宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2005年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 今日はノアール・アンサンブル・ウインズのメンバーでバーベキューを楽しみました。場所はグリーンピア那珂川。天気予報では雨だったのが、今日は見事な晴れ!。さすが。今日も例によって疲れて眠いので写真を貼り付けるだけです。明日も早いのでおやすみなさ~い。

ブログランキングへのご協力お願いします


b0002156_2223144.jpg

b0002156_2225113.jpg

b0002156_2231348.jpg

b0002156_2234771.jpg

b0002156_224362.jpg

b0002156_2242858.jpg

b0002156_2244492.jpg

b0002156_225875.jpg

b0002156_2253918.jpg

b0002156_2255848.jpg

b0002156_2261338.jpg

by katamich | 2005-07-31 21:56 | ■食 | Comments(5)
 5時起床。いつもなら40分かけて自転車で行くところ、今日はちょっと疲れを感じて、車で行きました。さすがに6日連続5時起きで、一日中外にいると、疲れますよね。歳という以前に。。。でも、船に乗ってくれる人が来ると、とても嬉しくなります。そしてみんなで一つのことを一生懸命するのはとても楽しいことです。この社会実験も早く終わって欲しいと思う一方、終わったらちょっと寂しいかなと思う気持ちもありますね。今日の天気予報は雨となっていたのに、なぜか雨雲もそれて、何事もなく一日が終わりました。今日はエイベックスのコンサート行きのお客さんが多かったですね。

 家に帰ると風呂にも入らず、横になり、エンタの神様を見ようと思いテレビをつけるとそのまま寝てしまいました。そして朝は5時に目が覚めましたが、その間、奇妙な夢を見ました。
(日記を書いている今は、7月31日朝です)

 とある地方の定食屋でご飯を食べます。しばらくウロウロすると、突然口の中に違和感を感じます。魚の骨かと思い取り除いてみると、なんと、「縫い針が4本」出てきました。口の中から縫い針が4本です。そしてその定食屋に文句を言いに行こうとするところで目が覚めました。

 口の中から「4本の縫い針」が出てくる。

 なんとなくシンボル的な感じがします。こんど知り合いに「夢診断」をしてもらいますが、なんとなく体の中の毒素みたいなものが取れたような気がします。

夢診断お願いします(ブログランキング)

by katamich | 2005-07-30 09:38 | ■まちづくり | Comments(0)
 今日も5時起き。家に着くのは毎日9時過ぎでよくぞ、毎日ブログを更新できていると感心する私。今日は、天神水上公園ではなく、志賀島方面の海ノ中道西戸崎でチケットのモギリをやりました。ここは天神と違って、人通りが少なく、ちょっとすると退屈になります。でも環境はとてもいいです。

 今日の出来ごと、感じたこと。

・近い将来、西戸崎に住もうかな(海が美しく、周辺が静か)。
・時間をつぶすために、手伝いに来ている福岡大学の学生と馬鹿話ばかりしていました。
・今回、いろんな学生を見ているけど、「何も言わなくても動く学生」「言われないと動かない学生」がいることを知りました。心象いいのはもちろん前者。多分、出世するのも前者だろう。今日一緒だった学生は前者でした。
・田舎には話好きが多いな~。
・エイベックスのリハーサルが海ノ中道公園でやってました。興味なし。
・女の子に船に乗ってもらうと、いつもよりちょっと嬉しい。

 すいません、猛烈に眠いです。10時には寝そうです。風呂は明日の朝に入ろう。お釈迦様にご挨拶してそっこう寝ます。今日も充実した一日に感謝します。

(メール頂いている方々へ、遅れてすいません、落ち着いたら返事します)

目覚ましクリックよろしくお願いします(ブログランキング)
 

b0002156_21513856.jpg

b0002156_21515152.jpg

by katamich | 2005-07-29 21:52 | ■まちづくり | Comments(0)
 今日も水上バスのため5時起きでした。社会的反響が大きい故に、一生懸命になれるのです(笑)。今日は一日を通してさほどトラブルはありませんでした。が、午前にはダイヤの変更と若干のエンジントラブルがありました。水上バスが海を走る時は問題ないのですが、那珂川に入った時にトラブルが生じやすくなります。

 言うまでもなく那珂川は船が走るようにはつくられていません。なので、浅いところもあれば深いところもあり、橋にしても高いところもあれば低いところもあります。そこでは「潮の満ち引き」が大きく関係しており、潮が引いている時は底が浅くなり船のエンジンに砂が混じりこみ、トラブルの原因となります。一方、潮が満ちている時は、船の天井が橋にぶつかりそうになります。そこで、「潮の満ち引き」のギリギリを見計らってダイヤを組んでいるのですが、あくまで理論上の話であり、実際に走らせてみると必ずしもその通りにはなりません。なので、ダイアの変更やエンジントラブルが生じることになるのです。「社会実験」なのでそうなることは予想できても、乗っていただくお客さんにはそれは通じません。

 午前の便はなんと満席になりました。25名も来たのです。仮説テントの下で船が来るのを待ってもらいます。船が来ました。さて、乗り込もうとすると、突然のエンジントラブル。25名が列を作ってゲートが開くのを待っています。その場の責任者である私は気が気でなく、エンジンに詰寄り状況を伺います。予定より10分遅れで、ようやくエンジンが回復。本当に汗をかく暇もありません。やはり胃薬が必要なようです(笑)。

 午後は水上バスをちょっと抜け出し、別の仕事(勉強会)に行ってきました。松永修岳氏(風水環境科学の代表であり、密教でアジャリの称号を持つ)の直弟子の方の話でした。面白いことをたくさん言っていました。

・成功するには「努力」だけでなく「環境(場)」が重要
・交渉ごとをする時は、ファミレスではなくホテル内の喫茶店でするとまとまりやすい(ホテルの方が環境がよくその気になりやすいから)
・住むのに高層はNG(気圧が違って、無意識のうちにストレスを感じているから)
・部屋を開けて最初に目にするものが重要。ベッドなら寝るのが趣味に、勉強机なら勉強が趣味になる
・バリアフリーの様式は、バリアフリー向けの体をつくるので、最初から体が悪い以外はバリアフリーでない方がよい(ごもっとも!)
・風水に従ってつくったローソンの話

 そのあとも、一緒にお茶を飲みながら色々話したのですが面白かったです。彼の師(松永修岳氏)はもともと密教の行者であったことから、その手の話が身近にあるようです。また、私がこのブログでもしばしば書く「月」の話についても聞いてみました。

 つまり、「新月の日に願いごとをすると叶いやすい」というのを風水的(科学的)に解釈するとどうなのか、という話です。願いが叶いやすい日は新月だけでなく満月もそうらしいのですが、これは「月の引力」が関係しており、新月や満月の日は月が身体や脳を引力で引っ張り上げることで、右脳と左脳がシンクロナイズし、想いが潜在意識に入りやすいとのこと(ちなみに満月の日は交通事故や出産が多いことが統計的に言えてるそうです)。

 ちなみに松永修岳氏は満月の日には毎月、岐阜の山奥で「満月護摩ライブ」というのを開催しており、満月の下で著名なミュージシャンを呼び、最後に松永氏も印を組みながらマントラを唱えるのだそうです。それに参加した人の中には「脳の配線が変わった」人もいるのだとか。

 「月」という存在は知らず知らずに私たちの生活にも大きな影響を与えているようです。「月」はやっぱり偉大ですね。「月」と「ツキ」ももちろん無関係ではなく、満月を意識するだけで「運(ツキ)」を得られるのです。そして私はツイてます。ちなみに水上バスのダイヤの設定も「月の引力」を元に設定しています(潮の満ち引きのシミュレートにより)。眠いのをこらえながら書いているので、支離滅裂ですいません。明日も5時起きなのでこの辺で。

いち、にい、さん、○ぁ~!!(著作権がかかるので伏字です)(ブログランキング)
 

b0002156_2333140.jpg

 
by katamich | 2005-07-28 21:37 | ■まちづくり | Comments(0)
 久々に朝まで酒が残っていましたが、昨日のトラブルを思い出し、布団から飛び起きNPOの事務所に向かいます。事務所に入ると、みんなはすでに準備が済んでおり、心なしか表情が明るい。

 「なんとかなりそうだ」

とのことで、昨日のエンジントラブルは解決されました(かのように見えました・・・)。水上バスの発着所である天神水上公園に備品を持ちいれ、テントの開設など場所の設営に入ります。しばらくすると、連絡が。。。

 「第一便欠航」

 え!!、エンジンは回復したのではないのですか!!。どうやら船会社の人の楽観的推測だったようです。天神からの第一便は10時にスタートします。すでに10時に乗ろうと早くから待っている方もいました。

 「すいませ~ん、トラブルのため第一便が欠航になりました」

 そんなこともあると、好意的に理解してくださり、次の便まで待っていただくことになりました。第二便は11時20分です。10時半頃、また連絡が。

 「エンジン回復の目処がつきません」

 会場に落胆の声が響きます。

 「とにかく11時20分に間に合わなくてもいいから、ちょっと遅れて運行してもいいから、ギリギリまで原因解明に全力を尽くしてくれ」
 
 責任者のH氏が必死にうったえます。私も祈るような気持ちです。必死です。船に乗るお客さんがどんどん増え、18名にまでなりました。もしも11時20分が欠航なんてことになれば、お客さんの前で土下座です。いくら社会実験とはいえ、お客さんの貴重な時間を奪っていることには変わりないのです。ここではなす術がなく、必死です。エスパー関係の知り合いに電話しようと思ったくらいです。とりあえず私が出来ることは、一秒でも早くエンジンが回復するのを祈るだけです。。。時計が11時を指そうかというとき、H氏の携帯が鳴りました。

 「船が動いた!!」

 会場がいっせいに沸き立ちます。拍手と喚声。11時20分には間に合わないものの、30分には天神を出航できそうです。とりあえず、お客さんには10分ばかり遅れるけど、無事に出航することを伝えます。それからも船が現れるのを祈るばかりです。「海の真ん中で止まっているのでは」なんて不吉な思いも多少はよぎるのですが、私は周りに言いました。

 「思ってもいいけど、口に出したらダメっすよ!」

 そして、「船は必ず来る、船は必ず来る」と唱え続けます。まもな向こうから船が現れました。安堵の声が聞こえます。無事にお客さんを乗せ、船を見送りました。万歳!

 久々に泣きそうになりました(笑)。久々に必死の必死になりました。でも責任者の方々は私の100倍は必死で胃を痛めたことだと思います。誰かが言いました。

 「胃薬が必要だよな~」

 思うことはみんな一緒のようですね。今日は、その後も満潮の関係などであと一便の欠航があり、それなりにお客さんから苦情も受けたのですが、とにかく無事に社会実験が進んでいます。どこが「すいすい、すむ~ず」なのかわかりませんが、社会実験は進んでいます。社会実験、あと8日です。マスコミの取材は相変わらず続いています。テレビ見ましたか~?

応援のクリックをお願いします(ブログランキング)
 

b0002156_22585739.jpg

by katamich | 2005-07-27 22:20 | ■まちづくり | Comments(0)
 今日も5時起き。ついに「水上交通の社会実験」が始まりました。6時半にはNPOの事務所に着き、それからテントや備品を発着場である天神の「水上公園」に持ち込みます。すでに手伝いの人も着ており、みんなで会場の設営です。

 水上交通の社会実験。。。初日からいろんなドラマがありました。

 今日は台風が近づいていましたので、船が走るか微妙なラインだったのですが、第一便が志賀島からやってきました。とりあえず第一便はOKでした。船が岸に近づくと多くの取材陣の姿が見られます。25人乗りの小型船「みずすまし」号はいっぱいです。
b0002156_716197.jpg


 第一便が天神の水上公園に到着すると、拍手をもって迎え入れます。テレビや新聞各局もあがってきました。福岡のほとんどの局が取材に来ています。写真はNHKから取材を受ける、本プロジェクトの代表者の一人である清水さんです。
b0002156_7195297.jpg


 一時間ほど取材の時間があり、まもなくこちらから志賀島に向かって船が出ました。こちらのスタッフも何人か乗っていきました。向こうに着いたらそのままとんぼ返りして、天神に帰ってきます。しかし、、、第二便は台風のため、欠航になってしまいました。ここからまた様々なドラマが始まります。お客さんの中にはこの社会事件を楽しみにしていた人もおり、遠くから来てもらったのが突然の欠航で、帰っていただく場面もありました。中には会社を休んでまで、船に乗る人もおりました。事務所には問い合わせが殺到しています。一つのイベントにトラブルがあると、これほど現場が忙しくなることを知りました。船は3時過ぎの便から復活しました。

 マスコミ各社が夕方にいっせいにテレビ放映し、反響がどんどん高まるばかりです。しかし、ここに来て本当のトラブルが発生です。なんと最後の便でエンジンが故障してしまったのです。事務所で船会社の人と一緒にあちこちに電話をかけて、対応に走ります。しかし、、、時間が遅いためか今日の段階では解決せず、明日の早朝に持ち越されることになりました。なので現段階では明日の船がどうなるのか全く未定なのです。一方で、マスコミに取り上げられたことで反響が大きくなるばかりです。

 我々のメンバーに会社の重役、大学教授、バリバリの若手などいろんな人が関わっています。このトラブルへの対応には横で見ていてすごいものがありました。とにかくありとあらゆる方法を考え、手を尽くすにも関わらず解決が遠のく、、、それでも腐ることなく、前向きに最後の最後まで頑張り抜くのです。私がいた前の会社では皆でうろたえるだけだったようなことが、とにかく前向きに前向きに(実情はそうではないのに)対処しようとするのです。そして、「トラブルは最初うちに経験しておいた方がいい」「我々にとって今が一番の勉強になっている」など、絶望的なトラブルの中でもみんなで励ましあって行動するのです。私はこのトラブルに関しては何も手を尽くせないのですが、一緒にいて本当に勇気付けられる場面でした。そしてこれほどまでに仕事に対し熱くなれる場に入れること自体が幸せなことだと思いました。

 手を尽くして明日に持ち越しです。心と体を落ち着かせるために、10時に隣の焼き鳥屋に移動です。そこで大変心温まるものを見てしまいました。上の写真で取材を受けている清水さんのお子様からメールです。清水さんはNHKで2分間報道されたこともあり、私の友人まで「清水さん」と名指しするほど、一躍の有名人になっていました。その清水さんの出ている報道を見た子どもがこうメールしていました。

 「お父さんはすごいんだね」

 いろんなドラマのある一日でした。明日はどうなっているのか。明日という日に願いをかけます。

応援のクリックをお願いします(ブログランキング)
 
by katamich | 2005-07-26 07:10 | ■まちづくり | Comments(0)
 いや~、日に日に忙しくなってきました。インドから帰って2ヶ月が経とうとしていますが、会社の時以上に忙しくなってきたかも。収入はまだ追いついていないけど。。。今日も眠いので簡単に一日を振り返ってみます。

・5時半起床

・6時45分からベイサイドで水上バスのビラ配り~8時半まで

・いったん帰って休憩、読書

・2時からビジネスの話で人と会う

 面白いことを言っていました。

 「組織にビジョンを持つのはいいけど、そのビジョンが外れたら、ついてきた人に対してどうやって責任を持つのですか。私はビジョンなんて机上の空論をたたかわすのではなくて、今、地に足がついたビジネスをやっていきたいのです。」、と。

 う~ん、苦しい。ビジョンのない仕事ってどんなんでしょうか。ビジョンのないところに戦略も目標もないと思うのですが。そもそも、責任って、、、ビジョンを語るなということなのかな、、、と思いましたが、意見としては面白いですね。

・4時半にNPOの事務所

・6時帰宅→占いをする友人の家に行く

 いろいろものをもらったついでに占いをしてもらいました。とても当たる、というか勇気の出る占いです。こんなことを言われましたね。

 ・収入はもうすぐ回復します
 ・何があってもめげずにプラス思考で
 ・時間管理をしっかりしてください
 ・サラリーマンは一番向いてない働き方です(フリーランスが向いています)
 ・スピリチュアルな方面がまだまだ伸びていきます
 ・人に影響力を与える人間になっていきます
 ・「自分」を売っていくとよいでしょう

 など。いいことしか言われてないじゃないですか(笑)。ツイてるね。そう言えば、今日の夕方、前の会社の外注だった人に偶然会いました。なんだか生き生きしてるね、だってさ(笑)。それはそうですね。
 
・夜、あいのり

 明日から「水上バス」の社会実験がスタートします。明日から十日間、一日中、天神の「水上公園」でチケットのもぎりなどをやっていますので、乗りに来て下さいね。明日も早いのでこの辺で。。。(これから10日間は更新も大変かもね)

おやすみなさいです(ブログランキング)

(明日に向けて一休み一休み)
b0002156_064676.gif

by katamich | 2005-07-25 23:38 | ■日一日 | Comments(0)
 今日って日曜日?? 私は10時から仕事でした。スカイクエストコムの営業なんですが、2時間たっぷり話をしました。ビジネスの話は楽しいですね。契約に結びつきますように。。。

 昼は吹奏楽の練習。コンクール後初めてでした。楽しかったです。
 
 ところで朝の仕事の話の時、「運」をよくするという話をしました。先日、ある風水の達人が言ってました。「運」とは「うん」ではなく「科学」なのだと。つまり「運」を向上するための「方法論」というのがあるらしいのです。そんな話を、さも、自分のことのように話していたら、先方も妙に感心していました。でも、具体的な方法論は知りません。「ツイてる」と言いまくることくらいしか。

 でも、今度の木曜日にその「運を科学する」という話を同じ風水使いから聞くことになりました。楽しみ~。今日は短いですが、こんなところで。

短い日記ですが一休み一休みです(ブログランキング)

(写真は「運」)
b0002156_22354015.gif

by katamich | 2005-07-24 22:29 | ■日一日 | Comments(0)
 今日の夕方、東京で震度5の地震があったそうですね。
 
 実は昨日、知人から「石田くん、地震の情報つかんでない?」と聞かれました。私が、春先に起こった福岡での地震を土木研究者経由で事前につかんでいたのでそう質問されたのでしょう。
  
 「なんでも、明日、東京で大きな地震が来るって情報があるんだけど・・・」

 その時は聞き流したのですが、本当に起こってしまいました。起こってしまえば、ボロボロ情報が流れてきました。つまり、「それは知っていた」という情報。例によって地震兵器という説も。そして知人の「風水」の達人からも、それは知っていたと直接聞きました。まだあるそうです。怖いですね。

 でも、ある意味、もっと怖いのは次のニュース。

吉川宗治氏(よしかわ・そうじ=京都大名誉教授、地震学)22日午後10時11分、咽頭(いんとう)がんのため、奈良市で死去、81歳。奈良県出身。自宅は公表していない。葬儀・告別式は25日午後零時半から奈良市富雄北1丁目7の7、公益社会館富雄で。喪主は妻俔子(あきこ)さん。
(京都新聞) - 7月23日21時9分更新

 地震学者が大地震の前日に死ぬって怖くないですか??

 今日は他にもいろいろ個人的な面白いことがあったのですが、眠たいので今回は割愛。おやすみなさ~い。

クリックをお願いします(ブログランキング)
 
by katamich | 2005-07-23 02:37 | ■時事問題 | Comments(0)
 今日も朝から晩まで人と会って話しをしていました。とても充実した一日でした。しかし人と会うと金(経費)がかかりますよね。コーヒー一杯でもそれが重なると結構な経費となります。最近では「領収書を切ってもらう」ことが習慣になってきました。だんだんとサラリーマン時代の習性がなくなりつつある今日この頃です。

 今日、久々に注目すべきニュースがありました。人民元の切り上げ。中国は米ドルに連結していて(ペグ制)、いわゆる固定相場制を採用していたのが、今回2%の切り上げとともに固定相場制からドル・ユーロ・円に連動する「通貨バスケット制」に移行したそうですね。

 固定相場制は主に開発途上国が採用している政策で、為替相場の変動に左右されないで、安定した輸出競争力を確保できるというわけですね。しかし、昨今の中国は十分な国際競争力をつけたという理由で、アメリカからペグ制の解除を求められてきました(そうなるとアメリカの貿易赤字が軽減できる)。そして様々な背景があるのでしょうが、今回ついに中国経済の方程式が変わることになったのです。

 エコノミストの見方では、当面、影響はないとされているようですが、長期的には大変な影響があると思われます。あくまで、私の理解ですが、

1.外国からの直接投資が減少して(つまり人民元が高いから)、ミクロ経済へ悪影響をもたらす(中国にとって×)
2.輸出競争力が低下して、経済成長にブレーキがかけられる(中国にとって×)
3.一方で、人民元に対する投機行為を刺激して、富の分配がより不均衡になる(中国にとって○であり×、外国にとっても○であり×)
4.日本国内の中国製品が高くなり、購買力が低下する(日本にとって一時的に×、長期的にはデフレの解消が進み○)
5.とにかく国際経済が激動する(○であり×でもある)

 今日の円相場は人民元の切り上げ後に一時的に急騰しその後急落して、一ドル110円台に落ち着きましたが、最近の円相場から見ると、円安が進んだことになりますね。人民元の切り上げはトータル的には日本にとってデフレの解消という点でよいことかもしれません(一時的には)。

 しかし、日本経済にとっては今後さらに憂慮すべき状況が訪れるかも、と思っています。それは「ハイパーインフレ」です。とある経済誌によると、2007年には日本の債務が暴発し、日本政府としてはインフレ策を取るしかなくなります。そうなると日本の債務は解消されたとしても、1400兆円の個人資産も同じく価値を失います。そして従来のサラリーマンや年金生活者など所得が物価にリアルタイムにスライドしない人たちは、生活がものすごく圧迫されることになります。これまでは中国製品など安いものが市場に確保されいたのに、今回の人民元切り上げで(悪いものは淘汰されても)安いものが少なくなっていきます。

 ハイパーインフレに関して面白いエッセーを見つけました。この意見に賛成です。

 ハイパーインフレはいつ起きても不思議じゃない。というよりも、そうする以外に政府は逃げ場がないんだ。
 ハイパーインフレが起きるとどうなるか。オレみたいに商売やってる人にはあまり影響がない。でも、サラリーマンや年金生活者が犠牲者になる。収入はあまり変わらないのに、物価が急激に上がるから、生活がチョー苦しくなる。それこそ年金どころじゃ食っていけなくなる。
 政府は、「10年先、20年先を見越した年金改革」なんて眠いこと言ってるけど、10年先どころか、今の生活が危なくなるんだ。ハイパーインフレは大津波みたいなもんだから、とにかく高台に避難する以外に助かる方法はない。
 具体的にどうすればよいか。オレは昔からインフレに対処する最良の方法は教育投資だと言ってきたし、自分でも実践している。要するに、物価が上がっても、それにスライドした報酬を得られるようにしておくということ。
 コンビニの店員では時給900円にしかならないけど、プログラミングのできるウェブデザイナーや動画像の編集者なら時給3000円以上は固い。
 要するに、頭脳に投資することが、最大のインフレ対策。今すぐ始めないと、間に合わないよ。
(ここまで)

 このエッセイストはハイパーインフレに対抗するには「頭脳への投資」つまり「教育」と結論付けており、私もこれに関して両手を挙げて賛成です。今後、会社はおろか日本国も個々人の生活を担保してくれない時代が来るからです。今までは、会社に入れば「飯が食え」、会社には入れなければ、最終的には「生活保護」という受け皿もあったのですが、これからは会社も国も面倒見てくれなくなるでしょう。間違いなく。

 2007年というのは日本経済にとってターニングポイントとなる年です(あと2年後)。つまり国の債務の暴発に加えて、「団塊の世代」と呼ばれる人たちがいっせいに定年を迎えます。すると、年金の受給バランスがさらに不均衡になり(受ける人が激増して、払う人が激減する)、年金財政(社会保険財政)はさらに圧迫されますね。さらに団塊の世代が持つ技能や人脈が企業から流出することで、給料を払わなくて済む以上の痛手を被ることになります(退職金も馬鹿にならないし)。

 よって、これから先の日本経済においては、マイナスの材料が一気に押し寄せ、それらが相乗的に国民を圧迫していきます。それを回避するためには、月並みですが、「いかにしてマイナス材料を回避する、又はプラス材料に転化するかの、能力を身に付ける」ことだと思っています。それがいわゆる「経済教育」であり「社会人教育」であると思われます。

 蛇足ですがもう一つ大切なのは「農業」です。先ほどから言っているように人民元の切り上げ、さらには日本国債の暴落を契機として、国外の安いものが日本に入って来なくなると、食べ物が市場から姿を消すことになってしまいます。つまり食糧難となります。そうならないためには日本も「自給自足」できる体制を整える必要があります。荒廃農地が回復するには5年は必要とされてるので、もしかしたら手遅れかも(涙)。

 まとめますと、今後の我々に必要のは、「教育」「農業」です。

前向きに生きていこう(ブログランキング)
 

b0002156_11294644.jpg

by katamich | 2005-07-22 23:09 | ■時事問題 | Comments(0)
ブログトップ | ログイン