宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

<   2004年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日まで3日連続で飲み、今日は仕事に行く必要があるのに、11時まで寝ていました。久々に体が動きませんでした。暑さとクーラーのあたりすぎも影響しているのでしょうね。

昼から会社に行きました。月曜日に提出する企画書の仕上げです。
長野の視察前にほぼ徹夜で私の分担を書いていたのですが、今日行ってみると埋めなきゃいけない箇所は上司が埋めていました。何を書こうか迷っていた部分だけに、感激でした。

今回の企画書は熊本県内の市の「温泉観光の活性化」に関するものです。
最近、この手の企画ものが増えてきました。私は専門が土木でも建築でもないし、こんなテーマには興味があるので、比較的積極的に取り組みます。
今回の企画書もじゃっかん羽目を外してしまいました。月曜日が提出で、火曜日にプレゼンです。頑張ります。

ところで、今日、会社でショックな話を聞きました。
なんとある上司が辞意を表明しているとか。詳しい話は聞いていませんが寂しいものです。
最近、去るものばかりで来るものがほとんどいません。どうなることでしょう。

なんとか「ツイてる」を連発してよい方向に向かわせたいものです。

夜は吹奏楽の練習でした。実は明日は演奏会です。何となく今回はそのモードに入りきらない自分がいます。
台風も接近しているのでどうなることでしょう。

7月最後の日だというのに、ちょっとブルーな雰囲気の日記になってしまいました。
明日からまた頑張るぞ~!!
by katamich | 2004-07-31 02:56 | ■日一日
3日目は研修のプログラムは入ってなく、福岡に戻るだけです。
しかし、せっかく来たので朝は5時に起きて、何人かで「ブナの原生林」を見に行きました。
山の上のほうに車で行ったのですが、空気が本当に美味しかったです。

宿に戻ると美味しい朝食。さすがは米どころだけあって、ご飯がめちゃくちゃ美味かった。朝からおかわりをしてしまいました。

朝食後は車で長野市に戻り、そこから行きのルートと同じようにしなの号に乗って名古屋、それから飛行機で福岡に帰りました。

帰って即行、今度はNPOの総会でした。
私は総会には間に合わなかったのですが、懇親会の幹事を任されていたので、いそいで会場に駆けつけました。懇親会では意外な人とであったり、非常に有意義な時間が過ごせました。
その後はスナックと屋台。そんなこんなで3日間、仕事以上の仕事をしたようで、楽しいひと時が過ごせました。感謝、感謝です。

(写真は民宿の朝食―米がバリうま!!)
b0002156_256333.jpg
by katamich | 2004-07-30 03:07 | ■まちづくり
視察の2日目は長野市から北上して栄村と飯山市に行きます。
午前中は栄村で遊休農地の活用事例、田直し事業について説明を受け、その後現場を見に行きました。

栄村と言うところは合併をしない村として一時期新聞などでも有名になりました。
ここは2600人程の人口で村職員が120名で、ちょっと多いような感じもしますが、実は村のことはほとんど職員がやっているのだそうです。
企画は言うまでもなく、土木や建築など、普通は外部の専門機関に委託するようなことも、職員が一から勉強してやっているのだとか。
説明をした課長は「栄村株式会社」と言っていました。それだけ自立心が強いのです。
しかしやることも徹底していて、節約のためには売り物にならないような資材なども実質本位で調達し、また財政体質の改善のためには職員のボーナスにも手をつけ、まさしく我々民間がやっているようなことを先んじてやっているのです。

その分、視察にいった我々職員やコンサルなどに対してもかなり手厳しいことを言われました。例えば「大半の公務員は仕事をしていない」とか、「余分な金を積み上げるよな設計をするコンサルに仕事させるな」とか、「視察なんて迷惑」とか。

それだけ率直に厳しく言うのも「自分達はやっている」という自負があるからなのでしょう。いずれにせよ、ある意味元気づけられたような気がします。

よく考えると長野県の知事は田中康夫さんなのですよね。我々建設業界にとって田中さんは敵のような存在ですが、ある意味、世の中の動きがだんだんと「まっとう」な方向に行っている以上、栄村や田中さんのような考えが強くなっていくのは当然といえば当然です。

我々も従来型のうまいあり方のとらわれず、柔軟に世の中の動きを見ながら、その中で稼いでいけばいいだけなのです。

それから、午後は飯山市に移動して、景観を重視した都市計画やグリーンツーリズムによる地域活性化の説明をうけました。
ここも先進地だけあって、やることは徹底していました。景観に関していうと、街路の看板の高さ制限をするのに、これからつくるものだけでなく、現にある看板に対しても事業者を集めて説得し、取り壊させたというのだから大したものです。

また、グリーンツーリズムについても、スキー客が激減する中、市が率先して夏場観光の活性化策などをうち出し、年間を通して一定の観光客を確保できるようになったのだからすごいものです。「政策」というものが成功したよい例だと思います。

ふと気がついたのですが、この長野県北は新潟市に接していて、家屋などが完全に雪国仕様になっているのです。当然生活様式や地域文化も違います。長野の大きさを改めて知らされました。

夜はグリーンツーリズムで農家民宿で泊まりました。
そこでも郷土料理がたくさんでてきて、かつ、庭で採れた野菜などが食卓に出るのです。これにはちょっと感動。

おいしゅうございました。

(写真は栄村の田直し事業による農地―向こう側は新潟県です)
b0002156_2551290.jpg
by katamich | 2004-07-29 02:54 | ■まちづくり
今日から3日間、長野県に視察研修でした。
役場職員、地元協議会員、コンサル(私)の合計9名での視察です。
私だけ出発点が違うので、一人、飛行機に乗り、名古屋で合流しました。
そこからしなの号という特急で3時間(!)、長野市に到着。

視察の初っ端は長野市における農業農村関連事業の取り組みについて。
さすがに先進地だけあって、事業のメニューも豊富で、それらに対する行政のてこ入れもすごかったです。
行政の強力なリーダーシップによって、日本の農業を発展させよう、という意気込みがひしひしと感じられました。

その後は、善光寺にお参りし、夕食に長野の郷土料理の店に行きました。
長野と言うところは、郷土料理というものがあるようでない、と地元の人は言われていました。
それでも、信州そばにおやき、いなごの佃煮、キノコ、畑のものなど、海がない特有さが表れた料理が並びます。

おいしゅうございました。

(写真は長野市役所職員―こんな風に説明をうけるのです)
b0002156_2541538.jpg
by katamich | 2004-07-28 02:53 | ■まちづくり
実はまだ仕事中です。明日から3日間、長野県まで視察のため出張するので、月曜日に提出の企画書を書いています。

今回の企画書は熊本県のあるまちの「温泉観光ビジョン」というもの。九州は温泉天国なので、この手の仕事が時々あります。今回の企画書も「奇抜」なものを書いています。半分投げやりな方が、いいものが書けるので、今、実にほくそえみながら企画書を書いています。あ~、楽しい!

先ほど、ヤフーのニュースを見て知ったのですが、あの「中島らも」さんが、ついに(?)になくなってしまいました。そのニュースを目にして、会社なのに思わず「うお~!」と叫んでしまいました。いかりや長介並みのショックです。

らもさんの本は結構読みました。割と共感できる部分も多く、昔から大好きな作家でした。最近は、大麻が見つかって捕まったり、階段から転げ落ちて怪我したりなど、何かとニュースで目にしていました。あの人も太く短く生きていたので、52歳の寿命を暗示していたのかなあ。

どうでもいいことですが、むか~しに付き合っていた女性が「らもフリーク」だったのを思い出しました。その人は、本はもちろんすべて買って、雑誌や新聞の切り抜きもすべてスクラップして、県外でやっているラジオ番組を、そこに住む知人に頼んでエアチェックまでしていました。たぶん、今ごろショックでふさぎこんでいるだろうな。まあ、どうでもいいことですが。

考えると、今、私が身内や身近な人以外で死んでふさぎこむ人っているのかなぁ。
紳助が死んでもショックやろうけど泣かんやろうな。ソニー・ロリンズが死んでも悔しい思いはするけど(生で聴いていないので)なかんやろうな。北村英治が死んだら、、、微妙やけど泣かんかも。そうやって考えたら、寂しい感性だなあ。

でも身近な人が死んだら、めっちゃくちゃ泣きますね。とりあえず、両親とあと1人が死んだら気が狂ったように泣くだろうな。両親は必ず私より先に死ぬので、これは人生の通過儀礼ということで仕方ないかな。あと1人の奴よりは先に死にたいなあ。先に死ぬのと後に死ぬのって、どちらが得かと言えば間違いなく先に死ぬ方が得でしょうね。その意味で両親には最後の得をさせないと、ものすごく親不孝ですね。

あかん、あかん。こんなブルーなことを書いては。今は早く企画書の目処をつけて、帰宅することだけです(23:47現在)。

(写真はらもさん-アーメン)
b0002156_2532277.jpg
by katamich | 2004-07-27 02:59
今日はご近所の役所、那珂川町役場に直行して午前中打合せ。
終了後事務所に戻って、ずっとパソコンに向かっていました。

夜は、「みねまいこ」のライブに行ってきました。
「みねまいこ」は私の大学時代からのお友達で、現在はプロの歌い手をやっています。

これまで何度かライブに誘われていたのだけど、ずっと都合がつかず、今日、ようやく行くことができました。
7時開演と聞いていたけど仕事が長引き、8時に親不孝通りのライブハウスに到着。入ってみると「みねまいこ」らしからぬ音楽がなっていました。店の人に聞くと、そのすぐ後だと。ツイてる。まだ始まっていなかった。

間もなく「みねまいこ」登場。バックのメンバーはおじさんばかりでなかなか神秘的。
「みねまいこ」がオンマイクで突然歌いだす。
「みねまいこ」が激しく腰を振る。
「みねまいこ」が歌い終わる。
「みねまいこ」がMC。
「みねまいこ」が笑う。
「みねまいこ」が眉間にしわを寄せる。
「みねまいこ」が高周波の音を発する。
「みねまいこ」がα波を発するが、θ波はまだ発しない。
「みねまいこ」がブラジャーを振り回す。
「みねまいこ」の床がトランポリンになる。
「みねまいこ」がメンバー紹介をする。
「みねまいこ」が雄叫ぶ。
「みねまいこ」がわざと曲名紹介を間違う。
「みねまいこ」が歌う。
「みねまいこ」が90°お辞儀をする。
「みねまいこ」が撤収する。

「みねまいこ」の歌は昔はよく聴いていたけど、改めて聴くと、ますます孤独になっていた。いや、孤高になっていました。普通の歌い手というのは、聴いているとどこかしらルーツとなるものがわかるのだけど、「みねまいこ」の場合は突然変異的に自然発生したとしか思えない音楽が鳴っています。上手い下手は別として(笑)、オリジナリティを信条とする歌い手にとって、これはものすごく大きな武器でしょう。見ていると、一部に熱狂的な信者がいるようだけど、嫌いな人はとことん嫌いでしょうね。これもちろん褒め言葉だけど。どうでもいいけど、「みねまいこ」の歌を聴いていると「生態系」を連想しました。意味分かりません。

ライブが終わって話していると、「みねまいこ」の友人であり、私もちょっと知っている、こんな人にも会いました。この人は最近本を出して、彼の書く本にしては異例の売れ行きだそうです。ちなみに彼の20年来の友人に「セカチュウ」の片山恭一氏がいるのですが、片山氏が売れているから、この人も売れる。すると友人である「みねまいこ」も売れる。そしてまたその友人である「わたし」も売れるわけです。そしてその後にも「売れる連鎖」をつなげていきたいものです。

今日はおもしろい日でした。

(写真は走る「みねまいこ」)
b0002156_2521768.jpg
by katamich | 2004-07-26 02:50 | ■音楽
今日も仕事に行ってきました。明日の資料作りのために。あまり休日出勤はしたくないのですが、昨日楽しかったので、まあ、よしとします。

夜、私の好きな「ウルルン滞在記」を見ました。
今日は、タイのあるむらが舞台で、そこはタイ一の虫の産地。そこに若い女優さんが行くのです。
日本という国は虫を食べる習慣がなく、ゲテモノ扱いされてしまいます。
しかし、私の持論でもあるのですが、近い将来、必ず「虫食」が導入される日が来るでしょう。
よく言われるのですが、虫は栄養価が非常に高いばかりでなく、カロリーは低いのです。いわゆる「高蛋白低カロリー」という奴です。それだけでなく、実は虫は結構「美味しい」のです。

私もタイには何回か行ったことがありますが、その度に虫は必ず食しています。
一番最初は単なる好奇心だったのですが、食べてみるとと意外にもビールのつまみに最高です。

ウルルンの回答者のところにもこおろぎの姿揚げが回ってきましたが、タイに行った女優と石坂浩二を除いては悲鳴をあげて逃げ回っていました。そういうのを見ると腹がたちます。
確かに日本には虫を日常的に食べる習慣はありませんが、よく考えると、日本人は世界レベルでものすごいゲテモノ食いです。
例えば、イスラム教徒が嫌う豚、ユダヤ教徒が嫌うエビやタコなど当たり前に食べ、およそ宗教的に食べられないものはありません。それから欧米人が非難する鯨も食べますし、実はあまり知られていないけどスーパーに普通に売っている塩鯨はイルカです。それよりも、世界中の誰もが食べないで、日本人だけが食べるものだってあります。それは「生卵」です。これは中国人だった食べません。それを醤油をかけてグチャグチャに混ぜてご飯にかけて食べるなんてゲテモノ以外の何ものでもありません。これは日本が衛生的に優れているからであって、誇れるものなのかもしれませんが。

そういう自分達のことを棚に上げて、他国の食文化を面白がって非難する姿にむかっ腹がたちます。
ウルルンの中でいつも石坂浩二が知ったかぶっていろいろ話すのはしゃくに障るのですが、今回はよくぞ言ってくれたという感じです。そう、「日本は近い将来、虫食が定着する」と。

そう考えると、今のうちに虫食を極めていれば、日本に導入された時、人より先んじていることになり、市場で優位に立てますね。その意味で虫食にはビッグビジネスの可能性があるというものです。

(写真はタイの虫料理)
b0002156_250276.jpg
by katamich | 2004-07-25 02:49 | ■食
今日は南区の塩原小学校で地域のお祭がありました。
出店が出て、太鼓や盆踊りなど、昔からある地域のお祭りです。
そこに、私の所属する吹奏楽団の選抜メンバーで結成された「ノアールBB」が出演することになりました。

出演は夕方なのですが、昼から小学校の音楽室で練習です。私はこのバンドではテナーサックスを吹いています。
うだるような暑さの中、練習をしました。しかし、途中から雲が出始め、暑さが徐々にやわらいできました。ツイてます。なんだか夕立がきそうで、皆で心配していたのですが、結局雨は降りませんでした。これもツイてます。

演奏が5時から始まります。即席のメンバーだけに、細かいところはいろいろあったでしょうが、お祭りなので楽しく演奏できました。緊張の糸が張り詰めた中でする演奏もいいのですが、こんなのもいいですね。楽団のメンバーが拍手や掛け声で盛上げてくれてとても嬉しかったです。

その後は、楽器を片付けて、しばし祭りの一員として楽しみました。ラムネを飲み、カレーや牛丼やカキ氷を食べ、久々に祭りの醍醐味を味わいました。

その後はメンバーで打上げです。小さなステージでも、このような場があるのが、音楽をやっている良さですね。余談ですが、ピアニストの山下洋輔さん言っていたのですが、プロとアマチュアの違いは「打上げの翌日に演奏があるかないか」だと。それだけステージと打上げとは一体なのですね。そう言えば、全国をツアーしているジャズの人たち(辛島文雄さんとか)は、毎日移動して、夜演奏して、その後は地方地方で必ず打ち上げがあり、打上げ中でもピアノを弾いたりしています。私も何度かライブ後の打上げに参加したことがありますが、ミュージシャンはものすごいバイタリティですね。楽しんでいるとは言え、ずっと仕事しているようなものです。

そう考えると、「本物のプロ」と「偽者のプロ(アマチュア)」の違いは、やっぱり「楽しんで延々と仕事ができるか否か」にあるのでしょうね。私も今本業において仕事してお金をもらっているので、一応は「プロ」のはずです。しかし、「本物」にはまだなっていないと思います。「本物」になるにはやはり「楽しい」を基準にするしかないようです。頑張ります!!

それから、実は今日も演奏した吹奏楽団ですが、諸々の事情により、8月の演奏会を区切りに半年~一年間のスパンで「休団」することになりました。しばらくは寂しくなりますが、必ず復活しますので、どうぞよろしくお願いします。
by katamich | 2004-07-24 02:48 | ■音楽
初ママチャリ出勤です。会社まで40分。いつものことながら着いた時は汗だくです。

午前、午後と何の変哲もなく仕事していました。昼休みに家賃を振り込みに行ったくらいです。
そう言えば、一昨日はミャンマーのビザの申請に行ってました。今年はやっぱりチベットは難しそうです。もしも本格的に「会社を辞める」とになった時に敢行することでしょう。こないだ会った吉本さんは、チベットに行ったことがあるそうですが、一ヶ月でもラサ周辺が精一杯だったとか。憧れの「カイラス」に行くにはどれくらいかかるのだろうか。

夕方頃、一通のメールが入りました。ジャズ屋のマスターから「助けて、客少ない」とのこと。
今日は日本ベース界の大御所、「チンさん」こと鈴木良雄のライブの日でした。
困った時はお互い様、じゃないですが、せっかくメールまで頂いたので、行くことにしました。
店に入るとJAZZ雑誌などでよく見る「チンさん」の顔がありました。「本物や」と思いました。このライブの模様は本家にアップしたいと思います(と言いながら、まだアップしてないのもある)。

と言うわけで短いですが今日はこの辺で。
by katamich | 2004-07-23 02:47 | ■日一日
毎日、暑い暑いと言っています。「ツイてる」と言うとツイてくるという理論からすると、暑い暑いと言うと余計に暑くなってしまいます。それでは逆に「寒い」を連発すれば寒くなるでしょうか。実験の価値がありますが、その気にならないほどの暑さなので、今回は暑さをとことん楽しんでみることにします。
余談ですが、波田陽区の「残念!」という決め台詞が流行してしまうと、残念な世の中になってしまいます。それならむしろ「最高です!」を再び流行らせる方が世の中のためにはいいですね(古いネタや)。

今日はあまり事務所にいませんでした。午前と午後で2つ客先で打合せをしてきました。一人で行くので楽です。
4時頃、事務所に戻ったのですが、今日はなんだか仕事する気になれず、5時過ぎに帰り、家でビールを飲んだり、TVを見たりしてゆっくりしました。

そしてパソコンをしていると、なんだか動作がおかしくなりました。
ホームページのトップはヤフーにしているのに、URLに「about:blank」と出て、変な広告が次々に出てくるのです。
最近、変なメールがものすごく多く入ってきて、メールを立ち上げるとまずはごみ箱作業をします。気をつけてはいたのですが、どっかで作動されてしまったようです。

今まで、ウイルスの被害のことは聞いておきながら、私自身被害にあったことがないので、ちょっとなめていました。あせりましたが、ホームページに駆除方法がいっぱい紹介されてあったので、一時間ほどで駆除することができ、一件落着です。

しかし、実害は軽かったとはいえ、急いでいる時などにいきなりウイルスが来たらやばいですよね。その意味で、今日のようなゆっくりしている時間にウイルスが来てツイてます。
by katamich | 2004-07-22 02:47 | ■日一日
ブログトップ | ログイン