宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 ここんとこ、朝起きるとイラクのニュースを見るようになっています。今日、ついに決着がついてしまいました。

 昨日も朝のニュースでは「香田証生氏殺害」の一方が西日本新聞で出ていましたが、昼過ぎには誤報であることが判明しました(今朝の朝刊では誤報のおわびが掲載されていました)。しかし、束の間の安堵も数時間後には絶望の知らせで打ち消されてしまいました。

 予告どおりの殺害方法でした。ショックです。こうなることは十中八九覚悟できていたとはいえ。今日はあまり文書も進みません。
 
 来週はいよいよ大統領選ですね。これも十中八九ブッシュが再選されるでしょう。外国ではケリーの支持者が多いのに。

 なんだか来週も波乱の週になりそうです。
by katamich | 2004-10-31 22:33 | ■時事問題
 3週間ぶりに滝に打たれに行ってきました。今日はそのレポートをします。

 朝、5時に起きて6時半に福岡空港に集合。そこで一つの車に乗り込み、北九州市は八幡西区の畑観音に行きます。

b0002156_11423544.jpg 畑観音に入る時、皆で一礼して、滝まで少々登り道があります。その間、お地蔵さんなどにお参りをします。皆が集まり、ご本尊で今日の滝行への斉唱を行います。そこでは、般若心経や観音経、ご真言などをみんなで唱えます。

 それから、それぞれが滝着に着替え、順番に滝に打たれます。打たれるにはきちんと作法があります。
①滝着に着替えます。
②塩で身体を清めます(左右の肩、頭)。
③船漕ぎの準備体操をします(エイ、ホー)。
④水に入る前に、不動明王真言を唱えます(のうまくさ~まんだ~・・・×3回)。
⑤九字を切って悪霊を追い払います(臨兵闘者皆陣列在前、エー)。
⑥水に入って「六根清浄」と唱えながら体を清めます。
⑦滝に向かって礼をして拍手を打ちます。
⑧不動明王真言を唱え、滝に向かって九字を切ります。b0002156_11573042.jpg
⑨気合を入れて滝に入ります。
⑩滝の中で「身禊の大祓」を唱えます。
⑪般若心経等を唱えます。
⑫真言等を唱えます。
⑬滝から出て、礼をして、導師に清めてもらって終了。
b0002156_1211950.jpg


 これが滝行の一連の作法です。一人ではいるには、作法、お経など覚えることも多く、始めのうちはベテランの人に付いて滝に打たれます。私は今日で4回目なのですが、一通り最小限のことは覚えたので、初めて一人で入りました。ここ最近では、最も緊張した瞬間です。そして、無事に打たれることができました。導師からは、「気合が入っていた」と言われました。

 何だか、一歩レベルアップした気がします。 

(上写真は石田Q撮影)
by katamich | 2004-10-30 23:35 | ■滝行
情報は錯綜する。

 私の島田紳助に対する偏愛ぶりは松島尚美と志村ケンとコロッケを足して3で割ったものに田原俊彦の後退具合を足し合わせたものよりもまだ勝る。つまり、あらゆる芸能人の中で最も好きなのが島田紳助なのです。

 思えば、昭和55年の漫才ブームの辺りで紳助・竜助でブレイクして以来のファン。当時はまだ幼く、周りが「コマネチ」とか「そうなんですよ」とか「もみじ饅頭」とか「めがねめがね」といったキメギャグで爆笑している中、紳助・竜助は何を言っているのかわからないにも関わらず、紳助の顔としゃべりのスピーディーなテンポ感だけで一人笑っていました。

 おばあちゃんに、「島田紳助ってだれ~?」なんて、知ってるのに質問して喜んでいました。おばあちゃんは、「アゴのしゃくれたブサイクな奴や」と返答していましたが、それを聞いてさらに笑っていました。

 その後も司会業などで何気なく見て笑っていたのですが、本格的に好きになり始めたが、10年程前、大竹まこととのコンビで深夜に放映していた「BLT」という番組。それと伝説の名番組「イレブンPM」の後釜でやっていた「EXTV」。これらは、今の紳助が得意とする企画物の走りでした(鑑定団とかバラ珍とか行列とか)。いろんな実験的な企画を深夜枠を利用してやっていたものです。今はもっぱらゴールデンの司会が多く、深夜枠で言えば「松本紳助」ぐらいですが、当時は、まだまだ深夜でも紳助節全開でした。

 紳助が11PMの話を出すと、「昔、テレビに向かってうお~、ってやってクライマックス迎えた瞬間、大橋きょせんに顔面シャワー」なんて、面白すぎるギャグを連発していました。ゴールデンでは出せないギャグです。

 そして、今回の事件です。トラバの元記事にあるように、当分、紳助のダメージは相当なものとして残ることでしょう。被害者のオバハンがどんな腹黒い奴にせよ手を上げた時点で負けです。その辺は、紳助も記者会見の中で重々述べていましたので、一応は理解し反省していることでしょう(か?)。

 しかしあの記者会見。普通、自分がやばいことしたらふて腐れたような顔で、押し黙るのが常だと思うのですが、紳助の場合は、きちんとした紳助節で会見を行っていました。

 「100%ボクが悪いです。100対0です。」なんて、今年の流行語にしたいくらいの面白フレーズです。いかなる立場に立たされようと、きちんと視聴者に笑いをプレゼントする。紳助って根っからの芸人なんだな、と思いました。

 「引退」という言葉も一瞬ちらつかせて、すぐに打ち消しましたが、私としてはこの機会にゴールデンのレギュラーを減らして、再び深夜枠で全開してもらいたいものです。

 ところで、今後、「松本紳助」なんかで紳助がいじられるのが楽しみです。

松本:おにいさん、あの時、泣いてたのってほんまのところウソ泣きでしょ!
紳助:ちゃうて!、あれはマジや!
松本:ほんまですか?!
紳助:マジに決まってるやないか。あの場では。
松本:「あの場」だけですか(笑)?? 
紳助:おお。確かに、楽屋戻ってコーヒー飲みながらひやかしに来た花子の頭どついとったけどな。
松本:全然、反省の色ないじゃないですか(爆笑)

ってな具合に。 

 それはそうと、被害者面したオバハン、裏でごちゃごちゃやっとらんと、オマエも記者会見せ~や。どうせ業界の中では面が割れてるんやから。

 というわけで、紳助頑張れ~。いつまでも笑いを私達に提供しつづけてちょうだいな。



   /⌒⌒γ⌒ 、
  /      γ   ヽ
  l       γ   ヽ
 l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
 |   |         | |
 ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
  !、/   一   一 V
  |6|      |     .|
  ヽl   /( 、, )\  )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ヽ ヽ二フ ) / <   香田証生って素敵やん?
   丶        .ノ    \_______
    | \ ヽ、_,ノ
   . |    ー-イ
by katamich | 2004-10-29 23:06 | ■時事問題
 なぜか今日になってブログのアクセスが急激に増えています。いつもは多い時で60、最近では30前後だったのが、今日はなんと667です。おおかた、どなたかが2chあたりのBBSに張り込んだのでしょうか。

 今日も一日、新潟の救出劇、イラクの人質、紳助の話題で持ちきりでした。新潟の救出劇は残念な結果に終わり、紳助も当分自粛と言うことで決着。しかし、人質事件だけはこれからが佳境を迎えようとしています。

 今日、仕事の合間に、2chなどを見ていたんですが、人質になった香田氏への風当たりは相当強いです。露骨に「氏ね(=死ね)」だとか、「首ちょんぱ」とか書かれてあります。いくら匿名掲示板と言っても、「ちょっとひどいなあ~」と思います。

 確かに昨日の時点では、私も「香田氏自業自得やむなし」などと思っていましたが、彼にも家族や友達、前途ある未来があるはずです。確かに彼の行動は軽率だったでしょうが、「人の命」を蔑ろにする権利は誰にもないはずです。

 自衛隊が撤退することが解決策にはならないとは思います。結局、テロに屈しない姿勢で、人質救出のために全力を尽くすという対応は、現在考えられるベストの選択なのではないでしょうか。

 一方、次のような意見もあります。
イラクで拘束された香田証生くんを救って欲しいね。
イラクで拘束された香田くんを非難する日本人の心の貧しさ。

 新書も出している一部には有名な旅行家の意見ですが、納得させられるものがあります。多くのバックパッカーが興味本位でイラクに行っている中、たまたま運悪く捕まった香田氏のみを非難の対象にするのは、ちょっと子どもじみている気もします。

 みんなで香田氏のみを悪者にして、掲示板を通して集団でイジメを行うエネルギーがあるのなら、実際にクリフホテルに行って、イラクに行こうとする日本人を真剣に止めるべきです。

 何人かが本気で止めればイラクに行く人はいなくなるでしょう。救出のための税金云々を心配するのなら、自腹きって止めにいった方が本当の節税になります。

 とりあえず、傍観者である我々は香田氏の救出を心から祈るしかありません。救出された時には、香田氏は一生かけてでも費用弁済する必要があります。同時に社会的な制裁も免れないでしょう。
(前回捕まった3人の中の一番若い目つきの悪い人は現在イギリスに語学留学しているそうです。日本社会からの逃亡ですね。)

 テロのいう期限があと数時間に迫っています。これを書いている現時点では無事を祈るだけですが、明日の朝起きた時は状況が展開しているかもしれません。もしかしたら最悪の事態が起こっているかもしれません。前回の3人の人質事件は自作自演臭かったですが、今回は「マジ」のようです。

 私としては香田氏の無事を祈願して延命十句観音経を唱えることしか出来ません。

観世音 南無仏
与仏有因 与仏有縁 仏法僧縁 常楽我浄
朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心  

(香田氏は生きて帰ってきてもこんな下らない本を出版しないで下さいね)
 
b0002156_116819.jpg

by katamich | 2004-10-28 23:18 | ■時事問題
 朝起きてテレビつけると、「小泉さん・・・」という映像が流れ始めました。そう、イラクの日本人青年人質事件です。今年になって何度目でしょうか。しかし、今回は人質になった青年への風当たりがものすごく強くなっています。

 確かにテロは許されることではありません。しかし、今回ばかりは日本中が首をかしげているようです。退去勧告があれほど出ているにも関わらず、青年はなぜイラクに行ったのか。

 「そこにイラクがあるから」、なんてのはギャグにもなりませんよね。

 しかし、私も元バックパッカー。青年の気持ちが全くわからないわけでもない、といったら怒られるでしょうか。ちょうど、7年前、青年がイラク出発前に立ち寄ったアンマンに私もいました。その頃は、フセイン政権真っ只中で、日本人はイラクのビザを手にすることが出来ませんでした。

 アンマンという街はヨルダンの首都ではあるのですが、これと言った見所もなく、もっぱら通過するだけか、イスラエル、死海への足がかり、もしくはイエメンに行くために滞在するところでした(ビザと飛行機の取得のため)。しかし、昨今は「イラク行き」のための拠点にもなっていたようです。

 バックパッカーはアンマンではもっぱら二つの宿を選択していました。一つは私が泊まったファラホテル。これはルーフドミトリーが快適で安く、私が数年ぶりかに「夢精」を経験したところです。

 そしてもう一つが、高藤さんら3人の人質、今回の青年が足がかりとしたクリフホテルです。クリフホテルはファラホテルに比べると、ボロい印象があるのですが、日本人が多く情報ノートも充実しているということでした。ノートが充実してるというだけに、最近ではおそらく「イラクへの道」なんて情報も満載だったことでしょう。

 人質になった香田さんもクリフホテルでイラク行きを決意したんでしょうね。おそらくこんな会話が交わされていたことでしょう。目に浮ぶようです。

(クリフホテル・ロビーにて)

A氏:イラク行ってきましたよ。

香田:マジですか!?、どうやって行くんですか?。

A氏:ここの情報ノートに書いてあるけど、○○のバスで国境まで行くやろ。国境まではすぐやけど、その後、トータル丸一日かかるからめっちゃきついですよ。イミグレではとりあえず、10ドル賄賂払って、国境を越えたらピックアップの客引きが寄ってくるから、バグダッド行きに乗ったらええですよ。でも、車めっちゃボロイし、道もガタガタやから結構しんどいですよ。アンマンから国境までの数倍はかかるんちゃいますか。途中何回か、ポリの検問があるけど、何か聞かれたら「ジャーナリスト」って言えば通してくれるで。

香田:ビザとか要らないんですか。

A氏:パスポートチェックはするけどスタンプもなし。イミグレの連中は賄賂ねらいやから。

香田:へえ、バグダッドどんなんでした?
 
A氏:思ったより普通やったかも。一応、ミネラルウォーターも売ってるし、マーケットも出てるし。爆撃跡は痛々しかったけど、市民生活は結構普通ちゃうかな。暗くなるのは早いけど。

香田:宿とかどうなんすか?

A氏:外人やからジャーナリスト専用で最低でも50$。でも俺の場合、ピックアップで知り合ったイラク人のおっちゃんが親日家で3日間家泊めてもらってん。自衛隊って一般の人には結構歓迎されてるっぽかったなあ。反米はけっこうきついけど。

香田:飯とかどうなんすか?

A氏:俺の場合、イラク人の家にいたから実際どうかわからんけど、レパートリーはめっちゃ少ないんちゃうか。鳥の丸焼きくらいしか見てへんし。シリア以下かも。ジブン、これから行くん?

香田:最初、ニュージーでワーホリやってたんすけど、期限切れたんで、働けるところということでキブツ(イスラエルのコミュニティ)にいたんすよ。そしたら、パッカーも結構イラク行ってるって話聞いたんで、俺も行こかな~って思っているんすよ。やっぱり、ここまで来たからには「行き」ですかね。

A氏:あえて「行き」とは言わんけど、まあ後は、「自己責任」で(爆笑)。でも、日本人やったら行けるんちゃいます。結構親日やし。

香田:宿が心配なんですけど。

A氏:俺もそうやったけど、結構、イラク人フレンドリーやから、誰か泊めてくれるんちゃう。危ないからはよ帰れ言われるけど。でも、なんとかなるんちゃう?

香田:へえ~。なんかものすごくテンションあがってきましたよ。

A氏:俺が勧めた言うたらあかんで。俺は止めたからな。後は「自己責任」やで(爆笑)。

香田:(爆笑)


 こんな感じです。あくまでこれは全て私の推測です。登場するA氏ももちろん架空の人物です。

 しかし、これは典型的なパッカーの会話ですね。あまり頭はよさそうではないです。7年前もタリバン政権が生きていた時分にアフガンに入ろうとしたパッカーを見ていたので、なんとなくわかるものです。

 今日は新潟の親子救出や島田紳助の暴行事件など、いろんなニュースがあった日でしたね。私としては、人質事件からちょっと目が話せません。なんだか他人事でない気もするし。

 とは言うものの、香田氏のことは理解が得られにくいのも確か。もう少し頭がよければ行かなかっただろうに、と言ったら不謹慎ですか。とりあえず、無事の救出を祈ります。南無阿弥陀仏。

(写真はクリフホテル)

b0002156_045432.jpg

by katamich | 2004-10-27 23:57 | ■旅・ツアー
 毎日、地震のニュースが痛ましいです。家を失い、他人同士が難民のように肩を寄せ合い寝食を共にする。関西大震災の時もそうでしたが、明日はわが身かもしれません。台風の被害も同様です。そこで生活している人たちも、行き先不透明な中、ストレスも極度に達しつつあるとか。

 私、思うのですが、あの体育館のような広場に、かろうじて聴こえる程度でいいので、「モーツアルト」の音楽を流してはどうでしょう。精神が極限にまで張り詰めた時に、モーツアルトの音楽はものすごく癒されると思うのですが。

 私が昔自転車でヨーロッパを旅している時、ブリュッセルで宿がなく中央の広場でへたり込んでいる時に、シューベルトの未完成交響曲が流れたきたんですが、ものすごく感動したのを覚えています。音楽の力はすごいな~と思った瞬間です。

 ど~でもいいことですが、なぜ、今こんなに音楽が好きなのでしょうか。私の音楽に関する遍歴を辿って見たいと思います。

①幼少時:ウルトラマン・タロウの歌を間違ったメロディで歌っていた。今思うと、作曲の才能でもあったのかしら。
②小学生:三年生でリコーダーをもらうのだが、教室内で何気なく吹いたチャルメラが周囲を驚かせ、いい気になってそこから笛にはまる。阿部君と一緒にリコーダークラブをつくる。
③中学生:吹奏楽部に入り、クラリネットを始める。1~2年生の時は普通に歌謡曲を聞いていた。好きだったのが、安全地帯、杉山清隆、桑田圭介など。マメにラジオからエアチェックしていた。3年生の夏にモーツアルトに感動して、そこからクラシック一辺倒に。
④高校生:完全なモーツアルトオタク。土曜の夜は一人でオペラの本を読みながらテープを聴くのが最高の楽しみだった。
⑤浪人生:モーツアルト没後200年のモーツアルトブームに嫌気をさし、ひねくれてジャズを聴こうとする。ちょっとはまる。しかし、同時に歌謡曲を再び聞き始める。好きだったのが、荒井由美、中島みゆき、岡村孝子、など。浪人生って感じ。
⑥大学生:ジャズに本格的にはまり始める。月に一万円分CDを買っていた。アドリブの真似事も始める。楽器の練習は割りとした。
⑦放浪時:ジャズが聴けない。インドで聴いた現地音楽に感動。
⑧大学院:アイルランドに行ってから、民族音楽にも興味を持つ。
⑨社会人:ジャズ8:クラシック1:民族音楽0.5:その他0.5くらいの割合で聴く。楽器も再開。
⑩最近は:ホーミーとかディジュリドゥとか怪しい音楽にはまっている。自分でしたりもする。ホーミーはだいぶ上手くなった。

 ロックとか洋楽にはまった時期はないですね。ビートルズも聴いてないし。あ~、だからどうだって言うの!

 読んでくれた人、どうもありがとうございます。

(写真は安全地帯の玉置)

b0002156_0452649.jpg


追加:頼むからこんなんは勘弁してくれ~。。。
by katamich | 2004-10-26 23:56 | ■音楽
 今日は二度寝をしてしまい、家を出るのが遅れてしまいました。自転車は会社にあるので、今日はバスです。会社までは途中で電車に乗り換えた方が早いので、今日は乗り換えを選択しました。

 すると、乗るはずのバスが事故で不通。ちょっと遅れているだけだと思い、しばらく待っていたのですが、突然、「到着まで30分ほどかかります」とのアナウンス。その瞬間、駅で待っていた乗客が一気に改札口に戻り、にわかに行列。

 気の短いおじさんは駅員に向かって大声を出す始末。ちょっとしたパニックというのでしょうか。しかし、新潟のことを思うと、こんなのパニックに入りません。そう思うと、今自分が無事であることに対して感謝すると同時に、新潟の人たちを見舞いたい気持ちになりました。今、テレビで福岡市が救援物資を輸送するニュースがありました。民間の運送会社も無償でトラックを提供するのだとか。いい話です。

 それにしてもこんなことで大声を出すおじさん、、、大人気ないな~。カルシウム足りなさそう!

 今日聞いたのですが、福岡にも活断層があるらしく、それは今日乗ろうとした西鉄天神線の沿線にあるそうです。もしも、この断層が割れたらそれこそ神戸並みの大惨事になることでしょう。そうならないよう祈るばかりです。大声出したおじさんも、祈っててくださいよ。

 あ、西武勝ったんだね。今知りました(23:59)

(写真はおっさんの体型)

b0002156_0143269.gif

by katamich | 2004-10-25 23:57 | ■日一日
 先般より私の周辺で話題をかっさらっている「電車男」が書籍として発売されました。今日は会社に行ったついでに、ジュンク堂をぶらぶらして、平積みになった電車男を目にしました。平積みといっても2冊しかありませんでしたが。

 福岡で一番大きな書店なのに。売れてるんだな~、電車男。手にとって見ると、web上のまとめサイトとほとんど変わりません。ネット接続環境にない人にも読んで欲しいというからには、用語解説とかあってよいと思うのですが。オマケに爽やかな読了感を濁すような「後日談」が添えられてあります。この後日談、読んでない人には気になるんでしょうが、読んだ人間にとっては「なくていい」と思う代物です。探せばネット上でも読めるのに。書籍化でこれは無用だと思うのですが。
 
 まあ、この発売元の新潮社のページはあってよいですが。「電車男」本人のコメントがなかなかよいです。

 電車男買おうかな~。ちょっと迷い中。

 話は変わりますが、今日、ツレが北海道から帰ってきました。友達ら女4人で旅行に行っていたのですが、この3日間、見事に天気に恵まれたのだと。天気予報ではやばかったのが、行くところ行くところ晴れ間が広がっていたそうな。

 4人でずっと「ツイてる」を連発していたようなので、当然の成り行きです。先ほど、「オレが波動を送ったから」というと、「わたしの波動や!!」と言い返してきました。

 思えば数ヶ月前までは「波動」とかものすごく嫌がっていたし、宗教じみた精神世界の話なんかは完全に目の敵にしていたのに変わるものです。今では友達に「ツイてる教」を布教しているようです。「ツイてる」と言うだけは只なので、言って損することはないはずです。最近、私を含め周囲がどんどん変わっていっているような気がします。  

 なんだか嬉しいです。 

(写真は電車男の運命のアイテム、エルメスのティーカップ‐4万円もするぞ、おい!)

b0002156_0482188.jpg

by katamich | 2004-10-24 23:58 | ■読書・書評
 先日、霊感の強い私の友人からこんな電話がありました。

 「今、一緒にに打たれているお仲間の一人に、いろんな霊を一手に背負っている人がいます。石田さんが来たおかげで、背負いきれない霊たちが石田さんを頼ってきているから気をつけて。」、と。

 普通なら、「なにそれ?!」と思うところ、最近、この手の話に免疫が出来ており、素直に「ありがとうございます」と言いました。

 ちなみに、その電話があったとき、「そのお仲間って、○○さんのことじゃないですか?」と言うと、「その通り」とのお返事が。私も2週間前に○○さんと会ったとき、なんかおかしいと思っていたのでドンピシャでした。

 実はその○○さんが霊に取り付かれるのには理由があります(すいませんが、その理由については控えさせていただきます)。もう数日でその理由からも解き放たれるのですが、最後の最後に霊のクライマックスが訪れ、その時が私もちょっと危ないのだそうです。それが今日でした。

 私は滝に「行くつもりでした」。しかし、どういうわけか、今日は滝の参加者が少ないとのことで、北九州までの足が確保できないことで、「キャンセル」になってしまいました。つまりは私は滝に行かなかったのです。

 変な言い方をすると、私の守護霊が今日だけは滝から遠ざけたのかもしれません。実は今、悠然とコーヒーを飲みながら爪を切っている自分がいるのも、「キャンセル」のおかげかもしれません。何ともツイてる。感謝します。(○○さんも来週は大丈夫ですので、私も来週は滝に行きます)。

 昼は会社の同僚達と季節はずれのバーベキューをしました。マンションのテラスなんですが、久々にホーミーを披露しました。それを聴いた同僚達からは「凄みが増した」と言われました。なんとなく自信がでました。ちなみに同僚の娘さん(中2)は、学校でホーミーを流行らすそうです。

 自信で思い出したのですが、今日、新潟で「地震」がありました。被害者が増えつづけているようです。先日の台風23号といい、ここ最近の日本はどうなっているのでしょうか。台風24号も近づいているらしいです。

 池田邦吉というノストラダムス研究家がいるのですが、ブームが過ぎ去った今も立派に研究家として活動されている希有な方です。彼が言うには、大予言は実は解釈の違いでXdayの数年後に設定されているそうなのです。正確な期日はわからないのですが、どうやら、今年か来年が本当の当たり年だとか。

 ほんまかいな。何が起こるのかわかりませんが、少なくとも「台風こ~い!」なんてことを念じてはいけませんよね。そこの小中学生!!

 夜は久々にジャズを聴きに行きました。いつものニューコンボです。さがゆきというボーカリストに渋谷毅のピアノ、峰厚介のサックスという、超ド級の一流ぞろいです。前半、バーベキューの疲れもあってか、バラード中心の選曲にやや眠さを感じていたのですが、後半はしっかりと目も開いて一流の凄みを浴びさせられました。

 これについても近いうちに本家にレビューしたいと思います。

(写真はいろいろあったので色鉛筆)

b0002156_11133789.jpg

by katamich | 2004-10-23 23:55 | ■日一日
 久々に入札に行きました。無事に落札。この仕事でさらに経験値を上げていきたいですね。夜は、昨日に引き続いてワークショップ。まあまあでした。回数を重ねる毎に経験値が上がっている実感があります。

 「経験値」という言葉をここ最近よく使います。昔、ロールプレイングゲームでよく経験値、経験値と言ったものですが、これはもちろんゲームの主人公だけでなく、実際の生活の中でも当てはまります。
 
 それは仕事にしても、日常生活にしても、いろんな場面で「経験値」の考え方を持ち出すと何事も楽しくなってきます。

 例えば、私は最近「」に打たれていますが、そのためには諸費用込みで一回3,000円かかります。しかし、3,000円で滝という経験値を買ったと思うと、いい買物に思えてきます。先週はコーチングの研修を受けてきましたが、それも3時間3千円かかります。おかげでいい経験値を踏むことができます。

 そのようなお金を払うことの対価としての経験値だけでなく、仕事なんかはお金をもらって経験値をあげていけるでオイシイ話ですね。例え嫌なことがあっても、「金もらってこんなに経験値があがった」と思うと、嫌なことに思えなくなってきます。嫌なことほど経験値は高い気もしますし。もちろん楽しい事にも経験値は含まれますが。

 では、ごく最近の私の経験値を簡単に振り返ってみましょう。こんな感じでしょうか。
・仕事でWSのファシリテーター:経験値6
・滝に打たれる:経験値7
・ミャンマーに行く:経験値9
・ジャズのライブを聴く:経験値3
・漫画を読む:経験値1
・ビジネス書を読む:経験値4
・お経を覚える:経験値8
・朝、目覚めと同時に起きる:経験値7
・仕事で怒られる(最近はない):経験値9
・選挙事務所で開票を待つ:経験値2
・コーチングの研修に行く:経験値7
・新しい人と会う:経験値(5~10)
(数字は経験値、10が最大と想定)
などなどです。数値化はあまり意味がないんですが、適当につけてみました。

 こうやって何事も「経験値」として考えると、世の中、無駄なこと、嫌なことなどなくなってきますよね。

 これからは、「ツイてる」、「運がいい」、「感謝します」、「ありがとう」に続いて、「経験値が上がった」を口癖に加えて行きたいと思います。

(写真は昔大好きだったゲーム)

b0002156_1132620.gif

by katamich | 2004-10-22 23:04 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン