月から受ける側から前に立つ側になります。非常に大きな展開、そして大きなご縁を頂いております。明日一日、楽しく受けて、有終の美を飾りたいと思います。



いつもクリック頂きありがとうございます♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

b0002156_1295598.jpg

by katamich | 2007-05-26 23:49 | ■NLP・コーチング
 今日は午前中、コーチング。いろいろ雑務を片付けて、3時半のフライトで大阪に帰ってきました。すでに言ったように、私はもうフェリーはやめました。やっぱいいですね。フェリーでぐだぐだ眠れずに移動するよりも、ちゃっちゃと帰って、家で飯食ってるほうが、トータルとして安い気もします。いずれにせよ、車を載せるなど理由がない限りは、今後もフェリーには乗らないことにしました。もちろん高速バスにも乗りません。ちょっとずつ私のライフスタイルもグレードアップです。

 明日と明後日はNLPの講習。来週は兄貴の結婚式があるので、それまで大阪にいます。その間、ちょっとした飲み会などもします。久々に一週間もの間、実家に滞在することになります。実は実家の方も来月には引越しです。今の戸建ての住宅が両親2人で不便になってきたので、マンションを買って引越しすることになったのです。ですので16年間暮らしてきた実家ともこれでおさらばです。次回からは新しいマンションに帰省することになります。そして私の方も結婚式前には引越しする予定です。今の賃貸マンションも悪くないのですが、最上階で暑いことと、あまり使わない部屋のベランダに鳩が住み着いちゃってるので、結婚とは関係なしに、引越ししようとは考えていました。鳩は平和のシンボルではありますが、住み着かれると厄介なものです。お湯のタンクの裏側に巣を作って、卵を産んで育ててるのです。糞はするし、ヒナがピヨピヨ鳴いてるしで、ちょっとうっとうしいですね。

 どうでもいいのですが、夕食時はまたオカンとしゃべりまくって、今もしゃべりまくってて、ブログの更新の邪魔ですね。知り合いのオバチャン連中からヨン様のDVDのダビングを頼まれて、大量にやってるので時間もかかります。その間、テレビがついてて、私はその横でブログを更新しています。なので集中できません。てなところで、今日はこの辺で。。。おやすみなさいです。



いつもクリック頂きありがとうございます♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです

(似てる、、、「ちんすこう」と「まんぎょうまん3号」)
b0002156_145663.jpg

b0002156_151364.jpg

by katamich | 2007-05-25 23:31 | ■日一日
 今日は日中は仕事上のミーティングなど。最近、つくづく思うのですが、「ソーメンは上ですくえ」って言葉がありますように、やっぱり「情報」は上ですくった方がいいみたいです。ちなみに「ソーメンは上ですくえ」ってのは私の言葉です。ミクシィで新しく始めた「Qの言霊(改:今日の言霊」で登場した言葉です。ちなみに「Qの言霊」は一日4~5本ペースでどんどん増えています。言葉が次から次へと降りてくるのです。今のところ気楽なミクシィで降りてきた瞬間にアップしていますが、そのうちどこかで発表したいとは考えています。その「ソーメンは上ですくえ」ってのは「情報」のメタファーなんですが、いい「情報」ってのは、まずは一部の限られたネットワーク上に流れて、その後にブログやメルマガなどに二次的に流れるものらしいです。ソーメン流しと同じく、下ですくっていたら、所詮はおこぼれに過ぎません。いい情報を求めているうちは、本当にいい情報にはありつけません。いい情報が一番先に入ってくるネットワークに入ることが重要なのです。そこにいる限り、別に求めなくても、次から次へと入ってきます。では、そのネットワークに入るにはどうすればいいのか。これは精神論に近いのかもしれませんが、やはりより多くの情報を「与える」ことだと思います。「与えよ、さらば得られん」ってのは、「情報」にこそ言える格言だと、実感しています。

 鳥居祐一さんが「富のシンジケーション」という言い方をしていますが、富を共有する仲間組織ってのがあって、最初に「得る」ことを求めるのではなく、そういったシンジケーション(仲間組織)に「入る」ことを優先した方が、結果として速いわけです。そのためにはやはり「得る」のではなく「与える」ことが重要です。こういう言い方は非常に嫌らしいかもしれませんが、いろんなブログを循環しながらいい情報を探し回るよりは、自らがブログの書き手となって、いろんな情報を提供している方が、なぜか新しい情報が入りやすいのです。私はさほどブログ巡回などはしないのですが、こうやって毎日アップしていることで、いろんなつながりが出来て、そのつながりから常に新鮮な情報が入ってきている状況です。実は私もブログを始めてから1000エントリー以上の記事をアップしていますが、やっぱり1000を超えた辺りから、いろんなことが起こり始めています。私が本を書いたり、セミナーを開いたりするチャンスを得るのも、やはり1000を超えた辺りに起こっていることがわかります。私の持論どおり、1、3、21(三週間)、100(三ヶ月)、1000(三年)の区切りでいろんな変化が起こるのでしょう。何事もまずはその区切りを意識しながらやってみることですね。

