宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2005年 02月 ( 49 )   > この月の画像一覧

 日曜日の正午から家に帰っていません。

 二日間寝ていません。48時間耐久レースです。ゴールはまだか~!

 でも、21日行が終わってからでよかった。先週がこの状態なら満行は果たせなかった。
 人はこれを「不幸中の幸い」と言う。でも私は気持ちを込めて「幸せ中の幸い」と言う。

 すなわちツイてる!!


忙しすぎて今日もこんなところでご勘弁!
ブログランキングにくりっくおねがいしま~す。


誕生日にたくさんコメント頂きましたので、ここでご返事いたします。

>みどり さん
anne さんのブログにリンクしてあった「不食」の方ですね。
はじめまして。お祝いの言葉ありがとうございます。
私も「不食」・・・とまではいかないにしても、「節食」「適食」は習慣にしていきたい思います。
これからもよろしくお願いします。

>みかん さん
お祝いのメッセージありがとうございます。
2012年ですが、先だって「船井幸雄氏」はフォトンベルトの存在を否定されましたね。
ただ、別の言い方にしただけのようでもあり、「何かが起こる」のは間違いないでしょうね。
それとも、既に何かが起こっているとか。。。お互い良い時代を創っていきましょう。

>KAYA さん
シンプルで心のこもったメッセージありがとうございます。
今年はなんとかディジュで「循環呼吸」をマスターしたいと思います。
どこかでお会いできれば面白いですね。

>taketo さん
コメントありがとうございます。
上の日記でも書いたのですが、仕事が忙しいにもかかわらず満行できたのは、本当にラッキーでした。
仕事はともかく、「行」は好んでやっていたことなので、とりあえず今の多忙も一つの「行」と思って乗り切りたいと思います。身体は心配いりません。春からまたよろしくお願いします。

>トモコ さん
お祝い並びに労いのメッセージありがとうございました。
まあ、日記では強がっていますが、結構、きついのも確かです。
でも本当に「ヤバイ」状態になったら、私の身体が壊れる前に、どうにか助けられるものだと思います。
無理しているようで、そんなに無理でもないのでご心配なく。
命より大事な仕事・・・、確かにそんなの存在しないですね(笑)

>みはら さん
お祝いコメントありがとうございます。
体調は大丈夫なのですが、とにかく忙しすぎです。
何度もいうように、これも修行、修行。少なくとも明日には開放されます。
みはらさんも、健康には気をつけて。でも看護婦だって病気になっていい、そんな気楽な気持ちでいることがかえって健康的かもしれませんね。

>anne さん
メッセージありがとうございます。
質問への返答ですが、毎日行ってた滝は近くでしたよ。車で20分くらいのとこです。
お坊さん、、、嬉しいですね。今はしがないサラリーマンですが、前世はお坊さんだったようで、親戚筋にもそんな人がいます。これも縁であり血筋なんでしょうね。
不思議な話は、最近の私にとっては不思議でもなくなってきたので、これからもどんどん登場します。ご期待あれ。

>むら さん
コメントありがとうございます。
おばあちゃんの話は書いてる自分でも目頭が熱くなりました(笑)
ちなみに写真のマッチョは単なるネットでの拾い物です。
マッチョ好きでもこれはないでしょう。。。

ついでに、いつも見てくださっている皆様にもお礼申し上げたいと思います。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
by katamich | 2005-02-28 23:38 | ■日一日
 そういえば今日は私の誕生日でした。本来ならば行があけたお祝いを兼ねて、ぱ~っとやる予定でしたが、今日も徹夜の仕事になってしまいました。先の見えない恐怖をちょっとばかし感じてはいるのですが、まあ、私には支援者や見守ってくれているものがありますので、不満を思わず、言わず、あとちょっと頑張りたいと思います。

 今日の誕生日は会社で一人、ツレが作ってくれた炊き込みご飯のおにぎりを頬張るだけでした。。。うう、、、(涙)。。。

24時間働き続けています。応援のクリックをお願いします(ブログランキング)

(つるべさいこ~)

b0002156_3424041.jpg

by katamich | 2005-02-27 23:45 | ■日一日
 21日行滝行も昨日で無事に満行を果たし、今日はお礼の滝行に行ってきました。北九州の畑観音です。6時ちょっと前に目覚ましで起き、仲間の車で畑観音へ。今日の滝は昨日のような異様なテンションの中の滝とは異なり、落ち着いたゆっくりした滝になりました。そうです、ついに「満行」を果たしたのです。思えば、初めて滝に入ったのが去年の8月。9月は行かなかったので、本格的に行きはじめたのが10月でした。それから4ヶ月。とても速いペースで「21日行」を敢行したと思います。それからサラリーマンの身分で「21日行」を果たしたのも仲間の中では珍しいのだと思います。う~ん、満行。いい響きです。満行。この21日間を、簡単に「インタビュー形式」で振り返りたいと思います。


さて、石田Qさんは晴れて満行を果たしたわけですね。終わってみてどうですか?

そうですねえ。我ながらよくやったな、とは思うのですが、正直なところ毎日打たれに行っていたという実感がないんですよね。一日や二日ぐらいサボったんじゃないかと。でも、毎日「日誌」をつけていたので、サボったわけではないようです。思い起こすと毎朝、淡々と起きて行っていたようですね。


起きるのとか辛くなかったですか?

思っていたよりは辛くなかったように思います。行をする前は、「朝起き」が一番のネックだと思っていたのですが、意外とすんなり起きることができました。ふとんの中での自分との闘いも特になく、反射的に起きることができました。やればできるのだな、と。


それはすごいですね。では、この21日間で一番辛かった時期はいつですか?

やっぱりちょうど二週目に入ったときに風邪をひいたのが辛かったですね。毎日、大声を張り上げていたので、喉をやられまして、そこから熱が出たようです。


よくすぐに回復しましたね。

自分でも驚きです。とりあえず病院には行き、薬を飲みました。私の風邪はほとんどが喉からくるので、喉さえ抑えれば風邪は治ると思っていました。本当は自己治癒力で治すのがよいのでしょうが、サラリーマンなもので、風邪を長引かせては周りにも迷惑をかけるので薬は飲みましたね。


そうですか。最後の週などは仕事で徹夜が続いていたようですが。

ええ、確かに辛いというレベルでは辛かったですね。ただ、寝ずに滝に行くと、いつもとは違ったテンションで臨めるので、いわゆる霊的な発動を感じたのも徹夜明けのことでした。人間の身体を一種のストレス状態に置くのは時にはよいのかもしれません。ただ、徹夜明けでも滝に入ると身体はスッキリしたものです。


霊的な発動ですか!。もっと詳しくお聞かせ頂けますか?

そうですね。私が最初に「?」と思ったのは滝の中で印を組み始めたとき、何やら超音波のような音が聞こえたのが最初でした。導師にそのことを聞くと、「霊音」かもしれないが、単に自分の声が反響していただけかもしれないと。ただ、黙ってても聞こえるようになったので、「霊音」の可能性が高いと自分では思っています。それから、最後の週の初めですが、夜、布団に入った直後に金縛りにあい、「霊」を見たんでよね。それを導師に尋ねると、「ご先祖様」、それも私を可愛がってくれていた「おばあちゃん」だったと聞いてとても嬉しくなりましたね。その翌日からは、滝の中で「おばあちゃん、ありがとう」とか「おばあちゃんやったら、出てきてええで」とか話しかけました。すると、目の前に丸いものが現れた気がしました。はっきりを姿を見たわけではないのですが、「守られている」という意識はありました。最後の日の滝では、明らかに「人の声」と思しき「甲高い声」が聞こえましたが、もしかしたらおばあちゃんだったのかな?、と。「ひさちゃん、よう頑張ったな」とか言ってくれていたのでしょうか(笑)。


なんだか心温まる話ですね。もっと話はありませんか?

滝の中というわけではないのですが、行に入る10日ほど前、目の前に「仏様」が現れました。部屋でぼけ~、としている時、突然、目の前に蝿ほどの小さな仏様(らしきもの)が現れましたね。後光だけはやたらと眩しかったのですが。導師に聞くと、それは「文殊菩薩」であり、行に入るのを歓迎してもらっているのだと教えられました。それで何だか、行に入る前から「自信」みたいなものはつきましたね。それから、行に入って数日後のことですが、仕事帰りにたまたま気になって見に行ったお地蔵さんが「文殊菩薩」だったのを見て、運命的なものを感じました。いきなり目の前に現れた感じです。周囲が汚れていたので二日後に掃除に行きました。こないだ再び見に行くと、誰かに綺麗に掃除されており、花まで飾ってありました。嬉しかったですね。


そうですか。文殊菩薩様に見てもらっていたのでしょうね。

私もそう思います。風邪をひこうが、徹夜が続こうが、21日間毎日「行」に行けたのは自分の力を超えていると思っています。変な話ですが、この行については、「自分が行った」のではなく、もっと大きな存在に動かされていたようにさえ思います。21日行がさほど辛くもなかったのは、その大きな存在に身を任せていただけなのだと。私のブログじゃありませんが、「宇宙となかよし」にしていたので、宇宙という大きな存在が、私を動かしていたのでしょうね。今回の行だけじゃなく、毎日の生活や人生全般においても、「動かされている」のだと考えると気が楽ですよね。仕事が忙しく徹夜が続くのも動かされているのですから、抗うのも馬鹿らしいですよね。不満を言ったりして。まあ、実際言ってるのですが、言わないように意識はするようになりましたよ。


いや~、大きな存在に動かされている。何だかスケールの大きな話ですね。失礼な話、そんな話をすると周囲は「ひく」のじゃありませんか(笑)。

ひくのならひいてください(笑)。考え方の一つに過ぎないのですから。


あの~、今回の21日行では毎日の滝行以外にもいろいろ禁止事項があったと聞いていますが、その辺りはどうでしたか?

「肉、酒、女」の禁止ですね。私はそれに加えて、「コンビニで食料を買わない」を自分に課していました。


コンビにですか。何でですか?

肉を食べないとなると、一人暮らしの自分としては、外食のレパートリーが減りますよね。すると、コンビニでパンやおにぎりを買って済ますことが多くなると思いましたので。それだとどうも本末転倒のような気がしまして。食事するのにもちょっとは考えて苦労するのも大切かと思ったのです。


実際にはどんなものを食べていたのですか?

ほぼ毎朝、友人から譲ってもらったサプリメントのようなものを食べ、その他は魚中心の定食や弁当、そしてうどんや蕎麦などでなんとかしのげましたね。


肉やお酒が欲しいと思ったことはありませんか?

夏ならビールが欲しくなるのでしょうが、季節柄特別に「飲みたい」とかは思いませんでした。私はもともと一人では飲まないたちですので。肉も特に欲しいとは思いませんでした。外食が中心になるとレパートリーが減るので、その辺の苦労はありましたが、生理的に欲することはなかったですね。


なるほど。え~っと、ちょっとお尋ねしにくいのですが、「女」禁止というのはどうでしたか…?

ははは。確かに答えにくい質問ですね(笑)。実のところ、これが結構きつかったですね。「女」禁止とは言うものの、実は「一人で処理」も禁止なのです。私も元気な男なので、溜まるものは溜まりますよね…。


で、我慢できたと…。

はい、なんとか(笑)。2週間目などは気を紛らわすのに必死でした(笑)。でもですねえ、、、ちょっとまじめな話すると、この「禁欲」というのはちょっとオススメかも知れません。実のところ付き合って何年とか結婚して何年とかになると、どうしてもお互いの仲が馴れ合いみたいになりますよね。つまり新鮮さが薄くなったと。しかし、この禁欲生活によって、パートナーの大切さがなんだか再確認できたような気がします。変な話ですが、男と女の仲なんて、ベーシックなところにはそういう感情がどこかにあるもので、その辺のベーシックな部分が幾分刺激されたのでは、、、と。


ははあ。ちょっと倦怠期のカップルなんかでも、随所に「禁欲」を取り入れることで、新鮮な気持ちを取り戻せるものだと、、、そういうことですね。

そうです。こないだ会社の同僚とも話していたのですが、彼は若くして結婚しているのですが、彼に限らず、男というものは不完全な生き物でして、「セ○○スとオ○○ーは別や」なんて変な理屈をつけながら、いそいそと一人ででも励むものです。その辺り非常にもったいないと思うのです。ちょっとした我慢で、フレッシュな関係が保てるものですから。まあ、20歳代なら1週間、30歳代なら2週間は我慢してみると、これまで気がつかなかったものが見えるかもしれませんよ。


一週間でいいんですか?。それぐらいなら…

いやいや、あなたちょっと見え張っていませんか。実際、一週間我慢したことってありますか。


……(黙)

昔、一人暮らしの学生で彼女なしの友人に、「お前、どれくらいのペースでオ○○ーしてるん?」て尋ねると、さも普通を装った顔で、「3日に一回くらいちゃうか」とか言うのですが、これは「一日に3回」の意味だと解釈してよいでしょうね。間違いありません。とりあえず、一週間。これオススメです。


いや~、なかなかの洞察力ですね。まいりました。石田さんってその辺りの話が得意じゃありませんか。

得意です(笑)。でもこのブログは毎日120人以上に見てもらっているので、あまり話を展開するのもちょっと、、、と思っています。


十分、展開されていますよ(笑)。話を元に戻しますね。石田さんは今回の行を通して、「これが変わった」というものはありますか?

まず、体重が4キロ減りました。体は絶対に軽くなった気がします。体脂肪などを図るのが結構楽しみですね。それ意外は、、、月並みですが、年間で最も寒い時期に21日間もよくやったな、ということで「自身」はつきました。やればできる、なせばなるものだと。


ほう。体重がですか。ダイエットにも最適ということですね。

そうですね。それ意外にも、心と体の余分なものが取れて、リフレッシュされた気がします。別に「修行」とか肩を張らずに、「日常生活をリセットする」、など簡単な気持ちでされるのもよいと思いますよ。でも、するときは真剣でなければなりませんが。


女性にもオススメできますか?

もちろんです。我々の仲間にも女性が二人レギュラーで参加されています。レギュラーって言っても「あるある探検隊」じゃないですよ(←わかっとるがな!!、というツッコミが入る)。日ごろストレスが溜まっているとか、心のもやもやを晴らしたいなんて動機でもよいと思います。動機はともかく、やってみることでいろんなことを学べると思いますし。私なんか、最初は完全に「日記のネタづくり」が目的でしたし(笑)。


なるほど。滝行をするのに、別に特別な思想や準備も必要ではないのですね。

と、思います。見学のつもりで見に来ても、その場で無理やり滝着を着せられて入る人も何人もいます。導師や滝の先輩がきちんとお世話してくれます。でも、神聖な場所ですので、あまりチャラチャラされても困りますが。


そうですか。最後に、石田さんは再び「行」をやってみたいと思いますか。

今日、導師に言われたのですが、せっかく21日やったのだから、これで終わるのはもったいないぞ、と。とりあえず、今回はこれで区切りですが、毎週滝に行くのは継続しながら、またやってみたいと思います。21日なら年に1~2回はやってもいいんじゃないでうすかね。その後には、「100日」「1000日」も待っているようですが、100日ならともかく、1000日となると、人生のあり方を変えなければなりませんね。


いや~、興味深いお話でした。お仕事がお忙しいところ、どうもありがとうございました。これからもご活躍のほど期待しております。

ありがとうございます。とりあえず、仕事は3月いっぱい鬼のように忙しいので、それもまた「行」です。でも、なんとかなる。なせばなる。これからの私のブログもますます「濃く」なる予定です。ご期待ください。


ありがとうございました(ブログランキング)←滝行の話が面白かった人はクリックお願いします。
by katamich | 2005-02-26 23:28 | ■滝行
 今週2度目の徹夜。行の最後の週に試練が重なってきます。でも、無事に21日間、滝行をすることができました。残りは明日の朝、北九州の畑観音でお礼をして晴れて満行となります。いろんな禁止事項が解禁になります。この21日についてはいろんなことがありました。霊的な発動もありました。考えることもたくさんありました。それらについては、満行後にきちんと文章にしたいと考えています。

 さて、今日の日記ですが、連日の忙しさのためかこれと言ってネタもありません。強いて言うならここ数日数週間、「会社」に対する疑問がたくさん湧き出てき、今日もそれをいっそう強くしたところです。「疑問」という言葉を使ったのはそれが「不満」ではないことを示すためです。

 今日、具体的に思ったのは、最近、徹夜が続くような忙しさにも関わらず、上司から呼ばれて、●●と△△の業務については完全に引き継ぎたい。そして○△についても積極的に関わって欲しい、といわれました。ちなみに私が単独で担当している業務は数にして6本あります。前までは複数の担当者をつけてやっていた仕事も、今となっては人数が激減したため、単独での対応を余儀なくされています。それに加えて、さらに3本も加わるのです。しかもその3本とも私にとっては不慣れな業務なので、慣れている人よりも時間がかかることが予想されます。となると、休日、睡眠時間の激減が待っているわけです。

 果たしてこれでよいのだろうか、、、と率直に思ってしまいます。残業手当もつかないまま、酷使するだけ酷使して、くたばったらはいさよなら、、、うちのOBにはそんな人が数多くいます(ちなみに今月の残業はすでに130時間)。今、アルバイトに来てもらっている私の友人も、「この会社にだけは入りたくない」と言っています。 

 しかし、私は負けません。このような状態もミクロレベルでは苦しい試練であれ、マクロで見ると、きっとよいことにつながるはずです。こんな状況が与えられるのも、必然、ベストであり、きっと何か重要な意味を持つものでしょう。21日の滝行はとりあえず、明日で一区切りですが、別の意味での行がこれから3月いっぱい始まります。

 「想いを捨てる」、、、苦しい、いや、楽しい「行」が始まろうとしています。。。

さてさて、そんな私を応援してくださる方はポチっとクリックをお願いしま~す(ブログランキング)

(うお~)

b0002156_051888.jpg

by katamich | 2005-02-25 23:16 | ■ビジネス・事業
21日滝行日誌

(徹夜で仕事)
5時00分:会社→不入道→入行
6時00分:帰宅、入浴、睡眠
12時00分:会社、デスクワーク
20時00分:残業、夕食


朝食:なし
昼食:サケ弁(ホカ弁)
夕食:サケ弁(ホカ弁)


本日の体重:66kg

(コメント)
21日目。最終日。今日も仕事で徹夜をしてそのまま滝に行く。今日は最後なのでご本尊にお礼としてお酒を持って行き、ビニール袋をもって仏様のところの熔けた蝋燭や線香をかき集めて掃除する。感謝の意を込めて。いつものようにお参りしてから滝に入る。滝の前に行き、浄三業の儀式をしているとき、ざわ~っとものすごい気配がして、背筋に戦慄が走る。いわゆる「霊」がものすごい勢いで集まって来ている錯覚(?)を得る。護身のために印を組み、今までにないくらいの気迫で真剣に九字を切る。何ものかの気配に怖さがよぎる。意を決して滝に入るが、ものすごくうるさい声。ちょっと甲高いような声がひっきりなしに聞こえる。般若心経の一巻目はその声に抗う姿勢でいたが、気を取り直して二巻目で楽しんで聞くようにすると、不思議と気分が楽になる。ちなみに今日は今までの不入道では最も勢いが激しい水だった。一通り真言を唱えゆっくりと印を組み終えると、心の中で「ありがとうございました」と何度も言う。しばらくその状態を続け、「六根清浄」と唱えながら滝から出る。爽やかな気分に。今日は行の最後で霊がいつもよりも集まったためか、私自身の感覚が鋭くなったためか、又はその両方か、、、クライマックスを感じる異様にテンションの高い滝だった。それだけに出た後の清々しさは何とも言えなかった。


ブログランキング
by katamich | 2005-02-25 13:37 | ■滝行
b0002156_231797.jpg 最近、仕事が忙しいためか、ホカ弁ばかり食べています。しかし、ご存知のようにホカ弁には「肉」が結構入っており、肉断ちの私にはメニューが限定されます。その中の数少ない「肉なしメニュー」としては、「サケ弁」を代表格として、季節的に「ぶり大根弁当」や「鯖の竜田揚げ弁当」があります。

b0002156_23172076.jpg 昨日の昼は「鯖の竜田揚げ」、今日の昼は「ぶり大根」、そして今日の夕食も「鯖の竜田揚げ」でした。ぶりや鯖というのは、なんとなく「肉のような」触感が味わえ、肉断ちでも十分満足させられます。味付けも濃い目でご飯との相性もばっちりですし。
 
 行に入ると食べ物が制限されて、うどんや蕎麦ばかり食べるようになると言われていましたがいい時代になったものですね。きちんと魚でたんぱく質が取れるのですから。そんなことを言いながらも「行」は残り一日。明日(金曜日)の朝に滝に打たれ、その日だけ禁止事項を守れば土曜日には解禁です。しかし、不思議と肉も酒も欲しいと思いません。もしこれが、「野菜禁止」なんかだと、体のどこかがおかしくなるのでしょうが、酒なし肉なしでもちゃんと生きていけます。むしろ体の調子はよいように思います。

 本来的に人間の体にとって「肉」や「酒」は必要ないのかも知れませんね。しかし、、、行のもう一つの禁止事項である、「性欲」については、、、。正直、結構きついものがあります。肉や酒がなくても人間生きていけますが、「性欲」がなくなれば人類は滅びてしまいます。その意味で「性欲」は人にとって必要なのでしょうね。「肉、酒、女」断ちという行の三大禁止事項のうち、肉と酒は本来的に不可欠でない一方、性欲は人間の体に素直に反応することで、その重要性を再認識したところです。

 まあ、そんなところであと一日、食事にして三食さえ乗り切ればあさってには晴れて満行です。というわけで、仕事再開(23:12分現在)。

最近13位が定位置に。もう少しあがりたいな~。クリックお願いします。
by katamich | 2005-02-24 23:12 | ■食
21日滝行日誌

5時30分:起床→不入道
6時00分:入行
7時00分:帰宅、入浴、二度寝
10時00分:会社(遅刻)、デスクワーク
20時00分:残業、夕食


朝食:なし
昼食:ぶり大根弁当(ホカ弁)
夕食:鯖竜田揚げ弁当(ホカ弁)


本日の体重:67kg

(コメント)
目覚ましで起きる。今日は友達が行を見に来た。今日は特に霊的な発動はないが、相変わらず滝の中で不思議な音が聞こえる。かえってシャワーを浴びた後、自然と二度寝して会社を遅刻する。今日もひたすらデスクワーク。


ブログランキング
by katamich | 2005-02-24 22:55 | ■滝行
 仕事で徹夜をしました。最近、ちょっと忙しくて休日もなかったのですが、今日の仕事は締め切りを過ぎていて客先からせっつかれていたので徹夜を余儀なくされました。朝の6時過ぎまでぶっ通しでパソコンに向かって資料の作成をします。

 午前は佐賀県上峰町というところで会議です。その間に「行」をしなければなりません。作るべき資料は半分をちょっと超えたあたりで日の出を迎え、今日中に仕上げることが絶望的となりました。またせっつかれることを覚悟の上で、中途半端なまま客先にメールで送り、とりあえず会社をでたのが6時半。家に帰るスーツに着替え、滝の道具一式をもって不入道に行きます。着いた頃は明るく、不眠、不食のまま滝に入りました。すると、、、滝行日誌にも書いたのですが、「霊的な発動」を感じたように思います。とにかく滝に周りに人だか霊だかが集まってくるようで、やいやい私に話し掛けてくるような気配を感じるのです。最後に滝の中で「おばあちゃんやったら出てきてええで」と言うと、目の前に丸いものが現れたような気がしました。意識が朦朧としているから錯角かもしれませんが。

 滝が終わるとそのまま客先に直行です。なんとツイてることに、会社と会議のある上峰町の途上に私の家と不入道があります。つまり回り道をまったくすることなく、会社→家→不入道→上峰町となるのです。午後は那珂川町で打合せだったのですが、それも上峰町→不入道→那珂川町役場→家→会社、と回り道なしです。ですので那珂川町の打ち合せの後は家に一時的に帰って飯を食い、仮眠まで取ることができました。

 会社に戻ります。案の定「客先」から催促の電話とメールです。電話を受けた事務の人に言わせるとかなり「ご機嫌な斜め」だったとか。わかっていたのですがちょっと間を置いて電話をすると、やはりクレームの言葉。弁解はできません。とりあえず口では「今日も徹夜でやりますので」と言いましたが、正直自信ありません。そうやって困っていると、同僚とアルバイトのスタッフが助けてくれると手を差し伸べてきました。ありがたい。しかし、そんなに遅くまで手伝ってもらうわけにはいきません。「ありがとう」と言いながらもちょっと目先が真っ暗でした。しばらくして同じ客先から電話がありました。

 どうやらその上司と相談したそうで、「いつまでなら大丈夫なのか」との質問。私も「上司と相談させてください」と言いました。結局、土曜日いっぱいまで猶予をもらいました。ほっと胸をなでおろします。しかも、今日はとりあえず根詰めずにある程度の時間で帰った方がいい、とのお優しい言葉。心に染み入ります。

 と安心するのも束の間、別の客先からも電話です。明後日までに資料を仕上げろとの催促。その客先は相手の都合でスケジュールが押して、ようやく話がまとまったところで突然の催促です。断ろうにもその後のスケジュールが詰まっているのでそう言うわけにもいきません。その仕事は自分ではせずに外注をしています。明後日までというタイトなスケジュールのなか外注に電話をします。

 「明後日ですね。わかりました。」

 神の声を聞いた気がしました。どうあっても、なんとかなるのです。おかげで今日は徹夜をせずに家に帰ることができました。この2~3日はなんだか自分が試されているような気がしています。今までなら無理なスケジュールに「うお~!!」と不足たらたらだったと思うのですが、とにかく「行」の間でもあるのでなるべく「不満の想い」を捨てて、「これは試されてるんだ。なんとかなる。なんとかなる。ツイてる。ツイてる。」と口に出して言いました。すると本当になんとかなっているのです。しかも土曜日までの猶予をもらっている仕事については、明日明後日の時間が空き、たっぷりとれるのでおそらく大丈夫と思われます。

 今日一日はなんともあわただしい一日でしたが、なんとかなっていることに心から感謝申し上げたいと思います。さあ、行も残り2日。明日と明後日、滝に打たれて禁止事項を守れば、土曜の朝の滝で満行です。体調もすこぶるよいし、無理な仕事も迫っていません。でも何が起こるかわからないので気を緩めることなないようにしたいと思います。とりあえず、なんとかなる。ツイてるのです。

ああ、なんとかなるのよ、クリックお願いします(ブログランキング)
by katamich | 2005-02-23 23:13 | ■精神世界
21日滝行日誌

(仕事で徹夜)
6時30分:会社を出る→不入道
7時45分:入行
9時30分:上峰町会議
13時00分:那珂川町
15時00分:一時帰宅、昼食
16時30分:帰社、電話対応など、夕食、残業
0時00分:帰宅


朝食:なし
昼食:鯖の竜田揚げ弁当(ホカ弁)
夕食:巻き寿司、焼芋


本日の体重:67kg

(コメント)
徹夜明けで滝に入る。家に荷物を取りに帰ってそのまま不入道に。辺りは完全に明るく気温も温か。不食、不眠でナチュラルにテンションが上がっている。午前は客先なのでスーツでお参りしてお経をあげる。滝着に着替えて滝に打たれる。意識がちょっと朦朧したなか滝。般若心経3巻あげ、ご真言の辺りから背後に人影が。同時に騒がしい声が聞こえる。振り向きたくても水のせいで振り向けず。滝の外は人の気配だらけ。印を組む時、眼前になにやら丸いものが現れる。もしかしてこれが霊的な発動??


ブログランキング
by katamich | 2005-02-23 23:01 | ■滝行
 今日もデスクワークだったのですが、とっても楽しくない仕事をしていました。どんな仕事かと言うと、ひたすら数字のデータを並べ替えたり、そのデータをもとに文章をおこすといった仕事です。そしてアルバイトのスタッフの管理もします。

 こういう仕事はおよそコンサルタントらしからぬ仕事なんですが、売り上げを伸ばすためにはどうあっても取っていかなければなりません。正直面白くない仕事ではあるのですが、このデータがある県の基礎データになるので、間違いは許されない緻密な仕事です。しかし、私は一方で同時進行にいろんな仕事をせねばなりません。電話もよくかかってきます。

 そんなこんなをしているうちに残業時間も更けてまいりました。今もひたすらデータとにらっめっ子。アルバイトの作成したデータの誤りを見つけてはそれを修正しながら、チマチマと仕事を進めます。近頃、午前様に近い時間に帰り、さらに休日もありません。しかも次の給料から減額が始まります。お~、まいが~!。しかも今日は徹夜が確定しております。

 話は変わりますが、先日、コーチングの研修で面白い話を聞きました。「DISC理論」というやつです。「DISC」とは、人間の行動傾向を「D、I、S、C」の4つのパターンに分類したものでで、「D」は主導型、「I」は感化型、「S」は安定型、「C」は慎重型を意味します(英語の頭文字ですがスペルは省略します)。 自分がどの行動傾向パターンであるのかを、簡単な設問を通じて理解し、その上で自己と他者への認識を深め、職場の中での役割行動を認識し、上司や部下、クライアントとの意思疎通を円滑にするため人材育成ツールのことです。

 大まかに言って、人間の行動特性を「①モノ指向型-②ヒト指向型」「③すぐやる方-④じっくりやる型」に極をとります。「①モノ指向」とは仕事をする時にどちらかとうとセオリーやツールを利用するやり方で、「②ヒト指向」とは文字通り人を動かしたり人に会ったりしてやるやり方です。③と④はそのままの意味ですよね。

b0002156_21515369.gif そして「DISC理論」によると<①×③=D主導型>、<①×④=C慎重型>、<②×③=I感化型>、<②×④=S安定型>となります。<主導型>は何でも率先してするリーダータイプ、<慎重型>は分析などを得意とするアナライザータイプ、<感化型>は人をうまく取り込んでことを成すプロモータータイプ、<安定型>はじっくりと人と協力し合うサポータータイプに分けられるそうです。これを測定する時は心理テストのようにいろんな設問に答えながら自分の属性が分類されるそうなのですが、単純・直感で私はどこに入るかと考えると、どう考えても<感化型>に属する思われます。

 もともと人と会ったり話したりするのは好きですし、人に対する影響力も強いと思っています。しかし、コーチングの先生の直感では私は<慎重型>に入ると思っていたようです。要するに論理立ててチマチマした作業を得意とする人と思われたようです。しかし私のことを知っている人にいわせると、何をやっても大ざっぱだし、直感頼りに動くことが多いのです。ですので仕事的には本当は営業なんかが向いている、と言われることもしばしばです。

 何でこんな話をしたかというと、「今やってるこの仕事おもしろな~い!!」と言いたかっただけです。数字とにらめっこしてあ~だこ~だという仕事。おもしろくな~い。でもです。自分では気づいていないだけで、コーチングの先生の言うように意外とこんなのも向いていたりして。面白い面白くないは別として。

 しかしこんな仕事もやってて損はないはずです。近い将来、独立するときなどは、「これは苦手」なんて言ってられません。とりあえず一通りできなければなりませんよね。その意味で、今のこの仕事もいい練習の機会なのでしょう。う~ん、なんてツイてる!

 というわけで仕事再開。

さあ~て、今日は何位でしょうか。よろしければプチっとクリックをお願いします。 
by katamich | 2005-02-22 22:10 | ■ビジネス・事業
ブログトップ | ログイン