宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 あっという間に大晦日になってしまいましたね。私の周りにいる人は、なぜか例外なく「一年早かった~!」と言われます。ほんと、そうですよね。昨日は帰るのが遅かったのもあり、今日は10時頃まで朝寝しました。それから大掃除です。テレビで「探偵ナイトスクープ」を見ながら。「鮎の丸飲み」が面白かったです。夕方、ちょっと買い物に出かけ、家でご飯を食べます。そして夜は大晦日恒例の「北村英治カウントダウンライブ」に行ってきました。

 私にとっては4回目のカウントダウンライブです。ツレと一緒に行ったのは3回目です。北村英治氏は今年でなんと77歳。失礼な話ですが、77歳という年齢は一般的に御歳を召していらしゃると言われます。しかし、北村氏は今もまだ現役。とは言うものの、年寄りなりの演奏なのかな~と思いきや、、、今年もまだまだバリバリの第一線であることを確認できました。と言うか、毎年パワーアップしているようです。一曲目に「素敵なあなた」というスタンダードを急速調で演奏したのですが、まったく乱れがなく、洪水のようにフレーズが湧き上がるのです。こう言っては失礼ですが、どんな大御所でも晩年と言われる歳の録音を聞くと、多少のよれよれ感は否めないのですが、北村氏には全然関係ないようです。お世辞ではなくマジです。私もそれなりにジャズを聞きこんでいますし、クラリネットも多少は吹いたりするので、自信を持って言えます。北村英治は今もまだ現役バリバリです。「味で勝負する」なんて言い訳の必要もありません。

 北村英治氏は確か50歳になって東京芸大のクラリネットの教授である、村井裕児氏にクラリネットを師事しました。北村氏は高校くらいのときにベニーグッドマンを聞いて感動し、敵国の音楽と言われて恐々としている中、一枚のレコードを押入れの中で擦り切れるほど聞いたそうです。クラリネットが吹きたくても、肝心の楽器が手に入りません。なので竹箒でイメージだけの練習をしながら、クラリネットへの想いを深めていったそうです。そして大学に入学して、晴れて本物のクラリネットを手にすることが出来たのですが、その時既にベニーグッドマンのレパートリーを演奏できていたそうです。その後、在学中から研鑽を積み、卒業後も晴れてプロとなって活動を続けました。

 しかし、当時、ジャズクラリネット界には北村氏の他に2人のスターがいました。クラシック出身でコープランドの協奏曲の日本初演を果たした経験を持つ藤家虹二氏、そして「鈴懸の径」で大ヒットを飛ばした鈴木章治氏です。当時、その二人に比べると、北村氏はどうしても遅れを取る存在だったそうです。藤家氏と鈴木氏はジャズだけでなく、演歌やポップスの世界でもひっぱりだこでレコードもバカ売れしていました。2人に比べると、北村氏のクラリネットはあまりにも正統派過ぎたのが災いしてか、音楽スクールで教えないと食べていけない状況であったそうです。北村氏は一時期ビバップにも傾倒していたくらいなので、本当にジャズを真摯にとらえていたんでしょうね。しかし、彼は突然、「モーニングショー」という朝の番組にレギュラーで出演するようになり、演奏だけでなく、料理やキャスターとしても活躍の場を広げるようになりました。彼の温厚な人柄と芸達者さが人気をはくし、文字通り「スター」となった時は既に頭に白髪が混じり始めていました。そこから北村氏はさらにクラリネットに磨きをかけようと、本格的に弟子入りしたのが50歳を過ぎてからでした。

b0002156_19302921.jpg 当初、弟子入りを申し込まれた村井裕児氏は「50歳からでは上達は不可能」と言い、北村氏の弟子入りを断っていたそうです。しかしあまりの熱心さに根負けして、認めることになりました。そして最初の課題曲が「ちょうちょ」。ジャズクラリネット奏者として世界的な実力を持つ北村英治に「ちょうちょ」を吹かせるのです。しかも最初はそればっかり吹かせたそうです。下品に吹くな、ビブラートをかけるな、フェイクするな、アティキュレーションを丁寧になどボロクソに指導したそうです。しかし、やっぱり本物は違うのです。北村氏は「ちょうちょ」を一生懸命にマスターし(?)、モーツァルトを録音するまでに上達しました。かくして村井氏の「50歳からでは上達は不可能」という言葉がウソであることを証明し、現在、77歳で現役バリバリ。おそらく本当に100歳まで現役を続けることでしょう。

 私が3人のメンターを選べと言われたら、その一人に間違いなく「北村英治氏」を選びます(後の二人は五日市剛氏、新庄剛志氏、、かな)。彼のビックリするほどのプラス思考と、温厚な性格、そして絶えない向上心。本当に素晴らしいと思っています。今日の演奏中も言っていました。「幸せだと思って感謝すると、まったく疲れないんですよ」と。まさしくその通りだと思います。そんな北村氏も原点は「竹箒」です。人間、信念があればどんな状況であってもできるのです。「~がないからできない」というのは言い訳に過ぎないのです。やろうと思えばできるのだ。彼のクラリネットを聴きながら、そんなことを思いました。ちなみに北村氏は弟子入りした村井裕児氏とのコラボでCDも出しているのですが、廃盤で入手困難だったものを、ヤフオクで格安で入手しました。CDが届いたのが今日でした。シンクロを感じます。
b0002156_1927117.jpg

b0002156_19271393.jpg

b0002156_19272764.jpg

b0002156_1927448.jpg


来年もどうぞよろしくお願いします♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
by katamich | 2006-12-31 23:24 | ■日一日
 今日はツレとお友達と4人で遊んできました。大分県九重町の大つり橋、湯布院に行ってきました。つり橋は今年できたばかりの、日本最長のつり橋です。湯布院はその近くにあるので、行ってきました。夜は友達の家で忘年会です。友達が調達した「カニ」「ホタテ」「カンパチ」を中心に鍋、刺身、焼き物を楽しみました。写真で振り返りますね。

 九重のつり橋です。橋が揺れてこわ~。
b0002156_113971.jpg

 湯布院は何回行ったかな~。なんだかんだ言っていいです。九州に来られるときは、湯布院に行ってみるといいですよ。温泉にも入ってきました。写真は幸福の地蔵になる私です。
b0002156_11392667.jpg

 食材3連ちゃんです。生きたホタテ、ズワイガニ、そして巨大カンパチです。
b0002156_11411151.jpg

b0002156_1142033.jpg

b0002156_11511148.jpg

 ホタテはバターと醤油で食べます。プリプリしてジューシーで旨~。
b0002156_11423081.jpg

 カニはボイルにして、足は鍋に入れて、胴体はミソごとしゃぶります。身がプリプリにつまって旨~。
b0002156_11441628.jpg

 カンパチは腸が入ったままの丸ごとを三枚におろして、刺身と塩焼きにしました。めちゃくちゃ旨いです。刺身は一人3人前以上はありました。今日のメニューをいいところで食べたら、一人5万円は下らないと思います。やっぱ持つべきは友達ですね。贅沢三昧でした(^^)
b0002156_11462613.jpg

b0002156_11464226.jpg

 鍋の写真撮るの忘れてた。。。ま、いいか。家に着いたのは夜中の1時でした。楽しい一日でした~。明日は大晦日ですね。今年一年に感謝します。

クリックも盛り上がって行きましょう♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 100人/100人 です。(受付終了しました)
by katamich | 2006-12-30 23:22 | ■日一日
 今日は朝からコーチング。お昼もコーチングで今年の業務は終了しました(^^)。夜はジュネさんたちと忘年会。6時半に店に入って、出たのは11時過ぎ。今年をいろいろ振り返りました。私もジュネさんも激動の一年だったようです。私にとっては間違いなく、人生で最高の年になりました。去年も人生で最高だったのですが、今年もそれをはるかに上回る最高さでした。本当に心から感謝しています。私と接してくれた人、両親及びご先祖様、私をお守り頂いている目に見えない存在まで、本当に心から感謝しています。ジュネさんいわく、来年は「活性化」だそうです。本当にそう思います。おそらく来年はまた最高の一年になるし、その先の一年一年も最高の年になるでしょう。そういう意味で私の人生、見えました(笑)。

 てなところで、例年通り、今年の振り返りをしたいと思います。改めて、今年はスゴイ年でした。そしてあっという間でした。ちなみに2005年の10大ニュースはこうでした。

・2005年の10大ニュース
【第10位:付き合って3年半】
【第9位:音楽の復活】
【第8位:まちづくりの展開】
【第7位:スピーカーとしての機会が増える】
【第6位:ブログが大ブレイク】
【第5位:早朝コーチングを始める】
【第4位:21日間滝行満行】
【第3位:21日間インド旅行】
【第2位:会社を辞めて新たな生活】
【第1位:成功元年】



 ほほ~、昨年は本当に「始動」の年だったようですね。今年はその基礎固めと展開であったように思います。今年はいろいろありすぎてベスト10を選ぶのが大変かも(^^)。それではいきます。


【第10位:沖縄・ベトナム旅行】
 やっぱ私の一番の趣味というか、ワイフワークは旅なのかもしれません。去年のインドは人生を揺るがすような旅でしたが、今年は割合ライトに楽しんできました。沖縄は初めて。そしてツレと一緒に飛行機に乗ったのも初めて。3泊4日でかなり充実したバカンスでした。ツレも人生で一番楽しかったと言っていました。私は今までいろんな国に行ってきましたが、苦行のような旅が多かったのに対して、沖縄は純粋にバカンスとして楽しめました。そういう意味では人生で一番とも言えるかも。

 そして12月のベトナムです。ベトナムに行くのはかなり迷いました。最後はコインを投げて決めました。5回連続で「表」が出たので、踏ん切りがつきました。結果として行ってよかったし、これからの人生にとっても大きな意味を持つものとなりました。言うまでもなく私はサラリーマンではありません。なので時間の拘束はあまりありません。でも、それゆえに「休み」という概念が希薄になります。会社員時代は「有休」という休みがあったのですが、今は毎日が休みのようで仕事でもありました。でも私はこれから毎年バカンスに行くのです。そう決めましたので。脱サラ2年目にして、年に2回も大きなバカンスを楽しめて、出来ることの証明と、潜在意識へのインプットができました。その意味で、非常に大きな意義を持つ旅だったわけです。


【第9位:人間関係の再認識】
 そんなに深刻な話でもないのですが、今年は人間関係についてもいろいろ勉強になりました。それまで仲が良かった人と急に疎遠になったり、意思疎通がしにくくなるような場面もありました。学んだことは、やっぱり自分が変わらないと相手も変わらないということです。むしろ相手を変えようとするところに、最大の落とし穴があるのです。他人と過去は変わらない、変えられるのは自分と未来だけなのです。

 しかし今ではいろんな学びもあって、驚くほど人間関係の成長もありました。すべてOKの状態です。もちろん疎遠になった人もいるのですが、それ以上に多くの出会いがありました。私が真にコミュニケーションを学ぶために、いろんなハードル気づきを与えてくれたのだと思います。今となってはきちんとハードル越えもして、一段と成長した自分がいるわけです。すべての人に感謝いたします。


【第8位:NLPとの出会い】
 もっと上位に来てもいいのですが、去年から学びたかったNLPを今年、正式に学ぶことができました。予想以上に得るものが多かったです。10月から学び始めたのですが、ある意味、人生で最も濃い3ヶ月となりました。同時進行で100人コーチングも行っていたのですが、NLPのスキルを一つ一つマスターするごとに、私のコーチング力も確実に向上している実感を得ることができました。私のNLPもまだまだスタートラインに立ったばかりですが、生涯の付き合いになることは間違いないでしょう。来年もさらにスキルアップして、確実に結果が出せるプロとして成長していきます。


【第7位:スピーカーとしての発展】
 今年も人前で話す事が多かったです。ビジネスセミナー、コミュニケーション講座、大学での講義など去年よりもさらに多くの場に立たせてもらうことができました。また、私のトークに遠方までの交通費が出るようになったことも、大きな意義を持つものです。フリーランスの者に対して「交通費を出しますので、スピーチをお願いします」というのは、普通の人ならば一生経験できないものです。それを既にしたということは、私の今後の展開においても重要なエポックとなるわけです。

 また、コミュニケーション講座でも好評をはくし、録画したビデオも上々の評価を得る事ができました。大学でのゲスト講義では、今年で3回目だったのですが、今までで一番良かったとの声も頂き、私自身もその実感を得る事ができました。さらにNLPの講座でも、毎日、何度もスピーチをする機会があったのですが、トレーナーや受講生からも堂に入ったスピーチだと評価され、私自身も大きな自信を得ることができました。私は人前で話をすることが、心から好きなようです。来年もさらにパワーアップしたスピーカーとして成長していきたいです。ちなみに私のスピーカーとしてのメンターは五日市剛さんです。もちろんスピーカーとしてだけでなく、人生レベルにおいても最高のメンターです。


【第6位:来年の結婚が決まる】
 付き合い始めて4年半となりました。2007年の6月で丸5年となります。そしてついに10月には挙式をあげることになったのです。ある意味、まんまと追い込まれた(笑)ことになるのでしょうが、私としては満足しています。私とツレの潜在意識が「結婚」へと大きく傾いたのでしょう。式場は福岡でも最高レベルのところです。その名に恥じぬ風格と経済力を身につけることになるのです。来年からさらに幸せ度がアップすることでしょう(^^)


【第5位:順調なビジネス展開】
 なんだかんだ言って、フリーランスで生活できていることが不思議です。何だか分からないのですが、うまくいっているのです。本来は目標をもっと高く設定していたのですが、ある意味、無理のない水準で順調に展開しています。少なくとも会社員時代よりは収入が高いので、今のライフスタイルから勘案すると、かなり贅沢な暮らしなのかもしれません。やりたいと思った事がたいていはできるというレベルではあります。

 来年は「やりたいレベル」をさらに上げることによって、それに見合った収入を目標とします。と同時に、単に収入を追いかけるだけではなく、社会や環境に役立ち、さらに自己実現を果たせるようなビジネスのあり方を探求していきたいと思います。いずれにせよ、フリーランスでいる以上、「自分次第」で毎年、毎年、収入が上がっていくことが期待できます。来年はさらに楽しくなりそうです(^^)


【第4位:100日間滝行満行】
 やっと出ました、滝行。今年の一月に100日滝行に入ったのがついこないだのようです。一年で最も寒い時期に100日間、肉、酒、女を断ちながら毎日滝行をするのです。毎日が学びの連続でした。そして最後の100日目には24時間行を敢行しました。早朝から翌日の早朝まで、一日7回滝に入り、それ以外の時間はひたすら観音経を唱え続けるのです。もちろん飲まず食わずで、睡眠もありません。ある意味、本当の修行でした。一生涯の経験と言えるのですが、おそらくまたやると思います(^^)。ただ、来年は続けて100日の日程を取ることが困難なので、21日行を何度かできればと思っています。

 また、100日行満行後にやってきた「まんぎょうまん」も今となっては私の生活に欠かせない存在となっています。


【第3位:コーチングの有料化】
 人生レベルで非常に大きなエポックとなりました。会社員は会社から給料をもらいます。営業マンは販売するものが自分以外にあります。商品力も大きな要素となります。しかし、コーチングについては「私そのもの」です。「私そのもの」に対して、まとまったお金を払われるようなことは今までありませんでしたし、一般的にもほとんどないと思います。しかし、今年の4月にそれは訪れました。振り込まれた預金通帳を初めて見たとき、震えるとともに、私の脳の配線が変わりました。「お金」というエネルギーの流れを感じました。しかしながら、本当に「結果」の出せる仕事への責任も芽生えたということです。サービスは決して無料で行ってはいけません。そのような時期が一時的にはあったにせよ、必ず適正な報酬を頂くことを前提としていなければなりません。でなければ、あらゆる自己投資は無意味になります。投資という言葉に対する自己矛盾にもなります。

 一方で9月から「100人コーチング」を行い、予告通りに年内で終了することができました。短期間に多くの人生と触れることができ、たいへんに価値ある学びとなりました。こちらは無料で行ったものの、中には有料へのリピートをする人もおり、私自身のコーチングに対する自信にもなりました。この出来事も、2006年のラスト3ヶ月の濃さを裏付けるものとなりました。


【第2位:全国行脚と数多くの出会い】
 5月からブログで知り合った人を中心に、大阪、東京、名古屋、福岡でオフ会を開き、非常に多くの方とお知り合いになることができました。10年来の友人ばかりのように感じています。いろんな刺激を受けるとともに、非常に学びのある仲間を得ることができました。生涯の友人として付き合って行きたい人ばかりです。一人ひとりにハグしたいので、心の中で、今年出会った人たち一人ひとりにハグします。本当にありがとうございました。


【第1位:フリーランスとしての地位確立】
 1位は総括的になりますが、やはり会社を辞めてから2年間も雇われず、借金もせずにフリーランスの立場を貫けたことは、大いなる自信となりました。私の潜在意識も、もはやフリーランスでいることを完全に肯定しているようです。今年大丈夫だったということは来年はもっと充実したフリーランス生活が待っているということです。フリーランスとしての真の成功の基礎固めが出来たことが、今年の大きな収穫となりました。本当に感謝しています。

 
 というわけで、今年は本当に最高の一年となりました。来年もどうぞよろしくお願いします♪
 
クリックも盛り上がって行きましょう♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 100人/100人 です。(受付終了しました)
by katamich | 2006-12-29 23:19 | ■目標設定・実現リスト
 今日から急に寒くなってきましたね。今年は滝に行く時間が厳しそうです。年始からコーチングのメニューをリニューアルするので、その準備に時間を割いています。元旦にはサイトを公開したいと思います。内容は昨日のブログとも重なる部分があるのですが、この3ヶ月で学んだことがベースとなっています。コーチングに関しては、ある程度、確信のようなものが芽生えています。どうすれば願望が実現するかについてです。キーワードは「潜在意識」です。何だか怖いものなしの境地です(^^)

 そう言えば、何気に「100人コーチング」を達成してしまいました。年内に達成すると目標設定していたので、感無量です。これでよい年が越せそうです。まだ若干、受付している人もいますが、きちんとやりますのでご安心くださいね(^^)。そうそう、今日はレギュラーのコーチングでもお一人ラストセッションとなりました。7月から始めて、結構ゆっくり目にさせて頂きました。ミクシィ日記に感想を書いて頂いていたので、転載させて頂きます。もちろん本人の了解をとっております。最初と最後のセッションからです。嬉しい感想です(^^)


【コーチングに初トライ♪(2006年07月10日)】
今日、早朝6:00から初めて『コーチング』を受けましたぁ~。
まずはお試しという事で無料で30分。パソ吉が調子悪いのでスカイプはできないため、電話でお話しさせていただきました。
昨晩から緊張してて、今朝なんて4時前に目が覚めちゃうわ。(笑)何を話すのかとか全く考えてないわ(←おひおひ)それでいいのか、俺?!と、自前ダメ出しするわ。(爆)始める前から反省猿。アウッ!!(>_<)
何故、ここまで普段は心臓が亀の甲タワシの俺っちが緊張するのかって?
そらも~だって、コーチはあの、あの、あの!『宇宙となかよし』のQさんなんだよぉ~?!こんな贅沢ありませんぜっ!?奥さんっっ!
で、この贅沢な30分(正確に言うとさらに17分オーバーの47分!←Qさん、貴重なお時間を割いてくださり、ありがとうございました~(T_T))初トライなのに、すっごい有意義かつ大収穫な時間となりました。
『あ、そうなんか~俺ってば、そんな風に考えてたんかぁ~』と大きな気付きがあり、我ながら驚き。
Qさんが絶妙かつ、クリアにリードしてくださるので、いつもならドツボにはまって『…ウッ。(沈黙)』となって袋小路に入ってしまうところが、スルスルスル~ッと自然に明るい道に出てしまった感じ。
ハァ~スッキリ(^^ゞ(←違)
月曜日の朝からとってもキモチよく1週間のスタートです~♪
Qさん、これからもよろしくお願いしますっ!
(^O^)/


【ラストセッション(2006年12月28日)】
今夜でQさんのコーチングがひと段落しました。
7月からはじめたコーチングでしたが、後半は寝坊しちゃったり(←こら!)、日程があわなかったりで、だいぶ日にちもあいてしまっていたため、この年の瀬あわただしい中、Qさんにお時間を割いていただくこととなりました。
Qさん、本当にありがと~(^^;
やっぱり、この人、すごい!!
何がすごいって、Qさん風に言うと「脳が笑う」んですよっ♪♪♪
わかります?脳が笑う感覚!!
ワクワクだし、ゾクゾクだし、うきうきするんです。
こんな時間を毎週1回、3ヶ月を基本にコーチングしていただくんですが
「全く考えていなかったこと」が3ヶ月後には「実現してあたりまえのこと」に変化するんです。
魔法でも何でもありません。
自分自身のもてるエネルギーだから、何ら無理がありません。
そのうえ、楽しい~んです。
人生ハッピー♪これに尽きますねっ☆
正直、コーチングを受けようと思ったのは
「この人とお話ししてみたい!」と思っただけで
何を目指すとか、何をしたいとか何も考えてなくて(おひ)
かなりミーハー根性で申し込んだんですが(笑)
でも、これって直感じゃないですか!
直感って実はすっごーく正しかったりするんですよね。
で、はじめた結果。
わたし自身はとっても大きな成果を得ました。
まさに「大当たり!」という感じ。(^^)
Qさん
ラストセッションはいつもよりもさらに大幅時間オーバーし
1時間近くもおつきあいいただき、本当にありがとうございました。
おかげさまでとっても気持よく新年も迎えられそうです。(「も」、ですよ♪)
来年はきっと更に大活躍をされますね。
きっと近いうちにQさんは五日市さんとも対談されるであろうと思います。
(ええ。これも、直感です。)
そのときを今からとても楽しみにしています。
そして、Qさんとみなさまの
健康とご多幸をお祈りいたします。
感謝いたします。(^^)




 ありがとうございます。ベタ褒めして頂いていますが、このクライアントさんもかなり素敵な方です。本業のビジネスはバリバリ、そしてライフワークも充実。このライフワークの分野では5年以内に日本の第一人者になることは間違いないです。もしかしたら世界的にも有名になるかもしれません。そうなったらサインもらお~。それから最後の方に「五日市さんと対談」なんてありますが、本当にそうなったらどうしよ~。なにしゃべろ~。そうそう、ちょうどラストセッション中のことですが、ミクシィのメールに「五日市さん講演会情報」を頂きました。1月末に福岡県大牟田市であるようです。絶対いこ~。明日電話するけど、普通にチケットとれるでしょう。ツイてる。それから、昨日の日記にも登場しましたが、最近、「新庄剛志」が気になります。今日は食わず嫌いに出ていたそうですが、見逃してしまった~。youtubeに出てこんかな~。しかも相手は黒木瞳。新庄と黒木瞳とは私の中では最強の組み合わせです。youtube探したら、新庄のがたくさんありますね。思わず見入ってしまいました。
えんぴつ転がし1000万円ホームスチールMVPメッツ新庄1メッツ新庄2

b0002156_1312837.jpg それにしてもかっこよすぎです。このストレートな生き方はモデリングしたいものです。そうそう、新庄と五日市さんって、なんかかぶる気がするな~。私も十分ポジティブですが、この2人を「10」としたら、私はまだ「6」くらいでしょうか。ま、彼らを「10」としたら平均は「2」くらいでしょうけど。野球引退したこれからの新庄にめちゃくちゃ注目ですね。講演会などがあったら絶対行きましょ。(よー見たら、新庄さんと五日市さんは同じ名前じゃん)

 やっぱ「有言実行」ってのがいいですよね。本当は「無言実行」が奥ゆかしさもあって素晴らしいのでしょうが、「有言」の方がなんかカッコイイじゃないですか。なんかその方が盛り上がるじゃないですか。やっぱ人生、盛り上げないとですね。盛り上がったもん勝ちって気がします。謙虚で奥ゆかしくなるのは、天国に行く前日まで遠慮しときます。それまでは大口叩いても、自慢ばかりと言われても、人生、盛り上がって行きたいものです。さあ、来年ももっと盛り上がって行きましょう!!

クリックも盛り上がって行きましょう♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 100人/100人 です。(受付終了しました-3名受付済)
by katamich | 2006-12-28 23:02 | ■NLP・コーチング
 今日も5時起床。外は真っ暗ですね。夏になると5時で既に明るいのですが、冬至を過ぎたばかりなので、まだまだ暗いです。それにしても今年は温かいですね。去年の12月は雪も降っていて泣くほど寒かった記憶があります。雪の中で滝にも打たれました。そう言えば、最近、滝もご無沙汰しています。水汲みのついでに滝行をするような感じですが、年明けたら、できれば21日行をやりたいと思っています。今日は篠栗町で滝行の日だったのですが、なんと朝6時からお仕事が入ってしまいました。ファミレスで新規見込み客との面談です。2時間みっちりお話し、割といい手ごたえでした。NLPを身につけたお蔭か、コミュニケーションをかなり自由にコントロールすることが出来るようになってきました。15秒で相手の心を鷲づかみし、2分で人間関係を築きます。それができれば、2時間お話してもOKなのです。この辺もスキルがありますので、来年からこういうセミナーもやっていきたいですね。実は来年には、対個人だけでなく、対企業の仕事もする予定です。また、企業から委託されてNLPなどのセミナーを開くことにもなりそうです。この辺まではほぼ決まりです。欲を言えば対行政(役所等)の仕事もしていきたいものです。たぶん出来ると思います。企業や行政相手の仕事をするということは、直接的な収入だけでない大きな意味があります。私のキャリアにハクがつき、仕事をする上での信用が得られるわけです。これは来年の大きな目標と思っていたのですが、すでに実現しようとしています。

 そんなことで、来年は仕事面でも飛躍しそうです。私にとって2004年が「気づき」の年、2005年が「挑戦」の年、2006年が「基盤」の年でありました。そして2007年は「飛躍」の年になります。そして私が35歳になる2008年でとりあえずの「到達」を得られるわけです。2008年は北京オリンピックの年でもあります。この年を境に世界地図も大きく変わることでしょう。とりわけ中国、台湾、南北朝鮮、そして日本のあり方が大きく変わっていくと思われます。そしてそのまま世の中はどんどん加速していき、2012年をもってとりあえずのゴールとなるわけです。それ以降は予想できません。なので私の40歳以降も予測できないのです。インドで会った占い師によると私は40歳以降「本物のお坊さん」になるらしいのですが。。。それが何を意味するのかはわかりません。

 今日の夕方は、久々に「きとりかさん」とスカイプでお話しました。お互いの近況報告に始まり、さらにお互いのスタンスやこれからのあり方などをお話しました。最近、うっすらと見えてきてはいたのですが、きとりかさんとお話したことによって、言語化できるまでにはっきりとした私のスタンスが見えてきたようです。そして今後の私のあり方もかなり明確になってきました。これは仕事はもちろん、人生に対する姿勢も含めてです。それは「すべての人がベスト」となるようなあり方を目指すものです。すべての人が自分なりの「ベスト感」を持つというか、「現実」と「なりたい自分」とかイコールになるようなあり方を目指すものでしょうか。

 まず私ごととしては、今年一年は自分が希望していたイメージがかなりの部分で達成できる実感を得ました。前にも言ったと思いますが、今年の元旦に立てた目標の7割以上が実現しているのです。8割と言ってもいいかもしれません。さらには元旦の目標だけでなく、その都度その都度の思い付き的な目標も確実に達成しているのです。例えばブログに書いた一ヵ月後には実現していたなんてのはザラです。先ほど書いたように、来年の目標と思っていた「対企業・対行政の仕事」なんてのも、紙に書いて目標立てる前にほぼ実現しようとしています。かなりの加速です。結婚だって一年を切ってしまいましたし。なぜこんなにも加速的に実現するのでしょうか。その鍵はやっぱり「潜在意識」の力だと思っています。「潜在意識」については、これまで成功本やスピ本などでよく見かけていたし、潜在意識こそが現実を創るものだと頭では分かっていました。それが特に10月以降はNLPを本格的に勉強し始めたこともあってか、かなりいろんなことが分かってきたのです。「潜在意識」とは実に面白いものです。

 昨日も書きましたが、成功哲学などに興味を持っている人の多くが「潜在意識」の存在は知っていると思いますし、本などで紹介されてるワークを実際にやっている人も多いと思います。例えば紙に書くとか、念仏のように唱えるとか。しかし頑張ってやっているのに、全然成果が出ない人も少なくないはずです。むしろ頑張れば頑張るほど成果が出ないのです。かと思うと、全然気張ってないのに、軽々と実現させてしまう人もいるわけです。その典型が「新庄剛志」です。先日トーク番組に出ているのを見ていて強く感じました。彼は何事においても実現するのが「自然」なのです。「想い」と「言葉」と「行動」とか常に一致しているのです。「歯をキレイに見せたい」と思ったら、すぐに実行です。すべての歯を差し歯に変えて、白さを目立たせるために日焼けサロンに通います。欲しいと思ったものはすぐに買います。阪神に入団してまだルーキーだった頃に、年俸2200万円の中から2000万円の車を躊躇なく買ってしまったそうです。理由は欲しいから。税金のことなどもまったく考えずに買ってしまったのですが、それはうまい具合に親戚が払ってくれたんだそうです。細木数子から「今年はダメ」と言われても、日ハム優勝の立役者になってしまいました。そして潔く引退です。これから先もいろんなことをしてくれるでしょう。

 新庄はことごとく一貫性があるのです。「想い」と「言葉」と「行動」にです。これらが一致した時にはあらゆる願望が実現するのです。宝くじだって当たるのです。それは先日の五日市剛さんの講演会でも言っておられました。しかし多くの人は夢があっても願いません。願ったとしても言葉に出しません。言葉に出したとしても行動しません。行動しないと実現しません。実現しないと実現しない癖がつきます。実現しない癖がついたら想いはネガティブなります。でも必死で紙に書いたり、アファーメーションしたりします。でも、無意識のうちに思わず、「でも」とか「どうせ」とか「だめだろうな」とかネガティブな言葉をぽろっと言ってしまいます。それが「口ぐせ」と化し、そのまま「潜在意識」にインプットされてしまうのです。せっかく頑張ってるのにです。で、もちろん実現しません。次にするのは過去に対する卑下とクレンジングです。それも中途半端にクレンジングします。クレンジングしているうちは「行動」しなくてもいいと思っているので、やっぱり行動に移りません。そのうちに守護霊のせいにしたりします。となると守護霊の浄化に走り、大枚を失うのです。申し訳ないのですが、完全に「負け癖」がついていますね。守護霊の浄化に走った人、、、どうですか。私が今書いた文章を逆に読むと本当にそうなってませんか?

 ちなみに新庄が守護霊の浄化をしているのを想像できますか?。新庄はそんな回りくどいことをせずに「やりたいからやる」、「楽しいからやる」だけです。想いと言葉と行動の完全なる一致です。「お金を稼ぎたいので守護霊の浄化をする」、ということのどこに一貫性があるのでしょうか。「潜在意識」は一貫性を好むのです。石井裕之さんが「潜在意識」の性格について、非常の示唆的な指摘をしています。「潜在意識」には「現状維持メカニズム」があるという指摘です。アファーメーションなり紙に書くなり、一生懸命にポジティブなインプットをしても、「現状維持メカニズム」が働いている限り、すぐに元に戻ってしまうのです。元に戻った瞬間に「でも」とか「どうせ」という「口ぐせ」が出てしまうのです。それが「潜在意識」の「現状維持メカニズム」であり「一貫性」なのです。ではどうすれば、潜在意識が望ましい状態で一貫性を保つのでしょうか。

 簡単です。想ったら言う、言ったら動く。これだけです。想ったら動くでもいいと思います。「お金持ちになりたい」と想ったら、「お金持ちになる」と言います。「お金持ちになる」と言ったら、そのための行動をすればいいのです。例えば営業を頑張るとか、稼ぎの勉強をはまってするとか、多くの人に会いまくるとか、同じトレーニングを何度も何度も繰り返すとか。しつこいようですが「お金持ちになる」ことと「守護霊の浄化」には何の一貫性もありません。NLPでよく言われるのですが「行動は想いに先行する」のです。気持ちが成熟するまで動かないと考えているといつまで立っても動けません。でもいざ動いてみると、すぐに気持ちが成熟するのです。私の例で言うと、気持ちが成熟する前に20人に電話をかけました。すると電話がとっても楽しい気持ちになりました。営業DVDを見ながら、「おはよございます」の一声の練習を暗い部屋で一人で何回もやりました。すると「おはようございます」と言いたくてたまらない気持ちになりました。一貫性があるのです。なので私は老若男女、いかなる人に対しても瞬時に人間関係を築くことができます。今朝のように初対面でも2時間、集中して話を聞いてもらうことができるのです。ただし中にはどうしても合わない人だっていますが、私の中ではごく例外です。

 ようするに「想い」と「言葉」と「行動」が一致した時にはじめて「潜在意識」にインプットされるのです。しつこいですが、「お金持ちになりたい」という想いと「守護霊の浄化」という行動には何の一貫性もないので、「潜在意識」は混乱するだけです。この辺りが私がこの3ヶ月の間に分かったことです。

 で、私のスタンスやあり方の話に戻るのですが、2006年が「私がなりない自分になる」ための基礎作りをしてきて、ある程度、確信を得る事ができたので、2007年はそれをさらに強化するとともに私以外の人が「なりたい自分になる」ためのサポートをしていきたいと思っているのです。そのために「コーチング」という手法はダイレクトに役に立ちます。私は9月から「100人コーチング」をして、10月17日には27人の連続コーチングもしました。その4ヶ月の間にいろいろと分かった事があります。

 まず私の方からは、クライアントの願いを叶えるためには、さっきも言ったように「想い」と「言葉」と「行動」とを一致させるようなサポートが重要ということです。まずは「行動」に向けた動機付けです。理屈はさておき、期限を決めて必ず行動するようなコミットメントを得ることです。次にクライアントに目標を明確に言語化させることです。つまり「言葉」に対するアプローチです。そして最後に「想い」へのアプローチとなります。「言葉」のレベルにまで「想い」を持ち上げるのです。そのためにNLPのスキルや私の確信に満ちた言い方があるのです。「大丈夫です」といいう言葉でも「言い方」によって、クライアントの「想い」のレベルがかなり違ってきます。自信なさそうに「大丈夫・・・」というよりも、明確な声で「大丈夫!」といい、その理由を説明するのです。するとクライアントの「想い」が「言葉」と一致し、さらにコミットメントにしたがって「行動」が一致するのです。「想い」と「言葉」と「行動」の一致です。その瞬間に「潜在意識」は大きく反応し、願いが本当に叶ってしまうのです。これまでも言ってきたように、11月後半頃から不思議なメールをたくさんもらうようになっていました。私のセッションのすぐ後に不思議なシンクロが起こって、言った事が実現したなどという報告です。仕事を失った人は、仕事の話がきました。恋人が欲しい人には恋人ができました。故郷に戻りたい人は戻る日程が決まりました。仕事をやめて次のステージに行きたい人は、本当に辞める事ができて、自分のしたいことに没頭できるようになりました。離婚したい人は、うまいこと話が進みました。私もビックリするようなメールをいただくのです。

 それからクライアント側については、どのような人が実現し、どうのような人が実現してないかをつぶさに観察してみました。例外はありますが、かなりの法則が働いていることに気づきました。大まかに2つです。一つは「本名を名乗っている」ことです。私はハンドルネームでもOKとしたのですが、普段呼ばれないハンドルネームでセッションしても、潜在意識に届くのはハンドルネームであって、本人ではなかったのです。ハンドルネームであっても普段そう呼ばれるのであればOKです。私の「Q」のように。でも日常でないハンドルネームの場合は、本人にとってもリアリティがないのです。苗字であれ名前であれ、それが本人の名前であると、驚くほどすぐにラポール(信頼関係)を築く事ができ、セッションも上手くいくケースが多いのです。当然、実現の度合いも高まります。

 もう一つはセッションの後に感想やお礼のメールが来るかどうかです(又はブログやミクシィに書く)。私は特に催促はしません。それでも3分の1位の人はきちんと感想やお礼のメールを送ってくれます。別に送ってこない人を責めているわけではありません。くれぐれもお気になさらないで頂きたいのですが、事実としてそのようなことが観察されたのです。この理由は定かではないのですが、私が思うに、エネルギーの等価交換が出来てるかどうかが関係してくるのだと思います。エネルギーというのは受けっぱなしでは均等が崩れてしまいます。成功者はそれが分かっているので、受けたエネルギー(例えばお金)を寄付という形で外に出すことをしています。逆に、して欲しいことを最初に与える(エネルギーを与える)ことで、与えた分のエネルギーが利子をつけて返ってくるのです。ナポレオンヒルはこのことを「成功の黄金律(ゴールデンルール)」と呼んでいます。これは私も実感しています。寄付をすれば必ず見返りがあります。トイレ掃除をすれば臨時収入があります。そして無料コーチングというエネルギーを出すことによって、どこからともなく収入が入ってきていたのです。「黄金律」は存在すると心底実感しています。与えたら得られる、受けたら返す、、、この「黄金律」に則ったあり方をしている人こそが「実現」の切符を手にするのではないかと思っています。

 今日もまた随分と長くなってしまいました。いろいろ余計なことも言ってしまいましたが、とりあえず今日という日を通して「今後の私のスタンス」みたいなものが、かなり明確になってきたと感じています。きとりかさんのお蔭かもしれません。ありがとうございます。とにかく、すべての人がベストになるようなあり方を目指し、私自身もそれを最大限にサポートできるような役割を演じたいと思ったのです。年末、そして大晦日に向けて、いろんな事がクリアになってきた実感を得ています。来年がまた本当に楽しみです(^^)

クリックするといいことが起こるかも♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 99人/100人 です。(受付終了しました-5名受付済)
by katamich | 2006-12-27 23:23 | ■人生哲学
b0002156_047492.jpg 5時起床。毎週恒例の早朝読書会に行きました。やっぱり朝早く起きるのは気持ちがいいものです。眠りについたのは2時だったのですが、潜在意識がそうさせているのか、5時にはきちんと目が覚めます。自分の「潜在意識」が思い通りに動いているかどうかは「朝起きれるか否か」で図るといいと思います。「潜在意識」が思い通りであると、目覚ましの2~3分前に必ず目が覚めます。前日にどんなに夜更かしをしていようともです。「潜在意識」ってのはその名の通り、自分では意識できません。なのでいかにアファメーションしようが、プラスの言葉をガンガン入れていようが、それが入っているのかどうかは不安なになるところです。でも心配いりません。「朝、思い通りに起きる」ことで、きちんと潜在意識と会話することができるのですから。ようするに、朝、思い通りに起きる事ができれば、潜在意識はきちんと応えてくれているのであり、起きれなかったら応えていないわけです。簡単な判別方法ですね。仕事でも人生でも成功する人は、まず、例外なく朝が早いです。アーティストなど特殊な職業は別ですが(彼らには彼らなりのバイオリズムがあるので)。成功者はやはり「起きる」という無意識な行為をきちんとコントロールしているんですね。さらに世の中には何分何秒まで正確に同じ時間に目を覚ます人もいます。まさしく「無意識をコントロール」しているんですね。朝起きってのはある意味究極の「潜在意識活性化法」なのかもしれませんね。

 それにしてもこの「無意識をコントロール」ってのは言語矛盾のように聞こえますが、非常に重要なエッセンスだと思うのです。NLPを使えば、こういうことまでが可能になるから面白いものです。NLP以外にも石井裕之さんの著書などにそのメソッドが紹介されていたりしますよね。でも私が一番重要なのは「言葉」、特に「無意識の言葉」、つまり「口ぐせ」なんだと思うのです。「口ぐせ」と言えば佐藤富雄さんが有名ですが、彼の著書にも一貫して「口ぐせが人生を決める」と言うことを書いています。先日の五日市剛さんの講演会の中で、面白くも恐ろしい話がありました。彼の知り合いでとっても素敵な女性がいたそうです。言葉はきれいだし、いつもにこやかでいい印象を周りに与えているのです。しかし、その女性は何をやってもツイてないのだそうです。とにかくことごとく失敗するのです。細かくは言えませんが、何一つとして、満足にできることがなかったそうなのです。となると「にこやかで言葉のきれいな人は幸せになる」という五日市さんのセオリーが成り立たなくなるわけです。何にでも例外があると言えばそこまでですが、やっぱり結果に対してはその原因があるわけです。人によっては「先祖カルマ」とか「前世カルマ」とかで、その手の霊能ごとに手を出す人もいることでしょう。実際に多いですよね。上手くいかない原因をそういう霊だとかなんかの目の見えないものに求めるのって。これは裏を返せば責任逃れ以外の何ものでもありません。ややもすると、「私の代でカルマ解消してあげてる」なんて思うかもしれません。

 余談ですが、最近、こういう関係でちょっとした問題が発生していました。先祖とか前世とか霊とかの見えない世界に何某かの原因を押し付け、それを解消させんがために、そういう霊ごとをしている人のセッションに行くのです。セッションする方もその辺の「弱み」みたいなものは熟知しているので、法外なセッション料を請求したり、挙句の果てセクシャルな関係を強要したりもできるのです。実際に起こっている話であり、その張本人にもお会いした事があります。この場合は全面的に加害者が悪いことは言うまでもありません。しかしながら、もしもその被害者本人に「甘い考え」などがあればそれは改める必要があるでしょう。つまり「すべては自分次第」を忘れてしまい、自分以外の目に見えない世界にアプローチすることで、問題を解決したり、あわよくば金持ちになろうなんて考えです。「成功」するのは理屈の上では簡単です。目標を決めて、それに向かってコツコツ積み重ねていけばいいだけだからです。でも、それは面倒です。なのでそういう霊ごとに頼ったり、おかしな神様や天使様を金払ってつけてもらったりするわけです。ありえません。私が最近よく言う事があります。「クレンジング」という言葉に甘えるな、ということです。悩みや願望があるのであれば、「行動」によってそれは解消したり叶えたりできるわけです。その「行動」を後回しにするために「まずはクレンジング」なんていうのは、単なる言い訳に過ぎません。私もクレンジングは否定しません。でも時にはのんびりとクレンジングワークをしている暇があるのなら、「行動」した方が早い場合だってあるのです。むしろ、その方が大半だと思われます。でも人はその「行動」を後回しにするために、せっせとクレンジングに励むわけです。いや励んでいるだけまだましです。何もしないか、または高額を払って、そういうクレンジングセッションを受けたりするわけです。

 そんな金があるのなら、エステに行ってキレイになった方が100万倍マシです。お金持ちになりたければ、フルコミッションの営業とかネットワークビジネスとかをすればいいだけです。そして実際に100件訪問したり、100人に一気に電話した方がよっぽど効果的なクレンジングになります。私も一日に100件まではいかなくとも、20件くらいは一気に電話した事があります。そん時はほんと、頭の回線が変わります。余談に余談を重ねますが、今の大学生って恵まれているようで、あまり恵まれていないと思う事があります。就職活動のエントリーはほとんどがメールとかオンライン上で行いますよね。でも私の時は、ハガキと電話でした。ハガキで資料請求をして、そして電話でアポイント等をとるのです。最初の電話ってのが、めちゃくちゃ勇気がいるのでした。でも勇気を出して電話をすると、意外といけるものです。すぐに2件目もかけます。意外といけます。その流れで一気に20社くらい電話をしても、まだ一時間ほどしかたっていません。なので無理矢理リストを探して、電話をかけたくなるものです。それが学生にとって最初の社会との接点となるのですが、今の学生はその機会を逃しているので、ある意味もったいないと思います。でも、それは会社側が決めたことなので、抗うことはできないのですが、どこかでそういうぶっつけのコミュニケーションの経験は必要かもしれませんね。

 そんなわけで、理屈を言ってる暇があればまず行動なんです。スピリチュアルに依存している人ってのは、行動をしないための言い訳としてスピリチュアルを持ち出す傾向があります(例えば前世カルマや憑依など)。よほどの例外を除いて、そんなのは「ない!」です。きっぱり。

 話を戻しますね。五日市さんの話に出てきた「何をやってもツイてない女性」の話でしたね。その人は言葉はきれいで笑顔も素敵な人なのです。単なる例外でしょうか。いや、そうではなかったのです。やっぱり結果に対してはその原因があったのです。ある時、五日市さんがその女性を慰めるためか、一緒に食事をしたのだそうです。せっかくなのでお酒でも飲もうと注文しました。そしてその女性が2杯目を飲んだ途端に豹変したのです。なんとその女性は5分に一回以上「殺す」という言葉を吐いたのだそうです。今まで関わってきた憎らしい人の話をしながら5分に一回以上「殺す」と言うのです。そしてその女性は、翌日にはそれを言ったことを覚えていないのです。まさしく「無意識」なのです。「殺す」が口ぐせなのです。やっぱり「原因と結果の法則」に例外はないのです。

 世の中にはいろんな成功本を読んでいる人は多いと思います。その中でポジティブなアファメーションなどの例が書かれてあって、いそいそと実践している人も多いことでしょう。「ありがとう100万回」とか「嬉しい、楽しい、幸せ」とか「常に最高最善」とか「すべてはうまくいっている」とかいろいろあると思います。でもいくら顕在意識でそのような言葉を唱えようが、無意識の「ダメだ」の方が威力が大きいわけなのです。日中に何回いい言葉を言っても寝言の「ばかやろう」の方が威力が強いわけなんです。日中のいい言葉がすべて帳消しになります。世の中、本の通りに実践しているにも関わらず、なかなかその通りにならないと悩んでいる人も少なくないと思いますが、原因はそれです。つまり「無意識の言葉」、「口ぐせ」なんです。

 私の周りには成功哲学などが好きで、いろんなことを実践している人が多いです。しかし、、、その人の言語パターンを観察すると、ものすごくネガティブなフレーズを無意識に言ってるものです。NLPをやっていたお蔭か、そういうのが前よりも簡単に分かってしまいます。私のコーチングでも、数分お話をするだけで、その人の言語パターンのネガティブなフレーズを察知していしまいます。これは私がネガティブなフレーズにマッチングしているよりもむしろ、医者が患者の患部を見つけると言った方がいいと思います。NLPによって、相手の言葉の「患部」を見つけ出すのです。NLPではそのネガティブな言語パターンを改編することも可能です。私自身がNLPをやったおかげで、私自信のネガティブな言語パターンを改めることができました。例えば「でも」という言葉です。「でも」の後には、たいていネガティブな言い訳が続きます。NLPのワークの中に「スウィッシュパターン」というスキルがあるのですが、それを使うと「でも」という言語パターンを「そして」という言葉に変えることができます。そうなると無意識レベルにおいても「でも」が消え「そして」というポジティブな接続詞に変換されるわけです。人間の脳ってのは面白いものです。

b0002156_0485876.jpg そのように「無意識をコントロール」することが、成功においてはとっても重要なことなのです。その無意識の代表が「口ぐせ」だと言いました。もしかしたら、NLPでは「口ぐせ」を改めるための魔法があるのかもしれません。って言うか、あります。しかし、私はあえて言いたいのです。「無意識をコントロール」するのは、まずは「朝起き」です。私も週末はゆっくり寝ることが多いです。しかし、平日はとにかく早起きをしようと心がけています。できれば目覚ましの直前に目を覚ますのです。まずは朝、思い通りに起きること。そこからがスタートです。それによって「無意識をコントロール」する癖をつけてしまえば、あとは自由自在に人生をコントロールできるのです。それが基本であって、早起きの習慣をつける前に、わけのわからん天使とか神様に走らないことです。

 てなわけで、明日も5時起きです。明日はなんと、朝6時から仕事です。新規見込み客に会うのです。6時から。ちょっとかっこよすぎでしょ(笑)。ちゅうところで、おやすみなさ~い。

クリックするといいことが起こるかも♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 99人/100人 です。(受付終了しました-5名受付済)
by katamich | 2006-12-26 23:35 | ■人生哲学
 今日はテレビ三昧の一日でした。普段はあまりテレビを見ないので、ちょっと珍しいことです。朝はワイドショー系で「のだめカンタービレ」の最終回特番を見ました。上野樹理ちゃんと玉木広しが出ていました。ドラマと素の区別がつかないほどはまり役かもしれないですね、あの二人は。その後は昨日もらってきた「ジャズ大名」を見ました。お昼からはツタヤに行って、東野圭吾原作「秘密」の映画版と「プラトーン」を借りてきて一気に見ます。「秘密」は原作を読んで面白かったので、つい借りてきてしまいました。通常は原作に勝る映画やドラマはないのですが、これも例外ではなく、やっぱ原作の方がよかったです。でも、これはこれで結構楽しめたし、きちんと感動してしまいました(笑)。

 夜は「のだめカンタービレ」の最終回を見ました。全10回のうち、6回くらいしか見てないのですが、久々に楽しめるドラマでした。これはやっぱ「音楽」があるので、ドラマの方が楽しめましたね。そして最終回はなかなか感動してしまいました。主人公の「のだめ」は福岡県大川市出身らしく、実家である大川市が出てきたのですが、「のだめ」の筑後弁(ちっごべん)はいただけなかったですね~。NHK連続ドラマの大阪弁なみにわざとらしかったです(笑)。福岡ってのは大まかに4つに地域が分けられ、言葉も随分と違います(外からは区別つかないでしょうが)。大まかには福岡(博多弁)、北九州(北九弁)、筑後(筑後弁)、筑豊(筑豊弁)に分けられます。私も元々は福岡育ちじゃないので、何をもって分けられるのか正確にはわかりませんが、聞くと何となく分かる程度です。福岡弁(九州弁)の代表みたいに言われる「ばってん」というのはあまり聞かれません。特に若い人はほとんど言いません。大阪弁では「~さかい(に)」って言うのが代表のように思われるでしょが、これも若い人はほとんど使いません。しかし、私は実家に帰ると使ってしまいます。これは正確には河内弁というらしいです(例:来月、帰るさかいに、いそがしなんねん)。

 私が福岡に来て最初に戸惑ったのが「~しきる」と「つまらん」という言葉です。例えば「ビール飲みきる(飲みきらん)」って言うのは、最初聞くと、「ビールを飲み干せる(飲み干せない)」と思ったのですが、実際には「ビールを飲める(飲めない)」という意味になるのですね。can(cannot)の意味なのです。それから「つまらん」です。学生の頃、自動車教習所で「そげな運転しよったらつまらん」って言われたのですが、私は「つまらん=面白くない」って言う意味にとったので、このおっちゃん何言ってんねん、と思ったものです。単純に「ダメ(NG)」という意味で、主に北九州と筑豊で使うようです。

 あと、福岡全体がそうなんですが、メールなど文章にするとさっぱりわからないことがあります。特に中学生などのメールはさっぱりわかりません。「今度ライブするききききー」って書かれても意味不明ですよね。句点で分けると「今度、ライブするき、きききー」となるのですが、これでもよくわかりません。標準語にすると「今度、ライブするから、聞きに来てください」という風になります。「~するき」の「き」って言うのは「~から」という意味です。ただしこれは筑豊弁です。北九州では「~するけ」、博多では「~するけん」となります。このあたりの接続詞を聞くと、住んでる地域がよく分かります。「きききー」は文書にするとどうしようもないですね。聞けばわかるのですが。他にも「しっこしり」は「オシッコしなさい」という意味なんですが「しっこ尻」って何?って思ってしまいます。「なんなん?」は「何ですか?」の意味です。「とっとーと」は「取っています」の意味です。先日、ツレが「ちかっぱ」と言ってたのですが、これは「非常に」と言う意味で、「力いっぱい」からきているようです。昔、中学生の男からもらった手紙には「みよおうんやけど」って書いてましたが、字にするとまったくわかりませんでした。「見てるのですが」という意味になります。

 でもまあ、福岡はマシな方で、鹿児島とか沖縄になると日常会話は完全に外国語みたいですね。上野樹理ちゃんの筑後弁がわざとらしいと言う話から断線しちゃいました。今年「のだめ」のおかげでクラシックが注目されたようですね。同じ上野樹理関係では「スイングガールズ」って映画がちょっと前に注目されましたが、それ以上に注目されたみたいです。「スイングガールズ」ではスイングジャズが題材でしたが、あの映画では上野樹理もきちんとテナーサックスを吹いているんですよね。ソロもとったりして。いつの日か、是非、「モダンジャズ」と題材にしたドラマか映画が上映されて欲しいものです。最近では矢野沙織や市川ひかりなどビジュアルにも耐えうるモダンジャズ奏者が出てきたとこですし。
 
 それにしても今日の「のだめ」はちょっと感動しちゃいましたね。最後にベートーベンの交響曲第7番を演奏するのですが、指揮者も演奏者も涙ぐみながら演奏しているのを見ると、めちゃくちゃ感情移入しちゃいますね。音楽の力ってのはスゴイものです。「のだめ」の中盤ではラフマニノフのピアノ協奏曲第二番とブラームスの交響曲第一番のときも涙ぐみそうになりましたが。ブラームスはモーツァルトの次に好きな作曲家ですが、特に交響曲第一番はゾクゾクします。出だしの重層な和音とティンパニを聞いた瞬間、鳥肌が立っちゃいます。高校時代は寮生活だったのですが、消灯後にベッドに入ってからウォークマンでよく聴いたものです。「のだめ」の面白さの一つに選曲のよさも見逃せません。ベートーベンならばやっぱり表題のついた「田園」とか「英雄」とか「運命」がメジャーなんでしょうが、クラシックファンにとっては人気あるものの、一般にはあまり知られてない第7番シンフォニーをテーマ曲に使うなんて、作者のセンスのよさが伺えます。

 そんで、とっても感情移入してしまった、最後のベートーベン七番のシーンですが、演奏中に舞台で涙ぐむってのは実話だったりします。実は私もこれまで吹奏楽など舞台上で涙ぐんだことは何度かあります。高校の頃、学生の頃などは結構頻繁にありました。一生懸命に練習した成果を出す演奏会やコンクール、最後の舞台などに立ち会うと、それまでのことが走馬灯のように蘇って、思わず涙ぐんでしまうものなのです。そういう姿って客席で見てても感情移入しちゃうんですよね。こういう感動度ってのは、悔しいですが、私の大好きなモダンジャズよりもクラシック、とりわけ大所帯のオーケストラの方が大きいものです。

 9年前にバックパッカーで世界一周をしている時、何度か音楽で泣きそうになったことがあります(実際に泣いた)。今覚えている限りでは、自転車で夜にベルギーのブリュッセルに到着した時、宿がなくって中心のグランプラスでぼ~っとしているとき、突如としてシューベルトの交響曲が鳴ったときはビックリともに感情が揺すぶられたものです。それから同じく自転車でウイーンに到着して、モーツァルトのオペラ「魔笛」を聞いたときは、序曲が始まった瞬間から号泣に近かったです。「魔笛」は一番好きなオペラだったし、高校時代もよくスコア見ながら聞いたものでした。音楽っていろんな思い出が凝縮されているものなんですよね。

 今日の「のだめ」でも最初からドラマを見ている人は、やっぱり最後で涙ぐんだのではないかと思われます。千秋がへたっぴ~オーケストラをイライラしながら初めて振ったのがベートーベン7番で、本番でもクラシックとしてはご法度な演出を取り入れたシーンなどがありました。やっぱ最後に7番を聞かせるのは、ドラマを見ている側としては心憎いばかりです。最後にビシッと引き締まりました。「のだめ」は私としてはヒット作でしたね。見てない回もあるので、できればビデオかなんかでもう一度じっくりと見たいものです。そして最終回はやっぱり感動したいものですね。

 ところで今年の初めに「クラリネットをプロに習う」ことを目標として掲げていましたが、いろいろ忙しくて叶いませんでした。でも来年は必ず習いたいと思います。高校卒業してから、練習はいい加減だし、ジャズなどに色気出したりしてたので、変な癖もついていると思います。なので初心に戻って、最初から習いたいと思っています。それから私が所属している吹奏楽でも夏にコンクールがあると思われます。2年に一回の出演なんですが、やっぱ出るからにはいい演奏をしたいと思いますよね。そんなことも含めて、来年はぜひクラリネットを上達することを目標に掲げようと思います。「のだめ」を見て感化されたからではありませんが、やっぱ音楽は大好きだし、どうせやるなら上手になった方が楽しいですしね。

 そんなこんなで今日の最終回を見て思ったものでした。

クリックするといいことが起こるかも♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 99人/100人 です。(受付終了しました-5名受付済)
by katamich | 2006-12-25 17:19
b0002156_0595258.jpg 今日はクリスマスイブでした。さすがに最近はクリスマスだからと言って、妙に浮かれることもなくなってきました(^^;。かつてはクリスマスイブに一人でいることに恐怖を覚えていました、、、てとこまではいきませんが、気にはなっていましたね(笑)。放浪時代、インドの安宿にて男同士で過ごしたときは楽しかったです。まずいケーキを買って、ハーモニカなどを吹きながら、イブを祝うのです。みんな結構日本が恋しくなってきていたので「今頃、日本では温かくてキレイなところで腰振ってるんだろ~な~!」とかの会話しかしませんでした(笑)。デリーの「ナブラングホテル」という安宿でした。ここは去年のインド旅行でも泊ったのですが、なつかしいものですね。一回目は冬で寒くてシャワーも浴びれない状況だったのが、去年は暑過ぎて夜中も30分おきに水浴びをして、眠れなったものでした。ま、関係ない話ですね。

 そうそう、昨日も五日市剛さんの話をしたのですが、「講演会に行きたいのだけど、情報がない」という方が結構いらっしゃるみたいです。なぜか私のところに問い合わせが来るのですが、生憎、私もすべてを把握しているわけではありません。五日市さんは最近は講演会を減らす傾向にあると聞いていますし、半分以上は企業からの依頼でクローズドなんだそうです。なので、一般向けのオープンの講演会は確かに情報が少ないかもしれません。しかし、行く人はなぜか行けるようです。ミクシィの五日市剛コミュに入って、小まめにチェックするなどの方法もありますが、やっぱり潜在意識にきちんとインプットすることが重要だと思われます。となると、さほど難しい話ではないと思います。それから、私のブログやミクシィ日記を読んで「座敷わらびちゃん」を注文した人が少なくないようですが、やっぱり五日市さんの講演会とセットの方が望ましいと思います。面白いことに、私にメール頂いた方の中には注文して一ヶ月待ちの方もいらっしゃいます。私は注文して3日で来ました。これは不思議です。一ヶ月待ちの方はまだ五日市さんの講演会に行ってないので、その間に行けということなのでしょう。きっと「座敷わらびちゃん」は分かっているのかもしれません(^^)。確かに「座敷わらびちゃん」には奇蹟を起こす力があるようです。なので注文されるのはいいと思います。でもやっぱり五日市さんの講演会には行って欲しいものです。意識のインプットの度合いが全然違ってきますので。

 話を戻しますが、今日はクリスマスイブということで、所属している吹奏楽団でクリスマス会がありました。お菓子を食べながら、演奏を聴いたり、ビンゴをしたりして楽しみました。
b0002156_131273.jpg

 お約束のサンタさんも登場です。子どもたちの何割かは「本物のサンタさん」だと思っていることでしょう。サンタさんからのプレゼントに子どもたちは大喜びでした。一昨年だったか、「ダンディ坂野」に似ている団員(あだ名はゲッツ)がサンタさんの格好をしたのですが、調子に乗って「ゲッツ」をやってしまったら、子どもたちが「サンタさんがゲッツした~!」とか言って喜んでいました。「ゲッツがサンタさんをした」のではなく「サンタさんがゲッツをした」と考えるところが、大人と子どもの境界というやつです。
b0002156_133432.jpg

 演奏です。
b0002156_1343124.jpg

 ビンゴ大会では豪華商品がもらえます。団員がそれぞれ持ち寄ったものですが。
b0002156_135859.jpg

 下の写真の説明をします。一番左が私がもらったものです。真ん中と右が私が出品したものです。真ん中がベトナムで買ってきたチリソースで右もベトナムで買ったおもちゃです。上の写真にも写っていますね。実際に出したのは青いやつです。
b0002156_1361639.jpg

 「ジャズ大名」は見たかったのでツイてました(笑)。なんとこのビデオを出品してくれた人が私のチリソースをもらっていきました。そのまま交換ですね。ニーズとニーズがあってよかったです。そして右のおもちゃですが、これは中に粘土が入ってて、割と自由に形が変わる面白いものです。ベトナムで見た瞬間、気に入ってしまい、3つも買ってきました。形がめちゃシュールです。誰が選ぶのか興味あったのですが、私が思う最もふさわしい少年がこれを選びました。「この方」のご子息(次男)です(この記事爆笑)。この次男は私の少年時代と行動様式があまりにも似ているので、前々から他人とは思えませんでした。いわゆるマイペース型の不思議キャラです。たぶんこの少年が私が持ってきたシュールなおもちゃを選ぶだろうと思っていたら案の定でした(^^)。大物の逸材には間違いないようです。

 そして夜は家で「M1グランプリ」を見ました。「チュートリアル」が優勝しましたね。見たところやっぱりダントツの面白さでした。去年のブラックマヨネーズはよくわからなかったのですが、今年のは満場一致で文句なしです。それはそうと、「変ホ長調」というアマチュア中年女性二人組みが不思議な面白さでした。もっと見ていたいと思いました。来年はブレイクするでしょう。てなわけでメリークリスマス!!

クリックするといいことが起こるかも♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 99人/100人 です。(受付終了しました-5名受付済)
by katamich | 2006-12-24 23:47 | ■日一日
 今日は祭日でしたね。今年も残りわずか一週間。12月はベトナム行ったり、いろんな事がありましたが、残り一週間もいろんなことがありそうで、ワクワクしています。って言うか、来年がまた楽しみで仕方ないのですけど(^^)。

 朝、起きたら、「座敷わらびちゃん」が目に入りました。とっても幸せな気分になります。今日は長崎の「ハウステンボス」でクリスマスイルミネーションを見に出かけました。バスハイクで午後にバスが出ますが、ツレがデジカメを買いたいというので、朝から天神に出て、カメラのキタムラに行きました。お目当てのデジカメはキャノンの最新式。チラシで5台限り、格安で買えるとあったので、10時前に店に入ります。そこでくじを引くのです。10数名ほど並んでいました。少しでも確率を高めようと、私も並ぶことにしました。なんと私とツレと二人とも当選してしまいました(^^;。私はダミーなので、申し訳なくも、購入権を返却させて頂きました。。。でも、ツイてますねえ。実はお店に行く前に「デジカメが当たりました。感謝します。」と二人で何度か唱えていました。これは五日市さん方式です。そしたら本当に二人とも当たっちゃいました(^^)。マジで五日市さん効果はすごいかも!

 お気づきと思いますが、ブログの右上の写真を「地球」から「まんぎょうまん1号&3号+紅白座敷わらびちゃん」に変えました。う~ん、かわいい。「まんぎょうまん」と「座敷わらびちゃん」とは最強のコラボです。「まんぎょうまん」は観音様(観音経)、「座敷わらびちゃん」は「座敷わらし」です。「まんぎょうまん」はどんなピンチも救ってくれ、願いを叶えてくれます。「座敷わらびちゃん」は冨をもたらします。考えてみると、今年、私が大きく飛躍したのが「まんぎょうまん」が来てからのような気がします。2月は経済危機に見舞われたのですが、「まんぎょうまん」が来た4月以降は不思議と収入が上昇しています。また、ブログ関係を始めとして、知り合いもたくさん増えました。沖縄やベトナムなど行きたいところにも行っています。「まんぎょうまん」が来たのは100日行満行と同時なので、何が幸いしてかわかりませんが(両方だと思いますが)、とにかく4月以降、ものすごく飛躍しています。

 そしてここにきて、「座敷わらびちゃん」です。「座敷わらびちゃん」の効果を高めるためには、是非、五日市剛さんの講演会に行くべきです。「座敷わらびちゃん」と「五日市剛」さんとがセットになってはじめて、本来の効果が出るものと思われます。その理由は五日市さんのお話を聞けばわかるでしょう。私のブログを読んで「座敷わらびちゃん」を注文した人も少なくないでしょうが(既に数名から報告があります・・・)、是非、五日市さんの講演会にも行ってみてください。私はこれまで様々な講演会やセミナーに顔を出してきましたが、五日市さんの講演会は段違いに一番です。ここまで素晴らしい講演会に出会うことはちょっとないと思います。マジで。

 次回、福岡ではいつされるのかわかりませんが、今度は「五日市剛講演会オフ」を開催したいと考えています。私の知り合いが五日市さん講演会のスタッフなので、真っ先にチケットの手配をしてくれます。そして楽屋にも通してくれるかもしれません(私は通してもらい、ツーショットで写真を撮り、握手と名刺ももらいました)。その後は、興奮さめやまないままに、オフ会に突入します(五日市さんは別になるでしょうが)。そして、講演会の余韻に浸りながら、バリバリにテンションをあげます。そして奇蹟を起こします。五日市さんの講演会に行くと、すぐに奇蹟が起こるからやめられません(^^)。大げさに聞こえるでしょうが、本当の話です。おそらく潜在意識に何かが強くインプットされるのでしょう。次回の福岡での五日市剛講演会が決まりましたら、このブログでもアナウンスさせて頂きます。そしてチケットの手配とオフ会の案内をさせて頂きますので、お楽しみに~。

 いや~、それにしても「座敷わらびちゃん」はかわいい。今も2匹とも私の目の前にいます。見てるだけで幸せな気分になります。「まんぎょうまん」は見ていると笑えます(^^)。いずれにしても、何だか本当に見守ってくれている気がします。何でもできそうな気にさせられちゃいます。本当に今年は素晴らしいのが来たな~と感謝しています。大の大人の男がぬいぐるみにここまで愛着を示すのは変だと思われるかもしれませんが、「座敷わらびちゃん」が来れば分かります。そして来年には「まんぎょうまん」もメジャーデビューさせて、お求め安くするつもりですので、お楽しみに~♪

 前置きが長くなりましたが、今日のハウステンボスの写真です。
b0002156_245424.jpg

b0002156_2455462.jpg

b0002156_246785.jpg

 以上が今日の本題でした(笑)。おやすみなさ~い。

クリックするといいことが起こるかも♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 99人/100人 です。(受付終了しました-5名受付済)
by katamich | 2006-12-23 23:11 | ■旅・ツアー
 今日は冬至でしたね。今日から段々と日が長くなるのです。嬉しいですね~。そんな日にやってきました。我らが「座敷わらびちゃん」です。2体も来ました。「座敷わらびちゃん」の元は、「遠野物語」などで知られる妖怪「座敷童子(ざしきわらし)」です。「遠野物語」によると、、、

「ある栄えている家があり、そこには座敷童子がいると言われていた。ある夜、男が道で見慣れぬ童子に会う。どこから来たかと聞くと、その栄えている家から来たと答える。どこへ行くのかと聞くと、別の家に行くと答える。はたして、それまで栄えていた家は没落し、童子の行った家は栄えた。」

とあります。つまり座敷童子がいる家は栄えるのです。実はかの五日市剛さんの本家ってのは旅館業をやっており、そここそが座敷童子で有名な金田一温泉「緑風荘」なのです。本家本元の座敷童子がいる旅館なのです。五日市さんが幼いころ、彼こそが座敷童子だとも言われていたそうです。祭りの時などは五日市さんがいると晴れるし、商談などでも彼がいるとうまくいくと言われていたそうです。そして「座敷わらびちゃん」は座敷童子そのもの、五日市剛そのものなのだそうです。キネシオロジーで波動測定をしたところ、なんと「座敷わらびちゃん」は890。200以上がいわゆる波動が高いと言われる数値なのです。マザーテレサやガンジーなどよりも高いのです。その「座敷わらびちゃん」が今日、家に来たのです。うほほ~い!!

 これが「座敷わらびちゃん」です。かわいい~♪。二対なのがいいそうです。
b0002156_23461452.jpg

 そして我らが「まんぎょうまん」とのコラボです。「まんぎょうまん」もかわいいぞ~♪。大きいのが一号(元祖)で小さいのが三号です。「まんぎょうまん」は観音様と同じ波動なのです。
b0002156_2348449.jpg

 そして、来年は「まんぎょうまん」もメジャーデビューですね。まちがいなく。そして我が家はますますツイてくるのであります。私はますます、ますます、ますます運が良くなりました。感謝しま~す。私はますます、ますます、ますます楽しくなりました。感謝しま~す。私はますます、ますます、ますます健康になりました。感謝しま~す。私はますます、ますます、ますますお金持ちになりました。感謝しま~す。私はますます、ますます、ますますメジャーになりました。感謝しま~す。来年が楽しみで仕方ありません。どんなもんじゃ~い♪
b0002156_2358090.jpg

しゃ~おら~っとクリックお願いします♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪

100人コーチング」-ただいま 99人/100人 です。(受付終了しました-5名受付済)
by katamich | 2006-12-22 23:26 | ■魔法の言葉
ブログトップ | ログイン