 てなわけで、今日みたいなリアルなミーティングでもそうですが、ネット上のでのつながりの上でも「富のシンジケーション」ってのを意識するようになってきた今日この頃です。「ソーメン流し」の例は非常にエゴイスティックに聞こえるかもしれませんが、一本の樋に複数人が並んでいたら、上ですくう人と下ですくう人とに分かれるのは物理的な必然性です。ソーメン流しなら、場所を入れ替わるなどルールを設けながら楽しむことができますが、実際の「富」の配分においては、そういった「ルール」は存在しません。もちろん入れ替わることはあるでしょうが、資本主義である以上、何らかの「競争原理」が存在し、計画経済的なルールはここにはありません。ただ、一つだけ言えることは、「上」にいるにはその理由があり、「下」にいるのにもその理由があるのです。いわゆる「富」を得るためには、「上」にいることは必要条件ですが、それ以前に、今、自分がどこでソーメンをすくっているかさえ認識していない人だっているわけです。私もまだまだ下ですくっている方かもしれませんが、日に日に、ソーメンの味がよくなってきている気がするのも事実です。今日の話はめちゃくちゃ嫌らしい話に聞こえるでしょうが、非常に重要な指摘だと考えています。

 ところで、昨日に引き続き「夢」の話です。なぜか最近「夢」について語ることが多くなってきました。コーチングにおいても、意図せずして「夢」の話になることが多いです。類友の原則からいくと、「夢」を持つもの同士の「シンジケーション」なのかもしれません。近頃の私がすぐに「夢」について語るのは、きっと沖縄に行ったことが大きいのでしょう、、、とか思っていたら、ちょうど行く直前にも「夢」について語ったエントリーがありました。「夢」について語るのは、今の私のモードなんでしょうね。時々ですが、「今の日本は夢を語れない世の中になってきている」なんて話を聞くことがありますが、私は決してそうは思いません。昔よりもずっと自由度は高いはずだし、何だかんだ言っても恵まれた世の中ですから。しかし「夢を語らない人」は多くなっているようにも思います。「夢を語る」ということでは、高橋歩という人が、一部の若者にとっての教祖(カリスマ)のようになっていますが、彼をリスペクトする人の中で、果たしてどの程度の人が、本当に自分の夢を語れるのでしょうか。ちょっと聞いてみると、ほとんどが高橋歩のコピーだったりします。単に自由気ままに過ごすだけ、、、そんなのを「夢」だと勘違いしているようにも思われます。どうせならば全部コピーすればいいはずなんですが、ヤンキーやるのは嫌、ネットワークビジネスも嫌、バーは開きたいけど金がない、自伝を書くほどのネタもなければ、そんな根気もない。会社を起こすことなど考えられない。でも高橋歩のように自由気ままに生きてみたい。それが夢。そんな夢なら早く覚めるべきです。確かに高橋歩の夢を語る声、そして実現する力については私もリスペクトしています。ただ、単純にリスペクトで終わるべきではないと思っています。何も「高橋歩二世」になる必要はありません。「オレ一世」であるべきです。ちょっと皮肉った言い方をすれば、先日、宿泊した「ビーチロックビレッジ」には見たところ「高橋歩二世」を目指す若者はいても、「オレ一世」にフォーカスしている人はどれだけいるだろうか、、と感じたのも事実です。私はとことん「オレ一世」を目指していきたいものです。

 今日のセッションでも何となく聞かれて話したのですが、今の私の直近の夢は本の出版です。それは普通に実現するでしょう。それと同時に私のビジネス基盤をしっかりと安定させた上で、来年には「自転車投銭講演ツアー」をしたいと考えています。日本全国を自転車で周りながら、各地で講演会(セミナー)を開くのです。ギャラは投銭です。もちろん一度に全国を周るのではなく、2~3週間単位で各地を周るのです。ある程度周った時点でそれをまた本にします。その後はきちんと会社を作りますが、事業内容は、大学時代から関心のあった「教育」に関する事業となります。

 まだまだ夢を語りたいです。そして確実に夢を実現させながら、コーチングを通して、多くの人の夢実現のサポートをするということが、とりあえず今の私の使命だと感じています。今日もよく分からん日記になってしまいましたが、夜も遅いのでこの辺で。おやすみなさいです。



いつもクリック頂きありがとうございます♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-05-24 23:25 | ■人生哲学
 今日は宝満山に登ってきました。沖縄ボケから回復するためもあって。宝満山は何度登っても疲れます。ベテランでもきついって言いますから、やっぱり本当にきついのでしょうね。でもいい汗かけました。今日で9回目です。1000回までまだ100分の1もいってないです(笑)。100回目は3年後になりますが、100回くらい登ったら何か分かるかもしれないですね。ま、何を分かろうとか考えずに、淡々と月3回登って行きたいと思います。次回は6月初旬に10回目を登ります。

 ところでミクシィの方で、昨日から「今日の言霊」ってシリーズを始めました。単なるミクシィ日記なんですが、近頃、ふとした弾みにいろんなメッセージが降りてくるんですよね。それこそ「てんつくマン」じゃありませんが、突然、降りてくるんですよね。とりあえず、ババって言葉だけ書いてから冷静になってそれを解説するというスタイルです。昨日と今日だけで9つも書いてしまいました。本当は一日に一つのペースにしようかと思ったのですが、降りてきた瞬間の方が新鮮なので「すぐする」ということで、すぐ書いています。「今日の言霊(番号)」って感じのタイトルなので、何が書かれてあるかは開いてからのお楽しみ。中には「これ、私に対するメッセージだー!」なんてコメント残す方もいらっしゃいます。ま、「潜在意識」のこと考えたら、そこでクリックするのもある意味必然でしょう。しかし、ほんとに降りてくる感じなんですよね、言葉が。ほとんどが今の私に必要なメッセージだったりしますが。これ、100個くらい書いたら、なんらかの形で公開したいと思います。

 ところで今日のコーチングでは、クライアントさんと「夢」について語り合いました。近頃、つくづく思うことがあります。「夢」を持って生きている人って、意外と少ないということです。「目標」もなければ「願望」もない。あるのはその場限りの「欲望」だけ。お金が欲しい、女(男)が欲しい、仕事やめたい、楽な思いしたい、、、などなど。もちろん、それはそれで悪くはないのですが、では何のためにお金が欲しいのか、女(男)が欲しいのか。仕事やめて何したいのか、楽な思いしてどうしたいのか、、、そこまで考えている人ってあまりいないと思います。ただ、「夢」を持たないのも一つの生き方かもしれません。私自身も究極的には一切の「夢」を持たずに、すべてに感謝して、幸せに生きていければと考えることがあります。でも今は「夢」を持って、それに向かって生きていく方が今の生き方に合ってる気がします。前にも書いたと思いますが、「夢」を持っていると、「欲望」レベルの小さな願望などはすべて叶ってしまいます。「夢」を叶えるために何かを犠牲にする必要もありません。何かを犠牲にしなければならない夢なんて「夢」とは思えません。本気になって「夢」を追い求めていると、自然と周囲からいろんなサポートを得られるみたいです。宇宙からのサポートと言ってもいいと思います。他人から見て大きい小さいは関係ないです。とにかく自分自身で誇りを持って「これがオレの夢だ!」と言えるような「夢」を持つことが大切だと思っています。何度も言いますが、それがあるだけで、小さな願望などは簡単に叶ってしまいます。そして「夢」を語れることはとても幸せなことだと実感しています。とりあえず今の私の「夢」は私が書いた本が書店で平積みになり、コンビニにも置かれることです。人によっては小さな夢かもしれませんが、少なくとも今の私にとっては、ものすごく心を豊かにしてくれる夢なのです。

 ここで少しだけ、夢の実現に向かって直向に進んでいる方を紹介したいと思います。以前、私が主催した「滝オフ」や「名古屋オフ」などに参加されたことのある「ateliers AN」さんです。現在、石川県在住で、フリーの立場でいろんな作品を作り、世に送り出しています。今年から個展も開いているようです。非常に素晴らしい作品を作られるので、私も以前に「かばん」を注文したことがあります。それをツレにプレゼントしたのですが、とても「かわいい」と喜んでいました。私が初めてお会いしたときは、まだお勤めだったと思いますが、今はフリーとして、着実に「夢」を形にしておられます。同じく「夢」を持つもの同士として、応援の意味も込めて紹介させて頂きました。6月には個展も開かれるようですので、石川県近辺の方はよかったら見に行かれてはどうでしょうか(こちらこちらにも情報があります)。

 てなわけで、今日のテーマは「夢を持つ」でした。「夢」について考え、語り合えるって素晴らしいな~と思う今日この頃であります。


いつもクリック頂きありがとうございます♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-05-23 23:20 | ■人生哲学
 まだ沖縄疲れでしょうか。昨晩は早目に寝たにも関わらず、今朝はゆっくりでした。8時頃に起きました。何となくぼけーっとしながらパソコンを付け、沖縄旅行記のアップを完了しました。なかなか楽しそうに写ってる感じですね。それはいいのですが、どうもまだ執筆モードに入りきりません。書きたい気持ちはあるのに、身体がそれを求めないというか、一歩が出ない状況です。コーチングなどしていながら、自分がこんなんじゃアカンな~とか思うのですが、ま、今日まで充電と言うことで、明日からはきちんと執筆に入ります。明日は必ずワードを立ち上げることからスタートです。で、今日は久々にプールに行って身体を動かしてきました。明日は山登り、明後日はミーティング、金曜日には大阪に帰ります。もう船で帰るのやめました。確かに安い以外にもメリットはあるのですが、片道5,000円ぽっち余計に払うだけで、飛行機や新幹線の快適さと時間を買うことができるのです。近い将来の成功者がフェリーや夜行バスに乗る姿は似つかわしくありません。現に今でも飛行機に乗れないわけじゃありませんし。てなわけで、形からでもしっかりと「成功」をインプットですね。

b0002156_234096.jpg ところで、沖縄旅行記の二日目に「老犬」の話、ちょこっと書きましたよね。最終日にその話すると言っておきながら忘れていました。ここで書きます。車で北上中に読谷村という地域の「ヤチムンの里」ってのに寄りました。焼き物や陶器などの工房が立ち並ぶ里で販売もしています。近くに来たので何気なく寄ってみました。私自身は、ま、そこまで興味あるものではないのですが、とりあえず冷やかしてみます。ある工房の入り口に一匹の黒い犬が寝ていました。その時は素通りしたのですが、ヤチムンを去ろうとして駐車場に行った時、どこからともなくその黒い犬がやってきたのです。ツレは大の犬好きなので「老犬、わんわん」とか言いながら、その黒い犬に近寄っていきました。確かに老犬です。15歳以上はあるでしょう。私は、ま、そこまで犬好きでもないので、別に近づきもせずにいたのに、その老犬、ツレの方は素通りして私に近寄って来たのです。そして、私から50センチ離れた場所でお座りをするのです。吼えることもなく、擦り寄ってくることもなく、50センチ離れたところでお座りをするだけです。私が歩き出すと、着いてきます。そして止まると、私の方をジッと見ながらお座りします。その繰り返しです。老犬だけに、何となく哲学者のような犬です。気にはなるのですが、ずっと構ってるわけにも行かないので、車に乗ります。ドアを閉めようとするのですが、それでもお座りしてジッと見つめるのです。写真がその風景です。

 でもまあ、きりがないので、ドアを閉め、車を走らせます。吼えることもなく、追いかけることもなく、立ち上がって見送ってくれます。何となく切ない感じです。ツレが言います。「ほんやくこんにゃくが欲しい~」、と。ドラえもんの道具で、そのこんにゃくを食べると、どんな言葉でも理解できるのです。動物はどうだか知りませんが。でも、その老犬が私を見つめる雰囲気に只ならぬものを感じたのも事実です。私に対して目に見えない何かを感じ取っていたのかもしれません。もしかして何かの予兆のようなものかも。これ以上は「解釈」の話になります。私は前向きに「沖縄いらっしゃい」というメッセージに受け止めたのですが、同時に「気をつけなさい」という意味も感じていました。ですので、歓迎を快く受け止めながら、注意喚起も厳粛に受け止めたのです。

 確かに知らない土地で慣れない車を運転するわけですから、普段以上に気をつける必要はあります。ましてや旅行ということで浮かれています。景色にだって気をとられやすいわけです。実際、今回の旅行中、車の接触事故を二回見ています。しかし、私にはその「老犬」の顔が意識にインプットされたおかげで、かなり気をつけるようになりました。シュノーケリングでもいつもみたいな単独行動をせず、ロープにつかまりながら、インストラクターたちと一緒に行動しました。そして車の運転もいつも以上に慎重にです。

 で、結果として、今、こうやって無事に帰ってきていますし、旅行中は天気にも恵まれ、素晴らしい旅となったのです。そう考えると、あの老犬のおかげかも、、、と考えてしまいます。もちろんこれは解釈の問題で、そんな深い意味はなく、たまたま私と波長があっただけかもしれません。朝食をたくさん食べたので、そのにおいに釣られてきたのかもしれません。ただ、私のほうは「歓迎」と「注意喚起」として受け止め、それ以降、気持ちを引き締めるようになったので、「おかげ」と言っても間違いではありません。なんにせよ都合のいい風に解釈するのが私のポリシーでもありますので、今もってあの老犬には感謝しています。私やツレのこういう「感性」はこれからも大切にしていきたいと思います。

 ありがとうございました。


いつもクリック頂きありがとうございます♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-05-22 21:46 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン